他の質問サイトでも聞いたのですが、回答がなく、もし詳しい方がいればぜひご回答ください。

元旦那から、「死んでください」や「消えてほしい」と毎日のように言われ、さらに不倫がわかったため、昨年離婚しました。
離婚直前から私が重度のうつ病を発症し、離婚届けを出す数日前から休職、今も復職できずにいます。

結婚していた期間は3年ほどでしたが、家賃・光熱費の半額以外は生活費なども入れてもらえず、
元旦那は個人事業主でしたが、健康保険・税金・年金なども払ってくれていませんでした。
離婚直前から急に私の身なりの事などを細かく言ってきましたが、その費用は出してもらえなかったため、
関係の修復のため貯金100万+借金50万円をし、色々買いそろえたりしました。
その150万円は離婚時に旦那側の親から支払ってもらいました(向こうの親にはそのとおりに説明しました)。

私は
現在28歳、休職前の年収は370万円程度

元旦那は
現在35歳、個人事業主で離婚時の年収は8~900万円程度です。

私は現在、傷病手当金で生活しており、会社に籍をおいて休職しているため、
保険代などが会社立替になっており、毎月5万ほど会社に借金が増えている状態です。
また傷病手当金も給料の6割が受給金額のため、一人暮らしで家賃を払ったら、
実家から野菜などを送ってもらい自炊をし、生活を切り詰めていても、病院代など切り詰めれないものもあり、非常に苦しい状態です。

この1年で私が受けた損失は、
年収 370万円→220万=150万円
立替 5万円×12ヶ月=60万円
の最低でも210万円はあるかと思います。

離婚時に、私と共通した友人のお店などには顔を出さないと約束したにも関わらず、
ちょくちょく顔を出したりして、私の耳にも届き、その度に酷い落ち込みがあり、
自殺未遂も何度か起こしてしまいました。
私の母も、私の病状を見たりして精神的に参ってしまったというのに、
元旦那はいまだに夜な夜な飲み歩いているそうです。

私は、今夏頃にはようやく復職できるのではないか、というところまでようやく回復してきました。
でも、今の状態では、復職後も会社に立替分のお金を返済していかなければいけないため、
同じように生活が苦しいままになってしまいます。
せっかく前に進める状態になりつつあるので、慰謝料を請求できるのであれば、
もうこの問題は終わらせたいと思っています。

法律問題などに詳しい方がいらっしゃれば、
請求可能なのか、またいくらくらい請求できるのか等、ぜひお知恵をいただければ嬉しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

何に対する慰謝料を請求するつもりかが分かりませんので、何ともいえません。


慰謝料は不法行為に対する損害賠償請求ですので、夫の不法行為を質問者さんが立証しなければなりません。

可能性があるのは、離婚の契機となった夫の不貞行為かと思います。
一般的に夫の証言や誓約書へのサインは不貞行為の証拠とはならず、かなり限定されていますが既に質問者さんが掴んでいるのであれば、請求ができる可能性があります。
離婚に至った場合の相場は50万から300万円と言われていますが、年齢から判断すると婚姻期間も短いと思われるため、100万円くらいが目処と思います。

また、鬱の発症が夫が原因であることが診断書などで明らかになっているのであれば、その治療費くらいは請求ができることもあると考えられます。

それ以外の離婚成立後の夫の行動は不法行為とは言えず、請求の根拠とはならないでしょう。
例え同意書にサインしてあったとしても、それを根拠にするのは事実上不可能といえるでしょう。
不法行為の損害賠償請求の時効は3年ですので、お近くの弁護士に法律相談を受けてアドバイスをもらってみてはいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。
離婚の経緯となった夫の不貞行為ですが、
浮気相手との旅行時の写真・領収書、当時の私の日記などはあります。
また、心療内科に初診までに受けた夫からの暴言などの時系列メモを提出しています。
離婚成立後のことはどうしようもないと言われればそうかな、と思いますが、
鬱に至った経緯などについては、夫からの毎日の暴言が原因だとはわかっているため、そのことで発生した休職時の損害を請求できないかと思った次第です。
弁護士さんにお願いするにも、かなりの金額がかかるため、
本当に請求して、その後弁護士費用を支払える程度なのかも含めて
知りたいと思いました。
ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/17 22:23

質問文については回答がついていますので、横からですがお礼から回答いたします。



>浮気相手との旅行時の写真・領収書、当時の私の日記などはあります。
これは「旅行に行ったこと」の証拠とはなりますが、不貞行為の証拠とはなりませんよね。
日記は証拠を補強するものであって、それ単体では通常は証拠とはなりません。
検索すれば代表的な不貞行為の証拠は調べられます。
現時点では、あなたは夫の不貞行為を証明できていません。

>心療内科に初診までに受けた夫からの暴言などの時系列メモを提出しています。
あなたが作ったメモは証拠を補強するものですが、それ単体では通常は証拠となりません。
「夫の暴言が原因となり発症した鬱」と明記されている診断書がないと厳しいです。

>夫からの毎日の暴言が原因だとはわかっているため
これも診断書がないのであれば、あなたの推測に過ぎず、客観的な証拠とは言えません。

>弁護士さんにお願いするにも、かなりの金額がかかるため、
これは請求額によって変わります。
額が多いと、それなりに成功報酬として支払うことになるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

unakowaさま
アドバイスありがとうございます。
写真などでは不貞行為の証拠にならないということは知りませんでした…。
夫のカバンに入っていたアダルトグッズなどは写真に取っていません。
日記には書いていますが…。
心療内科でも診断書はもらっていません。
何かと難しいのですね…。
泣き寝入りするしかないのかもしれません。。。
私が当時にもっと元夫に対して徹底した証拠集めをしていれば
よかったのでしょうが、記憶が飛ぶような酷い状態で、
何かをするにもすぐにパニックになっていたため
とてもできませんでした。
自分が弱いのがいけなかったのかもしれません。
生活保護等も視野に入れて考えようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/19 08:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q協議離婚に伴う慰謝料の金額が不当に過大なとき、相当な範囲を超える部分が詐害行為となることはありますか?

協議離婚に伴う慰謝料の金額が不当に過大なとき、相当な範囲を超える部分が詐害行為となることはありますか?

Aベストアンサー

ある/ないだと、ありえます。

離婚と同時に自己破産しており、慰謝料を支払ったら別の債権者が債権を回収できなくなったとか。
借金踏み倒すために、離婚、慰謝料の支払いをしたって指摘される事もあるかと。

Q●ウツで休職、復職直後の解雇を撤回させるには●

●ウツで休職、復職直後の解雇を撤回させるには●

質問を読んでいただいきましてありがとうございます。

ウツで1年以上休職して、先日復職し、2週間勤務しました。
最後の日に「このままでは仕事を任せられないから辞めてもらう」と言われたのですが、

医師によるとモラハラと解釈される扱いを受けていました。
・知識の無い部署で「理解力を試す」という名目で最初の説明だけ受けて途中質問禁止の課題をする。
 それができないと「このままでは働かすことができない」と数日おきの20分程の説教。

・課題ができないとクビにすると言われている毎日のプレッシャー

・2週間という短期間で計算や理解力・スピードは上がってきていた

会社は最初から辞めさせたかったらしく、モラハラにあたる発言や日々の課題でプレッシャーを与え、
体調を崩させクビにしたかったが、無遅刻・無早退・無欠勤で出勤してしまったため、
仕事内容にケチをつけてクビに追い込んだようです。

2週間で復帰して仕事ができるか判断されるのには納得がいきません。
医師がモラハラと判断する上司の対応も許せません。

しかし生活のためこのご時世ですから辞めたくはありません。
解雇を撤回するために争う方法、助けてくれる機関、アドバイス等ありましたらお教え願いたいです。

まだサインと印鑑は押しておらず、解雇か自主退職を選択させられてる状況です。

医師のアドバイスでは、「正社員には毎日通勤できていれば解雇させられない権利ある」と
言われています。

●ウツで休職、復職直後の解雇を撤回させるには●

質問を読んでいただいきましてありがとうございます。

ウツで1年以上休職して、先日復職し、2週間勤務しました。
最後の日に「このままでは仕事を任せられないから辞めてもらう」と言われたのですが、

医師によるとモラハラと解釈される扱いを受けていました。
・知識の無い部署で「理解力を試す」という名目で最初の説明だけ受けて途中質問禁止の課題をする。
 それができないと「このままでは働かすことができない」と数日おきの20分程の説教。

・課題が...続きを読む

Aベストアンサー

私も鬱病を患い、再発を3回して3年、この煩わしい病気と付き合っています。

先ずは、今までの経緯(休職に至った、鬱病の発症も含め)5W1Hで整理してみてください。

労働審判制度と言う制度があります。これは、解雇や給料の不払など,事業主と個々の労働者との間の労働関係に関するトラブルを,そのトラブルの実情に即し,迅速,適正かつ実効的に解決することを目的としています。裁判と違い期間も短く費用も格安でできます。今までの経緯が整理できましたら(できれば証明できるものもあると良いです、証人でも構いません)、この制度の申し立てをしてみるのも一つの方法かと思います。

次に、今までの経緯を整理され、振り返ってみて、質問者様が鬱病を発症した原因は、何だったと思われますか?
最初の原因が労災認定される様な業務起因であえば、労災の申請をされてみては如何でしょうか?
労災の結果がでるまでは時間がかかります。特に精神障害等に係る労災認定は、長いです。
(近年では厚労省より半年で認定結果を出すように指導されていますが、私の場合も半年と言われ、未だ結論はでていません。)

復職後の「無遅刻・無早退・無欠勤で出勤」は、鬱病の再発と思われます。
その原因は、復職後に「クビにすると言われていた」が原因です。(誰からいつ、どの様な状況で言われたのかを思い出してください)、労災認定基準である鬱病エピソードでは「解雇にする」は、「強III」に当たり労災認定確実です。(解雇できません)

私も鬱病を患い、再発を3回して3年、この煩わしい病気と付き合っています。

先ずは、今までの経緯(休職に至った、鬱病の発症も含め)5W1Hで整理してみてください。

労働審判制度と言う制度があります。これは、解雇や給料の不払など,事業主と個々の労働者との間の労働関係に関するトラブルを,そのトラブルの実情に即し,迅速,適正かつ実効的に解決することを目的としています。裁判と違い期間も短く費用も格安でできます。今までの経緯が整理できましたら(できれば証明できるものもあると良いです、証...続きを読む

Q離婚に際する慰謝料、養育費 金額はこのくらいでしょうか?

夫は年収一千万
離婚理由は性格の不一致ですが、夫から言い出したもの。

慰謝料500万、
養育費毎月10万って妥当でしょうか?

ご回答いただけると助かります。

Aベストアンサー

養育費算定表の使い方 - 裁判所
http://www.courts.go.jp/tokyo/saiban/tetuzuki/youikuhi_santei_hyou.html

「養育費算定表」と、言うのが下のほうに貼り付けてあります
PDFファイルですので開ければ、ご覧ください

一般に揉めてるケースが多いので、表になって記載されてます

慰謝料は、離婚理由で非があるから、請求するもので基本、性格の不一致と言われて、どっちに非がある等判りませんから、奥さんが支払う必要があるかも知れませんと言う話
財産分与って、結婚期間中に夫婦で、協力して蓄積した財産については、半分に出来ますので、結婚期間の7年で、どれぐらいの貯蓄など出来たか?次第ですが・・・
養育費は、子供を養育する義務費用、父母ともに支払い義務を負います
従来、同居する法定代理人(父、母)は、自然にお金を支払うことになりますので、同居していない父か母かが、子供へ支払うものです
法律上、未成年は法律的行為など出来ませんので、法定代理人(同居する父母)が代行するのが一般です
妻の生活費ではないので、生活収入は、養育費で仕事しないでは・・・子供の権利を、越権行為で搾取してることになりますので、早めに働くようにしてください
で、養育費は、両親の収入が関与してるわけです

で、大体の考え方ね
妥当か?判りません^^;

養育費算定表の使い方 - 裁判所
http://www.courts.go.jp/tokyo/saiban/tetuzuki/youikuhi_santei_hyou.html

「養育費算定表」と、言うのが下のほうに貼り付けてあります
PDFファイルですので開ければ、ご覧ください

一般に揉めてるケースが多いので、表になって記載されてます

慰謝料は、離婚理由で非があるから、請求するもので基本、性格の不一致と言われて、どっちに非がある等判りませんから、奥さんが支払う必要があるかも知れませんと言う話
財産分与って、結婚期間中に夫婦で、協力して蓄...続きを読む

Q復職後の再度休職→傷病手当て申請について

はじめまして。
今年の3月2日にうつ病からめでたく復職したのですが、今年4月からまた同じような病名で、休職をしております。
こういった場合、4月の傷病手当て申請はどのような申請(改めて待機期間が必要かとか。。)方法が必要なのでしょうか?どなたかご教示頂けますと幸いです。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

http://www012.upp.so-net.ne.jp/osaka/shoubyouteatekin.htm

同一の疾病の
継続の場合、最初の支給を開始した日から暦日で1年6ヶ月までが支給期間なので
残りの日数の支給。
再発の場合、待期期間が必要だが、再度支給される。
一回治癒(社会的治癒を含む)したとされないと再発にはならない。

Q離婚調停と慰謝料

離婚調停の経験者にお聞きしたいです。
離婚調停で慰謝料に納得できずに、離婚だけを先に調停で決め、離婚後に慰謝料を調停や裁判で決めた方いますか?
又は、調停で慰謝料の合意が出来ず、その後、裁判になった方で、慰謝料はこちらの思う金額になったかたみえますか?
又は思うようにならなくて悔しい思いをしたかたみえますか?
よければ経験談をお願いします。

Aベストアンサー

私の離婚経緯については、
QNo.7104768<裁判離婚の経験者>の方の質問の回答に、おおまかな事情を書いてありますので
検索していただければと思います。 また、私の投稿履歴も見て頂けると、より理解して頂けるのでは・・・ 


補足しますと・・・


私の場合はDVという事で、あまりにも急な出来事でしたし、自分が弁護士や裁判所というものに関わりを持つんだぁ、という事だけでパニック状態でした。

また、それまでの生活で、心身ともに疲れており、思考能力もなく・・・

とにかく、子供の親権が一番という事と、一刻も早く元夫との関わりを立ちたいと言う気持ちが強く・・・


弁護士に言われるままに・・・ それが、一番いい方法なのだと信じ・・・


調停が成立した後から「あの弁護士はおかしい。相手の言いなりで、養育費も値切られ、慰謝料も請求せず・・・相手の不利な点に突っ込み、少しでも、弁護人の利益を考えるのが弁護士だろう」「面倒だし、報酬も少ないから早く終わらせたかったのでは」・・・と他の弁護士さん数人にに言われました。


情報って、終わった後から入るんですよねぇ

もっと早くに、このサイトに出会っていたら、あなたにみたいに先に情報が得られたのに・・・と思います。

弁護士選びや、つけるタイミングは慎重に。



あなたの場合、相手が不貞を認めており、証拠もあり有利との事。

でも、念を入れ、不倫相手とのメールや写真、夫のことばの録音など、出来るだけ多くの証拠を押さえておいた方がいいと思います。

いざとなったら、撤回されたり開き直られるかも・・・

私の離婚経緯については、
QNo.7104768<裁判離婚の経験者>の方の質問の回答に、おおまかな事情を書いてありますので
検索していただければと思います。 また、私の投稿履歴も見て頂けると、より理解して頂けるのでは・・・ 


補足しますと・・・


私の場合はDVという事で、あまりにも急な出来事でしたし、自分が弁護士や裁判所というものに関わりを持つんだぁ、という事だけでパニック状態でした。

また、それまでの生活で、心身ともに疲れており、思考能力もなく・・・

とにかく、子供の親権が一番とい...続きを読む

Q休職後、復職を会社が認めてくれません。金もなくなり困っています

休職後、会社への復職を拒否されましたがどうすればいいですか?  心身の不調で休職をすすめられ、そのときは体調が戻ったら元の通りに復職できるからといわれました。休職中は疾病手当てで生活しておりました。最近は体調が戻ったので復職したいと申し出ると、今は別の人間が私の仕事をしており、私にできる仕事がない、また、管理職だったのですが、今は私のことを知らない新入社員もたくさんいるし、元の地位(管理職として)ふさわしくないとのことで復職させてくれません。会社のこのような態度は正しいのでしょうか? 私は「元の地位と給料」で復職することができる体調にもどっています。 会社に対してどのように対応すればいいのか、法的根拠などもあわせて教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

確かに会社に無条件に復職させる義務は無かったと思います。

 しかし 本来休職規定そのものが解雇を避けるために必要な措置でもあり 安全配慮義務の履行という側面もあるのですから 病気休業に当たっての復職は 指定医の診断なり何なりを受けた上で現職の就業可能となれば労務の提供という債務履行が可能なのですから すなわち解雇とは行かないはずです。

 ここで問題になるのは 休業期間というものが定められており ある一定の期間を過ぎると自然退職になるケースがあるということです。

また 解雇に関する規定も就業規則で定められているはずです。
長期入院や合理的な会社の事情を勘案して代償措置をとることは会社に安全配慮義務や私的自治が認められている限り違法ではありません。

むしろ 離脱していたブランクを埋めるための助走期間を会社がとってくれたことに感謝して またもとの職務で活躍できるよう体調も含めて確認しながら行うということで 周囲の安心も得てから 現職に復帰するようにもって行くのが 本人にも会社にも自然な流れになると思いますので 給与や条件面で大幅な不利益を被るのであればそれ相応の労働条件などの配慮が(残業無しで80%の勤務時間など)無ければ(例えば 簡単な担当換えや業務分担変更で対応できるのであれば) おかしいが そういった配慮であれば現実的に対応していると感じます。
(疾病手当てではなく 傷病手当だと思います。私傷病と診断されているのですね。であれば解雇制限はないので 歯止めになるのは解雇権濫用法理です。それに復帰後の安全配慮義務。これを怠ると会社が慰謝料を請求される可能性があります。心身の不調の場合復職後もあせらず慎重に行う必要があるとされている。)
従って
元の地位と給料で復職することが出来る体調であることを 証明できなければ会社には対応する必要がありますし合理的な理由を示せれば会社の人事的措置は認められる可能性が高い。

確かに会社に無条件に復職させる義務は無かったと思います。

 しかし 本来休職規定そのものが解雇を避けるために必要な措置でもあり 安全配慮義務の履行という側面もあるのですから 病気休業に当たっての復職は 指定医の診断なり何なりを受けた上で現職の就業可能となれば労務の提供という債務履行が可能なのですから すなわち解雇とは行かないはずです。

 ここで問題になるのは 休業期間というものが定められており ある一定の期間を過ぎると自然退職になるケースがあるということです。

また...続きを読む

Q離婚訴訟 親権と慰謝料

離婚裁判において
子供達(12歳と15歳)は子供達の意思を尊重し親権が判決される事が解かりました
子供達は妻と一緒に生活したいと主張 しているようです
裁判で、私が離婚の破綻は妻に原因があった決定的な証拠を提示した場合
離婚裁判では親権とは別問題として慰謝料の金額が決定するのでししょうか?
この場合、親権を獲得した妻が慰謝料の借金を背負い子供達と生活していく事になるのでしょうか?
それとも、親権を確保した妻に裁判所は慰謝料支払い等の軽減があるのでしょうか?

離婚裁判において、親権とは別にして慰謝料の金額の判決が進行していくのかを教えてください。
宜しくお願いします

Aベストアンサー

>裁判で、私が離婚の破綻は妻に原因があった決定的な証拠を提示した場合
>離婚裁判では親権とは別問題として慰謝料の金額が決定するのでししょうか?
>この場合、親権を獲得した妻が慰謝料の借金を背負い子供達と生活していく事になるのでしょうか?
その様になります、慰謝料と親権は同じ法廷でも別に扱われます。

>それとも、親権を確保した妻に裁判所は慰謝料支払い等の軽減があるのでしょうか?
軽減も裁判官裁量になりますから、可能性としては有り得ます。
ただ、相談者さんが請求する慰謝料が満額認められることは認められることは殆どなく、判決では何分の一ということも多々あります。

離婚訴訟で、慰謝料請求・親権の確保を請求していれば、同時進行で進められます。

Q休職後の復職について

現在、とある傷病で休職しています。
再来月には休職期間も満了を迎え、人事が言うにはそのままだと退職になってしまうとのことです。

主治医からは、条件付きの復職可能診断書を書いていただきました。
しかしながら、私の勤務先にはその条件に適う部署がありません。
ですが、子会社(グループ会社)にはあります。

子会社への転籍(もしくは出向)扱いで復職させてもらいたく願い出たところ、
子会社には受け入れる義務がない、勤務先にはあるものの
条件に適わない上に引き取り手がないと、人事から通達されました。

・子会社には本当に受け入れる義務がないのでしょうか?
 親会社は、子会社も含めて受け入れる義務があると私は思っていましたが。

・このケースでは、やはり自己都合での退職になってしまうのでしょうか?
 確かに傷病は自己都合ですが、条件付きででも復職の意志は伝えているのですが

以上2点、お教えいただけないでしょうか?

Aベストアンサー

休職の関することは、特に法律で整備を義務付けられていないはずです。
労基法にも、休職に関することは、載っていません。

なので、会社によって休職期間が違ったり、休職期間満了時の退職の取り扱いも違っています。

今一度、お勤めの会社の就業規則を確認してください。
休職に関する規定にのとって会社は、進めているだけです。

当方の規則では、休職前の仕事に復帰できるかが先ず基準になっています。復帰の細かな基準も定めています。それに該当しないと、いくら復職の意志があっても労務を供することができないと判断し、休職期間満了の退職いなります。前の仕事に復帰が無理な場合、軽微な仕事に就かせる場合もあるとありますが、あくまで場合です。

子会社に対して、多大な人事権を親会社が持っているなら、子会社への出向も可能でしょうが、決して義務ではありませんので、拒否されればそれまでです。

また、休職期間満了による退職は、自己都合とすると、当方では規定います。
会社によっては、契約期間満了による会社都合の退職としているところもありますが、会社によって違います。

休職後も復帰の条件、休職期間満了による退職の取り扱い、いずれも質問者様の会社の就業規則を確認しないと、わかりませんので、これが正解って回答はないかと思います。

早急に、就業規則の確認を行ってください。

余談ですが、傷病の理由は、私的なことですか?
パワハラや過度な労務が起因するような、労働が原因の病気であれば、労災ってなる場合があります
労災の場合は、休職に関する規定に当てはまらない場合もありますよ。

休職の関することは、特に法律で整備を義務付けられていないはずです。
労基法にも、休職に関することは、載っていません。

なので、会社によって休職期間が違ったり、休職期間満了時の退職の取り扱いも違っています。

今一度、お勤めの会社の就業規則を確認してください。
休職に関する規定にのとって会社は、進めているだけです。

当方の規則では、休職前の仕事に復帰できるかが先ず基準になっています。復帰の細かな基準も定めています。それに該当しないと、いくら復職の意志があっても労務を供することが...続きを読む

Q不倫相手への慰謝料は離婚成立後しかダメ?

教えて下さい。

夫のたび重なる不倫(同じ女性)により、離婚を考えていますが、
子供の進学にあわせた最善の時期を考えたいし、ウツ治療のため、いますぐ離婚届け提出とはいきません。
養育費財産分与などの取り決めをしてからだという認識もありました。

ただ、夫が本当に反省し、改心するならば、離婚回避もまだ可能性がないわけではありません。

でも、それを待っていると、相手女性への慰謝料請求の時効がきてしまうので、
離婚を前提に慰謝料請求の内容証明を送った所、

「現段階で細部まで離婚協議にいたっていない、よって、
離婚するしないとも決定していないからには金額は決まらない。
離婚協議を進めた上で改めて金額の提示をするべきだ。
離婚協議集結後の請求にしか応じない」との返答でした。

離婚は人生最大の出来事ですし、当然慎重に考えたいのです。
離婚前提での慰謝料は相手の言うように、離婚しない場合の金額になってしまうのでしょうか?
どのような手だてが考えられますか?
お力をかして下さい。

Aベストアンサー

離婚した場合と離婚しない場合では金額が変わってきます。

>相手女性への慰謝料請求の時効がきてしまうので、

知ってから3年で時効ですが、時効には【時効の中断】があります。
中断するので、当然時効は進行しません。
その方法も各種ありますし、難しいので時効を中断させる為には、法律家の専門家に書面を作成してもらうなどした方が良いです。
間違ったやり方だと中断してなかったとなる事もあります。


また離婚するか離婚しないか今の時点でわからない場合の請求方法もあります。
停止条件付きという民法上の条件を付けると良いかも知れません。

民法:第127条 停止条件付法律行為は、停止条件が成就した時からその効力を生ずる。

これは簡単に説明すると
例えば、○○大学に合格したら▲▲を買ってあげる。との契約です。
大学に合格するまではこの契約はまだ生きています。
合格する事によって車を買ってもらえるの条件が成就したので約束した人は買ってあげなければ契約違反です。


http://www.houko.com/00/01/M29/089.HTM


これを離婚に例えると離婚したら○○万円と言う事です。
ずっと離婚せず、時効の中断を永遠に行っていたら・・・・・。
相手にとっては怖いですね。
諦めて自分から、勘弁して下さい。と示談でお金を払ってくれるといいですね。

参考URL:http://w-jimusho.com/jikou-ichiran.html,http://www.minnpou-sousoku.com/127-3.html

離婚した場合と離婚しない場合では金額が変わってきます。

>相手女性への慰謝料請求の時効がきてしまうので、

知ってから3年で時効ですが、時効には【時効の中断】があります。
中断するので、当然時効は進行しません。
その方法も各種ありますし、難しいので時効を中断させる為には、法律家の専門家に書面を作成してもらうなどした方が良いです。
間違ったやり方だと中断してなかったとなる事もあります。


また離婚するか離婚しないか今の時点でわからない場合の請求方法もあります。
停止条件...続きを読む

Q旦那の取引先の支払未納額が150万を超えました

私の旦那の場合、特殊なケースなのかもしれませんが、
フリーランスで仕事をしており、会社登記などはしていません。
(個人事業主と呼べるのでしょうか)
付き合いのある店舗や会社から信頼関係で仕事をもらっていて、
契約書類などは一切存在せず、口頭でのやりとりのみでしたので、金額を証明するものは旦那が作成していた請求書のみです。
今、まず負債額の証明書(未払金額が150万あるということを認める書類)を取引先に作成するよう依頼しているようですが、その書類ですら本当に作成させることが出来るかどうかも不安です。

(1)弁護士さんにお力を頂いた場合、本当に取り返せる見込みがあるのでしょうか?

(2)未払い賃金の立替払い制度というのがあるようですが、雇用契約でない場合は、やはり適応外なのでしょうか?

最近になって旦那から聞かされた話で、かなり困惑しています。
共働きですが低収入で、貯金は世間一般で考えてもミジンコのカスほどしかありません。
弁護士さんにお願いした場合も成功報酬の2割支払と頭金で、50万程の費用がかかるようです。もし回収出来なければすべて水の泡、、
本当に不安です。どうかお力をいただけないでしょうか、、宜しくお願いいたします。

私の旦那の場合、特殊なケースなのかもしれませんが、
フリーランスで仕事をしており、会社登記などはしていません。
(個人事業主と呼べるのでしょうか)
付き合いのある店舗や会社から信頼関係で仕事をもらっていて、
契約書類などは一切存在せず、口頭でのやりとりのみでしたので、金額を証明するものは旦那が作成していた請求書のみです。
今、まず負債額の証明書(未払金額が150万あるということを認める書類)を取引先に作成するよう依頼しているようですが、その書類ですら本当に作成させることが出来るかどう...続きを読む

Aベストアンサー

私は専門家ではないのですが、弁護士に相談なんて悠長な事を言っている場合でないような気がします。

取引相手の現状では、倒産寸前の会社(店舗)では無いでしょうか?
おそらく他の取引先にも同じように、借金(借り)があると考えるのが正常ですよ。

一部金額の少額訴訟でもしておいて、債権確保と回収に動いた方が良いですよ。
http://www.nouzeikyokai.or.jp/yomimono/news/img/0610/03.pdf

参考URL:http://www.nouzeikyokai.or.jp/yomimono/news/img/0610/03.pdf


人気Q&Aランキング

おすすめ情報