教えてください。この度、建売住宅を購入することになりました。
購入価格は5000万円です。私は安月給の為、住宅金融公庫から
めいいっぱい借り入れを行い、残りは銀行ローンでと考えていたと
ころ、親戚の方が、銀行ローンを使うくらいなら、2000万円、
提供してやる。それを自己資金としろ!といわれました。
とてもありがたい。涙が出ました。しかし、この方から、資金提供
を受けると、これは贈与にあたりますよねぇ。自分で計算してみる
と贈与税だけで800万。そうなると、実質1200万円しか手元
に残らないのです。
で、何とか節税方法はないものか!と一生懸命いろいろなHPを探
していたら「借りたことにする」というのが得策のようです。
親戚の方の名義で銀行に口座を開設し、毎月、この口座に一定額を
振り込めば、税務署も疑わないと知りました。
しかし、単純に考えて、この親戚の方への返済額が、異常に少なけ
れば、贈与であるとみなされそうな気がします。
この返済額をいくらくらいに設定すれば、よろしいのでしょうか?
また、この方法では、やはり贈与にみなされてしまうのでしょうか?
どなたか、税金に詳しい方、もしくは、そういった経験をされてい
る方、ご教授ください。
あと、1週間で、公庫の申し込み用紙を提出しなければなりません。
どなたか、お助けください。よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

みなさんのおっしゃることを参考にしていただくのがベストだと思いますが、私が住宅資金にと親戚ではなく、親から借りたことを付け加えます。

300万円の贈与とは、別に500万円ほど借りました。返済は、20年の3%元利均等返済だったと思います。もちろん、私の通帳から親の通帳に毎月10日ということで、振り込みました。ただ、その契約書を「公証人役場」というところで作ってもらいました。「別にそんなところで作らなくても自分で作って、しっかり印鑑さえ押してあればいいよ」と言われたこともありましたが、やっぱりこの契約書によって、税務署の印象もよかったような気がしました。もちろん、印紙代等の作成費用もかかりますが・・。あくまで参考に!
    • good
    • 0

下のUMIBOUZUです。

追加です。お書き込みいただいた内容についてですが、まず利息のお話から。これは税務署サイドにおいても見解が多少ですが別れるところです。というのは担当官によって判断が異なるということです(よくあることです)たとえば2000万円に対して100万円の利子ということがあらかじめ決まっていて、それを毎月50000円でということになりますと、元利均等返済で利子のパーセンテージから言いますと0.00×%ということになります。ちょっと低すぎることは一目瞭然ですね。当初のお話のいきさつからしますと銀行ローンをするぐらいならというのが前提にありますので、それよりは得な条件で良いのですが得しすぎても良くないのは事実です。税務署は「それは虫がよすぎるんじゃない?」と言われかねないからです。その利子の分は認定課税しますなどという担当官もいるということです。ただ局側も「では××%!」と明示してはいませんのでどこまでがどうとも言えないのです。非常にグレーな部分ですね。通常常識の範囲内でとのことなのです。この常識っていうのが非常にあいまいなのですが、会社での住宅取得資金の借り入れの金利が低くて2%~3%を考えますとそれぐらいが妥当という見方なのでしょう。結果的に銀行より低くなりますから。そして金銭消費貸借と元金均等なり元利均等なりの35年分の返済計画書を作成(エクセルなどで関数で簡単にできます)し添付し、さらに必ず通帳を通されることです。ここまですれば大丈夫かと思います。ただ贈与の非課税枠の範囲よりは多少出ておいて納税しておけば確実です(これはかなり印象が良くなりますので)。別に税務署のご機嫌を取るわけではないのですが、合理的と租税回避は紙一重なんです。ここを取り違えると結局高く付いたりしますのでご慎重に行ってください。
    • good
    • 0

まさにkyaezawaさんのおっしゃる通りですね。

親戚の方ではそうするしかないでしょう。本来なら非課税枠で贈与して何が悪い!と税務署に言いたいところですが。。ただ裏を返せば「贈与税払ってるんだから文句あるか」ってとこです。ただ1万円増額でもたいした金額にはならないことを考えれば税率が変わらない程度で贈与を受けても良いのではないでしょうか?ただこの場合、のちに税率が下がったとき「やっぱり小分けにしておけばよかったか。。」ということは生じるかもしれませんが、最低の税率内であれば、おそらく最低税率は変わらないでしょうから(変わるとしたら贈与額の範囲が変動するでしょう)、その枠内で多少少なくして贈与されてもよいかもしれませんよ。いずれにせよ春以降の税制改正には目を光らせて置いてください(これは来年の申告の際に使用するものです)。目前の申告では今の税率内でそのようにされるのも得策ではないでしょうか。そうすれば親戚の方にも回数の手間がはぶけるのではないでしょうか?このような方法は決して脱税ではありません。ただ贈与だけに多少神経質にしてください。夫婦間の住宅資金の異動に関してもその夫婦の所得や貯蓄から税務署サイドでは贈与額を割り出すぐらいですから(もちろん調査が入った場合ですが、まれにあります。争った例もあります。)贈与の際には現金ではなくあえて通帳が良いでしょう。正当化できる動かぬ贈与の証拠になります。また、返済していく方法の場合には必ず毎月同日に、きちんとした返済計画表に基づいた利子も含めて必ず通帳を通して返済してください。これは一月遅れや滞ることなくされることをお薦めしたします。ご検討くださいませ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
現在のところ、親戚には、毎月5万円。返済期間は35年を検討しております。
年間60万ですから、35年で、2100万円。
これですと、しっかりした返済計画書と、契約書を交わして、銀行振込に
すれば、贈与にはならないと思うのですけど、どうなんでしょうか?
利息が100万円では少ないのでしょうか?

お礼日時:2001/02/09 09:17

親戚の方に事情を説明して、無駄な税金を納めないように、贈与税がかからな金額で毎年援助してもらい、それをローンの返済に充てたらいかがですか。


贈与税は、現在は年に60万円を越えると課税されますが、今度の税制改正で年額100から120万円くらいに非課税限度が増額されます。
毎年、限度額より1万円くらい多く贈与を受けて、申告をしておけば、贈与の事実が確認できて、後日に問題は発生しません。
不明な点は、補足願います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

限度額が増えるのですね。今後の情報に注意してます。ありがとうございます。

お礼日時:2001/02/09 09:10

住宅購入の際の親からの援助は、300万円までは非課税、1000万円までは減税となっています。


「借りたことにする」のも有効かもしれませんが、きちんと返済能力があることを証明しなければいけないようです。
ですから、20年かけて無利息で500万円返すといったことは認められないそうです。

ということぐらいしかアドバイスできませんがどうでしょうか(^^;
下記URLなども参考にしてください。「相続税 住宅」で結構出てきますから。

http://home.gr.jp/hiroshima/zeikin.html#税金
http://www.nextlink.ne.jp/info/databank/cat13/da …

参考URL:http://www.nextlink.ne.jp/info/databank/cat11/da …

この回答への補足

質問になってしまいますが、親戚に当たる人からの援助の場合、
住宅減税措置は配慮されないのでは?
ですから、1000万までの資金提供は、僕の場合は受けられ
ませんよねぇ。当然、300万であっても、親戚であれば住宅
購入資金ではなく、贈与になりますよねぇ。

補足日時:2001/02/09 09:11
    • good
    • 0
この回答へのお礼

1000万円までの減税の話も検討しました。確かに有効かと思います。
一度検討してみます。
また、500万円を無利息で20年返済の場合、認められないのでしょうか?
昨日、最寄りの税務署にて、匿名で相談をしまして見ましたが、
返済をしっかり行っていることさせわかれば、利息があろうと無かろうと
それは、貸した人の問題であり、とくに追求はしないといわれたんですけど。
再度、聞いてみます。

お礼日時:2001/02/09 09:08

<お金は親子でも他人>と言いますね。

従って、親戚の方に借りれば貸借契約書を作り、あなたの経済的支払いの範囲内で、返済していかなければ、当然贈与になるでしょう。また、親戚の方との貸借契約書を作ったとしても、おそらく公庫からも借りるでしょうから、収入-生活費 の範囲内にならなければ、オ-バ-した返済額は、みなし贈与として課税されるでしょうね。
終身雇用制が崩れ、いつリストラに合うか分からない時代に入り、ロ-ンを組むことはよほど考えなければならない住み難い社会になってきましたね。
がっかりするアドバイス?で申し訳ありません。もっと、確かな方のアドバイスをお待ちしましょう。
    • good
    • 0

借りたことにするってことは実際ははもらうってことですよね?


だったらそれは節税ではなく脱税では?
脱税の方法はここでは教えられなんいですけど・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

厳しいご意見ですね。ありがとうございます。

お礼日時:2001/02/09 09:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q無職で借金

無職で借金
無職ですが借金できるのでしょうか。できるとしたらどこからどこからどのような形でできるか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>無職で借金・・
借りたはよいけど、返済はどうしますか??
それこそ、自転車操業になるのでは??

で、財産なくて、実家の支援を受けれなくて
・・というなら、生活保護の相談してみては??
こっちの方が、理屈的に、あっていると思うけど。
ちなみに、派遣切りの生活保護で有名になりましたが
無職でも、条件が、そろえば、申請できますし。
ちなみに、部屋代払って
残高が、5万以下、これが、目安です。

とにかく、早く仕事を見つけることですよ。
以上

Q義理父からの資金提供で住宅購入のケースの贈与税

お願いします。過去のログを調べ、わからない部分を質問致します。
2002年3月にマンションを購入し、今回確定申告です。
購入の際、義理父(妻の父)から500万円の贈与を受けて、購入しましたが、
名義はすべて私(夫)の名義にしてしまいました。

それで、過去ログから察するに、
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=485708
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=483765
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=390005
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=357895

「金銭消費貸借契約書」を作成
返済も、毎月返済するなど定期的な返済
契約書には、収入印紙(2000円)も忘れずに貼る
というところまでわかりました。

実は、義理父がちょっと私より詳しかったので、借用書を作っておけば大丈夫
ということで作成したのですが、収入印紙を貼っていないのと返済方法が退職金にて一括返済という、実質貸借ではなく贈与になってます。

1.借用書自体を作り直す必要がありますでしょうか?
2.毎月返済に仕切りなおすとして、形だけでも銀行振込するとして
これはずーっと振込みの証拠を今後残していく必要があるのでしょうか?

よろしくお願い申し上げます。頭が痛くなってきました。

お願いします。過去のログを調べ、わからない部分を質問致します。
2002年3月にマンションを購入し、今回確定申告です。
購入の際、義理父(妻の父)から500万円の贈与を受けて、購入しましたが、
名義はすべて私(夫)の名義にしてしまいました。

それで、過去ログから察するに、
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=485708
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=483765
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=390005
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=357895

「...続きを読む

Aベストアンサー

1.収入印紙が貼ってないのは、契約書の効力には関係ありませんが、税務署に見られると印紙税法違反になりますから、貼っておくとよろしいでしょう。
又、退職金での返済ということは、勤務先の経営状況によっては減額なども有り、確約されたものではありませんから、返済されないことも予想され、税務署が素直に認めない可能性が強いです。
現実的な、毎月の返済に契約を変えた方がよろしいでしょう。

2.返済の事実が確認できないと、贈与と認定されますから、返済の事実を客観的に立証できる振込みでの返済が推奨されます。
税務上は、5年間(悪質な場合は7年)まで遡って更正が出来ますから、その期間は振込の領収書を保管しておく必要があります。

直接関係はありませんが、義理の親からの資金援助を、奥様が受ければ、実の親からの贈与となり非課税枠が使えます。
奥様が贈与を受けて、その金額の比率で共有登記をすれば、この問題は解決します。
既に、単独で登記して有っても、共有登記に変更することは出来ますから、司法書士に相談されたらいカがでしょうか。

Q近々無職になる予定なのに借金することは違法なの?

別に無職になる予定も借金する予定もないのですが、今後のために聞いておきたいです。
現在プロミスに登録だけしております。借金はしておりません。

だけど、もし僕が借金することになるとしたら、無職になるその時だけだと思っています。
以前、なんかのニュースで年収の3分の1以上の借金はしてはいけないと聞いたことがあります。
じゃー年収が無い人間は借金すらできないということになると思います。

でも、プロミスを含めたお金貸してくれる会社は僕が無職になったことなど、知ることはないと思います。
たぶん、どんなシステムかしらないけど、僕の年収が300万なら100万まで貸付可?みたいな感じで書かれている様な気がします。

もしそうなら借りれるんじゃないかな~?って思っております。

そこらへんどうなんでしょうか?

Aベストアンサー

毎月返済できれば問題ないです。

ですが契約書に期限の利益の喪失という項目があり
それに該当する場合、一括請求され、連帯保証人に請求が行く可能性があります。

たいてい契約内容や信用に著しい変更が生じた場合 というのが入っていて
倒産、転職、退職というのがこれに該当します。

Q住宅資金贈与1000万円非課税と贈与について

(*はじめに購入者、贈与者、及び購入したマンション、リフォームは
住宅資金非課税条件をすべてクリアしている前提です)

H23年に中古マンション4200万円を購入しました。
あとその購入した部屋をリフォーム工事に320万円かけました。
住宅資金贈与1000万円の申告を行ううえで、何点か疑問がでました。

建物持分は夫名義7/8 。妻名義1/8で登記。
ローンを夫名義で3800万円自己資金は
妻の親から現金1000万円贈与をうけ不足部分にあてました。

妻名義の1/8(4200×1/8=525)と
リフォーム工事代(妻名義で契約)320万円の合計が
購入時に贈与を受けた住宅資金贈与1000万円
との差額155万円出てしまいます。
1000万円贈与を受けたうち110万円は年間贈与対象になるので
155-110の45万円。
同じ事になりますが、
住宅資金贈与としては890万円。
(実際に使用したのは525+320=845)890-845=45万円
前置き長くなりましたが以下質問です

(1)贈与対象の考え方としては
155万円から110万円を差し引いた45万円が贈与の対象になるのでしょうか?
(同じですが890-845=45)

(2)1000万円はすでに贈与をうけているので
余った45万円は現金で親に返し、申告額を845万円とすることは可能か?
(一度受けた贈与は返すことによって無効になるかどうか)

(3)(2)に付随して現金ではなく通帳に記録を残すようにすれば、
申告845万円でも大丈夫でしょうか?

(*はじめに購入者、贈与者、及び購入したマンション、リフォームは
住宅資金非課税条件をすべてクリアしている前提です)

H23年に中古マンション4200万円を購入しました。
あとその購入した部屋をリフォーム工事に320万円かけました。
住宅資金贈与1000万円の申告を行ううえで、何点か疑問がでました。

建物持分は夫名義7/8 。妻名義1/8で登記。
ローンを夫名義で3800万円自己資金は
妻の親から現金1000万円贈与をうけ不足部分にあてました。

妻名義の1/8(4200×1/8=525)と
リフォーム工事代(妻名義で...続きを読む

Aベストアンサー

「名義変更等が行われた後にその取消し等があった場合の贈与税の取扱いについて」という国税庁長官通達があります。
下記URLです。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kobetsu/sozoku/640523/01.htm
この12に「贈与契約の取消し等による財産の名義変更の取扱い」があります。
贈与契約の取消ができるということです。

845万円は住宅取得のための資金として贈与を受けた。
110万円は一般の贈与を受けた。
差額45万円は「贈与契約を取り消す」として、妻が親に返還すれば、贈与税は発生しません。

現金で返還すると記録があいまいになりますので、妻の口座から妻の親の口座に振込んでおきましょう。
前記通達ですと「贈与税の申告書を提出するまでに返金をしておけばよい」と解釈できますので、贈与税の申告書の提出まえに、親への返金をしておきましょう。
「1,000万円の贈与契約をし、一時同額を受け取ったが、45万円について贈与契約を取り消し、同額を平成24年○月△日に返金した」と申告書別表の備考欄に記載して、その振込みをした通帳の写しでもつけておけばよいでしょう。


ところで、155万円貰って、45,000円の贈与税なら、税率は3%です。
贈与契約を取消す、返金するというよりも、申告して納めておくほうがすっきりするという考えもありです。
(多くの税理士はこの考え方をするようです。税率3%は負担としては軽いからです)

相続時精算課税の選択をするという手もありますが、同制度は一度選択すると撤回ができません。
メリットデメリットを書き連ねるのは省略しますが、薬に例えると、医師の処方箋を必要とする劇薬レベルの制度です。
つまり「素人が、町の薬局で手に入れて呑む風邪薬のようなものではない」ということです。
必ず税理士に相談してからこの制度を選択するようにされることをお勧めします。

「名義変更等が行われた後にその取消し等があった場合の贈与税の取扱いについて」という国税庁長官通達があります。
下記URLです。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kobetsu/sozoku/640523/01.htm
この12に「贈与契約の取消し等による財産の名義変更の取扱い」があります。
贈与契約の取消ができるということです。

845万円は住宅取得のための資金として贈与を受けた。
110万円は一般の贈与を受けた。
差額45万円は「贈与契約を取り消す」として、妻が親に返還すれば、贈与...続きを読む

Q無職で借金があります。これが最後の融資

無職で借金が3社から合計90万あります。
当方ギャンブルはしませんが、今年は全く仕事をせず借金を作っては
引越し費用や家賃に当てたりしては返済時に困り。
借金を繰り返していました。以前からお世話になっていた仕事先も辞めてしまい。気づいた時には無職となって仕事もしなかったもので融資が出来ない状態で、貯金も無ければお金も底を尽き始めた状態で、先月、今月分の家賃の請求と月末に迫っている借金の返済で今から仕事を始めたとしてもとてもじゃありませんが返済できる額ではありません。今回が最後の融資と決め来年からは死ぬ気で働くつもりです。就職先もほぼ決まっています。実家、友人などには連絡が取れないので絶対不可能です。今回が最後と決めています。闇以外で30万近くの返済資金、就職支度金を借りる方法をなんとか今年を乗り越える為に回答をください。

Aベストアンサー

自分もギャンブル以外の理由で21歳の時に300万まで借金をした事があります。

人間、借金を覚えてお金が無い状況になると「考える」事ばかりで行動が伴わなくなりますよね。
1ヶ月の予想収入で完済まであと*ヶ月…今月のお金はどうしよう。そう思いますよね。
結果借金を重ね、借金が膨れ上がった時にその時の事を振り返れば、その時必要としていたお金は何でもない金額だったりする事があります。

とにかくお勧めするのは「考える」事をやめろとは言いませんが、考える暇と時間があるなら
とりあえず働く。職はなんでも構いません。仕事をして家に帰る⇒寝る これをひたすら繰返す事が
借金完済への一番の近道です。間違い有りません。必ず借金はなくなります。
無駄に考えてしまい、借金を借金で何とかしよう。現状をどうにか打開するために最後の最後に借りたい。
そう思う人は必ず100%に近い確立で借金を繰返します。本来お金は原則として「借りてはいけないも」という事を思い出してください。

90万なら必ず借金生活から抜け出せます。間違いありません。今必要なお金も借金をするくらいなら
誠心誠意、渡すべき人にお願いをして待ってもらうべきです。
誰からも借りれなかった場合、そうするしかないですよね?借りるために四方八方へ頭を下げ
もがき苦しんでる時間働いていればよかった…と必ず後で後悔します。

もう1度いいますが90万という借金の額は十分に完済可能な何でもない金額です。
今が貴方の人生の岐路だと肝に銘じてください。今、これ以上借金を増やすようなら貴方はきっと取り返しのつかない
多重債務者となって債務整理や自己破産という末路を迎える事は確実です。
今これ以上借金をしないのであれば貴方は普通の生活がきっと待っています。

今もきっとお金がない事でひどく精神的に病んでいるでしょう。でも病んでいる暇があれば働いてください。
疲れて帰宅後にすぐに眠くなるほど働いてください。そうすれば借金は気付けば完済されています。

しつこいようですが貴方の人生が目も当てられない物になるか、正常なレールに戻るかは今が大事な選択の時期です。

乱文で申し訳ありませんが、貴方は今すぐ甘えなく働きはじめれば絶対に大丈夫です。絶対に何とかなる金額です。
考える暇があれば働く。これを実践してください。それが本当の本当に1番の解決策です。信じて今すぐ働いてください。

自分もギャンブル以外の理由で21歳の時に300万まで借金をした事があります。

人間、借金を覚えてお金が無い状況になると「考える」事ばかりで行動が伴わなくなりますよね。
1ヶ月の予想収入で完済まであと*ヶ月…今月のお金はどうしよう。そう思いますよね。
結果借金を重ね、借金が膨れ上がった時にその時の事を振り返れば、その時必要としていたお金は何でもない金額だったりする事があります。

とにかくお勧めするのは「考える」事をやめろとは言いませんが、考える暇と時間があるなら
とりあえず働く...続きを読む

Q贈与とみなされてしまいますか?どうしたらよいでしょうか?

以前この場で、数年前、とある事情があり、母からお金を預かってほしいと言うことで
母の預金口座を解約し、そのお金を私が新たに開設した定期預金口座に
預けていたのですが、ほとぼりが冷めたので、私の定期預金口座を解約
し、母にお金を全額返そうと思っているのですが、このような場合でも
贈与税が発生してしまうのでしょうか?それとも、全額お金を返し、お金
の動きがわかるものを残しておけば贈与とはみなされないのでしょうか?
ちなみに認識としましては、母は私にお金を預け、私はお金を預かったと
認識しており、もちろん母のお金なので一切手を付けておりません。

と言った質問をさせてもらいました。

その時に、回答者様から、その 2つが通帳や証書などの形できちんと履歴が残っているなら、良いんじゃないですか。

と言った回答をいただきまして、いざ、返金をしようと母に解約した当時(2002年8月)
の通帳を用意してもらおうと連絡をし探してもらったのですが、探しても見つからず
どうやら、数年前に溜まった通帳を整理し、いらない通帳を処分した記憶があると
言いだし、その時にその通帳も一緒に捨ててしまったらしいのです。

そこで質問なのですが、お金の動きが分かる証拠がないのですが、母にお金を
返す際、贈与税を払うしかないのでしょうか?

それと、もうひとつ質問なのですが、昨年の夏、父が亡くなり相続税を払う事に
なったのですが、もし税務署の相続税の税務調査が入り、母から預かっている
お金の指摘を受けた際、なんと説明すれば良いのでしょうか?お金の動きのわかる
通帳を失ってしまった今、どうしたらよいかわかりません。

ちなみに母から預かっているお金は、現在もそのままにしてあります。

長文失礼しました。よろしくお願い致します。

以前この場で、数年前、とある事情があり、母からお金を預かってほしいと言うことで
母の預金口座を解約し、そのお金を私が新たに開設した定期預金口座に
預けていたのですが、ほとぼりが冷めたので、私の定期預金口座を解約
し、母にお金を全額返そうと思っているのですが、このような場合でも
贈与税が発生してしまうのでしょうか?それとも、全額お金を返し、お金
の動きがわかるものを残しておけば贈与とはみなされないのでしょうか?
ちなみに認識としましては、母は私にお金を預け、私はお金を預かっ...続きを読む

Aベストアンサー

「今考えている案として、父の相続の8割を母、
残りの1割ずつを私と兄が受け取り、残りを
数年かけて、母から贈与してもらうと言うこと
で話がまとまっているのですが、当時、母から
私が預かったお金は、そのまま私のお金とし、
そのかわり、その金額相当の贈与はいただかない。」

これで最善だと思います。
父の相続発生を奇貨として、父の相続財産にあなたの預かってる預金を含めてしまい、母に相続させてしまう手(NO3様の提案)もありでしょう。配偶者が相続する分には、まず相続税負担が増加しないからです。
しかし「事実と違う相続税申告書」という面では、後にどんな問題が発生するかわからないところに不安があります。

それよりも、父の相続を「まったく正しい方法」で行い、相続を受けた母親から、今後幾ばくかの現金贈与を受ける機会に「以前に預かってるお金があるから、その金額までは、いらない」とするのは妙手です。

Q30歳・借金250万円・貯金ゼロ・無職の客観的評価はどうなりますか?男女交際や結婚は難しいですか

30歳・借金250万円・貯金ゼロ・無職の客観的評価はどうなりますか?男女交際や結婚は難しいですか。
借金は自動車ローンと一人暮らしの生活費です。
もともと貰った給料を全額クレジットカードの支払いに充てていたので、貯金は全く出来ず、仕事を失い給料が無くなった途端に一気に借金まみれになりました。
そして生活費が払えなくなって田舎の実家に帰りニートをしています。
地元でも友達など一人も居ないので飲みに行くなら婚活パーティぐらいしかありませんが、やはり友達は出来ず私の事を悪く言う敵が増える一方です。

Aベストアンサー

自分が女性の立場なって考えてみましょう。
無職・借金まみれの人と交際したいと思いますか?
それも若気の至りの付き合うとかでなく、結婚を望む相手として。
普通の考えをお持ちの方でしたら、無理と思うでしょう。

Q贈与額(課税額)がわかりません

初めまして...

恥を凌いで質問です
去年いろいろ困っていて家族以外の人間から多額の贈与を受けました。
一気にではなく細かく分けて数十回に渡りその都度金額はバラバラです。
お恥ずかしい話ですが去年の半ばくらいまで贈与税というものを知りませんでした。
贈与のされ方は手渡しか主に振込みです。
贈与税と言うものに気づいたのは短期間の振込みで多額の額が動いていておかしく思われないのかと言う疑問から調べた事により知ったのがきっかけになります。
それからも続きました。
正直バレなければ良いという、やましい気持ちになった事もあります。
ですがもし何処かでバレた時に大変な事になってからでは遅いし誤魔化そうと言う気持ちがあったので最低だと反省しています。
なので申告がもう少しなので申告したいと思います。

ここで問題であるのが
タイトルに書いてあるように課税額がわからない事です。
大まかにはわかっているのですが振込みだけが全てではないのではっきりと細かい数字がわかりません。
しっかりとメモをしてなかった自分の自業自得だと思っています。
しかし、どうすれば良いのかわからず困っています。
こういう場合は大まかにわかる数字だけで良いのでしょうか?

あとまた恥かしいお話ですが大まかに計算しただけでも納税額が多過ぎて50日以内ではとてもではないですが払えません...
支払う気持ちはあります...

こう言った場合どのようにすれば良いのでしょうか
もし過ぎてしまった場合、どうなってしまうのでしょうか

自分のした事なので自分で考え行動するべきなのかもしれないのですがこんな事をしてしまうくらい頭が悪いのでいろいろ調べてはいるのですがわかりません..
どうかこんなどうしようもない自分ですが皆様の知恵を貸して居ただけると幸いです

初めまして...

恥を凌いで質問です
去年いろいろ困っていて家族以外の人間から多額の贈与を受けました。
一気にではなく細かく分けて数十回に渡りその都度金額はバラバラです。
お恥ずかしい話ですが去年の半ばくらいまで贈与税というものを知りませんでした。
贈与のされ方は手渡しか主に振込みです。
贈与税と言うものに気づいたのは短期間の振込みで多額の額が動いていておかしく思われないのかと言う疑問から調べた事により知ったのがきっかけになります。
それからも続きました。
正直バレなければ...続きを読む

Aベストアンサー

お困りのようなので少し具体的に..

振込みを受けたのはすべてもらったものということでいいのでしょうか? 返さなくてもいいものですか? 相手もそういう認識で間違いないですか? 返さなければいけないものはもらったものではないので、贈与にはあたりません。通帳の入金(振込み、現金入金も)を一つ一つ誰から(どこから)の入金か調べ、金額を集計し、もらったものという認識でいいのか確認しましょう。
返す必要のあるものは、借りたという記録を作っておいてください。

家族以外というのは、同居していない親兄弟も含まないということでよいでしょうか。親からの生活費の援助は贈与にはあたりません。

それで最終的にもらったものと認定できる金額が贈与を受けた金額ということでいいと思います。

Q借金、無職。俺はもう・・・

借金130万、無職、貯金0。28歳、実家東京武蔵野地区。
貯金0。日払いか週払いのバイトを探しています。
週払いで警備のバイトがありましたが、研修があると書いてあり、
不安です。研修はお金を即金でいただけるのでしょうか。
なにか日払いないですか?
借金は司法書士に相談しに行く予定です。
貯金がないので、動けず、つらいのです。
俺はもう・・・

Aベストアンサー

♯8です。 コミュニケーション能力とか何とか‥そういったものは経験することで身についていくものです。声が小さいとかそんなのも言い訳であって、人間その気になればいくらでも出せます(経験談)。やってもみないで自分は出来ないからとか、こういう人間だからって自分で殻に閉じこもってるようでは何をしても言い訳して逃げて続かないですよ。あと、通勤に車なんて甘いです。歩いてでも行くのが当然! 歩いたりチャリ使ったりお金使わない方法なんていくらでもある。距離なんて関係ない。間に合うように早く出ればいいだけ。お金がないならそれに見合った生活するのが当たり前で、車なんて言ってるようでは本気さが感じられませんよ。追い詰められてる人間ならなおさら歩いてでも通勤しています。車、維持費かかりますからね。きちんと就職出来てから考えたほうがいいですよ。

Q贈与税について 土地評価額7,524,000円 家屋評価額2,234,105円 木造 平成15年4月

贈与税について

土地評価額7,524,000円
家屋評価額2,234,105円
木造 平成15年4月建築

上記の贈与を他人から受ける際、
贈与税はいくら位でしょうか?

又、参考になるか分かりませんが、
司法書士に査定して貰った
所有権移転登記の際の不動産取得税は
180,000~250,000円と言われました。

Aベストアンサー

土地は路線価で評価額を求めてください。
下記から住所を割り出すとだいたいの所が
分かりますよ。
http://www.rosenka.nta.go.jp/

生前贈与より亡くなった後の贈与(遺贈)の
方が、おそらくかなり得になると思います。
その場合、相続税がかかり、かつ2割増し
となりますが、それでも得だと思います。

しかしそれは贈与者(または被相続人)の
全財産(遺産)がどれぐらいになるかに
よると思います。

また、所有者と養子縁組をすることで、
相続の確実性も高くなり、相続税も
優遇されることになります。

いかがでしょうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報