ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

はじめまして。
基本情報処理試験を受けはじめてかれこれ4年経ちます。
社会人の為なかなか時間がとれず、通勤時間の細切れ時間を使って毎日復習(午前)を行っています。午前は得意で700点以上取れた時もありました。
しかし、午後問題がどうしても取れません。一度だけ合格点600を超えたときがありましたが、それっきりです。色々問題集を本屋で見ましたが、おそらく勉強の仕方が悪いと思っています。
尚、私は業務で使っていますアセンブラ2問から先に始め、残りの時間を残りの議事問題やHW問題、設計問題に当てています。時間配分を考えているつもりですが、大抵後半で時間切れ。最後は設計の問題ですが、問題を読む時間すらなくなっている状況です。
要は、現状の力では、限られた時間に解く能力、読解力もすべての午後問題で出ていません。合格した人は簡単そうに話しますが、私にはそれが理解できません。問題見れば解法がすぐ思いつくとも言いますが、どうも?です。
どなたか、私みたいな社会人で上記の様な苦労している人にとっておきの午後得点方法を教えてください。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

公式サイトでも過去問が公開されていますので参考となるかもしれませんね。



【IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:問題冊子・配点割合・解答例・採点講評(2016、平成28年)】
https://www.jitec.ipa.go.jp/1_04hanni_sukiru/mon …

A 回答 (3件)

IT系で管理職をやっている者です。

人事も担当しておりまして、本試験は毎年指導に当たっています。
基本情報の午後問でハマる人の共通点は
1.プログラムやアルゴリズムの稼働型がイメージできていない。
2.出題者(IPA)がこの試験で確認したい内容の最も根幹の部分を学習せずに小手先の合格テクニックに走っている。
…の2点です。もちろん合格テクニックで要領良くサクッと合格する人もいますが、何度も落ちる人は経験上間違いなく当てはまると思っています。
ですので、2回以上受けて受からない人には受験要綱熟読させます。
それでIPAが「覚えてこい」と書いているそれぞれの項目についてどんなテキストを使ってどれくらい学習したかを洗い出させます。
9割以上が 3.アルゴリズム / 4.SQL / 7.プログラム設計 の3分野がイマイチよくわからないと言います。
「アルゴリズムが走ってるな、と感じる瞬間ってある?」と聞くと沈黙する人がほとんど。そりゃ受からんよ、と突っ込みます。
何度この流れを繰り返してきたことか…。

すでにお持ちかとは思いますが、「かんたんアルゴリズム解法」(大滝みや子 著)を熟読してください。
CASLはシュミレータを使って実際動かしてますよね?もし動かしていないならばすぐにシュミレータ付きの参考書が売ってますので、購入してみてください。

とにかく「この部分学習しなきゃシスアドと変わらないでしょ?」という部分の学習が欠けているんだと思います。
「問題を見て解答が浮かぶ」=「プログラムやアルゴリズムを見て実際に動いている姿や結果が想像できる」であると思います。

そんなわけで、
1.受験要綱を読み直す
2.受験要綱の各章ごとに自分が今までやってきたことを洗い出す
3.合格テクニックに頼っている個所を探し出す
4.各分野に「定番」書籍があるので、苦手分野はそれを読み倒す
…以上をお勧めします。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

回答有難うございます。
IT系でしかも指導をされているという事で大変参項になりました。
1~4ポイントを是非実践したいと思います。
秋は頑張りたいと思います。

お礼日時:2007/08/17 15:22

まあ、本にするほどの内容でもないので、以下に思ったことを書き綴っておく。




資格試験に予想はつきものです。一般的に「予想問題」というのは以下の3点に絞られてくると思います。

・参考書などを読み進めていくうちに、「あぁ、これは似通っていたり、覚えにくかったりでやばいな。」という事柄。
(ロールフォワードやロールバックに、公開鍵の暗号化や復号化など。)

・過去問で、何度もよく出題されているもの。
(1、2年前のはみんな解いているので、穴場はそこからもう少し前の分かなと。)

・プロの資格学校の講師が厳選して出題された公開模試の内容。
(なんせ、その道のプロですからね。シロウトさんにはかないません。)


あくまでも個人的な意見ですが、出来る限り上記の3つは均等に抑えておいた方がいいです。というのも、3つともハズレということはまずありえませんし(もしあったらその回の正答率が急激に下がり、正規分布とは違ったものになってしまって「なんでこうなったの?」ということになると思う。たぶん・・。)、最悪2つがダメだったとしても残りの1つで何とか挽回できると思いますので。

質問者さんは、本試験の直前に模試などは利用されているのでしょうか?資格学校なども実際に通うとなったら時間的にも経済的にも大変かもしれませんが、模擬試験ぐらいだったらどこも4000円ちょっとの出費で済むわけですし、最新の傾向と対策が手に入るわけですからそういったのも利用されたらよろしいかと。

資格の学校TAC > 情報処理・シスアド > 公開模試
http://www.tac-school.co.jp/kouza_joho/joho_mosi …

アイテックトップ < オンラインショッピング > 2007年秋 基本情報技術者 全国統一公開模試(採点付き)
http://www.itec.co.jp/shop/product/test3a_a_fe.h …

資格の大原トップ ≫ 公開模擬試験情報 ≫ 基本情報技術者試験公開模試・直前対策コース
http://www.o-hara.ac.jp/moshi/joho/index.html

上記の3つとも、自宅受験も可能となっていますので、メインの問題集は一通り終わらせ(もちろん、間違った所も再度繰り返し解き)、ほんとうに午後対策だけなんですっ、ていうのならば全て申し込むのもありかと思います。

それから、jitecのサイトにはちょくちょくおじゃましていますでしょうか?最近だと午後試験のみですが、「採点講評」がpdfファイルにて公開されています。そこんところもチェック。

JITECトップ>出題範囲・スキル標準・パンフレット・過去問題 など
http://www.jitec.jp/1_04hanni_sukiru/_index_hani …

長文対策に関してですが、質問者さんは新聞を毎日読まれていますか?これもまた私見ですが、そもそも新聞の社説なんて必ずしも読むべきものではないと思います。(読んじゃダメ、って言ってるんじゃなくて、無理して読まなくてもいいよ、という意味。)確かに、義務教育を受けている生徒、児童さんならまだしも社会人になってからは、莫大な数の情報量の中で(インターネットや、ニュース番組、各種雑誌なども含む)、自分にとってどれが重要でどれが重要でないかの判断の方が、社説の要約よりもはるかに必要な能力です。プログラム設計の問題に関しても、単に問題文を延々と読んでいくのではなく、先に設問をざーっと斜め読みしておき、その後に、この設問を解くのに重要な情報はどこに書かれているのかを念頭に置きながら読み進めていってください。(もちろん、その為には周到な問題演習が必要不可欠ですね。)

私の場合は、質問者さんとは全く逆で午前の方に何度も苦しめられた者です。ただ、公開模試で間違った所に重点を置いて総復習をしたこともあって、やっと合格したなあ、といった感じです。ちなみに、午後の方は第8問と第12問のJavaでどちらも満点を取り、DBとか第1問の所ではいくつも間違っていましたが680点で何とかクリア。本試験の直前に、実はというとSJC-P[310-055]の試験も受験していまして、そちらの方は初受験だったせいかコテンパンにやられちゃいましたが、今思うとその時の勉強が午後試験の時には役に立ったのかなあと。


まあ、何かのお役に立てれば。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答有難うございます。
的確なアドバイスで参考になりました。
業者さんのテストも実践したいと思います。

お礼日時:2007/08/17 15:25

私も社会人で働きながら試験目指してますよ。


ちなみに今年の春は基本情報試験初挑戦で、
午前は余裕、午後はわずか30点程度足らずで落ちました。
間違った場所はデータベース問題(ほぼ全滅)でした。

午後ではとにかく苦手な箇所が露呈しますよね?
これに関しては、「基本情報技術者 教本/問題」
など全体管轄の書籍よりも例えばプログラム設計に躓く
(問題の時、図や説明に把握困難で立ち止まる)
のであれば問題集のプログラムリストが理解できたらそれを
得意な言語でコーディング、デバック、トレースしてみます。
インスペクタ機能を用いて動的構造体挙動を覗うのも有効です。
“文章による勉強”ではなく“具現化によるチャレンジ”に
勉強法をステップアップしましょう!
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答有難うございます。
私と境遇が似ているので励みになります。
アドバイスを参考にし秋は合格を目指したいと思います。

お礼日時:2007/08/17 15:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q基本情報(午後)、こんな戦略はどうですか?

初めて受験するものです。
午後の意味不明さに多少戸惑っています。
必須のアルゴリズム問題は、わけわかりません。


【自分の戦略案】

・5問選択のうち、2問はマネジメントやストラテジが出るので、それを選択する。
・5問選択のうち、多少得意なDBも選択する。
・↑上記で3問、残り2問は、解けそうな問題を選択する。
・言語は表計算を選択する。
・必須アルゴリズムは捨てる&余った時間を他に回す。


必須アルゴリズムを完全に捨てて時間を稼ぐのと、マネジメントやストラテジ・表計算を選択するのがポイントだと思っています。
外道かもしれませんが、いかがでしょうか?

これで合格できると思いますか?

Aベストアンサー

問13の表計算を完全正解で20点,問6プロマネ完全正解で16点,問7ストラテジ完全正解で16点,で計52点。あとは適当にマークして残り48点中から確率17%で正答が当たったなら8点ゲットして,計60点で合格だ,とIPAが決めているのだからそれでいいんです。
どの問題を捨てようが文句を言われる筋合いはないですよね。60点をとれば合格です。

----------------
ちなみに。

情報処理推進機構(IPA)は,フィリピン,タイ,ベトナム,ミャンマー,マレーシア,モンゴルで「アジア共通統一試験」を推進しています。

日本の基本情報技術者試験相当だという触れ込みですが,

アジア共通統一試験の午後問題(150分間)は,
必須問題5問と,
  ・ハードウェア,ソフトウェア
  ・データベース
  ・ネットワーク
  ・ソフトウェア設計
  ・データ構造及びアルゴリズム
2問中1問選択のソフトウェア開発問題で構成されています。
  ・C言語
  ・Java

Q基本情報技術者が受からない

社会人二年目のものです。
大学では、情報科学を勉強していました。
ですが、基本情報技術者の午後問題の選択問題と言語が全く解けません。
毎回、選択問題は割りと取れると噂のストラテジー・マネジメント系の問題ですが、
読んでみても結局間違っていることが多く、自信がもてません。
だからといって他の問題もピンキリです。
言語もC言語を大学時代にやっていたくせに、読み込むのに時間がかかり過ぎて、
いつも適当にマークしてしまいます。
※必須問題は安定して取れていますし、午前は八割とれます。
大学で真面目にやってきたはずなのに、どうしてこんな悲惨な状況になるのでしょうか?
親に学費を払ってもらっただけに、恥ずかしすぎてしんどいです。
これで、二回目なんですが以前ほど悔しいと思う気持ちが薄れており、
最初落ちたときは、辞表をだすまでいったのに
いまは諦める気持ちが大きいせいか、あっけらかんとしています。
あっけらかんとしていることに、腹がたっている自分もいます。
心の中がめちゃくちゃです

Aベストアンサー

 あなたは真面目すぎます。
 情報処理の資格試験は合格しなくても仕事ができます。合格しないとできない医師などとは違います。

 ちなみに私が働いていたソフト会社は千人規模でしたが有資格者は1割もいませんでした。何回受けても合格しない人はザラで、資格を取るための勉強をする暇があるなら少しでも仕事をしろという会社でしたから当然です。
 さすがにこの状況がまずいと思ったのか現状を打破するために社内教育をいろいろする事になりましたが、私はリストラされましたので成果は不明です。
 私が働いていたのはダメ会社ですから参考にならないかもしれませんが、取得率が高い会社ばかりではないと思います。
 精神的に自分を追い詰める必要は無いでしょう。

 私は第二種情報処理技術者を2回目で合格しましたが、1回目の失敗を冷静に分析し対策を万全にしました。大切なのは同じ失敗を繰り返さない事です。自信を持って解答できない現状では難しいと思います。なぜこうなるのかを理解しましょう。

QIPA 基本情報技術者試験午後問題 多すぎじゃないですか

情報処理推進機構、基本情報技術者試験(FE)の午後問題はさすがに文章が多すぎませんか?
昔より読む速度はかなり上がっていますが、それでも考える時間はあまり取れずに何問も感で答えるしかありません(昔はテロップが読めないこともあった)。
他の方は全て読んで答えているんでしょうか、それとも飛ばし読みしたほうがいいんでしょうか。
でも、読まないと解けない問題ですよね。
時間は計っていますし、問題を先に少し見てから問題文を読んでいます。
どうもこの悩みは他で見つけることが出来ませんでした。国語で読む速度を鍛えたほうがいいですか?
試験に落ち続けています。

Aベストアンサー

文章を読む速度の問題ではなく、
「そのジャンル」の知識や理解力、
(または常識的な理系的理解力や素養)があるかどうかの
問題だと思うんですが…。

なぜなら、文字数自体は、
圧倒的にすくないから。
---

配点と合格基準、知ってます?
これらを知って、戦略を練りましょう。
問題を全部解ききる必要もないわけで、
たとえば、
プログラマの人なら、
余裕で第8問目(必須問題)と言語選択問題を解いて、
9割正解だとして36点だから、
あとのこりの問題で60満点中14点とれば
合格ラインに達するわけですから、
全問解く必要は全然ないわけです。
そういうことです。
戦略を練りましょう。
---

あと、
重要なのは、
難しい設問に「ハマらない」ことです。
だいたい、大問1問につき、1問2問は、
そういうのが紛れ込んでいたりします。
そういうのは後回しにする。サクサク飛ばす。
(頑張って解いても、得てして不正解だったりするしね)
---

たぶんですが、目安として、
各大問にかけていい時間は、
配点×1.5分
くらいじゃないでしょうか。
それを目安にして、
「自分がどの問題に異常に時間かけてるか」を見つけ出して
修正しましょう。
「時間かかる=失点」ですからね。
(時間かかれば、試験時間がなくなって、その分、点を損するから)

文章を読む速度の問題ではなく、
「そのジャンル」の知識や理解力、
(または常識的な理系的理解力や素養)があるかどうかの
問題だと思うんですが…。

なぜなら、文字数自体は、
圧倒的にすくないから。
---

配点と合格基準、知ってます?
これらを知って、戦略を練りましょう。
問題を全部解ききる必要もないわけで、
たとえば、
プログラマの人なら、
余裕で第8問目(必須問題)と言語選択問題を解いて、
9割正解だとして36点だから、
あとのこりの問題で60満点中14点とれば
合格ラインに達する...続きを読む

Q基本情報技術者試験 午後の選択問題について

 私は法学部卒でパソコン関連の知識は全くなく(一般の文系学生が使用する程度の知識)、午前試験の過去問を中心に学習しております。午前の学習はある程度進んだので、これから午後対策を考えています。
 午後の言語はCASLIIにしました。その他に午後問題の問2~問7の中から4問選択しなければなりませんが、どの分野にしたらよいか迷っています(決めた分野もありますが)。特に午前について得意不得意と思える分野はありません。

 そこで、以下の各分野の特徴を教えていただければと思います。
    ・ハードウェア
    ・ソフトウェア
    ・ネットワーク
    ・ソフトウェア設計
    ・プロジェクトマネジメント/サービスマネジメント

  ・学習量(範囲の広さ)
  ・学習効率と効果(データベースは対策しやすく確実な点が望める等)
  ・計算の有無
  ・難易度(試験回によって難易度が異なるの承知していますので分野としての難易度)
これらの点を中心に回答いただけるとありがたいです。 


 

