【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

メールで先方の方に文章の最後で一言
「これから冬がくるが体に気をつけて」と敬語で書きたいのですが、
冬がやって参るのでというのはおかしいでしょうか?
教えて下さい。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

「直子の代筆」というサイトに「結びの挨拶一覧」があります。



>寒気厳しきからお体にお気をつけてに持っていくためにどういう文章にするとよいでしょうか

寒気厳しき折、お体ご自愛ください。でよいと思います。
相手の体をいたわる言葉は、10月にこだわらず、他の月にも微妙に異なるバリエーションがありますし、いろいろ眺めていると使い方がつかめると思いますので、探してみてください。

参考URL:http://web.teglet.co.jp/naoko2/index.php
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>寒気厳しき折、お体ご自愛ください
この文はかっこいいですね。是非使わせていただきます。

有り難うございました。

お礼日時:2002/10/25 13:35

敬語には、謙譲、尊敬、丁寧があります。


これらは動作主体をあがめる(尊敬)、又はへりくだる(謙譲)ものと、丁寧に言うだけのものがあります。

冬がやって参る

は×です。理由は「冬」に謙譲語の「参る」を使うことがおかしいのです。(動作主体が冬ですから)
基本的に尊敬/謙譲語は人間に対して使います。

冬がやって来るので

この場合尊敬も謙譲も使えませんので、

冬がやって来ますので

と「来る」→「来ます」と変えることで丁寧にします。

あいさつ文としては先の解答のように他の言い方のほうがより好ましいのですが、ご質問に対するお答えと、基本的な敬語の使用方法についてアドバイスさせていただきました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

確かに「冬」に謙譲語はおかしいですよね(苦笑)

基本的な敬語の使用法についてのアドバイス勉強になりました。
有り難うございました。

お礼日時:2002/10/25 13:37

寒中見舞などでは「季節柄お体ご自愛下さい。

」といった言いまわしを使ったりします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>季節柄お体ご自愛下さい。
先方の方が全く同じことを書いていました。なので真似する訳もいかず・・
有り難うございました。

お礼日時:2002/10/25 00:20

たとえばgooのトップページで「時候の挨拶」で検索をかけてみましょう。



http://www.f7.dion.ne.jp/~saiki/greet.htm
http://www2.maruni.co.jp/life/html/jikou/jikou.h …
http://www.hi-ho.ne.jp/asawa/letter.htm
http://www.stuc.net/postcard/jikou.html
http://takkenfi.infoseek.livedoor.com/jikouaisat …
http://www.tamagoya.ne.jp/manner/012.htm
http://www.kenbisha.co.jp/jikou.htm

好きなのを使ってください。
出来れば一ひねりできるといいんじゃないかと思いますけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こういうサイトがあるんですね。
覗いてみました。日本語って難しいですね。
一ひねりできるようになるまでとりあえずパクっていきたいと思います。(笑)

有り難うございました。

お礼日時:2002/10/25 00:18

敬語であればそういった直接表現よりも、


「寒気厳しき」など、間接表現の方が好ましいのでは?

余計なことかもしれませんが..。

この回答への補足

早速回答有り難うございます。
寒気厳しきからお体にお気をつけてに持っていくためにどういう文章にするとよいでしょうか。
質問に質問を重ねて申し訳ありません。

補足日時:2002/10/22 00:54
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの参りましたの使い方(敬語)あっていますか?

実感がわいて参りました。
この参りましたの使い方(敬語)あっていますか?

Aベストアンサー

「参る」には【行く】【来る】【負ける】【当惑する】【疲れきって】【心を奪われる】などの意味があります。

「そちらに参ります」は「そちらに行きます」になりますが、
特に「私は参りました」は「私は行きました」にも「私は負けました」にも「私は来ました」にも、その他、上記の意味のすべて(困りました、疲れました、心を奪われましたなど)に当てはまってしまいます。

ですから、例文「実感がわいて参りました」は、【実感がわいてきました」の意味として正しい使い方になります。

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q「やっていきたい」は「やってきたい」に省略できるの

外国人です。どうぞよろしくお願い致します。

「Vています」は多分「Vてます」に省略できると思います。が、「Vていきます」は「Vてきます」に省略できるかどうかは分かりません。なぜならば、「Vてきます」は「Vてくる」の丁寧形だと思うからです。

そういうことで、私の質問は:「Vていきます」は「Vてきます」に省略できますか?例えば、「やっていきたい」は「やってきたい」に省略可能ですか?

どうか教えてください。

Aベストアンサー

口頭で喋る(或いは話す)時には それでも構わないが 文章(文字)にする場合は 別の意味に なり易い

Q「~してきた」の敬語はどう表せばよいのでしょうか?

「~してきた」の敬語はどう表せばよいのでしょうか?


例えば、


「この半年間、~君の作品を見てきたんだけど…」

の丁寧語、謙譲語、尊敬語はどう表せばよいのでしょう?


「この半年間、~さんの作品を見させて頂いてきました…」

ですかね?

Aベストアンサー

相手とあなたとの齢の差、社会的身分の差により、幾つかの言い方がありますが、一般的で無難な例をお答えします。

「~してきた」
 ~して参りました。

「この半年間、~君の作品を見てきたんだけど…」
1;この半年間、○○さん(様)の作品を見て参りましたが・・・
2;この半年間、○○さん(様)の作品を拝見してきましたが・・・

Q『その旨を伝え』という言葉の意味&読み方を教えて下さい・・・・。

よくみなさん、
内容を言ってから、『その旨を伝えて~して下さい』
などと、文章で書いたりしていますが、

『その旨を伝える』という言葉の意味と、読み方がわかりません・・・・。

読み方は『そのむねを伝える』でしょうか?
意味は『その内容を伝える』ということでしょうか?

一度こんな言葉を使ってみたいものです。

すみませんが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ご理解なさっている内容で間違いありません。

が、もし言葉の読み方や意味で悩んだら、一度辞書で調べてみては、と思います。
ネット上でもyahoo辞書などがあり、十分調べられます。

「旨を伝える」ですが、「伝える」の意味はご存じのようですから、
「旨」を調べてみて下さい。ネットなら読み方が分からなくてもコピー&ペーストでいけますね。
「旨」は(述べたことの)中心や趣旨となります。
単に中心という意味もありますし、質問者様のおっしゃるように「内容」という意味もあります。

ですから、例えば電話を受けていた人が「上司にその旨を伝えます」と言っていたら、電話の相手の言っていた内容を上司に伝えるということですね。

Q「ご依頼する」の使い方 日本語の使い方について

部外用の文書での敬語、丁寧語の使い方で質問です。
相手方からの依頼は、「ご依頼の件」や「ご依頼いただきますよう・・」などと表現するのはわかりますが、こちらからのお願いについて、「ご依頼いたします」という言い方は正しいのでしょうか?。「ご依頼する」という表現がなんとなく引っかかるのですが。上司がこの表現を使って対外文書を出そうとしているのですが、間違っていたら恥ずかしいので調べております。
どなたかお詳しい方ご教示をお願いいたします。

Aベストアンサー

No.4です。
補足とお礼を拝読しました。
私もNo.5さんのおっしゃる通り、基本的には意見の違いは無いと思います。
ただ問題は「依頼」の漢語サ変動詞の場合に「ご」をどうするかという事になります。
これ(「ご依頼」の謙譲)は非常に難しく、「痛い所をつかれたな」(笑)という非常にいい質問だと思います^^。

まず整理すると相手の「依頼」に対する「ご」をつけた謙譲語や尊敬語は問題ないと思います。
問題は自分が「依頼」する時ですね。


「依頼」は「用件を頼む事」という名詞です。
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E4%BE%9D%E9%A0%BC&dtype=0&dname=0na&stype=0&pagenum=1&index=01409001211000
「する」をつけて漢語のサ変動詞「依頼する」です。

これに「ご」をつける場合、
・相手が「依頼」する時は
「ご依頼いただく」「ご依頼くださる」と謙譲も尊敬も使えます。
・自分が「依頼」する時は
「〇〇のご依頼」「ご依頼する」「ご依頼します」などと「ご」は付けません。
「〇〇の依頼」「依頼する」「依頼します」です。

理由として「依頼」は相手に向いていますが、相手を立てるものではないからです。
参考------------------------------------------
・「日本語なんでも相談室」:Q&A
http://nihongo.ashir.net/qandaDisp.php?id=152
[「質問」「依頼」は、その行為自体は相手に向かっていますが、話し手の一方的な行為であったり、相手にとって恩恵をもたらしたりしていませんから、謙譲語は使えません。]

・メールマガジン【 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法 】:「ご依頼」その2< 敬語の使い方(2)
http://blog.livedoor.jp/kamigaki2005/archives/51463425.html
[ですが、自分からの依頼や質問などは、
 自分から発する動作であり、相手を立てるものではないので、
 謙譲の「ご(お)」は不要です。]

・教えてgoo:「[ご]の使い方について」
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3394656.html
回答No.3
[ご質問文の中の例からは、「ご理解」「ご依頼」は謙譲の用法はありません。]
----------------------------------------------

上記は『自分がする「質問」「依頼」』などに謙譲の「ご」はないとするものです。
(余談ですが上に挙げたように「敬語の指針」は私も参考にしています。
ただ以前から「ここは誤解を招きそうな表現だな」と思っていたのですが、
謙譲語 I は「向かう先を立てているもの」を謙譲語の中でI・IIと分類したものです。重要なのは「立てている」事です。
つまり「”向かう相手”がある言葉」が[謙譲語 I ]なのでなく、「”向かう相手”を立てている言葉」が[謙譲語 I ]です。誤解のないよう^^。
例えば謙譲語 II の「申す」は相手がいますが立ててないので「II」になります。
「敬語の指針」39ページ「自分側に「お・御」を付ける問題も
「自分の動作やものごとでも,それが<向かう先>を立てる場合であれば」となっています。)
(別件「ご説明」は謙譲語として問題ないと思います。)


これを踏まえて、あえて「ご」を付けて使用する場合は
専ら「ご依頼申し上げる」と使います。「ご依頼する」は使いません。
(難しいのは謙譲の「ご依頼する」は使わないという事で、謙譲語ではない常体の(普通の)「依頼する」「依頼します」は使うという事です。)

参考------------------------------------------
Yahoo知恵袋:『依頼という言葉にごをつけると丁寧語になるのか?』
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1415757794
ベストアンサーの中の
[(注)「ご依頼」は、名詞や、謙譲語 I の一般形「ご~する」の形では用いられず、専ら謙譲語Iの
ほかの一般形「ご~申し上げる」の形で用いられます。]

Yahoo知恵袋:『致しますと、申し上げます の違いは? 「お願い致します」と、「お願い申し上げま...』
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1317159548
 補足2の中の
[「お/ご~申し上げる」は、同じ謙譲語Iである「お/ご~する」とほぼ同じ意味・用法を持ちます。その両方が使える場合(「ご連絡申し上げる」と「ご連絡する」など)が多く、その場合は「お/ご~申し上げる」の方が敬度が高いといえます。
ただし、その一方しか使われない語もあります。例えば「依頼(する)」の場合、「ご依頼申し上げる」
とは言いますが、「ご依頼します」という言い方はしません。]
----------------------------------------------

上記参考URLのように、私も「ご依頼申し上げる」はよく見ますし違和感はないです。
自分側からの「ご依頼」については既出の「敬語の指針」の中の
http://www.bunka.go.jp/1kokugo/pdf/keigo_tousin.pdf
27ページ 謙譲語Iの【一般形の主な例】「お(ご)……申し上げる」
の形しか使わないと理解しています。

(ちなみに「申し上げる」は「言う」の謙譲語ではなく、「~する」の場合の行為の対象を敬う、敬意が高いほうの「~申し上げる」です。
Yahoo辞書「申し上げる」
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E7%94%B3%E3%81%97%E4%B8%8A%E3%81%92%E3%82%8B&dtype=0&dname=0na&stype=0&pagenum=1&index=20252818189000
「日本語オンライン」BBS
http://nihongo-online.jp/bbs/discuss.cgi?id=01&mode=part&page=0&num=582&sort=1&back=tree
              )



ではなぜ「依頼」は「ご依頼申し上げる」だけは使うのかと考えた時に、その理由としてNo.4に書いたように、「相手がどう取るか」「尊敬語と混同しないか」と言う部分があり、尊敬語と混同された場合に自分の行為に「ご」をつけて「ご依頼する」とは非常に不遜な態度となります。
なので相手への最上級の敬意を持った「申し上げる」では明らかに謙譲の「ご」と分かり、混同されないので「ご依頼申し上げる」は使うのではないかと思います。
つまり”特別”に「ご依頼申し上げる」はOKという事です。



次に「ご依頼いたします」という「ご~いたす」についてですが、
これは「敬語の指針」
20ページ------------------------------------------
[【補足イ:謙譲語Iと謙譲語IIの両方の性質を併せ持つ敬語】
謙譲語Iと謙譲語IIとは,上述のように異なる種類の敬語であるが,その一方で,
両方の性質を併せ持つ敬語として「お(ご)……いたす」がある。
「駅で先生をお待ちいたします。」と述べる場合,「駅で先生を待ちます。」と同じ
内容であるが,「待つ」の代わりに「お待ちいたす」が使われている。これは,「お待
ちする」の「する」を更に「いたす」に代えたものであり,「お待ちする」(謙譲語I)
と「いたす」(謙譲語II)の両方が使われていることになる]
28ページ------------------------------------------
[【「謙譲語I」兼「謙譲語II」の一般形】の
[上述の「謙譲語I」兼「謙譲語II」の一般的な語形として「お(ご)……いたす」がある。]]
--------------------------------------------------
にある「お(ご)~いたす」の形です。
ここにあるように「お(ご)~する」をさらに「いたす」にした形なので「謙譲語I」兼「謙譲語II」となります。まず謙譲語 I の「お(ご)~する」が成立しないと成り立ちません。



ここが「依頼」の悩ましい所だと思います^^。
さぁどう解釈するかです。

私は上記のように謙譲語 I の「ご依頼する」は使わないと考えています。なので「ご依頼いたす」は無いです。
ただし下記のような方もいます。
--------------------------------------------------
Yahoo知恵袋:『「ご」の使い方 3例』
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1110822451
[とにかく、理屈から言えば、「依頼」はI~IIIのすべての謙譲語になれるはずですから。
~~
理屈から言えば「ご依頼いたします」で可と考えられるが、発音上、違和感があるので、あえて謙譲語IIを使わず「ご依頼申し上げました」と、動作の<向かう先>だけを立てる言い方ですませる方が無難かもしれない]
Yahoo知恵袋:『ほかの方の似たような質問をよんだのですが、いまいちすっきりしないので質問いた...』
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1217107332
[ただし、サ変動詞「依頼」するの場合、「ご依頼する」という形ではなく、「ご依頼申し上げる」という形のほうが落ち着きがよいのでよく用いられます。]
--------------------------------------------------

この場合は(理由が「相手に向いている言葉だから」と言うのが気になりますが)「ご依頼する」「ご依頼いたします」を可とした上で、ただし「ご依頼申し上げる」のほうが「無難」「落ち着きがよい」と考えていますね。
本質問の他の回答者の方も「ご依頼いたす」は可という事だと思います。


正直日本語の謙譲語は難しく、『自分がする「依頼」』の「ご」については特に難しい部類であり、私も「ご依頼いたす」が絶対に不可とは言い切れません^^。
ただ前述のように、受け取る側の問題として「不遜」と取られる可能性があるので、「〇〇をご依頼申し上げます」を使うのがベストだと思います(これは間違いなく可なので)。

ただ一般的には自分が依頼する場合は、
題名には「〇〇の依頼」とは使いますが、本文の中では
「〇〇をお願いいたします」「お願い申し上げます」
「〇〇していただけないでしょうか」
「〇〇していただいてよろしいでしょうか」
などを使うほうが多く、あえて「依頼」を使う事は少ないです。

No.4です。
補足とお礼を拝読しました。
私もNo.5さんのおっしゃる通り、基本的には意見の違いは無いと思います。
ただ問題は「依頼」の漢語サ変動詞の場合に「ご」をどうするかという事になります。
これ(「ご依頼」の謙譲)は非常に難しく、「痛い所をつかれたな」(笑)という非常にいい質問だと思います^^。

まず整理すると相手の「依頼」に対する「ご」をつけた謙譲語や尊敬語は問題ないと思います。
問題は自分が「依頼」する時ですね。


「依頼」は「用件を頼む事」という名詞です。
http://...続きを読む

Q「~したい」「~したく」は目上の方に失礼な表現でしょうか?

私は入社2年目の駆け出しの会社員です。敬語の使い方について教えてください。
社内メールにて、自分が送信相手に何かを主張する時、「~したい」「~したく」という文を見受けられます。これは目上の方に失礼な表現でしょうか?
一方「~したいです」と使用すると、個人的にはやや幼稚な響きがあり、抵抗があります。
目上の方に対してはどのような表現が適切でしょうか?
また、他に何かいい表現があればご教授ください。

Aベストアンサー

こんにちは、No.4です。

「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、
自信が無いようには感じませんよね。
主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、
意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。

ケースバイケースですが、
自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので
文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。
(一方的な主張に終始して失敗したこともありますので・・(^^ゞ)

堅めに書くなら他に
「~を検討しています」
「~の実施を検討しています」
などという表現も使えるかも知れませんね。

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q「来てください」の丁寧語。

引越しの通知を作りました。目上の方にあてて「遊びにおいでください」と書いてしまったのですが、間違えてはいないでしょうか?まだ手元にあるので迷ってます。

Aベストアンサー

おいで【御出で】は、『来ること』や『行くこと』の尊敬語ですので
間違ってはいないと思います。

でも、連語によって言葉の意味合いが変わりますので
一般的に使われるのは『お立ち寄りください』や、『お越しください』ではないでしょうか?

http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%AA%A4%A4%A4%C7&kind=jn

http://www.sodan.biz/class_05.html

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%AA%A4%A4%A4%C7&kind=jn

Q「興味があるなら」を敬語に直す

正しい敬語がわからなくなってしまいました。「興味があったら応募ください。」と書きたいのですが、「もしもご興味がありましたらご応募ください。」でよいでしょうか。「ご興味がおありでしたら」でしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

ご関心がおありでしたら、

あるいは、

ご興味をお持ちいただけましたら、

などが思い浮かびました。


人気Q&Aランキング