ネットが遅くてイライラしてない!?

今までレミパン(24cm)を愛用していましたが、カレーを寝かしたりする「保存」に向いていなくて2代目もダメにしてしまいました。
そこで、レミパンに代わる、パスタやうどんをゆでたり、煮物やカレーも寝かせられる片手鍋がないか今探しています。
両手鍋だと鍋つかみを使ってお湯を捨てなくてはいけないので片手鍋希望です。
お使いでおすすめの万能片手鍋がありましたら是非教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

煮物やカレーも寝かせるとなると、ステンレス多層鍋が良いと思います。


CRISTEL
http://www.cherryterrace.co.jp/product/cristel/i …
取っ手が自由に変えられるので、片手鍋にも両手鍋にもなります。
もちろんパスタやうどんを茹でることも出来ます。
難点は、多少薄手の鍋より重く値が張ります。
しかし鍋1個で色々な物を作るのであれば、私だったら多層鍋を選びます。

参考URL:http://www.cherryterrace.co.jp/product/cristel/i …
    • good
    • 0

こんにちは。



私は、普通のステンレスなべでパスタもうどんもカレーも煮物も
作っています。ご飯もたきます。
揚げ物だけはやりませんが・・・。

これと、ティファールのフライパンに市販のふたがあれば、
炒め煮もできるし。

お鍋は普通にスーパーとかで売ってるやつで、
結構万能にできますよ★
    • good
    • 1

料理によってお鍋を使い分けられるほど、お鍋の特性に詳しくないので、私はほとんどフライパンでず。


マーブルコーティングの物を使っているのですが、汚れが落ちやすく洗うのが楽です。
パスタもフライパンで茹でて、そのまま調理します。
なるべく深いタイプの物にすれば、いいんじゃないでしょうか…
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鉄フライパンで駄目なことは?

こんにちは。
鉄フライパンを使ってみたいと思っています。
そこで質問なのですが、私はフライパンで野菜をゆでたりすることがありますが、鉄のフライパンでコレをやるとせっかく育った油の膜?の
ようなものがとれたりしますか?
鉄のフライパンは使うほど油が馴染んでいい感じになるというので野菜をゆでたりするのはやめたほうがいいのかなぁ?ときになりました。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

使った後にお手入れしておけば大丈夫ですよ。
具体的には
・汚れ・こびりつき・焦げを落として(←残っているとまた次回も焦げ付いたりします)
・フライパンを暖め水滴を飛ばした後、油を薄く塗る
・湿気水気の少ないところに保管
といったところでしょうか。

良くないのは、
・食材入れっぱなし
 ←サビる・臭いがつく
・熱いフライパンを冷水で洗う
 ←鋳鉄製の場合はクラックが入ったりします。
・洗剤を使って洗う 
 ←油が落ちる
・金ダワシなどで洗う
 ←地金が傷つく
・ずっとほったらかし
 ←錆びる・カビる

愛情をもって育ててあげてくださいね。

Qステンレス鍋とアルミ鍋、どっちが使いやすい?

いま、ステンレス製の片手鍋を1つ持っているのですが、
お料理を同時進行させるためにもう1つ鍋を購入しようと
考えています。

ステンレス製の鍋は保温力&ふたの密閉力?が高くて、煮物には
向いていると思うのですが、すこし重い感じがします。
ですので、アルミ製は軽そうなので使いやすいのかな?でも
使ったことがないので、思わぬ欠点もあるのかも・・など
迷っています。

ステンレス製の鍋とアルミ製の鍋は、どちらが使いやすいと
思われますか? メリット・デメリットを教えてください。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

はじめまして

最初に補足ですが、アルミ鍋が有害なのではなく、アルミが有害です。
調理中にアルミが溶け出す量は極微量で、体に影響がでるほどは溶け出しません。
アルミニウムは自然界に多い物質ですので、薬や食料品等にも含まれており、鍋以外からの摂取量の方が多いと思われます、

本題です。
ステンレスのメリット
・丈夫で錆びにくい
・保温性が良いので、煮込む料理や保温調理にむいている。(これは板厚が薄い物は該当しません)
・IHに使用できる物が多い(使用出来ない物もあります)
デメリット
・熱伝導が悪い
・重い(軽い物もありますが、薄すぎると調理にむいていません)
思わぬ欠点は、中国製などで非常に安い物は錆びたりすることもあります。
板厚が薄すぎると炎があたっているところが焦げやすいです。

アルミニウム
メリット
・熱伝導がよい
・軽いので扱いやすい
デメリット
・ステンレスよりやわらかいのでぶつけたりすると、へこみやすい。
・ステンレスと比べると保温性が低い。
思わぬ欠点は、板厚の極端に薄い物・その地域の水道水の塩素濃度が高いという条件がそろうと、「腐食」という現象を起こし、穴が開くことがまれにあります。

結果的には、みそ汁など短時間で簡単な料理はアルミニウムで、長時間煮込むような料理はステンレスで、というような感じです。

どちらにもいえるのは、購入するのであれば「国産」のもので、板厚は最低1mm以上あるものがよいと思います。

はじめまして

最初に補足ですが、アルミ鍋が有害なのではなく、アルミが有害です。
調理中にアルミが溶け出す量は極微量で、体に影響がでるほどは溶け出しません。
アルミニウムは自然界に多い物質ですので、薬や食料品等にも含まれており、鍋以外からの摂取量の方が多いと思われます、

本題です。
ステンレスのメリット
・丈夫で錆びにくい
・保温性が良いので、煮込む料理や保温調理にむいている。(これは板厚が薄い物は該当しません)
・IHに使用できる物が多い(使用出来ない物もあります)
デ...続きを読む

Q皆さんの使っている、長く使えるおすすめの鍋を教えて下さい。

皆さんの使っている、長く使えるおすすめの鍋を教えて下さい。

圧力鍋、無水鍋、シャトルシェフ、十得鍋・・などなど。
(ルクルーゼは、おいしいとは聞きますが、重いのでパスです)
長所や短所。素材(アルミかステンレスか)や大きさ。
調理法別の違いなども合わせて教えて下さい。

希望としては、
・ちょっと高くても(1~2万円)、長く使える
・幅広い料理に使える
・ガス代をおさえたい
・手入れが簡単(かなりのずぼらです)
・おいしく食べたい


結婚して10年近くたちますが、恥ずかしながら現在持ってる鍋は
旦那が独身中に使っていた、アルミの両手鍋(カレー、豚汁などに)・片手鍋(ちょっとした煮物に)。
500円で買ったミルクパン(みそ汁)。
私の実家に眠っていた、寸胴鍋(おでんと煮豆)と浅型両手鍋(ほとんど使わず)。
新しい鍋を買って、台所でのテンションをあげたいのも理由の一つです。


圧力鍋を買いたくてずっと悩み続け買おうとしたのですが、調理や片づけが面倒そうだし、コトコト系の料理はあまり味がよくないようなので、気持は冷めつつあります。あと、一生モノなので高くてもいいというものの、部品交換の出費が。。

無水鍋は手入れも簡単そうで、お手頃だしと思いましたが、そこまで重宝されてないような書き込みが多く、今はシャトルシェフに気持ちが移りつつあります。

実際使われている皆さん、いかがでしょうか?

とにかく面倒くさがりなので、手入れが簡単に越したことはありません。
ゴシゴシ洗えて、収納面も。

それから、今使っているIH炊飯器の内釜のコーティングがボロボロで、これを機に炊飯も鍋に変えようかとも思っています。(タイマーの便利さに負けないか不安なとこですが・・)


旦那と、子供2人の4人家族です。一日1回、4合炊いています。
とりあえず、カレーサイズの鍋を一つ検討しています。
ご飯も鍋でいけそうだったら、また後日買いたすとして。

結局は、使う人の好みや性格、何に重きを置くかだと思いますが、色々検索して逆に分からなくなってきました。よきアドバイスをお願いします。

皆さんの使っている、長く使えるおすすめの鍋を教えて下さい。

圧力鍋、無水鍋、シャトルシェフ、十得鍋・・などなど。
(ルクルーゼは、おいしいとは聞きますが、重いのでパスです)
長所や短所。素材(アルミかステンレスか)や大きさ。
調理法別の違いなども合わせて教えて下さい。

希望としては、
・ちょっと高くても(1~2万円)、長く使える
・幅広い料理に使える
・ガス代をおさえたい
・手入れが簡単(かなりのずぼらです)
・おいしく食べたい


結婚して10年近くたちますが、恥ず...続きを読む

Aベストアンサー

#4です

私が愛用しているのは16cmのKBB-1600です。
一番小型のサイズですが、お味噌汁や肉じゃがなどではぴったりのサイズですね。
カレーもディナーカレーとかザ・カリーのような小箱サイズのだと、ちょうど作れる大きさです。
ただ、お子様が食べ盛りでしたらもっと大きなのがいいでしょう。
うちの場合は保温容器の置き場所の関係上この大きさが限界でしたが。

シャトルシェフの利点は、保温加熱中に具材が動かないので
味がよく染みているのに煮崩れしていない煮物が作れるところです。
ポトフなども、綺麗な透明なスープが取れますよ。
欠点は普通に火にかけるよりも調理に時間がかかるところでしょうか。
そのあたり逆算して調理をはじめないといけないですね。

あと、炊飯器ですが、予算に余裕があれば圧力IH炊飯器にすると世界が変わります。
やすい炊飯器にありがちな、べちゃっと感がまったくなく、ふんわりしゃきっとした美味しいご飯が炊けますよ。

Qフライパンの大きさは?26or28

フライパンを購入しようと思っています。
家族は3人です。(ゆくゆくは4人になるかも!?(笑))

人の好みによりけりだとは思うのですが教えて下さい

今までは26センチを使っていたのですが、レシピによっては少し小さいかなと感じる事もあります。
今回28センチにしようかと思うのですが大きすぎて使いにくいと言う事はありますか?

皆さんお使いのフライパンは何センチですか?
又26か28センチのどちらかを購入するとしたらどちらが良いでしょうか?

Aベストアンサー

私は今一人暮しです。
そしてゆくゆくは5人が希望です(うふ)

私は28cmのフライパンです.
大きくて使いにくいと思った事はありません.
このフライパンで私がしていることは、
・ほうれん草等々青葉モノの茹で
 (少ないお湯で簡単に出来ます)
・魚の煮物
 (いわしもカレイも形崩れなく出来ます。何より取りやすい)
・油を入れてサンマのから揚げ
 (頭を取ると丸ごと出来ます)
・ポテトチップ
などなど裏技的な事もしますし、
チャーハンや油いためも具材に接する面積が広いので
火の通りが速いと思います.
逆に30cmにすればよかったなと思っているほどです.

あ、1つだけ。
あんかけ作る時焦げやすいのでその時は鍋で作っています.
あ、もう1つ。
オムレツもちょっと大きすぎるのでこれも鍋で作っています.

poteto88さんのメイン料理が何かわかりませんので断言できませんですが、和食が多いのであれば断然大きいのがおすすめです.

Q健康を考えると何でできている鍋がいいのでしょうか?

家にある鍋(土鍋ではなく、日常調理に使う鍋のこと)が、古くなってきたので、いっそのこと、嵩張らないように一揃えで買い換えようかと考えています。
そこで、どういったものにしようかと迷っています。
使い勝手ももちろんなのですが、健康面を考えた場合、何鍋(ホーロー、アルミ、鉄、○○加工など)がいいものなのかというのも参考にして考えようかと思っています。
一昔前はアルミ鍋は良くないなんて言われましたが、その後、この説は下火になったことは知っています。
なんだかんだいって、あのうすっぺらいアルミ鍋で作ると調理しやすいものもあるし・・・。

健康を考えると、何鍋がいいという差はあるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

アルミ鍋の害が下火になったのではありません、噂が下火になっただけです、アルミが溶け出す事で胃や記憶障害の引き金になると言う懸念は残っています、そのうちテフロン加工などはフッ素が融け出るなどと言い出すかも知れません、とにかく危ない懸念があるものは避けるべきだと思います、鉄、ステンレス、ホーローなどが無難な所ではないですか、先の回答者が述べられているように、外国産の怪しげなのも要注意してください。

Qカレー、シチュー等、ルー1箱分作るなら何Lの鍋?

いつもカレーやシチュー、チャウダーは、大箱のルー1箱分作ります。
商品によりますが、10皿~12皿分でしょうか。
材料が半端に残るのが嫌なので、規定量よりも具大目に入れてしまいます。
たまねぎ1/2とかなら、1個入れてしまいます。
基本メニューにない野菜類、例えばきのこなんかも入れてしまいます。
この場合、どれくらいの鍋の容量があれば、十分なのでしょうか?

現在満水3.5L、かき混ぜられるぎりぎりの量だと3Lの鍋を使っていますが、
小さくて入りきりません。
肉じゃがやおでんなども作りますが、やはり鍋が小さく入りきりません。
いつも途中で別の鍋に少し移すことになってしまいます。
少し食べて減ったら、また鍋に戻すという面倒なことになっています。

24cm 4.5L
26cm 5.3L
28cm 7L
30cm 7.5L

と容量があり、どのサイズを買えば、どんなときも大丈夫なのか迷っています。
大は小をかねますので、本当は大きなものを買いたいですが、
シンクが小さくて鍋を洗うのが大変なので、大きすぎず小さすぎず、
調理時に縁ギリギリより少し余裕がある大きさが欲しいです。
現在の状況で、3L入れた状態ですと縁まで1~1.5cmくらいしか余裕がなく、
かき混ぜるのが大変です。
縁から5cm前後の余裕が欲しいです。

7L~ですと、今の鍋の2倍なので大きすぎるような気もしますが、
入りきらない分を別の鍋に移したり、余裕を考えると
~5.3Lですと小さすぎてお金の無駄になってしまいそうな気もします。
どのサイズが妥当でしょうか?
値段はみんな変わらない程度なので決めかねています。
みなさんでしたらどのサイズにしますか?
アドバイスお願いします。

いつもカレーやシチュー、チャウダーは、大箱のルー1箱分作ります。
商品によりますが、10皿~12皿分でしょうか。
材料が半端に残るのが嫌なので、規定量よりも具大目に入れてしまいます。
たまねぎ1/2とかなら、1個入れてしまいます。
基本メニューにない野菜類、例えばきのこなんかも入れてしまいます。
この場合、どれくらいの鍋の容量があれば、十分なのでしょうか?

現在満水3.5L、かき混ぜられるぎりぎりの量だと3Lの鍋を使っていますが、
小さくて入りきりません。
肉じゃがやおでんなども作りますが、...続きを読む

Aベストアンサー

私は2.8リットルの鍋で、ルー半分です。
やはり野菜を多めに入れるので、ちょうどよいくらいです。
(たまねぎ半分とか言われても、残った半分はどうしてくれるんじゃ!と言いつつ、全部入れてしまうので)

ルー全部だと、6リットル(24cm)の鍋を使います。

6リットルの鍋でも、おでんのときは、はんぺんが膨れて蓋を押し上げられてしまいます。
入れすぎなのはわかってるんですけど、おでんだからいろいろと入れたくなっちゃって。

Q身体にいい鍋

現在、主にアルミの鍋3種と、鉄のフライパンを使って料理をしています。
でも、有害物質の話などを聞き、健康に影響が出ない素材でできた鍋に買い替えようと思っています。
どんな鍋がよいのか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私もお鍋の安全性に関心をもち、いろいろ調べたことがあります。

下にアルミに関するURLを貼っておきます。
市販のお鍋は、アルミが溶出しないようアルマイト加工されていますが、タワシでこすると
取れてしまいますよね。
私は、アルミの表面をステンレス等で覆ったものを除き、すべて捨てました。
アルミにテフロンで加工したフライパンは使っています。テフロンがはげないうちに
買い替えれば問題がないと思います。
なお、テフロンは非常に安定な物質なので、剥がれたのを食べてしまってもそのまま
排出されるから、問題ないそうです。
ついでですが、お鍋やアルミ缶から溶出するアルミよりも、一部の膨張剤に入っている
アルミのほうが量の点ではるかに問題だそうです。ヨーロッパでは、ワッフルをたくさん
食べる人はボケる確率が高いとか・・・
ついでですが、一時問題になった、鎮痛剤や胃薬のアルミは、現在はほとんどの薬から
除かれているので大丈夫だそうです。これは薬剤師さんに聞きました。

アルミ業界のHPには「アルツハイマーとの関連性は立証されていない」と書かれていましたが、
安全性も立証されていないなら、使わないにこしたことありませんよね。

鉄のフライパンやお鍋は、鉄分が溶出するので、健康にいいんじゃないでしょうか。

ホーローははげない限り安全性が高いそうです。
陶器は、かなり低い温度で焼いたお皿などは、釉薬の鉛分が溶けるそうですが、
土鍋は耐熱性を高めるため高温で焼いてあるので、問題ないそうです。
また、陶磁器の土はアルミナ(酸化アルミニウム)が主体ですが、高温で焼成するので
溶出しないとのことです(二つ目のURL)。

有害物質とは別の話ですが、全面強化ガラスの蓋やお皿は、ちょっとでも欠けたら捨てたほうが
いいみたいですね。非常に丈夫なかわり、小さな傷ができるとそれが突然大きくなって、
粉々になる事故もあるそうです(3つ目のURL)。

・・・まとまりなく長々と書いてしまいました。
ちなみに、我が家では現在のところ、ステンレスとテフロン加工の鍋とフライパン・土鍋・
鉄の中華鍋・超耐熱磁器(冷凍庫からレンジへ直行可能)の両手鍋・・・を使っています。

http://www.inetmie.or.jp/~kasamie/alumi.html

http://www1.jca.apc.org/kyusyoku/syokki/data10.html

http://www.anzen.metro.tokyo.jp/f_house.html

私もお鍋の安全性に関心をもち、いろいろ調べたことがあります。

下にアルミに関するURLを貼っておきます。
市販のお鍋は、アルミが溶出しないようアルマイト加工されていますが、タワシでこすると
取れてしまいますよね。
私は、アルミの表面をステンレス等で覆ったものを除き、すべて捨てました。
アルミにテフロンで加工したフライパンは使っています。テフロンがはげないうちに
買い替えれば問題がないと思います。
なお、テフロンは非常に安定な物質なので、剥がれたのを食べてしまってもそのま...続きを読む

Q小さじ1って何gですか?

変なタイトルですみません・・。
離乳食を始めるにあたり、以前も質問したのですが、また違う疑問が出てきたので教えてください。

小さじ1って5ccですよね?
5ccって5グラムとはまた違うのかな?(無知すぎてすみません・・。)
野菜やおかゆ、魚など、全て小さじ1の量は5グラムではないですよね?

きちんと量を考えて与えているママさん達は、この野菜は小さじ1で○グラムだから・・・と計っているのでしょうか?

分かりづらくてすみませんが教えてください。

Aベストアンサー

小さじ1とは水でいうと5cc(5ml)で5グラムのことです。
その物質の密度によって重さは異なりますが、
鉄や鉛を計っているわけではないので、
どんなものでもだいたい5グラムと認識してよいかと思います。

私なんかは、料理するとき軽量スプーンすら使わないで、勘でやることが多いので、
そこまで正確に計る必要はないと思います。
子育てがんばってくださいね。

Q鉄瓶や中華鍋から溶け出す鉄分は安全?

鉄分をとるためにお茶を鉄瓶で沸かしたり、中華なべから微量の鉄分が溶け出すと言われていますが、その鉄分って、体に安全な鉄分なのでしょうか。鉄剤とはまた違う気もしますが…

Aベストアンサー

こんにちは!!
かつて、岩手県の名産品「南部鉄器」の製造に関わっていた者です。鉄瓶や鉄鍋などです。

(1)<鉄剤とはまた違う気もしますが・・・
 そのとおりです。鉄剤の「Fe」と違い、二酸化鉄というのは、鉄のFeと酸素O2が化合したもの、つまり鉄サビです。二酸化鉄は体内に摂取されると、鉄Feとして吸収されるので、鉄剤を飲んだのと同じ効果になります。吸収率は鉄剤の方が良いのですが、鉄器を習慣的に使用していると、安定して確実に鉄分が取れる利点があります。

<その鉄分って、体に安全な鉄分なのでしょうか。
 安全です!
 分かりやすく説明するため、製造方法を簡単に述べますと
(1)鉄のインゴット(今は輸入品が主力で、金の延べ棒のようなインゴットになっています。1kg25~30円くらいが鉄のインゴット価格です。自動車用の鋼板と違って、ただのFeの塊です。
(2)鉄のインゴットを電気溶解炉で溶解する。
(3)溶解した鉄を型に流し込んでから冷ます。
(4)グライダーで研磨する。
(5)食品衛生法をクリアした塗料で塗装する。塗料の分子と分子の間が数ミクロンあいているので、その隙間から二酸化鉄がでてきます。
(6)梱包して、出荷する。

 以上の通りの工程なので、安全なのがお分かりでしょうか。なお、他の鉱物は値段が鉄よりも高いので、経済的な意味では使われることはありえません。南部鉄器の接合部分は溶接です。もし、品質的にご心配なら国産の鉄器を使用したらよいでしょう。
 なお、鉄器の一番良いところは、日常的に使用していると、鉄分の補給ができることと、冷めにくいことです。欠点はさびやすいことです。
ただ、さびると見た目は悪いですが、鉄分の補給量は増加します。

こんにちは!!
かつて、岩手県の名産品「南部鉄器」の製造に関わっていた者です。鉄瓶や鉄鍋などです。

(1)<鉄剤とはまた違う気もしますが・・・
 そのとおりです。鉄剤の「Fe」と違い、二酸化鉄というのは、鉄のFeと酸素O2が化合したもの、つまり鉄サビです。二酸化鉄は体内に摂取されると、鉄Feとして吸収されるので、鉄剤を飲んだのと同じ効果になります。吸収率は鉄剤の方が良いのですが、鉄器を習慣的に使用していると、安定して確実に鉄分が取れる利点があります。

<その鉄分って、体に安...続きを読む

Q安全なフライパンについてお願いします

安全なフライパンについてお願いします

テフロン加工やアルミ製のものは有害成分がとけだす危険があるようですが

鉄製の中華鍋と
耐熱ガラス製のフライパンなら 危険性は少ないのでしょうか?
ズバリ 何を使えば良いでしょうか? おすすめをお願いします。

Aベストアンサー

結論から言いますと、これらの中で人体へ悪影響を及ぼす危険性が最も低いのは
フッ素加工(テフロン)です。


まず鉄ですが、#1の回答者様が仰るように鉄鍋で調理をすると
鉄分が溶け出して調理物に染み込みます。
通常なら害はないのですが、もし鉄に対する金属アレルギーを持っていると
アレルギー反応を引き起こす可能性があります。

また、鉄を摂取しすぎると皮膚の色素沈着、肝障害、
亜鉛やマンガンなど他のミネラルの吸収阻害を引き起こすことがあります。


アルミについても、同様に金属アレルギーの危険性があります。
ただし、アルミ表面には不動態皮膜というコーティングが自然にできますので
鉄よりは調理物への溶け出しは少ないですね。


ガラスは、主成分の酸化珪素自体は人体に悪影響が出る可能性は低いのですが
http://www.glass-kougeihiroba.jp/arekore/index01.html
このページにありますように、様々な化合物が添加剤として使用されています。
この中には金属化合物もありますので、これもアレルギーの可能性を否定できません。


最後にフッ素ですが、これは人工血管の材料として使われていたり
ハミガキの成分として使われているくらい、人体に影響を及ぼしにくい材料です。
万が一にでも有害成分が溶け出す危険性があれば、このような用途には使用できません。

では、なぜフッ素が危険だという誤認がされているかと言いますと
フッ素の原料であるフッ酸は強力な化学反応を起こす猛毒なのです。
ただし、その化学反応が強すぎて、一度反応が終了してフッ素となると
ちょっとやそっとでは分解しない極めて安定な物質になるのです。

このあたりを中途半端に聞きかじった人が、
フッ素の原料は猛毒→じゃあフッ素も毒→使ってたら毒が出てくる
という勘違いをされているのでしょう。


もっとも、鉄やアルミは金属アレルギーを引き起こしにくい物質ですし
ガラスの添加剤も微量ですので、これらが健康被害を引き起こす可能性は
ほぼないと言っていいくらいです。

ただし
>私はアレルギー体質なので少しでも危険な可能性のあるものは可能な限り避けたいと思っています。
と仰られるのでしたら、最も安全なフッ素加工のフライパンを使用されるのがよいでしょう。

結論から言いますと、これらの中で人体へ悪影響を及ぼす危険性が最も低いのは
フッ素加工(テフロン)です。


まず鉄ですが、#1の回答者様が仰るように鉄鍋で調理をすると
鉄分が溶け出して調理物に染み込みます。
通常なら害はないのですが、もし鉄に対する金属アレルギーを持っていると
アレルギー反応を引き起こす可能性があります。

また、鉄を摂取しすぎると皮膚の色素沈着、肝障害、
亜鉛やマンガンなど他のミネラルの吸収阻害を引き起こすことがあります。


アルミについても、同様に金属アレルギーの...続きを読む


人気Q&Aランキング