納豆と豆腐の栄養面はどちらが(総合的に)が上なのでしょうか。

A 回答 (4件)

 納豆のほうがすこし上でしょうね、


 消化吸収を学んでこられたので、ご存知だと思うので失礼かもしれませんが、たんぱく質は小腸で分解されてアミノ酸のパーツになって吸収されます。豆腐は大豆のたんぱく質だけを取り出したものです。
 納豆は大豆の全粒を納豆菌(枯草菌)で発酵させたものですから、大豆に含まれているたんぱく質の一部はアミノ酸まで分解されている。そのアミノ酸にはグルタミン酸も・・・・これがおいしくなる原因・・
 多少は納豆菌の活動エネルギーに消費されているでしょうが、その量は微々たる物でしょう。
 なら大豆をそのまま食べたほうがもっと良い・・とはいえない。途中まで分解されているので納豆のほうが消化吸収が良いでしょうね。
 資料を調べてなくて、記憶だけですが、たぶんこの線でよいかと
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答有難うございます!
納豆のほうが上なんですね、色々と教えてくれまして有難うございます。

お礼日時:2008/10/15 13:07

#2です。

忘れていました。補足です。
納豆1パック・・・40~50gくらい。
豆腐100g・・・2/6~2/7丁くらいです。
吸収率はわかりませんが、やや納豆有利かと。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答有難うございます!
量からいっても少量でたくさん栄養がとれる納豆がすばらしいですね。
味も飽きませんし(;><)

お礼日時:2008/10/15 13:13

ど素人の思いつきで書きます。


ドウ見ても納豆の方が総合的に数段上でしょう。

比較評価する場合、通常は同一重量比で行います。
1.納豆は大豆を姿のまま全部使っています。
2.一方豆腐はオカラとして大豆の一部分が廃棄され、さらに苦汁などの水分で薄められています。
3.更に納豆は発酵食品としての有益な成分が醸成されています。

以上の3つの視点から納豆の勝ち!と思いますが如何でしょうかね?






    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます!
豆腐はオカラとして扱われているのは初めて知りました。
発酵食品には発酵食品にしかない栄養があると聞きますが納豆のほうがやっぱり上ということになりますね。

お礼日時:2008/10/15 13:11

主要な栄養としては100gあたり


納豆→エネルギー 200kcal、蛋白質 16.5g、カルシウム 90mg、ビタミンE 0.9mg、B1 0.07mg、B2 0.56mg、ナイアイン 1.1mg
絹ごし→それぞれ58kcal、5g、90mg、0.2mg、0.1mg、0.04g、0.2mg
木綿→それぞれ77kcal、6.8g、120mg、0.4mg、0.07mg、0.03mg、0.1mg
と、なります。
数値的には納豆ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます!
わざわざ栄養成分を書いてくれまして有難うございます。
納豆のほうが栄養がいいですね。

お礼日時:2008/10/15 13:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q卵は一日何個まで?

卵が大好き家族ですが、コレステロールの含有量から一日に1、2個までとか、10個まではへいきだとか、いろいろ言われて混乱してます。実際はどうなのでしょうか?卵の功罪、本当のところを教えてください。特にコレステロール値が現在高いわけではありません。

Aベストアンサー

管理栄養士です。日本人のコレステロール摂取量は一日あたり100-500mg、このうち卵は1個で250mgになりますので、卵の個数が一日のコレステロール摂取量を大きく左右すると言っても過言ではありません。

ただ、体内では肝臓で一日1000-1500mgのコレステロールが合成されていて、細胞膜の構成成分やホルモンの原料、神経伝達物質として使われています。コレステロールの摂取量が増えれば、肝臓での合成量を減らしてコレステロール量を調節する機構が生体には備わっています。

ですから、ある程度若い人が1年に数回卵を10個食べる日があっても全く問題ないでしょう。

ただしこの調節機構が生まれつきうまくいかない人もいますし、加齢によってコレステロールの代謝量は低下します。

卵が一日1-2個というのは、子供から高齢者、健常者から病人までのいろんな条件のひとを含めて設定された目安です。高コレステロール血症の人は1日300mg以下に抑えるように指導されますので、卵1日1個までなら大丈夫です。卵は良質タンパク質やビタミン類の重要な供給源なので高齢者で食の細い方には、ぜひ1個は食べるようにしていただきたいです。

私は健康な人に同じ質問を投げかけられたら「1週間に7個前後が適性ですよ」とお答えするようにしています。つまり、1週間で毎日1個食べても良いし、3個、0個、0個、1個、2個、0個、1個…というように多少ならリズムを持たせてもOKです。もちろんたまにであれば1週間に10個とか14個の週があっても全然問題ないと思います。

ですが、若い方ならともかく1日5個とか10個とかの食生活が定着してしまうとと中年以降に影響が出てくる可能性は大です。小さいお子さんがいらっしゃるご家庭なら、生涯使える適切な食習慣を身につけて貰うためにも一日1-2個くらいと教えてあげて下さい。

管理栄養士です。日本人のコレステロール摂取量は一日あたり100-500mg、このうち卵は1個で250mgになりますので、卵の個数が一日のコレステロール摂取量を大きく左右すると言っても過言ではありません。

ただ、体内では肝臓で一日1000-1500mgのコレステロールが合成されていて、細胞膜の構成成分やホルモンの原料、神経伝達物質として使われています。コレステロールの摂取量が増えれば、肝臓での合成量を減らしてコレステロール量を調節する機構が生体には備わっています。

ですから、ある程度若い人が1年...続きを読む

Q消化に良いのは、豆腐ですか?、納豆ですか?

消化について教えて下さい。
粥が消化に良い、と言われています。この理由は、普通のご飯に比較し、粥の方が、単に柔らいから消化に良い、なのでしょうか?
それに関連して、豆腐と納豆とを比較します。一見柔らかいのは豆腐であるから、こちらの方が消化に良い、と言えるのでしょうか? 
あるいは、柔らかさ硬さとは違って、納豆は醗酵酵素が豊富であるため、見た目は硬そうでも、消化に良い、のでしょうか?

Aベストアンサー

一般人向け健康サイトの受け売りですが。

大豆製品で消化の良い方。
豆腐、味噌、きな粉。

大豆製品で消化の良くない方。
納豆、おから。


豆腐は80%が水分で、タンパク質は6%ほど。吸収率が高い。
厳密さはないが、きな粉を水によく溶いたの飲む感じ。

私見を述べると、豆腐の味噌汁はお腹に優しそう。すぐ腹が減る。納豆汁にすれば腹持ちがする。そのまんまだよね。

酵素がどうだとおっしゃられても豆の形が残っている上にワケわからんねばねば付きですからね。最初から細かくなっているものに対して何もしてないようなものです。

粥は軟らかいからだと思います。水でゆるんでいるという事ですね。他に発見されていないような理由があるかもしれませんが、分子がゆるんだの状態の方が有利に違いありません。そのまんまです。というか粥は溶け出してさえいますよね。

温かければ化学反応は格段に速くなる。冷奴はおいといて、冷たい納豆と温かい豆腐の差は大きいでしょうね。

Qお米1合はご飯何グラムですか?

お米1合(150g)は炊きあがり後の「ご飯」になった時は大体何グラムでしょうか?
また、炊飯ジャーなどで、容量6L等とありますが、このリットルはどの状態の事を差すのでしょうか?(米?ご飯?、容積?)

Aベストアンサー

一合150gのたきあがりは約300gです。ちなみにお茶碗一杯150gおにぎり一個100gすし一貫20gカレー一人前300g弁当一個220gが標準です。

Qサバの水煮の缶詰を毎日一缶(190g)食べていると健康上問題ありますか?

なぜ毎日食べるかというと:
1.栄養がいい・・・一缶にDHAが4,000mg、EPAが3,200mg入っている
2.大変うまい
3.ダイエットになる・・・私は就寝の前になるとかなり腹が減るんです。寝る前の空腹は我慢できないんです。そういう時、多くの人はインスタントラーメンを食べると思うんです。でも、ラーメンは毎日食べると体に悪いっていうのは常識だし、カロリーも高い。だから、代わりに私はサバの缶詰を毎晩食べるんです。そうすると、空腹がほぼ完全に満たされるんです。そして、約2時間後に眠りに付きます。

Aベストアンサー

不飽和脂肪酸がたくさんとれて体にいいと思います。
強いて悪い点をあげれば、塩分が2.3グラム入っている点くらいでしょうか?
1日の目標摂取量が10グラムを超えないように注意した方がいいと思います。
あとは、同じ加工食品を毎日食べることがなんとなく不安ということはあるかもしれません。
サバ缶ばっかりではなく、日によって豆腐やナッツ類や野菜類などに変えることができれば、より好ましいとは思います。
野菜は人参やキャベツなどならば生で食べられるので料理の手間はかからず、それなりにおなかに残ります。

Q毎日パン食です。気をつけることありますか?

私は胃が弱くてご飯ではモタれてしまうのと、
単にパンが大好きなので
最近は、朝昼晩すべてパンを食べるようになりました。
フランスパンや食パンで、菓子パンではありません。
というと、だいたいの人に心配されます。
欧米人では普通ですよね。
おかずは、和食中心で気をつけているつもりですが、
「ごはんでなくて、パンだから」という点で、
栄養素他、何か気をつけることはありますか?
もしご存知でしたら教えて下さい。
参考にさせていただきます!

Aベストアンサー

こんにちは。

パンにあうとかご飯にあうとかなどの理由からおかずも若干ちがってくるのかな?とも思いますが、とりあえず主食のみを比べてみた場合。

ご飯100gとパン100gで比べるとほとんどすべての栄養素に関してパンの方が含有量が多いです(たんぱく、脂質、カルシウムや鉄、マグネシウム、ビタミン、繊維、塩分など)

一回の食事で考えた場合、ご飯だとお茶わん一杯で160G前後。食パンの場合6枚切り一枚で大体100gくらいかな?なので、実際は栄養の面でいえば、脂肪分と塩分に気をつけていればどちらを食べていても問題はないと思いますよ。(その分おかずに気をつければいいですし)

逆にカルシウムなどの微量栄養素といわれる部分に関してはパンの方が多く含まれているくらいです。

ただ、パンの方が腹持ちが悪く、ついつい食べ過ぎたり、すぐおなかがすいてしまう点。ご飯はおかずと一緒に食べますが、パンはパン自体に味をつけてしまうことが多い点。(たとえばバターとかジャムとか)これが問題でしょうか?

太るということに関しては脂肪と糖分を同時にとるのが一番太りやすいです。その点からもパンの方が太りやすいかもしれないですね。(とはいえご飯もおかずによっては同じことですしね)

後は、ご飯の方が消化がいいです。(玄米は別)

日本では主食がご飯ってのがあたりまえなようですが、アメリカではパンがあたりまえですものね。その人の好みで選べばいいと思いますよ。(ちなみにうちも朝はパンです)

長文失礼しました。

こんにちは。

パンにあうとかご飯にあうとかなどの理由からおかずも若干ちがってくるのかな?とも思いますが、とりあえず主食のみを比べてみた場合。

ご飯100gとパン100gで比べるとほとんどすべての栄養素に関してパンの方が含有量が多いです(たんぱく、脂質、カルシウムや鉄、マグネシウム、ビタミン、繊維、塩分など)

一回の食事で考えた場合、ご飯だとお茶わん一杯で160G前後。食パンの場合6枚切り一枚で大体100gくらいかな?なので、実際は栄養の面でいえば、脂肪分と塩分に気を...続きを読む

Q何も食べたくない時は食べなくてよい?

167cm56kgの女性です。
体脂肪率が30%ほどあり、特にお腹のぶよぶよがすごいので、現在ダイエット中です。

運動はウォーキング1時間(通勤時、数駅分を歩く)と、ビリーズブートキャンプの腹筋プログラム(30分)で、食事は、大好きな炭水化物を極力控え、腹八分を心がける程度の制限です。

最初は常にお腹がグーグー鳴っていて空腹との戦いだったのですが、ダイエットを始めて2週間ぐらい経った今、胃が小さくなったのか、制限した量のご飯も入らなくなり、それどころか、お腹がまったく空かないことも増えてきました。

お腹が空かないので1日、固形物をほぼ何も食べないこともあります。

リバウンドが怖いので出来れば「食べないダイエット」はしたくないのですが、とにかく今は何も食べる気がしなくて・・・

そういう時は、何も食べなくてもよいのでしょうか?それとも、無理やりにでも何か口にしたほうがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

一日三食というのは子ども・若者向けの食生活です。大人が一日三食を続けると食べ過ぎになることも多いし、三食のうちの何食かはお腹が大して空いていないまま迎えることになって、あまり美味しく感じないはず。

なのに三食食べなきゃ~と固定観念に囚われたまま漫然と食べ続けると、いつのまにかブクブクし始めます。痩せている人を観察していると判りますが、多くのガリガリ人たちははお腹が空いていないときは躊躇なく食事を抜いていることに気づきます。「三食食べなきゃ身体に悪い」なんて思っているのは、実は太っている人だけなんじゃないか、と感じ始めます。

逆に一日二食で過ごすと身体の調子がよくなることもあります。最近では「朝食を抜きなさい」のような健康法とか「一日一食健康法」のようなものがあり、関連書籍まで出ていますが、何も特別なことはない。要は一日三食というのは肉体労働者や職業アスリートではない普通の大人にとって食べ過ぎなんです。

ということで、お腹が空かなきゃ食べなくて全く問題ないですし、お腹が空かないのに無理に食べるのはむしろ健康によくないことです。

ちなみにですが、炭水化物を控えるとお腹は空きづらくなります。お腹が空く=空腹信号が発せられる、ということですが、これは血糖値の変動に密接に関係しているからです。食物を通じて炭水化物(糖質)を摂ると、直後に血糖値が急上昇します。血糖値が高い状態が続くと血管がぼろぼろになるので、それを避けるためにあなたの身体は血糖値をすぐに下げようとしてインスリンというホルモンを大量に分泌します。その結果、今度は血糖値が急下降するのです。

血糖値の急下降を代謝中枢が検出すると、エネルギー不足に陥ったと勘違いして空腹信号が発生られ、「お腹が空いた~」という感じます。炭水化物を食べないと、この血糖値の急上昇・急下降が抑えられますから、空腹をあまり感じなくなるということです。こういうところも、炭水化物を食べないダイエット法は理にかなった(楽に痩せられる)ダイエット法である一つの理由です。

一日三食というのは子ども・若者向けの食生活です。大人が一日三食を続けると食べ過ぎになることも多いし、三食のうちの何食かはお腹が大して空いていないまま迎えることになって、あまり美味しく感じないはず。

なのに三食食べなきゃ~と固定観念に囚われたまま漫然と食べ続けると、いつのまにかブクブクし始めます。痩せている人を観察していると判りますが、多くのガリガリ人たちははお腹が空いていないときは躊躇なく食事を抜いていることに気づきます。「三食食べなきゃ身体に悪い」なんて思っているのは、...続きを読む

Qダイエット中、一日何カロリーくらい摂ってますか?

ダイエット中、一日何カロリーくらい摂ってますか?


ダイエット中でも最低自分の基礎代謝量くらいはカロリーをとらないといけませんよね。
年齢性別生活強度により様々だと思いますが、皆さんはダイエット中どれくらい食べてますか。
私は18歳女性ですが、だいたい1200~1800くらいです。
ネットで調べると一日2000くらいは必要と書いてますが、やはりそれくらい摂るべきでしょうか?

Aベストアンサー

私は体脂肪計で毎朝基礎代謝をはかり、基礎代謝以上で基礎代謝の1.3倍を超えない範囲で食べています。
ウェブサイトの基礎代謝は正確でありませんが、家庭用体脂肪計の基礎代謝はかなり正確です。

基礎代謝を摂取カロリーの目安にすると、最低限度の栄養が摂れるので健康的に痩せられます。
また、基礎代謝は体重に比例して低下しますが、基礎代謝を目標カロリーにしていると、停滞が起こらず確実に痩せられます。

> ネットで調べると一日2000くらいは必要と書いてますが、やはりそれくらい摂るべきでしょうか?

ネットで表示されているカロリーは厚生労働省のエネルギー推奨量です。
厚生労働省の定義で推奨量とは国民の97~98%の人の栄養を満たす必要摂取量ですから、この量を食べると、国民の97~98%の人が実は肥満してしまいます。2000Kcalも食べると、よほど運動しないかぎり肥満すると思います。

女性の基礎代謝は1100~1200Kcalですから、ダイエットのためには、1200Kcalを目標に食べ、どんなときでも1800Kcalを超えない範囲で食べなければ痩せられません。

私は体脂肪計で毎朝基礎代謝をはかり、基礎代謝以上で基礎代謝の1.3倍を超えない範囲で食べています。
ウェブサイトの基礎代謝は正確でありませんが、家庭用体脂肪計の基礎代謝はかなり正確です。

基礎代謝を摂取カロリーの目安にすると、最低限度の栄養が摂れるので健康的に痩せられます。
また、基礎代謝は体重に比例して低下しますが、基礎代謝を目標カロリーにしていると、停滞が起こらず確実に痩せられます。

> ネットで調べると一日2000くらいは必要と書いてますが、やはりそれくらい摂るべきでしょう...続きを読む

Q豆乳と納豆について

豆乳と納豆について

40代女性です。女性ホルモンを増やすのには豆乳と納豆がよいと聞き、
豆乳は一日500cc、納豆は45gを3パック、毎日摂取しています。
これは多すぎるでしょうか。
だとしたら適量はどのくらいでしょうか。
また、適量を超えた場合、害はあるのでしょうか。

ご教授お願いいたします。

Aベストアンサー

なんでそうなったのか不明ですが、確かに「女性ホルモンを増やす」とか言ってるサイトや本がありますよね…

女性ホルモンが増えるのではなく、大豆イソフラボンが女性ホルモンであるエストロゲンに似た作用を示すため、更年期障害や一部の糖尿病、骨粗鬆症などに効果があると言われています。

女性ホルモン様の働きがあるため乳がん、脳梗塞、心筋梗塞、男性の前立腺がんのリスクが下がるという研究結果もあり、適切な量で摂取する分には問題無いですが、サプリメントなどの濃縮物を多く取った場合は、乳がん発症や再発等のリスクを高めると言ったような有害性が示唆された報告もあるようです。

食品安全委員会は大豆イソフラボンの安全な一日摂取目安量は70‐75mg/日を目安にしております。
納豆100g中には65~81mgの大豆イソフラボンが含まれているようです。
そう考えると明らかに摂取目安量は超えてますね。
ただ、この目安量は毎日長期間食べる場合の平均値の上限値で、この上限値を超えたからと言ってすぐに健康被害が出ると言った物ではありません。

ただ、ちょっと取りすぎですね…

一応、安心して貰いたいので書いておきますが、「大豆を経口で1日60g(イソフラボンとして185mg) 4ヶ月間摂取」した研究で安全性が示されているので、すぐに危ない!と言うわけではありませんよ。

結局どっちなんだと言う記載ですが、まとめると『大丈夫だけど、摂りすぎ』ってところでしょうか。

参考URL:http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail832lite.html

なんでそうなったのか不明ですが、確かに「女性ホルモンを増やす」とか言ってるサイトや本がありますよね…

女性ホルモンが増えるのではなく、大豆イソフラボンが女性ホルモンであるエストロゲンに似た作用を示すため、更年期障害や一部の糖尿病、骨粗鬆症などに効果があると言われています。

女性ホルモン様の働きがあるため乳がん、脳梗塞、心筋梗塞、男性の前立腺がんのリスクが下がるという研究結果もあり、適切な量で摂取する分には問題無いですが、サプリメントなどの濃縮物を多く取った場合は、乳がん発症...続きを読む

Qコンニャクって生で食べてもいいですか?

コンニャクって生で食べてもいいでしょうか?また、食べてよいものとダメなものとかあるのでしょうか?『スキヤキなどに』なんて書かれているのは加熱しないとマズイのかな?と勘ぐってしまいます。

Aベストアンサー

#4さんと同じくごく一般的なこんにゃくはシュウ酸カルシウムが多いので、さっとゆがいてアク抜きをした方がおいしく食べられます。
また、こんにゃくには水分が多くてそのままだと水っぽい味になりやすく、味付けがしにくいので、一旦ゆがくことによって水分を抜く作用もあります。
ですから、それらのデメリットを気にしないのであれば、そのまま食べても大丈夫です。

刺身こんにゃくとか、生食用こんにゃく(といっても、どのこんにゃくも生ではないんですけどね)と書かれているこんにゃくはゆがかなくてもおいしく食べることができますが、、これもざるにあけて、流水に1分ほどさらすと臭みが抜けて、よりおいしくいただくことができます。

http://www.konnyakuya.com/info/sitagosirae.htm
http://www.konnyaku.com/info_konjac/faq2000.html

Q豆腐と納豆だけで栄養は足りますか?

豆腐と納豆だけで栄養は足りますか?
肉類にあまり興味が無いので、この二つだけ食べて暮らして行きたいのですが・・・。
主食であるパンやご飯などもあまり興味がありません。
食べたくないのです。
今のところは、必要かな、と思って鶏肉やパスタなど嫌々食べていますが・・・。
他に好物といえば、ウナギ、アナゴ、しめさば、イワシ・・・
などが思いつきます。これらの魚類だったら、食べたい時もあります。
牛乳やヨーグルトは好きでよく飲みます。
また、日常的にクロレラを飲んでいます。
詳しい方是非お教えください。

Aベストアンサー

赤ちゃんでさえ色々バランスよく食べさせるようになっています。
豆腐と納豆というタンパク源だけでは栄養不良になってしまいます。

人間に必要な栄養素には、

炭水化物(糖質)・・・ご飯、パン、麺類 (体のエネルギー源)
タンパク質・・・魚、肉、豆腐などの大豆製品、卵
        (体の血、肉、骨、髪などを作るもとになります。)
脂肪・・・バター、サラダ油など
        (糖質と同じく、エネルギーに変わります。)
ビタミン・・・野菜、果物、きのこ類など
      (これまでご説明してきた炭水化物、脂肪、タンパク質の      
3大栄養素を、ミネラルと共に体内で調整する役割)
ミネラル・・・小魚の骨、海草、野菜
      (ビタミン同様生命が円滑な代謝を営むのに必要な成分)

これら5大栄養素に加え栄養素ではないですが、
食物繊維は食品消化のために大切な物です。(野菜などに入ってます)

例えばビタミンB1だけ欠乏しても多発性神経炎、むくみ、心臓肥大が起こります。

よって偏食せずバランスよく食べてください。

赤ちゃんでさえ色々バランスよく食べさせるようになっています。
豆腐と納豆というタンパク源だけでは栄養不良になってしまいます。

人間に必要な栄養素には、

炭水化物(糖質)・・・ご飯、パン、麺類 (体のエネルギー源)
タンパク質・・・魚、肉、豆腐などの大豆製品、卵
        (体の血、肉、骨、髪などを作るもとになります。)
脂肪・・・バター、サラダ油など
        (糖質と同じく、エネルギーに変わります。)
ビタミン・・・野菜、果物、きのこ類など
      (こ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報