出産前後の痔にはご注意!

「ニトリ」が販売した中国製の土鍋(新潟県内の陶磁器業「ホリシン」が輸入)からの「鉛」検出。

問題の土鍋は、電磁誘導加熱(IH)調理器で約三十分加熱したところ、ふたと接する部分から鉛を含んだ液体が流れ出たという。
土鍋を北海道消費者協会に届け出た男性(47)の妻(31)は「鉛は体内に蓄積され、子供や孫に影響が出る不安もある。鍋から鉛が出ることが分かっても、鉛の量が基準値以内であるという理由で、行政が回収命令を出せないのはおかしい」と憤る。
土鍋を販売していたニトリは自主回収を決めたが、判断はあくまで企業自身に委ねられている。
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/society/28319. …


我が家にも中国製の土鍋があります。
鍋を使ってみたら様子が変だ。
熱しているうちに、鍋の辺りに、次第に銀色の異物が浮き上がった。
それ以来、使っていません。

輸入業者の責任とはいえ、利用者がもしも「鍋」で鉛中毒にかかり、健康被害を受けた場合、どう責任を取るのでしょうか?
例えば、この中国製土鍋の場合、使用しているうちに、欠けたり、薄くヒビが入ります。
そして、「地」が露出します。
中国の土は鉛・カドミウムなどによる汚染が激しく、水質の汚濁も激しく、中国では癌患者が急激に増えているという。
重金属に汚染される「中国の土」を素材に作った土鍋の安全性は大丈夫なのでしょうか?

茶碗やカップ、どんぶり、すり鉢など、安価で出回る「中国製」の陶器類は多品種です。
だが、多少欠けても、ヒビが入っても使用する人はいる。
鉛・カドミウムなど重金属に汚染される「中国の土」を素材に作った食器の安全性は大丈夫なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

昨日だったと思いますが、NHKの「クローズアップ現代」という番組で、件の土鍋について沸騰実験をしていました。


その結果として沸いた湯から鉛が多量に検出されて危険な代物だということでした。

問題は土鍋本体の土ではなく、陶器を焼き上げる時に釉薬として使われる上薬に鉛が含まれているためだと解説していました。確かコストダウンのためだったと思います。

実際使ってみて変だと感じたのなら、業者の責任云々というよりも、リサイクルできないように割ってから捨ててしまえばいいんじゃないですか?

ニトリで買った物ならたいした金額でもないでしょうし、その個体が原因で健康被害を誘発させたという証明も難しいと思います。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

その番組は見ていないです。
見たかったですね。
その中国製の土鍋は捨てることにします。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/06 11:58

中国製のものに安全性を求める方が無理な話です.それには日本の商社なども悪いわけです.


土器だけでなく,野菜,薬等口から入るものはしょっちゅう問題を起こしております.もう原産国を確認して自己防衛しかありません.
一応国でも検査をして一部は止めております.

 http://www.mhlw.go.jp/topics/yunyu/1-4/0701.html
    • good
    • 4
この回答へのお礼

中国製のものを買うということは、安い代償として危険性も買っているのですね。
中国産の“毒”野菜も買いません。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/06 12:01

安いからといって中国製の物を買うのがそもそも間違いです。

 日本でもやせ薬でなくなった方がいますが、海外でもペットフードでペットが死んだり、インチキ薬品で亡くなる人が続出しています。 中国の金持ちは、野菜などの食品は日本からの輸入品しか食べていません。 何でもかんでも政府の責任にせず、中国品を購入する際は自己責任で。 
    • good
    • 6
この回答へのお礼

中国製の商品は「安かろう、悪かろう」ということですね。
これからは中国製の土鍋も買いませんし、中国産の“毒”野菜も買いません。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/06 12:00

すべてどこで線を引くかという問題であるのです。


たとえば、残留農薬の問題でもどこかに線を引かなければ、
無農薬のものしか、出荷できなくなります。 そのような意味で
基準というのは必要で、基準値内であれば、行政は強制的な
執行力を持たないのは当然です。 基準が適正であるかについては
世界水準などと比べて自分で判断するしかないですね。 自分の
健康は他人任せにしておいてはいけませんね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

中国産の“毒”野菜も危険ですね。
中国産の野菜には基準値を超える農薬が残留しているとか。
もう中国産の“毒”野菜は買えません!
ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/06 11:57

>>輸入業者の責任とはいえ、


>>利用者がもしも「鍋」で鉛中毒にかかり、健康被害を受けた場合
>>どう責任を取るのでしょうか?
発生した健康被害と、製品の因果関係をしらべてから
「はっきりとした関係が認められたら輸入業者が責任」を取ると思われます。

輸入業者と販売業者、製造業者の責任はそれぞれ違うと思われます。

>>使用しているうちに、欠けたり、薄くヒビが入ります。
土鍋は使い方によく左右されます。
徐々にかけたり、水漏れしない程度のヒビははいります。

>>鉛・カドミウムなど重金属に汚染される「中国の土」を素材に作った食器の安全性は大丈夫なのでしょうか?
中国製品=「重金属で汚染されている」とどこで判断したのでしょうか?
また、そう判断している状態で使いつづける意味は何でしょうか?

そりゃぁ土ですから地域によって重金属が含まれる量が違うにしても
若干含まれます。
が大量に溶け出たり、目に見えて溶け出す物があること自体がありえないとすると
土に含まれているというより、重金属そのものを加えていると考えるほうがよいかもしれません
特に、日本の業者は現地の業者に対して「見た目の注文」を付けるので
現地の業者が見た目に使ったとかになるのでしょう。
まぁニ○リが直接買い付けに行っているかどうかは知りませんが
間にいくつかの業者がいるのが一般的です。

消費者ができることはまずニトリに連絡することです。

>>茶碗やカップ、どんぶり、すり鉢など、安価で出回る「中国製」の陶器類は多品種です。
ですね、特に色鮮やかなものは買わないほうが得策です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

これからの時代は自分の健康は自分で守る時代ですね。
もう中国製は買いません!
ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/06 11:54

> 安全性は大丈夫なのでしょうか?



大丈夫なわけがないじゃないですか。
質問者さんは、以前中国製のおもちゃや衣服の有害性でも質問されていましたいましたが、よほど中国製品がお好きだったのですね。
今後、おもちゃや食器に限らず、いくら安くとも中国製品は一切買わないことです。
ただ、買わなくとも、空から飛んでくる汚染された中国の黄砂にも困ったものですね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

中国製が大丈夫なわけがないですね。
以前は安い中国製の物ばかり買っていたので、身の回りの物は中国製が多くて怖いです。
これからは中国製は買いません!
ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/06 11:53

いつも思うことですけど、安さを追求すれば結局はこういうことになります。


高くても安全なものを買えばよいのですけど、消費志向が安さに向いているので、国内で作られる肌着や食器などはどんどん無くなっていき、一部のお金持ちが金に糸目をつけずに買うので、高級品として売られるようになり、私のような庶民の中でも下のほうのものは分かっていても中国製のものを買ってしまう、そういう社会面もあると思います。
空気の安全はタダと言いますけど、そうではなくお金を出して買う時代なのではないかな。
消費者が国産品に拘れば、中国製は売れなくなり、スーパーなどでも安全な食器が並びますから、消費者の意識改革も必要で、政府が何でもやってくれると期待するのではなく、庶民も目を肥やして自己責任でやる時代になったのでしょうな。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

安い中国製にはある種の危険性があるということですね。
これからは自分で自分の身を守る時代ですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/06 11:51

確か今回の鉛騒動は土鍋を焼く時に塗る釉薬が原因じゃなかったですっけ?



まぁ、土鍋に限らず食品・薬品など今は中国製っていうだけで
敬遠したくなりますけど…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

昔は中国製をよく買っていたので、身の回りの物は中国製が多くて怖いです。
これからは中国製は買いません。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/06 11:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qダイソーの土鍋って大丈夫ですかね?

 中国生産の安価な商品が多い100円ショップですが、たしか歯磨き粉から規定値を上回る害のある物質が検出され、回収に至ったケースがあったと思います。
 私は調理器具と土鍋をダイソーで買ったんですが、これらは大丈夫でしょうか?。本社に電話して問い合わせてみたところ、「皿などの台所用品は日本で一番出荷数が多いので、国の検査が一番最初に当社で行われるので、大丈夫です」と言われました。
 皆さんはどう思われますか?。

Aベストアンサー

補足
A NO14さんの仰る通りだと思います。全てを消費者が検査する事は不可能です。
大事な事は
メーカー/流通業者の良心・姿勢です、安ければ良いと言う風潮が消費者や流通業者に有る事も否めません。

良心あるメーカーは原材料から検査し、製造段階においてもチェックして生産しております。

そして完成品の検査をして基準値以下であってもより減らす事に努めているのです.(当然ですが)

国の検査が通ればいいと言うモノではないと思います。

以上の様な幾段階もの検査をして生産された製品はコストが掛り100円ショップで売られている様な価格では出来ない製品が沢山有る事は間違い有りません。

安い物にはそれなりの理由があると言う事を消費者は理解せねばなりません。特に加熱して使用される調理器具等には注意を払う事が重要な点です。
加熱によって酸やアルカリ等に冒される場合が多々有ります。(加熱しなくても溶出する場合有り)

特に鉛等は酸によって溶出しますので注意が必要です。

一般的に安い物にはそれなりの理由があると言う事を消費者は理解せねばなりません。
                                 賢い消費者が増える事を願う次第です。

中国人の書いた面白い文章を添付します。

黄文雄 『ジョークでわかる中国の笑えない現実』

農民が種を蒔いたが、ちっとも農作物は育たなかった。種が偽物だった。
 絶望した農民は農薬を飲んで自殺をはかった。が、死ねなかった。農薬が偽物だった。
 担ぎこまれた病院で点滴を打たれた。突然死んだ。点滴が偽物だったから。

 これには最後の説に違うバージョンがあり、
 生き返った農民を家族が祝い、酒を飲んだ。そしたら全員が死んだ。なぜって、言うまでもない。酒が偽物だったから。

以上ご参考までに

補足
A NO14さんの仰る通りだと思います。全てを消費者が検査する事は不可能です。
大事な事は
メーカー/流通業者の良心・姿勢です、安ければ良いと言う風潮が消費者や流通業者に有る事も否めません。

良心あるメーカーは原材料から検査し、製造段階においてもチェックして生産しております。

そして完成品の検査をして基準値以下であってもより減らす事に努めているのです.(当然ですが)

国の検査が通ればいいと言うモノではないと思います。

以上の様な幾段階もの検査をして生産された製品は...続きを読む

Q土鍋、陶器などの釉薬は有害ですか?

 先日、とある通販のカタログを見ていましたら記載されている土鍋の特色として「釉薬に鉛やカドミウムを使用していないので安全です」とありました。
 へえ~と思って見ていたのですが、そうすると土鍋・陶器などの釉薬には鉛やカドミウムを使用しているものもあり、有害ということなのかなとも思いました。
 そのような事も全然知らず買ってきたので疑問に思っています。
 釉薬にそういった有害なもの等が使われている陶器の見分け方などがありましたら教えて下さい。また、上記のものが使われていない陶器や、どういう釉薬なら使用しても問題ないのかなども知りたいです。
 最近土鍋を新調したのですが、頻繁には使用しないほうがいいんでしょうか・・・また近々耐熱陶器(直火・レンジ・オーブントースター・グリル可能なもの)を購入したいと思っているので気になります。
専門的で難しい質問ですが、少しでも分かる方がいらっしゃったらお願いします。
 
 

Aベストアンサー

土鍋にかぎらず釉薬や絵の具に酸化鉛やカドミウム顔料をつかった和食器洋食器は普通にあります。高温で焼いてクリスタルガラス状に固まっていますので、危険な量が溶け出す事はありません。ですから、普通の土鍋ならひんぱんに使用しても問題ありません。

2~3年前の事ですが、ある大手全国チェーンの家具屋さんが販売した外国製土鍋から鉛とカドミウムが溶け出すという事件がありました。これは焼きがあまくて釉薬がじゅうぶん固まっていない粗悪品だったようです。

鉛やカドミウムが溶け出すような粗悪品を販売する事は、食品衛生法違反ですので、めったに出回らないと思いますが、あまりに安いものは避けた方がいいと思います。

鉛カドミウム使用不使用の見分け
http://www.toki-minoyaki.jp/pbcd/pbcd.html
鉛カドミウム使用しない陶磁器開発の取り組み
http://www.mtc.pref.kyoto.lg.jp/inf/cen/pub/pre/cre/no028/3

Qニトリの炊飯土鍋、安全性についてどう思いますか? 値段も安いし、きっと中国製ですよね。 普通の土鍋で

ニトリの炊飯土鍋、安全性についてどう思いますか?
値段も安いし、きっと中国製ですよね。

普通の土鍋で事件がありましたが、そのあとも普通に商品販売していますね。

Aベストアンサー

一度あったので もう安全性は担保されてる と考えるのが普通です が…
(釉薬に 鉛やカドミウムを使用してる製品ももある)
ちゃんとした工房の炊飯用は2万円以上
http://www.kumoigama.co.jp
普通の国産で5千円程
安全を買う5千円をお勧めです。

QHI対応の土鍋がHIで使えない

我が家ではHI調理器を使用しています。日本製と外国製の2種あります。

このたび、土鍋を買おうと思い、HIは卓上に置けるので、HI対応の土鍋を選んで買いました。
しかし、説明書通りに、HI用のプレートを敷いても調理器が2種とも反応しませんでした。

土鍋の梱包の中に入っていた説明書には「HI対応と書いていても使えない調理器がある」と書かれていました。

また、HI調理器の説明書を改めて見てみると「HI対応と書かれていても土鍋は使用できない」と書かれていたのです。

今回、購入したお店が返品に応じてくれたので助かりましたが、なぜ、こういう事が起こるのでしょうか?

Aベストアンサー

嫌な目に遭いましたね、お気持ちお察し致します。
問題は土鍋の中に鉄板を入れて電磁波に反応させる式の物でしょう。その式の物は問題が多く発生しております。始めから反応しない物は
I H クッキングヒーターによって機種が古い物ですと反応しない場合も有りますが、現在の物であればもんだいはI H 側には有りません。

一方土鍋側に問題が有る様に思われます、即ち  I H 用プレートとはステンレスの板です、 I H 調理器の上面(トップ)から鍋底を通して
プレートまでの距離が反応する距離を超えている様です。又働いても熱せられる事によってプレートがそって働かなくなる問題も起こっております。 これがプレート式の大きな欠点でチェックもせずの売られている物を買わされた様ですね。 メーカー及び販売業者の姿勢の問題です。最近は機能が不十分な安物が市場にはびこっている事は悲しい事です。

土鍋でも鍋の裏側に発熱体(銀)が焼き付けられた良い商品が有りますよ、我が家では2年目に入りましたが健在で 問題なく働いてくれています。確か商品名はデュラセラムとか言った土鍋でした。  ご参考までにhttp://www.rakuten.co.jp/donabe/ここで買いました。
ここのお店は親切に教えてくれました。

嫌な目に遭いましたね、お気持ちお察し致します。
問題は土鍋の中に鉄板を入れて電磁波に反応させる式の物でしょう。その式の物は問題が多く発生しております。始めから反応しない物は
I H クッキングヒーターによって機種が古い物ですと反応しない場合も有りますが、現在の物であればもんだいはI H 側には有りません。

一方土鍋側に問題が有る様に思われます、即ち  I H 用プレートとはステンレスの板です、 I H 調理器の上面(トップ)から鍋底を通して
プレートまでの距離が反応する距離を超えている様です。...続きを読む

Qロジックか100均か?スキレット

スキレットという鋳物のフライパンが欲しいのですが、ロジックと100均のものでは仕上がりにどれぐらいの違いがでるものでしょうか?

価格があまりにも違うので悩んでいます。

Aベストアンサー

ご補足ありがとうございます。
また回答いたしますが、あまりお役には立てないと思います。なぜなら私は鉄製のポテンシャルを活かしきれていないと思うからです。
この連休の初日も、午前中はスキレットを再度シーズニングしたりしていました。
なんかすごく連休っぽい…vとか悦に入っていましたが、上手に使っている人はこんないいかげんな使いかたしないと思うので。
でも最初にご質問を拝見したとき、まだ売ってるとこあるの?!再販?即買いだよ!私だったら…絶対逃さないのに!2つ…いや、4つは買うのにー!と思いながら回答してました。
そういう回答者で恐縮ですが。

今までテフロンのフライパンをお使いだと鉄フライパンは扱い方が違うので戸惑うと思います。
たとえばこちらのアマゾンの鉄フライパンのレビュー。
http://www.amazon.co.jp/RIVER-LIGHT-%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%91%E3%83%B3-26cm-12K26/product-reviews/B000R8KIRA/ref=sr_1_5_cm_cr_acr_txt?ie=UTF8&showViewpoints=1
700人近い「参考になった」を押されているレビューに、コツを細かく書いてあります。
この方の通りすればだいたいこびりつき等なく、レベルの違うというほどのお店っぽい焼き加減で感動できます。

が、ぱっと見た状態で「今180度ぐらいの適温」とわかるものでもないので、何度も使って「だいたいこれが適切な状態」というのを覚えていかないといけません。
これができないと、いつまでたっても油が多く必要でヘルシーじゃない、こびりついてもったいない、なんか焦げついてぜんぜん上手く焼けない、洗うのが大変、こんなはずじゃなかった…あの高評価はなんなの…、
という不満を持つことになります。
鉄フライパンのレビューの中には「やはりテフロンに優るものはない」と書いている方がいるのはそのためでしょう。
テフロンみたいになんとなく使っても不可な焼き上がりができない鍋ではないです。
なので大きなスキレット、あるいは板厚の鉄フライパンに切り換える場合は、本腰を入れて性質を覚えないと使いこなせずイヤになってしまう可能性が高いように思います。

ですが、100スキは、鉄フライパンに切り換えるほどの覚悟も必要なく、もし使いこなせなかったとしても値段的に惜しくはないし、食卓にステーキレストランみたいに熱々の料理を出す皿としてだけ使ったって十二分に活用していると言えます。
というより、100スキは大きさ的に個人用の小さい鍋だと思います。
なので、もし今後見かけることがありましたら、お試しに買ってみてとおすすめしたいです。

ロジックのスキレット、確かに重いです。
10と1/4インチは2.4kgもあるので、材料が入った状態でふりまわせる人は相当力持ちに限られると思いますし、そんな人でもてっとりばやく腱鞘炎になりたいのでもなければあおることはおすすめしません。
ただ、こちらの方の質問への回答に書いたのですが、http://oshiete1.nifty.com/qa8236951.html
フライパンには2種類あると分かりました。
西洋料理でおなじみの「じっくり焼く」のに適した厚く重いフライパンと、中華のようにあおりを入れる料理をつくるための薄手のフライパンです。
最低でも2種類必要だと思います。
鉄は酸に弱いため、トマトソースをフライパンでよくつくる人は別途ソースパンと、アルミのフライパンも必要ということになります。
スキレットは前者の、いちどコンロに据えたらどっしり据えたまま動かさずに焼くことに特化したフライパンです。
ロジックやユニフレームの分厚さは熱を蓄えるのに必要だからの厚みです。
最初の回答でふれた蓄熱性能、保温性と書かれることもあるこの性質、正確には比熱容量が高い低いと表現します。
比熱容量が高いと素材を入れた時に鍋肌の温度が下がらないので、適温で調理できます。
比熱容量の高い低いは鍋の質量(重さ)に比例するので、スキレットは分厚くつくってあります。
なので、「じっくり焼く」ためのフライパンで薄いのや、サイズダウンはおすすめしません。
ただこの比熱容量の高さは扱い難さにもつながります。
あっ、温度上げすぎた…というときに、なかなか下がらない。朝忙しいときに、前もって加熱をはじめないと適温にならない。
この点で100スキは扱いやすいとも言えます。

比熱容量が高くなるということと、質問者さんと同じ、取っ手の反対側に持ち手があったほうがいいという理由で10と1/4インチを選びました。
取っ手は確かにあったほうが便利です。9インチでも材料が入ると両手でないと持ち上げるのは厳しいと思いましたが、取っ手がないと持ち上げられないです。
持ち上げられないと、油返しで油を捨てるときがめんどくさい。キッチンペーパーで吸い取る式しかできないから。
ということと、セットで買った極の26cmのフタが10と1/4にぴったりだったのでこの大きさにしました。
重いけれど、ストウブもほしいですし、重さに理由があるとわかったのでそういうものだと割り切れた上で買いましたので、私は重いことにストレスは感じません。
60代になったらテフロンに戻すか、アルミか軽いステンレスだけにすると思いますが、だからあと30年は使うつもりです。
いいかげんに扱って焦がしちゃった、魚がこびりついた、とか、パンだからいいやって洗わずいたら赤錆浮いてきちゃった、ということはやらかしていますが、上手く焼けたときはぱりっと仕上がって美味しいですよ。

10インチ以上必要なら、100スキにはない大きさなので、結局きちんとしたメーカーのものになると思いますが…。

手入れが面倒、特に洗ったあとに油を塗るのがイヤ(べたべたしてくる、虫が寄ってきそう)なら、スキレットよりさらに高価になりますが、リバーライトの極の板厚をおすすめします。
上の質問を添付したのは、この質問の質問者さんの選んだ理由が理に適っていて感心したからです。ぜひごらんになって、同じように感心してほしいです。
素材の鉄そのものが非常に錆びにくい加工をしてあるとかで、手入れがとてもラクです。錆びても、表面加工ではないので遠慮なくこすり落としができますし。

他に、スキレットではなくても「焼くためのフライパン」には評価の高い山田工業所、海外ならデバイヤーや鍛造のターク(ドイツに旅行に行くときについでに買えば、重いけど現地価格は日本の数分の1です)などもあります。

長くなりましたが、ぜひ、鉄フライパンのことをよく調べて、そしてはまってほしいです。

ご補足ありがとうございます。
また回答いたしますが、あまりお役には立てないと思います。なぜなら私は鉄製のポテンシャルを活かしきれていないと思うからです。
この連休の初日も、午前中はスキレットを再度シーズニングしたりしていました。
なんかすごく連休っぽい…vとか悦に入っていましたが、上手に使っている人はこんないいかげんな使いかたしないと思うので。
でも最初にご質問を拝見したとき、まだ売ってるとこあるの?!再販?即買いだよ!私だったら…絶対逃さないのに!2つ…いや、4つは買うのにー!...続きを読む

Q100円均一の食器の安全性は?

うちの食器は、ほぼ100%、100円均一の食器なのですが、最近、中国製品の安全性への疑問から、買い換えたいと思うようになりました。
土鍋の釉薬から鉛が検出されると聞いて、食器などは大丈夫だと思っていたので、大変ショックです。
下記の製品の中で、買い替えを早急に検討したほうがよいものは、どれでしょうか。

・電子レンジでも使えるプラスティック製品
・ガラスコップ
・食器
・はし
・ステンレススプーンなど

Aベストアンサー

・電子レンジでも使えるプラスティック製品
溶ける可能性があり、見た目溶けていなくても、
少しずつ・・・。
まぁ、電子レンジに、プラスチックの容器を入れること自体、
例え国産でも、冒険と言えば冒険。

・ガラスコップ
鉛を使う可能性があります。
でも、少し前までは、
国内にも、鉛の水道管、いたるところにありました。
質問者もそれで育っているはず。

・食器
これが何を指すか判りません。

・はし
割り箸かな、割り箸だと、防腐剤くらいは残留しているかも。
外食にも、「MY箸」、必須ですね。

・ステンレススプーン
ステンレスで無い場合が多い。
これは、100均で、ステンレス製品を
買おうとする方が、間違っている!
安物は、大体錆びます。ステンレスではないです。

まぁ、あまり気にしてもしょうがないレベルかと思います。

先の方も述べられていますが、
「安いから100均で買う」
「どうでも良いから100均で買う」
のであれば、それを、
「こだわって、デパートで、一流品を買って、一生使う」
に切り替えていくそのものが大変なんでしょう、きっと。

私も別に大金持ちではありませんが、
一つ一つ、気に入ったものを買って、
「消耗品」と呼ばれるものをなるべく買わないようにしています。
当然、100倍くらい高いものもありますが、
100倍長い間使う気持ちで、気に入るまで買いませんし、
買ったら大事に使います。

「買い換える」というのは、大変ですね。
土鍋の例が引かれていましたが、
「(危険な)土鍋を使わない」
と言う選択肢も考慮してください。

早く、安心して使える品質になってくれると良いですね!!

・電子レンジでも使えるプラスティック製品
溶ける可能性があり、見た目溶けていなくても、
少しずつ・・・。
まぁ、電子レンジに、プラスチックの容器を入れること自体、
例え国産でも、冒険と言えば冒険。

・ガラスコップ
鉛を使う可能性があります。
でも、少し前までは、
国内にも、鉛の水道管、いたるところにありました。
質問者もそれで育っているはず。

・食器
これが何を指すか判りません。

・はし
割り箸かな、割り箸だと、防腐剤くらいは残留しているかも。
外食にも、「MY箸」...続きを読む

Q100円ショップの日本製食器についてですが

100円ショップの日本製食器は安全でしょうか。
便利な物や好みのデザインの物があると、日本製以外の物でも購入することあるのですが。(made in korea以外)
温めて使う物など100円だと本当に大丈夫なのか心配になりました。
ご存知の方おりましたら、回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

陶器の作り方ですが、素焼きの製品に下絵を描き、釉薬(ゆうやく)をかけて1300度くらいで焼き上げます。その後に上絵を描いて、もう少し低い800度くらいで焼き上げます。低い温度で焼いた方が鮮やかな色が出るためです。
ただ100円で売られている陶器は、この2度焼きは行っていない可能性があります。2度も焼くとコストが掛かって100円で売るのがむつかしいためです。
基本的にはこのように高温で焼きますので、もし有害物質が混ざっていても無害化してしまいます。
一番怖いのは鉛でしょうか。低温でも鮮やかに焼き上げるために、釉薬に鉛を混入させていた事実が中国でありました。さすがに中国でも鉛はもう使っていないでしょう。もし鉛やその他の重金属が混ざっていても陶器なので、人体に影響が出るほど陶器からにじみ出るとは思えません。
まあでも鉛や重金属は体内に蓄積され、次第に影響は出てきますので、使われていないほうが良いに決まってますが。
輸入の際に抜き打ちで検査されていますので、有害な物質が使われていないと思います。
あと100円ショップで売られている陶器は、適当に中国で買い付けているわけでは有りません。生産工程を確認し何が使われているか確認してから買い付けています。
もしくは契約した陶磁器工場から買い付けています。もちろん契約時に、何を使うかは決めておきます。
陶器やガラスは特に気にしなくても大丈夫でしょう。気を付けなければいけないのは、プラスチック製の容器やスプーンなどですね。

陶器の作り方ですが、素焼きの製品に下絵を描き、釉薬(ゆうやく)をかけて1300度くらいで焼き上げます。その後に上絵を描いて、もう少し低い800度くらいで焼き上げます。低い温度で焼いた方が鮮やかな色が出るためです。
ただ100円で売られている陶器は、この2度焼きは行っていない可能性があります。2度も焼くとコストが掛かって100円で売るのがむつかしいためです。
基本的にはこのように高温で焼きますので、もし有害物質が混ざっていても無害化してしまいます。
一番怖いのは鉛でしょうか。低...続きを読む

Q100円ショップの食器

100円ショップ(ダイソーなど)で販売されている、メラミン食器やシリコン製の調理器具などから
基準を超える化学物質や発ガン性物質が発見されるというニュースをよく聞きます。

こういった事はプラスック?やメラミンの製品にのみ起こる事なのでしょうか?

100円ショップで購入したガラスのコップや瀬戸物のお茶碗などを今も使っているのですが、
今後実は有害物質が含まれていた、なんて事はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

陶磁器に関しては、基本的には全ての陶磁器には表面に釉薬がかかっています。
生地に釉薬を掛けてだいたい1000度~1200度程で焼成するわけです。

釉薬とは基本的にはガラス質ですので一見安全そうに見えます。

学校の理科の時にも、ガラスは強い酸性やアルカリ性でも溶解しないと習いましたね。

ただ、ご存知のとおり釉薬には様々な色や風合いがあり、そのような効果を得るために実は様々な重金属類が使用されます。
もちろんこれには安全基準がありますが、実際のところ国内外問わずグレーな製品は残念ながら存在するようです。

したがって、ざっくりとした一般論になりますが、色物の釉薬が掛かっている器には酢の物を盛らないほうが無難なんです。
(色がついているものが全部ダメというわけではなく、あくまでも、どうしても気になるならという話ですので。実際問題があるとしても、ほんのごくごく一部です。)
食卓に出る食物のなかで最も高い酸性なのが、酢の物の類だからです。

また、同様の理由で白い器でも、釉薬の上にカラフルな絵がついているもの(上絵)も同じ。

上記の内容は、実は古い器のほうが当てはまります。
なぜなら安全基準やそれに基づく検査が確立する前のものがあるからです。
最近のものはよほど安全かとは思いますが100%ではないでしょう。

あまり神経質になるほどのことは無いと思いますが、酢の物の類にだけは注意してください。

陶磁器に関しては、基本的には全ての陶磁器には表面に釉薬がかかっています。
生地に釉薬を掛けてだいたい1000度~1200度程で焼成するわけです。

釉薬とは基本的にはガラス質ですので一見安全そうに見えます。

学校の理科の時にも、ガラスは強い酸性やアルカリ性でも溶解しないと習いましたね。

ただ、ご存知のとおり釉薬には様々な色や風合いがあり、そのような効果を得るために実は様々な重金属類が使用されます。
もちろんこれには安全基準がありますが、実際のところ国内外問わずグレーな製品は残念ながら...続きを読む

Q土鍋のにおいについて

サイズの違う土鍋がいくつかあります。
新しく、激安で買った中国産の土鍋に水をはって※火にかける※と、
日本製の土鍋を使っている時には全く感じないにおいがするのです。
(この土鍋だけ、いつもと違う、米のとぎ汁を使って、
 目止めをしました。)

土鍋本体の匂いも、若干違う感じですが、
それはそんなに気になるものではなく、
※「火にかける」※と、臭います。

ほとんど使っていなくて勿体無いなぁとは思いつつ、
同じサイズの国産のものを買いました。

捨てる前に・・この臭いは何なのか?
ご存知のかたいらっしゃいましたら、教えて下さい。

また、同じことを感じたかたはいませんか?
捨てる前に、茶葉,お酢,重曹を試してみるべきでしょうか。

(100均の食器などは、普通に使えています。)

Aベストアンサー

2007年の中国製土鍋有害物質問題では全面回収は行われなかった様ですね。

土鍋から有害物質!
http://allabout.co.jp/career/jijiabc/closeup/CU20070716A/index3.htm

購入した100均に持ち込めば返金してくれるでしょう。
態度悪かったら消費者センターか保健所へ持ち込んじゃうとかね。

思えば現状の中国製品は50年以上前の日本の有様に似ています。
メイド イン ジャパンが悪しき品質の代名詞だった頃。

その汚名を返上する為に団塊の世代たちがどれだけ汗を流して品質を上げて行った事か・・・
当分はチェックを怠らずに購入する必要があるでしょう。

それが日本製品が信頼される様になった道ですから、中国も同じ道を歩んで欲しいものです。

Q鍋料理は何日くらい痛みませんか?独身男の鍋生活

いつもお世話になっています。
鍋料理が便利なのですが、何日くらい痛まず食べられるのでしょうか。
一人暮らしで、何食にも分けて食べています。

一日目 夕食 鍋を肉、あさりなどでだしを取りながら、きのこ、玉ねぎ、にら、キムチなどで鍋を作る。四人前くらい。汁をなるべくすくわずに。

二日目 朝 残りの鍋を普通に火を通してたべる。
     夜 残ったつゆに水を足し、うどんをゆで、そこに1/4白菜を煮てたべる。

三日目 朝 水を足し袋ラーメンをいれてゆでる。
     夜 お米をいれて、雑炊にする。夕食分+四皿分くらいつくり。4皿は冷凍しておく。

こんな感じで、何食か分けているのです。
鍋からは直接食べていません。麺類も具もほかの器にとって食べています。
ただ、うどんやラーメンはそのまま鍋でゆでてます。

家の中は寒いです。夏にやるつもりはありません。
できれば面倒なので野菜の追加で、五日目、六日目と増やしていけたらいいのですが、
衛生面とかでこの料理はいいのでしょうか?

Aベストアンサー

皆さんのおっしゃる通り加熱を十分して、しっかり冷まし、冷蔵庫で保管すれば1ヶ月だって持ちますよ。鍋ごとでは難しいですが。蓋やラップも完全に冷めないと、中が蒸れて腐る原因になります。これで全く問題ないです。
問題は、鍋の材質です。土鍋は染み込むので、長期間の使用は鍋を痛めます。アルミ鍋もどちらかというと腐蝕しやすいのでステンレス鍋がお薦めです。

衛生面でしたら手洗いや清潔な食器を使うことの方が大切です。
人間なんて結構丈夫にできてるからあまり神経質にならなくても大丈夫です。

僕は調理師をしていて、賄いを自分の分だけ作ってます。
ほぼ同じようなことをしてます。僕は冷凍すらめんどくさいので、食べ切るまで続けます。出し汁や野菜、肉を足しながら、忙しい時は10日位。ちなみに、常に室温で置いてます。店の食材に匂いが移るといけないので。
調理場は暖房を使わないので、営業時間内は室温12、13度です。火をしっかり加熱していれば、この室温でも1週間は大丈夫です。

僕は大鍋で作って、これには味付けはしません。味のバリエーションが減るので。水炊きの状態です。疲れてめんどくさい時は、柚子ぽんや塩だれで水炊き風にします。あとは、食べ切る分だけ小鍋に移し、そのつど味付けすればいろんな味が楽しめます。無駄にしない限り経済的だと思います。

水や出し汁を足す時はある程度鍋の出しが減ってきてからの方が良いと思います。

皆さんのおっしゃる通り加熱を十分して、しっかり冷まし、冷蔵庫で保管すれば1ヶ月だって持ちますよ。鍋ごとでは難しいですが。蓋やラップも完全に冷めないと、中が蒸れて腐る原因になります。これで全く問題ないです。
問題は、鍋の材質です。土鍋は染み込むので、長期間の使用は鍋を痛めます。アルミ鍋もどちらかというと腐蝕しやすいのでステンレス鍋がお薦めです。

衛生面でしたら手洗いや清潔な食器を使うことの方が大切です。
人間なんて結構丈夫にできてるからあまり神経質にならなくても大丈夫です...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング