出産前後の痔にはご注意!

この秋も京都・奈良に行きました。
いつも感じることなのですが、奈良のお寺は靴を履いたままの観光ですが、京都のお寺は靴を脱いで観光します。例外も有るかもしれませんが・・・。
なぜでしょう?時代の経過と共に建築様式が変化したためだと思うのですが、詳しいことを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>なぜ京都ではご住職さんのお住まいにつながる部分を拝観することになるのでしょうか?



   なぜ奈良ではそうではないのでしょうか?

   奈良の寺の方の住いの方はプライベートで非公開であり、出来た年代も奈良地方としては新しすぎるからでしょう。
   事実1000年以後のものは学術的には価値があっても、観光業者には興味のない事らしく無視されているのでしょう。
   前述の[慈光院]などは数少ない下足観光になりますが、[茶の湯][書院・数奇屋]に興味のない方はあまり訪れないと思います。


京都の寺でも奈良の寺同様、妙心寺、大徳寺の他、南禅寺、東福寺などは[山門、仏殿、法堂]などを土足で拝観している筈です。

しかし京都の寺は伽藍など建造年代が4~5世紀は新しい為、奈良の伽藍より建築学的にも観光面でも低く評価されるだけです。


従って京都の寺院の方のお勧めは室町時代以後の建造になるものですが、建築学的には同じ足利家ゆかりとは云え金閣寺よりは

銀閣寺の[東求堂]に始まる書院建築や禅宗建築の方丈といった室内空間の方に時代を代表する名建築が多いようです。

http://www.shokoku-ji.or.jp/ginkakuji/guide/togu …

金閣、銀閣は靴を脱ぐ個所がないので、主として禅宗建築で「靴を脱いだ観光」と感じられたと思うのですが。。。

「靴を脱いだ観光」といえば伽藍配置と関係のない、[塔頭:タッチュウ]と呼ばれる[住持(僧侶)]さんの建物が一番多いと思います。

大徳寺で云えば伽藍の後方には「大方丈」があり[管長]の仏事を行なう「方丈と前庭」、その後方にはご自身の住いがあります。

これは他の拝観を許されている[大仙院][真珠庵]や前田家ゆかりの[芳春院]などでも同じ様式をしています。

・・・厳密に云えば拝観しているのは、その住持の仏事を行なう方丈とか茶室であって、プライベートな住まいは更に奥です。

http://www.livelovelink.com/kyoto/kyoto/kydata/k … ・・・芳春院

*なお、この芳春院の庭は今から10年程前に作り直したもので、その前の前の昭和30年頃は[桔梗の庭]という名庭でした。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
わたしはてっきり、奈良時代にはまだ畳が無かったからだと思っていました。

お礼日時:2002/11/29 15:56

#1の回答を読んでいて思いついたことですが、奈良仏教は基本的に檀家をもっておりません。

学際的・哲学的なな色彩の強い宗派です。それが何故か、という点に関しては各宗派のHPをご覧になれば説明しているところもあります。

檀家がない、ということは僧侶以外の公式な信者がいないということでして、信者以外の人間が寺院内部に入ることは考えづらいのではないのでしょうか。
一方、京都の有名観光寺院は禅宗・浄土宗等檀家のいる宗派です。寺院のごく内部にも一般人を入れることを布教の一環として認め、また観光にせよ参拝にくる人を檀家に準じた扱いをしているのだと思います。

なお、奈良仏教においてはその性格上葬式というものを取り扱わず、その寺院の僧侶が死去したときでさえ、近隣の浄土宗等の僧侶を呼んで葬儀をすると聞いたことがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2002/11/29 15:51

奈良の寺院の建物を総称して「七(悉)堂伽藍」などと云いますが、この名称が使われ始めたのは江戸時代からのようです。



宗派の新旧によって建物の種類や名称は一定しておりませんが、基本的には・・・

山門(三門)・仏殿(本堂)・法堂(講堂)・庫裡(方丈)・僧堂(食堂)・浴室・東司(便所)・・・

など等の備わった寺院を七堂伽藍と云って良いでしょう。


さてここで、奈良の観光寺院の多くはどこを見るかというと『土足』で歩ける建物が多く、[慈光院]のように靴を脱いで上がる

観光寺院は少ないのです・・・ http://www1.kcn.ne.jp/~jikoin/top%20page.html


また京都の方は、大徳寺、妙心寺、天竜寺、龍安寺などのように山門(三門)以外、土足で上がれる仏殿(本堂)・法堂(講堂)などは

中に入らず外から眺め、多くは庫裏または書院と呼ばれるご住職さんのお住まいにつながる部分を拝観するので下足となるのです。

・・・つまり法隆寺、唐招提寺、薬師寺などでは、ご住職さんの住いの方は観光していない訳です。。。

この回答への補足

早速のご回答ありがとうございます。
・・・では、なぜ京都ではご住職さんのお住まいにつながる部分を拝観することになるのでしょうか?なぜ奈良ではそうではないのでしょうか?
建築様式の変化でしょうか?宗教施設としてのお寺そのもののあり方の変化でしょうか?
よろしくお願いいたします。

補足日時:2002/11/22 16:00
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q京都・奈良の寺院について

京都及び奈良にはたくさんの寺院があるわけですが、なぜ京都・奈良だけこんなに多いのか基本的な質問ですが、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

平城京・平安京時代の仏教は貴族の所有物でした。
したがって寺院の建立(こんりゅう)も、貴族の所在地である都や都周辺に集中したことが原因だと思います。

それ以降も一部の宗派を除き、権力と仏教は不可分な間柄にありましたので、
鎌倉や江戸のように幕府所在地もお寺が多いわけです。

京都が特に多いのは、平安時代~江戸時代初期まで、日本の政治の中心を長く占めていたことが大きいと思います。
(鎌倉時代でも幕府と朝廷の権力比は五分五分とはいきませんが七分三分でまだ朝廷に力がありました)。

Q夏休みの宿題 税についての作文

夏休みの社会の宿題で、
「税についての作文」というものがでました。
一応、書いてみたので時間がある方は読んでいただけないでしょうか?
枚数は3枚以内ということで、これだと2枚とちょっとくらいです。
題名がまだ決まっていないので、もし何かあればお願いします!


 私は、正直に言うと、今まで「税」というものについてよく知りませんでした。
自分が払っている税金と言うと、消費税くらいしかないし、
その消費税は、何かを買うと付いてくるし、
「税金なんかなくて良いのに。なんで払うんだろう。」と思ったこともありました。
 そこで、税金の使われ方について調べてみました。
すると、税金は、私たちが毎日学校で勉強するために使われていたり、
私たちの生活や安全を守るために使われていることが分かりました。
また、税金によって、医療費が安くなっていたり、ゴミ処理がされているということも分かりました。
 もし、誰も税金を払わなくなったら、どうなるだろうか。
と考えてみると、
私たちが今まで当たり前のように通っていた学校には通えなくなってしまうし、
私たちはこれから安心して暮らしていけません。
税金がなくなっても、毎日学校で勉強をしようとすると、
私たち中学生は、月々約7万9千円、つまり年間94万3千円を払わなければなりません。
他にも、税金がなくなれば、警察・消防費として、国民一人当たり約4万5百円、
ゴミ処理費用として、国民一人当たり約1万7千9百円を払い、
医療費は今よりも高くなります。
これらは、税金を払っている今は、税金によってまかなわれているのです。
そう考えると、税金は私たちにとって、とても必要なものだと思います。
 今まで、「税について知りたい!」とか「税金は必要だ。」と思ったことは
一度もありませんでしたが、今回調べて、税についてよく分かったし、
税金は必要だと思いました。
私たちは、いつも「勉強したくないなあ。」と思いながら学校に通っていますが、
こうして、当たり前のように毎日学校で勉強ができるのも、
税金があるからできるのだと分かりました。
 私たちはまだ、税金を払う立場ではなく、税金を使う立場の方です。
税金によって、私たちは色々な面で支えられています。
日本全国の人々が、税金を払い、
その税金によって、私たちは支えられています。
だから私も、将来、もっと税金を払うようになったら、
他の人たちを支えたいと思います。

夏休みの社会の宿題で、
「税についての作文」というものがでました。
一応、書いてみたので時間がある方は読んでいただけないでしょうか?
枚数は3枚以内ということで、これだと2枚とちょっとくらいです。
題名がまだ決まっていないので、もし何かあればお願いします!


 私は、正直に言うと、今まで「税」というものについてよく知りませんでした。
自分が払っている税金と言うと、消費税くらいしかないし、
その消費税は、何かを買うと付いてくるし、
「税金なんかなくて良いのに。なんで払うんだろ...続きを読む

Aベストアンサー

>消費税くらいしかないし、
>よく分かったし、

この「~し、」というのを書き直しましょう。
作文ではあまり使いたくない言葉使いです。

税金というと、一番身近なのは消費税でしょうか。
良くわかりました。

>だから私も、将来、もっと税金を払うようになったら、
>他の人たちを支えたいと思います。

この部分が???となる文章でした。
税金を払うことに支えるとありますが、何を支えるのかを書く。
または最後の〆の言葉自体を変更してもいいかもしれません。


これくらいでいいと思います。
中学生なので十分ではないでしょか。


人気Q&Aランキング