物心ついたころからもう20年以上「どもり」があります。
明るい性格のように振るまっているので、どもりのせいでイジメなど特になく、
言葉がつかえても別の言葉に言い換えたり、ふざけて笑いをとったりしています。
でも毎日こんな生活をしていると疲れるし、人と話すたびに緊張したり このまま一生続くのかという不安でかなりストレスかかえてます。
高校生のときに本読みを当てられて席を立った瞬間に緊張で頭が真っ白になって震えが止まりませんでした。自分でも笑ってしまうほど声も体も震えてどうしていいかわからず、地獄でした。それ以来、本読みを当てられる日は休んだり 中抜けして授業をさぼったり、逃げまくって単位ギリギリで卒業しました。
どもるんじゃないか?と緊張する、どもる、落ち込む・・・この負の連鎖が続き、どんどん症状が悪化していきます。仕事場の電話をとっても社名が言えない、自己紹介などで自分の苗字がつかえて言えない。どもった言葉を聞き返されてさらにどもってしまったときの相手の困った顔。もう毎日苦しいです。
今度マイクを使って大勢の前で与えられた原稿を読まなければならないんです。
その状況を考えただけで震えとめまいがして呼吸が苦しくなります。
夜も眠れないです。ずっと人前に出ることを逃げてきたので うまく話せる自分のイメージができないんです。マイナスのことばっかり考えて仕事も手につかないほど動揺しちゃってます。本当に怖いです。友達には「死ぬわけじゃないんだから気楽にやりなよ、ただ字を読むだけじゃん」と言われますが、緊張すると呼吸がうまくできないので もしかしたら酸欠で倒れるかもしれません。
こんな極度なあがり症の方いますか?克服できる方法を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

神経症というものを研究してみてはいかがでしょうか?貴方は信じられないかも知れませんが、書く事を意識した場合は人によっては書けなくなる事が在ります、それは書痙と言います。

人に会う事を意識した場合対人恐怖という事です。その症状はいくらでも有ります。人間の行動、或いは意識するという事全てが症状となり得るからです。

それらに共通している事は、意識して行動するという事です。ですから神経症の克服という事を、吃音という観点だけではなく、それら全般を学ぶという事から、眺めてみて学ぶことをお勧めしたいと思います。

神経症の克服は、その症状を抱えたままで、それをただ雑念として処理するか、その不安を意識の上まで揚げて処理するかとの違いによってでるのか、出なくなるのかという事になります。

貴方の場合は、何も考えないで、話す事が肝要かと思います、考えてから話す事が貴方の吃音を作っています。

私の場合はもう30年以上も前になりますが、症状は違いますが、鈴木知順先生の所へ初診を受けに行った時に「人間は見ようとすると見えなくなるんだよ」といって私の目の前に鉛筆を差し出しました。「見ようとしないで、すっと見る事」と言いました。

貴方の場合も話そうとしないで、すっと話をするだけでよいのかと思います。森田療法の本と、鈴木大拙博士の禅の本によって、神経症を克服した経験があります。貴方にもお勧めしたいと思います。

それらの本から、人間が意識する事によっていかに苦しめられているかを学んでみてください。その答えを知ることで貴方も克服できると思います。
    • good
    • 2

私は言葉に詰まるわけではないのですが、考えがまとまらないまま小さい声でごにょごにょ話してしまうときがあります。



とはいえ、その後で言いなおせるので、なんとかのんびりした人だなあ、という程度で過ごさせてもらっています。

さて、吃音(きつおん)については悩んでおられる方も多く、訓練で対応しようと試みる方もいらっしゃれば、積極的に処方薬を服用して対応しようという方もいらっしゃいます。

これは、実際に症状をお医者さまに見ていただいて、訓練やカウンセリングで対応できるものか、それとも通院しつつ薬を服用していたほうが安定するものか、という見極めをしていただくほうが、早く見通しがついて気楽になるかと思います。

私は人前では緊張して顔が赤くなったり頭が膨らんでいるのかと思うくらい鉢巻を締めたような感覚になったりすることもありますが、自分のペースでしゃべっているうちに段々治まってくるのでなんとかなっています。

そうやって自分のペースに持ち込めなかったり、それで焦って更に緊張が高まってしまう方は、それが治まらないで話しにくくなる一方なのでしょう。そのような場合は、やはりお医者さんで対処法を伝授してもらうか、お薬で対応してもらうのが一番気楽で解決の近道かと思います。
    • good
    • 0

参考にどうぞ


下記に書かれてない人に
噺家の三代目三遊亭 圓歌(二代目も吃音者だったそうです)や
スキャットマン・ジョン、マリリン・モンロー
あえて、しゃべりや歌を職業とした人も少なくないです
◆吃音の有名人
http://www.geocities.jp/st_zaqwsxcde/genninn/kit …
◆どもりに関する基本知識
 吃音矯正に対する基本的な立場(広瀬カウンセリング教室テキスト)
http://onetaro.ld.infoseek.co.jp/sub1b1.html
◆吃音(どもり)の治療法(自宅で吃音を克服)
http://kituon.com/
    • good
    • 1

わたしも、どもります。


どもる時は、
例えば、親しくない先輩と会話するときに、どもります。
でも、原稿を読むだけなら、練習すれば大丈夫です。

質問者さまも何回も何回も練習するといいと思います。
暗記できるくらい練習すると、大丈夫になってきます。
あと、話すときに右から左とか話す向きをいろいろ変えて平均的に話した方がいいと思って、そればかり考えて話していたら、大丈夫でした。
それと、声が震えてると思ってしまうと緊張してしまうので、
声を張って震えてないように見せかけたり。(大きい声になってちょうど良かったです)
少なくとも自分で意識しないようにすれば、緊張もマシかもしれません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q緊張すると手が震えますε=ε=ε= 。・゜(゜ノT-T)ノ

ここ数年の話なのですが、「失敗しちゃいけない」「皆が見てる」という場面なときに手が震えるようになりました。
日常生活では特に支障はないのですが、いざって時にこの症状がでるので困っています。
思い当たる事は以前に細かい作業をしていた際、緊張して手が震えた事がありました。そのときに「ぎょぇ~っっ!!!!どうしよう~???止まれ~っっ」と思えば思うほど震えが酷くなり恥ずかしい思いをしました。
それがトラウマになっているのか「また震えたらどうしよう・・」と思ってしまい悪循環を繰り返してしまってるようです。
やばいなぁ~と感じる際は「大丈夫、大丈夫。落ち着いて~」と思いながら行動するようにはしているのですが、結果は同じ( ̄Д ̄;)
自分では神経症でよく言われる「書痙」と同じようなもんではないかと思っています。
症状がいつもいつもであれば病院へとも思うのですが、緊張が高ぶったときのみなので自己で直す良い方法があればと思い相談させて頂きました。
同様な症状で治療された方がいらっしゃればどのような方法でされたのか教えて頂ければうれしいです。

Aベストアンサー

実は私もなんですよ~
手が震える時もあれば、呼吸ができなくて息苦しくなることもあって!

小さい頃は、度胸が良くて、あがるなんてこともなく、堂々と生徒代表の送辞、答辞、発表会なんて、なんなくこなしていたのに・・・

私は、完璧にこなさないと!という気持ちが強いようで、それが年齢とともに強くなってきました。
でも、気にしているのは案外、自分自身なんですよね。
まわりの人に聞いたら、そうだったの?と言われることが多いです。

私は、心療内科に通院していますが、別の症状でです。

貴方の場合も完璧主義なんでしょうね。これは性格なのでは無いでしょうか?真面目ということですよ!
失敗したら、大変失礼いたしましたとか、大役を仰せつかりまして、大変緊張しておりましてとか、正直に言っちゃうと楽になりますよ。
実際、手も震えておりまして、なんて言ったら、なんて正直な人間的な人と、かえって好感をもってもらえたりして。

開きなおりじゃ無いんでしょうかね。
病院に行くほどでも無いように思います。

Q緊張型の震えで困っています

もともと緊張しやすい体質なのですが、最近目立って、震えが出るようになりました。声はいつも震え、手は時々震えます。一番ひどいのは、頭で、ふらつく感じでピクっとなり、緊張している時は、ビクビクと目に見えるかんじで震えます。あとは、呼吸が、しずらいような感じを受けることが頻繁にあります。心療内科に「あがり症」ということで、お薬などもらい飲んでいたことはあったのですが、特に効果がなかったので止めました。内科に行こうか、迷っていますが、私の症状に何かアドバイスがありましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ふるえには、いろんな原因があります。

私は甲状腺の病気が原因で、手と足にふるえがありました。私自身は、緊張だと思っていたのですが、医師の勧めで血液検査によってこの病気だとすぐにわかりました(一般の健診や献血では検査されない項目です)。

脈が早いとところはないですか?水分を多くとったり、便秘より下痢ぎみなら、この病気です。
他にも、下記のサイトに原因になるものが書いてあります。

複数の病院で相談をお勧めします。医師だからといって、万能ではありません。私の震えの原因をつきとめる医師に出会うまでに、私は10年かかかりました。
今はおかげさまで、震えはなくなりました。

参考URL:http://www.japa.org/kk_jyouhou/n0110/

Q異常な緊張で声が裏返ったり、震えてしまいます。

題名通り、初対面や電話などで喋るとき、何かしら店員さんとしゃべる時でも異常に緊張して声が裏返ったり、震えてしまいます。恐らく顔も引きつっていると思います。何度かあって喋れば、普段通り喋れるのですが、この緊張感はどうしたら克服できるんでしょうか?対人恐怖症の一部みたいなものなんでしょうか?

Aベストアンサー

初めは薬に頼るのもいいでしょう。薬に頼って場数を踏んで慣れるのも一つの方法だとは思います。ただ薬は対症療法ですから一生飲み続ける訳にはいきません。耐性もできてそのうちに効かなくなります。

「気にするな!」が究極の答えです。単純明快です。カウンセリングにしても、森田療法でも何でも結局はそこに行き着きます。人はそれほどあなたの言動を気にしてませんよ。あなたが勝手に自滅してるだけです。

私なんかは学校では声が裏返るどころな一言も喋れない場面緘黙症でしたけど、気付けば30余年社会人をやってます。大丈夫ですよ。

病院へ行けば、おそらく社会不安障害なんて仰々しい病名が付けられるでしょうけど・・・

本でもサイトでもいくらでも勉強する材料はあります。是非勉強して克服してください。

精神疾患は他力本願ではなく、自分自身で治すものです。気合いとか精神力と勘違いしないでくださいね。よく勘違いされる方が多いので。

Q緊張による顔のひきつり、震えについて

普段は全然平気なのに、会議などで人前で発表する時など、顔が震えてしまいます。
お茶を飲むことも出来ないんです、カップを口に持っていっても、顔が震えてしまうので恥ずかしいです。
大好きなアーティストと一緒に写真をとれる機会があったのですが、大勢の前だったので
顔がひきつってしまい・・・
どうしたら緊張せずリラックスして普通の状態でいられるのでしょう
催眠療法とかも考えたのですが、自分自身で大げさにしているような気がして。
アドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

治療を受けられたそうで良かったですね。

これは、前回にも書いたことですが、やはり、もう一度書いておきます。

外食するのに苦痛が減ったのは何よりです。私も外食が苦手で、その旨の投稿もあります。あなたの場合には、薬が効いて緊張が弱くなったみたいですね。

でも、もうすぐ大勢の人の前で話す等の緊張する機会があるのでしょう。この場合に薬の効果で緊張を全く感じないのが一番望ましいでしょう。でも、もし緊張しても薬の効果がないとき決めるのは、早いと思います。お礼のメールも拝見しました。あなたは、非常にまじめな人のようです。まじめな故に失敗してはいけないと緊張してしまうのでしょう。まじめにやろうとするときには、誰しも緊張すると思いますよ。ただ、私も含めて神経症の人は、緊張の度合いが大きいのだと思います。また、過去のうまくいかなかったことの恐怖感は、どうしても残ります。このような緊張感、恐怖感を感じながらも、どうにか失敗せず、あるいはあまり失敗せず、話ができれば、薬の効果はあると思います。

このような経験を重ねて行かれると、だんだん自信がでてきて、恐怖感は薄まっていくと思います。でも、このような状態だと誰でも緊張するのですから、緊張すること自体は仕方がないことです。緊張感とうまくつきあえると直ったことになると思います。

治療を受けられたそうで良かったですね。

これは、前回にも書いたことですが、やはり、もう一度書いておきます。

外食するのに苦痛が減ったのは何よりです。私も外食が苦手で、その旨の投稿もあります。あなたの場合には、薬が効いて緊張が弱くなったみたいですね。

でも、もうすぐ大勢の人の前で話す等の緊張する機会があるのでしょう。この場合に薬の効果で緊張を全く感じないのが一番望ましいでしょう。でも、もし緊張しても薬の効果がないとき決めるのは、早いと思います。お礼のメールも拝見しまし...続きを読む

Q対面で食事をした時、緊張で頭が震える症状って何?

真剣に悩んでいます。よろしくお願いします!

私は会社員(一応管理職)、40歳女性です。
症状はここ5年ほどでひどくなったような気がします。

あれ?と症状を意識し始めたのはここ5~10年ほどでしょうか・・・。


「対面すること」に対してとても緊張してしまいます。
※緊張するときとしない時があるので困ってしまうのですが・・・

一番は、対面で食事をする事です。

気にしなければいいと思うのですが
食事している様子を見られているような気がして目が見れません。
食事を口に運ぶ瞬間、ブルブルっと手と頭が震えてしまいます。
まさに地獄で味などわかりません・・・。

口に入れてしまえば平気なのですが
口に入れる瞬間が病的にまずい気がします・・・。

会社の上司と仕事で外出をした際
対面で食事をしたのですが、途中で食べられなくなってしまいました。
食べ物に箸まではつけられるのですが、「口」に持っていくとブルブルしてしまいます。

それに似たのが
・対面でタバコを吸う
・対面で字を書く(字は対面じゃなくても見られているだけでブルブルです)

そうですね、じっと見られることに苦手なのかもしれません。
隣同士で食事をするのは全然平気です。

ちなみに不安感があって2年ほど前から病院に通ってお薬は飲んでいます。
※薬では症状はよくなっていないです。

先生からは、そういう事がある前に飲む「頓服」を支給されましたが
あまりよくはなく、事前に対面することがわからない場合も多いので
できれば訓練か何かをして直したいと思っているのですが
いい方法はないでしょうか・・・。

病院ではカウンセリングを勧められましたが
カウンセリング料が高くて手が出せません・・・。

どうにか個人で訓練するいい方法があれば教えて下さい!
よろしくお願いいたします!

真剣に悩んでいます。よろしくお願いします!

私は会社員(一応管理職)、40歳女性です。
症状はここ5年ほどでひどくなったような気がします。

あれ?と症状を意識し始めたのはここ5~10年ほどでしょうか・・・。


「対面すること」に対してとても緊張してしまいます。
※緊張するときとしない時があるので困ってしまうのですが・・・

一番は、対面で食事をする事です。

気にしなければいいと思うのですが
食事している様子を見られているような気がして目が見れません。
食事を口に運ぶ瞬間、ブルブルっと手...続きを読む

Aベストアンサー

訓練する事は逆効果になると思います、学ぶなら『神経症』の原因と解消方法と思います。そう言っている私の場合では、14歳から発症をして18年間の悪戦苦闘の末に完治した経験があります。

この経験をした中から貴方にアドバイスをしたいと思います。

神経症のメカニズムを知る事は、貴方にとって直接的な効果はないと思います、という意味は『頭では分っていながら身体が付いてこない事』が神経症にとってのジレンマだからです。

さりとて、原因がわからない事で、尚更落ち込みが激しくなるということもあると思いますので、一応そのジレンマである矛盾という意味からもそのメカニズムを説明して置きます。

神経症の原因は『心の矛盾』が原因です。この意味は『意識している貴方』VS『意識していない貴方』が意識の根底で『出番争いをしている事』が原因です。

誰にでもある普通の事です。此処のところが分る時、貴方は神経症に置いての、症状に悩む事が止みます。

人間は進化の過程で、脳が発達して来ました、この脳の進化によって神経症や自律神経失調症や、うつなどといったノイローゼの状態が生まれています。

これは簡単な言い方をするなら、意識していない時には出来ていた事が『意識した途端に出来なくなる』という現象です。

『無意識で(意識していない時)、出来ていた事が』意識する事によって出来難くなる、という意味です。

訓練するなら『意識性を学ぶ事』ですが、こう言った事を学ばせてくれるところを余り知りませんが『森田療法』を学ぶ中や『禅』を学ぶ中に、あると思いますが、兎に角時間が掛かり過ぎるという欠点があります。

