最大1万円超分の電子書籍プレゼント♪

物事を紹介するという時

1) I shall introduce what I saw yesterday.

2) I shall introduce about what I saw yesterday.

とaboutがつく、つかない、というのはどちらが正しいのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

A 回答 (3件)

はじめまして。



ご質問1:
<aboutがつく、つかない、というのはどちらが正しいのでしょうか?>

つかない、です。

1.introduceは目的語を直接とる他動詞ですから、目的語には前置詞は不要です。

2.他動詞の中には、目的語の訳し方が必ずしも「~を」にならない動詞も多く、前置詞が必要?という錯覚をするものがあります。
例:
discuss it(O)
discuss about it(X)
「それについて議論する」


ご質問2:
<物事を紹介するという時>

1.日本語で「紹介する」となっていても、文脈から「紹介」の意味をとらえ、正しい動詞を使う必要があります。

2.introduceが「紹介する」の意味で使われる場合は、
(1)「ある人」を紹介する
(2)文化などを「導入する」
の意味になります。

3.従って、ご質問文にあるような「物事を」紹介する場合は、introduceはそれをどこかに「導入する」「持ち込む」「取り入れる」「輸入する」といたニュアンスでしか使うことはできません。


ご質問3:
<1)I shall introduce what I saw yesterday.>

上記のルールに従えば、ここでのintroduceは日本語訳とは若干ずれがあるように感じます。

1.もし、「昨日見たことを何かに取り入れる/導入する」といったニュアンスなら、intorduceも使えます。

2.ただ、昨日見たことを単に「話す」「教える」「知らせる」といった意味での「紹介する」であれば、そのままの動詞を使う方が伝わります。
3.以上の意味での訳例は
I’ll tell you what I saw yesterday.
I’ll show you what I saw yesterday.
I’ll let you know what I saw yesterday.
「昨日見たことをあなたに教え/知らせましょう」
などになります。

4.また、talkを使えば、aboutが必要です。Talkは目的語をとらない自動詞なので、対象となる名詞には前置詞が必要なのです。
例:
I’ll talk about what I saw yesterday.
「昨日見たことについて、お話しましょう」

5.また「紹介する」=「お披露目する」といったニュアンスなら、showの他にpresentなども使えます。

以上ご参考までに。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

非常に詳しい解説ありがとうございました。

お礼日時:2008/05/10 11:11

訂正です。



× introduce about 10000 stories what I saw this year
○ introduce about 10000 stories (that) I saw this year
    • good
    • 0

introduce は他動詞なので例文のような前置詞の about は用いられないです。


ただし、副詞の about で「約」の場合、introduce about 10000 stories what I saw this year などは「約1000の話」となりOKです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

google検索ででてくるintroduce aboutの使い方も間違って
いるとのことを過去の質問と回答で知りました。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/05/10 11:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング