レーダー探知機の老舗、ユピテルからELディスプレイ大型化し新発売されました。さっそく「S200mi」を購入しました。
 このディスプレイ画面は、今まで音声のみで警報の種類を聞き分けで判断が必要でしたが、プラス画面表示が可能となり、これにて視認で瞬時の判断が出来るようになりました。

 使ってみると、晴天の昼間はディスプレイ画面の照度が足りず、“ほとんど見えない”状態です。画面の3段階明るさ調整を最大にしても見えません。まあ画面バックカラーが“黒色”という事も1つの要因だと考えられます。

 そこで質問ですが、この新型レーダーを買われた方の使用感想はいかがですか?またセルスターなどの新型レーダーを使用されている方、使ってみてどうですか?みなさんのいろいろな意見お待ちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ユピテルの感度はどうでしょうか?


カーロケがほとんど効かない(感度が弱すぎる)のでセルスターに替えました。昔ながらのレーダーでも感度がいいので。
感度は抜群です。
照度は昼でも確認するもに十分です。
アシュラAR-30VEです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 特許数という単純な理由で、ユピテルを10年間5機種使い続けてきましたが、誤警報は以前に比べ確かに少なくなりました。でも、どのねずみ取り現場に遭遇しても、レーダーは反応してくれません。警察の方も最新鋭の機材を導入し続けてるのでしょうね。福岡県警は新型のパトカーがほとんどですし。
 カーロケはめったに作動してくれません。デジタル無線受信は頻繁にありますが、ほとんどパトカーとは遭遇しない状況です。
うぅ~ん、確かに迷ったんですよね。セルスターにしとけば良かったかな。

お礼日時:2007/03/28 12:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qユピテルのレーダーについて

こんにちは。
ユピテルのレーダーを購入しようと思うのですが、SGP-11NとSGP-20Nの機能の違いがよくわかりません。(ホームページを見たけどわかりませんでした)
どのような違いがあるのでしょうか?
また、価格差はいくらくらいあるのでしょうか?
大手カーショップで購入すると
だいたいどれくらいになるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 yunkasさん、こんにちは。

 ユピテルのSGP-11NとSGP-20Nは配色が異なるだけで全く同じものです。
 一応ユピテルでもEシリーズ、Xシリーズと名称を分けています。
 同じGPS搭載レーダーの非ソーラタイプにRGP系列がありますが、こちらにも色違いで同じ機能のモノが2つあって、SGPシリーズとの関係は
        非ソーラ   ソーラ
Eシリーズ RGP-1N SGP-11N   
Xシリーズ RGP-10N SGP-20N
のように型番に10をプラスした構成になっています。

 価格に関してはSGP系の場合、カー用品店で\35,000~\40,000、通販で\30,000~\35,000、インターネットオークションで\25,000~\30,000程度で取り引きされています。
 購入するならヤフーなどのオークションが一番安価に手に入ります。
 ちなみにRGP系だと上の\8,000引きくらいのようです。

Qユピテルのレーダー

ユピテルのレーダーで「GV-330DW」と「SG-310DW」のどちらを購入するか迷っています。実際にどちらかお使いの方がいらっしゃいましたらご教示お願いします。(お使いの方でなくても結構です)受信感度のS-EXTRAとEXTRAの違いですがどのくらい違うのでしょうか?カタログなどには当社比2倍とありましたが、どのような時に発揮できるのか、またEXTRAでも走行状況にもよりますが問題ないか心配です。価格も3千円程度の開きなので迷っています。ご教示お願い致します。

Aベストアンサー

大した違いは無い(殆ど同じですよ)。
最新が好きならVG、こなれた値段が良いならSG。
(どうせカーロケなんか使わないでしょ。)
レーダーの受信感度は誤警報に繋がるから、普通に使うなら超高感度でも大した意味は無い。

夏の熱で結構やられますから、値段の安いのをまめに買い換えるのがお勧め。

アドバイスでソーラーは当てにしない事、GPS付は電気を良く使うからコードで使いましょう。

QGPSレーダー探知機のレーダー探知をカットしたい

先日レーダージャマーを導入しました。
レーダー探知をカットできる製品、もしくはGPSでオービスを知らせる機能のみの製品を探しています。

ご存知の方いらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

レーダージャマーとは電波式の速度検知器の電波に対して妨害波を発生させる装置のことですか? すごいもの売っているんですね。どこで購入されたのでしょうか?

まぁそれはそれとして、ユピテルでナビを売っています。現行品でオートバックスなどでも見かけましたしホームページにも乗っていると思います。カーナビですが、オービスの位置が最初から登録されているそうです。レーダー波探知機はオプションで付くそうですが質問者様は要らないですよね。

あとは、レーダー探知機は通常コーン型アンテナが内蔵され前に向いていますから、既にお持ちのレーダー探知機がありましたら前を金属板で遮断すればカットできるかもしれません。
ただし、後方にもアンテナ特性上必ず感度がありますので、こちらも遮断する必要があります。でも表示部も見えなくなってしまっては困りますから細かいメッシュの金属網などでためしてみるしかないですね。
たしか2GHz級ですから、電子レンジのメッシュのような網目サイズのものを入手できれば良いでしょう。暇であれば試されては?

Aベストアンサー

取り締まりに「Kバンド」を使って、
挙げられる利点として、

・距離分解能(この場合は、目標の速度です。)
 の、精度向上。

・方位分解能(目標の方向を特定する)
 精度の向上
 
・装置の小型化


が有ると思います。でも、こんなことするより、
距離と方位が、1発で測れる「フェーズドアレイレーダー(高さも。)」と言うのも有るし。

このレーダーは、設置場所を選ばない。と言うのも
有るんで・・・。

あまり実用的では無いかと・・・。

Qなんで“電池”じゃなくて“バッテリー”なの?

くだらない疑問なんですが、

家電製品に使う乾電池は「電池」と呼ぶほうが多いように思います。
しかし、車やバイクに積むいわゆる「バッテリー」は、バッテリーと呼ばれているほうが一般的だと思います。
なんで車の場合は電池じゃなくて“バッテリー”なんでしょうか?

その理由を知っている方がおられたら教えてください。

Aベストアンサー

以下は考察です

自動車部品の名称で、昔からある物はほとんどが現在も英語、または外来語です。最近使われた部品では、少ないですが、日本語名になっている物もあるようです(触媒など)。
初期に輸入された自動車の多くはアメリカ車でした。ですから、当然のことながら、マニュアルは英語で記載されていたはずです。
これを整備する際にはこの英語マニュアルを見て行います。整備をする者は自動車整備についての技術はあったでしょうが、英語に堪能な者はほとんどいなかったはずです。
で、整備マニュアルは英語ですが、大概は絵をみればわかるようになっていますから、わざわざ翻訳などせず、Batteryと書いてあったらそのままバッテリーと呼んでいたのだと思われます。それが連綿と現在まで受け継がれただけでしょう。もし、初期に誰か(親方など)が読み間違えてそれが定着していればそのままになったはずです(アイロンとアイアンは読み間違いではないですが、これが原因と思います)。
つまり、バッテリーは当初は専門用語で、それが一般化したのだと思います。
まあ、現在でも、輸入品の整備や修理では原産国で作成されたマニュアルが優先されていますからね(絵でわかるように作られているし)。

一方、電池というのは一般名詞です。ただ、当初、乾電池は軍用として発達した面もあるようですから、軍隊用語が(徴兵帰りによって)一般化したのかも知れません。当初の乾電池は軍などが使えるくらいで、広く一般に乾電池が普及したのは戦後です。
ということで、自動車が輸入された当時、電池という言葉自体が一般化していなかったはずです。ですから、整備工達はマニュアルに記された英語をそのまま使ったのでしょう。

なお、JISではこういった外来語のほとんどに対して日本語の用語を定義しています。バッテリーは「自動車用鉛蓄電池」(まんまですが)だったかな、まあ、誰も普段は使いません。

以下は考察です

自動車部品の名称で、昔からある物はほとんどが現在も英語、または外来語です。最近使われた部品では、少ないですが、日本語名になっている物もあるようです(触媒など)。
初期に輸入された自動車の多くはアメリカ車でした。ですから、当然のことながら、マニュアルは英語で記載されていたはずです。
これを整備する際にはこの英語マニュアルを見て行います。整備をする者は自動車整備についての技術はあったでしょうが、英語に堪能な者はほとんどいなかったはずです。
で、整備マニュアルは...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報