Aベストアンサー

基本情報程度なら午前の勉強で得た知識をそのまま午後の試験に使えます。

対策本などを利用されていると思いますが、午後はできるだけどれでもいいくらいの感じで受けたほうがいいと思います。
どれかに絞ると試験本番で難解な問題が出る可能性もありますので。

学習量ですが、午前と重複する部分があるのでどの分野もあまり多くはありません。
学習効率と効果ですが、午前の対策と重複するのでどの分野も変わりないと思います。
また、効果も知識があれば解ける問題ばかりなので、不得意なところカバーするくらいでいいと思います。
計算もありますが、確率などの簡単なものばかりなので過去問で計算問題を探して数問といてみれば大丈夫です。
難易度ですが、IPAが行う試験では下から2番目なのでどの分野も基礎的な問題ばかりで難易度は低いです。

Q基本情報技術者試験 直前対策は何をしたらようでしょうか?

こんにちは!
今度の日曜日に基本情報技術者の試験を受験する者です。

大学では情報系の勉強をしていてC言語などは授業でよく使うので午後問題はC言語で挑戦したいと思っています。
今回が初めての受験で何から始めて良いか分からなかったですが、自分は参考書を読み過去問4回分をもうすぐ一通り終了する予定です。

午前問題の正解率はギリギリ70パーセントいくかいかないかくらいでした。
午後問題は半分を超えるのがやっとです。

このままでは合格は難しいと思いましたが、勉強したことで次へのステップに繋がると思いました。

しかし、まだ試験は始まってもないし、不合格と決まったわけではないと思い直しました。
それにどうせ受けるならやっぱり合格したい!!
だから残りの時間出来る限りの努力をして合格点に少しでも近づけるようにしたいと思います。

そこで残りの金曜日と土曜日は何をしたらよいでしょうか?
金曜と土曜はかなり時間が使えると思います。
やはり過去問を復習したりするのがよいのでしょうか?

補足等があればお答えします!!
アドバイスよろしくお願いします!!

こんにちは!
今度の日曜日に基本情報技術者の試験を受験する者です。

大学では情報系の勉強をしていてC言語などは授業でよく使うので午後問題はC言語で挑戦したいと思っています。
今回が初めての受験で何から始めて良いか分からなかったですが、自分は参考書を読み過去問4回分をもうすぐ一通り終了する予定です。

午前問題の正解率はギリギリ70パーセントいくかいかないかくらいでした。
午後問題は半分を超えるのがやっとです。

このままでは合格は難しいと思いましたが、勉強したことで次へ...続きを読む

Aベストアンサー

こういうのは、人それぞれ違うと思うのですが、「合格」することを念頭に置いて書きますね。

この試験は午前の問題で足きりがありますね。だから午後がどれだけできても午前がだめなら、合格できません。
kevin23さんは、午前に自信がありますか? ないのなら、とりあえずは午前をクリアできるように、自分の間違えやすい箇所を確認する必要がありますね(過去問を4回分終了してるのなら、自分の弱点は分かると思います)。午前が大丈夫なら、午後対策ですね。「半分を超えるのがやっと」とありますが、その原因は何でしょう? 過去問を採点して自分の間違えやすいパターンを理解して本番で同じ間違いを繰り返さなければ合格できそうな気はしませんか?

午前でも午後でも自分の間違えやすい問題を再度見直すのが現実的で効果的だと思いますよ。

Q基本情報午後 CASLへ走るのは?

約2ヶ月くらい 過去問題のC言語に悪戦苦闘しました
しかし 私にとっては難題という 印象はぬぐえません
C言語は実際にプログラムしたりしてますが テスト問題となると
ちがうようです

いまさらですが CASLのほうも視野にいれようと考え出しました
今からでは 遅いでしょうか?

CASLはやや 難易度が低いとの 話もあるようですので
アルゴリズムの苦手な私にとっては 逃げてのような気が
してきまた

いかがでしょうか?

Aベストアンサー

まずはCASLについて少し学習してみてはいかがでしょうか?

記述の自由度が高いC言語に比べると、定義された少数の命令セットしか出てこないCASLの方が解きやすいのは事実ですが、現在の基本情報処理試験は午後も選択式ですからね。また、CASLにはCASL特有(アセンブラ特有)のアルゴリズム上の癖がありますので、そのあたりを理解できていないとCASLの方が難しいと思いますよ。

逆に、プログラミングの素養が充分にある人なら、試験当日になって初めてCASLに触れたとしても、問題用紙末尾の言語仕様を見ながら余裕で解けます。

Q基本情報と応用情報の違い

実務歴2年未満のネットワークエンジニアです。
今年中に基本情報試験と応用情報試験の取得を目指しています。

一つ疑問があるのですが、基本情報試験を飛ばして
応用情報試験から挑戦するという事はありえるでしょうか?

今年度で言うならば、
4月に基本情報を受けて、10月に応用情報を受ける…のではなく
4月から応用情報に挑戦、失敗したら10月に再挑戦という事です。

ちなみに現在の私のレベルは、
ITパスポート以上
初級シスアド(旧)以上
基本情報試験未満(いまの段階で受けたとしても受からない)
開発経験無し
プログラミング経験無し
です。

Aベストアンサー

旧1種にCASLが必須だった頃を知っている昔ながらのエンジニアです。

>応用情報試験から挑戦するという事はありえるでしょうか?
ありえる、という語彙をどのようなニュアンスで使用していますか?
※このような「流行の若者言葉」を使うのは年配の回答者に対しての配慮がたりません

可能かどうか、という意味でしたらもちろん可能です。
多数派か、という意味でしたら違います。
こっちの方が近道か、と言われればなんともいえません。来年から情報処理技術者試験は新制度に移行され、プログラムそのものの問題数が減ります。また、プログラム言語でなくとも表計算で試験を受けることもできます。よって、適性が分かれるともいえるプログラム部分が少なくなる関係上、上位試験から合格した方が簡単とはいえない状況です。
文系の大学生あたりでしたら、シスアドの次はセキュアドかソフト開発か、という流れもありましたけどね。今はなんともいえません。応用開発でもアルゴリズムが必須でなくなり、文系SE向けになったともいえます。

>いまの段階で受けたとしても受からない
というのはどの段階でしょう?午前で落ちているのであれば、応用を受けても無駄です。午前の積み重ねというのは応用情報も基本情報も同じ。
午後であれば、まだ望みはあるかも。でも、0ではないというレベルです。

春試験は練習だと思って、基本情報を受ける事をお勧めしますね。

旧1種にCASLが必須だった頃を知っている昔ながらのエンジニアです。

>応用情報試験から挑戦するという事はありえるでしょうか?
ありえる、という語彙をどのようなニュアンスで使用していますか?
※このような「流行の若者言葉」を使うのは年配の回答者に対しての配慮がたりません

可能かどうか、という意味でしたらもちろん可能です。
多数派か、という意味でしたら違います。
こっちの方が近道か、と言われればなんともいえません。来年から情報処理技術者試験は新制度に移行され、プログラムそのも...続きを読む

Q応用情報技術者試験に受かることのメリット

こんにちわ。

私は情報処理の専門学校に通ってる19歳の者です。

私はまだ応用はおろか、基本情報も取っていないのですが、今年4月の基本に受かれば次に応用情報技術者試験を受けるつもりです。

そこで質問なのですが、応用情報技術者を持つ事のメリットを教えてください。

例えば、IT企業では就職に有利とか、他の資格の一部の試験が免除とか。

なんでも良いのでお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

皆さんの回答が社会人からの的確な回答ばかりで、
19歳の若者が引いてしまうのも夢がないなと思い、
回答します。

私は情報処理試験の高度と一種(現在の応用情報)、
二種(現在の基本情報)に過去合格しています。

私は会社の就職活動の面接官を担当したことが
あり、そのため学生の履歴を多数見てきました。

他の方の回答にあったとおり、基本情報を学生時代に
合格した新人にはたまに会います。

ですが、学生時代に応用情報に合格した新人には
まだ会った事がありません。

それは応用情報は難しいからでしょう。

単に保持資格という点では、応用情報の資格は、
就職活動は有利にならないでしょう。

でもですね、、papapoponさんのそのやる気は
面接官には評価されます。

合格したらなおされですが、試験に合格しようと
勉強している姿勢は、企業が求めている、継続して
努力を続けられる、勤勉な人材に当てはまります。

私からの回答は、そのまま真剣に勉強して、合格してください。
就職活動の面接の時には、そのやるきを面接官に伝えてください。

きっと良い結果につながると思います。

参考までにアイテックの合格体験記に似たような学生の
体験記が載っていましたので、お伝えします。
http://www.itec.co.jp/recommend/comment.html
→ハンドルネームが「ミッションポッシブルさん」です。

試験と就職活動、がんばってください!

こんにちは。

皆さんの回答が社会人からの的確な回答ばかりで、
19歳の若者が引いてしまうのも夢がないなと思い、
回答します。

私は情報処理試験の高度と一種(現在の応用情報)、
二種(現在の基本情報)に過去合格しています。

私は会社の就職活動の面接官を担当したことが
あり、そのため学生の履歴を多数見てきました。

他の方の回答にあったとおり、基本情報を学生時代に
合格した新人にはたまに会います。

ですが、学生時代に応用情報に合格した新人には
まだ会った事がありません。

それは応用情報...続きを読む

Q基本情報技術者試験 午後 アルゴリズムの問題について

基本情報技術者試験 午後 アルゴリズムの問題について、過去問を問題を見ましたが、同じような問題は出題されていないような気がします。比較的簡単なよくみるようなクリックソート・シェルソートなど、あらかじめ、仕組みが分かったものが出題されると回答することができますが、過去にみたことのないようなものが出題されると、時間以内に解くことができません。そこで、基本情報で出題されるであろうアルゴリズム一覧がある程度、載っている書籍はありますでしょうか?

書籍の「アルゴリズム解法」著者:大滝みや子 を買いましたが、参考にはなりますが、試験の過去問をみてみると、この書籍で扱うアルゴリズムは、一部なので、これよりもよい書籍がありましたら教えてください。又は、インターネットサイトでも良いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「アルゴリズム」は、「問題解決」の中心部分であり、これができれば「問題の8割が解決」したようなものですから、重要で大事で、でも千差万別です。

 ですから、ある程度「基本事項」と「基本パターン」をマスターしたら、あとはひたすら、目前の問題をきちんと把握して「応用」「組合せ」だと思います。「効率的に」とか「最短ルートで」という「うまいやり方」はあるのでしょうが、泥臭いが基本に忠実に、スマートではないが確実に、というのが大事だと思います。
 「基本情報技術者試験」に限れば、それほどレベルの高い複雑なものは出ませんので、「基本に忠実」路線で十分行けると思います。その「基本的な部分」に何か問題や弱点があるのではないでしょうか。
 アルゴリズムのパターンを数多く手掛けるよりも、むしろ、自分をよく見つめ直して弱点や問題点を冷静・的確に把握する方が大事なのではないでしょうか。

Q表計算の難易度が、毎年上がっていませんか?

そんな気がしています。

私、CもJAVAもわからず、表計算が一番とっつきやすくて参考書も買って一通り読み、
過去問をやっているんですが、過去問に関するイメージとしては、

・問題文が長すぎる・・。これじゃまともに読んでいたんでは時間かかりすぎ。
・近年難しくなってる気がする。

↑こんな感じです。


表計算で点数を稼ぐためには、まず回答文から手を付け出来るだけ早く正確に消去法で間違いをの選択肢を削除し、絞込みに時間をかける方法しかないと思いますが、
この絞込みも近年難しい印象です。

皆さんの印象、そして攻略法など教えて下さい。

Aベストアンサー

初回だけがボーナス的に難易度が低く、それ以降は他言語とほぼ同じ難易度という印象です。

>問題文が長すぎる・・。これじゃまともに読んでいたんでは時間かかりすぎ
そうなんですが、問題文の中に答えが入っています。
あとは慣れるだけだと思います。

苦手であれば、表計算は半分程度を目標にすれば良いのかなとおもいます。その分、他の問題に費やした方が建設的なのでは。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報