質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

「ズ」をつけて判断するときに
例えば「勝つ」とう動詞に「ズ」とつけると
「勝たズ」「勝てズ」で迷ってしまいます。

「押す」でも「押さズ」「押せズ」
「行く」も「行かズ」「行けズ」
「仰す」も「仰さズ」「仰せズ」でいつも迷います。

参考書を見ると、「書かズ」(四段)「書けズ」(下二)で間違えないようにするには、可能の意味をいれないようにするとかいてあります。

でも「仰す」の未然形は「仰せ」で、可能のような気がするんです。

昨日古典を習ったばかりなので・・・わからないことばかりで困っています。たすけてください。

A 回答 (2件)

質問者が迷われるのには理由があります。

それは現代語には「五段活用」動詞の殆どに「可能動詞」というものが存在し、(例外は「ある」)非常に多用されているので、その類推から古語にも「可能動詞」が存在すると思い込み
 勝つ←→勝てる  行く←→行ける  押す←→押せる
という対立関係を考えて、それぞれの未然形に「ズ」をつけたとき、「勝たズ」「勝てズ」、「行かズ」「行けズ」、「押さズ」「押せズ」と二様に考えてしまうのです。「勝つ」「行く」「押す」は普通の動詞で、古語(いわゆる文語)では四段活用として存在します。それに対して下一段に活用する「勝てる」「行ける」「押せる」はいわゆる可能動詞で、古語には(一応)存在しないと考えてください。それが実は
>参考書を見ると、「書かズ」(四段)「書けズ」(下二)で間違えないようにするには、可能の意味をいれないようにするとかいてあります。
 の意味なのです。
 だから、「勝てず」「行かず」「押さず」が正しいのです。

 一方、「仰す」は現代語になくて、当然「仰せる」という可能動詞は存在しません。そうすると「仰す」は四段活用かというと、No.1の方が書いていらっしゃるように「あなたの場合、「仰す」という動詞自体に馴染みがないのでは?」が迷いの原因でしょう。古文を習い始めた人にいろいろ考えてみよと言っても無駄ですから、馴染みのない語は「古語辞典」で調べてみてください。【下二段活用】と書いてあるでしょう。それなら「仰せズ」が正解です。
 この語は「仰せたまふ」(「たまふ」は補助動詞)「仰せらる」(「らる」は助動詞)のような形で使われ、のちに「仰す」一語でも使われました。この「仰せらる」が現在の「おっしゃる」の元になったとも考えられます。
    • good
    • 5

まず、


「口語体(というか現代日本語)で五段活用のものは、文語体では四段活用」
という法則を覚えましょう。

声に出して活用してみましょう。

勝たず、勝ちたり、勝つ、勝つとき、勝てば、勝てよ
押さず、押したり、押す、押すとき、押せば、押せよ
行かず、行きたり、行く、行くとき、行けば、行けよ

このように活用できるならば、四段活用ですね。

次に、
「口語体で下一段活用ならば、文語体では(大概?)下二段活用」

やはり、声を出してやってみましょう。

受けず、受けたり、受く、受くるとき、受くれば、受けよ
尋ねず、尋ねたり、尋ぬ、尋ぬるとき、尋ぬれば、尋ねよ

・・・しかし、それでも「仰す」(おほす)のとき、どう活用すればよいか困りますか?

あなたの場合、「仰す」という動詞自体に馴染みがないのでは?
馴染みがない場合は、見分け方とか裏ワザとかを研究するのではなく、やはり、まずは暗記して、声に出して言ってみるしかないと思いますよ。

先に文法ありきで、それに基づいて日本語があるのではなく、
実際使われる日本語の中から、共通性のあるパターンを抽出して法則にしたのが文法です。
先に実態があるのであって、文法というのは後付けなんです。

さあ、声に出して何度も反復しましょう!

おほせず、おほせたり、おほす、おほするとき、おほすれば、おほせよ
おほせず、おほせたり、おほす、おほするとき、おほすれば、おほせよ
おほせず、おほせたり、おほす、おほするとき、おほすれば、おほせよ
・・・・・
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q古文の活用形が全く理解できない

高校生です、中学から授業は全く身につかず、
今、古文の勉強をしているんですが、国語の先生に「~であるから、下二段の連用形なので~」と言われても一人「?」と理解できてません
四段活用とか、す、さし、す、すれとか何の事か全くわかりません
先生に聞こうにも「このレベルも理解できないなら塾や家庭教師を頼んだ方が・・」といわれる始末です。
独学で学べたらいいのですが・・・活用形っていったいなんですか?四段活用とか・・。教科書に表が掲載してるだけで意味が全く分かりません
また。古文初心者でも理解できるサイトはないのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。僕も高校生です。

これは覚えるしかないとおもいますよ。ほら、英語であるじゃないですか。fast-faster-fastestみたいな。そういう感覚で、たとえばもともと「書く」とあるのが

書か 書き 書く 書く 書け 書け

と変化するものだ!と覚えるんです。

ちなみに上の例では

未然 連用 終止 連体 已然 命令

の順ですが、何でこんな「未然」とか「連体」とか決まるのかというと

未然:あとに「~ズ」がつく。まだ起こってない事柄をあらわす。
   例:書か「ず」
連用:あとに「たり」「て」がつく。
   例:書き「たり」
終止:その言葉でおわる。
   例:書く「。」
連体:あとに名詞が続く。
   例:書く「人」、書く「物」など
已然:あとに「~バ」がつく。
   例:書け「ば」
命令:命令の言葉をあらわす。
   例:書け「!」

とまあ長い説明になってしまいましたが、これは

四段活用  

です。

これも覚えてしまってください。

「書く」の「か」のあとに

か き く く け け

これを四段活用とよぶきまりがなりたっているのでどうしようもありません。

これは教科書にもかいてあるとおもいますので、あとは同様にして下二段とかナ行変格活用などなどおぼえることです。

あと、四段活用と下二段、上一段などなどを見分ける方法は教科書にかいてあるのでそれをよめばいいかとおもいます。僕も古典は得意ではないです。お互いがんばりましょうね!

以上参考までに。 

こんにちは。僕も高校生です。

これは覚えるしかないとおもいますよ。ほら、英語であるじゃないですか。fast-faster-fastestみたいな。そういう感覚で、たとえばもともと「書く」とあるのが

書か 書き 書く 書く 書け 書け

と変化するものだ!と覚えるんです。

ちなみに上の例では

未然 連用 終止 連体 已然 命令

の順ですが、何でこんな「未然」とか「連体」とか決まるのかというと

未然:あとに「~ズ」がつく。まだ起こってない事柄をあらわす。
   例:書か「ず」
連用:...続きを読む

Q古文の活用形の見分け方が分からない……

現在中3の古典の授業で活用形を習っています。
活用形は、主に、四段活用・下一段活用・下二段活用・上一段活用・上二段活用・変格活用がありますが(他にもありますがこれに絞らせて頂きます)これの活用形の見分け方が分かりません(未然・連用・終止・連体・已然・命令のこと)。
それぞれの活用の種類によって、パターンが違うので、何か良い覚え方などはないでしょうか?(暗記もしてみたのですが苦手でごちゃごちゃになってしまいます…。)

Aベストアンサー

暗記も結構楽ですよ。

まぁ簡単な方法は未然形の「ず」をつけると分かるかな?
「走る」は「走らず」で「あ行」だから四段活用
「見る」は「見ず」で「い行」だから上一段
「過ぐ」は「過ぎず」で「い行」だから上二段
ここで上一と上二は同じ段で活用するので、上一段の数は少ないので覚えましょう。
学校では「ひいきにみゐる」って覚えさせられました。
「経る」は「経ず」で「え行」だから下二段
下一段は「蹴る」だけなのでこれも覚えておく。

ラ行変格は「あり・居り・はべり・いまそかり」の4つ。
カ行変格は「来」だけです。
他にもナ変とサ変がありますがそれも数が少ないので覚えるだけです。

Q進研模試の過去問を手に入れたいのですが・・・。

単刀直入ですが,進研模試の対策をするために,進研模試の過去問を手に入れたいのですが,学校や塾の先生に頼む他に何か入手する方法はないのでしょうか? 勉強がしっかり出来ているかどうかの確認をするためには進研模試を解くのが,レベル的にも難しすぎず簡単すぎず,良いと言われたので,何回分かの進研模試を解いてみたいと思い,このような質問をするに至ったのです。ご回答,よろしくお願いします。

Aベストアンサー

模試の対策をする必要はありません。
普段の勉強の成果を確認するための物ですから。
対策の結果、実力以上の点が出てしまえば、かえって実力が見えなくなります。

適切なレベルの物で勉強したい、というのは伝わります。
しかし模試は模試。
最適な教材になるとは思えませんし、なるようなら進研がとっくに発売していますし、進研ゼミなどとっくにやめているでしょう。

書店に行っても教材が多すぎると言いますが、自分の学力が把握できればおそらくそれでかなり絞れるはずです。
それも判らなければ、基礎的な薄い物をやってみて、その感触で量るのが良いでしょう。
また、色々な教材を良く眺めてみるいうのも良い勉強です。
根性決めて書店に「通って」ください。
進研の模試もそうですが、教材には相性やレベルがあります。
進研の問題は確かに基礎的な良問であるような気はしますが、だからと言って、あなたがそれで勉強できるかどうかは判りません。
もっと基礎が抜けているのかも知れないし、そんな問題では簡単すぎるのかも知れません。
それはどの教材であってもそうです。

基礎ができていないのなら基礎、入試標準レベルのところでつっかえているのならそれ、と今自分が何をすべきか、で決めて、それをさっさと終えてください。
最後までそれだけでやり通そうとするから基礎から応用まで、なんて事を言うんです。
そもそも化物に至っては、教科書をきちんと読んでいるのか。理解できるよう読んでいるのか。なんて事が第一です。
その上で参考書、です。
物理は、一読しただけではさっぱり判らなくて当然です。
何度も教科書や参考書を読み、基礎問題を解き、解らなくなってまた教科書参考書に戻る、の繰り返しです。しつこくしつこく。
天才を除けば根負けするかどうかの科目だと思っています。

単語帳は相性次第です。
前書きからしっかり立ち読みし、相性が良さそうな物を選んでください。
当面センターレベルで良いので、さっさと終わらせることです。
現代文は、出口、田村、板野、河合の入試現代文へのアクセス、辺りを。これも前書きからしっかり読んで、やり方を把握したり指示に従ったりしましょう。
古典は知りません。
理系なら、二次私大でで国語を使うのかどうかでどこまでやるかが変わると思います。
あなたなら、伊藤さんの「ビジュアル英文解釈」ができると思います。
最初は易しいですが、最後までやり通したり、その後の「英文解釈教室」まで行けば大した物だと思います。

模試の対策をする必要はありません。
普段の勉強の成果を確認するための物ですから。
対策の結果、実力以上の点が出てしまえば、かえって実力が見えなくなります。

適切なレベルの物で勉強したい、というのは伝わります。
しかし模試は模試。
最適な教材になるとは思えませんし、なるようなら進研がとっくに発売していますし、進研ゼミなどとっくにやめているでしょう。

書店に行っても教材が多すぎると言いますが、自分の学力が把握できればおそらくそれでかなり絞れるはずです。
それも判らなければ...続きを読む

Q経済学部と経営学部の違いは何でしょうか?

経済学部と経営学部は何がどう違うのでしょうか?
たいした中身の差はないのでしょあか?

経済学部経営学科もてあるみたいですね。
これでますます分からなくなりました。

将来。起業するのなら経営学部の方が良いのでしょうか?
経営、経済にとらわれなくても良いのでしょうか?

どうぞ教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私自身、経営学部を卒業しましたが経済学部か経営学部で、学習する内容も違ってきます。特に、経済学部経営学科だと、理論や政策などの講義が多くなります。また、経営学部経営学科だと、より「実践的な内容を学習」するといった感じです。

 経営学と経済学は似たようなものですが、経済学は、「理論・政策・歴史」を中心に勉強します。「ミクロ経済学」「マクロ経済学」「経済原論」「財政学」など高校数学の知識が必要になります。経済学は、経営学と比べて数学関係の講義も多くなります。グローバルな問題に対して常に関わっていくのが経済学であり、家計や企業や政府といった単位で経済の仕組みを考えるのが経済学で、それに対して経営学は、経営者として企業をどう動かしていくのか考えるのが経営学です。経営・会計・流通・情報などに興味があるのだったら経営学部です。

 特に、ブランドや洋服に興味があるんだったら「流通論」や「マーケティング」が絡んでくるから経営学部でしょう。「マーケティング」では、企業の戦略や小売業・卸売業・メーカーが一体となって商品の在庫管理などをとりあげたりして、企業側の戦略や業務分析など現場と密接な関係を持った感じの講義がたくさんあります。将来、企業家を目指すのであれば、経済学より、実践的な経営学をお勧めします。特に、中小企業論や社会起業家論などのゼミを選択されると良いと思います。また、大学によっては起業家をよんできてセミナーをひらいたり、ベンチャービジネスをゼミ単位でやっている大学などもあるようです。

 経済学部は、公務員試験に向けた講義が充実しているから、金融や公務員などを目指す人にお勧めでしょう。経営学部は、流通やサービス・金融などを目指す人に向いていると思います。経済学部に比べて、経営学部は、「実務や現場重視」といった感じがあります。商学部は、経営学部に似ていますが、「会計」「流通」「マーケティング」の比重が高くなります。商学部と経営学部は、商学部・経営学部は、ほぼ同じようなカリキュラムで、似たような講義をしているところもかなりあります。

 リクルートの進学系サイトのURLを載せておきます。大学の教授や学生などの情報ものっているので、参考にされてはいかがでしょうか?

参考になれば幸いです♪

 

参考URL:http://www.shingakunet.com/cgi-bin/shingakunet.cgi

私自身、経営学部を卒業しましたが経済学部か経営学部で、学習する内容も違ってきます。特に、経済学部経営学科だと、理論や政策などの講義が多くなります。また、経営学部経営学科だと、より「実践的な内容を学習」するといった感じです。

 経営学と経済学は似たようなものですが、経済学は、「理論・政策・歴史」を中心に勉強します。「ミクロ経済学」「マクロ経済学」「経済原論」「財政学」など高校数学の知識が必要になります。経済学は、経営学と比べて数学関係の講義も多くなります。グローバルな問題...続きを読む

Q他動詞と自動詞の一番いい見分け方!最終結論

他動詞と自動詞の区別の仕方として一番いけてる方法は

有名な塾の先生が書いている参考書などを見て一覧表を
覚える

しかないのでしょうか?
(これ以上すばらしい他動詞と自動詞の瞬間的な見分け方を答えた人は今までにいません。だれか、スパッっと納得のいく見分け方を答えられる方はいないのでしょうか?失礼ですが)

参考書に書いてあるのは、せいぜい10個~20個くらいです。
しかし、テストでは絶対と言っていいほど、それ以外のものが出題されたりします。
で、今過去10年分の全大学の入試問題を見て、他動詞、自動詞の完全一覧表を作成しています。
完全一覧表というのは、なかなかありません。

それをつくって覚えるしか方法はないという結論なのでしょうか?

Aベストアンサー

日本語の自動詞と他動詞って暗記してますか?
してないですよね?

世の中の過半数が「まず先に文法ありき」と勘違いしてるんですが、
「文法」というのは、出来ちゃった結婚とか、新しい制度・法律の制定と同じことで、
まず既成事実があって、それに後から理屈を付け加えてるだけなんですよ。

・コマを回す → あ、そーか。「を」は他動詞の前に付くんだな
  ということは、「を」の後ろは他動詞だ。

・コマが回る → あ、そーか。「が」は自動詞の前に付くんだな
  ということは、「が」の後ろは自動詞だ。
  ふむふむ。


私が、かつて、北米からの留学生数人と友人関係にあった頃がありまして、ある日の、彼らとの会話。

私「日本では、SVOとかSVOCとかいうふうに英語を教えるんだよ」
留学生「なんじゃそりゃ?」(=意訳です)
私「SはSubjectで、VはVerbで・・・」
留学生「ははーん、それか。ところで、Cって何?」
私(英和辞書の中の“complement”を指差しながら)
 「これだよ。」
留学生「なんじゃそりゃ?」(=意訳です)

というわけで、
あまり、真正面から「文法」にぶち当たったり、暗記とかしなくていいですよ。
(go went gone とかを覚えるのはしょうがないですが)


コツだけ教えます。

I watched TV. 他動詞
She plays tennis. 他動詞
I speak English. 他動詞
Let's discuss Japanese music. 他動詞
(I) Thank you. 他動詞
I attended the meeting. 他動詞

I looked at her. 自動詞
(You) Listen to me. 自動詞
He comes to school by bus. 自動詞
Let's talk about Japanese music. 自動詞

自動詞って、後ろに名詞をくっ付けるときに、なんか間に入れますよね?

つまり、理屈ぬきで
looked at
listen to
comes to
talk about
というようなセットで覚えればいいんです。
つまり、「単語」ではなく「熟語」として覚えます。
自分の耳と口で、リズムで覚えればいいんです。

英語圏の子供達は「文法」は習わなくても、耳で「使える英語」は覚えます。

その「使える英語」という既成事実に、文法という理屈が、後から付いてきてるだけです。


だいぶ前にテレビで見たんですが、
芸能人(名前忘れた)が、学生時代の英語の授業の思い出を語ってました。
その英語の先生というのが面白い人で、
「discuss about, discuss about, discuss about」
と3回連呼した後、
「どーだ、お前ら。これで、お前らは一生"discuss about"って間違うようになるぞ。ざまあ見ろ。」
と言ったんだそうです。(笑)

日本語の自動詞と他動詞って暗記してますか?
してないですよね?

世の中の過半数が「まず先に文法ありき」と勘違いしてるんですが、
「文法」というのは、出来ちゃった結婚とか、新しい制度・法律の制定と同じことで、
まず既成事実があって、それに後から理屈を付け加えてるだけなんですよ。

・コマを回す → あ、そーか。「を」は他動詞の前に付くんだな
  ということは、「を」の後ろは他動詞だ。

・コマが回る → あ、そーか。「が」は自動詞の前に付くんだな
  ということは、「が」の...続きを読む

Q古典の未然形と連用形の違いを教えてください!

古典の未然形と連用形の違いを教えてください!

Aベストアンサー

各活用形がみな違う形のナ変動詞「死ぬ」と、未然形と連用形が同じ形になる下二段動詞「受く」を並べて説明します。見た目は同じでも、下にどんな語が付くかなどによって活用形は違うのだということを理解していただくためです。

未然形の用法

1、未然形接続の助動詞(ず、る、らる、す、さす、しむ、む、むず、じ、まし、まほし)を下接します。
   死なず。受けず。
   死なる。受けらる
   死なす。受けさす。
   死なしむ。受けしむ
   死なむ。受けむ。
   死なむず。受けむず。
   死なじ。受けじ。
   死なまし。受けまし。
   死なまほし。受けまほし。
というときの「死な」「受け」は、みんな未然形です。下にくっついている助動詞が活用していても同じです。

2、未然形接続の助詞(で、ば〔以上二語接続助詞〕、なむ〔終助詞〕)を下接します。
   死なで、受けで、
   死なば、受けば、
   死ななむ。受けなむ。
というときの「死な」「受け」も未然形です。 

連用形の主な用法

1、下の用言に係る。
   死に急ぐ。受け取る。
   死に給ふ。受け給ふ。
   死にがたし。受けがたし。
のように下の用言(ここでは「急ぐ」「取る」「給ふ」「がたし」)に係る「死に」「受け」は連用形です。
   死にこそすれ。受けこそすれ。(「すれ」はサ変動詞「す」の已然形)
のように、連用形と用言の間に係助詞や副助詞が割り込むこともあります。 

2、文を中止する働きがあります。連用中止法といいます。
   虫は死に、草は枯る。恩を受け、恩に報ゆ。
というときの「死に」「受け」は文を中止するために使われている連用形です。

3、連用形接続の助動詞(き、けり、つ、ぬ、たり〔完了〕、たし、けむ)を下接します。
   死にき。受けき。  
   死にけり。受けけり。
   死につ。受けつ。
   死にたり。受けたり。
   死にたし。受けたし。
   死にけむ。受けけむ。  
というときの「死に」「受け」は連用形。

4、連用形接続の助詞(て、つつ、ながら〔以上接続助詞〕、てしが、てしがな、にしが、にしがな〔以上 終助詞〕)を下接します。
   死にて、受けて、
   死につつ、受けつつ、
   死にながら、受けながら、
   死にてしが。受けてしが。
   死にてしがな。受けてしがな。
   死ににしが。受けにしが。
   死ににしがな。受けにしがな。
 というときの「死に」「受け」は連用形です。

以上です。

各活用形がみな違う形のナ変動詞「死ぬ」と、未然形と連用形が同じ形になる下二段動詞「受く」を並べて説明します。見た目は同じでも、下にどんな語が付くかなどによって活用形は違うのだということを理解していただくためです。

未然形の用法

1、未然形接続の助動詞(ず、る、らる、す、さす、しむ、む、むず、じ、まし、まほし)を下接します。
   死なず。受けず。
   死なる。受けらる
   死なす。受けさす。
   死なしむ。受けしむ
   死なむ。受けむ。
   死なむず。受けむず。
  ...続きを読む

Q進研模試の難易度について

自分は今高1なのですが、今度学校で進研模試というのがあるのですが、その模試の難しさというのはどれくらいなのでしょうか?先日学校で過去問題を宿題でやったのですが、『こんなの解けるの?』みたいなすごく難しい問題もありました。(特に数学)先生曰くこういうのは事前に勉強して受けるものだといっていましたが、こういう難しい問題では勉強しろといわれても困っています。なにか参考になるものとかあるのでしょうか?(教科書や定期テストのレベルの問題ではないので)あと受けた方でどのようなものだったかなど感想を教えていただければ幸いです。ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

差をつける必要があるので難しい問題もありますし、高1は習った範囲が狭いので応用問題が多いかもしれません。
進研模試の売りは全国規模なことです。難易度は普通。

私は模試に対して、試験に慣れる為の体験と考えていたので、特に勉強はしませんでした。公式を覚える程度はしましたが。

模試は結果よりその後が重要です。解説をしっかり読んで分からなかった問題を理解すれば力がつきます。

ということは過去問をやればいいのでは?わからなっかた問題は解説をよく読み、先生に聞くなどして自分のものにしましょう。

でも、模試の為だけの勉強では本末転倒です。
自分の為に勉強しましょう☆

Q白文を書き下し文に(漢文)

漢文の白文を書き下し文にするにはどうしたらよいのですか?
訓点や送り仮名が付いていれば簡単にできるのですが、ただ単に漢字だけが並んだ文を直したいのです。
さらに欲を出せば、その文を訳せるようにもなりたいと思っています。
どうすればよいのですか?教えてください。

Aベストアンサー

ごきげんよう。

漢文を白文の状態から書き下し文直しや現代語訳するにはどうしたらよいか?
う~ん、これができないとどう困るのかがよくわかりませんが、
とりあえず、
質問者さんの漢文関係の知識が高校レベルだと仮定して回答します。


漢字の横につけられている返り点や送り仮名というのは、
もともと白文であったものが読みやすくなるように、
後世の人間や研究者によって(勝手に)つけられたものです。
返り点をつけたのは五山の僧たちでしたかしら?

高校までの漢文の授業では習いませんが、
英語や古文と同様に、漢文(古代中国語)にも文法(漢文法)があります。
その文法や単語を理解すれば、
漢文そのものから現代語訳をすることも十分に可能になります。

文構造・語順としてはわりと英語に近くて、
 [主語][述語]
 [主語][動詞][目的語]
 [主語][動詞][目的語1][目的語2]
 [主語][動詞][目的語][前置詞][目的語]
 [主語][否定語(「不」など)][動詞][目的語][前置詞(「於」など)][場所を表わす名詞]

これらは文構造の単純な例ですが、こういう感じで漢字が並んでいて、
この構造がわかっていると返り点がなくても読む語順がわかります。

この構造に加えて、単語(動詞や名詞や副詞などの漢字)の意味がわかり、
固有の文法(高校で「句法」として習うもの+α)を理解すれば、
白文を見ただけでもおおまかな意味はつかめるのです。
それを洗練させていくと、適切な現代語訳ができるようになっていくでしょう。
(ここでは簡単に言ってますが、実際にやろうとするとけっこう手ごわい)


ただ、「書き下し文にする」のは現代語訳よりも厄介ですね。

現代日本語を読み書きしている私達が書き下し文を読めばわかるように、
ほぼ日本の古文調なのです。
これは、古代~近世の人間が漢文を日本語に直す時に、
「漢文の訓読」「自分の文法に沿った送り仮名のつけ足し」
を行なってきたためです。

したがって、
 ○漢字をどのように訓読して送り仮名をつけるか
 ○日本の古文の助動詞・助詞をどう補うか
というのが、私達現代人には非常に難しいレベルかな、と思います。

> どうすればよいのですか?教えてください。
う~ん、書き下し文にする場合、古代から現代までの日本語と中国語の両方に精通してください、としか。他の方の意見待ちかも。

日本における古文や漢文を専門に研究している研究者なら
送り仮名を含めた書き下しに慣れていて可能な人もいるかもしれませんが、
かなり特殊なスキルであることは間違いないでしょう。

漢文 - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BC%A2%E6%96%87
返り点 - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%94%E3%82%8A%E7%82%B9

追加や訂正などがありましたら、また。

ごきげんよう。

漢文を白文の状態から書き下し文直しや現代語訳するにはどうしたらよいか?
う~ん、これができないとどう困るのかがよくわかりませんが、
とりあえず、
質問者さんの漢文関係の知識が高校レベルだと仮定して回答します。


漢字の横につけられている返り点や送り仮名というのは、
もともと白文であったものが読みやすくなるように、
後世の人間や研究者によって(勝手に)つけられたものです。
返り点をつけたのは五山の僧たちでしたかしら?

高校までの漢文の授業では習いません...続きを読む

Q古文・「頼む」の四段活用と下2段の違い

単語帳を見ればすぐわかりますが、度忘れしやすいので、なにか覚え方あれば教えてください。

意味は頼みにする・頼みにさせるです

Aベストアンサー

立つ、頼む、被く、慰むの4つしか
試験で問われることはないと望月光先生はいってます。
下2段は全て使役性があります。
本番の読解でこの4つは普通のときと
使役の時があるなと意識できれば
問題ないと思います。
文脈を利用すれば迷う事はあまりないでしょうね。

Qサ変動詞と普通の動詞の違いがわかりません。

こんにちは。
古典の文章を品詞分解していると、「念じ」がサ変動詞の連用形、「差し」は四段活用「差す」の連用形と辞書ではなったのですが、「漢字+す」の形の動詞をサ変か普通の動詞か見分けるのはどうしたらいいのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

古典の場合『す』『おはす』要するに『なんとかする』
という形に訳せるのが、「サ行変格活用」といいます

ただし複合動詞の『死す』『案ず』『念ず』なんかもサ変動詞です。

上の動詞の場合『死する』←現在は使わない『案ずる』『念ずる』と訳せますよね?

しかし『差す』『刺す』などは『差する』『刺する』とは言いません。

このような感じで訳してみれば大体の動詞は区別できるはずです。


人気Q&Aランキング