「拾ってくださりました」の「くださり」は正しい日本語なのでしょうか?

A 回答 (5件)

五段活用の動詞(この場合は補助動詞)「くださる」の連用形です。

丁寧を表す助動詞「ます」は動詞の連用形に接続します。
例 行き・ます、用い・ます、見・ます、食べ・ます、来・ます、し・ます

「くださります」は、何の問題もない言い方です。

「ください」(「くれ」の尊敬語に当たる)は、動詞「くださる」の命令形「くだされ」が変化した形と考えられていますが、一方、「くださりませ」のイ音便「くださいませ」が転じたものという説もあります。この「くださり(い)」は、上記のように連用形です。
    • good
    • 0

「拾ってくださりました」は、誤りです。



音便形が確立している語については、音便前の形は「現代語としては」誤りです。「買いた」「書きた」「立ちた」「読みた」が誤りであるのと同じです。
    • good
    • 0

 No.2の方のご回答に関しての指摘になりますが、正しい理解のために。


>「~して下さり、…」は現在も活きています。
との事ですが、質問者さんのご質問は、「拾って下さりました」の「下さり」ですので、「ました」に続く形です。ですので、No.2さんの「下さり」で切れる形とは異なり、現代語では「下さいました」と音便になるのが正しい形だと思います。No.2さんの「~下さり、…」ならば、「下さり」のままで現代語でも使われます。
    • good
    • 0

今はあまり使われなくなった古い日本語です。


「~して下さり、…」は現在も活きています。
    • good
    • 0

 前のご質問と同じく、音便に関するご質問ですね。

「音便」を辞書で引くと、
「国語で、単語が続く場合に、発音の便宜により生ずる音の変化」
との事でした。元は「下さりました」でしたが、発音しやすいように、「下さいました」の形で使われる、という事ですね。例えば子供や外国人に教えるときにどちらを教えるか、と考えれば、「下さいました」の方を教えるでしょう。その観点で言えば、「下さいました」が正しい言い方で、「下さりました」は「下さいました」に訂正される、という意味で間違いと言えるのかもしれません。私見ですが。
 一分、二分、三分、を、「いちふん」「にふん」「さんふん」ではなく「いっぷん」「にふん」「さんぷん」と読むのと同じことだと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q教えてくださりました、は間違い?

教えてくださりました、は間違い?教えてくださいました、と言わなければ正しくないでしょうか?

Aベストアンサー

前の御質問にも御回答申し上げた者です。

>教えてくださりました、は間違い?

いいえ、間違いではありません。
前の御質問でもお答えしたように、「くださる」「なさる」などラ行の五段動詞の連用形に助動詞「ます」がつくときに、「り→い」という音便を起こすわけです。つまり、「くださりました」が本来の(歴史的な)形で、今は専ら「くださいました」が使われているということです。どちらが正しくどちらが間違っているというわけではありません。(どちらも正統な日本語です。)ただ、今では「くださります」はあまり使われないというだけです。

ただ、難しい問題も残ります。「教えてください。」という場合の「ください」です。これは、命令形「くだされ(い)」から転じた形とも、「ください(←り)ませ(まし)」から転じた形ともいわれています。
前の説の方が有力なのですが、結論はまだ出ていません。
ただ、命令形にせよ、連用形にせよ、日常会話においてはそう問題はないと考えます。

Qこんにちわ と こんにちは

こんにちわ と こんにちは。
一体どちらの表記が正しいのでしょうか。
意味合いを調べたら「今日は」から来ている挨拶で
多分「こんにちは」の方が合っていそうな気がしますが
「こんにちわ」と書く方もいますよね。

…長年日本人やってますけど、よくわかりません。
皆様のご意見を聞かせて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

この質問は過去に何度か出されており、
多くの方の興味を弾くテーマなのだということが
わかります。

こんにちは が歴史的には正しいです。
「今日は、お日柄もよろしく・・・(例)」などの
挨拶文の最初の部分だけが残った挨拶語ですから。

しかし、助詞の wa は「は」 と表記する約束に
なっているだけで、
助詞という印象の薄れてしまった挨拶語として
「こんにちわ」 と書いても
それはむしろ発音的には正しいということになります。

それで現在では両方の表記があるのでしょう。

尚、♯5さんの回答には誤解があるようです。
「ha」の音は初期の日本語には存在せず、
「は」と書いて「pa」と発音していました。
次に平安時代に「fa」になり、
今では「は」は「ha」なんです。
助詞のwa を「は」 と書く、
助詞のe を「へ」で書く、
これは表記上の約束事です。
発音の変遷とは別テーマです。

>最近では、「お」と「を」について、
>前者を「O」、後者を「wo」と発音する人が増えてきて

これもちょっとした誤解でしょう。
歴史的に「を」は長い間 wo と発音されてきましたが
大正時代ごろからどちらもoになる傾向です。
地域的に・年代的に
をwo と おo を区別して発音する人は
いまもいらっしゃいます。
歌手などは、歌の意味をはっきりさせるために
きちんと弁別して発音するので
そうしたアーティストの影響をうけた若い方が
をwo と おo を区別するようになっています。

この質問は過去に何度か出されており、
多くの方の興味を弾くテーマなのだということが
わかります。

こんにちは が歴史的には正しいです。
「今日は、お日柄もよろしく・・・(例)」などの
挨拶文の最初の部分だけが残った挨拶語ですから。

しかし、助詞の wa は「は」 と表記する約束に
なっているだけで、
助詞という印象の薄れてしまった挨拶語として
「こんにちわ」 と書いても
それはむしろ発音的には正しいということになります。

それで現在では両方の表記があるのでしょう。

...続きを読む

Q縦書きの数字の表記方法は?

例えば「21」を縦書きで表記する場合、「二一」と
「二十一」はどちらが正しいのでしょうか。
「10」の場合は「一〇」か「十」で悩みます。

Aベストアンサー

基本的に、どちらも間違いではない、ということになるとは思いますが、通常は
・二桁の場合は「二十一」というように、「十」を入れる。
・三桁以上の場合は「一二三」というように、「十」「百」を入れない
・ただし「千」「一万」といったような数の場合には、そのまま漢字で書く

というようにすることが多いですね。もともと日本語で書く時の本則は「百二十三」というように、「十」も「百」も入れるものです。各桁の数字だけ書く、というのは、算用数字の記載法を漢数字の記載に取り入れたための、いわば便方ですね。このほうが、算用数字に慣れた目には解りやすいし、文字数の節約になる(こういった表記は、活字印刷から始まっています。活字の場合、文字数がそのままコストに跳ね返ってきますので、新聞・出版業界では「123」を「一二三」とするような表記を採用したわけです)
漢字で(二人とか三人という意味の)「にさんにん」と書く場合、「二三人」と書いていたわけです。今でもそう書く人は少なくありません(今では「二、三人」と書く人も出てきていますが)。「23人」を漢字で書く時に「二三人」と書くと、この「二三人」が「にさんにん」のことなのか、「23人」のことなのか、曖昧になる。そのため、二桁だけは「二十三」というように「十」を入れて書こう、というのが暗黙の了解になっているわけです。

基本的に、どちらも間違いではない、ということになるとは思いますが、通常は
・二桁の場合は「二十一」というように、「十」を入れる。
・三桁以上の場合は「一二三」というように、「十」「百」を入れない
・ただし「千」「一万」といったような数の場合には、そのまま漢字で書く

というようにすることが多いですね。もともと日本語で書く時の本則は「百二十三」というように、「十」も「百」も入れるものです。各桁の数字だけ書く、というのは、算用数字の記載法を漢数字の記載に取り入れたための、いわ...続きを読む

Q「申し訳ないです」って謝ってますか?

テレビで「申し訳ありません」は誤用と知りました。
「とんでもない」「危ない」も同じく1つの言葉なので分けられない、とかなんとか。

実際に一言謝るときは、今まで私は
「(書類の提出が遅れて)申し訳ございません」と表現してました。
これが違うなら
「(書類の提出が遅れて)申し訳なく存じます」と書くのでしょうか?
なんだか違和感・・・
「ごめんなさい」を仕事でも使える丁寧語にするとどうなりますか?(特に仕事で書くとき)

Aベストアンサー

おっしゃるとおり、「申し訳ありません」は誤用です。「申し訳ない」は一語の形容詞なのです。「危ない」が、「危ある」や「危ございません」とならないのと同じことなのです。
ですから、正しく表現しようとすれば、「申し訳ないことでございます」とか、「申し訳なく(申し訳のう)存じます」などとなります。
ただ、「申し訳ございません」がこれほど定着してしまった以上、個人的には、正しい用法と認められてもいいと思うのですけどね……

もう一つ、名詞に「申し訳」という言葉があります。意味は「言い訳」です。「言い訳がない」という意味で、「申し訳“が”ない⇒申し訳“が”ございません」と表現することができます。
しかし、あくまでも「言い訳がない」ということであって、あまり謝罪のニュアンスのある言葉ではないように思います。
謝罪の意で使うのに適しているのは、やはり形容詞の「申し訳ない」だと思います。

「ごめんなさい」を丁寧に言うなら、「お詫び申し上げます(いたします)」でしょうか。
……書類の提出が遅れましたことをお詫び申し上げます……

Q「すいません」と「すみません」どちらが正しい?

 タイトルにあるとおり、素朴な疑問になりますが、「すいません」と「すみません」ではどちらが日本語として正しいのでしょうか。分かる方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。
話す時はどちらでもいいですよ。

ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。「すいません」はちょっとくだけた感じかな。でも、これはあくまで私個人の語感。人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。

書くときはもちろん「すみません」にしましょう。

発音しやすく変化した発音の他の例としては
手術(しゅじゅつ→しじつ)
洗濯機(せんたくき→せんたっき)
などがあります。これも、話す時にはどちらでもいいです。「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。

Qくださります、の音便化から現在に定着したもの

くださります、の音便化から現在に定着したもの、ってなにかあるのでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして。

「くださります」は「くださる」と「ます」の複合語です。

1.くださる:
(1)もともとは「下す」という動詞の未然形に+尊敬を表す助動詞「る」がくっついて「下さる」となったもので、「くれる」の尊敬語の動詞になります。
例:上司が私にお土産をくださった。(上司への尊敬語)

(2)単に丁寧語として使う場合もあります。
例:お茶を一杯下さい。:「お茶を一杯くれる?」の丁寧語です。

2.ます:
(1)もともとは古語の「参らす」から派生したもので、まらする→まるする→まっする→まする→ますと変化していったもので、聞き手(相手)に対する丁寧語の用法の助動詞になります。
(2)また自分の気品を保つ言い方としての丁寧語の用法もあります。

3.音便について:
音便とは、語が連接する時、発音し易い別の音に変わる現象で、イ音便、ウ音便、促音便、撥音便などがあります。

ここでは尊敬語の「くださる」と丁寧語「ます」の複合し「くださります」となったたものと考えればいいでしょう。「くださり」が連用形の「り」というイ行で「ます」に接続しますから、それが音便化するとイ音便になり、「くださいます」となります。

以上ご参考までに。

はじめまして。

「くださります」は「くださる」と「ます」の複合語です。

1.くださる:
(1)もともとは「下す」という動詞の未然形に+尊敬を表す助動詞「る」がくっついて「下さる」となったもので、「くれる」の尊敬語の動詞になります。
例:上司が私にお土産をくださった。(上司への尊敬語)

(2)単に丁寧語として使う場合もあります。
例:お茶を一杯下さい。:「お茶を一杯くれる?」の丁寧語です。

2.ます:
(1)もともとは古語の「参らす」から派生したもので、まらする→まる...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報