最新閲覧日:

いま大学まで自転車で片道30分かけて通っています。
ふつうの30分ならいいのですが、峠を越えるのでけっこうしんどいです。

質問は:
1)毎日通っていてそんなに体力が上昇したような気分にもならないのですが、片道30分ぐらいではだめなんでしょうか?
2)週末の土曜になるとけっこうぐったり疲れてたりするんですが、自転車通学止めた方がいいんでしょうか。
3)つまり、うまく自転車通学を健康増進に役立てるにはどのような方法がいいか教えてください。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (6件)

夜中まで、起きているのは、それは体力を消耗しますし、


お酒を飲むと、体力を消耗しますね。
確かに、体には悪いですが、それは人生の楽しみでしょう?
遊べば疲れるのは、誰でも一緒ですよ。でも、楽しいでしょう?
それで良いじゃないですか。
疲れ切るまで遊ぶのも、悪くないと私は思うけどな。

でも、「水分補給」「栄養補給」「学業」は忘れないようにね。
    • good
    • 0

栄養補給についてはあなたが好き嫌いなく何でもバランス良く食べていればそんなに神経質になることはありませんが、ビタミンCの補給としてはじゃがいも・ピーマン・キャベツ・白菜・さつまいも・ブロッコリー・カリフラワー


トマト・小松菜・パセリ・イチゴ・柿・レモン・オレンジ・メロンなどが適しています。クエン酸は主にレモンや梅干に多く含まれています。タンパク質は動物性と植物性をバランス良く食べるようにしましょう。豚肉や大豆系食品(豆腐・納豆・味噌など)に多く含まれています。甘い物の補給はあなたの好きなものでいいと思いますが、私個人としてはチョコレートが好みです。
    • good
    • 0

1)について


その通学方法を始める前と比べれば、体力はついて
いるのではないですか。

2)について
自転車通学はたぶん問題ではないと思います。
ちゃんとバランス良くたくさん食べてますか。
睡眠は取ってますか。暴飲暴食してませんか。
酒、タバコをやってませんか。
どこか、心身で悪い所はありませんか。

3)について
今よりも体力をつけたいならば、少しずつ負荷を増やす
必要があります。同じ負荷を続けている限り、今よりも
体力が増すのは難しいです。
例えば、重量を増やす。もっと高速に走る。
遠回りして距離を長くする。などして負荷を増やして
鍛えて、体力を増加させた後に、ためしに
今と同じ走り方をしてみてください。
明らかに、楽に感じる事が出来ると思います。
ただし、「健康増進」と「体力増進」は必ずしも一致しませんね。
どちらを目指しているのでしょうか。両方かな?
両方ならば、バランス良く食べて、酒タバコをやめて、
睡眠をちゃんと取って、今の自転車通学の負荷を
無理せずに、ほんの少しずつ増やせばよろしいのでは。

この回答への補足

麻雀や、酔っ払ったときに終電がなくなっても自転車で帰れるからと言って、深夜に無理をして自転車で帰る。
これが実はよくないのかもって、
いま気づきました。
やっぱりよくないでしょうかね?

補足日時:2001/02/07 15:05
    • good
    • 1

 専門家ではないので、自分自身の経験からもうします。



 私も片道約4キロの道のりを25分かけて通勤しています。
峠を越えるほどのひどい傾斜はありませんが、途中に橋が3本架かっているため、
8~10%程度のアップダウンがあります。
信号があるためずっとこぎっぱなしでもありません。

 しかし、出発したときは寒いくらいでも、着いたときには暑くて、背中が濡れるくらいの汗をかいています(エアロバイクでは20分こいでもちょっと汗ばむ程度です)。
坂では平常の倍くらいの心拍数になりますが、心肺機能がよくなっているらしく、自転車通勤していなかった頃よりも早く平常の心拍数(60~66)に戻ります。
脚力も付いて、少々の坂では、立ちこぎをしている高校生でも追い越せるようになりました体重も土日で1キロくらいふえるのですが、5日間の通勤で元に戻ります。
以上のことから、わたしには立派な運動になっていると思っています。
(マイチャリは、いわゆるママチャリですが、一応3段変速になっていて、常に「速」の状態でこいでいます)。

 確かに疲れは感じます。暑いときなどは朝出勤したときが一番疲れていて、金曜日には帰ったらぐったり、ということもありますが、その疲労は土日で回復できているように思います。
 (因みに私は高校生の頃は片道一時間の自転車通学をしたことがあります)。

 ところで、峠を越える道というと、公共の交通機関が少なく、一時間にバスが一本しかないとか、カーブの多い道で乗り物が苦手というような事情があるのでしょうか?
 私が自転車通勤している理由が、まずバスなどを待つのがいや、次に混んでるのがいや、そしておなかがすいてるときに乗るのがいや、なのです。
 自分のペースでこいでいける自転車は精神衛生上、とってもいいと思っています。
もちろん雨の日だって、わたしはカッパ着て乗っています。

 自転車通勤同好会じゃないですけど、これから春になればさわやかな空気に触れる楽しみのある自転車通学、個人的には是非続けていっていただきたいなと思っています。そして、楽しんで続けることができれば、それはきっと健康の増進に役立つはず。くれぐれも、無理は禁物ですが………。
    • good
    • 0

片道30分だと、7~8kmくらいのところでしょうか。


30分の自転車こぎは、峠のキツさにもよりますが、それほど重い運動ではないですね。
体脂肪は、運動を始めてから20分しないとカロリーとして燃焼しません。
このことから行くと、体力づくりよりは、毎日の運動といったカンジです。

自転車通学の期間にもよりますが、それでも多少なり体力がついているはずです。
週末に疲れが出て、学業やアルバイトなどに支障があるというなら、少し考えたほうがいいと思いますが、運動不足には注意したほうがいいと思います。

matekiさんはどういう自転車に乗っているんでしょうか。
先の回答にあるように、ギアのある自転車だと多少ラクになります。
あと、メーターをつけると、走っているときの励みになって楽しいですよ。
平均速度や最高速度、走行距離など出るので、走りが楽しくなります。
あと、自転車の大会など、目標があると楽しいですよ。
自転車の雑誌などにちょこちょこ出ています。
ちなみに、わたしがそういった大会に出ていた頃は、日に50kmくらい走っていました。
排気ガスについては、吸わないに越したことはありませんが、ほとんどの自転車の選手が、公道を走っているので、そう神経質にならなくてもいいと思います。

ところで、自転車以外での通勤方法はあるのでしょうか。
バイクやバス、自動車が考えられると思いますが、それを使ったときの、一日の運動量を考えてみてください。
片道30分くらいの運動があったほうが健康のためによいと思います。
    • good
    • 0

もし通学路が交通が激しく排気ガスの多い環境だったら健康には良くないですね。

特に冬場は冷たい空気を吸い込むので気管支などの粘膜をやられやすいのと、汗をかいたあと体が冷えるので体力を消耗し、風邪をひきやすいので注意が必要です。
もし通学路の環境が良ければ一定のペースで空気中の酸素を充分に取り込みながら走る1日1時間の自転車通学は立派なエアロビクスになると思います。
ただ、登り坂がきつすぎてしんどいのであれば、ギヤチェンジできる自転車なら低速ギヤにして、ママチャリなら押して登るだけでも充分に運動になります。週末にぐったり疲れるのは登りで無理をしているからです。
それからビタミンCやクエン酸の多く含まれる食品や酢の物、タンパク質の補給を忘れないようにして下さい。疲れたときは糖分を摂るために甘い物を食べるのもいいでしょう。
また、大学にシャワーがあるのならそれで汗を流したり、なかったらタオルを1枚持っていて自転車を漕いだあとには必ず体の汗を拭き取ることが疲労を軽減させるためにも必要です。もちろん帰宅したら少し休んだあとに風呂に入るなりシャワーを浴びるなりすることも忘れずに。

この回答への補足

体育会系サークルとかスポーツにぜんぜん縁がなかったので、運動のあとの栄養補給とかに無知なんです。
よろしかったら、もう少し詳しくご教示ください。

補足日時:2001/02/07 15:03
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