基本的な質問でたいへん申し訳ないのですが、貿易赤字って好ましくないことなのですか?

自国の通貨が国外に流出するからいけないのですか?だとすれば何故通貨の流出が好ましくないのでしょう?
そもそも、実際の貿易って、経済的見地からどのように行われるのかがよく解ってません。例えば、日本国内の企業がある製品を米国の企業に輸出する場合、代金はドル建てで支払われるのですか?それとも円建てですか?または双方の合意でどちらの通貨でも可能なのでしょうか?ドル建てであれば、輸入超過で自国の通貨が流出するという説明は正しいと云えますが。

現実的には、輸入超過とういうことは輸出が相対的に少ないということなので、自国製品の輸出競争力が低いことの裏返しなわけですよね。自国産業の輸出競争力が低いのは確かに好ましくないことだとは思いますが、それは貿易赤字の要因のひとつにはなっても、貿易赤字自体の是非とは関係ないですよね。

また、仮に貿易赤字が好ましくないとしたら、逆に、行き過ぎた貿易黒字もよくないということになるのでしょうか?

理科系出身なので経済学はシロートでよく解ってません。
どなたか分かりやすく教えて頂けないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

経常収支赤字(貿易赤字のことですが、あえて言い換えます)が


なぜいけないかということですが、
基本的にはいけないということはありません。

ここからは経済学の観点から説明します。
理系の方ですから、数式を使ってもかまいませんよね。
まず2本の式を紹介しておきます。
1本目は
BP=NX+K+e=0
NXは経常収支黒字(+)、Kは資本収支赤字(-)、eは外貨準備増(-)です。
BP(Balance of Payment、国際収支)が0になるというわけですが、
この式の意味するところは、
外貨準備が0とすれば円建てドル建てに関わらず、
貿易によって得た額(経常収支黒字)は
海外への投資(資本収支赤字)に消えるということです。
2本目は
ISバランスアプローチに基づいた以下の式です。
(S-I)+(T-G)=(EX-IM)
Sは貯蓄、Iは投資、Tは税収、Gは政府支出、EXは輸出、IMは輸入です。
もしこの式を事後的に成立する恒等式ととらえることができるなら、
個々の主体の行動とは無関係に、
輸出競争力とか、世界市場における価格競争力ということは
まったく意味をなさず、
国内の貯蓄超過、あるいは財政黒字は
結果としての経常黒字につながります。
つまり、一国単位で貯蓄が少なく投資が多い、財政赤字であれば、
自然と輸入超過となり、経常赤字となります。
1本目の式から、その分資本収支黒字が生じ、
海外から資金が流入していることになります。
アメリカの例でいえば、
貯蓄がかなり少なく、以前は莫大な財政赤字を抱えていたわけですから、
その結果として、経常赤字な訳です。
しかし、多額の経常赤字を抱えていても
その分多く海外からの投資を受けており、
国内の貯蓄だけではまかなえない国内の投資を
海外からの資本流入で支えてもらっていることになります。
きわめて日本的な立場から見れば、
むしろ感謝してほしい、ということでしょうか。
これらの分析は経済学の教科書に載っています。

これではあまり答えになっていないような気がするので、
いけないという意見から見たらどうでしょう。
まずいっておきたいのは国際貿易論の分野でいえば、
うえの例と同様、価格競争力という概念はまったく無意味です。
詳しくは書きませんが、
リカードの比較優位、
ヘクシャー・オリーンの定理などを参考にしてください。
さて本題に戻りますが、
経常赤字は自国の需要を海外の生産でまかなっているわけですから、
それを自国で生産した方が、国内の失業も減るし
GDPも高まるはずです。
つまり、内需を外需が浸食している状態で望ましくない
といえなくもありません。
もうひとつは為替レートとの関係です。
取引がどちらの通貨建てでおこなわれたとしても、
必ず為替市場を通すことになります。
日本がものを売ったとき、
日本が円を受け取るならアメリカがドルを円にかえなければならないし、
日本がドルを受け取ったとしても結局はドルを円にかえなければなりません。
(日本ではドルは使えません)
だとすれば、どちらで取り引きしてもドル売り円買い、
経常赤字は自国通貨安を意味します。
これが良くないといえなくもないでしょう。
それはそのときの経済状態によりけりです。

今まで長々と書いてきましたが、
基本的に為替レート決定モデルに基づいています。
為替レート決定モデルには
短期、中期、長期といくつかありますが、
それによって結論が大きく異なります。
というわけで実はどの立場を重視するかで
正しい答えはないことになります。
つまらない結論で申し訳ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございました。m(_)m

お礼日時:2003/02/21 22:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q貿易赤字は悪いことか?

貿易赤字は悪いことか?



経済素人です。


貿易赤字という言葉は、「赤字」と名がついていますが、
いわゆる企業などの赤字(収益よりコストの方が大きく、
損失を出している状態)とは違って、単に、
輸入より輸出が少ない状態のことを指していると思います。

私は、資源が無い国が、他国からたくさん輸入をし、それを
国内で付加価値をつけて、内需で消費するのは、悪いことでは
ないと思います。

しかし、貿易赤字は、一般的に好ましくないとされているようだし、
最近もアメリカが中国との貿易赤字を解消したいと思って、動いています。


貿易赤字はなぜ悪いことなのでしょうか?
貿易赤字になると、次に、どういう悪いことが起こるのでしょうか?

ご教授よろしくお願いします。

Aベストアンサー

同じく経済に関しては素人なのですが
そんな私の個人適意見です。

貿易という事業を単体で見た場合

輸出=お金をもらう
輸入=お金を払う

輸入が輸出よりも少なくなった場合

貿易業はお金の計算面では赤字という考え方なのではないでしょうか?

輸出でもうけたお金で輸入をしているという仮想モデルを考えたとき
お金がまかなえず赤字という表現になっているのでしょうか。

輸入したものを付加価値をつけて売るにしてもそれは売れなければ
不良在庫になってしまいます。

輸入した後の処理はさておいて考えているのでしょうかね^^

貿易の買い物って必要な分だけ都合よく買えるような
便利な買い物ではないですし。
買いたくなくても、今後の流れやお付き合いなどで買わなければならない
場面が数多く存在すると思われます。

そんなこんなで、輸出で頂いたお金で輸入がまかなえるのが
理想のモデル像として安心感を得ているのですかね^^

わたし個人の考えですのでどうにも一意見にすぎませんが^^

Q競争力と超過利潤

競争は超過利潤は減少させるといわれますが、競争力とは、
超過利潤を維持できる能力ということが出来るでしょうか?

Aベストアンサー

競争力の中に価格が含まれるので、超過利潤を維持できる能力とはいえないと思います。

Q貿易赤字はなぜいけない?

基本的な質問でたいへん申し訳ないのですが、貿易赤字って好ましくないことなのですか?

自国の通貨が国外に流出するからいけないのですか?だとすれば何故通貨の流出が好ましくないのでしょう?
そもそも、実際の貿易って、経済的見地からどのように行われるのかがよく解ってません。例えば、日本国内の企業がある製品を米国の企業に輸出する場合、代金はドル建てで支払われるのですか?それとも円建てですか?または双方の合意でどちらの通貨でも可能なのでしょうか?ドル建てであれば、輸入超過で自国の通貨が流出するという説明は正しいと云えますが。

現実的には、輸入超過とういうことは輸出が相対的に少ないということなので、自国製品の輸出競争力が低いことの裏返しなわけですよね。自国産業の輸出競争力が低いのは確かに好ましくないことだとは思いますが、それは貿易赤字の要因のひとつにはなっても、貿易赤字自体の是非とは関係ないですよね。

また、仮に貿易赤字が好ましくないとしたら、逆に、行き過ぎた貿易黒字もよくないということになるのでしょうか?

理科系出身なので経済学はシロートでよく解ってません。
どなたか分かりやすく教えて頂けないでしょうか。

基本的な質問でたいへん申し訳ないのですが、貿易赤字って好ましくないことなのですか?

自国の通貨が国外に流出するからいけないのですか?だとすれば何故通貨の流出が好ましくないのでしょう?
そもそも、実際の貿易って、経済的見地からどのように行われるのかがよく解ってません。例えば、日本国内の企業がある製品を米国の企業に輸出する場合、代金はドル建てで支払われるのですか?それとも円建てですか?または双方の合意でどちらの通貨でも可能なのでしょうか?ドル建てであれば、輸入超過で自国の通...続きを読む

Aベストアンサー

経常収支赤字(貿易赤字のことですが、あえて言い換えます)が
なぜいけないかということですが、
基本的にはいけないということはありません。

ここからは経済学の観点から説明します。
理系の方ですから、数式を使ってもかまいませんよね。
まず2本の式を紹介しておきます。
1本目は
BP=NX+K+e=0
NXは経常収支黒字(+)、Kは資本収支赤字(-)、eは外貨準備増(-)です。
BP(Balance of Payment、国際収支)が0になるというわけですが、
この式の意味するところは、
外貨準備が0とすれば円建てドル建てに関わらず、
貿易によって得た額(経常収支黒字)は
海外への投資(資本収支赤字)に消えるということです。
2本目は
ISバランスアプローチに基づいた以下の式です。
(S-I)+(T-G)=(EX-IM)
Sは貯蓄、Iは投資、Tは税収、Gは政府支出、EXは輸出、IMは輸入です。
もしこの式を事後的に成立する恒等式ととらえることができるなら、
個々の主体の行動とは無関係に、
輸出競争力とか、世界市場における価格競争力ということは
まったく意味をなさず、
国内の貯蓄超過、あるいは財政黒字は
結果としての経常黒字につながります。
つまり、一国単位で貯蓄が少なく投資が多い、財政赤字であれば、
自然と輸入超過となり、経常赤字となります。
1本目の式から、その分資本収支黒字が生じ、
海外から資金が流入していることになります。
アメリカの例でいえば、
貯蓄がかなり少なく、以前は莫大な財政赤字を抱えていたわけですから、
その結果として、経常赤字な訳です。
しかし、多額の経常赤字を抱えていても
その分多く海外からの投資を受けており、
国内の貯蓄だけではまかなえない国内の投資を
海外からの資本流入で支えてもらっていることになります。
きわめて日本的な立場から見れば、
むしろ感謝してほしい、ということでしょうか。
これらの分析は経済学の教科書に載っています。

これではあまり答えになっていないような気がするので、
いけないという意見から見たらどうでしょう。
まずいっておきたいのは国際貿易論の分野でいえば、
うえの例と同様、価格競争力という概念はまったく無意味です。
詳しくは書きませんが、
リカードの比較優位、
ヘクシャー・オリーンの定理などを参考にしてください。
さて本題に戻りますが、
経常赤字は自国の需要を海外の生産でまかなっているわけですから、
それを自国で生産した方が、国内の失業も減るし
GDPも高まるはずです。
つまり、内需を外需が浸食している状態で望ましくない
といえなくもありません。
もうひとつは為替レートとの関係です。
取引がどちらの通貨建てでおこなわれたとしても、
必ず為替市場を通すことになります。
日本がものを売ったとき、
日本が円を受け取るならアメリカがドルを円にかえなければならないし、
日本がドルを受け取ったとしても結局はドルを円にかえなければなりません。
(日本ではドルは使えません)
だとすれば、どちらで取り引きしてもドル売り円買い、
経常赤字は自国通貨安を意味します。
これが良くないといえなくもないでしょう。
それはそのときの経済状態によりけりです。

今まで長々と書いてきましたが、
基本的に為替レート決定モデルに基づいています。
為替レート決定モデルには
短期、中期、長期といくつかありますが、
それによって結論が大きく異なります。
というわけで実はどの立場を重視するかで
正しい答えはないことになります。
つまらない結論で申し訳ありません。

経常収支赤字(貿易赤字のことですが、あえて言い換えます)が
なぜいけないかということですが、
基本的にはいけないということはありません。

ここからは経済学の観点から説明します。
理系の方ですから、数式を使ってもかまいませんよね。
まず2本の式を紹介しておきます。
1本目は
BP=NX+K+e=0
NXは経常収支黒字(+)、Kは資本収支赤字(-)、eは外貨準備増(-)です。
BP(Balance of Payment、国際収支)が0になるというわけですが、
この式の意味するところは、
外貨準備が0とすれば円建てドル建てに関...続きを読む

Q武器輸出の強制禁止(自国使用は可)

例えばデスノートみたいな、超人的能力を使って、武器輸出の強制禁止のため、その関係者を次々と殺していって、武器輸出が全く不可能になった場合(自国使用は可)、世界経済はどの程度パニックになりますか?
世界的にみて、今のサブプライムローン問題よりも大きな衝撃になりますか?

Aベストアンサー

アフリカ云々に関して
あんな貧乏な国が武器輸入大国になれるわけがない
http://www.sipri.org/contents/armstrad/output_types_TIV.html
個別データは、下記のところで、生成できる。
http://armstrade.sipri.org/arms_trade/toplist.php
ざっとみたが、2007年、ベスト100に入っているアフリカの国は、エジプトとモロッコ、ガボン ナイジェリア ガーナ ザンビア・・・
通常イメージのアフリカ最大の輸入国がガボンで21百万ドル。日本が20位で519百万ドルです。

国策という意味では
http://armstrade.sipri.org/arms_trade/values.php
で、輸出輸入国を基準に順位が出せる
ベネズエラを輸入国で設定すると、2006年からロシアがすごい勢いというのが明確です。反米のチャベス大統領+原油高効果です。

経済効果よりも、国策の制度再建が必要なので、政治的に ワヤです。

Q貿易赤字って、国富の流失で、悪いこと?

どっかの政治家が、貿易赤字で国の富が流失している。何とかせにゃ。って言ってましたが、貿易赤字は、国が損して疲弊していくので、悪と言うことですか。赤字っていうと、ついつい素人は大変だと思いますが、どうなんでしょう。世間的には、借金できる人の方がそうでない人より信用できそうで、借金もそう悪いことではないような気もしますが。

Aベストアンサー

まず、『国富』の定義はしっかりされています。
国富とは、国全体の富のことです。これはちゃんと内閣府が発表しています。
ちなみに日本の資産は全体で8685.1兆円です。
そして、ここから借金部分を引いた純資産が約3000兆円です。
http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/data/data_list/kakuhou/files/h24/sankou/pdf/point20140117.pdf
バランスシートが読めるのであれば、日本は何の問題もない国だとわかります。
世間が国の借金で騒いでいるのは、単に増税したいための財務省の世論操作にメディアが乗っかっているだけです。

さて、年間の収支は、国富の一部を変動させるものです。例えば、赤字であれば、資産が減ります。
ちなみに貿易収支は企業で言えば、一事業部門の収支についてです。全体で見るのは経常収支です。
日本の経常収支は、一貫して黒字。
http://ecodb.net/country/JP/imf_bca.html
つまり、国富は増え続けています。ここ30年ずっと。
上記のHPはグラフで分かりわすいので、詳しくは財務省も公表していますので、見てみてください。

つまり、その政治家の発言は、ただの無知か、意図的に流している情報操作です。
まあ、政治家は財務省の官僚から言われていることをうのみにしているので、たぶん財務省官僚に入れ知恵されて意味も分からず発言しているだけです。

ちなみにそんなことをブログでも書いていますので、ご参考までに。
http://ameblo.jp/augustinus0033/entry-11936677990.html

日本の純資産は3000兆円もあるって、ちゃんと報道してほしいですよね。

まず、『国富』の定義はしっかりされています。
国富とは、国全体の富のことです。これはちゃんと内閣府が発表しています。
ちなみに日本の資産は全体で8685.1兆円です。
そして、ここから借金部分を引いた純資産が約3000兆円です。
http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/data/data_list/kakuhou/files/h24/sankou/pdf/point20140117.pdf
バランスシートが読めるのであれば、日本は何の問題もない国だとわかります。
世間が国の借金で騒いでいるのは、単に増税したいための財務省の世論操作にメディアが乗っかってい...続きを読む

Q貿易収支の赤字が続くとどうなる?

輸入>輸出の日本。

このまま貿易収支で赤字が続くとどういうことが考えられますか?

漠然とした質問ですが、よろしくお願いします。
どんなことでも結構です。

Aベストアンサー

> このまま貿易収支で赤字が続くとどういうことが考えられますか?

貿易赤字全般であれば、あんまり大したことは起こりません。
とはいえ、国内で回るはずだったお金が海外に回る分、経済にはマイナスです(とはいえ、それを打ち消せるだけの強さがあるなら問題にならないのですが)。

ただしその赤字が石油や電気などの原材料の価格を押し上げるなら(為替の変動や価格の上乗せなど)、コストプッシュ型のインフレにつながる恐れもあります。この場合には不況に結び付きやすい(典型的にはスタグフレーション)ため、問題になります。
今の貿易赤字は、火力発電をメインとすることによる発電用燃料費の高騰が大きな原因ですが、これが転嫁された場合には上記の問題が発生することになります。

Qなぜ貿易赤字は決して悪いことではないのでしょうか

現在海外でマクロ経済を学んでいます。
「貿易赤字は決して悪ではない」という解釈がよく分かりません。

教科書いわく、

資本を外国から借りている → この資本をどう使うかがポイント → 生産投資に回せば生産率が上がり収入アップ 

これは理解できるんですが、
そもそも貿易赤字は輸入が輸出を上回ることから発生するはずで、
この状況は国内に海外からの物が沢山入ってくることになるので、
この物が「資本」になり生産投資に回すということがイマイチピンときません。
物は物で消費者の間で消費されてなくなるのでは・・・。

大変申し訳ないのですが、小学生にでも分かるような説明方法でご教授を頂けたらと思っています。
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

国の輸出入や投資、消費の話は少しイメージが難しいかもしれないので、とある国内企業を例にとりましょう。
その企業は海外から原材料を安く買い付けて製品を製造しているとします。
製品のほとんどを国内の消費者に販売することでたくさん儲けていますが、国外向けにもわずかに製品を輸出しているとします。
するとこの企業はナショナルアカウントでいうところの輸出入の純額はマイナスなので貿易赤字です。
ですがもしこの製品が国内の消費者には需要があるが海外の消費者はあまり好まない物であったとしたら、この企業は無理に輸出を増やして純輸出をバランスさせることに意味はあるでしょうか。
答えは否です。この企業にとっては国内の消費者に多く製品を売ることが最も利益となるのならば、貿易赤字でも構わないはずです。

上記を踏まえて「「貿易赤字は決して悪ではない」という解釈がよく分かりません」という問いに答えますと、仕入れ先と販売先が国内か国外かは「悪ではない」かどうかの判断基準にはならないから貿易赤字は悪とは限らないということになります。
ここで言う「悪ではない」かどうかの判断基準となるのは、企業や消費者が(ミクロ経済学で言うところの)交換や生産の取引相手を国内か国外かにかかわらず自由に選べているかという点なのです。
消費者や企業が自由な選択肢の中から効用最大化や利潤最大化につながる意思決定ができているのであれば、その手段としてモノを誰から買って誰に売っているかは大きな問題にはなりません。

学部レベルのマクロ経済学だと、ご指摘の教科書のように、国全体の所得を消費と投資と政府支出と純輸出に分解した上でこれらの要素の関連を文章を使った論理により説明することが多いですよね。
私もわかりにくいというのは同意です。
ですが学部上級から大学院レベルのマクロになると、上記の私の説明のように個々の企業や消費者の意思決定に立ち返り、それらの集合体として国家の経済を説明するという視点でマクロ経済学を勉強することになります(「マクロ経済学のミクロ的基礎付け」と呼ばれています)。

国の輸出入や投資、消費の話は少しイメージが難しいかもしれないので、とある国内企業を例にとりましょう。
その企業は海外から原材料を安く買い付けて製品を製造しているとします。
製品のほとんどを国内の消費者に販売することでたくさん儲けていますが、国外向けにもわずかに製品を輸出しているとします。
するとこの企業はナショナルアカウントでいうところの輸出入の純額はマイナスなので貿易赤字です。
ですがもしこの製品が国内の消費者には需要があるが海外の消費者はあまり好まない物であったとしたら、...続きを読む

Q自国の通貨高は紙幣の増刷で解決できませんか?

自国の通貨高は紙幣の増刷で解決できませんか?

現在アメリカは量的緩和ともっともらしい事をいいつつ、ドルを大量に刷って市場に供給しているのですよね?
なら、日本も同じことをすれば円高問題など簡単に解決できると思うのです。

なぜ日本はそうしないのかをどなたか経済音痴の私にもわかりやすく説明願えませんか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

アメリカもヨーロッパもじゃんじゃんお札を刷って供給しているのですから日本もそうすればいいと思うのにやりません。それは日銀がインフレ恐怖症だからだと思っています。日銀はインフレターゲットを決めようとしません。日銀が見ているのは消費者物価指数だけであり、

wikipediaから
> 2006年3月9日の金融政策決定会合において、消費者物価指数が前年比上昇率が4ヶ月連続して0%以上になったことから、解除のための条件が満たされたと判断し、約5年ぶりに解除されることが決定した。

たったの4カ月物価が上がっただけで量的緩和を解除してしまいます。デフレを「良いデフレ」なんて言ってるおばかです。官僚はいいなりには動けますが、自分で政策を決めることができないのですから強い独立性を認めるべきでないと思います。

金利は低すぎていじれないのですから、公開市場操作で社債でもなんでも大量に買って需給ギャップを埋めていただきたいです。このままじゃ失われた20年、30年になります。

Q米国の財政赤字と貿易赤字のデータ

米国の財政赤字と貿易赤字の年度ごとの推移のデータを知りたいのですが、どなたか良いサイトを教えて頂けないでしょうか。

Aベストアンサー

下記URLをどうぞ。

参考URL:http://www.whitehouse.gov/fsbr/international.html

Q貿易輸入額・輸出額の推移を見る際にドル換算で見る意味

日本の貿易輸入額、輸出額が増えてるのか減ってるのか調べてる際に疑問が沸きましたのでお尋ねします。
世界のネタ帳
http://ecodb.net/tool/stat_country.html
上記サイトは各国の様々なデータが閲覧できるサイトなのですが、ここで日本の貿易額を調べていたところ、単位がドルでした。

いわゆるアベノミクスの効果が如何ほど影響してるか調べていたのですが、人によってデータの見方が違うようです。
よく耳にするのは「ドル換算で見ても意味がない」という話です。
決算も給料も日本円で行われる日本でドル換算の話をしても意味がないというのです。
本当にドル換算で見る意味は全く無いのでしょうか?
意味があるとしたら、どんな使い方が考えられますか?
当方、経済の素人ですのでできるだけやさしく教えてい頂ければ幸いです。
どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

出典がIMFですし、同じ通貨単位でなければ他国との比較が出来ませんね。
日本円でのデータが知りたければ為替レートを調べて換算すれば良いだけです。
この両方を知ることで貿易額の変動が通貨の変動によるものか貿易量の変動によるものかが理解できます。


>よく耳にするのは「ドル換算で見ても意味がない」という話です
どこで耳にしたのか解りませんが統計の見方を理解していない、猫に小判の人なのでしょう。


人気Q&Aランキング