これからの季節に親子でハイキング! >>

私の父は、認知症で特殊老人ホームに入所しております。86才です
徘徊が始まったので仕方なく入所させました、父の今まで住んでいた
土地と家は空き家になっております。このたび息子が結婚するので
父の住んでいた空き家は日当たりが悪いので売却して、別の土地を
購入して、新築してやりたいと思っております。
相談できない認知症の父の名義の土地と古家はどういう方法で
売却できるでしょうか? 以上要点だけ申し上げましたが
よろしくお回答願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

相談できない認知症の父の名義の土地と古家はどういう方法で


売却できるでしょうか? >
について回答します。

お父様が認知症とのことです。判断能力がない。又は著しく低下している可能性が強いです。そうなるとお父様の名義(所有する)不動産を売却することは原則できません。

たとえ、あなたの言う
このたび息子が結婚するので父の住んでいた空き家は日当たりが悪いので売却して、別の土地を購入して、新築してやりたい>
という理由があってもです。
成年後見制度を活用する方法しかないでしょう。
成年後見制度とは、家庭裁判所へ申立、裁判所の審判を経て後見人、保佐人、補助人を選出してお父様の代理として、このケースの場合、売買その他法律行為を行いお父様を保護、支援する制度です。

一度、家庭裁判所その他へ相談されるとよいでしょう。

仮にですが、あなたご自身で成年後見せずに売買されても、不動産の仲介業者へ依頼する際及び買い手が見つかって司法書士が所有権移転登記する際、お父様の意思について確認するハズです。その際、判断能力がないと判断されるなら、成年後見制度をしてない限り、通常引き受けてはくれないでしょう。特に、司法書士のお父様の意思確認はしっかりやる場合が多いので注意が必要です。

認知症で特殊老人ホームに入所しております。86才>
とのコトですが、既に今の段階でお父様の預貯金の管理に支障が生じているのではないでしょうか?お父様の年金など預貯金を金融機関などから下ろす際、金融機関から指摘されませんか?介護保険のサービスを受ける際もケアマネージャーから注意されませんでしたか?

いずれにせよ成年後見制度を活用されることをお勧めします。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

親切なご回答ありがとうございました。
司法書士さんと相談してみます

お礼日時:2008/09/05 17:58

成年後見制度を利用するしか方法はありません。



なお、居住用不動産に該当しますので、別に家庭裁判所の許可がいります。
売却の、許可が出るかどうかは、裁判所の判断になります。事情により不許可の場合があります。売却しなければいけない事由など、
    • good
    • 0
この回答へのお礼

親切なご回答ありがとうございました。
司法書士さんと相談してみます

お礼日時:2008/09/05 18:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q親の家を無断で売却

両親の住んでいた家ですが、二人とも施設に入っていて帰ってこれるような状況ではありません。空家になっていて広い敷地は木や雑草が茫々で、ご近所に迷惑をおかけしているのでとても気になっています。親は二人とも90代前半ですが、父は認知症で判断力がありません。母は頭はしっかりしているのですが、自力で歩けません。(だから自宅を見に行くことはできません)

もう帰ることも不可能なので売却するように説得していますが、強情で頑迷な母が絶対反対しており、親族の誰が説得しても頑として聞き入れません。そこで兄弟と話し合って、何か起こってからでは遅いので、悪いのは承知ですが黙って売却しようという話になり始めています。

権利書はこちらで預かっています。売却代金は親の口座に振り込むので横領ではありません。放火が一番怖いので、類焼保険など入っていますが、近隣の方の命に危険が及ぶことも考えると心配でたまりません。

背に腹は代えられないということで、無断売却したいのですが、どういう風にすればいいのでしょうか?代理で売却ということで、同意書などを偽造するのでしょうか?

親は体はどこも悪くないのであと5年くらいは大丈夫そうです。これ以上長く空家にしておくことの精神的な負担に耐えられません。

私は近県に住んでいますが、兄弟は同じ市内に住んでいます。兄弟に売却を託して近所迷惑に終止符を打ちたいです。

アドバイスをお願いします。

両親の住んでいた家ですが、二人とも施設に入っていて帰ってこれるような状況ではありません。空家になっていて広い敷地は木や雑草が茫々で、ご近所に迷惑をおかけしているのでとても気になっています。親は二人とも90代前半ですが、父は認知症で判断力がありません。母は頭はしっかりしているのですが、自力で歩けません。(だから自宅を見に行くことはできません)

もう帰ることも不可能なので売却するように説得していますが、強情で頑迷な母が絶対反対しており、親族の誰が説得しても頑として聞き入れませ...続きを読む

Aベストアンサー

不動産業者です。
皆さん断片的にお書きになられているので、整理して回答します。
まあ受ける業者も少ないですが、買主までは見つかったと仮定しましょう。
通常所有権移転等の登記などは買主側の司法書士が立会いします。司法書士は真正な登記であるか?どうかの確認を行うのですが、これは本人確認や意思の確認を行います。
お父さんは、判断能力が無いので「青年後見人制度」という後見人を質問者さんや兄弟さんを指定して、法的に後見人として契約行為を行うことが可能です(時間的に2~3ヶ月手続きに要す)。しかし、お母さんは「売らない意志」がハッキリしているのですから、まずここで頓挫して司法書士が取り扱い、登記申請することは不可能になるわけです。買主の大半が業者であれ、個人であれ「融資」を利用する買主の場合、担保設定が条件となり、必ず司法書士会に属する司法書士が立ち会いますから、まず取引不可能となります。

しかし、実際業者もその相談に来られる内容次第で色々検討もしますが、質問者さん達がお金に困っていない状況であれば、むずかしいのではないでしょうかね?協力してあげなければ、立ち行かない状況にないのですから。
その土地建物の管理云々だけで解体が嫌なら、とりあえず荷物など整理処分して、庭も最低限手入れして、建替え層などへの短期の賃貸に出しても良いですし・・・

施設の入院費用の負担が重く、処分しないと支払いできない。本人は口座にあった貯金がまだあるものと思っており、家を売る同意をしないし、ボケてはいるが後見人の申請で意志の確認をすると、ハッキリと売らないと意志表示される・・・・・など、その子達が金銭的な負担に難儀している場合などは、お助けする場合もあります。条件は、戸籍から追った相続人予定者全員がそれに同意することですが・・・・

書ける内容のみ
1、買主は現金等で一括で支払い可能な業者のみ。相場で売るのは無理です。
2、登記は自己申請で行う。

しかし、悪質な業者に捕まるとやっかいになことになりますし、大手やフランチャイズの業者は取り扱いません。
失礼な話ですが、兄弟も本当に「お金目当て」じゃないのでしょうか?私はそこを疑ってしまいますが・・・・・・質問者さんが思う以上に、相談された業者は「大丈夫な案件なのか?」かなり疑ってかかり、すべての裏を取ると思います。またそのような業者なら信用できますが・・・・・

不動産業者です。
皆さん断片的にお書きになられているので、整理して回答します。
まあ受ける業者も少ないですが、買主までは見つかったと仮定しましょう。
通常所有権移転等の登記などは買主側の司法書士が立会いします。司法書士は真正な登記であるか?どうかの確認を行うのですが、これは本人確認や意思の確認を行います。
お父さんは、判断能力が無いので「青年後見人制度」という後見人を質問者さんや兄弟さんを指定して、法的に後見人として契約行為を行うことが可能です(時間的に2~3ヶ月手続きに要す)...続きを読む

Q認知症の母の財産の相続について教えて下さい。

父は既に亡くなり、母は介護施設に入所しています。
子供は息子(兄)と娘(私)の二人、孫は兄の子一人だけです。
認知症の母の財産を生前贈与できますか?
兄は生前贈与・成年後見人に否定的です。
おそらく、何もしなくてもいずれ自分もしくは息子の物になるから。
でも私が母よりも先に死んでしまった場合、私の夫は相続できませんよね?
夫と夫の親族はお金に縁が無いので、とても心配なのです。
私の家族(夫)にも平等に分配する方法はありますか?
何卒よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>認知症の母の財産を生前贈与できますか?

母親の、認知症状レベル次第です。
銀行員など第三者の前で「名前・生年月日・その他諸々の質問」に回答出来れば問題ありません。
症状が低いと、認知症でも回答出来る場合があります。
※意識がはっきりしている時間帯が、時々ある。
この時だけ、正常な判断があれば(第三者の銀行員が確認)金融機関によっては「母親名義の預貯金を解約」する事が出来ます。
まぁ、これが一種の生前贈与ですかね。もちろん、贈与税の申告が必要。
名前・生年月日など全く回答出来ない場合(正確な意思表示・判断が出来ない場合)は、不可能です。

>私が母よりも先に死んでしまった場合、私の夫は相続できませんよね?

出来ませんね。
質問者さまの旦那は、赤の他人です。
質問者さまに子供がいれば、その子供が相続可能ですが・・・。

>私の家族(夫)にも平等に分配する方法はありますか?

後見人は、兄貴が反対しているので難しいですね。
結局は、質問者さまが母親よりも長生きする事です。
そうすれば、最低でも50%は相続可能。母親の面倒をみた行為も(最近では)相続にプラスになります。
余談ですが・・・。
全国各地の市町村では、住民サービスの一環として「無料法律相談」を行っています。
相続関係は、もっとも件数が多いのです。
※市町村によっては、相続関係のみ開催日時を別途設定。
質問者さまがお住まいの広報誌に、開催日時が載っていると思います。
大事な事案ですから、専門家に依頼しましよう。
※担当弁護士は、既に市町村役場から(税金から支払う)相談料を受け取っています。
弁護士会が行う無料相談よりも、若干期待した回答を得る事が出来るようです。
納得できれば、実際に弁護士に依頼しましよう。
ただ、弁護士手数料は「一定価格ではありません」から値段の確認も必要ですよ。

>認知症の母の財産を生前贈与できますか?

母親の、認知症状レベル次第です。
銀行員など第三者の前で「名前・生年月日・その他諸々の質問」に回答出来れば問題ありません。
症状が低いと、認知症でも回答出来る場合があります。
※意識がはっきりしている時間帯が、時々ある。
この時だけ、正常な判断があれば(第三者の銀行員が確認)金融機関によっては「母親名義の預貯金を解約」する事が出来ます。
まぁ、これが一種の生前贈与ですかね。もちろん、贈与税の申告が必要。
名前・生年月日など全く回答出来ない...続きを読む

Q認知症の母の預金

いろいろな方の意見が聞きたくてトピを立てました。
よろしくお願いします。

遠方に住む母が認知症で要介護1の認定を受けており、本人の
希望で施設で生活しています。
父とはいろいろあって別居中で、現在父も入院中で認知症の薬を
服用しています。

相談内容は母の預金のことです。
認知症の母は現在、妄想と徘徊が進んでおり、バックに
通帳、実印、保険証書など全て詰め込んで、毎日出歩いており
心配した友人たちの強い勧めもあり、高額な金融商品は全て
解約して、一つにまとめた通帳と実印を私が預かっています。
金額は2000万以上になります。
これから母にかかる費用(毎月の施設の使用料、医療費、
今後の介護費用等)もありますので、ただ寝かせておくことも
もったいなく、かと言って私名義で金融商品に預けるのは
贈与?にあたるのかとの不安もあります。
お金の移動は、ネットバンキングを契約してあるので可能では
あります。
また、ペイオフで保護されるのは1000万までと言うこともあり、
一つの銀行に2000万を預けておくことにも不安があります。

皆様が私のような状況でしたら、このお金どうされますか?
安全策を取って、そのまま普通預金に預けておきますか?

ご意見、よろしくお願い致します。

いろいろな方の意見が聞きたくてトピを立てました。
よろしくお願いします。

遠方に住む母が認知症で要介護1の認定を受けており、本人の
希望で施設で生活しています。
父とはいろいろあって別居中で、現在父も入院中で認知症の薬を
服用しています。

相談内容は母の預金のことです。
認知症の母は現在、妄想と徘徊が進んでおり、バックに
通帳、実印、保険証書など全て詰め込んで、毎日出歩いており
心配した友人たちの強い勧めもあり、高額な金融商品は全て
解約して、一つにまとめた通帳と実印を私が預かっ...続きを読む

Aベストアンサー

認知症の父の預金を、私名義の二つの銀行の普通預金に入れてある。私の万が一を考えて、一つは兄弟に託してある。あなたが死んだ時に、母上・兄弟・親族が困らないようにしておくべきです。
普通預金以外ですと贈与税がかかってくる可能性が高い。

Q軽度の認知症者が契約などの法律行為はできるか?

土地建物の売買契約をしようと思っています。ところが、土地建物の所有者であるAさんは、今年になって軽度の認知症と医学的に判断され、介護の程度は1程度です。
そこで質問です

質問1.この程度の認知症の人との契約は有効でしょうか?それとも無効でしょうか?

質問2.認知症の人に行為能力がないとすれば、この物件の売買契約を有効にするには、どのような手続きが必要でしょうか?(なお、認知症の人には心身健全な奥さんがいますが、奥さんは土地建物とは所有関係はありません)

Aベストアンサー

軽度がどの程度なのかわかりませんが、介護度は1ということでしょうか。

質問1.本人の意思があって土地を売買したいというのを、文書なりきちんとした形で残せる状態でしょうか。診断書に認知症と書かれる状態であるなら、あとから問題がでてくる可能性が高いと思います。例えば、売ったことを忘れて盗られたと騒がれたり。。認知症の進行具合にもよるでしょうが、初期であれば、被害妄想が強くでることがあります。

質問2.売買契約を有効にするには成年後見制度の利用が考えられます。ただし、軽度の認知症とのことなので、後見ではなく保佐などでしょう。後見制度の申請を奥様がなさるのがいいと思いますが、親族の了解などが必要ですし、準備から審判までには多少の時間がかかります。

Q父親名義の土地・家屋の相続(名義変更)について

認知症の父親が脳梗塞を発症して1年近く入院中です。

万が一の場合は法定相続人である母親と姉、弟(共に既婚)の了解の上で、長男である私が、母親を含めた家族が現在居住している土地・家屋を相続(名義変更)する予定でいますが、単純に口頭による「了解」だけで済ませるということでいいのでしょうか?。(既に了解は得ています。)

法的に必ず「遺産分割協議書?」を作成する必要があるのでしょうか?。

その場合相続開始の時点で、文字が書けない、痴呆が始まる等、母親の身体上の理由で、遺産分割協議書を作成することが困難になる可能性も否定出来ませんので、私が相続することを明確にさせておきたいと思っているのですが・・・。

世間のほとんどの世帯で「普通に長男が相続する」が当然のように行われているのではないのでしょうか?。

※ちなみに父親の財産としての土地・建物の固定資産税評価額は100万円以下、現金については預貯金等が数十万円程度あるのみです。

ご回答のほどよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 NO2です。

 生前贈与の契約が認知症・脳梗塞だからできない・・ことはありません。

 ぶっちゃけた話し、契約書は代筆と押印で作成すればいいのです。

 痴呆症の方の契約が有効となるかならないかは、その契約について
 無効であると主張する人がいるかいないかが問題になります。

 質問者様以外の法定相続人となる方々が、異議を述べない限り、
 契約は有効となります。

 世間的には、家長となるべき人が居住の目的となっている不動産を
 相続するのが一般的ですので、前段で述べました通り、質問者様
 以外の方が、後からグダグダと意義を述べないように念を押しての
 生前贈与の手続きが必要と思われます。

Q母が認知症の場合の相続登記について

不動産の相続登記についてご質問があります。

父が不動産の名義人です。
母は認知症で特別養護老人ホームに入所しています。
私には成人した妹がいて、父と同居しています。
私は離れて暮らしています。

以上の4人家族で、他に相続人はいません。

仮に父が亡くなった場合、また、遺言書がない場合の不動産の相続登記について教えてください。

法定相続でも母に成年後見人をつける必要はあるのでしょうか。

また、私が相続放棄した場合、仮に妹に不動産を全て相続させたい場合、私が母の成年後見人となり、遺産分割協議に参加することはできるのでしょうか。(この場合、利益相反にはならないでしょうか。)

さらに、遺産分割協議で母が不動産を全て相続した場合、二次相続の時に問題は起きないでしょうか。

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>法定相続でも母に成年後見人をつける必要はあるのでしょうか。

 法定相続分にしたがった登記であれば、成年後見人は不要です。具体的にいうと、お母さん1/2、質問者さん1/4、妹さん1/4という共同相続=共有の相続登記ならば成年後見人は不要です。


>また、私が相続放棄した場合、仮に妹に不動産を全て相続させたい場合、私が母の成年後見人となり、遺産分割協議に参加することはできるのでしょうか。(この場合、利益相反にはならないでしょうか。)

 質問者さんが相続放棄したうえで成年後見人となるのであれば、遺産分割協議に参加することは法的には可能です。その場合、成年後見人は、成年被後見人=お母さんの法定相続分に見合う財産を確保する義務があります。

 妹さんが不動産全部を取得するのであれば、その不動産の価額の1/2に相当する財産(例えば被相続人の預貯金)を代わりに受け取る必要があります。

 簡単な例を書きます。相続財産が預金が1000万円、不動産が1000万円とします。この場合、妹さんが不動産の全部を取得するのであれば、お母さんは預金の全部を取得する必要があります。

 もし仮に不動産しか遺産がないのであれば、妹さんが不動産の全部を取得することはできません。

>さらに、遺産分割協議で母が不動産を全て相続した場合、二次相続の時に問題は起きないでしょうか。

 質問文を読む限り、問題はないと思われます。

>法定相続でも母に成年後見人をつける必要はあるのでしょうか。

 法定相続分にしたがった登記であれば、成年後見人は不要です。具体的にいうと、お母さん1/2、質問者さん1/4、妹さん1/4という共同相続=共有の相続登記ならば成年後見人は不要です。


>また、私が相続放棄した場合、仮に妹に不動産を全て相続させたい場合、私が母の成年後見人となり、遺産分割協議に参加することはできるのでしょうか。(この場合、利益相反にはならないでしょうか。)

 質問者さんが相続放棄したうえで成年後見...続きを読む

Q両親介護等のための銀行預金のおろし方について

両親が、一人は病院に長期入院、もう一人は痴呆で介護施設への長期入所が必要となりました。子どもである私が通帳を預かっていますが、相当額が必要で定期預金を解約しなければなりません。今、本人確認が厳しくなってきている中、本人を金融機関につれていくこともできませんし、どうすれば、預金をおろせるでしょうか?

Aベストアンサー

銀行によって扱いが異なるかと思いますので、あくまでも参考例です。
お一方が痴呆症とのことですが、家庭裁判所に『精神衛生福祉法』に基づく「保護者」(成年後見人) の申し立てをしてください。
家裁の審判が降りれば、多くの金融機関は代理人として認めてくれます。

なお、この申請には精神科医の助言が必要ですから、親御さんが入所している施設の方とご相談ください。

Q土地の名義変更手続きを個人でやることはできますか?

数年前祖父が亡くなり、その際現預金は母が、不動産はおじ(母の弟)が相続しました。最近になっておじから、その土地を私の名義に書き換えたいと言ってきました。理由はおじ夫婦には子どもがいないので相続させる者がいないこと、数年間寝たきりだった祖父の介護をした母へのお礼の気持ちだとのこと。そこで、この名義変更手続きをしたいのですが、田舎のことで近くに司法書士等おりません。すこし調べた範囲ではほとんど「複雑なので専門家に依頼しましょう」と書いてありましたが、遠くまで出かけていって見ず知らずの司法書士さんに依頼するのなら、もし可能であれば自分でやってみたいのです。何から手をつけていくのか等教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まずは、贈与をする不動産の登記簿謄本(コンピュータ庁では登記事項証明書というものになりますが、
その現在事項証明書で良いでしょう)を、法務局(登記所)から取り寄せてください。
これは郵送でもできます(交付手数料は、必要な額の登記印紙を同封します)。
が、この請求には、土地なら所在と地番、建物なら所在と家屋番号が必要です。
住所とは違っていたりしますので、権利証などで調べてみてください。

謄本が取得できたところで確認です。
ちゃんとおじさんの(単独)名義になっているか、
そのおじさんの住所氏名は、現在のものと一致しているか(一致していなければ変更登記が必要です)、
抵当権などの第三者のための登記がされていないか、などです。
(別に抵当権などがついていても所有権移転登記はできます。
そういった負担が付いた不動産であることを、受贈者である質問者が確認する意味で、です)

問題がなければ、必要な書類などを用意します。
受贈者である質問者の住民票(正確には「住民票の写し」です)とハンコ、
贈与者であるおじさんの権利証(謄本を見て、それが有効な権利書であるか確認してください。
「所有権登記名義人表示変更」の登記済証は権利書ではありません)、
印鑑証明書(有効期限は3ヶ月)、実印、固定資産評価証明書(年度内有効)、
それから、登記原因証明情報として、
贈与があったことを証する書面(贈与証書など)です。

登記申請書の書き方は、次のリンク先を参照してください。
http://info.moj.go.jp/manual/1220/PAGE001.HTM
(オンライン庁は少ないので(全国で20庁程度?)こちらを)
印影(特に実印)は、はっきり判別できるように押してください。
不鮮明、ダブりなどでは再押印が要求されることになります。

登記申請書類の提出は、郵送でも可能になりました。
が、登記済証の受領に関しては、やはり管轄法務局へ出向かなければなりません。
また、補正(申請書、添付書類の不備など)があった場合にも、
法務局に出向かなければならないことがあります。

と、こういったことが必要になります。
結果的に時間と手間のかかる作業になってしまうかもしれませんが、
できないことではないと思います。


ちなみに、やっぱり司法書士に依頼を、とお考えの場合、
別にその不動産の所在地の司法書士に依頼する必要はありません。
たとえばおじさんが受けた相続登記に司法書士が関与していた場合、
その司法書士でもいいのです。
各都道府県に司法書士会もありますので、
そこで紹介してもらっても良いと思います。

まずは、贈与をする不動産の登記簿謄本(コンピュータ庁では登記事項証明書というものになりますが、
その現在事項証明書で良いでしょう)を、法務局(登記所)から取り寄せてください。
これは郵送でもできます(交付手数料は、必要な額の登記印紙を同封します)。
が、この請求には、土地なら所在と地番、建物なら所在と家屋番号が必要です。
住所とは違っていたりしますので、権利証などで調べてみてください。

謄本が取得できたところで確認です。
ちゃんとおじさんの(単独)名義になっているか、
...続きを読む

Q父死亡 家の名義変更は必要か。

先日父が死亡しました。  
年金だけの生活で、預貯金はわずかで、
30坪に満たない家を所有しているのみです。
郡部ですので、土地・家の評価格は低いでしょう。
母は健在で独りで住んでおり、当方・弟は一家を構え、別の場所で暮らしています。将来、母が亡くなったら、やむなく売却する予定でおります。

土地・家の名義は父ですが、これを誰の名義に替えたらいいのか、また どんな手続き・税金が発生するのか、簡単にお教えいただけますでしょうか。

Aベストアンサー

お母様が相続する場合、名義変更(相続登記)をしてしまうと、登録免許税を余分に払うことになるため、名義変更はしない方が良いと思います。名義変更(相続登記)は義務ではありません。

お母様が相続して名義変更をすると、まずそこで登録免許税がかかります。さらにお母様がお亡くなりになった場合、売却する際には必ず名義変更が必要ですので、もう一度登録免許税がかかり、結局2回登録免許税を払うことになります。
お母様が相続して名義変更をしない場合、お母様がお亡くなりになった後に1回だけ名義変更をすれば済みますので、登録免許税を1回分節約することができます。
なぜなら、1回でお父様名義から貴方・弟様名義に直接名義変更することができるからです。

お母様の心情を考えますと、夫婦で築いてきた財産ですので、とりあえずはお母様が相続するのが良いのではないでしょうか。

遺産分割協議書は必ず作っておく必要があります。
お母様が相続して名義変更をしない場合、お母様がお亡くなりになって貴方・弟様名義に名義変更をする際、お父様のご相続の時の遺産分割協議書も必要になります。

登録免許税は、固定資産税評価額×0.4%で計算できます。

お母様が相続する場合、名義変更(相続登記)をしてしまうと、登録免許税を余分に払うことになるため、名義変更はしない方が良いと思います。名義変更(相続登記)は義務ではありません。

お母様が相続して名義変更をすると、まずそこで登録免許税がかかります。さらにお母様がお亡くなりになった場合、売却する際には必ず名義変更が必要ですので、もう一度登録免許税がかかり、結局2回登録免許税を払うことになります。
お母様が相続して名義変更をしない場合、お母様がお亡くなりになった後に1回だけ名義変...続きを読む

Q認知症父親の生前贈与

85歳父親、認知症で判断力が低下しています。
妻(私の母)を8年前に亡くしました。

父親には三人の娘がいます(仮に長女A、次女B、三女C=私とします)
3人とも嫁いで父親は一人暮らし。

父親は一代で事業をおこし、小さな町ではそこそこ成功した部類に入り
小金は持っています。85歳という年齢にもかかわらず、現在も朝から
晩まで会社で働いています。

長女A、Aの夫、次女B、Bの夫もその会社を手伝っています。Bの夫が
婿養子に入り、会社と父親の姓を継ぐことになっています。

私=Cは別の仕事(パート)をしており、仕事の傍ら毎日実家に通い
父親の身の回りの世話全般をしています。夫も別の会社で働いています。

父親は養子にきてくれた感謝の気持ちとしてBの夫名義で積み立てて
いた2000万円の郵便貯金の証書を5年ほど前にBの夫へ渡しました。

ほぼ同時期にBの娘と息子(父親にとっては孫)の名義で加入してた
それぞれ1000万円の簡易保険の証書もBに渡しました。

つい最近、Bの娘の結婚が決まったので、結婚支度金として1000万円
くらいの現金を渡したようです。

そればかりか今年、Bの息子が国立大学に合格したので、教育資金という
名目で1000円万円を渡す話がついたようです。

一方、遠方で働くAの息子を自分の会社で働いてくれるよう頼んで、
その希望がかなったから1000万円現金で渡したそうです。

私には子供がおりません。

孫の可愛さにつけこんで、判断力の鈍った父親にお金を無心する
ことに呆れると同時に本来なら相続で分割するはずのお金が
どんどんと目減りしてしまうのをなんとか食い止めたいのです。

法定後見人を選定したいとも思いますが、今の父親の認知症の
進行度合いではせいぜい「補助」しか認められないと思うので、
ただでさえ被害妄想と猜疑心の強い父親本人の同意は得られそう
にありません。AB2人がお金を自由にできなくなるような制度に
同意するとも思いません。

渡した現金のほとんどはタンス預金から充当してもので、
生前贈与の申告もしていません。

これ以上の生前贈与を止めさせられるよい方法があればお教え願い
ます。ご回答いただければ幸いに存じます。

85歳父親、認知症で判断力が低下しています。
妻(私の母)を8年前に亡くしました。

父親には三人の娘がいます(仮に長女A、次女B、三女C=私とします)
3人とも嫁いで父親は一人暮らし。

父親は一代で事業をおこし、小さな町ではそこそこ成功した部類に入り
小金は持っています。85歳という年齢にもかかわらず、現在も朝から
晩まで会社で働いています。

長女A、Aの夫、次女B、Bの夫もその会社を手伝っています。Bの夫が
婿養子に入り、会社と父親の姓を継ぐことになっています。

私=Cは別の仕事(パート...続きを読む

Aベストアンサー

#1です。
適当でない表現の訂正をさせてください。

 誤:行為無能力者
     ↓
 正:制限行為能力者

保佐・補助は無能力ではありませんね。
お詫びして訂正いたします。

なお補足について。

そういう症状の方の周りの人は,相当に苦労されると思います。
仕事上のことなら周囲に客観視できる人がいてくれるおかげで
その苦労も理解してもらえて救われることもありますし,
給料も出るので割り切ればまあなんとか妥協もできるのですが,
生活上のこととなると,そういうこともなかったりします。
本当に大変なのは後者なんですよね。

もしも家政婦を雇って同じことをしてもらうとこのくらいかかる。
そういうことを調べておくのもいいかもしれません。


人気Q&Aランキング