by whichやin which のように関係代名詞の前に前置詞がつくのは,
どのようなときなのでしょうか?
そのような文でby や in を省略すると間違いになるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

たとえば次のようなときです。


I have a box.
Much money is in it. (itの代わりにthe boxでもよい)
この2つの文を関係代名詞でつなげます。
すると、次のようになります。
I have a box in which much money is.
つまり、下の文のitがwhichにかわって、itについていたinとともに、前に出たという感じです。
前置詞+関係代名詞は、in+代名詞のような文を関係代名詞でつなぎたいようなときに使います。

この文で、前置詞を省略すると、文法的には、間違いになります(試験では点がもらえない)が、実際の英会話では、なくても通じます。(もちろん、ないことによる誤解は生じるかもしれませんが・・・)実際、一般の英語圏の人にこの文法を使って話しても、通じないこともあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

簡潔かつ実用的な回答をありがとうございます.
英作などで短い文章を並べると格好が悪かったり,
不自然だったりするので関係代名詞は欠かせないので助かりました.

見た目もなんとなくwhichよりもby which とかしてた方が,
英語らしくてかっこいいとか思ってしまいます.
これから実際に使っていきたいと思います.
ありがとうございました.

お礼日時:2001/02/09 17:03

ニュージーランドの大学に勤務する日本人です。

これは、関係代名詞の組み立て方を考えるとわかりやすくなります。以下の例で説明してみましょう。

 (それぞれ、別の文章で)
 1:私は黒の財布を持っている。
 2:私はその中にいつも一万円入れている。
  ↓
 (関係代名詞でつなげて)
 3:私は黒の財布を持っているが、
   中にはいつも一万円入れている。

まず1の文章は、次のようになります。

 I have a black wallet.

続いて2の文章は、こうなります。

 I always keep 10,000 yen in it.

"it"="the black wallet"ですから、こう書いても構いません。

 I always keep 10,000 yen in the (black) wallet.

さて、この二つの文章を一つにまとめるわけですが、関係詞というのは「二つの文章の共通点をもとにくっつける」わけですから、上の二つの文章の共通点をくっつけやすいように、語順を変えてみましょう。

 I have a black wallet.
 In it I always keep 10,000 yen.

この二つ目の文章の"it"は、その前にある言葉(即ち「先行詞」)と同じものですから、ここを関係詞に置き換えましょう。

 I have a black wallet
 in which I always keep 10,000 yen.

これでできました。次の例でも確認してみましょう。「私たちは一緒に働くうえで、規則を定めなくてはならない」というのはどう言えばいいでしょう。

 We need to set some rules.
 We will work together by the rules.

ここでは「規則」という部分が共通しますから、それを隣り合うように並べると、

 We need to set some rules.
 By the rules we will work together.

それから、二つ目の「規則」という部分を関係詞で置き換えると、

 We need to set some rules
 by which we will work together.

いかがでしょうか。なぜ in や by が必要なのか、ご理解いただけたでしょうか。関係詞は「もともと二つあった文章を一つにつなげるもの」というのがミソです。もとの二つの文章を考えれば良いのです。

さて、この「前置詞プラス関係詞」の前置詞は、二つめの文章の終わりに残しておいてもかまいません。次の例はともに別解として文法的には正しいものです。ただ、少なくとも会話上では、あまり使われないような印象があります。

 I have a black wallet
 which I always 10,000 yen in.

 We need to set some rules
 which we will work together by.

また、最初の文章では「私は財布を持っている。その中に常に一万円入れている」というように、場所を示す部分が関係詞になっていますね。こんなときは、「関係代名詞」でなくて「関係副詞」を使ってもかまいません。

 I have a black wallet
 in which I always keep 10,000 yen.

 I have a black wallet
 where I always keep 10,000 yen.

いかがでしょうか。「前置詞プラス関係代名詞」が「関係副詞」に代わっていることがおわかりでしょうか。

以上、長々とご説明いたしました。他の皆さんのご意見もご参考になってください。お役に立てれば幸いです。頑張ってくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細かつ専門的な回答ありがとうございます

>もとの二つの文章を考えれば良いのです。

もっともな御意見を頂き感謝いたします.
これから英作において,正しく使えると思います.
ただ,会話の中で使おうと思うと慣れが必要になってくるでしょうね.
回答ありがとうございました.

お礼日時:2001/02/09 17:08

He found the box. I hid my money in the box.



をひとつの文にすると

He found the box that I hid my money in.

になりますが、which を使うと the box を目的語とする in が which の前に来て、

He found the box in which I hid my money.

となります。つまり which が in の目的語の役割をするのです。
また、

The car is my father's.
I go to school by my faher's car.

をひとつの文にすると、

The car by which I go to shool is my father's.

つまり、ある目的語を伴った前置詞は関係代名詞を使った文になると関係代名詞を目的語としてその前に付くのです。この文の場合は、
The car by which I go to school までが主語です。
「私が通学に使っている車は父のものです。」となるのです。
もっと分かりやすく説明すると、

This is the pen. He wrote the novel with the pen.

そのペンは彼が小説を書くのに使ったペンですから、pen の前置詞が with が which の前に来て、

This is the pen with which he wrote the novel.

となるのです。
    • good
    • 0

私の持っている辞書には、以下の例文があります。


My grandfather liked to walk in the park,in which there were many cherry trees.
(祖父はその公園を歩くのが好きだった、そしてそこには桜の木がたくさんあった)
とあります。

関係代名詞は、あくまでも『代名詞』であり、『副詞』ではないから、副詞的役割をもつ、前置詞は省略できないと思います。
日本語でも、「そこ、桜の木がたくさんあった」では、日本語に不慣れな外国人(外国人を馬鹿にしているわけではありませんが)のようになってしまうと思いますよ。

因みに、前置詞を関係代名詞を前に置く場合は、関係代名詞を省略できないとも書いてあります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q関係代名詞whichとthatの違い

関係代名詞whichとthatの違いがよく分かりません。
どちらでもいいような気がします。

あるテキストの問題で、
She prefers to watch movies ( ) makes her cry.

( )内は、thatが正解で、whichだと間違いでした。

なぜなのでしょうか?

Aベストアンサー

文法的にはどちらでも間違えではないと思います。
しかし、実際の活用としてはやはりthatでしょう。

thatはそれが指す名詞を単に説明するのに対し、whichはその名詞が何か動作をするニュアンスが強くなります。

この例文の場合、彼女は映画が好きです。その映画というのは彼女を泣かすような映画です。といろいろある映画のなかでそれを説明する役割がthatです。

She saw a movie () made her cry.
この例文は、彼女は映画を見た。それは彼女を泣かせた。関係代名詞の後ろが結果となっているので、この場合はwhichの方がふさわしいです。

Q前置詞+関係代名詞 the society in which one lives it

To be educated also means to understand something of how to make our intentions
effective in the real world, of how to apply knowledge to the life one lives and
the society in which one lives it. The aim of education is the acquisition of the art of
the utilization of knowledge.

3行目、
前置詞+関係代名詞の部分なんですが
前から
『社会、その社会で人が生活する』(訳ではありません)
と読んだんですが、
最後の it がわかりません。


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

the life one lives
ここの部分は目的格の関係代名詞が省略されています。
the life which/that one lives
ここで one lives the/one's life という関係が成り立っています。
すなわち、live の目的語として life です。
live は普通は自動詞ですが、同族目的語として life を目的語にとります。

live a happy life で「しあわせな生活を送る」
日本語では「送る」とでも訳せばいいですが、英語では live が動詞です。
dream a dream で「夢を夢見る」のようなものも同族目的語です。

the life one lives で「人が送る生活」

そして、the society in which one lives it の it は one's life で
「人が生活を送る社会」です。

one lives one's life in the society という関係です。

Q関係代名詞のwhichが使えずに、thatしか使えない場合って?

先行詞が"複数形"の物の場合、関係代名詞はwhichではなくthatしか使えないのでしょうか?Web(アメリカ英語)にそのように書いてあるページがありました。
また、whichしか使えない(非制限用法の場合は知っているので除きます)、あるいはthatしか使えない場合はどのようなときでしょうか?

Aベストアンサー

> アメリカ人の添削で指摘されるのは、複数形の時に、whichを使っていてthatに変えられる場合です。(私の英文原稿が拙いだけか... ^^;)
あるひとりの方の個人的経験を書いておられるだけですね。
「先行詞が"複数形"の物の場合、関係代名詞はwhichではなくthatしか使えない」ということに特に根拠があるとは思えません。

Qin which→by which

以下のin whichはby whichにしたらダメですか?

Sky gazers also observed a phenomenon called the diamond ring, in which sunlight glows like a ring just before and after the moon blocks the sun.

Aベストアンサー

ダメだと思います。

diamond ringというphenomenonによって(=by)、お日様がringのように光るわけではないですよね?
diamond ringというphenomenonにおいて(=in)、お日様がringのように光るわけです。

Q関係代名詞のthatとwhich, whomの違い

なぜ関係代名詞のthatは、whomやwhichと違い、前置詞の直後に置くことはできないのですか?

〇 This is the city in which I was born.

× This is the city in that I was born.

〇 He is the actor to whom Ann sent a fan letter.

× He is the actor to that Ann sent a fan letter.

という風に、なぜthatは前置詞の直後に置いてはいけないのですか?その理由を教えて下さい。

Aベストアンサー

単にthat は指示する力と言うか、先行詞との一体感が強いからでしょう。

that はもともと指示代名詞であり、the book that Tom wrote のように、先行詞を言い換えているわけです。

先行詞との一体感が強いのは、thatが制限用法にしか使えないことにも表れていると思いませんか。非制限用法は、基本的に意味の付けたしであり、そのために、疑問詞と同じ関係詞が使われるわけです。

That student, who is good at playing baseball, comes from Narashino. 「あの生徒、野球が得意なんだけど、習志野出身なんだ。」

疑問詞が、基本的にそこにはないものを聞くときに使う、つまり、前後の文脈には関係のない、前後の文脈からは推測できない時に使うということと同じこととも言えます。

つまり、疑問詞と同じ形の関係代名詞はそれだけ先行詞からの独立性が高いということですね。もちろん、これは比較の問題であり、that と比べると、which, who は先行詞からの独立性が強いという意味です。

そして、前置詞+関係代名詞 という形では、先行詞と関係代名詞の直接的な一体性、関係性が出てきませんから、前置詞+that という形は好まれないのです。

単にthat は指示する力と言うか、先行詞との一体感が強いからでしょう。

that はもともと指示代名詞であり、the book that Tom wrote のように、先行詞を言い換えているわけです。

先行詞との一体感が強いのは、thatが制限用法にしか使えないことにも表れていると思いませんか。非制限用法は、基本的に意味の付けたしであり、そのために、疑問詞と同じ関係詞が使われるわけです。

That student, who is good at playing baseball, comes from Narashino. 「あの生徒、野球が得意なんだけど、習志野出身なんだ。...続きを読む

Q前置詞~までの意としてのby,till,untillについて

それぞれの違いについて教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

afraidmanさん、こんにちは。
綴り訂正しますね。untilに。
tillとuntilは同じ意味です。訳すると「まで」・5時までいるとか、1時まで起きてたとか。

byは「までに」・3時までにとか、月曜日までにとか、タイムリミットある感じ。

こないだ、途中から見ていたNHKの100語でスタート!英会話でやっていた「at this time, usually by three.」(この時期はだいたい3時までだな)
という訳がしっくりきません。確か客が店のしまる時間を訊いて、その答えを店員が言っていたと思うのですが、なぜここでbyなのか。。。3時までには店に戻ってこいという意味だったのかもしれません...。(自己解決)
それにしては文が不完全すぎ。


↓ここ読むとよく分るよ。

参考URL:http://www.wako.ac.jp/bungaku/teachers/nomura/nomura004.html,http://www.alse-net.com/column/grammar/toeic/by-until.htm

afraidmanさん、こんにちは。
綴り訂正しますね。untilに。
tillとuntilは同じ意味です。訳すると「まで」・5時までいるとか、1時まで起きてたとか。

byは「までに」・3時までにとか、月曜日までにとか、タイムリミットある感じ。

こないだ、途中から見ていたNHKの100語でスタート!英会話でやっていた「at this time, usually by three.」(この時期はだいたい3時までだな)
という訳がしっくりきません。確か客が店のしまる時間を訊いて、その答えを店員が言っていたと思うのですが、なぜここでbyなのか...続きを読む

Q関係代名詞のwhichとthatの違いについて

中学校の範囲から勉強しなおしている社会人です。
関係代名詞のところを勉強し始めたのですが

The book that I read last night is my brother's.

問題集の並び替え問題で上のような文が答えでした。
目的格は「人 who」 「物 which」 「人・物 that」と説明がありますが
上の答えのような分では何を基準にwhich that を選ぶのでしょうか?

Aベストアンサー

>The book that I read last night is my brother's.

 これですと、thatをwhichに変えても、特に相違はありません。人の場合だと、who/whom(whom文語的であまり使われない)ですが、以下、whichと同様です。

 関係代名詞thatは、which, whoより、名詞に結びつく感じが強いです。だから、たとえば非制限用法と呼ばれる、

 I like cats, which are cute.(猫は可愛いから好きだ。→猫なら可愛いという前提がある)

で、thatは使いません。catsとのつながりを弱めたいためにカンマを置いているので、強く結びつくthatでは不適切です。それがカンマのない制限用法と呼ばれる、

 I like cats which/that are cute.(可愛い猫だけが好きだ。→可愛くない猫もいるという前提がある)

と違うところです。

 さらに、何らかの強調があれば、thatであるべきということもあります。

The most interesting book that I read last night was my brother's.
「昨夜読んだ本の中で一番面白かったのは、兄の本だった。」
That is the book that I read in the library yesterday.
「それが昨日図書館で読んだ本です。」(強調構文と呼ばれる言い方)

 特に後者は決してwhichは使いません。

 前置詞を関係代名詞の前に置くことがあります。at whichとか、with whom(この用法ではwith whoは使えない)などです。

 この場合は、名詞との間に前置詞が挟まる形になりますので、前置詞が「邪魔」するために名詞と強く結びつくthatは使いません。

>The book that I read last night is my brother's.

 これですと、thatをwhichに変えても、特に相違はありません。人の場合だと、who/whom(whom文語的であまり使われない)ですが、以下、whichと同様です。

 関係代名詞thatは、which, whoより、名詞に結びつく感じが強いです。だから、たとえば非制限用法と呼ばれる、

 I like cats, which are cute.(猫は可愛いから好きだ。→猫なら可愛いという前提がある)

で、thatは使いません。catsとのつながりを弱めたいためにカンマを置いているので、強く結び...続きを読む

Q関係代名詞:先行詞と同じ前置詞は省略?

英文を書いていて混乱したので質問します。

When you have an accident in the status, in which accidents couldn't be occurred, …


上記のような文があった場合、前置詞inはyou have という文の前置詞であり、またaccidents couldn'tの文の前置詞でもあるのですが、inを2回も持ち出さずに

When you have an accident in the status which accidents couldn't be occurred, …

とすれば良いのでしょうか?

非常に基本的な内容だと思いますが、混乱しています。

ご回答をお願いします。

*実際に作っている文は少々異なるのですが、質問するために質問部分を含んだ文を作成しています。

Aベストアンサー

I still live in the house in which I was born and brought up.
house という先行詞に対して,主節は live in the house, 関係節は was born ... in the house
と in という前置詞が共通していますが,先行詞につく前置詞と,関係詞につく前置詞は別物です。

live in the house, was born in the house
別々でたまたま同じ in というだけ。

This is the house in which I was born.
前に前置詞がないときもあれば
I live in the house which my father built.
前にはあって,後ろにはないときもある。

you have an accident in the status
あなたがある状況で事故にあう
この部分のために in は必要,「状況で」だから。

そして,in は無視して,the status という先行詞について,
accidents happened in the status「そういう状況で事故が起きた」
で説明するのが
the status(,) in which accidents ocurred です。
「状況で起きた」だから in が必要。

in the status ときて,which しかないと,the accidents とか they/them
と言っているだけでので,
accidents happened とはつながらないのです。
Accidents happened IN the status.
この in がないと節内で英語としてつながらない。

とにかく,関係詞というのは関係代名詞にせよ,関係副詞にせよ,
先行詞である名詞の代わりなのであって,先行詞の「前」についている前置詞は無視して
後についてみないとだめです。

それぞれで in が必要なのであって,これを1つで共通とか,省略ということはできません。

Do it in the way I do.「私がするようにそれをしなさい」
ここで in the way の in は省略可能です。
これは関係詞とは関係なく,the way SV で接続詞 as のように「~するように」
と使えるので in がなくてもよい。

こういう in の省略は別です。

I still live in the house in which I was born and brought up.
house という先行詞に対して,主節は live in the house, 関係節は was born ... in the house
と in という前置詞が共通していますが,先行詞につく前置詞と,関係詞につく前置詞は別物です。

live in the house, was born in the house
別々でたまたま同じ in というだけ。

This is the house in which I was born.
前に前置詞がないときもあれば
I live in the house which my father built.
前にはあって,後ろにはないときもある。

you ha...続きを読む

Q関係代名詞thatを使うときに、先行詞にwhich、who、whatなどの疑問詞がくることはあります

関係代名詞thatを使うときに、先行詞にwhich、who、whatなどの疑問詞がくることはありますか?

Aベストアンサー

あります。

Who came here that didn't want to?

〜の誰(が)
とかかります。

who や which が重ならないように that が好まれると説明されます。

Q関係代名詞 in which

問題集で関係代名詞のところを勉強したのですが、
in whichというのが出てきました。
whichと何が違い、どう使い分ければいいのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは!

関係代名詞の前に前置詞が来るのはよくありますよ!

(節A:  先行詞)+(前置詞+関係代名詞...:節B)

こういう感じです。このとき、関係代名詞=先行詞という関係が
ありますので、関係代名詞の部分に、先行詞を入れますと、
(節B)部分が、1つの文として態をなすはずです。

例)This is the house 【in which】he was born.
  「これは彼が生まれた家だ」

節A:This is the house.
節B:in which (=the house) he was born.→In the house he was born .

もし、「これは彼が好きだった家だ」でしたらどうなりますか?

節A:This is the garden.
節B:He loved the garden.

the gardenが共通項ですから、節Bのthe gardenを whichとして、which を、前に持っていけば、

This is the garden【which】he loved.

という文ができ、前置詞は現れませんね。

つまり、in のような前置詞が使われるかどうかは、節Bで、前置詞を必要とするかどうかで決められるというわけです。

たぶん、また問題が出てくるでしょうから、その時、具体的な問題でお聞き下さればと思います。

こんにちは!

関係代名詞の前に前置詞が来るのはよくありますよ!

(節A:  先行詞)+(前置詞+関係代名詞...:節B)

こういう感じです。このとき、関係代名詞=先行詞という関係が
ありますので、関係代名詞の部分に、先行詞を入れますと、
(節B)部分が、1つの文として態をなすはずです。

例)This is the house 【in which】he was born.
  「これは彼が生まれた家だ」

節A:This is the house.
節B:in which (=the house) he was born.→In the house he was born .

もし...続きを読む


人気Q&Aランキング