友人に、ガンが見つかり、今、体力増進と、これからの健康のために、ミキプル-ンの、プロテインとプル-ンを食べています。そこへ、ある人から、プロテインを食べ過ぎて、ガン細胞が大きくなった人がいると聞きいたそうで、困惑しています。
プロテインは、大豆の植物性たんぱく質で、体力や、免疫力などの力をつけるもととなる必要不可欠なものであると聞いています。
それとがん細胞が大きくなることと、何か因果関係は本当にあるのでしょうか?
何か知ってることがありましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

補足の情報からでは「プロテイン95」が癌の増殖を促したとは情報不足で判断しかねますね・・・?


もともと「プロテイン」は制癌剤ではありませんし、もし「プロテイン」を摂取しない場合にどうなったかを証明する臨床データはありませんし・・・?
「プロテイン」の摂取に関係なく増殖するような癌であったかもしれませんし?

いずれにしても、仮定が多すぎます!!
癌種も分からないのでしょうか??
癌はいろいろな「顔」(個性)をもってますので、例えば「肺癌」でもいろいろなものがあります。

さらに、個人差も当然あります。患者さんの精神状態(病は気からではありませんが)によって免疫状態が変わってくるというデータも学会で発表されてます。

ご参考まで。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

そうなんです。あいまいな情報だったんですが、とても気になって・・・。でもいろいろ考えることができてよかったです。ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/07 21:40

補足に対してです。


知り合いの「ミキプルーン」愛用者によると、金銭的な面もあるでしょうが、量的には少ないのではないかとのことです。それと、「バイオC」と「エコー37」がお勧めとのことです。

本題に戻って、まず「ガン細胞が大きくなった人」の情報はどのようなものでしょうか?
癌種・転移の有無・病期・組織診断等はどうであったのでしょうか?
更に、そのときの治療法・薬剤等は・・・・?

補足お願いします。

この回答への補足

友人に聞いてみたところ、そういう人がいた、ということをある人から聞いたそうで、詳しくはわからないとのことです。ただ、末期がんであったことと、食べていたのは、ミキプル-ンの商品であったということです。現在、その患者さんは、宗教的な匂いのする、≪気功士≫の手によって良くなり、今元気にしているそうです。
それもちょっとうそっぽいのですが、ただ、ミキプル-ンの商品というのは、たくさん食べれば、効果が出やすいと言われ、実際、たくさん食べて、アトピ-や鼻炎が治ったり、胃のポリ―プが取れたり、子宮筋腫が流れたりという話もあります。でも本当に食べ過ぎて害はないのかという不安があるようです。このことについては、もう1度、皆さんに質問をしてみたいと思っています。

補足日時:2001/03/05 13:04
    • good
    • 0

tomojiさんの「発ガン性物質」のコンタミ問題は別にして、ご友人は「プルーン」と「プロティーン」は一日量どれ位を何回に取られているのでしょうか?


さらに、癌であれば「バイオC」と「エコー37」はどうなのでしょうか?

補足お願いします。

この回答への補足

おそらく、プル-ンは、大さじ1~2杯、プロテインは、大さじ山盛り1杯、そして、バイオC1本を水で溶かしたシェイクを、1日1~2回飲んでいると思います。
エコ―に関しては、今のところ採っていません。金銭的なこともあり、とりあえず、プル-ンと、プロテインが必要かなと思い、飲んでいるようです。

補足日時:2001/03/01 21:31
    • good
    • 0

専門家ではないのではっきりとした事は言えませんが、私の知識の範囲ではそのような事はありえないと思いますよ。



蛋白質は人間の身体には欠かせないものですし、どんなにビタミン・ミネラルを摂取していても蛋白質が不足していると上手に機能しませんからね。
もともとプロテインとはギリシア語で「最も重要なもの」の意味らしいですし。
もしプロテインで癌細胞が大きくなったとしたらプロテインの質の問題だと思います。原材料となる大豆が発ガン性物質を含む農薬や殺虫剤の付いたものだと当然プロテインにもその発ガン性物質が含まれている訳ですから、プロテインを補給すると同時に有害物質まで摂取していることになります。そういう意味ではプロテイン(に限らずサプリメント)は選ばないといけませんよね。
ミキプルーンはどうか知りませんが、プロテインという製品を作る過程で原材料をどこから仕入れているのか?、まずはこれが一番大きなポイントです。原材料を海外から輸入して日本で製造している場合は、当然船で運んでくる訳ですからその間の対策として殺虫剤、防腐剤が浸る程かけられています。当然問題になっているようにこの殺虫剤や防腐剤に使われているものに発ガン性があると言われています。
また、原産地で製造して製品化したものを輸入している場合でも、原材料の大豆を育成している段階で農薬や殺虫剤、ひいては除草剤などが使用されていると当然農作物の大豆にもその有害物質は含まれることになりますからあまり意味がありません。

c9-19さんも折角健康を気遣って努力されるのであれば、そういう知識もしっかりと勉強して正しい栄養補給をしないともったいないですから、これを機会に色々と調べてみてはどうでしょうか?
余談となりますが、今書店で販売されている本で「医者がすすめるビタミン外来」という本はなかなか勉強になりますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。なるほど、確かにそういうことも考えられますね。信頼のおける物を食する、という点においては、ミキプル-ンの食品は、確かであると信じています。でも私もまだ、勉強中なので、その点においては、もう1度確認したいと思います。
いろいろと、ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/01 21:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q腎細胞ガンまたは腎盂ガンの検査について

腎臓に腫瘍ができ、十中八九悪性と言われて右腎臓を全部摘出することとなりました。
本当であればガン専門病院での手術を望んでいたのですが、2ヶ月待ちと言われましたので、時間的猶予がなく断念しました。
手術そのものはさほど困難を伴うものではないとの説明から、大学病院で行うこととなりました。

しかし、治療(手術)を始める前にじゅうぶんな検査を行っておきたいと考え、ガン専門病院での造影剤を使ったCT撮影は予約したままになっています。
ところが、大学病院での手術日程が少し早まり、それ自体は喜ばしいのですが、前述のCT撮影の翌日にカテーテルを入れての検査をすることとなってしまいました。
連日このような検査を行うことは好ましくありませんか。
素人でよくわかりませんが、具体的には造影剤の副作用を気にしています。
大学病院の主治医にガン病院でのCT撮影について話していないので、判断がつきかねています。
でも、自分の身体のこと・・・・できる限りのことを知って手術に臨みたい、それが本音です。

どなたか、どうか教えてください。
急いでいます。よろしくお願いします。

腎臓に腫瘍ができ、十中八九悪性と言われて右腎臓を全部摘出することとなりました。
本当であればガン専門病院での手術を望んでいたのですが、2ヶ月待ちと言われましたので、時間的猶予がなく断念しました。
手術そのものはさほど困難を伴うものではないとの説明から、大学病院で行うこととなりました。

しかし、治療(手術)を始める前にじゅうぶんな検査を行っておきたいと考え、ガン専門病院での造影剤を使ったCT撮影は予約したままになっています。
ところが、大学病院での手術日程が少し早まり、それ自...続きを読む

Aベストアンサー

大学から癌専門病院にCT依頼検査でしょうか?両施設の連絡は十分取れていますか?それなら大丈夫と思います。一応検査すましてから手術が良いですね。カテーテルで組織検査すると結果は数日懸かります。そこで腎癌(腎細胞癌)か腎盂癌(尿路上皮細胞癌)の鑑別がつきます。いずれにしろ主治医と癌専門病院の連絡がスムーズであれば大丈夫と思います。手術が成功すれば良いですね。頑張って下さい。

Qガンの転移について 手術が原因でガン細胞が散って転移する可能性は?

ガンの転移について、以前より気になっていたことを質問します。ガンの手術をすれば誰でもいくらかは出血しますが、その時ガン組織からこぼれおちたガン細胞が血流に乗って全身を漂流し、どこかに漂着するという危険性はないのでしょうか?
つまり、手術によってガンの移転を促進するリスクがあるのでは?と昔からぼんやりと思っていたのですが。

Aベストアンサー

>ガンの手術をすれば・・・・ガン組織からこぼれおちたガン細胞が血流に乗って全身を漂流し、どこかに漂着するという危険性はないのでしょうか?

当然、そのリスクがあります。手術以前に、ガンか否かを調べるために患部の細胞を一部とってきて病理検査(細胞診)をしますが、そのときにさえに転移することが考えられる、と言われます。このことの危険性は一般に知られてないですね。

私の2回目の転移と思われる症状が出たとき、検査(細胞診)をするにあたってこの点を主治医に訊ねたことがありました。主治医は「実は、そのリスクがあるんです。」との回答でした。結果、私は他の所見からガンの転移の可能性が高かったので細胞診を受けず直接手術を受けた経緯がありました。術後の切除物の病理検査の結果はガンでした。そして散ったかもしれないガン細胞や取り残された小さなガン細胞を排除するために、手術と平行して免疫療法を受け、そのときから6年以上経っている現在でも免疫療法を受けてます。

「検査のための細胞診」や「手術を行う際に微細に散るかも知れないガン細胞」「取り残されるかも知れない微細なガン細胞」を排除するためにも、免疫療法の併用が有効と私は考えてます。尚、免疫療法に関しては、私の過去の回答を参考になるものがあるかも知れません(下記URLはその一例)。

http://okwave.jp/kotaeru.php3?qid=2285689

>ガンの手術をすれば・・・・ガン組織からこぼれおちたガン細胞が血流に乗って全身を漂流し、どこかに漂着するという危険性はないのでしょうか?

当然、そのリスクがあります。手術以前に、ガンか否かを調べるために患部の細胞を一部とってきて病理検査(細胞診)をしますが、そのときにさえに転移することが考えられる、と言われます。このことの危険性は一般に知られてないですね。

私の2回目の転移と思われる症状が出たとき、検査(細胞診)をするにあたってこの点を主治医に訊ねたことがありました。主...続きを読む

Q肺ガン(小細胞ガン)について教えください

父が肺ガン(小細胞ガン)と言われました。
背中が痛い、倦怠感のような自覚症状はあるようですが、比較的元気に思えます。

私が調べた結果は、転移しやすい。予後が良くない。
手術より、抗ガン剤での治療が多い。

検査の結果が、まだでていないものもありますが、ステージ的にどうなのでしょう?
病院から戻って来れるのか?
戻ってきても、胃ガンの初期のように完治は難しいのでしょうか?

もうすぐ、76歳。好きに生きてほしいのですが・・・

Aベストアンサー

大変ですね頑張って下さいね。小細胞癌は手術の対照に成りません。ただ放射線感受性が強いので抗癌剤と放射線治療に入ると思います。検査した癌の転移の有無を調べると思います。高齢であり進行画遅い事、放射線が良く効く事から積極的に治療を受ける事お勧めします。勿論、自宅療養に成ると思います。大事にしてあげて下さい。

Q肝細胞ガンの治療について

数日前にTAE(塞栓術)で処置して頂いたのですが、今度PEIT(エタノール)もするそうです。
TAEをしてからあまり日が経っていないのですが、せっかく詰めた抗がん剤等が流れてしまう事はないのでしょうか?
素人が変な質問をしてすみませんが、少し気になります。
専門家の方のご意見が聞けたら嬉しいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ANo.1の方は勘違いをされているようなので。一般的な抗がん剤について回答されておられるようですね。
TAEとPEITを併用することはよくあります。いまなら、PEITの代わりにRFA(ラジオ波焼灼術)を併用することもあります。ご懸念のような抗がん剤が流れてしまうということはありません。抗がん剤を用いてTAEを行いますが、主たる目的は抗がん剤よりも血流を止めてしまうことの方にありますから、これだけでも抗腫瘍効果はあります。
表現が悪ければ、不快に思われるようであれば誤りますが、「腫瘍の首を絞めたあとにナイフで一刺し」というイメージを描いていただければ、併用する意義は理解いただけるのではないかと思います。

Q父が肝細胞ガンに・・

父が肝細胞ガンになり肝動脈塞栓術の治療をしました。治療後2週間ほど熱が続きましたが、その後は体調も良くなり次の治療に向けて体力をつける為に、自宅に帰って療養していたのですが、治療から一ヶ月後くらいから、下痢が始まり微熱が続いたので、病院で調べてもらった結果、前に治療した抗がん剤が流れ出ていて、炎症がひどいとの事でした。CTの結果は治療前よりも、ガンが増えているとの事・・。肝動脈塞栓術をして、抗がん剤が流れ出ると言う事は、どういうことなのでしょうか?抗がん剤が、流れ出るということは、よくある事なのでしょうか・・。治ると信じていた分、とても不安でショックです。

Aベストアンサー

>病院で調べてもらった結果、前に治療した抗がん剤が流れ出ていて、炎症がひどいとの事でした。
動脈塞栓術の際に用いた抗がん剤が流出していることと炎症がひどいことに関連性があるといわれましたか?まったく別の事象が同時に起こっているだけではないでしょうか?

>動脈塞栓術をして、抗がん剤が流れ出ると言う事は、どういうことなのでしょうか?
肝臓がんに対する動脈塞栓術では、抗がん剤と造影剤と塞栓物質を混ぜてがんを栄養する動脈に詰め物をします。がんの性質によってはその詰め物がしっかりと集まりやすいものもあれば、そうでなものもあります。がんの栄養血管の特徴ですので、治療方法の限界といえるかもしれません。
「抗がん剤が流れ出る」は、正確にはその「詰め物」が流れていってしまっているということです。そのがんの特徴が詰め物による兵糧攻めである動脈塞栓術が効きにくいがんであったと思われます。

>抗がん剤が、流れ出るということは、よくある事なのでしょうか・・。
がんの性質なので、特別少ないことではありません。

肝臓がんの原因もおそらく肝硬変があるためだと思います。この場合は、治療をしても別の部位などにどんどん再発して、最終的には手に負えなくなります。
現在は肝硬変にさせないように、肝炎ウイルスの感染予防であったり、肝炎ウイルスの治療であったりを進めていくことが主流です。

>病院で調べてもらった結果、前に治療した抗がん剤が流れ出ていて、炎症がひどいとの事でした。
動脈塞栓術の際に用いた抗がん剤が流出していることと炎症がひどいことに関連性があるといわれましたか?まったく別の事象が同時に起こっているだけではないでしょうか?

>動脈塞栓術をして、抗がん剤が流れ出ると言う事は、どういうことなのでしょうか?
肝臓がんに対する動脈塞栓術では、抗がん剤と造影剤と塞栓物質を混ぜてがんを栄養する動脈に詰め物をします。がんの性質によってはその詰め物がしっかりと...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報