痔になりやすい生活習慣とは?

 領収書に「郵便局・証紙」とありました。
仕訳はどのようにしたらいいでしょうか?
郵便料金?手数料?租税公課?でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「郵便局・証紙」って、具体的になんでしょうか。


国の『収入印紙』とか『都道府県証紙』などの類ですか。

それなら、その用途により仕訳が違います。

税金の支払い手段としてなら、「租税公課」。
領収証や契約書に貼る印紙です。

国や自治体に支払う費用としてなら「支払手数料」。
パスポートや免許・資格類の申請用などの場合です。

「郵便局・証紙」が切手のことで、ふつうに手紙・はがきに貼るなら「通信費」。

切手でも、少額の支払い手段として使うなら、「消耗品費」などそれぞれの科目。

----------------------------------------------------

いずれにしても、さしあたって使う予定がなく金庫にしまっておくなら、経費でなく資産に振り替えます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
詳しい説明をしてもらえて、助かりました。
確認したところ、どうやら郵便物に貼ったようなので今回は「通信費」としました。
しかし、これで次に「証紙」がでてきても 何とか処理出来そうです。

お礼日時:2007/06/01 23:37

郵便局証紙は、都道府県から認可されいてるものです。


したがって勘定科目は、「租税公課」になります。
ご参考まで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
まだまだ経験不足のため、分からない事が多いです。
参考に、させていただきます。

お礼日時:2007/06/01 01:02

内容で判断しましょう。


たぶん郵便料金だと思うので、その場合には通信費です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
やはり、領収書に記載されていることだけでなく、内容を確認しないとだめですね。
早速、確認したうえで判断したいと思います。

お礼日時:2007/06/01 00:51

租税公課で良いと思います



http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%8E%E5%85%A5% …

支払先やその用途は違いますが、収入印紙みないなものと思っていただければ良いかと
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
経理に関してはまだまだ初心者なので、いまいち印紙と証紙の区別すらあやしい段階です・・・
用途等確認してみます

お礼日時:2007/06/01 00:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q証紙切手引受と料金別納について

証紙切手引受と料金別納は同じと考えてよろしいのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

全く違います。

料金別納とは、同じ種類の郵便物を大量に出すときに、数量や配達条件などによって料金を割引く制度です。

一方、証紙切手引受というのは、郵便物を大量に出す企業などが、切手の代わりとなる証紙を郵便計器から発行して貼り付けて差し出すものです。料金が異なる郵便物を沢山出すために、様々な額面の切手を在庫しておく必要がないというメリットがあります。発行と同時に消印が印刷されるため、当日中に郵便局に持ち込まなければなりません。

Q受講料の仕訳の仕方

仕訳の仕方を教えて下さい。

仕事で必要な講習を会社負担で社員に受講させました。このとき、受講費用はどういう勘定科目にすればいいのでしょうか?

受講すると資格が得られるのですが、個人に対する資格ではなく、会社に対する資格となります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前の方が答えてみえるように「福利厚生費」で一般的にはよろしいかと思います。
また、講習会などがよくある場合には、「研修費」なんていう科目を使われても良いと思いますよ。
今年から「人材育成投資税制」なんてのも始まりましたんで、人材育成関係の費用だけ「研修費」なんていう別科目で管理しておくとわかりやすいかもしれませんね。

Q法人市民税を支払った時の勘定科目は?

よろしくお願いします。

先日、職場で初めて決算をし、法人市民税を支払ったのですが
この際の勘定科目は、どのようにしたらよいのでしょうか?

自分なりに調べたところ、そのまま「法人市民税」で良さそうですが、
職場の会計ソフトにはその科目がなく、代わりに
「1 法人税、住民税および事業税」と「2 法人税等」と「3 法人税等調整額」という科目があります。

3はその名前の通り、調整した時に使う勘定かな?と思いますので、おそらく1か2だと思うのですが、どちらを使うのが適当でしょうか?
(1と2って、使い方はどのように違うんでしょうか・・?)

初歩的な質問でお恥ずかしいのですが、どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「1 法人税、住民税および事業税」と「2 法人税等」は同じです。「1 法人税、住民税および事業税」が長ったらしいのに比べて、「2 法人税等」の方が短く簡明なので「2 法人税等」を使う会社が多いです。

法人市民税を支払ったとき、

(1)発生主義の仕訳:
〔借方〕未払法人税等OOOO/〔貸方〕当座預金OOOO

(2)現金主義の仕訳:
〔借方〕法人税等OOOO/〔貸方〕当座預金OOOO

Q県証紙の勘定科目

今回、屋外広告物の許可申請手数料として、県証紙を購入することになりました。
その際の仕訳の勘定科目なのですが、何が適当でしょうか?
広告宣伝費?手数料?租税公課?

すみませんが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

印紙は租税です。印紙税法で定められてるからです。

県証紙は、純粋に云えば租税ではありません。
県に支払う手数料や公立高校の授業料支払の代わりに証紙を貼ります。

現金でもって手数料を取り扱いをすると現金管理が煩雑です。そのため県に対して支払うお金を払ったことを証明するため証紙がつくられてます。
ある意味、その県だけで使用できる金券のようなものですから、税金を払ってるわけではありません。

広告宣伝費、支払手数料どちらでも良いと思いますが、租税公課というのは変だと私は感じます。
市に支払う水道料金を租税公課にはしません。
税法、地方税法で定められてる「税」が租税です。

しかしながら、実務では印紙も県証紙も、同様な扱いをしてることが多いです。
買いだめておいて使用するという点が「同じもの」と判断される原因です。

特異な行政サービスを受けるために手数料を納めるのですが、これは税金ではなく、サービスに対する実費の一部負担のようなものです。
現金で受け取って領収書を渡すという事務を省略するために証紙売りさばき所でまとめて売っているにすぎません。

しかし、実務としては「租税公課」で処理をしててお目玉を税務署から貰うということは少ないです。買いだめするのは、特殊な業種だけだからかなと私は思ってます。

県立高校の授業料を証紙で払うという県が有りますので、会社で証紙を買って、代表者の息子の授業料をそれで払ったということがあれば「そいつはいけねぇぜ」と調査官に叱られることになりでしょう。

印紙は租税です。印紙税法で定められてるからです。

県証紙は、純粋に云えば租税ではありません。
県に支払う手数料や公立高校の授業料支払の代わりに証紙を貼ります。

現金でもって手数料を取り扱いをすると現金管理が煩雑です。そのため県に対して支払うお金を払ったことを証明するため証紙がつくられてます。
ある意味、その県だけで使用できる金券のようなものですから、税金を払ってるわけではありません。

広告宣伝費、支払手数料どちらでも良いと思いますが、租税公課というのは変だと私は感じ...続きを読む

Q配送料、代引き手数料について

通販で消耗品を購入した時、勘定科目は何になりますか?運送費でいいのか、消耗品費に含めていいのでしょうか?今まで消耗品費に含めて処理していましたが、ふと疑問に思いました。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

基本的には、購入代金に含めて「消耗品」で処理をします。

特に、固定資産を購入して固定資産に計上する場合は、引取運賃も含めて固定資産に計上し、減価償却をすることとなり、引取運賃だけを経費処理することは出来ません。

Q郵便局で切手の代わりに貼る赤い紙 あれ何

普段は地元の郵便局に行って、書き留めやら速達やら
その場で「これを送りたいんですが…」なんていうと
料金を教えてくれてその分の切手代を払い、買った切手を
ベタベタと郵便物に貼って(800円分とかだったら6枚
ぐらい張ることになります)たのですが
ついこの間、(郵便局の)本局に行って同じように
「これ速達でお願いします」と封書を渡したら
「600円になります」と言われ600円を払い
また切手を貼るかなと思いきや、係りの人が機械に何か入力すると
一箇所600円と書かれた一枚と切手より少し大きなぐらいの
白紙をベースに赤のインクで印刷された切手まがいなもの
が出てきて、それをペタッと貼って終わりでした。
同じお金なのに切手を何枚も貼るよりこっちのほうが
断然見栄えがよかったんです。
で、地元の郵便局でも同じやり方でやってもらおうと
思ったのですが何ていうものかわからなくて…。
というかあれは本局ならではの技だったのでしょうか?

誰か教えてください!(><;)
その前にこの汚い日本語を理解していただきたい;

Aベストアンサー

郵便証紙じゃないでしょうか。

大きい郵便局だと、不在窓口やATMがある、夜も開いている入口あたりに、お客が自分で操作する郵便証紙の機械が置いてあることもあります。
はかりに郵便物を載せて、速達にする?とかを選び、お金を入れるとその赤い文字の紙が出てきます。

特に特殊なものではないので、ないか聞いてみてもいいのではないかと思います。
しかし窓口でも、切手を売るより証紙を作ったほうが楽でしょうから、切手が出てくると言うことは証紙を作る機械が窓口にもないかもしれません。

お客操作用は「証紙君」という名前がついているようです。
下記URL写真の機械は窓口用と思いますが、御参考までに・・。

参考URL:http://www.japanpost.jp/Procurement/spec/Products/Products01/Products01-04-j.html

Q切手と証紙が貼られて送られてきた普通郵便の送料について

年始に入ってからフリマアプリでカード型の商品を購入しました。
3日に発送の連絡があって、6日消印の82円切手と同日の38円の証紙が貼られた普通郵便が連休を挟んで10日に届いたのですが、38円の追加料金が何に対しての料金かわかりません。
25g以内の郵便物でしたので82円で良いと思うのですが、わかる方お願いします。

Aベストアンサー

それは定形外郵便代が120円だからです。封筒が大きかったか、厚みがあるかのどちらかですね。

Q証紙は課税?非課税?

証紙は非課税だと思い込んでいましたが、課税対象なのでしょうか?

用途は土木事務所にて発行してもらう「建築士事務所登録証明書」の証紙金です。

色々検索してみたのですが、いまだ分かりません。
教えていただけませんか?宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

地方公共団体や売りさばき人から購入する場合は「非課税」です。

参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.yodacpa.co.jp/info/syouhizei-stamp.htm

Q住民票の発行手数料に消費税は課税?不課税?

住民票の発行手数料に消費税は課税でしょうか、それとも不課税でしょうか?また、印鑑証明書は同じくどちらでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

 こんにちは。

・税金の課税と言うのは、個人の財産を制限する最大の物ですから、すべて法令などで定めがあります(租税法令主義)。

・消費税法基本通達
 ご質問の件につきましては「消費税法基本通達」に、非課税の範囲として、次のとおり定めがあります。

(非課税となる行政手数料等の範囲等)
6 -5-1 国、地方公共団体、法別表第三に掲げる法人その他法令に基づき国若しくは地方公共団体の委託又は指定を受けた者が徴収する手数料等で法別表第一第5号イ及びロ《国、地方公共団体等が行う役務の提供》の規定により非課税となるのは、次のものであるから留意する。
(1)  法令(法律、政令、省令又は大臣告示のほか条例及び規則を含み、業務方法書又は定款等は含まない。以下6-5-2までにおいて同じ。)に基づいて行われる次に掲げる事務の手数料、特許料、申立料その他の料金(以下6-5-1において「手数料等」という。)で、その徴収について法令に根拠となる規定があるもの。
イ  登記、登録、特許、免許、許可、認可、承認、認定、確認及び指定
ロ  検査、検定、試験、審査及び講習(令第12条第1項第1号イからニまで《非課税となる国、地方公共団体等の役務の提供》に掲げる事務のいずれにも該当しないものを除く。)
ハ  証明(令第12条第1項第2号《非課税となる国、地方公共団体等の役務の提供》に掲げるものを除く。)
 (以下略)

・住民票は「ハ」に該当しますから、非課税ですね。

http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/kansetu/syouhi/06/05.htm

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/kansetu/syouhi/06/05.htm

 こんにちは。

・税金の課税と言うのは、個人の財産を制限する最大の物ですから、すべて法令などで定めがあります(租税法令主義)。

・消費税法基本通達
 ご質問の件につきましては「消費税法基本通達」に、非課税の範囲として、次のとおり定めがあります。

(非課税となる行政手数料等の範囲等)
6 -5-1 国、地方公共団体、法別表第三に掲げる法人その他法令に基づき国若しくは地方公共団体の委託又は指定を受けた者が徴収する手数料等で法別表第一第5号イ及びロ《国、地方公共団体等が行う役務...続きを読む

Q勘定科目を教えてください。

来客用の飲料や茶菓子等の勘定科目は何にするのがいいのでしょうか?交際費?雑費?消耗品費?教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般的には、その内容によって、会議費、福利厚生費、交際費に分かれるものと思います。

その場で商談する際に出す飲料や茶菓子であれば会議費、主として従業員のためのものであれば福利厚生費、来客へのお土産については交際費に該当するものと思います。
(飲料や茶菓子について、来客と従業員、どちらにも出す場合は、どちらが比重が大きいかで判断されれば良いと思います。)

ただ、金額がそれほど大きくなければ、雑費で処理する会社もあるとは思います。
(もちろん、そのうちの交際費については、税務上は交際費で処理すべき事となります)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング