12万作品が月額500円(税別)で見放題なのはdTVだけ!! >>dTV(外部リンク)

こんにちは。

先日、某ニュースサイトで下記の記事を読みました。
「1908年にシベリア上空で、原子爆弾の1000倍といわれる大爆発を

起こした彗星とみられるものとほぼ同じサイズの小惑星が2日、地球をかす

めて通過していったことが明らかになった。天文学者らが3日、発表した。



 米国の宇宙関連団体「惑星協会」や天文学者らのブログによると、この小

惑星は、直径21-47メートルの2009 DD45と呼ばれているもの

で、日本時間2日午後10時44分に地球をかすめて通過したという。



 宇宙関連のウェブサイトspace.comによると、通過の際の地球と

の距離はわずか7万2000キロメートルだったという。これは地球と月と

の距離の5分の1で、静止軌道衛星の高度のわずか2倍にあたるという。



 2009 DD45の大きさは、1908年6月30日にシベリアのツン

グースカ上空で大爆発を起こした彗星もしくは小惑星とされるものと同規模

だとみられている。この大爆発では、周囲2000平方キロメートルにわた

り樹木8000万本がなぎ倒された。



 2009 DD45は前月28日、オーストラリアのサイディング・スプ

リング天文台によって発見され、太陽系の小惑星を分類する、国際天文学連

合の小惑星センターによって確認されていた。」

このニュースの更に詳しいサイトとして、紹介されたサイト
http://www.afpbb.com/article/environment-science …
にアクセスすると、「リンクが無効です」となりました。
中二の子供にも、もっと詳しく教えたいので、上記ニュースに
関してのさらに詳しいサイトか刊行物をご紹介下さいませんか。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング