あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

電気設備のブレーカ容量とケーブルの許容電流の関係の疑問です。一般家庭の分電盤内分岐20A開閉器にVVF1.6が接続されておりますがVVF1.6の許容電流は19Aです。これは技術基準に適合しているのでしょうか。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

    • good
    • 10
この回答へのお礼

URLありがとうございます。わかりやすい記述でたすかりました。

お礼日時:2008/02/08 19:40

ヒューズの場合(15Aの場合)


110%で溶断せず(16.5A)。
135%で1時間(20.25A)。
200%で2分(30A)

配線用遮断器(20Aの場合)
20.25Aの場合、最小8分、最大遮断せず(25Aで8分)。
30Aの場合、2分

以上のように15Aヒューズと20A配線用遮断器は≒と見做せると思います。

もし20A配線用遮断器に1.6mmの電線が使用できないとすると、15Aのヒュー
ズの時にも1,6mmは使用できないと言う事になってしまいます。

そうしますと15Aのヒューズの場合は1.6mmの電線を使用することが出来る
という条文と矛盾が起きます。

配線用遮断器は過電流遮断器の一種類ですが、条文的には別の物と考える
方が良いと思います(動作特性が違う)。

参考URL:http://www.kawamura.co.jp/electric/catalog/pdf/B …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

参考URLとアドバイスありがとうございます。

お礼日時:2008/02/08 19:46

#8に誤りがあります。


配線用遮断器(いわゆる安全ブレーカ)、ヒューズのいずれも過電流遮断器です。

電気設備技術基準解釈の171条1項七号ハ 171-2表
2行目「定格電流が15Aを超え20A以下の配線用遮断器で保護されるもの」の低圧屋内配線の太さは直径1.6mm以上とあり、
3行目「定格電流が15Aを超え20A以下の過電流遮断器(配線用遮断器を除く)で保護されるものでは、直径2.0mm以上」とあります。

3行目では、わざわざ過電流遮断器のうち、配線用遮断器を除くとされているため、これはヒューズの場合を指しているのです。

つまり、ヒューズ方式の過電流遮断器なら2.0mm以上、配線用遮断器を用いた過電流遮断器なら1.6mm以上と解釈すべきでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

いろいろとアドバイスありがとうございます。

お礼日時:2008/02/08 19:44

AN6です


AN7様にて
該当するとのコメントがありました
しかしながら、申し訳ありませんが
1.6ではだめです

それでは、電技解釈より抜粋にて根拠を・・・
AN4様よりありますとおり
171条1項七号ハ 171-2表
に記載がありますが
定格電流が15Aを超え20A以下の過電流遮断器(配線用遮断器を除く)で保護されるもの
では、直径2.0mm(MIケーブルにあっては断面積1.5mm2)
と記載があります

一番難しい(曖昧若しくは勘違い)のは
配線用遮断器と過電流遮断器の定義ですが
現在では、ホーム分電盤に使われている安全ブレーカーは
配線用遮断器ですが、過電流遮断器の機能を有しております
したがって
定格電流が15Aを超え20A以下の配線用遮断器で保護されるもの
には、該当しません

これは、電気工事士の問題や監理技術者、三種など
多種にわたり誤回答が多く、設問でも間違いが多数あります

配線用遮断器は電気屋さんになったばっかりの人には
あまりなじみがないかもしれません
いまは、配線用遮断器は過電流遮断器です
OC機能を有していれば
保護継電器(51機能)があります

参考に下記アドレスを添付します
あまり逃げの施工方法を考えないほうが良いと思います
単純に考えたほうが良いです
20Aのブレーカーです
20A以上の機能がないとだめだ
と単純に思うほうが良いとおもいます
1.6は二次配線用(二次負荷及びスイッチ回路)と考えるのが
世間一般の常識です

これ以上のコメントはしませんが
正しい知識と判断、アドバイスをお願いします
手抜き工事はいけません!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

いろいろとアドバイスありがとうございます。

お礼日時:2008/02/08 19:42

技術基準に適合しているかとのご質問ですが、今までの回答者さんのレス


にも有りますが、適合しています。

昭和の頃の(と言うかそれ以前のものも含みますが)市営住宅、県営住宅
等の公営住宅の配線では、コンセント回路は2mmを使用していましたが、
電灯回路は1.6mmと言う設計もかなり有りました。この辺は各自治体で違う
かもしれませんが、少なくとも東京近郊にある、或る自治体では当たり前
でした。

また最近の(工事費をケチった)アパート、戸建の借家等では、すべて
1.6mmと言う物件もあります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。最近はケーブルも高いことですし。

お礼日時:2008/02/07 20:44

この場合、電圧降下、低減率をまったく無視するのであれば


配線の最小太さは2.0mmとするのが正しい配線方法です

許容電流はブレーカーのトリップ値によります
1.6の許容電流は確かに19Aです
しかし、単純に19Aだからといって鵜呑みにしてはいけません
布設条件によって、許容電流値は大きく変化します
通常は低減率を乗じて計算する事が設計の基本となっております
諸官庁の基準では、低減率を0.7とすることが一般的です
各メーカーの電線要覧を見るのが一番良いでしょう

VVFケーブルにて20A回路に結線する回路となると
一般屋内配線かな?
設計では、20Aの回路の容量は、1回路あたり1500VA以下での
容量としなければなりません
だから、配線器具などは15Aとなっております
但し20Aとする場合は専用回路とする必要があります
コンセント1個で1回路、照明1台で1回路・・・のようにです
したがって
20Aの回路は設計基準では実は15Aまでしか流さないように
設計するのです
しかし最大トリップ値が20Aの配線遮断器回路には、20A以上確実に
絶えられる太さの電線出なければ、間違いとなります

一般にコンセント回路に於いては2.0mmにて配線します
照明(電灯)回路においては、第一分岐までは2.0mm、それ以降は
1.6mmにて配線するのか一般です
準技術的に法律を網羅するのであれば
どこかのタイミングで、2.0mmに取り替えられることをお勧めします
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一般屋内配線です。設計上からのアドバイスありがとうございます。

お礼日時:2008/02/07 20:31

#4の回答の通り、「定格電流が15Aを超え20A以下の配線用遮断器で保護されるもの」の低圧屋内配線の最小太さは直径1.6mmです。


http://www.denki21.com/0415kai.html

したがって、VVF1.6でもVVF2.0でもよいということですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。たいへん参考になりました。

お礼日時:2008/02/07 20:19

電気設備技術基準解釈の


171条1項七号ハ 171-2表
「定格電流が15Aを超え20A以下の配線用遮断器で保護されるもの」の低圧屋内配線の太さの欄に
直径1.6mmとあります。

この項目が適用されていると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろアドバイスありがとうございます。
また勉強します

お礼日時:2008/02/04 20:44

電気設備技術基準は電線の許容電流を【素材】【絶縁材料】【周囲温度】【布設電線数】などで見直すものです。


何もMCCBとの組合せは一切述べていません。

MCCBの機種・メーカーにより過電流引外し特性曲線(電流:動作時間)は様々です。
一般的にMCCBは「長限時領域」「「短限時領域」「瞬時領域」があります。

と言うことはこの用いる電線がMCCB特性曲線より全領域で電線の特性曲線の上になれば協調が取れていると言います。
しかしこのようになるこは稀で「この領域では協調が取れません」も致し方なしとします。

つまり電線の許容電流が19AでMCCBが20ATだからサイズをUPする必要があるとは一概に言えません。

電線に25Aが流れ続けてもMCCBはトリップしないでしょう。
では電線が長時間耐えるのでしょうか??
では50A流れたらどうか、100A流れたらどうか・・・・を一度検討ください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。解らないことだらけですが、電気設備技術基準を熟読します。

お礼日時:2008/02/02 23:59

おっしゃるとおり、VVF1.6の許容電流は19Aです。


http://www.denki21.com/11P07kai.html

20Aの開閉器だとVVF2.0でなければなりませんが、太さの確認は間違いありませんか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
20A開閉器二次側コンセント回路はVVF2.0がほとんどですが
照明回路はVVF1.6が多いみたいです。これは消費電流値を確定(19A以下に)させていたら問題なしと解釈すればよいのでしょうか。

お礼日時:2008/02/01 21:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qブレーカー容量のだしかた

ブレーカーの定格電流のだしかたを教えていただきたいのですが?
単相100/200Vのときと、三相200Vのときです。
例えば20Kwのときはどうすればいいのでしょうか?のように例えを入れてくだされば幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>12000/(200/1.732)=34.64Aでいいのでしょうか?このような場合ブレーカー容量は40Aでいいのでしょうか…

ブレーカー容量は電線の太さで決まり、電線の太さは許容電流と電圧降下で決まります。
許容される電圧降下を1%とすれば、電線こう長12mまでVVケーブル8mm2でよく、ブレーカーは40Aです。
電線こう長が12mを超え21mまでなら14mm2で50A、21mを超え33mまでなら22mm2で75Aとなります。
電圧降下が2%とか3%とかまで許されるなら、電線こう長はそれぞれ2倍、3倍となります。

Qブレーカーの定格遮断容量について

カテゴリが違っていたら、申し訳ありません。
ブレーカーの仕様に定格電流と定格遮断容量とありますが、違いや意味を教えてください。定格電流は、その電流値を超えた場合にトリップするものだとは認識しているのですが。遮断容量は大きいほうがいいのでしょうか?詳しい説明をお願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ!
いつも質問ばかりしていては、皆さんに申し訳ないので、微力ながら知っている範囲でお答えします。
ご参考にして頂ければ幸いです。

定格電流は、その遮断器に連続的に電流が流れ続けた時の動作の限界値を表していると思います。
限界値である定格電流値になった場合の動作は、日本の規格(JISなど)では、不動作の状態を維持する最大値を表しています。
しかし、諸外国では、動作する値を表す場合も多いようです。(例えば、アメリカ製など)
具体的に言うと、日本製の225AF/225ATの遮断器に225Aの電流を流したとしても遮断器はOFF動作しません。
しかし、アメリカ製の250AF/225AT(フレームという概念についての説明は、割愛します)の遮断器に225Aの電流を流すと遮断器はOFF動作を起こします。
これは、規格の考え方の違いでどちらが正しいとかという問題ではありません。しかし、一つの電気設備で、複数の規格を採用しなければならない場合などは、保護協調上注意を要する点であります。
この定格電流値以下で遮断器を利用している限り、遮断器の開閉操作を行ったとしてもメーカーが保証する回数まで(一般に数千回~数十万回)は、操作が可能である値という意味もあります。

一方、遮断容量は、その遮断器が、流れている電流を遮断できる最大の容量を表していると思います。
一般的に電気的な容量とは、電圧×電流×時間で表されます。これは、エネルギーの容量を表し、遮断容量の場合も同じです。よって、容量であるにも関わらず電流値であると捉えらえることは間違いだと思います。
しかし、現実には、遮断容量が、電流値で表されていることが多いのも事実です。
その理由は、日本の(多分全世界でそうだと思いますが?)電源事情が、定電圧送電方式となっているからです。即ち、電圧の項は、定数として扱えるため、変数となる電流値で表せば事実上問題がないのと、実用上合理的となるからだと思います。
実際の遮断器に書かれている、遮断容量の記載を見ると判るのですが、使う電圧によって遮断できる電流値が変わります。これは、遮断容量が変わるのではなく、遮断容量は同じであるため、遮断できる電流値が変わることを意味しています。
同じ型の遮断器を異なる電圧で使用する場合など勘違いし易いので、注意が必要です。また、動作時間が変更できる機能がある場合も遮断できる電流値は変わってきますので注意のほど。
電流を遮断すると言うことは、アーク電流によるエネルギー放出(一般的に、熱、音、光の形で放出される)を、遮断器構部分で絶えうる必要があります。
定格以上の容量を遮断しようとすると熱により接点が溶着したり、溶断してしまうことがあるようです。

最後に、遮断容量の大きいものの方が良いのかどうかと言う点については、必要な遮断容量が確保されていらば、最小値でかまわないと思います。
皆さんもご指摘している通り、遮断容量が大きくなると、値段、寸法、納期(受注生産品になったり)が大きく(高く、長く)なります。
必要な容量とは、その回路に流れる最大の電流値(容量を電流値で表した場合)で決まります。一般的に、最大電流値となるのは、短絡時となります。
ただし、エネルギーの供給源は、電源だけとは、限りません。例えば、三相誘導電動機が接続されていると電動機の運動エネルギーがエネルギー供給源となり数サイクルの間電源となりますので注意が必要です。
さらに、定格電流を超える電流値を、遮断した場合は、メーカーの保証動作回数までの動作が保証されるわけではありません。
短絡電流の遮断については、動作特性をよく調べて使用してください。経済性を無視すれば、一度短絡電流を遮断した遮断器は、交換すべきだという人もいます。

以上、だらだらと述べましたが、少しでも参考になればと思います。

こんにちわ!
いつも質問ばかりしていては、皆さんに申し訳ないので、微力ながら知っている範囲でお答えします。
ご参考にして頂ければ幸いです。

定格電流は、その遮断器に連続的に電流が流れ続けた時の動作の限界値を表していると思います。
限界値である定格電流値になった場合の動作は、日本の規格(JISなど)では、不動作の状態を維持する最大値を表しています。
しかし、諸外国では、動作する値を表す場合も多いようです。(例えば、アメリカ製など)
具体的に言うと、日本製の225AF/225ATの遮断器に...続きを読む

Q過電流遮断器とケーブルサイズの関係教えてください

 過電流遮断器定格に対するその二次に接続するケーブルサイズの関係は、幹線分岐の場合は電技解釈148条、149条や内線規程に図解付きで細かく分かりやすく書いてあります。(分岐点から過電流遮断器までの距離、分岐点から過電流遮断器までのケーブルサイズ)
 しかしながら、過電流遮断器二次側に直接接続するケーブルとその遮断器定格の関係は、意外とどこにも書いていません。内線規程で言う太い幹線とその1次遮断器の関係です。あたりまえという感覚なので書いていないのでしょうか。結構、解釈の仕方で違ってくるようです。だれか教えていただけませんでしょうか。
 次の場合、ケーブルを保護するための過電流遮断器定格と、ケーブルサイズの関係はどれが正しいのでしょうか。

 過電流遮断器電流定格100Aの二次側に直接接続されるケーブルの必要許容電流は
(1) 100A以上
(2) 55A以上
(3) ケーブルに流れる負荷電流以上
(4) ケーブルの長さが3m以下ならケーブルに流れる負荷電流以上、8m以下なら35A以上

Aベストアンサー

答えは
幹線の場合は
(1)、(2)、(4)

電技解釈の148条四号を読んでください。
前略、、、ただし、次のいずれかに該当する場合は、この限りではない。

とあります。
つまり、過電流遮断器を設けなくてよくなるわけですが、
設けては、いけないわけではありません。

電技解釈上設けなくてよい過電流遮断器が付いていることになるだけです。
したがって、148条四号イロハに該当する条件の電線でよい。
となります。
前回もそのつもりで、書いたのですが、今回はっきり書いておきます。

http://security.okwave.jp/qa7713385.html

QVVFケーブルの許容電流について教えて下さい

1.6mmのVVFケーブルの許容電流は600V18Aということのようですが、
これは、100Vであれば、108Aの電流を流せるということなのでしょうか?
ちょっとあの細い電線では、恐ろしいような気がするのですが。

Aベストアンサー

勝手に許容値を掛けたり割ったりしてはいけません。

定格が600V18Aとあれば、電圧は600Vまで、電流は18Aまで、それぞれ両方同時に満足しなければなりません。
だから仮に12Vで使ったとしても許容電流は18Aまでです。

それとこの定格値は室温における値です。まわりの温度が高いときや何本かのケーブルを束ねているときには、流すことができる最大電流は小さくなります。

Q20Aは何W使用できる?

ほんと簡単な質問だと思うんですが、件名の質問を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

♯3の補足の件ですが、
普通、低圧で建物に入ってくる電気は電灯と呼ばれる、単相3線式100/200v・・・電線3本で100Vと200Vが使える物と、動力といわれる3相3線式200Vが有ります。動力の方は3本線で、たとえば3本の線にA,B,Cと付けるとAとB,BとC,AとCの各電線の電圧を測るとどれも200Vになり、各々の相(サインカーブ)が、1/3周期ずれています。電灯の場合は同じように3本ですが、A-B.B-Cは100VでA-Cは200Vとなるようになっています。イメージとしては乾電池を2本直列にしているような感じ。
工場などの大きいモーターなどはほとんどが動力になっています。また、町工場などでもたくさん電気を使うところは6600Vで工場内へ引き込んで、工場内のトランスが有ります。大規模な工場などは22000Vで引き込んで、工場内に変電所が有ったりします。この場合も動力と同じ3相3線式になります。

Qブレーカーの容量

2つ質問がありますがよろしくお願いします。
(1)ハロゲンヒータの増設を考えているのですが、今あ る100Vのコンセントからハロゲンヒータを3台同時に 運転したところ、ブレーカーがとびました。そこで今つ いてある20Aの漏電ブレーカーを50Aにすることは可 能でしょうか?それとも違う方法があれば教えてく ださい。当然施工は電気業者に頼みます。

(2)単三の分電盤の頭に50Aのブレーカーがついています。 その下に20Aが8個ブレーカーがついています。
 そこでですが単純に20Aが8個ついていれば160 Aですよね。頭が225Aのブレーカになるのではないでしょう  か?
 その頭のブレーカーはどのように選定するのでしょう  か?
20Aのブレーカーはどのように個数を決めているのですか?

