以前、Yahoo!知恵袋の質問で、I am going to be leavingとI am going to leaveの違いについて教えて下さいという質問がありました。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …

僕には、こんな二重進行形の分は文法的に正しくない(インド人の英語は良くこのような二重進行形を使いますが。I am wanting to be -ingみたいな)と思えるのですが、ちゃんと回答がついています。

また、Googleで"I am going to be leaving "を検索すると、いくつかの文章がヒットします。

しかし、英語教師をやっている知人に聞いても、「それは間違い」と断言します。

いったいどちらが正解なのでしょうか。

文法的な解説も含め、回答いただけると助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

 「be going to」は一般的に「あらかじめ決めていること」を表す言い方で普通は「後ろには「状態」を表す動詞ではなく「動作」を表す動詞を置きます。



 したがって、文法的には「be going to be ...ing」という言い方は問題がありそうですが、実際には結構使われているようです。たとえばオバマ大統領もインタビューの中で短い間に3回も用いています。

 we are 【going to be beginning】 these redeployments so we better get these elections going and we're 【going to be pushing】 you really hard precisely because we want to make sure that there is no violence surrounding that election. So that is an example of how the leverage conceivable could work in the opposite direction. That is an example of where leverage could be exerted as a consequence of a timetable: we're 【going to be leaving】 at a certain ...

http://www.presidency.ucsb.edu/ws/index.php?pid= …

 「be going to」には「具体的にな根拠に基づく差し迫った状況」を表す用法もありますので、それを強調するあまり「be going to be ...ing」という表現が使われるようになったのではないでしょうか。ただネット検索では口語で使われている例が多いようですので、文書として書く場合には慎重を期した方が良いのではないかと思います。

 ご参考になれば・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
オバマ大統領が使っているなら、間違ってはいないですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/15 12:36

「I'm going to be leaving」とか「I'm gonna be leaving」は、英米の日常会話で非常によく使う表現です。



確かに、私の知るかぎり、たいていの文脈において、「I'm going to leave」や「I'll be leaving」に置き換えられますが、なぜか使いますね。

いってみれば「期待します」と言わずに「期待したいと思います」と言うのと似ているような気がします。「期待します」でいいじゃねえか!と言いたくなりますが、なんとなく後者のほうがしっくり来る人もいるようで。

よくアメリカの学校では「isn't no good」みたいなことを生徒が言うと「それは間違った英語ですよ」と先生にたしなめられますが、「going to be leaving」がいけないと聞いた記憶はありませんし、正直、私は変だと思ったこともありませんね。

試しに「bbc "going to be leaving"」で検索したら、やはりたくさんヒットし、中でも英語学習の教材として使われていると思しき文章を見つけました。
http://downloads.bbc.co.uk/worldservice/learning …

それから同様に「cnn」で検索したら、ニュースレポーターの発言と思しきものがヒットしました。おそらく原稿を読んでいるのではないでしょうか。
http://transcripts.cnn.com/TRANSCRIPTS/0708/04/s …

なお、私は小学校生活をほとんど米国でおくり、現在、翻訳業を営んでいる日本人です。というわけで、文法から英語に入ったわけではないので、「文法的な解説」はあいにくとできません。ただ、どちらかというと、「会話」として流通してきた中で市民権を得た表現、という印象はなきにしもあらずです。現にヒットしたものの多くは、会話もしくは砕けた文章でした。

ちなみに、アメリカンは、そういい加減なわけでもなくて、言葉などは日本語のほうがよほどファジーなのですよね(笑)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

決して特殊な表現ではないのですね。ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/15 12:35

文法的にあってるかですがあってます。


I am going to+原型動詞 ですよね。
であればI am going to be leaving も文法的にはあってます。

では次に意味的にはどうかというと、ほぼ同じ意味で使われます。
I am going というのは見ての通りI goの進行形ですよね。
I go to tokyo.私は東京に行く。
I am going to tokyo.私は東京に行っている。
これは東京に行く過程が未来へ向かっているので英文法的には[will=be going to]としています。
このam going to をそのままwillにした場合
I will tokyoとなりますがそれでは意味をなしませんね。
それで
I will go to tokyoとなります。さらにこれを分解すると
I am going to go to tokyoとなりますが文法的には変ではありません。
わかってると思いますがbe going toとは本当に向かっている事実から未来にも向かっている意味にも使えるということです。

さて、ではネイティブに通用するかですが、その辺にいたアメリカンを拉致って聞いたところ「同じじゃねえか、ばかじゃない」と言われました。さらに聞くと違いは「be」が入ってるかどうかで同じだと言います。

日本的に分析をすると厳密に意味は違ってきます。それはあなたが貼ったスレに出ている通りです。「未来のために準備し・て・い・る」か「未来のために準備する」かの違いですね。

参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
アメリカンはいい加減だからなぁ…
まあでも、英米のネイティブがいいって言ってるんだから、いいんでしょう(笑)

お礼日時:2009/05/14 12:42

I'm going to be leaving you for a while.


「しばらく会えないことになる」
のような使いかたなら自然に感じます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

それは、
I'm going to leave you for a while
より自然なのでしょうか?

お礼日時:2009/05/14 12:40

あ、そっちかも。


つまり、leave = run と言う意味で、継続中という意味合いですか。
#・・自己矛盾・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/14 12:40

google で"going to be leaving"を検索すると14万件もヒットしますね。

"go to leave"の86万件よりは少ないですが、そんなに特殊な使い方でもないようですね。
文を読んでみると、ほとんどがgoing to leaveと同じ意味で使われているようですが、中には明らかに去る過程を言っているのもありますね。

例えば、日本を去るというのなら、ホテルで帰り支度をしているときも、ホテルを出てから空港に着くまでの間も、飛行機に乗った後も飛行機が国境を超えるまではbe leavingですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうなんですよ、自分もググって、あ、実際あるんだと言うことを知り、それで質問させていただいた次第です。

お礼日時:2009/05/14 12:39

議論の中心が正しいか間違いかにいつも終始しています。


ここでは、誤用についての認識はあってなんら悪くないですが、だから使わないようにしなきゃならないと言うような、禁止・禁止・禁止・的な論理を使わないほうがいいと思います。
世界中の人が英語を使っており、それぞれ間違った用法をしています。
現在は、それも一つのアイデンティティーとして認められつつあります。

日本人が英語を話していれば大抵、特徴から日本人だと解ります。
それは、日本人に特有の個性なので、誇りにするべきであって、恥ずかしがっててもしょうがないのです。

間違いもしかりで、大筋で意味が通じることのほうが、小さい間違いに気を使って無駄なエネルギーを割いているより、はるかに効率的です。

I am going to be leaving.
I am going to be running.
両者がごちゃ混ぜになっただけでしょう。
でも、会話のスピードについていくのがやっとの人が、話せるだけでもう十分だと思います。プラス、聞く必要があるわけです。
読んだり、書いたりだけなら、大したことはないでしょう。
会話になったら、破綻します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

まあでも、どうせ話すならキレイな英語を話したいですからねえ

お礼日時:2009/05/14 11:32

I going to leave


I'm leaving
は同じ意味で正解
I'll be leaving
もほぼほなじで
I'll be leaving early tomorrow で「明日早焼く出発いたします」みたいな。ちょっと丁寧かも。

I'm going to be leaving って絶対変ですよ。文法的にはありなんでしょうけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

いや、僕も上手く説明できないんですが、感覚的にしっくり来ないんですよ。

インド人の英語とかだと、良くあるんですけどね、英米の英語にはないんじゃないかと。

お礼日時:2009/05/14 11:29

"I am going to be leaving "


を置き換えて、
"I will be leaving."
あまり違和感がないです。
"I am leaving."
が正しいのですが、
" I'd be running." " I will be running."
のように、継続的動作が、未来のあるとき行われている可能性は高いです。
したがって、
" I am going to be running."
は、正しいです。たまたま、will would may などの助動詞が使われずに、
be going to が使われている上、継続的でない動作について、(leave のような、)表現が混じったから混乱しているのではないでしょうか?
正しい場合もあるし、誤用されている場合もあるということなのではないでしょうか?
・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
確かに、I will be leavingはあまり違和感ないですね。
ううむ。

お礼日時:2009/05/14 11:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QI will be ~ingのニュアンスと使い方を教えてください!

英文法についてわからないことがあります。

1.I will be starting to practice Judo soon.
2.I will be coming to Tokyo in March.

上記の2つ文は、メル友の外国人からきたメールにあったものなのですが、
I will be ~ingという表現法がよくわかりません。
「~するつもりだ、しようと思う」という意味でしょうか?

未来の予定を表す表現は、以下のものがあると習いました。

* I will ~ 今やろうと決めたこと 例)I'll go .
* I am going to ~確実ではないけど、やるつもりの事
例)I'm going to have dinner with him tonight.
* I am ~ing 確実にやると分かっている事 
例)I'm doing my homework after supper.

「I will be ~ing」は上記3つとニュアンス、使用状況等、どういう違いがあるのでしょうか?

何卒よろしくお願い致します。

英文法についてわからないことがあります。

1.I will be starting to practice Judo soon.
2.I will be coming to Tokyo in March.

上記の2つ文は、メル友の外国人からきたメールにあったものなのですが、
I will be ~ingという表現法がよくわかりません。
「~するつもりだ、しようと思う」という意味でしょうか?

未来の予定を表す表現は、以下のものがあると習いました。

* I will ~ 今やろうと決めたこと 例)I'll go .
* I am going to ~確実ではないけど、やるつもりの事
例)...続きを読む

Aベストアンサー

この will be ~ing の形は「未来進行形」と呼ばれ、ニュアンスとしては「(事の成り行きとして)~することになるだろう」という感じです。はっきりとした意志や意図を表明するのではなく、「これからの事の成り行きで、そういうことになるだろう」というふうに、たとえ自分自身のことであってもちょっとぼかして述べたいときによく使われます。たとえば、「明日彼と会う約束をしたわけではないけれど、明日彼はここに来ることになっているから、明日彼と会ったときにそのことを話しておきます」と言いたいような場合だったら、I'll be seeing him tomorrow, so I'll tell him about it. と表現することができます。

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

QI'm going to の後にgoは必要ありませんか?

I'm going to+動詞の原型で「~するつもり」ですよね?
NHK教材で勉強しているのですが、「今日~の所へ行くつもり」という英文がいくつかあるのですが、どちらもI'm going toの後に「go(to):~へ行く」という動詞がありません。「go(to)」はなくても良いのでしょうか?

例1)I'm going to Yuki's house for dinner~
例2)She and Hiroshi are going to an inn near Mt.Fuji~

このbe going to の後に「go to」は要りませんか?
他の本(参考書や辞書など)にはbe going to の後に「go to」がある場合もありますし、私自身も動詞の原型が来ると覚えていたので分からなくなってしまいました。
英語が苦手なので何故要らないのか分かりやすく教えていただけると幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

次の事例で説明してみます。

----------------------

アメリカに行きます。

(1)まず頭で考えます。★何の準備もありません。

I will go to America.

(2)パスポートと航空券を★手配しました。旅立ちの日を★待っています。

I am going to go to America.

I am going to fly to America.

I am going to leave Japan.

(3)部屋の片付けをして飛行場までタクシーに乗るためタクシー会社に電話を★今しています。

I am going to America.

-------------------

※tetepさんは、I am going to America. と I am going to go to America. を混同されているようですね。

I am going to do は、I am going to ~ と外見は似ていますが、文法上も、考え方も全く違います。★をよく考えると違いがわかると思います。

次の事例で説明してみます。

----------------------

アメリカに行きます。

(1)まず頭で考えます。★何の準備もありません。

I will go to America.

(2)パスポートと航空券を★手配しました。旅立ちの日を★待っています。

I am going to go to America.

I am going to fly to America.

I am going to leave Japan.

(3)部屋の片付けをして飛行場までタクシーに乗るためタクシー会社に電話を★今しています。

I am going to America.

-------------------

※tetepさんは、I am goin...続きを読む

Qcould be と would be の違い

could be と would be のニュワンスの違いを教えていただけますでしょうか。
couldはcanの過去形で、 wouldはwillの過去形であることは分かるのですが、
仮定法的な感じで使う時がどう違うのかが分かりません。
例えば、That would be nice! と That could be nice! では、意味はどう
違うのでしょうか?
私的には、wouldの方は「そうなるといいね~ 」という感じで、
couldの方は「それは素敵に違いない!」というような少し強い感じでしょうか?!
最近海外ドラマを見て英語の聞き取りの勉強をしているのですが、
結構に日常会話にcould、 wouldが、仮定法的な感じでよく使われています。

分かる方、ご解説いただけると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

同じような英語のQ/Aサイトに違いを説明する回答があり、ベストアンサーがこれでした。

Would" expresses the idea of "willingness" ,  and  "could" expresses the idea of "ability"

ですから《That would be nice》はこちらの良くなって欲しいという意思が加味されています。

一方、《That could be nice》の方は現状の諸条件を勘案すると、将来《nice》である可能性が極めて大きいといった可能性の予測が入っています。

他の文章で説明します。

●Would you please drop me here?
●Could you please drop me here?

前者は『ここで降ろして頂けると好都合なのですが、同意頂けませんでしょうか?』 相手と喧嘩中なら降ろしてはくれないでしょうね。 運転者のご機嫌を伺っているのです。

後者は『ここで降ろして頂けると誠に好都合なのですが、交通事情など周りの諸条件からして可能でしょうか?』 例えばいくらお家の前であっても高速道路上だったら不可能ですね。 そういう一時停止の可能性の有無を聞いていると判断出来ます。 

参考URL:http://answers.yahoo.com/question/index?qid=20090209230529AAjApFB

同じような英語のQ/Aサイトに違いを説明する回答があり、ベストアンサーがこれでした。

Would" expresses the idea of "willingness" ,  and  "could" expresses the idea of "ability"

ですから《That would be nice》はこちらの良くなって欲しいという意思が加味されています。

一方、《That could be nice》の方は現状の諸条件を勘案すると、将来《nice》である可能性が極めて大きいといった可能性の予測が入っています。

他の文章で説明します。

●Would you please drop me here?
●Could you pleas...続きを読む

Qwill be ~ing  なんですが…。

NHKのラジオ英会話のテキストに載ってる英文に

you'll be leaving us soon.

っていうのがあります。
【解説】には、
(be...ing は、予定をシンプルに告げる機能があるが
 will be...ing は、これをソフトに告げる効果がある)
と、書いてあります。

普通の未来進行形と思ってたんですが…。
違う意味が付け加えられるんでしょうか?
will be...ing  って、文法的に説明するとどーなるんでしょうか?

ばか者で、ごめんなさい。
誰か教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<普通の未来進行形と思ってたんですが>

1.ここでのbe leavingは進行形ではありません。「近未来」の用法です。

2.comeやgoなどの自動詞が進行形で使われると、「近未来」の用法になることがあります。
例:
Spring is coming.
「春がもうすぐやってくる」→「春は間近だ」

2.leaveも「去る」という自動詞的な意味で使われると、進行形では「近未来」の用法になります。
例:
He is leaving the office tomorrow.
「明日会社を去ります」

3.ご質問文は、副詞soonを使うことによって、「近未来」の用法であることを暗示しています。


ご質問2:
<will be...ing  って、文法的に説明するとどーなるんでしょうか?>

1.まず、このyou’llはyou shallのことだと思われます。

2.2人称の主語にshallが使われると、話し手の意志を表します。
例:
You shall have it.「あなたはそれをもらうだろう」
=I will give it to you.「私があなたにそれをあげよう」

3.ご質問文では、上記の近未来の用法に、話し手の意志が働き、「~することになる」という、断定的な予定を表します。
例:
He’ll be leaving the office tomorrow.
「明日会社を去ることになる」

それは、話し手が彼を辞めさせるという意志が働いているからです。

4.ご質問文にある、「ソフトに告げる」というのは、「婉曲的に命令・指示・宣言する」という意味で使われていると思われます。

以上ご参考までに。

はじめまして。

ご質問1:
<普通の未来進行形と思ってたんですが>

1.ここでのbe leavingは進行形ではありません。「近未来」の用法です。

2.comeやgoなどの自動詞が進行形で使われると、「近未来」の用法になることがあります。
例:
Spring is coming.
「春がもうすぐやってくる」→「春は間近だ」

2.leaveも「去る」という自動詞的な意味で使われると、進行形では「近未来」の用法になります。
例:
He is leaving the office tomorrow.
「明日会社を去ります」

3.ご質問文は、...続きを読む

QDoとDoesの使い方

DoとDoesの使い方がよくわかりません。
それで、問題集をやっていたのですが、
( )Mark and judy study jyapanese?
の質問文の( )に入るのはDOとDOESどちらですか?
私はdoを入れたのですが、なんとなくでよくわかっていません。
どなたか、英語がものすごく苦手な自分にも分かるようにDOとDOESの使い方を教えて下さい!お願いします。

Aベストアンサー

簡単ですよ。難しく考えないことです。
 
主語が「I」と「YOU」以外の単数(一人、一つのもの)ならDoesを使います。これだけです。 

 ・主語が単数(一人、ひとつ)ならDoesで、複数(二つ以上)はDoです。
 ・「I」と「You」は例外です いつでもDoです。

この場合主語はMark and Judy(二人)で複数ですから、正解はDoです。

 中1で完全にわかることは難しいので、このくらいの覚え方でいいと思いますよ。あきらめずに続けていれば、だんだんとわかります。たくさんの例文を暗記していくと、はじめ質問者様のように、混乱することもありますが、あきらめずに暗記を続け、文法問題を少しずつこなしていくと整理がついてきます。気になったら学校の先生にすぐ教えてもらうことです。一番安くて身近ですから。
頑張ってください。

Q"ask for" と "ask to"の違い

初歩的な質問でお恥ずかしいのですが、"ask for" と "ask to"の意味的な違いがよくわかりません。

例えば、以下のような例文があった場合、
 ・I want to ask you to do that.
 ・I want to ask you for doing that.
どちらも同じ意味として考えてよいのでしょうか?
また、そもそも"ask for"の場合は動名詞が続くことはなかったりしますか?

以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

for ~は「~を求めて」で後には求める「もの」か
help, permission のような動作を表す名詞が来て,
動名詞はあまり見かけません。

ask for ~で熟語にもなっていますが,
ask O for ~もよく用いられます。

以前,入試の整序問題で
ask her for help
ask for her help
どちらも可能なものがありましたが,
正解はどちらのつもりだったのでしょう。
(site:us では前者が優勢)

be surprised to 原形
be surprised at ~ing
なんかも悩みますが,
こういう場合は不定詞にするのが基本でいいと思います。

Q「There is ~」 と 「Here is ~」の違い

「There is ~」と「Here is ~」は同じなのでしょうか?調べてみたものの,その違いが分かりません。。。もし,両者の使い方が違うのであれば知りたいので,回答いただけるととても助かります。

Aベストアンサー

参考になるかどうか分かりませんが、
私は最初There is しか知りませんでした。例えばテーブルの上に本がありますは、There is a book on the table.
のように、~がありますといった場合は、全てThere isで通していました。ところが先日ネイティブにそれはHere is だよと直されました。つまり、目の前にテーブルがある場合はHere is a book on the table.となります。hereはここ。この意味がそのまま反映されるようです。

Qgo backと come backの使い方の違い

go backと come backの使い方が良くわかりません。
たとえば、私が、アメリカに滞在していて、日本に帰る時は、どちらを使うのかはっきりわかりません。
この違いが、混乱しています。
是非、わかりやすく教えて下さい。
お願い致します。

Aベストアンサー

ご希望通り、超わかりやすく、超簡単に解説します。


あなたが日本にいる人(残してきた家族、友人)に電話したときに言うのは、
I'll come back to Japan next Sunday.

アメリカで(仕事仲間などに)言うときは、
I'll go back to Japan next Sunday.

です。

ここまでの皆さんの回答の中では、#4の専門家さんの解説が最も妥当です。

Q(お酒を)飲みに行こうよ を英語で何と言いますか?

こんにちは、初めまして。
簡単なカジュアルな英会話のシーンでの誘い文句ですが、
会社の同僚などを「(これからちょっと)飲みにいこうよ」
という風に誘うには、
どんな一言が最適でしょうか?

「Let's go out for a drink?」
と言いますよね?
ただし、ネイティブの口語で
「go fo a drink?」
でも通じませんか?

本当に簡単な一言で、どなたか教えて頂けませんでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

Let's go for a drink. とlet'sを使うのが普通です。(google: 738)
How about a drink? も使えます。(32,700)
Let's go drinking. (825) Let's go for a drinkが軽く飲みに行こうぜのニュアンスがあるのに対して「飲みに行こうぜ」と言うときの表現です。徹底的に飲む場合もあるでしょう。
Let's have a drink. (54,300)これが最も一般的でしょうかね。
Let's booze it (up). 俗語で飲みまくろうの意味です。
Let's get drunk! 酔っ払うまで飲もうの意味です。

まだまだあると思いますよ。いずれにせよ軽く飲もうという場合にはa drink (or two)を使うのが無難でしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報