プロが教えるわが家の防犯対策術!

日本人の先輩に
「お仕事についてヒアリングさせていただいてよろしいでしょうか」
とメールを送ったら、ヒアリングという言葉は聴取という意味が強い
ため目下の者が目上の者にそう言うのは失礼と指摘されました。

確かに英語の "hearing" には「意見聴取」という意味がありますが、SE の
要件定義でユーザーから「ヒアリングする」と一般的に使いますので、
和製英語の「ヒアリング」は「話しを聞く」という意味でも使われると私は思います。

みなさんとどう思われますか。
ご意見をお聞かせください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

日本語を母国語とする者としてどういう印象を受けるかという質問だと思うので印象を書きます。

(当方50代、東京人です)

あまり良い感じを受けません。
おそらくヒアリングという言葉が行政などの機関が使う「用語」だからと思います。(ナイーブは学生言葉と思います)
「(させていただいて)よろしいでしょうか」にもちょっと疑問があります。
これは最近は要求・指示の婉曲な言いかたとしてよく使われていて私などはいい感じを持っていません。
「お名前をうかがわせていただいてよろしいでしょうか」
などは「『お名前をおうかがいします』だろ?」と思ってしまいます。
「ヒアリングさせていただいてよろしいでしょうか」にはそういう響き(婉曲な強制)を感じます。全体的に企業やお役所などがユーザーに対する時の独特な言い回しという印象を受けます。

純粋にはなしを聴きたいなら「興味があるので後学のためにいっぺんお仕事のはなしなど教えていただけませんか?」などのように「自分が聞きたい」を「教えていただく」みたいに言い換えるのがまあ通常です。

「ヒアリングしていいすか?」みたいな軽い会話も近い関係ならあると思いますが、ヒアリングというもったいぶった用語を逆にくだらない話題に適用するようなからかいを含んだニュアンスですね。

そう考えて行くと先輩の「聴取という意味が強い」はひじょうに的確な分析じゃないかと思えてきます。
元々「聴取ちょうしゅ」「ききとり」という堅苦しい言いかたをやわらげるための用語として考えられた物なのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございました。

お礼日時:2009/04/29 22:08

 「ヒアリング」って、ご回答にあるように、『聴取』することですね。


 まぁはっきり言えば、事情を聞き取る。不明の事を聞きただす、という事ですね。
 伺いましょうか、とか、承りましょう、なんて切り出したって、それは失礼ですよ。
 聞かせてくださいと切り出しても失礼ですよ。

 どういう言葉で切り出しても、ヒヤリングであれば、私はおぅそんな偉い人に今更、お話しする事はないよ、って門前払いしますね。

 すみません、○○の件で当時の事情についてお教えいただきたいのですが、というのが普通でしてね。
 お聞かせください、ってきたら、お聞かせすることはないよ。ていいます。
 
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございました。

お礼日時:2009/04/29 22:08

 諸々については皆さんが意見されてますので・・・。



 「hearing」と聞くと、一般の人がどう受け取るか知りたいとの事ですので、私個人の意見を言いますと「意見聴取」の意味合いの方が強く感じます。「話を聞く」という風にはあまり受け取りません。
 因みに私の英語力は良くもなく悪くもなく、ごく平均だと思います。
ご参考になれば・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございました。

お礼日時:2009/04/26 23:11

 


>「ヒアリング」という言葉を先輩に使うことは失礼なことかを質問しています。
#1でも書いた様に「失礼」か「失礼でない」の二者択一の問題でなく、受け手により変わる事が問題なのです。
A先輩には問題ないがB先輩は嫌な思いをする、C社には問題ないかも知れないがD社では非常識な会社と捉えられる。

社会人なら結果を考え危ない橋を渡るな、と先輩は腹の中で言ってます。

和製英語の「ヒアリング」は「話しを聞く」と使うときもあれば「意見聴取」という意味もある・・・これが答え

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございました。

お礼日時:2009/04/26 23:10

 


>しかし、上司がヒアリングと言っていたのでメールにそう書きました。
会話と文字で言葉使いを変えるのは常識です。

>また、今回のメールは他社ではなく同じ職場の先輩に対して送りました。
顧客に悪い印象を与えてからでは取り返しが付かないから、社内の内で注意したのでしょう。
先輩として当然の行為です、良い先輩を持ちましたネ

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます。

#1のお礼でも書きましたが、
別に先輩の行為に対して不満があるとかということではありません。
先輩も私のことを考えて注意してくれたことは最初からわかっています。
タイトルに書いたように、
「ヒアリング」という言葉を先輩に使うことは失礼なことかを質問しています。

また、必要に応じて会話と文字で言葉使いを変えることは常識だと思いますが、
メールではなく口頭で先輩に「ヒアリングさせてください」と言っても同じ指摘がされると思います。
ですから、「会話と文字で言葉使いを変えるのは常識」という回答が何を意味しているのかわかりませんでした。
その組織内で使われている用語を使った方が伝わると思い、
上司が使っていた「ヒアリング」という言葉を使いました。

お礼日時:2009/04/26 15:30

ヒアリングより、むしろ「させていただいてよろしいでしょうか」という言葉使いが気になります。

過剰に「せる、させる」の英語で言う使役動詞と「いただきます」の謙譲語を重ねていませんか? それに「よろしいでしょうか」とさらに相手の意向を謙って尋ねる言葉が加わわるのはよくありません。

最近の若い人に限らず、中年以降の人でも男女を問わず、あの言葉のプロであるアナウンサーでも自分の行為に「・・・させていただきます」と使う人が目立ちます。

過剰に言葉を重ねることは、見苦しくてなりません。

ヒアリングの語感は確かに日本人の先輩の仰る受け取り方があると思います。英語ネイティブには問題がなくても、日本人にはそう感じられるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます。

「ヒアリング」という言葉を使うことを前提とした場合、
「お仕事についてヒアリングしてもよろしいでしょうか」
と書くべきだったのでしょうか。
新人が先輩に「~してもいい?」と聞くと、
先輩にさせているようで失礼な気がします。

また、
>英語ネイティブには問題がなくても、日本人にはそう感じられるでしょう。
この部分はむしろ逆で、英語のネイティブスピーカーだと「意見聴取」というニュアンスで捉えられ問題になるけど、
日本ではそう感じられないのではないかという質問でした。

お礼日時:2009/04/26 13:53

目下か目上か以前に、あまり「ヒアリング」という言葉自体を使わないですよね。


あまり使わない言葉なので、「失礼かそうじゃないか」の習慣もまだ定まっていないと思います。

が、使用された状況がよくわからないので、わからないです。

>SE の要件定義でユーザーから「ヒアリングする」と一般的に使いますので
それなら、SEの要件定義に関わることでのメールなら、さほどおかしくないかもしれません。
それ以外の一般的な状況でのことなら、「失礼だから」というよりは「あまり使わない言葉だから」という意味で、使わない方がベターです。
あまり使わない、それも横文字を使うと、気取った感じがするので、相手をつきはなしているみたいで、失礼ですよね。

「お仕事についてうかがってもよろしいでしょうか。」と書いてはどうでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます。

順に先輩をまわって、仕事について聞くことを最初はなんて言えばいいかわかりませんでした。
上司がヒアリングと言っていましたのでメールにそう書きました。
ですから、気取るつもりも何もなかったのですが、
おっしゃる通り、相手にはそう受け止められたようです。
使わない方がベターということを使ってから知りました。。。

お礼日時:2009/04/26 13:42

 普通に「お聞かせください」「質問させてください」って言わない理由はなんですか?



 あなたご自身が外国の方なら致し方ないですが。

そして、和製英語というものは、野球のナイトゲームをナイターというように、本来の英語ではない単語のことを言います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>普通に「お聞かせください」「質問させてください」って言わない理由はなんですか?

上司がヒアリングと呼んでいたので、メールにそう書きました。

英語の naive に対して日本人が使う「ナイーブ」が和製英語のように、
英語の hearing に対して日本人が使う「ヒアリング」も和製英語ではないでしょうか。

お礼日時:2009/04/26 13:35

 


日本語でも時代とともに意味合いの変化があります。
まして、人の感じ方が定まってない英語を(特に業界用語だったり自社用語を)使うのは控えるべきでしょ。
貴方の言動が貴方の会社の評判につながります。
客は嫌な思いは直接は伝えませんが社内には負の情報として伝わります。

