ID登録せずに、無料で質問できる♪ 教えて!gooアプリ>>

すいません、現在宅地の個人売買を進めている買主の者なんですが、間に入る司法書士の業務の役割がいまいち把握できていないので、教えてください。

購入予定の土地が団地内の200坪の雑種地でそのうちの120坪を分筆して購入する予定です。価格交渉は済みました。

売主の人が最近亡くなり、息子さんが相続する予定でその息子さんと話を進めています。妹さんがいますが相続の分割内容ではすでに話は済んでいる様で今回購入する予定の土地は息子さんが相続するそうです。


で間に売主側の司法書士が入るのですが、今後の司法書士の業務とその報酬の流れを教えてください。

私の現在の予測では
(1)相続登記を売主が司法書士にしてもらう。
(2)手付金額などを話し合い確定する。
(3)私がその土地の情報収集する(下水・上水などは確認済み)
(4)司法書士に契約書を作成してもらう。
(5)手付金を支払い契約書に売主・買主双方サイン捺印
ここからがいまいち分からないのですが・・・・
土地代金は住宅ローンで支払うので次は銀行で売主と司法書士も一緒に移転登記と現金決済をするのでしょうか?

どんな感じになるんでしょうか?

司法書士は契約書の作成と移転登記を行うのでしょうか?
その代金は確定されていますか?それとも司法書士によりまちまち?

またその代金は売主・買主どちらが払うのでしょうか?

詳しい方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

No.2です。


不動産売買における所有権移転登記の際、売主が登記義務者、買主が登記権利者となります。売主は売買代金の受領と引き換えに移転登記に必要な書類を引き渡す義務があり、買主は売買代金の支払いと引き換えに自分の所有権名義にする権利がある、という事です。取引の際、売主はお金を受け取ればいいだけですが、買主は登記に必要な書類が揃っているかの確認が必要になります。
以上の事から、取引の際の司法書士は買主が決める権利がある、というのが不動産取引の常識です。しかし売主の希望で売主の知り合いの司法書士などを使う事もあるし、新築マンションなどでは売主がプロで買主は素人で司法書士の事などわかりませんから、売主が司法書士を指定するケースがほとんどです。売主側の司法書士であっても、司法書士に悪意がない限り心配する事はありません。

ついでに言えば、抵当権設定登記については銀行が登記権利者になりますので、銀行が司法書士を指定する場合が多いのです。

余談ですが、
>今回の土地自体は新興団地内の区画で

おそらく区画整理で造成された土地で、売主が換地処分を受けた土地という事ではないかと思いますが、それであればたしかに比較的安全ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>>おそらく区画整理で造成された土地で、売主が換地処分を受けた土地という事ではないかと思いますが、それであればたしかに比較的安全ですね。

全くその通りです。

非常に分かりやすいご説明感謝いたします。ありがとうございました
^^

お礼日時:2009/05/14 07:54

司法書士さんは、依頼した所有権の移転登記をしてくれる人。

それ以外の業務はありません。もちろん常に土地に関わっておられるので、土地の色々な事に詳しいのですが、過度な期待をするのは危ないと思います。
元々個人間売買は、自分ですべてを解決するつもりでないと、やらない方が良いと思います。

既出のご回答にあるように、売買契約行為そのものに色々な危険がありますが、他に土地の税金の問題でも、時々司法書士の方がアドバイスをされることがありますが、専門外の事なので、よく税務署と解釈が違ったりしてトラブルになることもあるようです。

一言で土地と言っても内容によりそれぞれ専門家がいます。
参考までに
宅建業者・・・・・売買契約の仲介
司法書士・・・・・所有権の登記
土地家屋調査士・・表示登記、測量
弁護士・・・・・・相続の相談
行政書士・・公正証書遺言の手続き
税理士・・・・・・税務相談
不動産鑑定士・・・土地の鑑定評価

それぞれ専門以外の事を聞いたり任せるのは危険です。
    • good
    • 0

 同種の質問をくりかえされてますね。


 大手不動産屋に仲介をお願いしてください。
 まともな土地ならばそれで全て解決します。
    • good
    • 0

No.1の方の回答にあるように、個人間売買で融資してくれる銀行があるのか?というのが気になります。

すでに銀行で相談されてますか?銀行で相談されてるなら司法書士の件も相談されてますか?ローンを使う場合、銀行指定の司法書士でないとダメなところもあります。

司法書士の契約書の作成は、売主の知り合いなのでサービスでやってくれるのか?費用を取るのか?わかりませんね。

相続登記は売主の責任なのであなたには関係ありません。

あなたが費用負担するのは、所有権移転登記と抵当権設定登記です。
登記の費用には登録免許税と司法書士の報酬があります。登録免許税は物件の固定資産税評価額と抵当権設定金額によって決まり、自分で登記しても必要な費用です。司法書士の報酬はまちまちですが、所有権移転登記と抵当権設定登記で、数万円から10万円程度が一般的な金額の範囲だと思います。

事前に見積もりをくれるはずですので、早く知りたければ早く見積もりをくれるように言えば良いでしょう。

この回答への補足

>>あなたが費用負担するのは、所有権移転登記と抵当権設定登記です。
登記の費用には登録免許税と司法書士の報酬があります。登録免許税は物件の固定資産税評価額と抵当権設定金額によって決まり、自分で登記しても必要な費用です。司法書士の報酬はまちまちですが、所有権移転登記と抵当権設定登記で、数万円から10万円程度が一般的な金額の範囲だと思います

この説明非常に分かりやすかったです。ありがとうございました。
ということは今回の土地売買に絡む司法書士に払う代金は私が払うと言うことになるなら、どこの司法書士を選ぶかは私に権限があるんでしょうか?

補足日時:2009/05/13 22:34
    • good
    • 1
この回答へのお礼

分かりやすい説明ありがとうございます。

銀行の方はぜんぜんOKです。
ここで以前聞いたときに皆さんに土地の個人取引は融資してもらえないと聞いたので慌てて各銀行(計5行)に聞いたのですが1行はNOでしたが他の4行はOKでした。今回はJAさんに融資してもらいます。仮審査は通りました。

ちょっとこのあたりの温度差が気になるんですが、ここで色々教えてくださる方は東京の方が多いのでしょうか?都銀は100%ダメだとよく効きます。地方銀行はぜんぜんOKなんですけどね・・・・地域差ですかね?

お礼日時:2009/05/13 21:36

元業者営業です



まず、大前提として不動産の個人間売買には銀行は「非常に」消極的です。(特に大手都市銀では100%「門前払い」)

つまり、ご質問者様の場合は「司法書士云々」の前に「貸してくれる金融機関を探す」事の方が優先です。
以前は割と個人間売買への融資に柔軟だった「JA」や「地銀・信用金庫」も現在は個人間売買への融資は原則引き受けてくれません。

なぜなら、金融機関は担保物件の「担保評価」に不動産会社が作成する「売買契約書・重要事項説明書」を非常に重視しており、また、不動産業者が介在している契約なら一般的に「公序良俗に反しない正当な契約」と判断できるからです。

個人間売買にこの様な書類は当然作成されません。
つまり、「担保評価・契約の正当性」を担保する為の書面がない契約に融資はできないという解釈です。

ただし、僅かながらそのような個人間売買に融資してくれる金融機関もあります。が、そのような金融機関は「地道に自分の足を使って探す」しかありません。

また、個人間売買は「自己責任」です。万一トラブルが発生しても全て自分で対応しなければなりません。
つまり、不動産業者が介在した場合の「法的保護」は受けられないという事です。
そのリスクを冷静にご判断ください。

をれを踏まえた上で。。。

>(1)相続登記を売主が司法書士にしてもらう。
>(2)手付金額などを話し合い確定する。

その通りです

>(3)私がその土地の情報収集する(下水・上水などは確認済み)

ご質問者様は不動産の物件調査の経験がおありでしょうか?
経験があるのなら構いませんが、全く経験が無いのであれば「調査不足」という事も十分考えられます。
それが原因でトラブルになっても「自己責任」です。十分ご注意ください。

>(4)司法書士に契約書を作成してもらう。

個人間売買ではよくある事ですが、契約内容は十分に理解する必要があります。

>(5)手付金を支払い契約書に売主・買主双方サイン捺印

「契約内容を十分理解し、合意できれば」大丈夫です。
ただし、一旦署名・捺印した後に「そんなつもりじゃなかった」「理解が足りなかった」と言っても通用しません。
民法上は「脅迫・公序良俗に反しない内容」の契約は「有効」な契約で、署名・捺印をした場合はその内容を履行する義務が発生します。
たとえ「騙されたとしても」騙された方の過失も認めるのが民法です。

そしていったん成立した契約を反故にする事が出来るのは、裁判所が認めた「契約能力のない人」か「未成年」だけです。

>土地代金は住宅ローンで支払うので次は銀行で売主と司法書士も一緒に移転登記と現金決済をするのでしょうか?

貸してくれた場合は金融機関が抵当権設定の書類を用意し、売主・買主は所有権移転の為の書類へ署名・捺印します。それを司法書士が確認したあとに銀行が融資を実行します。特別な場合を除いて「現金」を目にする事はありません。送金は買主口座から売主口座へ伝票で処理されます。
融資実行が確認できたら司法書士が登記所へ行き登記申請をします。

>司法書士は契約書の作成と移転登記を行うのでしょうか?

本来司法書士の仕事は「不動産登記法」により認められた事(登記申請とそれに関わる業務)のみです。
つまり、契約書の作成は本来の業務ではありません。
また、契約書の作成は義務ではありません。民法上は「口約束」でも契約は成立します。
八百屋で大根を買う時に契約書は作成しませんよね?しかし、これも立派な契約行為です。
契約書はあくまで「言った言わない」とならない為の書面です。

故に「契約書作成」は別料金でしょう。金額については司法書士の「言い値」でしょうね。

>その代金は確定されていますか?それとも司法書士によりまちまち?

登録免許税・抵当権設定費用は法律で決まってます。
司法書士の報酬は「まちまち」です。

>またその代金は売主・買主どちらが払うのでしょうか?

どちらでも構いませんが、所有権移転に係る費用は特別な取り決めが無いかぎり通常買主負担です。
売主が負担するのは「抵当権抹消・住所変更・相続登記」等が発生した場合です。

最後にもう一度言います。
「安全且スムーズに取引したいのなら不動産業者を介在させるべき」です。確かに、手数料はばかになりませんが保険としてお考えになられてはいかがでしょうか。
このサイトにも定期的に「個人間売買トラブル。助けて!」という質問が上がりますが、殆どの場合「残念ですが自己責任です」という回答になります。

ご熟考を。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かりやすいご説明ありがとうございます。

十分、注意して行います。

また、銀行の融資の件ですが、東京などの事情はわかりませんが、地方都市ではぜんぜん個人取引でもOKです。当方は東海地方です。
今回はJAで融資してもらうつもりです。すでに仮審査通りました。JA以外でも3行に土地個人取引OKか聞きましたが、全部OKでした。JAは支店によりNOだった所もありましたが、多分地方の銀行は東京の様に厳しくないんでしょうね。

今回の土地自体は新興団地内の区画で団地の販売センターでも販売している土地でして、そこを販売センターを通さないで直接地主に交渉している土地ですので、土地自体は比較的安全かな?なんて思ってます。

お礼日時:2009/05/13 21:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q土地売買に司法書士が仲介?

土地売買には司法書士が仲介できるものですか?その際(売却先が決まっていたら)に売買を証明できる書類などありますか?

Aベストアンサー

仲介というより、所有権移転の手続きを行うのが司法書士です。
また、抵当権の設定が必要な場合も、司法書士が一緒にやってくれます。
仲介手数料が発生する場合は、宅地建物取扱責任者の有資格者が売買の仲介を行った場合、双方から仲介手数料を受け取ることができます。

売主から買主に土地の所有権を移し、登記を行ってくれますので、その土地の謄本や公図など手続きが済み次第もらえます。

宅建資格者の仲介で土地売買をしましたが、双方が署名、押印した売買契約書があります。
契約が済んだ段階で、司法書士の方で上記の手続きをしていただきました。

Q予算2500万でどれくらいの家が建つの?

最近75坪の土地をゲットしました。(^^)さぁ家を建てようと思ってます。しかし自分は全くの素人です。
とにかくせっかく大きい土地なんでできるだけ大きい家を建てたいなと思ってます。何しろ予算は2500万で建坪どれくらいの家が建ちますか?(外講工事、登記、オプション100万くらい)を含む
大手ハウスメーカー希望です。値引きについてもお聞かせいただけたら幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いろいろとお金がかかりますが、意外とかかるのが融資費用。
保証料or事務手数料で60万。火災保険でも40万位必要です。
カーテン、照明で50~60万。

外溝はピンきりで、削りやすいところでもありますが、借金まみれで
後から気軽にできるものでもないですが、メーカーに頼むとべらぼうな
金額を取られます。

例外があって、最初から外溝の「提案」も含めた金額で「検討」すれば
外溝でしこたま儲けるような事も少なくなります。

暖房器具、クーラーもバカにはなりませんし、もしオール電化にするなら
なおさらです。

私の場合これから着工なのですが、他に予算を取っているのが
環境保全組合費、CATV関連、自治会費、Bフレッツ工事費用、団体生命、
引越し費用、退去費、植栽、ソファー、冷蔵庫、IHなべ、勉強机、物置、
ルータ、テレビ、生ゴミ処理機、原付、地鎮祭、挨拶周り、上棟式ご祝儀等

上はあくまでウチの場合ですが、標準で付いているもので満足する人は建売で
満足できる人が多いのですが、注文住宅から始める方は別途追加工事もぼちぼと
出ると思いますよ(^^);

実は、大手ハウスメーカーと工務店の他に「地場でがんばっている」or
「ちょっと県外に進出している」中堅会社も結構あります。
(ウチはこれでお勧め♪)

ここいら辺だと価格交渉の余地があります。
(大手は渋いですがカーテンくらいはつけてくれるかな?)
もちろん、なんの根拠もなく「まけてまけて」といっても成果は上がらない
だけでなく、大切な「信頼関係」までも傷つけてしまうかもしれません。

例えば、「完成見学会やってもいいですよ」とかでも、値引きを引き出しやすい
かと思います。(しかも双方お得)

どこまで2500万円に含めるか、吹き抜けとかどこまでこだわるかにも
よりますが、大手でも40坪くらいはいけそうな気がします。
sekisuiさんで引渡し坪70万になったかたも普通にいらっしゃるようですが・・・

ちなみに、私は大小8社から見積もりを頂いて検討したので「へとへと」に
なりましたが、がんばっただけのことはありました。

参考になれば幸いです。

いろいろとお金がかかりますが、意外とかかるのが融資費用。
保証料or事務手数料で60万。火災保険でも40万位必要です。
カーテン、照明で50~60万。

外溝はピンきりで、削りやすいところでもありますが、借金まみれで
後から気軽にできるものでもないですが、メーカーに頼むとべらぼうな
金額を取られます。

例外があって、最初から外溝の「提案」も含めた金額で「検討」すれば
外溝でしこたま儲けるような事も少なくなります。

暖房器具、クーラーもバカにはなりませんし、もしオール電化...続きを読む

Q土地個人売買での司法書士の役割は?

新築予定で、工務店さんに希望の土地の値交渉をお願いしていました。
その工務店で家を建てれば土地の仲介料は要らないと言われたので・・・

しかしその工務店と家の金額で交渉決裂。別の工務店を探している最中なんですが、土地の方は仲介者がいなくなってしまい、売主と話し合いの結果、売主の知り合いの司法書士(その土地は分筆が必要で最近相続も発生していたのでいろいろ相談に乗ってもらっていたらしい)を間に入れて個人売買にする事にしました。

土地は住宅ローンで購入予定なので先日銀行に行って審査申し込みしました。個人売買でも融資はOKとの事。土地売主に内金20万円入れてありまして融資が下りなかったら返金と言う事になっています。
家の工務店は2社に絞りまして、もうすぐ決める予定です。

そこでなんですが、これからどのような形で話を進めていけばいいのでしょうか?
(1)売主側の知人の司法書士に頼むのはリスクが高い?
(2)融資してくれる銀行に相談してその通りにしたほうがいい?
(3)新しい工務店に任したほうがいい?
(4)司法書士っていったいどこまでしてくれるの?

詳しい方教えてください。

新築予定で、工務店さんに希望の土地の値交渉をお願いしていました。
その工務店で家を建てれば土地の仲介料は要らないと言われたので・・・

しかしその工務店と家の金額で交渉決裂。別の工務店を探している最中なんですが、土地の方は仲介者がいなくなってしまい、売主と話し合いの結果、売主の知り合いの司法書士(その土地は分筆が必要で最近相続も発生していたのでいろいろ相談に乗ってもらっていたらしい)を間に入れて個人売買にする事にしました。

土地は住宅ローンで購入予定なので先日銀行に行っ...続きを読む

Aベストアンサー

(3)はないですね。

買主が司法書士を指定するのが自然です。
ということは、銀行に「買主指定の司法書士でもいい?」と
聞いてください。

ダメなら銀行指定の
おkならaosawaganiさん指定の司法書士です。

司法書士は土地の権利がどこまで及ぶかはノータッチと
おもっていたほうが良いです。(安全です)
境界の石が入ってて越境が何もないなら良いかもしれませんが
上下水等見えないものがありますので、不動産屋を仲介入れるのが
安全です。

Q土地個人売買における司法書士選定は買主に権限がある?

土地の個人売買で司法書士に所有権移転の手続きをしてもらうんですが、いままで売り主が知り合いの司法書士にお願いしたいと言われていたので、無知な私は別にいいですよと言っていたのですが、最近この掲示板で皆さんに色々教えていただいて、所有権の移転手続きなどの司法書士への報酬は通常は買主がするのだと聞きました。

という事は私がどの司法書士にするか決めるってことですよね?
お金を出さない売主が決めるっておかしいんですよね?

それとも、通常は移転登記依頼する司法書士への報酬は売主・買主折半なんでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

>それとも、通常は移転登記依頼する司法書士への報酬は売主・買主折半なんでしょうか?

普通は登記する買主が費用を持ちます。
ただし、抵当権の抹消が必要な場合その費用は抵当義務者つまり買主
が負担します。

それから、買主がローンを使って買う場合つまり新たに抵当権を設定
する場合は金融機関から司法書士を指名してくる場合もあります。

間違いなく登記手続きを代理するという以上の付加価値はないわけで
すから、信用できる書士であればどちらが決めても大きな問題には
ならないと思いますが。

Q重要事項説明書作成の妥当な価格を教えてください。

中古の不動産を個人売買で購入しようと思い、親しくしている売主さんが司法書士の先生にお願いし、正式な契約書も作り、ローンに必要な書類等もすべてそろったつもりだったのですが、そろってなかったのが不動産屋さんに作ってもらう「重要事項説明書」というものでした。おまけに銀行からローンする場合には仲介業者が必要ということがわかり、個人売買のはずが仲介業者に不動産屋さんをお願いすることになりました。

銀行では「2日もあれば重要事項説明書は簡単に書いてくれる」という話でしたが、お願いした不動産屋さんによれば「ローンを通すためだけの適当なものは作れない」とのことで5日かけて、物件まで見に来て売主さんからもいろいろ話を伺うといいます。不動産屋さんからその物件までは60キロも離れ、車で1時間半はかかります。

ですが、明け渡し等含め契約完了も個人でやります(登記はもちろん別ですが・・・)ので、この不動産屋さんにやっていただくのは重要事項説明書を作成しただくことと銀行と私との間で正式な仲介業者さんになっていただくことです。

費用なんですが、直接うかがうと「2500万の物件だから正式には3%プラス6万で81万かかりますが、書類作るぐらいですからこんなにはとりません」という話だけで、正確にはローンも売主さんに振り込まれ、領収証も出て契約が成立してから・・・」とのことでした。

こういうケースの不動屋さんにお支払いする妥当な値段はおいくらになるのか、どなたか教えてくだされば幸いです。よろしくお願い致します。

中古の不動産を個人売買で購入しようと思い、親しくしている売主さんが司法書士の先生にお願いし、正式な契約書も作り、ローンに必要な書類等もすべてそろったつもりだったのですが、そろってなかったのが不動産屋さんに作ってもらう「重要事項説明書」というものでした。おまけに銀行からローンする場合には仲介業者が必要ということがわかり、個人売買のはずが仲介業者に不動産屋さんをお願いすることになりました。

銀行では「2日もあれば重要事項説明書は簡単に書いてくれる」という話でしたが、お願いした...続きを読む

Aベストアンサー

そのような場合の相場というようなものは特にありません。
本来なら事前に金額を決めておくべきでした。
あなたは「重要事項説明書を書いてもらうだけ」という考えのようですが、おそらく不動産屋の方はそうではなく、契約や取引にも立ち会って、と考えていると思います。まあ「できるだけの仕事をしてできるだけ多く手数料をもらいたい」という気持ちも当然あると思いますが。
つまりそのあたりの考え方の違いもおそらくあると思います。
相場はありませんので何とも言えませんが、とりあえず半額くらいを提示してみてはどうでしょうか?不動産屋としては最低でも半額以上は考えているのではないかと思います。そこからの交渉でどうでしょうか。

もう一つ問題は、誰が仲介手数料を払うのでしょうか?本来であれば売主・買主双方から81万円ずつもらえるわけですが、どちらが負担するかという話はしていますか?不動産屋は双方からもらうつもりではないでしょうか?

Q建築確認申請書・確認済証はどこからもらうもの?

今住宅ローンの借り換えを考えております。

審査の必要書類をそろえていたところ「建築確認申請書・確認済証」の2点がどうしても見当たりません。

今の家は5年前に分譲住宅を新築で購入しました。

この2点の書類について聞くとしたらどこに聞けばよいのでしょうか?
それと再交付などはしてもらえるのでしょうか?

Aベストアンサー

重複する点もありますが。

基本的に、施工者あるいは設計者が審査機関から受取、引渡時に建築主に渡されるます。

ただ、ローンの借り換えとなると、当社のローンがあるわけですよね。
その当初ローンの審査の際に、建築主から、あるいは施工者(設計者)から銀行に一度行っているはずです。
まれですが、返却されていないこともあるのではないでしょうか。私は建築会社 営業やってますが、過去にそういう例が一度だけありました。

ですので、竣工書類、あるいは当初のローンの書類と一緒になっていないか。銀行に貸したままになっていないか。あるいは、なんらかの理由で施工者(設計者)の手元にないか確認してみてください。

あと、確認申請、済証の番号は、引渡書類に記載がある場合があるので、確認してみてください。(施工会社によって異なりますが)

Q地盤調査は土地の売買契約前にできる?

戸建て用(注文住宅)の土地探しで、希望するような土地が見つかったとします。
しかしその土地を購入(売買契約)する前に、その土地の地盤調査をして、安全な土地なのかを判断してから実際に土地購入をする事はできますか?

それとも土地を買ってから地盤調査をして、必要なら地盤補強なりをするのが一般的なんでしょうか?この場合だと、調査結果でその土地がかなり問題ある土地だと判明した場合などに、かなり購入者からするとつらい事になると思うのですが・・。

また、築30年くらいの中古戸建てを買って、それを解体し土地を得るという方法を使う場合も、地盤調査はもちろん、購入してからでないと無理ですよね??

Aベストアンサー

基本的には購入前に地盤調査はできないと思います。
売主さんが許可をしてくれれば可能だとは思いますが一般的ではありません。
中古住宅購入の場合も同様ですね。

その土地の周辺の地盤データを参考にして
地盤の強さの傾向と言うのはある程度予想はできます。
役所に行けば過去のその土地の周辺のデータを見ることも可能です。

また役所に行かなくても
以下のサイトの
http://www.jiban.co.jp/
地形で見る軟弱地盤マップ
あたり参考になるかと思います。

Q整地料っていくら位かかるものでしょうか?

整地料っていくら位かかるものでしょうか?
古い住宅造成地の1区画43坪の土地です。前の持ち主は家庭菜園として使用していたようで現在も作物と畝が残っています。ここに家を建てるにあたり事前に整地する必要が出てきました。土の搬入搬出は不要で、擁壁をいじる必要もないようですが、土の表面をならし、小木や生垣を処分する必要があります。処分する植物の量は10立方m程度です。この場合、業者に支払う整地一式の料金はどれぐらいでしょうか?

Aベストアンサー

ほとんど掛かりません。人工で言って、重機オペレーターと補助員で、2人工。重機のtレンタル損料が、2万円くらい。あと、処分する、雑木の量によって、燃えるごみが、トンあたりいくらって、感じでしょうか、そのごみの運搬費と雑費等ですので、7-8万円も支払えば十分な金額ですよね。

真ん中に入った業者が、何十万円と抜けば、膨大な経費になりますがね。

Q盛土の費用について

盛土の費用について
今度、建替えをしようとする土地が、周りの土地より40cm程度低くなっています。土地の広さは、60坪です。なので、盛土が必要なのですが、費用はいくらぐらいかかるでしょうか?
時間がないので、なるべく早く教えていただければ、幸いです。

Aベストアンサー

費用算出のための項目が無いので計算できませんが、一般的な話で読んでください。必ずしも該当しません。

198m2の0.4mなので、約80m3の山砂が必要ですね。転圧しますので、実際は100m3は必要ですので、単価5000円なら100×5000円で50万円。但し単価は地域によってバラバラ。
これに重機回送やその他費用で15万円かかったとして65万円。
出来高ですと正確には算出できませんし、場所やアプローチで違いますが、その程度は覚悟された方が良いかと。

情報をもう少し詳細に書かれたし。

Q土地売買では確定測量しなければいけませんか?

親が以前に土地を買ったときに、隣地との境界がどこかということを確認しなかったようで、
売却したいと思って法務局に地積測量図を取りに行ってもありませんでした。

売却する際には、隣地の所有者に立会いしてもらう確定測量は必ずやるものでしょうか?
買主が了承すればやらなくてよいのでしょうが、市街化調整区域であり登記簿の面積もあまり信用ならないと法務局で教えてもらいました。
面積だけ確認なら現況測量でよいと聞きましたが、現状は境界標が全く見当たらないです。
これでは現況測量もできないでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

業者してます。

>売却する際には、隣地の所有者に立会いしてもらう確定測量は必ずやるものでしょうか?
必ずやるものではありません。一般的な話として、「売主は買主に対して境界を明示する」とする契約書が多いと思います。杭や標があればそれがいいですし、無ければ隣地との塀を見れば概ね判断ができますよね。不動産業者が買う場合などには、後々の販売のために確定測量を条件としてくることもあります。

上に書いたように、杭等が見当たらなくても境界と推察できる塀などがあれば、それをもってとりあえずの現況測量はできるでしょう。農地などのように壁も何も無い場合には、トラブル防止のためにも結論として確定測量をやらざるを得ないでしょうね。


人気Q&Aランキング