システムメンテナンスのお知らせ

2つ質問させてください。よろしくお願い致します。

1.年金の未納分があります。
23才までの約3年間、年金を支払うことができませんでした。
以後はずっと支払っています(現在は48才)が、この未納の3年分はさかのぼって支払うことができるのでしょうか?
60才になれば払えるとも聞いたのですが……。

2.国民年金と厚生年金が混在しています。
加入月数294ヶ月の内、57ヶ月は厚生年金でした。
厚生年金の方が受給年金額が高いと聞いたのですが、57ヶ月分だけ高くなるのでしょうか?

以上ご回答をよろしくお願い致します。

gooドクター

A 回答 (4件)

>1.


 ・未納分は、現在から2年間のみ遡って納付は出来ます
  それ以前の分は納付は出来ません
 ・60歳以降に任意加入が出来ますから、そちらで3年分を納付する事は可能です(保険料はその時の保険料になりますが)
>2.
 厚生年金の加入時は、国民年金も同時に加入になっています
 年金給付の時は、国民年金(老齢基礎年金)と、厚生年金(老齢厚生年金)の二つが支給されます
 厚生年金は、加入時の標準報酬月額と加入年数で金額が決まります
 (上記に相当する分だけ、老齢厚生年金として支給されます)
 (老齢基礎年金は、36ヶ月(3年)未納なら満額の92.5%の支給になり、任意加入で36か月分の納付をすれば、満額(100%)の支給になります)
    • good
    • 8
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
60才以降に納付できるとわかって安心しました。
また、厚生年金も支給されるのですね。少額になるとは思いますが……。
色々と勉強になりました。

お礼日時:2008/09/30 03:29

そんなに年金払いたければ、他にも方法ありますよ。

普通の年金(厚生、国民など)のほかに、年金基金という制度があるの知らないの?
定年になれば別途に年金がもらえます。
ただし、加入には微妙に適用条件が異なります。
それと、厚生年金のほうが受給額が多い仕組み知っていますか?そういうことも知っていても損は無いと思いますけど。
    • good
    • 2

こんにちは



>60才になれば払えるとも聞いたのですが

年金の加入年数の合計が40年(480ヶ月)に満たない(国民年金(老齢基礎年金)の満額納付年数)ばあい、60歳から65歳になるまで、任意で収めることが出来ますよ。

任意加入のところを見てみてください
http://www.sia.go.jp/seido/gozonji/gozonji04.htm
    • good
    • 8
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
参考URLも確認させていただき、とても役に立ちました。
今後も色々と調べてみようと思います。

お礼日時:2008/09/30 03:24

1.きちんと免除手続きを受けたものは10年間遡って追納することができますが、すっぽかしたものは時効の切れる2年前のものまでしか遡及支払いを行うことができません。



2.その通りです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
20年以上前なので、追納はできないということですね。
参考になりました。

お礼日時:2008/09/30 03:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング