もし、日本がイギリスのように大々的に第一次大戦に参加するはめになったとしたら、日露戦争でひいひい言っていた日本が、その100倍?規模くらいの第一次大戦の交戦主要国が行ったような、動因、兵器製造、作戦遂行能力があったのでしょうか?

実際には、そういうことがあっても、対独墺ですから、陸軍の西部戦線派遣と海軍の地中海艦隊派遣いうことなのでしょうが、仮に、対露に対して全面戦争しなければならなくなったとして、当時のドイツのような作戦遂行能力生産力があるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

第一次大戦後に日本陸海軍共に幾度か試算をしていますが、いずれも結論は「日本には主要国が行ったような国家総力戦を戦う力はない」というものでした。


その後、日本の工業化は第一次大戦後の恐慌の波に洗われつつも急速に進展するのですが(例えば日本の自動車生産数は1930年代の10年間でほぼ100倍近く増えます)、欧米列強にはやはり大きく見劣りする状況のまま第二次大戦に突入することになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり、だめでしょうね。結局工業力がまだ育っていなかったのでしょうか。主要機会は輸入品でないと一休品の性能が発揮できない時代ですし、無理なのでしょう。

お礼日時:2009/05/17 17:32

ないです。


もし帝国陸軍が欧州に派遣されることになったら、必要な兵器はよこすように、つまり、大砲、機関銃、機械、自動車の類は最低でも貸すか、くれなきゃやだよ、と言うでしょう。

じつは勃発直後から、英仏セルビア各国から、派遣軍だしてください、と言われていたのですが、帝国陸軍は日本を護るために特化しているので、と言い逃れしていました。

実は、機関銃が置いてある塹壕、という場所で戦った経験がある軍隊は、日露だけだったのです。
特に日本軍はこりた。機関銃陣地は歩兵だけでは落ちない、という経験している。欧州では日露戦争のことは、極東の特殊事情。欧州から離れている田舎の軍隊と、田舎の守備隊の局地戦、としか認識していなかった。日露軍だけが機関銃陣地攻撃の研究していたといっても過言ではなく、特に日本軍はそれに執着しています。
ですから、派遣されて意見を述べることができたら、かなり異様なことが起きたように、ときどき思えてなりません。

海軍は実際に派遣されて、日本のエスコートは優秀だと評判でした。また当時、金剛は世界でも有数の強力艦だったので、きてくれ、と言われていますが、そこまではおつきあいしかねたのが事実でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ないですよね。山県有朋も完全に打ち負かされたという感慨をもらしているのではないでしょうか。

お礼日時:2009/05/17 17:30

日本はほかの国がドイツと戦っているうちに、中国や太平洋でのドイツの利権を奪うために参戦したのです。

本気で国力を発揮するつもりなんてありませんでした。
地中海に艦艇を派遣したのは、欧州諸国から要請があったので、お付き合いで派遣しただけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

全面戦争をそれをやろうと思えばできたのか、できなかったのかですね。

お礼日時:2009/05/17 17:31

日露戦争では高橋是清がユダヤ系アメリカ人の協力を得て、日本公債を無事発行し終えて、日本が戦争体制の維持が可能となり、ロシアとポーツマス条約を結べるようになりました。


 ロシアからの賠償金がとれませんでしたが、日本が我慢して条約を締結したことで、日本公債の売れ行きが順調に推移しました。
 戦時公債を償還するために、追加の日本公債を発行できたのですが、日比谷事件で日本国民がポーツマス条約に不満を抱いていることがわかると公債の評判が悪化します。是清はこれを一時的なものとしてうまく説明して、危機を乗り越えます。
 
 以上は津本陽「生を踏んで恐れず 高橋是清の生涯」(幻冬舎)にでていることです。日本は西欧からはまだまだ国力がないものと評価されていたし、第一次世界大戦の戦時需要があってようやく国力を回復しました。
 英米で公債を購入してもらったからこそ、ようやく条約にこぎつけている日本に多方面への戦争する国力はありませんでした。
 軍備費の増額に批判的な浜口雄幸は襲撃され、井上準之助は暗殺され、高橋是清は2.26事件で暗殺されます。これ以降日本はおかしくなっていきます。つまり国力もつかないまま太平洋戦争に突入していくのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはりないですよね。

お礼日時:2009/05/17 17:33

一応英国艦隊出航後の後詰めとして、マルタ島に大日本帝国海軍が駐留していました。


第一次大戦後に本格的に独自兵器の開発が始まっており、メジャープレイヤーの格では無かったですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ですよね。結局PKO的活動の範囲内でしか兵力を供出できませんね。

お礼日時:2009/05/17 17:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QWW1直前の各国の国力

ww1のIF想像の参考にしたいので質問させていただきます。

ww1直前、つまり1910年代の
これから書く各国の
政治情勢
外交方針
兵力(戦時の最大動員可能数)
世界的に見た兵士の強さ
植民地の有無と面積、本国における重要度
陣営(同盟、協商、中立、第三勢力・・・・)

をわかる範囲で上の全部、または一部を教えてくださいお願いします
一か国だけでも全然大丈夫なんで答えられる範囲でお願いします!!
本当にわがままばかりで申し訳ないのですが、できるだけソースも書いておいていただけると幸いです




イギリス
フランス
ロシア
アメリカ
イタリア
スペイン
ポルトガル
オーストリア=ハンガリー
北欧諸国
スイス
日本
オスマントルコ
ギリシャ
ルーマニア
セルビア

Aベストアンサー

質問があまりに広範囲すぎます。
まず以下の2冊を熟読して骨組みを理解してください。
それからネット検索などで肉付けすると良いと思います。

第一次世界大戦の起原 ジェームズ ジョル
http://www.amazon.co.jp/dp/4622073218
八月の砲声 バーバラ・W・タックマン
http://www.amazon.co.jp/dp/4480088679/

また以下のサイトも良くまとまっています。
第一次世界大戦
http://ww1-danro.com/

Q日本の軍事力は第一次大戦時どのくらいだったのでしょう

1914-1918年当時日本の陸軍軍事力というのは各国と比べてどのくらいだったのでしょう。どの国と同じくらいかという意味で。欧州列強にはとても並べないでしょうが、イタリアぐらいとは並んでいたのでしょうか。また海軍だけとればどうなのでしょう。

Aベストアンサー

イギリスは、第2次までずっと主力艦の数では郡を抜いて多いです。性能も第1次大戦時最高クラスでした。海軍力で1位はイギリスなのは確定です。
ドイツも同様です。ただしイギリスよりは艦船数が劣るため2位です。
アメリカは、南北戦争以降ほとんど戦争に関与しなかったという国家です。そのため、欧州やその影響の強い日本海軍とは別の進化をしていた海軍です。ただ、国力の面で圧倒的なので、保有数は多いです。3位は確定ですね。

日本なのですが、とりあえず日露戦争で勝利したものの、いまだ欧米と比べると見劣りします。国力の面では言わずもがななのですが、技術力でもかなり背伸びの感があります。
金剛なのですが、イギリスで建造されたものですね。技術会得の要因もありますが、いまだ最新鋭となると「海外発注」という状態です。当時それをおこなっていたのはトルコなんかが代表ですね。
特に鋼材技術は大きくいびつであり、金剛のドリルは有名ですね。イギリス製の金剛の装甲に日本製のドリルを使ったらドリルが欠けたというものです。これって案外深刻な話です。
比叡以降は日本で作ったものですね。4隻そろえば一応世界最強の巡洋艦隊とはなるのですが、戦争は1艦隊でするものではないです。

艦船の数で上回っていても技術の面で欧州には及ばないため、肩を並べるのはかなり厳しいかと思います。イギリスを仮想敵国扱いして技術を磨いていたフランスと、そのフランスを敵対視していたイタリアよりも下かとは思いますがいわゆる陸軍国のオーストリアとなら・・・ロシアは日露戦争の大敗北で新型艦建造に大きく出遅れているため、論外かと。

陸軍に関してですが、これは第1次大戦で、大きく様変わりします。日本は欧州戦域でいわゆる「近代戦」を行っていません。アメリカは一応行ってはいるのですが・・・この差は大きいです。第2次大戦で大きく響くことになります。
第1次大戦までは、陸軍力というのはある意味国家動員力とイコールでした。とにかく人を送り込めるほうが強いというのが大前提だったのですが、機械化が進んだため、大きく力関係が変わったのです。
よって、第1次大戦中であっても、近代戦による改変を行わなかった日本軍は大きく遅れをとっています。

航空技術力では、やはり欧州には大きく遅れをとっています。技術力のタッチアップは特に深刻で、第2次大戦まで尾を引く状態となります。

イギリスは、第2次までずっと主力艦の数では郡を抜いて多いです。性能も第1次大戦時最高クラスでした。海軍力で1位はイギリスなのは確定です。
ドイツも同様です。ただしイギリスよりは艦船数が劣るため2位です。
アメリカは、南北戦争以降ほとんど戦争に関与しなかったという国家です。そのため、欧州やその影響の強い日本海軍とは別の進化をしていた海軍です。ただ、国力の面で圧倒的なので、保有数は多いです。3位は確定ですね。

日本なのですが、とりあえず日露戦争で勝利したものの、いまだ欧米と...続きを読む

Q昭和10年時の軍事力ランキング

第二次世界大戦直前の1935年頃の軍事力を国別に順位付けしたらどのようになるのでしょうか?

自分の予想は下の通りです

陸軍力
1ドイツ2ソ連3アメリカ4日本5フランス6イタリア7イギリス

海軍力
1アメリカ2日本3イギリス4ドイツ5ソ連6フランス7イタリア

できれば根拠もいただければうれしいです

Aベストアンサー

付け足しです。1941年6月に関してはこうなるかと思います。
   陸軍
1・ドイツ(保有師団数・車両・航空機・経験で圧倒)
2・ソ連(保有師団数・車両・航空機はダントツ)
3・日本(動員中兵力と航空力が優れる。車両面では遅れ気味)
4・米国(保有兵力は少ないが、航空力は優れる)
5・英国(植民地大国の強み、兵力と車両保有数が優れる)
6・イタリア(兵力こそ多いが士気及び弾薬が枯渇)
番外・フランス(降伏したため植民地軍しかない)・中国(組織だっていない)
   海軍(カッコ内は建造中の数)
1・米国…戦艦17(10)・空母6(5)・巡洋艦及び補助艦が多い
2・英国…戦艦13(2)・空母7(3)・巡洋艦及び補助艦が多い
3・日本…戦艦10(3)・空母8(10)
4・イタリア…戦艦6(2)・空母(2)
5・ドイツ…戦艦2(1)・装甲艦2・旧式戦艦2・空母(1)・潜水艦多数
6・ソ連…戦艦3(4)・潜水艦多数
番外・フランス…戦艦5(1)・空母1(降伏したため評価不能)

44年7月になると
   陸軍
1・米国…工業力で車両・航空機がダントツ
2・ソ連…兵員の数と車両は多い
3・ドイツ…総動員体制に突入したため生産力が急上昇
4・英国…米国の援助で戦力が回復
5・日本…歩兵と航空機は多いが、車両が不足
番外…フランス(亡命政府)・イタリア(停戦後の再編成中)
   海軍
1・米国…戦力がダントツ
2・英国…ドイツ軍の潜水艦攻撃は収まり制海権を回復
3・日本…なんとか戦力を維持している状態
4・ドイツ…風前の灯
5・トルコ・アルゼンチン・ブラジル・チリ…戦争していない
番外…フランス(亡命政府)・イタリア(停戦)・ソ連(壊滅)

付け足しです。1941年6月に関してはこうなるかと思います。
   陸軍
1・ドイツ(保有師団数・車両・航空機・経験で圧倒)
2・ソ連(保有師団数・車両・航空機はダントツ)
3・日本(動員中兵力と航空力が優れる。車両面では遅れ気味)
4・米国(保有兵力は少ないが、航空力は優れる)
5・英国(植民地大国の強み、兵力と車両保有数が優れる)
6・イタリア(兵力こそ多いが士気及び弾薬が枯渇)
番外・フランス(降伏したため植民地軍しかない)・中国(組織だっていない)
   海軍(カ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報