即効性がありながら、確実性が在る方法がありますので書いて置きます。それは逆説的指向という方法です。

意識する事によって『意識した内容』が出来難くなる事を、逆手に取る方法です。貴方の場合では『食事している様子を見られているような気がして目が見れません。食事を口に運ぶ瞬間、ブルブルっと手と頭が震えてしまいます。』

という場合に『もっと(意識的に)ブルブルっと手と頭を振るわせてやろう』とする方法です。震えが止まらないようなら、もっと意識的に震わせるようにする方法です。

貴方の手や頭の振るいは『貴方の意志の力では止める事も、とめないようにする事も出来ない事』が分ります。震えさせようとした途端に震えは止まります。

身体と意志は通じない事が分ります。


『・対面でタバコを吸う・対面で字を書く(字は対面じゃなくても見られているだけでブルブルです)』という場合も同じです。貴方が意識的に『震えさせてやろう』とした瞬間から震えさせる事が出来なくなります。

神経症の場合『意識性を悩んでいる事』を意味しますが、キーワードは『症状を受け入れる事』が、治るきっかけになります。何故なら『症状として意識する事が、症状にしているからです。』

誰でもが感じている、誰にでもある事を『本人の性格的なものや、本人の感じ方や考え方』が拒否反応をして、受け入れないようにする事がきっかけになって症状として顕れているからです。

不安感にしても同じです、誰でもが何時でも感じている事ですが、不安感を追い出そうとした時から不安感は大きくなり始めています。是が不安障害のきっかけになって不安傷害が確定します。

この不安感から特に強く逃れようとした時『パニック障害』にまで発展する場合もあります。こう云った事をきっかけにしないようにするキーワードが『受容=受容れる』です。

何を受容するのかというと『雑念』です、誰にでもが絶えず湧き上がっているものが『雑面』です。

こう云った雑念にいちいち取り合って『問題にする事が』神経症の症状になっています。

貴方が神経症の外に出た場合を書いて置きますので、参考にして下さい。

今迄は沸き上がる雑念の内『「対面すること」に対してとても緊張してしまいます。食事している様子を見られているような気がして目が見れません。食事を口に運ぶ瞬間、ブルブルっと手と頭が震えてしまいます。

それに似たのが
・対面でタバコを吸う
・対面で字を書く(字は対面じゃなくても見られているだけでブルブルです)』

といった事柄が特に気になっていましたが、神経症的な考え方の対処を出来るようになってからは、『沸き上がる雑念』を問題にしなくて良くなりました。

沸き上がる『雑念』は一過性のものであって、特に問題にしないでいると『湧き上がっては消えてゆく性質がある事が分かります。』この為に、不安などいろいろな『雑念』が湧き上がってきたとしても取り立てて問題にしなくなっています。

雑念の相手をしないでいる時、症状と感じていた事柄は全て『自分が頭の中に作り出していた幻』であったことが分ります。

現実にはなかった事柄を『受容れたくない一心で』頭の中で症状にして、現実の世界であるものと錯覚をしていた事が分ります。

沸き上がる『雑念』に過敏に、或は過剰に反応する事がなくなって『安楽な心持が持てる様になっています。』

症状としていた事柄は、『在ってよし、無くともよし、もうそんな事よりも』楽しくおいしく食事をする事に夢中になっています。仕事も忙しくなってなって、そう云った事に構っている事の方がもったいない感じになっています。

毎日毎日有り難いという忙しさで満たされています。となります。

訓練する事は逆効果になると思います、学ぶなら『神経症』の原因と解消方法と思います。そう言っている私の場合では、14歳から発症をして18年間の悪戦苦闘の末に完治した経験があります。

この経験をした中から貴方にアドバイスをしたいと思います。

神経症のメカニズムを知る事は、貴方にとって直接的な効果はないと思います、という意味は『頭では分っていながら身体が付いてこない事』が神経症にとってのジレンマだからです。

さりとて、原因がわからない事で、尚更落ち込みが激しくなるということもあると...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報