Aベストアンサー

基本的にはNo.4様の記述の通りです。
ハロゲンヒーターということは1台1kw程度でしょう。
この場合1台につき10Aの電流が流れます。3台で30Aなります。20Aのブレーカーでは当然落ちてしまいます。
一方分岐ブレーカーの大きさは、複数の負荷をまかなう場合、20Aを最大とする決まりがあります。
ブレーカーの大きさが20Aを越えることができるのは、ブレーカーと負荷(コンセントなど)が、1対1の専用回路の時に限られます。このことに関しては、法律で定められており、これを逸脱することは、電気工事店に工事を依頼してもことわられるでしょう。
全ては、一般人が電気を使用するに当たっての安全策から来ていることで、専門家なら尊守すべき事項です。
主幹ブレーカーについては、負荷バランスが100%とれている場合、(20A×8×0.8)/2=64Aとなります(単3なので半分になります。)。これは最大負荷を想定した場合で実際にはこれの60~70%程度の電流になります。よって50Aのブレーカーが適正な主幹でしょう。

Q配線工事の電線サイズを教えて下さい

200V,30Aの動力用コンセントの配線は、ケーブルでどのサイズを使用すればよいか、教えて下さい。

Aベストアンサー

単線なら2.6mm 4C(もしくは3C+E線)、より線では5.5平方mm(sqmm)4Cです。
より線では器具接続には圧着端子取り付けが必須。

なお、幹線からの分岐点には必ず電線保護用ブレーカ(3P30A)を取り付けてください。
幹線が漏電保護されていない場合は、漏電ブレーカ(感度30mA)が必須です。
機器はD種接地が取れていなければいけません。

なお、施工するためには少なくとも第2種電気工事士の資格が必要です。

Q主幹ブレーカー容量計算式

3相220Vの動力用分電盤で主幹ブレーカーが225Aで分岐ブレーカーが200A,75A,50A,30A,20A×4のブレーカーがついていたのですが、分岐ブレーカーの合計アンペアが大きいのに、主幹ブレーカーは225Aでたりるのでしょか??
それとこうゆう場合の主幹ブレーカーの容量計算式を教えていただけないでしょうか??
素人なものでよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

ANo.1さんの回答も正解ではありますが、一般家庭用の場合です。

3相の場合、主幹ブレーカ選定は単純計算では出来ません。
通常は内線規定かメーカの早見表から選定します。

主幹が225Aという事は、動力の全体容量が45KW程度
一番大きい負荷が、22KWから30KWあるということです。
早見表はメーカによって若干違いがありますが、ほとんど同じと考えて問題ありません。
コツとしては、選定した値より1つ大きめを主幹とします。

あくまで全体の容量と、一番大きい負荷(電動機など)から選定します。

Q電力ケーブルと弱電ケーブルの離隔距離

電力ケーブル(VVFケーブル)と弱電ケーブル(LAN・電話等)の電線間の

相互の離隔距離って法的に決まっているのでしょうか? 強電と弱電は 

離して置かなければいけないと思うのですが 具体的な数値がわかりませ

ん。 ご指導願います。

Aベストアンサー

こんにちわ
本物の電気屋さんです

ずばり、お答えします

電力ケーブル(VVFケーブル)と弱電ケーブルの
離隔距離の規定は、きちんと明確に記述されております。

離隔距離の規定は、
直接接触しないように布設する。
が正解です。何cmとの規定はありません
接触していなければOKです
離隔1mmでも、10cmでもOKなのです。

ご質問の電力ケーブルがVVFケーブルであるため
電圧種別は、間違いなく低圧で、ケーブル配線となります。
ガイシ引き配線の場合は、
裸線と弱電線は、30cm
絶縁電線と弱電線は、10cmです
ケーブル工事の場合は、接触しなければOKですので
心配はいりません
強電ルートと弱電ルートを別々に作って布設すれば
何ら問題ありません

Qモーターの定格電流の出し方

三相200v5.5kw定格電流22Aのモーターなんですが全負荷運転で22Aの電流が流れるって事で良いのでしょうか?
ちなみに定格電流が分からないモーターの電流値の出し方は5500/200×√3なのでしょうか?
そうすると定格電流が違ってくるので・・・
勝手な考えなんですが力率を70%って考えればよいのでしょうか?
調べていくうちにだんだん分からなくなってきちゃいました
もし宜しければ教えていただきたいのですが

Aベストアンサー

・全負荷運転で22Aの電流が流れる
で、OKです。

・定格電流が分からないモーターの電流値
5.5kWは軸出力なので、電気入力(有効電力)に換算するために、効率で割る必要があります。
次に、皮相電力に換算するために力率で割る必要があります。
結果、
{出力/(力率*効率)}/(√3*電圧)
ということになります。

モータの力率や効率が不明の場合には、
JISC4203 一般用単相誘導電動機
JISC4210 一般用低圧三相かご形誘導電動機
JISC4212 高効率低圧三相かご形誘導電動機
で規定されている効率や力率を使うことになるかと。
(これらの規格には、各容量について電流が参考値として記載されていますが)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング