私のおじいさんが、先月高度進行胃がんの末期で胃を全摘しました。
腹膜播種性転移もありました。他の臓器には転移は、はっきりしないそうです。82歳と高齢のため、抗がん剤の治療は不可能だと言われました。やると、弱まる可能性があるからだそうです。
高度進行胃がんの末期で、腹膜播種の転移の場合の余命はどれくらいでしょうか???

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

胃がんで腹膜播種性転移があって 手術したけど「手にがすごくて何もせず閉じた」人(50歳)はその時に余命1ヶ月と言われたそうです。


しかし、1年半以上たった今でも生きてて治療の合間に仕事に行っています。※抗がん剤はしている。

胃がんではなく~大腸か直腸のガンで、手術をしたけど抗がん剤ができない状態と言われた人は…術後半年で亡くなりました。

ただ、ガンがわかってから手術するまで1年位抗がん剤をしていました。

…高齢なので私のお友達よりは長く生きそうな気もしますけど?
こればっかりは他人にはわかりませんよ…

私自身、余命は言われてないけど、最悪6か月-最長5年(それ以上だと奇跡らしい。統計的に)。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q胃がんの腹膜播種について

父(68歳)、胃がんのステージIIIAと診断され、胃の全摘出および脾臓摘出を含むリンパ節郭清の手術を受けました。
しかし、手術終了後、医師から術前の診断以上にがん進行しており、胃の表面を出ていた状態であったと告げられ、ステージIVの初期、完治確率は5%、余命は14カ月程度と考えてください、と宣告されました。
その時は茫然としてしまい、詳しく聞ききれなかったのですが、調べてみましたところ、腹膜播種の可能性があり、そのためステージIVの宣告となったのではないかと考えております。
質問ですが、胃の表面を出ていた状態=腹膜播種となっている、との理解で良いのでしょうか。逆に胃の表面に出ていても腹膜播種に至っておらず、完治する可能性はあるでしょうか。
医師が上記の宣告をしたということは、やはり腹膜播種に至っていると考えるべきなのかと思いつつ、一縷の望みを託している状況です。
今後の対応を含め、ご助言を頂ければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

胃の表面を出ていた状態=腹膜播種、ではないです。
が、表面に出ていたとなると播種の可能性は残念ながら、あります。

胃癌の播種性転移は開腹して初めてわかるという状況は時々みられます。
播種されたばかりであれば転移の病巣は小さく、CTやエコーではほとんど
見つかりません。初期では開腹しても肉眼ではわかりません。
播種され時間が経つと肉眼的にも播種は確認でき、徐々に腹水がたまり、
場合によっては胃外の腫瘍となってCTでも確認できるほどの大きさになる
こともあります。

Stage分類上StageIVとは、
(1)3群リンパ節転移
(2)肉眼的に播種が認められる
(3)肝臓転移
(4)遠隔転移
(5)洗浄腹水の細胞診で癌細胞陽性
以上のどれか一つでもあればステージIVと診断します。
また漿膜を越え癌が胃の壁の外に露出しているもの(T3)で3群リンパ節転移(N3)
あるいは癌が周囲の臓器組織にまで直接及んで(T4)2群リンパ節転移(N2)
であればStegeIVです。
http://www.hosp.go.jp/~kokura1/hanamegane/i/gastcastaging.htm
「調べてみましたところ腹膜播種の可能性があり・・・」
という表現をどう読み取るか、だと思います。
ここは「腹膜播種の可能性があり」という言葉から「播種」だけで考えると、

良い方に取れば・・・
播種の証拠(肉眼的播種の確認や洗浄腹水に癌細胞が陽性)がなしであっても、
癌が漿膜(一番外側の膜)を越えて明らかに表面に癌が露出していたため
播種の可能性が高いと。

悪い方に取れば・・・
肉眼的にまだ確認できる大きさの播種性転移ではないが、
洗浄腹水を病理検査で調べてみたところ癌細胞陽性だった。でしょうか。
肉眼的に確認できる播種があれば開けた時点で即診断できるので、
「調べてみたら・・」という表現はしないと思うのです。

播種性転移あるいは播種以外に遠隔転移、肝臓転移、3群リンパ節転移があっての
StageIVであればであれば主治医の先生がおっしゃる通り根治率はかなり低いと思われますが、
表面に出ているだけでまだ播種されていなければ、根治できる可能性はまだあると思います。
ただし播種以外にもいろんな要素が絡んできますので、前の回答者rokutaro36のおっしゃる通り
腹膜播種あるなしのみで完治できるいかどうかは単純に分けられないと思います。


じつは私の家内は45歳で胃癌になりました。
胃の後壁から癌細胞は漿膜を越え一部露出し膵臓にも浸潤、1群リンパ節に転移あり
術中洗浄腹水は癌細胞陰性、肝転移なし、診断はStageIIIbでした。
胃全摘、膵臓体部~尾部切除、脾臓摘出、胆嚢摘出、リンパ節郭清を行い
病態的には限りなくIVに近く、IIIbであってもよくて5年生存率20~30%と
覚悟を決めておりましたが、術後抗癌剤による治療を受け現在4年目です。
今の所再発している様子はありません。
ですので可能性はぜんぜんないわけではないと個人的には思います。
(あくまでも結果論ですが・・・・)

当時私もかなり動揺しました。
お気持ちは誰よりもよくわかります。でも一番辛いのは本人です。
家族の支えは何より大切です、頑張ってくださいね。
お父様が元気になり回復できますことを心よりお祈りいたします。

胃の表面を出ていた状態=腹膜播種、ではないです。
が、表面に出ていたとなると播種の可能性は残念ながら、あります。

胃癌の播種性転移は開腹して初めてわかるという状況は時々みられます。
播種されたばかりであれば転移の病巣は小さく、CTやエコーではほとんど
見つかりません。初期では開腹しても肉眼ではわかりません。
播種され時間が経つと肉眼的にも播種は確認でき、徐々に腹水がたまり、
場合によっては胃外の腫瘍となってCTでも確認できるほどの大きさになる
こともあります。

Stage分類上...続きを読む

Q胃がんの事教えてください。 昨日、父親が胃がんと診断され、転移が一ヶ所見つかったため、レベルⅣと宣告

胃がんの事教えてください。
昨日、父親が胃がんと診断され、転移が一ヶ所見つかったため、レベルⅣと宣告されました。
レベルⅣとはどの様な状態なのでしょうか。
自覚症状はなく普通に生活してます。
また、余命なども出るのでしょうか。

Aベストアンサー

ガンのステージのことでしょうか。
ステージⅣはほかの臓器に転移しているといっているだけのことです。
http://www.gan-info.com/20.html

お大事に

Q黒木奈々さんのように胃がん→胃切除抗がん剤→すぐにリンパ転移死亡という事は

胃がんの切除&抗がん剤→すぐにリンパ節転移して死亡

という事は胃がんではよくあるのですか。
胃に死ぬような激痛が走ったという事でなんらかの治療はほどこさないと駄目だと思いますが、
転移してすぐ死ぬという状況は抗がん剤の影響が大きいと思いますが。
たらればですがどうすれば一番良いと思いますか。

Aベストアンサー

>胃がんの切除&抗がん剤→すぐにリンパ節転移して死亡

手術しなければリンパ節への転移は分かりません。
すでに節転移していたのでしょう。
つまりリンパ節転移ですのでステージ3以上になります。
胃がんは腹膜播種が多いです。または他臓器の転移はないのでしょうか?

>転移してすぐ死ぬという状況は抗がん剤の影響が大きいと思いますが。

胃がんは転移し易いガンです。
腹膜播種が多く、開腹手術をしたが切除するよりも温存した方が
予後が良いと判断し切除せずに吻合することも多いです。

手術以外は、放射線治療と抗がん剤以外に治療方法はなく
抗がん剤治療を勧めたのだと思います。
死亡は抗がん剤が直接の原因とは考えにくいです。

Q胃がん(早期進行がん)で胃全摘出後の検査結果の内容で悩んでいます。

姉が胃がんで胃を全摘出しました。

検査で、がん細胞の血管侵襲レベルが2という結果になりました。

「侵襲レベル」とはいくつまであって・・・
レベル2というのは再発の可能性が高いのでしょうか?

心配でなりません。どうか宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず、早期進行がんというのはありえない表現ですね。
早期がんと進行がんは相対するものですから、どっちかに区分されます。

血管侵襲というのは、胃のなかで、がんが静脈にどれだけ入り込んでいるかの指標で、0から3までの4段階です。
0に比べると2は転移しやすいでしょうが、こればかりはなんともいえません。
組織型などのその他の情報と総合して、抗癌剤治療をくわえるのかどうかを判断してもらうのがよいでしょう。

Q胃がん→肺がん→副腎に転移・・・状態について

父(71歳)が3年半程前に胃がんになり胃全摘しました。
2年程前に肺に転移しておりその時は大きめから小さめまで
いくつか見つかり手術してしまうと散ってしまって
よくないということで抗がん剤治療が始まりました。

徐々にですが特に3月頃から体力がなくなり
呼吸するのもひどくなり歩いても休み休みという状態でした。
胸のレントゲンを撮ったところ肺に水がたまっていて
抜きました。でも状態は変わらず反対に顔首手足に浮腫みが
出始め今では別人のようです。

色々検査した結果肺のガンは大きくなっており
腫瘍マーカーも2000になってました。
2000という値は大きいのかわかりませんが
今までは最高で700以内でした。
副腎にも転移しており本人には伝えてないけど
もう色々抗がん剤はやってきたし治療はないし、
できないと・・・。検討はしてみますが・・・。
という結果でした。

その他、尿が出にくくて利尿剤も使ってます。
食欲が全くなく栄養剤も点滴してます。
栄養剤のせいで特に食欲がなくなったのか
1ヶ月入院して46キロから54キロになりました(身長166)
最近では呼吸がしにくくなり鼻に空気出るようなものを
つけてます。

心配なのは浮腫みが引かないのと呼吸など色々ありますが
今の状態ではかなり悪いですよね??
余命なんて恐くて聞けなく・・・父は退院させられてからの
生活も自身がないと弱音を吐いてますが
今の状態では静かに見守るしかないのでしょうか??

父(71歳)が3年半程前に胃がんになり胃全摘しました。
2年程前に肺に転移しておりその時は大きめから小さめまで
いくつか見つかり手術してしまうと散ってしまって
よくないということで抗がん剤治療が始まりました。

徐々にですが特に3月頃から体力がなくなり
呼吸するのもひどくなり歩いても休み休みという状態でした。
胸のレントゲンを撮ったところ肺に水がたまっていて
抜きました。でも状態は変わらず反対に顔首手足に浮腫みが
出始め今では別人のようです。

色々検査した結果肺のガンは大きくな...続きを読む

Aベストアンサー

先の回答者にもありましたが、ホスピスに入れるも検討されてはどうでしょうか?

患者自身が、ガンであることを知っているのであれば、ホスピスに入ることで有意義な生活を送ることができます。

ただ、ガン患者なったからといって、即ホスピスに入れる訳ではありません。
一概には言えませんが、末期ガン(余命半年位)と宣告された際に選択するものです。 ※余命半年位の患者しか入れません。

ホスピスは「治療」の場所では無いので、一般病棟では使用しないような薬も使用します。
実際に、一般病棟では寝たきり状態・会話も出来ない状態だった患者が、ホスピス病棟に移動して薬が変更されたことで、歩いて散歩をしたり家族と会話ができるまで元気になりました(※一時的に)。

状況によっては放射線治療を行うこともあり、効果があれば元気(有意義)に過ごせる期間も長くなります。


とはいえ、現在では「ホスピス病棟」を持つ病院というのも増えつつありますが、聞き慣れない人にしてみれば、「ホスピス病棟とはどういうものなのか?」と疑問に思ったり、不安に感じるでしょう。


下のURLは日本で初めてホスピスを導入した病院です。
ホスピス病棟を新設する病院の看護師が数ヶ月間の研修に来たりすることもあるそうです。=新設する病院が参考にしているので、その実態がわかるでしょう。
http://www.seirei.or.jp/mikatahara/default.asp

先の回答者にもありましたが、ホスピスに入れるも検討されてはどうでしょうか?

患者自身が、ガンであることを知っているのであれば、ホスピスに入ることで有意義な生活を送ることができます。

ただ、ガン患者なったからといって、即ホスピスに入れる訳ではありません。
一概には言えませんが、末期ガン(余命半年位)と宣告された際に選択するものです。 ※余命半年位の患者しか入れません。

ホスピスは「治療」の場所では無いので、一般病棟では使用しないような薬も使用します。
実際に、一般病棟では...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報