プロが教えるわが家の防犯対策術!

今月6月1日から勤務しており、本日6月20日に給与明細をいただきました。

まず第一に、6月1日から勤務なのに今日給与明細が来たという事は当月払いなのでしょうか?
まだ口座は確認していません。
20日払いとは聞いていましたが、翌月20日とばかり思っていたので給与明細を頂きびっくりしています。

それから、明細は『支給』と『控除』に分かれており、『支給』の欄にある“通勤手当”の金額がまるまる『控除』の“既払通勤手当”として引かれています。
既払通勤手当の意味が分かりません。
通勤手当の金額は3か月分の定期代を3で割った金額になっているようです。
あとから現金支給されるとかでしょうか?

面接の際に子供を自分の扶養に入れたいと言いましたが『扶養』の欄も『配偶』の欄も0になっています。

見たことのないものばかりで・・・
入社したばかりなので誰に聞いたらよいのかも分からず・・・
これでよいのでしょうか?

どなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

給与明細」に関するQ&A: 給与明細

A 回答 (4件)

>6月1日から勤務なのに今日給与明細が来たという事は当月払いなのでしょうか?



明細書に書かれた基本給部分で計算された日数は判りませんか?

うちの場合は
・工場労働者は20〆25日払い
・事務所労働者は25〆25日払い
で計算しての支給です
もちろん計算に間に合いませんので実質16日以降の欠勤などは翌月調整します

>“通勤手当”の金額がまるまる『控除』の“既払通勤手当”

給与計算ソフトによっては計算期間の関係で自動的に本来支払われない通勤費を計算してしまうことが有ります
その場合に苦肉の策として同額をマイナスしたりするかも?

ただ「既払」だと所得に影響するかもしれませんので少し不適切な処理に感じます

給与計算の担当者に聞くのが一番でしょう

>あとから現金支給されるとかでしょうか?

無いでしょう

>子供を自分の扶養に入れたいと言いましたが『扶養』の欄も『配偶』の欄も0になっています。

実際には扶養になっていても給与計算の個人マスタへの登録がまだなのかもしれません
    • good
    • 0

>扶養については『申告書を渡しますから書いてくださいね』といわれたきり何も書いていません


>まだ口座は確認していません
>通勤手当の金額は3か月分の定期代を3で割った金額になっているよう
これらのことから考えると給与を支払う計算をするのに、あなた自身がしなければいけない届けがなされていないようです。
会社と自分との接点は金=給料しかないのだから、入社する前も、入社した後も給与や賞与のことをしっかり聞いておく必要があると思いますよ。
扶養控除等(異動)申告書は必ず書く必要があります。
給与計算事務をする担当者が書類不備についてあなたに何も言っていないのだとしたら、かなりいいかげんで杜撰な会社ということになります。住民税は控除されていますか?
そういう会社の体質だと住民税は自分で払わないといけないかもしれませんね。
また、社会保険の引継ぎはきちんとされていますか?
    • good
    • 1

通勤手当は社会保険料の算定に含まれます。


そのため、会社の事務処理上、表示しているのでしょう。
3か月分の定期代を貰ったのが、仮払い処理されていて給与時に3ヶ月に分割で精算しているということだと考えられます。
したがって、後からもらえるとかそういったものではないでしょう。
既払とは既に支払済みと解釈で良いとおもいます。

勤務先の給与の締め日は労働条件通知や雇用契約書、口頭などで説明を受けていませんか?10日締めの当月20日払などとかではないでしょうか?

扶養については、入社時に扶養控除等(異動)申告書などを書きませんでしたか?そちらに配偶者の欄やその他の扶養の欄にお子さんなどを書きましたか?書かなければ扶養になることはないでしょう。口頭で手続きするようなものではなく、扶養家族の住所や職業・収入なども必要となります。

会社の事務担当者などに確認しましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても丁寧な回答ありがとうございました。

交通費に関しては『既払通勤手当』のはずですがまだ何ももらっていません。

〆日は口頭でも契約書にも『20日払い』としか説明がありませんでした。

扶養については『申告書を渡しますから書いてくださいね』といわれたきり何も書いていません。

どれも確認が必要そうですね。
尋ね方を考えて確認してみます。

お礼日時:2008/06/21 00:55

給与事務の担当者、あるいは上司に確認すればすぐにわかります。

給与は会社独自の方法で計算しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
担当者に聞けばすぐに分かる事は承知ですが、以前の会社で入ってすぐに給与の事で質問をしたら『入社したばかりなのにもう給料の事かんがえてるの?』と担当者の心象を悪くしてしまった経験があるので聞き辛いのです。。。

お礼日時:2008/06/20 22:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q既払通勤費の仕分について

既払通勤費の仕分について教えてください。

当社では定期代6ヶ月をまとめて支払っています。
たとえば6ヶ月分150,000円を
旅費交通費 150,000 / 普通預金  150,000
と仕訳しております。

給与を支払うときには、通勤手当として25,000を記載しますが、控除部分で既払通勤手当として25,000を控除しています。
このとき、既払通勤手当に相当する勘定科目はなにになるのでしょうか(どのように仕訳すればよいのでしょうか)?

Aベストアンサー

会社によって使う勘定科目は異なると思いますが、一般的には前払勘定や仮払勘定を使用するのが適当なのではないかと思います。

hirokinishiさんの会社では、先の6か月分の定期代を前払いするという理解で宜しいでしょうか。
だとしたら、もし御社に過去の仕訳の決まり等なければ、「前払費用」を用いると良いと思います。

前払費用/BK 150,000

そしてその前払費用を、その後毎月の給与時に取り崩して行きます。

旅費交通費/前払費用 25,000
・・・これを6ヶ月繰り返します。

wildcatさんの仰っている「仮払消費税」ですが、大抵の会計ソフトでは内税で自動計算してくれると思いますので、あまり難しく考えず、概念として知っておかれれば良いとは思います。
単純に考えていいと思いますよ。

なお一応念のためですが、もし御社が何期か続いていて、過去の仕訳が残っていましたら、そちらを参照されるのが一番いいと思います。
私が上で述べましたのは、あくまで一般的にこうじゃないかな?というものですので、会社によって使う科目が様々であると思います。
(ただ、仮払・前払を取り崩すというやり方は大体どこでも一緒だと思います。)

もしお役に立てましたら幸いです。

会社によって使う勘定科目は異なると思いますが、一般的には前払勘定や仮払勘定を使用するのが適当なのではないかと思います。

hirokinishiさんの会社では、先の6か月分の定期代を前払いするという理解で宜しいでしょうか。
だとしたら、もし御社に過去の仕訳の決まり等なければ、「前払費用」を用いると良いと思います。

前払費用/BK 150,000

そしてその前払費用を、その後毎月の給与時に取り崩して行きます。

旅費交通費/前払費用 25,000
・・・これを6ヶ月繰り返します。

wildcatさんの仰...続きを読む

Q給与の通勤控除て?

皆様、お疲れ様です。

今年転職しまして、三ヶ月の見習い期間(時給制)も終わり、
来月(5月)から正社員にしてくれると約束しました。
給与は20日締めの月末払いです。

会社からも何も言われてなかったので「国民年金手帳等」を提出していませんでした。(うっかりミス?)

正社員ということで支給(基本給、職務手当、皆勤手当、深夜労働、特別夜勤手当、時間外手当、非課税通勤手当、その他手当)
と、基本給大系になりました。

今月(4/27)の給与明細には社会保険料(健康保険、厚生年金、健康保険)は控除されていません。

控除欄に、課税対象額(約22万)、所得税(¥5450)・交通費控除
(2万)とあり
支給された非課税交通費(二万円)が交通費控除(二万円)で引かれています。
以前は、所得税のみでした。

このようなことは、正常なのでしょうか?

※基本給などに、交通費が含まれていた場合は、交通費控除など
あるのでしょうか?
 交通費控除が良くわかりません。
 詳しい方よろしくお願します<m(__)m>

Aベストアンサー

>このようなことは、正常なのでしょうか?

通常ではしませんね。

>※基本給などに、交通費が含まれていた場合は、交通費控除など
あるのでしょうか?

交通費控除なんてありません。

要するに通常は交通費は明細に表示しても支給額には含めないものですが、なぜかその会社では交通費を支給額に含めてしまっているので、計算上どこかでその金額を引かねばならないので、交通費控除などという項目を作ってその金額を引いて数字をあわせているだけではないですか。
あるいは交通費が非課税限度額を超えたときに、交通費控除に限度額を入力すると差額の所得税を計算する給与ソフトを使っているとか。

Q定期券購入費の給与と一緒の振込みについて

社員および役員に6ヶ月定期券を購入してもらい、
その費用を給与に合わせて一緒に振込みを行いたいと思っております。
また、今後は社員が立て替えた経費なども同じように
給与と一緒に振込むという運用を行っていきたいと思っております。
※振込み手数料の節約の為。また、定期券代などが高額になる場合もあり
 現金精算はなるべくなら避けたい。

(質問1)
そもそも定期券代など経費を給与と一緒に支払うことは問題無いでしょうか?
特に役員に関して、税務上問題などありませんでしょうか?

(質問2)
定期券代または立替経費を給与と一緒に振り込む場合、
給与明細にその金額を含める必要はあるでしょうか?
含める必要がある場合、どのような明細名で計上するのが適切でしょうか?

(質問3)
6ヶ月分の定期代を購入した場合、社会保険のルール上、
6で割った金額を通勤費として計上する必要があるかと思います。
しかし、定期券代は6ヶ月分の代金をまとめて精算しますので、
給与明細書上、通勤費と同じ金額を控除しなくてはいけないと思います。
この場合、どのような明細名とするのが適切でしょうか?

(質問4)
帳簿の記帳についてですが、社員が立て替えた経費は
領収証の日付の日に未払金として計上して、
給与支払日に未払金を相殺すべきでしょうか?
それとも、社員から請求のあった日にまとめて未払金として計上し、
給与支払日に未払金を相殺すべきでしょうか?
ほかのやり方とかもありますか?

明細名など特に決まりなどはないのかもしれませんが、
世間一般的に通りやすい、分かりやすい名称がありましたら
ご提案頂きたく思います。

社員および役員に6ヶ月定期券を購入してもらい、
その費用を給与に合わせて一緒に振込みを行いたいと思っております。
また、今後は社員が立て替えた経費なども同じように
給与と一緒に振込むという運用を行っていきたいと思っております。
※振込み手数料の節約の為。また、定期券代などが高額になる場合もあり
 現金精算はなるべくなら避けたい。

(質問1)
そもそも定期券代など経費を給与と一緒に支払うことは問題無いでしょうか?
特に役員に関して、税務上問題などありませんでしょうか?

(...続きを読む

Aベストアンサー

標準報酬月額の算定のみをお尋ねになられていますので、他の事項は割愛します。

>4月の月初に6ヶ月分の定期券代を社員(役員)に自費で購入して頂き、
> まずは4月の給与で、この6ヶ月分の定期券代を立替経費として一緒に支給。

この場合、立替経費で支給するのでなく給料(通勤交通費)として支給します。
  例 10日の支給時の処理
      給料(通勤交通費)/預金 
      (実際に支給した6ヶ月分の定期代を処理)
      給与明細に当該定期代(支給した全額)を記載

実際に、通勤交通費相当額を支給(概算でない)のであれば、通勤交通費を支給
した後に定期券を購入しても、定期券を購入した後に通勤交通費を支給しても
処理は同じです。
(本件の場合、月内に購入と支給が完了していますから特段の考慮をする必要
 はありません)

>社会保険のルール上、標準報酬月額に通勤費を含めなければならない為、

標準報酬月額の算定と会計処理(給与明細表記)は別の処理となります。
(標準報酬月額算出のために、特段の計上をする必要はありません)

例えば20万円の給料、6ヶ月の定期代が12万円の方で、これ以外の手当等が何
も無い方の場合、標準報酬月額は20万+(12/6)=22万円です。
(1/6とは上記を算出するために使用します)
そのうえで、下記を勘案の上、標準報酬月額を算定して下さい。
http://www.sia.go.jp/seido/iryo/iryo09.htm

>毎月(4~9月)の給与明細には通勤費として6ヶ月分定期券代の1/6を計上する

これは、6ヶ月定期であれば1/6をその他の給料と合算して標準報酬月額を算定
する。という事であり計上(会計処理)で1/6を計上するものではありません。
標準報酬月額を正しく算定すれば良い事であり、会計処理や給与明細への記載
を変更するものではありません。

 ※ご質問者さんのご理解が誤っていると思われます。1/6を計上する
  必要はありません。

>このままだと通勤費を二重に支払うことになってしまう。

支給した時に計上します。
4月に6ヶ月定期代全額を支給しているのであれば、5月以降に1/6を計上する
必要も、1/6を支給する必要もありません。
実際に支払っていない時に計上はしませんから、二重に支払う事はありません。

標準報酬月額の算定のみをお尋ねになられていますので、他の事項は割愛します。

>4月の月初に6ヶ月分の定期券代を社員(役員)に自費で購入して頂き、
> まずは4月の給与で、この6ヶ月分の定期券代を立替経費として一緒に支給。

この場合、立替経費で支給するのでなく給料(通勤交通費)として支給します。
  例 10日の支給時の処理
      給料(通勤交通費)/預金 
      (実際に支給した6ヶ月分の定期代を処理)
      給与明細に当該定期代(支給した全額)を記載

...続きを読む

Q通勤交通費の給与への反映について

現在は、6ヶ月定期代を本人の口座に振り込み、
給与には1/6の金額を毎月載せています。
ただ、このやり方だと、日割があったり計算が面倒だったりなので、
定期が切れる直前の給与で次回からの6ヶ月定期代を支給するようにしたいのです。
私は人事の仕事しかしていないので、
このようにした場合、経理面で何か問題がありますか?
あったとしたらそれはなんらかの方法で解決できますか?
それとも、このやり方は根本的に無理ですか?
経理の知識は全く無いので、難しい経理用語は避けて教えてください^^;
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ちょっと私は勘違いしてましたね。1/6を毎月計上するのが面倒だということですね。しかし、その方法で日割り計算はないと思いますが。月割にするだけだと思いますが。月割り計算もやはり面倒でしたか。
#1の人のように4月と10月の2回支給するというと
(おそらく全員一律なのでしょうね)経費の前払い分は残らないので経理上の問題はでないでしょうが、綱渡り的ですね。中途入社の人は、中途退社の人はどういう処理をするのでしょうね。日割り部分は回数券、つき割り部分は1ヶ月ごとの定期券、4月、10月で6ヶ月という計算をするということでしょうか。
私は過去に給与計算もやっていたことありますが、1/6を毎月載せる方法でないと、給与の伝票書くのが大変でした。
したがって

>このようにした場合、経理面で何か問題がありますか?
あったとしたらそれはなんらかの方法で解決できますか?
それとも、このやり方は根本的に無理ですか?

という質問に対しての答えは上記の方法で可能では
ありますが、ひどく面倒です。私はやりたくないですが、ponte-ponteさんは経理の人と伝票起票について
相談してみたらどうでしょうか?

ちょっと私は勘違いしてましたね。1/6を毎月計上するのが面倒だということですね。しかし、その方法で日割り計算はないと思いますが。月割にするだけだと思いますが。月割り計算もやはり面倒でしたか。
#1の人のように4月と10月の2回支給するというと
(おそらく全員一律なのでしょうね)経費の前払い分は残らないので経理上の問題はでないでしょうが、綱渡り的ですね。中途入社の人は、中途退社の人はどういう処理をするのでしょうね。日割り部分は回数券、つき割り部分は1ヶ月ごとの定期券、4月、10...続きを読む

Q[総務]通勤定期代の支給について

最近入社した会社ですが社員数が10名程度です。

通勤定期代は給与とは別に、社員各自が持ってくる領収書を元に精算してたそうです。

その定期は、1ヵ月分を買ってくる人もいれば6ヶ月分買う人もいます。

購入日もバラバラなので、月初スタートの定期を持ってる方、月中スタートの方…と色々です。



この状況の中、定期代の支給方法の変更をしようという話になりました。

●定期代を給与と一緒に支給する

●4/25給与から3ヶ月分まとめて支給したい



私自身、総務の経験が浅い上に3年のブランクがあり、知識が薄い状態です。

この処理をどこから手を付けたら良いのか、わからず不安です。





まずは、社員全員の今持ってる定期を確認し、誰が何ヶ月分買ってるのか、何日~何日までの分かを把握すると思いますが

4/25給与(計算期間3/16~4/15)と今持ってる定期券の日付がかぶった場合、3ヶ月分は支給出来ないですよね?



4,5,6月の社会保険料の算定?もあるので、そこもどうしたら良いのかわかりません。

今は給与明細に定期券代を全く載せてないので、標準報酬月額がおかしなことになってると思います。

また、4/25で予定通り3ヶ月分支給出来た場合、給与明細は(定期代÷3)を支給と控除に記載するのでしょうか?

就業規則も作成途中ですが、3ヶ月分支給すると記載した方が良いのでしょうか?

最近入社した会社ですが社員数が10名程度です。

通勤定期代は給与とは別に、社員各自が持ってくる領収書を元に精算してたそうです。

その定期は、1ヵ月分を買ってくる人もいれば6ヶ月分買う人もいます。

購入日もバラバラなので、月初スタートの定期を持ってる方、月中スタートの方…と色々です。



この状況の中、定期代の支給方法の変更をしようという話になりました。

●定期代を給与と一緒に支給する

●4/25給与から3ヶ月分まとめて支給したい



私自身、総務の経験が浅い上に3年のブ...続きを読む

Aベストアンサー

N0.1です。「この回答へのお礼」について捕捉します。

> 定期代は標準報酬月額の対象外という事は、給与明細に載せる必要はあるけど、社会保険料は上がらないという認識でよろしいのでしょうか?
⇒通勤費は経費なので、課税所得には含まれないということです。
 ただし、支払いの証拠のためには記載しておくべき、ということです。

> 安い経路以外を希望の社員にはそのように対応しようと思います。
⇒会社としては安い経路しか支給しません、ということです。
 しかし、当人の都合上、別経路で通勤するならば、
 労災上、「通常の通勤経路」を把握する必要がある、届け出はこのための管理です。
 それは交通費算出経路と一致する必要はありません。
 ご理解済みであれば、余計でしたが…

> 定期代の支給月を全員統一したいと思ってましたが、解約してもらう事になるのであれば手間ですよね。
⇒ 手間というよりは、中途解約における見えない損失で、これは社員負担になる結果です。
 後学のために時間を見つけて、中途解約の返金額を計算してみてください。
 定期発行交通機関のHPにはその計算方法が記載されています。

異常、ご参考まで。

N0.1です。「この回答へのお礼」について捕捉します。

> 定期代は標準報酬月額の対象外という事は、給与明細に載せる必要はあるけど、社会保険料は上がらないという認識でよろしいのでしょうか?
⇒通勤費は経費なので、課税所得には含まれないということです。
 ただし、支払いの証拠のためには記載しておくべき、ということです。

> 安い経路以外を希望の社員にはそのように対応しようと思います。
⇒会社としては安い経路しか支給しません、ということです。
 しかし、当人の都合上、別経路で通勤するならば...続きを読む

Q通勤費の払戻額は非課税か

給与明細を見ていて気になって仕方がないのでご教示下さい。

通勤経路を変更したため旧経路の定期券の払戻し額が給与から控除されました(-\35,060 支給額の内訳欄にマイナスで金額が表示されています)。

この金額がどうやら課税対象額に含まれているようなのですが…。
通勤費は月額10万以内であれば非課税ですよね?払戻し額も同じ考えで良いと思っていたのですが…

給与明細を見ているとわからなくなってしまいました。

支給額計が\235,509
課税対象額が\270,569 ←この金額が支給額+通勤費(払戻額)になっている?
所得税算出課税対象額\234,126
社保計が\36,443

通勤費は非課税なので課税対象額は支給額計の\235,509になると思うのですが…なぜ支給額計より課税対象額のほうが高いのでしょうか?

また、所得税算出課税対象額は文字通り所得税を算出するための金額だと思いますが、課税対象額とは何なのでしょう?

考えれば考えるほどわけがわからなくなっています。給与明細の見方にも慣れていません。具体的な金額を出してしまいましたが、どうか教えていただけますでしょうか。

よろしくお願いします。

給与明細を見ていて気になって仕方がないのでご教示下さい。

通勤経路を変更したため旧経路の定期券の払戻し額が給与から控除されました(-\35,060 支給額の内訳欄にマイナスで金額が表示されています)。

この金額がどうやら課税対象額に含まれているようなのですが…。
通勤費は月額10万以内であれば非課税ですよね?払戻し額も同じ考えで良いと思っていたのですが…

給与明細を見ているとわからなくなってしまいました。

支給額計が\235,509
課税対象額が\270,569 ←この金額が支給額+通勤費(払戻額...続きを読む

Aベストアンサー

>黒玉=\270,569 白玉=-\35,060 ということですか?
そうです。
払戻額を引くと言うことは、支払い済みの通勤費(非課税)が多すぎたから返せということであって、給料(課税)を減額するということではありませんよ?それがわかっていないように思いますね。
仮にこれを返させなかったとしたら、実際に通勤に使われるお金ではないので、あなたにその通勤費を支給したときに非課税としたのが間違いということになりますから、支払われたときにさかのぼって課税されることになります。

>通勤費は月額10万以内であれば非課税ですよね?
非課税となるのは合理的な経路を使った場合に必要な通勤費かつ月額10万円が限度です。仮に必要な通勤費を超えて支給しているなら、月額10万円以内であっても非課税とはなりませんし、合理的な経路を使っても月額10万円以上の通勤費がかかるなら10万円を超える分は課税になりるということです。経路に関係なく10万円以内なら非課税ということではありません。
http://www.kyuuyokeisan.com/archives/15/4/000113.html

>黒玉=\270,569 白玉=-\35,060 ということですか?
そうです。
払戻額を引くと言うことは、支払い済みの通勤費(非課税)が多すぎたから返せということであって、給料(課税)を減額するということではありませんよ?それがわかっていないように思いますね。
仮にこれを返させなかったとしたら、実際に通勤に使われるお金ではないので、あなたにその通勤費を支給したときに非課税としたのが間違いということになりますから、支払われたときにさかのぼって課税されることになります。

>通勤費は月額10...続きを読む

Q借上社宅を契約した時の処理について

企業が従業員の社宅を借上げた場合の処理を教えて下さい。

例えば、家賃100,000万円/月・礼金200,000円・敷金300,000円・仲介手数料50,000、
(保証金の場合、家賃10万・保証金50万(敷引20万有)・仲介手数料5万)
とした場合、

賃借料   100,000 /当座650,000
差入保証金 500,000 
手数料    50,000

仕訳はこうだと思うのですが、
仲介手数料は損金算入処理するのでしょうか?
また礼金や敷引分を繰延資産として計上して決算で償却する必要はあるのでしょうか?
素人なので質問の内容すらおかしいかもしれませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

◆礼金、敷引き
これらは「建物を賃借するために支出する権利金等」に該当しますので、
繰延資産に計上して償却する必要があります(一般的には5年の月割計算)。
ただし、その支出金額が20万円に満たないときは全額を支出事業年度の損金に
算入することができます。

◆仲介手数料
建物を賃借するときに支払う仲介手数料については、その支出事業年度の損金に
算入することができます。

◆家賃
会社が役員や従業員に社宅を貸与するときは「経済的利益に対する課税」の問題が
生じます。従業員に貸与するときは「賃貸料相当額」の計算を行います。
その結果、
 ・ 従業員から徴収している金額≧賃貸料相当額×50%・・・経済的利益なし
 ・ 従業員から徴収している金額<賃貸料相当額×50%
     ・・・「賃貸料相当額-従業員から徴収している金額」を給与とする
とすることになっています。「賃貸料相当額」の計算式については下記アドレスから
所得税基本通達36-41と36-45をご参照下さい。
http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/syotok/05/04.htm

なお、これらの計算においては自社所有住宅であるか借上住宅であるかは無関係
ですから、会社が実際に家主に支払う家賃の金額は全く考慮しません。


以上のことから、例えばご質問の住宅の賃貸料相当額が8万円、従業員の負担額が
3万円としますと(経済的利益の額:5万円)、税法基準で仕訳すれば

 地 代 家 賃  50,000 / 当 座 預 金  650,000
 給 料 手 当  50,000 /
 長期前払費用  200,000 /
 差 入 敷 金  300,000 /
 支 払 手 数 料  50,000 /

となり、月々の金銭による給与支給時にはこの5万円を加算したところで
源泉徴収税額を計算することになります。もちろん、地代家賃10万円と記帳しておき、
実際の給与支給時に5万円を加算した金額で源泉徴収税額を計算しても問題ないと
思われます。

こんばんは。

◆礼金、敷引き
これらは「建物を賃借するために支出する権利金等」に該当しますので、
繰延資産に計上して償却する必要があります(一般的には5年の月割計算)。
ただし、その支出金額が20万円に満たないときは全額を支出事業年度の損金に
算入することができます。

◆仲介手数料
建物を賃借するときに支払う仲介手数料については、その支出事業年度の損金に
算入することができます。

◆家賃
会社が役員や従業員に社宅を貸与するときは「経済的利益に対する課税」の問題が
生じます...続きを読む

Qウィルスバスター更新の勘定科目

いつもお世話になっております。
この度、会社で使用しているウィルスバスターの更新料をコンビニで小口現金から支払いました。
この際の勘定科目が調べてもわからなかったのでどうか教えて下さい。
宜しくお願い致します。
会社に置いてある本にはネット関係に関する勘定科目がまったくのっていなかったので、ネットで検索をかけたのですがわかりませんでした。
お手数おかけ致しますがどうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

うちは「事務用消耗品費」です。
ウイルスソフトや他のPCソフトや増設メモリやCDーRWドライブ買いました。

税理士さんは何も言わなかったので来週聞いてみようと思いますが、ここは自社に照らし合わせて、税理士に聞いてみるほうがよいですね。

もし顧問契約を結んでいなければ、役員には、監査時のこともあるので、知り合いの会計士さんなどに一度見てもらえないか(決算のときだけでも)お願いするのもおすすめです。

Q謝礼金の処理について教えてください

お客様への商品やサービスの向上のため
お客様数人に足を運んでもらい座談会形式で意見を伺うことにしました。
その際、謝礼金を数千円お渡しする予定です。

このこと自体に問題ないか(給与所得になるからダメという人もいました)、あるいは何か注意する点はありますか。
また勘定科目や税金について、適切な処理の仕方を教えてください。

交際費として計上し、消費税非課税、源泉徴収なし でしょうか。
または、交際費以外の科目(原価の雑費など)で計上できますでしょうか。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的には販売促進費、仕入税額控除可、源泉徴収なしです。
ただし、そのためには、以下の条件を満たしていることが必要です。
(1)謝礼を渡すことが事前に明示されている。
(2)その金額が座談会参加の対価であることが明示されている。
(3)その金額が対価として妥当である。
措置法通達61の4(1)-8

これが満たされていれば、相手が情報提供の正当な対価として要求する金銭を支払うだけなので、交際費にはなりません。この条件を満たしていない場合、相手がもらうつもりでなかった金銭を渡す=プレゼントなので、交際費になります。
これは、私自身が経験し、国税局に直接事前確認をとり、その後継続的に行って税務署に認められている経理処理です。

参考URL:http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kobetsu/hojin/sochiho/750214/08/08_61_4a.htm

Q通勤定期代の勘定科目

お尋ねします。

営業活動等での乗り物代は旅費交通費で計上するとして、
通勤定期券はどのような科目で計上すれば良いですか?

やはり旅費交通費として計上し、補助科目で分けて管理すれば
良いのでしょうか?

Aベストアンサー

私のところでは旅費交通費に含めて経理していますが、通勤費として独立した科目を作っていたり、給料と一緒に払うものなので給与手当で計上しているところもあるようです。


人気Q&Aランキング