 
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます。

誤解を生む可能性がある言葉を使わない方がいいことは承知しております。
しかし、上司がヒアリングと言っていたのでメールにそう書きました。
また、今回のメールは他社ではなく同じ職場の先輩に対して送りました。

お礼日時:2009/04/26 13:38

自分が普段どう使っていようと、先輩や顧客、敬意を表す人間に対して、誤解を招く可能性のある言葉は使うべきでは無いでしょう。


教えてくれた先輩に感謝しましょう。

今回は先輩だから良かったものの、これが顧客に誤解されたのだったら、「普段から一般的に使いますので」なんて言っても取り返しが付きませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます。

誤解を招く可能性のある言葉は使うべきではないと思いますし、
先輩に指摘していただいたことに対してお礼のメールも送りました。
ただ、一般的にどう受け止められるのかと疑問に思いまして質問させていただきました。

お礼日時:2009/04/26 13:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ヒアリング」の仕事での一般的な意味

日本語を勉強中の中国人です。仕事で使う「ヒアリング」という言葉は普通どういう意味でしょうか。

たとえば、「〜のヒアリングを目的に、来るそうです」とか、「A社のヒアリングによると」とかの文言。

辞書を調べてみましたが、公聴会、聴聞会の意味のようです。イメージがなかなかつかめませんので、どなたかもう少し詳しく説明していただけませんか。

また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

難しいことではありません。日本のビジネスでよく言う「ヒアリング」は、単に「(主に顧客の)意見・事情・説明を聞く」ってだけの意味です。単に「話を聞く」よりも、「聞きたいことがあり、それ専用の場を設けてしっかり聞く」という意味合いがあるかもしれません。

ちなみに、海外の方ならご存知かもしれませんが、英語の"hearing"にこういった意味・用法はありませんね。"hear"は主に「意識せず聞こえる」といったニュアンスで使われますが、それ以外でも「主導権を握った側が、相手に話させる」という場合にも使われるようです。
そういう意味で、前者の意味は勿論のこと、後者の意味でも日本のビジネス用語「ヒアリング」は誤りということになります。

Q「お伺いさせて頂きます」という敬語

よろしくお願いします。

「お伺いさせて頂きます」という敬語の使い方は、やや不自然に感じますが正しいでしょうか?
間違っていればその部分と理由を教えてください。

Aベストアンサー

「伺う」「させて頂く」は、いずれも謙譲語ですので、二重敬語になり、違和感を感じられるのは当然です。
「伺います」あるいは「参加させて頂きます」などに言い換えるべきだと思います。

そもそも「させて頂く」という謙譲語は、「本来、このようなことをするのは失礼と存じますが」的な前提に基づいた敬語なのですが(例えばテレビで「抽選の結果は、発送をもって代えさせて頂きます」)、最近では、動詞にこれを付ければ敬語になると勘違いして使うケースが増えており、だんだんそれがスタンダードになってきているのは、個人的には淋しく悲しい気がしています。

例えば、会議などで企画を説明する時、本来は「それでは企画内容について、ご説明致します」「ご説明申し上げます」と言うべきですが、最近の若者はほぼ全員が「説明させて頂きます」と使います。
食事を勧められて「では頂かせて頂きます」という、わけのわからない敬語を使うのも聞いたことがあります。

スミマセン。年寄りの愚痴でした。

Q「ご質問があります」「ご回答いたします」 この「ご」はいるの?

先日、メールのやりとりの中で、「いくつかご質問があります。」という一文がありました。相手が、私に対して質問したいことがあるという状況です。
自分が質問したい場合に、そのことをさして「ご質問があります」は、なんだか違和感があるな、と思ったのですが正しい用法なのでしょうか?
また、そういったご質問に対して、「"ご"回答いたします。」と自分が回答することに対して「ご」をつけるのは正しいでしょうか?
仕事のメールでしばしば見かけるし、私も曖昧な使い方をしているかもしれないと思って、不安になってきました。まスマートな表現をお教えいただけましたら幸いです。

ちなみに私は下記のようにしています。
質問があるとき「下記の事項についてお教え下さいますでしょうか」「ご教示下さい」「質問があります」
回答するとき「ご質問頂きました件につき、下記の通り回答いたします」もしくは、質問事項(引用)に回答を付記する。

Aベストアンサー

こんにちは(^^
この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。

基本的には、敬語はNo.2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。

では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。(Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。

ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。
たとえばNo.5のStella_Marisさんが出していただいた例「ご案内いたします」や、ビジネスの場だとよく出てくる「ご紹介いたします」などと用法的には全く一緒です。

でも、感覚的な問題で「ご質問致します」「ご回答致します」は敬語の使い方としておかしい!と思っている方も多いですから、seven_heavenさんの仰る通り、「ご質問いたします」と書いてくる相手には「ご回答いたします」、そうでない相手には「ご」無しが無難だと思います(^^。

私の場合、質問があるときには、seven_heavenの書かれている例の他、
「いくつかおうかがいしたい点がございます」
も使ったりします。
回答の場合は、(「ご回答」を避けるために)
「ご質問いただきました点につきましては、以下の通りですので、宜しくご確認お願いいたします」
と書いたりします。


ちなみに蛇足ですが「いたします」には「謙譲」「丁寧」の両方の意味がありますが、相手によっては「丁寧」の意味しか無いと思っている場合がありますね~。 これもあいまいなとこです(^^;

こんにちは(^^
この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。

基本的には、敬語はNo.2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。

では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。(Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。

ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。
たとえばNo.5のStella_Marisさんが出していただいた例「ご案内いたします」や、ビジネスの場だとよく出てくる「ご紹介いたします」などと...続きを読む

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q至急お願いします!!「代理でメールを送る場合の上司の書き方」

上司の代理でメールを送ることになりました。
その際は、上司の名前を呼び捨てにし、●●の代理で送らせていただきます。と記載していいのでしょうか。
CCに上司も入れるのですが、やはり肩書き「部長」などを付けるのは、間違いでしょうか。
自信が持てませんでしたので、質問させていただきました。
申し訳ありませんが、早速のアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

社外に送られるんですよね?
身内以外に送るのでしたら呼び捨てで大丈夫です。
メールだけでなく電話などの場合でも同様です。

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Q問題なければ、の敬語を教えて

(1)問題ございませんでしたら、
(2)問題ありませんでしたら、
(3)問題がありませんでしたら、

等、考えてみましたが、どれもしっくりしません。

ビジネスメールとして相応しい文がありましたら教えて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

さしつかえなければ、・・・

もし、よろしければ、・・・・

できましたら、・・・・

Q「お申し付けください」は間違っていますか。「言う」の尊敬語は「おっしゃ

「お申し付けください」は間違っていますか。「言う」の尊敬語は「おっしゃる」で謙譲語は「申す」であれば、お客さんなどに「ご希望があれば遠慮なくお申し付けください」という言い方は間違っているのでしょうか。

Aベストアンサー

多少複雑ですが、間違いではないようです。
↓を参考にしてみてください。

参考URL:http://ameblo.jp/comkeigo/entry-10097099260.html

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

Q関係各位と関係者各位はどっちが正しい?

タイトルどおりなんですが、ふと疑問に思ったので質問させていただきます。

よくメールや資料などに上記の言葉が記載されていると思いますが、どっちが正しい(もしくは両方正しいが使用方法や相手によって違う?)のかわかりません。ちなみに私は関係各位を使っています。

私の個人的な意見としては多分、人に対してか不特定に対してかの違い、意味合いかな?ぐらいに思ってますが。。。どうなんですかね?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.4再補足します。

各位は皆さんの古い言い方で官庁、会社関係、一部の個人が使用しますが、商売でお得意様を相手にする場合は使わない方がいいでしょう。

各位で満足せず「関係者」「お得意様(厳密には様は不要)」を付け加えるなら、お得意様の具体的名前を入れ「各位」を省くのが現代流だと思います。または「拝啓」などではじめる方がいいような気がします。

フラメンコ研究会会員各位なら相手を特定しているので個人に準じた扱いとなり、現代でも許される範囲の
使い方といえるでしょう。

以上がコメントです。結論として、間違った使用法も含めて「各位」を使いたい人が依然として多いので、
関係者各位、お得意様各位、父兄各位のように使用しても一般には違和感なく受け入れられるでしょう。

個人的意見としては、「各位」が「皆さん」という呼びかけ(相手を特定しない)なので、更に「関係者」とか
「お得意様」という不特定多数をさす言葉を重ねるのは
「個」を大事にする時代の流れに沿わないと思っています。個人的こだわりです。


人気Q&Aランキング