市販ソフトと高額なCADソフトのライセンス取得について、経理処理が同じというのに疑問を感じたのでご相談します。

現在、市販のソフト及びCADソフトのライセンス料を支払手数料で処理されています。その根拠は、どちらもソフト代(物品)と見ているのではなくて、使用できる権利を買ったと考えておられるそうです。

しかし、CADソフトのライセンスは確かにものはなくインターネットで登録するだけのものなので、これから使用するのに掛かった登録手数料として、支払手数料でもいいと思います。
その反面、市販ソフトはパッケージの箱(CAD-ROM)が存在し、キット自体は数百円のものぐらいだと思いますが、それに数万のライセンス料(使用できる権利)が含まれていて、十数万の物品と見るべきかライセンスという権利手数料と見るべきか判断に悩んでいます。私は、事務消耗品費か雑費か少額資産あたりに該当するのではないかと思います。

みなさんは、どう経理処理されていますか?
また、基本的な考え方が記されているHPや税法が存在すれば、教えて下さい。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。



この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり、かつ、かたちがないものであるので、当然、無形固定資産として処理されます。

したがって、税務上は1つのライセンスあたりの単価が10万円までなら支払手数料でも消耗品費でも雑費でもかまいません。勘定科目はその会社の判断で行うのが基本です。支払手数料で処理されているのならそのやり方を変えてはいけません。

10万円を超えるものは無形固定資産のソフトウェアとして処理することになります。中小企業であれば、30万円未満であれば少額減価償却資産の特例を使うことができます。
    • good
    • 7

ソフトウェアのライセンスは、ご存知のとおり、使用許諾権という権利になります。

そして、このライセンスを手に入れる方法には、おおむね次のふたつがあります。

1.代金を支払ってライセンスを購入
2.毎月(毎年その他)定期的にライセンス料を支払う

このうち、1は、無形固定資産区分の「ソフトウェア」に計上しなければなりません。なぜなら、ライセンスの購入は、「財産権という資産の取得」になるからです。ただし、税法基準などでで、一定の額未満なら即時費用化して構わないものとされています。

他方、2は、「支払手数料」などに計上して構いません。
    • good
    • 3

うちの会社の場合はソフトウェアは「ソフトウェアの資産」として動産扱いになっています。

小額資産は損金参入できるので税法上はあんまり関係ないかもしれませんが、20万円超えると償却しなくちゃいけなくなるので、動産にしないと税務署から突っ込みくるかもしれません。

なお、権利は物品が無くても動産となりえます。電話の加入権なんて「紙切れ」すら存在しないですよね。
    • good
    • 4

↓を少し修正します。



>>したがって、税務上は1つのライセンスあたりの単価が10万円までなら支払手数料でも消耗品費でも雑費でもかまいません。

⇒したがって、税務上は1つのライセンスあたりの単価が10万円までなら少額の減価償却資産ということになり、支払手数料でも消耗品費でも雑費でかまいません。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q天神祭りの天神って?

天神祭りの天神って誰のことなのでしょうか?
また、そういう天神祭りに詳しいサイトなどありましたら教えてください!

Aベストアンサー

こんにちは、
そもそも「天神」は「地神」に対する言葉です。
この「あまつかみ」と言う言葉自体は特定の神様を指すものではなく、
文字通り「天におわす八百万の神」という意味になります。

しかして、菅原道真の死後
当時盛んだった御霊信仰や雷神信仰を基に、道真公の怨念が雷となって現れたとの風評も加わり、いつしか道真公は火雷天神と呼ばれるようになり信仰対象となります。
元の「天神」とは農耕における天候を支配するものとして農民に支持されていましたが、それは同時に「雷神信仰」でもあり、道真公と同一視される事で「天満宮=天神さま」と全国に広まっていったのです。
そうして「天満大自在天神」の神号が道真公に付けられると、元来の「天神信仰」と「道真公信仰」が同一視されていく事となったのです。

つまり、現代では「天神様」とは菅原道真の御霊を現していると言えるでしょう。

Q社員の資格取得費補助の経理処理について

社員の資質向上を目的として、一定の資格(ITパスポート、MOS等)を昇格までに取得する制度を考えています。めでたく資格を取得した際、一定金額の範囲内(例:2万円)でその費用(受験料、通信講座等)を会社が補助する予定ですが、その場合の経理処理方法(研修費、本人への所得税課税等)についてお分かりの方がいましたら助言をお願いします。

Aベストアンサー

これが業務上必須の資格、たとえば玉賭けとかフォークリフトなどそれがなければ仕事ができないものは会社負担でよいと思います。
また会社の必要から個人に命じて受講させるケースも会社の費用で良いと思います。

一方なくてもかまわない資格、たとえばITパスポート、MOSのほか簿記や英会話など、あったほうが良いがなくても仕事はできる場合は、個人への補助ということで給与課税したほうが良いでしょう。

この場合は一定の基準を規定で設けて、そこで会社費用とする場合と個人負担とする場合の区分をしたら良いでしょう。

支出時には厚生福利費で仕訳します。
給与課税は、年末調整で各個人の収入に加算し、税金計算をします。

Q“関東五大天神” とはどこですか?

“関東五大天神” とはどこですか?

群馬へ遊びに行こうと思って調べていましたら、『桐生天満宮』 のホームページに 「当サイトは関東五大天神 桐生領総鎮守 桐生天満宮の公式ホームページです。」 と書いてありました。
という事は、ここのほかにあと4つ、五大といわれる天神様があるはずですが、検索しても桐生天満宮しか出てきません。

“関東三天神” の 『湯島天満宮』 『谷保天満宮』 『亀戸天神社』 で3つとして 『桐生天満宮』 で4つ、あとひとつ。
そこそこ有名な天神社だと、『町田天満宮』 『北野天神社』 『五条天神社』...ぐらいですが、そもそも “関東五大天神” に “関東三天神” が含まれるかどうかわかりませんし、一つが桐生 (群馬県) という事で、もしかしたら茨城とか埼玉とか千葉とかの天神様で構成されているのかもしれません。

“関東五大天神” の 『桐生天満宮』 以外の4つを知っている方、教えてください。
天神さまに詳しい方の予想でもかまいません。

よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

単純に、ここに挙がっていない関東の天満宮は、芳賀天満宮(栃木)、穴澤天神社(東京)、布多天神社(東京)、荏柄天神社(神奈川)、大野天満宮(千葉)と、これだけあります。
また荏柄天神社は、福岡の太宰府天満宮、京都の北野天満宮と共に「三天神社」と称されます。

ちなみに、「関東三天神」と言う時、湯島に代わって五条天を入れる場合もあります。

難しい・・・

Q被災した法人に還付された自動車取得税等の経理処理

お世話になります。
東日本大震災において被災した法人です。
東日本大震災の大津波により、公用車が流失いたしました。
代替車輛として被災後に公用車(商用車、トラック)を購入しておりますが、その際に支払った取得税、重量税等の税金が、この度還付されることとなりました。
車輛取得にかかる経費を「車輛運搬具」(減価償却資産)に計上して経理処理しておりましたが、今回還付額の経理処理について教えてください。

例えば、「雑収益」等の収益科目で処理すべきか、車輛運搬具から当該還付額を控除する仕訳処理を行うのか、どの様な経理処理が妥当でしょうか。

Aベストアンサー

税理士です。

ご被災された事、心より御見舞申し上げます。
私は東京在住ですが、宮古、大船渡などの知人も数多く被災され、本当に他人事ではありません。

さて本題です。
車両購入時に一括して資産計上されているので、購入~還付決定の間に決算を過ぎたか否かでご検討下さい。
なおこれは国税庁より指針等がでている訳ではありませんから、あくまでも私見です。

1.過ぎた → 還付金の雑収入計上となります。取得価額の改訂は当然不可能なので取得価額は不変。

2.過ぎてない → 購入時に還付が決定されていたか否かで分かれます。

イ)決定済 → 取得価額から減額です。租税公課相当額の戻入で取得価額を改訂してください。この場合、当然ながら減価償却は購入時から改訂簿価で計算です。

ロ)未決定 → 上記のどちらでも(雑収入、減額)問題ありません。

Q天神祭について

天神祭について

25日に天神祭に行こうと思っていますが
今まで行ったことがありません。


そこで、天神祭での皆さんの
失敗談や良かった所を教えて下さい。

Aベストアンサー

天神祭は一度行ったことがあります。

25日には花火がありますね。
ぜひきれいに見える場所・穴場スポットなどは調べて行ってください。
私はそれを事前に調べずに行ったので、
きちんと見ることができませんでした。

天神祭は大阪では有名なお祭りなので、
人の多さは想像以上です。
帰りも改札口周辺は、普通なら5分で行ける道も20分はかかると思った方がいいです。
もし質問者さまに門限などおありでしたら、
余裕をもって(せめて花火が終わる前までに)帰られることをおすすめします。

屋台なども多く、とても楽しいお祭りです。
ぜひ楽しんでいらしてくださいね。

Q経理ウーマンとして、つぶしを効かすにはどの程度の経理処理が出来ないとい

経理ウーマンとして、つぶしを効かすにはどの程度の経理処理が出来ないといけないのでしょうか?
詳しく教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

>どの程度の経理処理が出来ないといけないのでしょうか?

とりあえず会計ソフトの初期設定・データ入力・
決算処理まで一人で
給与計算
社会保険、雇用保険、労災保険などの各種業務
手形等の取り扱いや知識
税務調査の対応

くらいは最低限かと。

Q福岡・天神で夜遅くまで営業している書店

福岡・天神で夜遅くまで営業している本屋さんを探しています。

福岡市の市営地下鉄天神駅周辺で夜遅くまで、具体的には閉店時刻が22時~24時かそれ以降の書店はありませんでしょうか。
天神駅周辺で無ければ、市営地下鉄沿線など少し先でも構いません。

Aベストアンサー

TSUTAYA天神店は朝 08:00~深夜04:00の営業です。
1階が書籍販売になってます。
http://store.tsutaya.co.jp/storelocator/detail/7408.html

Q固定資産の事故受取保険金と代替固定資産取得の経理処理

任意の農業オペレーター組織をやっています。
今年農業機械が事故で全損しました。
ここで2つ教えて頂きたいです。
1つ目はこの事故で受け取った、機械の保険金250万円の経理処理です。
2つ目は保険金250万円で同様の機械を購入する事になったのですが、任意組織の為毎年売り上げから経費を引いた残金をオペレーター料金として全額支払い0決算していました。しかし今回250万円で機械を購入するにあたり、減価償却しなくてはいけません。今年で全額経費にすることは出来ず、今年分の償却分を引いた残りが利益として残ってしまうと思うんですが、何とか0決算出来ないものでしょうか?宜しくご教授お願い致します。

Aベストアンサー

法人ではないのであれば圧縮記帳は無理ですが、そのような形態であればどなたか資力のある人にその機械を購入してもらいあなた方任意組織が借り賃を支払って使用するという形は無理ですか。
購入した人には不動産所得が発生しますが、減価償却相当額の賃貸料だと、収入と必要経費がプラスマイナスゼロとなりますが。
甚だ安易な意見で申し訳ありません。

Q福岡・天神周辺の神社に行きたいのです

今週末福岡へ行きます。
用事は天神で連泊なのですが、天神周辺に神社はありますか?
有名どころの太宰府天満宮へいこうかと考えたのですが、
調べてみると天神から少し離れているみたいですので、天神周辺で探しています。
自分でもいろいろ調べましたが、地域名などが分からず絞って探すのが困難でした。
2キロぐらいなら平気で歩けるのでどなたか知っている方いらっしゃいましたら教えていただきたいです。

恋愛・学問に御利益がある神社だととても嬉しいです。

Aベストアンサー

こんばんは。福岡在住です。
ご利益は分かりませんが、
天神から徒歩圏内なら、

櫛田神社
住吉神社

あたりでしょうか。櫛田神社は、山笠で有名な神社です。周辺も雰囲気がよいです。住吉神社は、商売系だったような…。あと中心部にある警固神社は、小さいですが、買い物がてらにふらっと寄れる気軽さがいいですよ。福岡は古くから商業地域なので、ご利益は商売系が多いかもしれませんね。是非、福岡を楽しんでください。

Q期間3年のウイルスソフトを購入したときの経理処理

法人を設立したばかりで、基本的な質問になってしまいますが教えて下さい。ウイルス対策ソフトで期間3年のバージョンを購入しました。
購入金額は1万円位なのですが、これは消耗品費として購入した月に
一括処理しても良いのでしょうか?それとも、3年に按分して処理しなければ
ならないのでしょうか?

同様に、駐車場を借りたのですが、3ヵ月ごとの定期貸しになっており、
3か月分料金を前払いで払います。領収書には「駐車料金12月分~2月分」
と記載されているのですが、これも料金を払った月(領収書の日付)に
一括処理するのか、月ごとに按分したらいいのでしょうか?
またこの場合、決算をはさむと前払い費用などにしなければならないので
しょうか?

基本的で申し訳ございませんが、お願い致します。

Aベストアンサー

1.ご質問のウイルスソフトは、法人税法施行令の無形固定資産-ソフトウエアで減価償却資産のひとつに該当します(13条)。この場合、取得価額が十万円未満ですから「少額の減価償却資産の取得価額の損金算入」の規定に該当するので、取得時に一括費用処理できます。(同令133条)

2.3ケ月分の駐車場代は、1年以内ですから、法人税法基本通達2-2-14 (短期の前払費用)により、継続適用を条件に支出時の経費とすることができます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報