【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

「虹」を、色々な言葉でなんというか教えてください。
国や時代は問いません。
虹を含む、または虹に関係する慣用句や比喩なども、
ご存知の方がいらっしゃれば教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

スペイン語 Arco iris アルコ・イリス


ポルトガル語 Arco-iris アルコ・イリス
エスペラント語 Cielarko ツエラルコ

After fifteen minutes nobody looks at a rainbow.
原文はゲーテの言葉と言われドイツ語のようですが私はドイツ語はわかりません。いかに美しく珍しいものでもしばらくすれば人は慣れてしまい振り返りもしないという人の移り気を表した言葉だと思います。

ポルトガル格言
Arco-iris ao amanhecer, agua antes de anoitecer.
夜明けの虹、日暮れ前の雨
午前中に虹が出ると午後はアメになる・・昔の人は(農民?)虹を見ても単に美しいと見とれることはなく生活に密着した天気予報としてみていたようです。 現代風に解釈すれば「人生花もあれば嵐もある」?

スペイン格言
Arco iris al mediodia, llueve todo el dia.
正午の虹、終日の雨(お昼に虹がかかると午後一杯雨となる)
スペインは乾燥した土地が多いので農民の切実な願いがこのような表現となったのか?

スペイン語で紹介されたドイツの格言
La felicidad, como el arco iris, se ve nunca sobre la casa propia, sino sobre la ajena.
幸せは虹と同じ、我が家の上で見られず、常に他人の家の上で見られる。

このように虹を素直に美しいと見るのは自然環境に恵まれ、繊細な心を持つ日本人のようですね。

この回答への補足

ありがとうございます!

ネーミングに使用したいので美しい表現があればと思ったのですが、
martinbuhoさんのおっしゃるように、虹を好ましくとらえるのは
日本ならではの感性なのかなぁ、と思いました。
勉強になります~!

補足日時:2008/06/28 23:47
    • good
    • 0

私は、2つしかわかりませんが、英語は、レインボーです。


あと、イタリア語では確かアルコバレーノっていうのでした。(リボーン見て知りました)
    • good
    • 2

ram77 さん はじめまして



「虹」、それは神の人間世界への和解の象徴
このように、キリスト教の世界では、解釈する

このように難しく考えるのは
苦手で、一番好きな表現は
-l'echarpe du tonnerre-

● 虹、(それは)ごろピカどんのスカーフ
● Arc-en-ciel, l'echarpe du tonnerre
  (アルカンシエル、レシャルプ・ドゥ・トネール)

前半(Arc-en-ciel)が虹
後半(l'echarpe がスカーフ
tonnerreが雷神)です

虹を雷神が纏うスカーフと
見立てる感性に、乾杯です
無類のスケールの大きさは
『菜の花や月は東に日は西に』
を彷彿させ止まないと思う 

この句はフランスの詩人の
1900年10月8日の日記の一部
その日記の中で日没のことを
(水平線を一本の糸に見立てて)
小さく小さくなって結び目と

斯様な句が、一世紀も経ても語り継がれている
このことを見上げながら考えて見て下さい。。。
    • good
    • 0

まずは、「虹」全般のこととして、以下のURLを参考にしてみてください。



  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%99%B9

英語ではもちろん、rainbow(レインボー)
フランス語では、arc-en-ciel(アルカンシエル)
ドイツ語では、REGENBOGEN (レーゲンボーゲン )
イタリア語では、arcobaleno (アルコバレーノ)

などです。以下のURLを参考にしてみてください。

  http://ja.wiktionary.org/wiki/%E8%99%B9
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「虹」を、外国語で何と言いますか?

「虹」。
英語で「レインボー(rainbow)」くらいは分かりますが・・・。

それ以外の各国語での表現を教えて頂けないでしょうか?

ドイツ語・フランス語・スペイン語・ポルトガル語・アラビア語・ヒンズー語・中国語・イヌイット語・イタリア語・ヘブライ語・タガログ語・ロシア語・ラテン語・ギリシャ語etc.

上記全てで無くて勿論結構です。
分かっている言語だけで十分です。

他にも「こんな言葉も『虹』を意味するよ」
と言う表現が有りましたら教えて下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

Wikipedia の各言語の読みから (付加記号は表記を省略)
(既出のもの、学習経験のないものは除く)
Cesky チェコ語 ------ Duha       ドゥハ       (スロバキア語も同じ)
Dansk デンマーク語 -- Regnbue   レグンブー
Eesti  エストニア語 -- Vikerkaar   ヴィケルカール
Suomi フィンランド語 - Sateenkaari サテーンカーリ
Magyar ハンガリー語 - Szivarvany シヴァールヴァーニ
Islenska アイスランド語 - Regnbogi  レグンボギ
Kurdi  クルド語 ----- Keskesor   ケスケソル
Lietuviu リトアニア語 -- Vaivorykste ヴァイヴォリクシュテャ
Norsk  ノルウェー語 -- Regnboge  レグンボゲ
(ノルウェー語には、2つの標準語があり、上は nynorsk ニュノルスク、
他にbokmal ボックモールがあるが、「虹」は デンマーク語に同じ)
Polski  ポーランド語 -- Tecza     テンチャ
Romana ルーマニア語 - Curcubeu クルクベウ
Svenska スウェーデン語 - Regnbage レグンボーゲ
Turkce トルコ語  ---- Gokkusagi ゲォックシャーゥ(空の帯)
Tieng Viet ベトナム語 -- Cau vong カウ・ヴォング

Wiki 以外の言語 (表記できない文字は、カナ発音のみ)
ハワイ語  anuenue アヌエヌエ または ao akua アオ・アクア(神聖な雲)
スワヒリ語 upinde wa mvua ウピンデ・ワ・ムヴア
アイルランドゲール語 tuar ceatha トゥアル・チャッハ または
                   bogha baisti ボーア・ボースチ
アルバニア語 ylber ユルベール
モンゴル語 солонго ソロンゴ

アラビア語     カウス・クザフ
ヒンディー語   インドラダヌシュ
ネパール語   インドレニ

Wikipedia の各言語の読みから (付加記号は表記を省略)
(既出のもの、学習経験のないものは除く)
Cesky チェコ語 ------ Duha       ドゥハ       (スロバキア語も同じ)
Dansk デンマーク語 -- Regnbue   レグンブー
Eesti  エストニア語 -- Vikerkaar   ヴィケルカール
Suomi フィンランド語 - Sateenkaari サテーンカーリ
Magyar ハンガリー語 - Szivarvany シヴァールヴァーニ
Islenska アイスランド語 - Regnbogi  レグンボギ
Kurdi  クルド語 ----- Keskesor   ケスケソル
L...続きを読む

Q「太陽」「月」「星」を外国語で

こんにちは。タイトル通りなんですが、「太陽」「月」「星」を外国語や神話などで言うとどうなるのかを調べています。
今のところ分かっているのが、太陽→サン・ソル 月→ムーン・ルナ 星→スター くらいです。出来れば、つづりとカタカナ表記、何語かを書いていただければ嬉しいです(分からない場合は、分かるものだけでもいいです)。
たしか、スペイン語で「月」というのをテレビで聞いたことがあるのですが、一瞬のことで、なんと言っていたか分かりませんでした。これも知っている方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

スペイン語

太陽   Sol ソル
月    luna ルーナ
星    Estrella エストレージャ

ポルトガル語

太陽   Sol ソル
月    Lua ルア
星    Estrela エストレーラ

エスペラント(語)
太陽   Suno スーノ
月    Luno ルーノ
星    Stelo ステーロ

いずれもラテン語系なので似通っています。

Qイタリア語で光というのは・・・

イタリア語で「光」「透明な光」「柔らかい光」「魂」「静かなる心」という言葉を教えてください。
もしよければそのような系統の言葉でなにかこころに響くようなよい言葉があれば教えてください。

Aベストアンサー

 
  イタリア語で、「光」に当たる言葉は、luce(ルーチェ, f)とlume(ルーメ, m)の二つが代表的にあります。luce はラテン語の lux から来ていて、「光、輝き、電灯」などの意味で、「夜のルーチェたち」というと、「星」のことになります。他方、lume は、ラテン語の lumen から来ていて、「光、明かり、輝くもの、灯火」で、luce と同じような意味です。luce の方が辞書的には用例が多いです。(キリストは、ラテン語の Credo で、「光からの光 Lumen de Lumine」と言われ、この場合、lumen です。しかし、「ルクス, lux」の光も一般的です)。音の響きのよう方を選ばれることです。luce がやはりいいと思います。
 
  「透明な光」は、「透明な」という形容詞を光に付ければよいのです。普通、traspar[e]nte(トラスパレンテ, [e] は、eの上に左から下への斜め線=弱アクセントが付いています) という形容詞があります。chiaro(チアロ)というのも、「明るい、澄んだ、透明な、清らかな」という意味の形容詞です。定冠詞を付けると(不要なら外せば問題ありません):
 
  la luce traspar[e]nte(ラ・ルーチェ・トラスパレンテ)
  il lume traspar[e]nte(イル・ルーメ・トラスパレンテ)
 
  la luce chiara(ラ・ルーチェ・チアラ)
  il lume chiaro(イル・ルーメ・チアロ)
 
  「柔らかい光」は、「柔らかい」という形容詞ですが、t[e]nue(テヌエ, [e] は弱アクセント,luce tenue かすかな光), gentile(ジェンティーレ)は、人の性質などに使い、英語の gentle に対応しますが、光や音にも使えます。「柔らかい、薄い、細い、かすかな」などの意味です。mite(ミーテ)は英語の mild に対応し、人柄などについて言い、気候にもいいますが、「柔らかい光」には少し合わないでしょう。d[o]lce(ドルチェ, [o] は、右から左に下がる小さな斜め線=強アクセントをoに付ける)は、「甘美な、甘い」という意味がメインで、「優しい、柔らかい、穏和な」などの意味があります。m[o]lle(モッレ, [o] は強アクセント)は、「濡れている、手ざわりが柔らかな、もろい、弱い」で、「柔らかい光」に適しているかどうか分かりません。光の「感じ」で選ぶことができます。mite は少し合わないと思いますが、それ以外は、違ったニュアンスで「柔らかい光」です。光に「硬さ・柔らかさ」などないので、「光がまぶし過ぎない、強過ぎない、快い」というような感じでしょう。
 
  以上の形容詞は、前が女性名詞、男性名詞に関係せず、形が変化しません。好きな形容詞で、言葉を造ってください。
 
  la luce tenue(ラ・ルーチェ・テヌエ)
  il lume tenue(イル・ルーメ・テヌエ)
   ……
 
  「魂」は、anima(アニマ, f)は、一般的な「霊魂、魂」です。psiche(プシケ, f)は、「霊魂、精神」で、神話に出てくるプシュケーのことですが、普通名詞もあります。
 
  「静かなる心」は、「静かな心、平静な心」でしょう。「心」は、cu[o]re(クオーレ, [o] は弱アクセント, m)で、これは英語の heart とほとんど同じ意味です。ラテン語の cor が語源ででフランスの coeur と同じ派生語です。
 
  「静かな」は、心ですから、「平静」でしょうし、そうなら、calmo(a) という形容詞になります。calmo(カルモ,女性名詞に付く場合は、calma カルマ)は、天候と人の心の「平静さ」に用います。「落ち着いた」というような意味です。
 
  il cu[o]re calomo(イル・クオーレ・カルモ)
  

 
  イタリア語で、「光」に当たる言葉は、luce(ルーチェ, f)とlume(ルーメ, m)の二つが代表的にあります。luce はラテン語の lux から来ていて、「光、輝き、電灯」などの意味で、「夜のルーチェたち」というと、「星」のことになります。他方、lume は、ラテン語の lumen から来ていて、「光、明かり、輝くもの、灯火」で、luce と同じような意味です。luce の方が辞書的には用例が多いです。(キリストは、ラテン語の Credo で、「光からの光 Lumen de Lumine」と言われ、この場合、lumen です。しかし...続きを読む


人気Q&Aランキング