現在住んでいる土地と建物(築40年以上)は母と私の共有名義になっています。母が亡くなった場合、名義変更などの手続きは必要なのでしょうか?必要な場合、何時までにすれば良いでしょう。ご回答宜しくお願いします。

A 回答 (3件)

ご質問では


>母が亡くなった場合の手続きは
 とあるので、お母様はご存命であると思いましたが

#2様の補足欄では
>固定資産税の支払いの件ですが、母の生前から私が支払っておりました。
 とありますので、
つまり お母様は既にお亡くなりになったということでしょうか。
であれば、相続人(質問者さんお1人)の相続登記ということでしょうね。
  ↓
【 相続登記 】  http://www.yebh2.net/souzoku/touki.html
    • good
    • 6

>母が亡くなった場合、名義変更などの手続きは必要なのでしょうか?



土地・建物の名義変更(所有権移転)手続きは必要ですが、急ぐ必要はありません。
相続人の間で、遺産分配が決まった時点で大丈夫です。
(相続放棄を行う場合は、死亡後3ヶ月以内と決まっています)

次に、「母親所有分の固定資産税を誰が払うのか」を決める必要があります。
死亡手続きから数週間後に「市町村役場税務担当部署」から「これは相続には無関係です。先ず、誰が固定資産税を払うのか届けて下さい」という通知が届きます。

余談ですが。
母親が遺言で「土地・建物は全てあなたに譲る」という遺言があれば、あなたに相続権が発生します。
が、母親の夫・あなたの兄弟姉妹が存在する場合。
彼らの遺留分を侵害する内容だと、遺言書は無効になります。

相続放棄をしない場合(固定資産税を継続して払えば)、名義変更はいつでも大丈夫です。
世間では、相続税の関係で「名義変更をしていない」不動産が多くありますよ。

この回答への補足

ご回答有難うございます。
父は以前に亡くなっており、母ひとり子ひとりで、父が残してくれた自宅に同居しておりました。
相続の金額も基礎控除(5000万+法廷相続人×1)の範囲内です。

お尋ねの固定資産税の支払いの件ですが、母の生前から私が支払っておりました。

補足日時:2007/09/13 11:04
    • good
    • 6

質問者様のご兄弟は?


それによって手続きが違うと思われますが。

普通は相続人を確定し、登記をします。
遺言書や相続人がひとりで相続税などがない場合はあせりません

この回答への補足

ご回答有難うございます。
父は以前に亡くなっており、母ひとり子ひとりで、父が残してくれた自宅に同居しておりました。
相続の金額も基礎控除(5000万+法廷相続人×1)の範囲内です。

補足日時:2007/09/13 10:58
    • good
    • 6

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q父の土地の相続は所有権移転か名義人変更か?

亡き父の土地の相続をするのですが
所有権の登記移転と名義人表示変更とどちらが正しいのでしょうか?


父名義の土地は2種類あり、
千葉の自宅と秋田の土地です。
前者については今までも今後も親子で住むつもりであり、
母が相続します。
後者については今後も使う予定はないため、売却するつもりであり、
私と弟が相続します。
(すでに遺産分割協議書は作成済で、相続税納税済です。)

登記のしなおしについて、千葉に関しては自分達で、
秋田に関しては遠いので現地の司法書士に頼むことにしましたが
千葉の法務局の方は「名義人表示変更」をすればいい
ということで書類の揃え方も教えてくれました。
秋田の司法書士は「所有権移転」をする、と連絡してきました。

素人の悲しさでどちらが正しいのか(どちらとも正しいのか)分かりません。
分からないながらもWebで検索したら
「名義人表示変更」であれば基本報酬3610~4680円+手続報酬2400円
「所有権移転」であれば基本報酬13060~(土地の規模次第)円+手続報酬4900円
で、金額に差があります。
どちらでもいいのであれば当然安いほうがいいのですが、
「所有権移転」にする必要があるのはどういう場合でしょうか?

亡き父の土地の相続をするのですが
所有権の登記移転と名義人表示変更とどちらが正しいのでしょうか?


父名義の土地は2種類あり、
千葉の自宅と秋田の土地です。
前者については今までも今後も親子で住むつもりであり、
母が相続します。
後者については今後も使う予定はないため、売却するつもりであり、
私と弟が相続します。
(すでに遺産分割協議書は作成済で、相続税納税済です。)

登記のしなおしについて、千葉に関しては自分達で、
秋田に関しては遠いので現地の司法書士に頼むことにし...続きを読む

Aベストアンサー

相続などで所有者が代わった場合は、「所有権移転登記」が必要になります。
「名義人表示変更登記」は、所有者が元のままで、所有者の住所が変わった場合などにおこなうものです。
登記所の係官がなにか勘違いしていると思われます。

参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www2.ttcn.ne.jp/~wata/fudosan.htm

Q亡くなった祖父名義土地の家に暮らす母は自己破産できないのか?

亡くなった祖父名義土地の家に暮らす母は自己破産できないのか?

年金生活者の母に借金があることが発覚しました。
金額は6社から200万ほどです。

法テラスを通じて紹介してもらった司法書士事務所の方と
自己破産をするのが最善策とのことで、話を進めていましたが

家族で住んでいる(母、私、弟、弟の家族、妹)なくなった祖父名義の
自宅の土地が2000万円の価値があるため、自己破産ができないかもしれない
ということです。

これまで、名義変更をせず、相続するばずの父もその間亡くなってしまい
まだ祖父の名義のままになっていました。

母のようなケースでは、やはり自己破産できないのでしょうか。

200万円の借金を返済するとなれば
弟は結婚しており、余裕がないため、
私一人が負担することになります。

自己破産できると思っていましたが
できないとなれば、自分にとって大変な負担になってきます。。

どなたか、ご回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

No.1さんの云うように、相続人であるか否か、あるとすれば、持分権を換価すればどれだけになるかで変わってきます。
「相続するばずの父もその間亡くなって」と云うことですが、相続人は父だけではないでしょう。
父も持分権とすれば、その子も持分権のはずです。
ですから、持分権は何分の1か何十分の1か、わからないです。
その権利を法律上計算し、2000万円を、例えば、10分の1の権利があるなら同額で破産はできず、それ以下の持分権ならば破産は可能です。
何しろ、相続権を祖父の死亡時まで遡り計算しなければ正解は出せないです。
なお、専門家は司法書士ですが、これだけ遡るにはすこぶる煩雑になるので費用は数十万円となると思います。
そうだからと云って、そのままにしておけば、債権者で代位して持分権は競売されます。

Q父名義の土地半分に始期付所有権移転仮登記しました(かなり初心者です…)

私の父の土地の事で質問です。
父には私を含め8人の子供がいます。母は他界しております。
父は80歳になり、少ない土地ですが名義を父の名前にしておくのはかなり不安です、以前手続きした事や分からない事があり質問させていただきます。

私の父名義の土地(1/2)に、私と主人名義の家を建てました(平成10年)
その際、父の土地(1/2)に私と主人の名前で始期付所有権移転仮登記をしました。
もちろん専門の方にお願いしましたが、なぜ始期付所有権移転仮登記をしたのかは知識がなく不明です。評価額を調べてのちのち本登記したらいいのでは、ということでした。税金がかかるから?とか?

質問1.本登記する事によってたくさん税金がかかるのでしょうか?始期付所有権移転仮登記をした事でよかったのでしょうか?

質問2.もう1つは残りの土地(1/2)を父名義から私の妹(父の子供)の名義にしたいのですが、それも始期付所有権移転仮登記の方がいいのでしょうか?2500万円以下の土地なので、相続時精算課税制度を使用していけばいいのでしょうか?

質問3.今は土地の名義が父になっている状態で、妹の名義にした場合、私と主人の名前で始期付所有権移転仮登記をした事はどうなってしまうのか?1/2だけと言う事はできるのでしょうか?

質問4.相続時精算課税制度、2500万までの控除額とは、まずは贈与税を支払って、相続時に戻ってくるということでしょうか?それとも2500万までは支払わなくていいということでしょうか?

初心者未満の質問で申し訳ございませんが教えていただけますとありがたいです。どうぞ宜しくお願いいたします。

私の父の土地の事で質問です。
父には私を含め8人の子供がいます。母は他界しております。
父は80歳になり、少ない土地ですが名義を父の名前にしておくのはかなり不安です、以前手続きした事や分からない事があり質問させていただきます。

私の父名義の土地(1/2)に、私と主人名義の家を建てました(平成10年)
その際、父の土地(1/2)に私と主人の名前で始期付所有権移転仮登記をしました。
もちろん専門の方にお願いしましたが、なぜ始期付所有権移転仮登記をしたのかは知識がなく不明です。評価額を調べ...続きを読む

Aベストアンサー

>もちろん専門の方にお願いしましたが

初心者という事をアピールするのも良いのですが、専門の方にも関与して貰っているみたいなので、全体的にはその専門家にきちんと確認すべき事項だと思います。下記はあくまで参考に。詳細は専門家に聞きましょう。

1.仮登記というのは(無料ではありませんが)あくまでも仮ですから、本登記すれば所有権移転ということで登録免許税がかかります。「たくさん」というのは感覚の問題なので答えられませんし、評価額と登記原因がわかれば税額は出てきます。
又、始期付の始期というのは父が亡くなったとき、ではありませんか?
つまり贈与税が発生しないように、そして遺贈を担保する為に死因贈与という形を取り、仮登記しているということでは?

2.根本の話になりますが、土地の1/2というのは何筆かある中の半分に該当する土地なのか、何筆若しくは一体の土地の「持分1/2」なのか、その点が不明です。
このあたりは個別に専門家に聞いてください。尚、死因贈与で始期付所有権移転仮登記をするのも結構ですが、他の相続(予定)人の遺留分という観点も忘れないでください。

3.2で書いた根本の部分が不明ということと、妹さんの名義に変えるという点が意味不明です。そもそも仮登記というのは仮ですから名義を変えたことにはなりません。

4.基本的な考え方としては、控除額を引いた残額によっては贈与税を支払う必要もないというケースもあるということと、金額によっては一旦贈与税を支払って相続時に手続をすれば還付されるケースもあるということです。贈与と相続を一体とするような考え方をするということです。
しかし、今回の仮登記が死因贈与という話とすると、そもそも相続時精算課税制度とは関係ありませんね。死因贈与ということは税の取扱い上は相続税であり、贈与税ではありませんので。
妹さんの件はこれからの話で、また別ではありますが、これも専門家に相談してください。

その専門家に今回行った仮登記の主旨や、将来の税金面含めたアドバイスを受けた方が良いと思います。
回答したくても前提条件で不明な点が多すぎますし、恐らく質問者ご自身も理解していないと思われます。

>もちろん専門の方にお願いしましたが

初心者という事をアピールするのも良いのですが、専門の方にも関与して貰っているみたいなので、全体的にはその専門家にきちんと確認すべき事項だと思います。下記はあくまで参考に。詳細は専門家に聞きましょう。

1.仮登記というのは(無料ではありませんが)あくまでも仮ですから、本登記すれば所有権移転ということで登録免許税がかかります。「たくさん」というのは感覚の問題なので答えられませんし、評価額と登記原因がわかれば税額は出てきます。
又、始期付...続きを読む

Q土地建物の名義は自分、住宅ローンの名義が親の住宅に住んでいる場合。

土地建物の名義は自分、住宅ローンの名義が親の住宅に住んでいる場合。
数年前に土地建物の名義を親から自分に書き換えたため、銀行から契約違反と言う事で一括返済をもとめられてる場合…

解決策は一括返済額用意すればいいのですが出来ない場合…

競売になると思うのですが…

その住宅の持ち主である自分が買い取る事は出来ますか?

または、親に代わって自分がローンとして分割返済なんて銀行は話をわかってくれるのでしょうか?

Aベストアンサー

債務者はできませんが、
新所有者は買い取ることはできます。

Q所有権移転で真正なる名義人の回復の理由は何と書けば?

所有権移転を登記するのに、原因を「真正なる名義人の回復」としたいのですが、登記原因証明情報の理由の所に何と書けばよいでしょうか?サンプルとなる文言をご教授下さい。

Aベストアンサー

(1)年月日Aは、本不動産を所有していた。(2)年月日Aは、B・C(持分2分の1ずつ)に対し、本件不動産を売った。(3)Aは、B・Cに対し、上記(2)に基づく所有権移転登記をすべきが、誤ってBに対して所有権移転登記がなされた。(4)Cのため、AとBは、所有権更正登記をすべきところ、抵当権者D銀行の承諾が得られない。(5)よって、Bは、Cに対し、真正な登記名義の回復を原因として、所有権一部(2分の1)移転の登記をする。
というような趣旨でよいと思いますが、登記所・専門家にご確認を。

Q亡くなった父名義の銀行口座→母名義に、これは相続?

先日父がなくなり、父名義の銀行口座などを母の名義に変更したいのですが、名義変更=相続になるのでしょうか?

相続人は母、娘2人(姉・私)ですが、
生活に必要な公共料金などの引き落としに使っている口座などを含め、貯金などはすべて書類などがそろい次第、父→母名義に変更したいと思っています。

自宅などの不動産を含め相続については、四十九日を無事に終えて落ち着いてから、改めて家族で相談しようと思っているのですが、母に付き添い妹の私が名義の変更をしてしまい後から面倒なことになるのでは??と急に不安になってしまいました。

・母も私も姉が欲しいといえば姉の分は渡す気持ちがある

・妹の私が母と名義の変更をするのは、私の嫁ぎ先が近く、専業主婦のためです。家が遠くフルタイムで働く姉が名義変更などにまったく関心がないようです。

Aベストアンサー

>「相続の割合をきっちり決める前に名義変更をして後で分けても問題がないか?」

銀行口座が凍結されていると仮定するならば、そもそも、姉の書類(印鑑証明等)抜きで名義変更は出来ません。
ですから、相続人全員で、とりあえず口座のお金を払い出す書類を作成し、後から金額を相談の上で分けるからと、承諾を得る必要があると思います。
状況からして姉を説得するしか方法がないように思います。
また、姉の協力がすばやく得られないのならば、新しい口座を作って、変更届けを出す方が早いかもしれませんね。
あと、老婆心ながら、相続財産がプラスのみならば、急ぐ必要はないですが、戸籍謄本・登記簿謄本等、結構入手に手間取る事もおおいですし、また、認識していた事と違う事(土地が祖父名義?隠し子?・・・)が分かるのも、珍しい事ではありません。
早め早めの行動をお勧めします。

Q所有権移転登記、現名義人と売買契約書上の名前が違うんですが。

所有権移転登記、現名義人と売買契約書上の名前が違うんですが。


いつもお世話になります。現在この分野を勉強中の身ですが、実際にいま必要に迫られているのでお助け下さいませ。

父が生前に契約し、買主から代金をもらっている状況で登記移転せぬまま無くなりました。

相続は完了し、配偶者の母が土地の名義人になりました。(=所有権移転済み)

この場合、母の名義のもとに書類を作成していけると思いますが、申請書に添付する証明書になる売買契約書は当然「売主:父」の状態で作成されています。

この状態で申請は可能でしょうか。

売買契約書を書きなおす…のはおかしいし…新たに作り直す…?

実務となると、こまごまとしたことがまだまだ分からず、どうぞ皆様のお知恵をお貸しいただけると幸いです。お願いたします。

Aベストアンサー

所有権の移転登記は、登記原因証明情報を作成添付すれば足りますので売買契約書などは添付しません。
自己申請ですか?
通常、決済時には売主が父から母へ死亡相続により変更になった旨の書類を、買主との間で取り交わします。法的にはその様な事をしなくとも問題ありませんが、契約書と領収書の発行人が違いますと、後々の税務申告などで、買主さんも登記事項証明など添付しなければならなくなるため、覚書などを作成したほうが親切でわかりやすいでしょう。
尚、契約書の売主の変更は稀ですが、買主などは契約書に「買主または、買主が指定した第三者へ所有権移転の・・・・」となっているケースが多いのです。
これは、転売目的などの中間省略にも用いられますが、一般的なご主人さんが単名で契約したが、後に奥さんも名義人にしたい場合などでも、この条文があれば売主の承諾なく対応可能です。
ご参考まで。

Q今現在 結婚25年主人と離婚調停中です。自宅は土地が私の母親名義で建物

今現在 結婚25年主人と離婚調停中です。自宅は土地が私の母親名義で建物は7割が主人名義、あと3割を私と母の名義にしています。主人の不貞による離婚慰謝料の代わりに建物名義を私に書き換えるよう要求していますが
応じません。このような場合結婚20年以上の夫婦なので主人が拒否しても主人と私の名義分を半々にしてもらう権利は法律的にあるのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

 夫婦の離婚において、検討すべき必要がある財産関係の問題は、大きく分けると財産分与と慰謝料とに分けられます(未成年の子供がいる場合には、養育費の問題もありますが)。

 このうち、慰謝料については、離婚の原因が作った側が支払うべき金銭賠償であるのに対し、財産分与は、離婚の原因の有無にかかわらず、婚姻期間中(別居期間がある場合は、別居するまで)に夫婦が共同で築いたと判断せきる財産を名義の如何を問わず、分割するというものです。

 したがって、まず、慰謝料はあくまでも金銭賠償が原則ですので、慰謝料がわりに建物名義を渡すよう請求する権利まではないというのが原則です(もちろん、相手方が応じればいいわけですが)。

 もっとも、慰謝料的な要素を含んだ財産分与を請求することは適法であると考えられており、「本来であれば慰謝料として○○円請求できるところだが、慰謝料を請求しないので、その分を財産分与に反映してほしい」と裁判所に求めることはできます。

 とはいえ、財産分与については、他にどのような財産があるのか、財産形成と維持に夫婦双方がどの程度寄与したのか、といったことも検討しなければいけませんし、何より、調停はあくまでも「話し合い」ですので、法的な権利の有無を問わず、当事者が「合意」しなければ成立させることはできません。

 そのため、場合によっては、裁判に移行せざるをえない可能性もありますから、まだ弁護士に相談されていないようでしたら、一度、弁護士に相談されてみてくださいね。
 

 夫婦の離婚において、検討すべき必要がある財産関係の問題は、大きく分けると財産分与と慰謝料とに分けられます(未成年の子供がいる場合には、養育費の問題もありますが)。

 このうち、慰謝料については、離婚の原因が作った側が支払うべき金銭賠償であるのに対し、財産分与は、離婚の原因の有無にかかわらず、婚姻期間中(別居期間がある場合は、別居するまで)に夫婦が共同で築いたと判断せきる財産を名義の如何を問わず、分割するというものです。

 したがって、まず、慰謝料はあくまでも金銭賠償が原...続きを読む

Q登記名義人の住所が亡くなったときのものと違っていた場合、相続の所有権移転の手続きの際に、どうすればいいのでしょうか

母が亡くなって、母名義の土地を相続することになり、所有権移転の登記申請をしようと思っているのですが、現登記名義人である母の住所が、以前住んでいた住所になっています。
亡くなる十数年前より、私たち家族と同居していたのですが、3年前に
家を立替て、元のこの家に家族で戻ることになったのです。
その際に、ここの土地の種目変更をしたのですが、その時に登記名義人の住所変更もしているようです。
住所変更したその日付が、今の家に引っ越して来た日なのに、どうしてわざわざ前の家の住所に住所変更しているのか、わからないのですが、
すみません、長くなりまして。つまり、教えて頂きたいのは、この度、
母から私に所有権移転の登記をする際、先に、登録名義人(母)の住所変更をしなくてはならないのですか?(前の家から今の家の)
登録免許税もそれぞれの登記に必要なのでしょうか?
わかりにくい文章ですが、どなたかご教授頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

お母さんが亡くなった時の住民票に以前の住所として登記上の住所が載っていませんか。
たぶんそれで大丈夫だと思います。
もしも、そこにも載っていない時には場合によっては上申書を添付するようになります。

Q建物名義は主人で土地名義が私の父の場合

こんにちわ。
実家の隣に空地があり、結婚してからそこに家をたてました。

建物の名義は主人で土地名義は身内でなければダメという土地のようだったので私になっていると思っていましたが、、、調べたら父親名義のままでした。

もし、父親が母より早くなくなったら 名義は母になり家賃をとられたり、出ていけと言われるような事が起こってもおかしくないのでしょうか。

また、そうなるとしたら回避策はあるのでしょうか。

また親を信じて、座った座布団をひっくり返されるのかと思うと
不安になってしまいます

Aベストアンサー

母親サイドでそのように取り決めているのなら、そう尊重されるでしょうけど、法的には母屋にもあなたの遺留分の相続をあなたが放棄しない限りは相続請求可能です、

なので、相続が実施されて以降もいつでも請求可能です。
それは土地ではなくその分の評価額(金銭)でも可能です。

例えば駐車場を他人に貸す場合などで利益が出るのならそれも相続対象となります。

なのでどの羽陽に相続するのか、今の内に家族会議を開いて取り決めておくのも良いでしょう。

ご自分で解決に地震のない場合は弁護士に任せましょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング