(借)当座預金 (貸)受取手形
(借)手形売却損

この仕訳だけでありえる取引は
手形の売却か
手形の割引だけですか?

・手形の裏書時は売却損は発生しないのですか?
・手形を割引くのは売却すること同意味ですか?(だから売却損が発生する?)

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

実務指針は、監査上の基準になるものであり、もって監査対象会社の会計処理を制約するものです。



また、会社法や金融商品取引法、税法などが従うべきとする公正妥当な会計方針には実務指針が含まれるというのが、専門家の間での通説であり、実務の依って立つべき立場です。論文でも書籍でも確認できるものであり、反対意見は見たことも聞いたこともありません。

何ゆえに通説や実務と対立しようとするのかよく分かりませんが、反対意見の存在することをご存知のようなのでご高説を賜りたいところであります。

参考URL:
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさまありがとうございます。
一度閉め切らさせていただきます。

お礼日時:2009/05/25 20:27

#5です。



「金融商品会計に関する実務指針」は民間の公認会計士の団体が勝手に作ったものです。政府(内閣府・金融庁)が関知しない会計ルールです。 オーソライズされたものではありません。
    • good
    • 0

ああ、ごめんなさい。

No.4では『金融商品に係る会計基準』とすべきところを「金融商品に関する会計基準」としていますね。お詫びして訂正いたします。

なお、実務指針は会計基準を受けているものであり、手形割引については『金融商品に係る会計基準』8項、9項を受けていることを付記します。No.4で「手形売却損は、金融商品に関する(注:「係る」の誤り)会計基準の適用開始により用いられているもの」と明記したのは、このためです。

繰り返しになりますが、簿記カテゴリーにおいて、簿記のテキストで「手形売却損」を使い検定試験でもそのように仕訳させている現状を無視する姿勢には、やはり疑問を禁じえません。
    • good
    • 0

『金融商品会計に関する実務指針』34項で「受取手形は、その割引又は裏書譲渡時に消滅を認識する」ことが明示され、『同』設例16で、「手形売却損」によることが明示されています。

専門家の方が実務指針をご存知ないとは、ちょっと驚きました。
    • good
    • 0

#3です。



質問者の参考として書きます。

金融商品に係る会計基準(平成11.1.22 企業会計審議会)では、「受取手形を売却する」という概念は登場しません。まして「手形売却損」という概念も用語も登場しません。

金融商品に係る会計基準注解(同)も同様です。

金融商品に係る会計基準の設定に関する意見書(同)も同様です。(「有価証券を売却する」という概念は登場します)

ですから、やはり従来通り、
(1)受取手形を買掛金の支払に充当するときは、「手形を仕入先に裏書譲渡する」という考え方で宜しいです。
(2)受取手形を銀行に持ち込んで資金調達するときは、「手形を銀行で割引する」という考え方で宜しいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

考え方により違うのですね。ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/24 11:16

No.2の者です。



手形売却損は、金融商品に関する会計基準の適用開始により用いられているものです。また、簿記検定では手形売却損を用いた仕訳が学習対象となっています。本試験の出題も同様です。

したがって、簿記カテゴリーにおいて、テキスト内容や本試験の傾向に反して、従来どおりの仕訳を推奨し手形売却損を使わないよう推奨し、もって簿記を勉強している皆さんを混乱させるのは、いかがなものかと思います。

そのような明らかに誤った内容を下調べもせず投稿するのは、少なくとも専門家のすべきことではありません。専門家の正しい態度とは思えません。

ご質問者さんにおかれましては、騙されないようご注意いただければと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。わかりました。

お礼日時:2009/05/24 11:16

(借)当座預金(貸)受取手形


(借)手形売却損

>この仕訳だけでありえる取引は、手形の売却か手形の割引だけですか?
>・手形の裏書時は売却損は発生しないのですか?
>・手形を割引くのは売却すること同意味ですか?(だから売却損が発生する?)

「手形売却損」という勘定科目の意味が不明瞭なために質問者も困っておられるのでしょう。

そもそも「手形売却損」という用語は出所不明です。どうやら、この用語は、金融商品取引法ができた頃に生れたようです。しかしインターネットの世界で氾濫し、多くの人が惑わされています。税理士も簿記の学校の先生も惑わされている現状には唖然とさせられます。

・手形の裏書時は売却損は発生しないのですか?
・手形を割引くのは売却すること同意味ですか?(だから売却損が発生する?)

こうした疑問や戸惑いが生じるのも当然です。


従来の仕訳で良いのです。

◇得意先から売上代金を手形で集金するとき:
(借)受取手形(貸)売掛金

◆下請先へ仕入代金を集金手形で支払うとき:
(借)買掛金(貸)受取手形

●銀行で集金手形を割引してらうとき:
(借)当座預金(貸)受取手形
(借)割引料


〔参考〕次の仕訳もあります。

◆下請先へ仕入代金を集金手形で支払うとき:
(借)買掛金(貸)裏書手形

●銀行で集金手形を割引してらうとき:
(借)当座預金(貸)割引手形
(借)割引料

この場合は、集金手形の満期日に、それぞれ次の仕訳が必要になります。
◆(借)裏書手形(貸)受取手形
●(借)割引手形(貸)受取手形


いずれにせよ、「手形売却損」という勘定科目は必要ありません。使えば混乱するだけです。使わないようにしましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/23 11:32

「手形割引」は簡単には、金融機関等に手形を渡し、その対価として支払期日前に金銭を受け取る取引です。

これが売買の性質を有していることから、簿記会計上は手形売却として取り扱われます。そのため「手形売却損」勘定を用いています。

手形の裏書については、既にご回答のあるとおりです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/19 22:44

■手形の割引とは?


自分が持っている手形を、銀行に渡し、その代わりに現金を貰う仕組みです。当然、手形を満期日前に渡すため、手数料が取られます。

よって、自分が持っている手形を、銀行に売却する代わりにお金を受け取るという感覚になりますね。

見た目には「手形の売却」なのですが、あくまでも「手形の割引」となります。

■裏書手形とは?
裏書手形とは、手形の裏に現在所有している会社の住所などを記載して、相手に渡すという方法です。

手形の裏書きの場合は、その手形のまま、相手に渡すため、売却損などは発生しません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/18 20:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q裏書手形と受取手形の関係について教えてください

ある会社の7月の月次試算表を見ていると、負債の部の裏書手形勘定に残高8,000,000円あります。7月末に買掛金の支払に裏書手形を使用したようです。(手形期日は10月末)
私の考えでは、例えば6月に受領した手形を7月に裏書した場合、次のような仕訳になると思います。
   6/E 受取手形 8,000/売掛金  8,000
   7/E 買掛金  8,000/裏書手形 8,000
  10/E 裏書手形 8,000/受取手形 8,000
まず、この考えが間違っていないか教えていただきたいです。

次に、受取手形の残高が2,000,000円しかありません。
上記の考え方で正しいのなら、7月末時点での受取手形の残高が裏書手形の残高より少ないということはあり得ないと思うのですが・・・。
どなたか、アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

>まず、この考えが間違っていないか教えていただきたいです。

間違っていません。
一般的な考え方だと思われます。

>次に、受取手形の残高が2,000,000円しかありません。

これが7月末の受取手形の残高であるならば、何か間違って仕訳しているのでは
ないでしょうか。
評価勘定法では受取手形の残高より裏書手形の残高が多いことはありません。

<可能性の探究>
裏書譲渡の勘定を使用するのは、偶発債務(裏書手形が不渡りになる場合)が
発生する可能性が有ることを認識するためです。
偶発債務を認識しなくてよいのであれば
   買掛金 800万円/受取手形 800万円
 となります。
 但し、これでは受取手形を減少させるだけですから、偶発債務が発生する可
 能性を認識できません。

よって、このような仕訳をする場合は対照勘定法で認識する事ができます。

   買掛金 800万円/受取手形 800万円
   裏書義務見返 800万円/裏書義務 800万円
http://www.mezase-bokizeirishi.jp/kouza2/boki4.html
   この場合受取手形の残高はなくなりますが、備忘として裏書手形を
   支払いに回した事を勘定で把握できます。

しかしながら本件では、裏書手形 勘定に残高があるのですから、対照勘定法
でも無いようですね。
対照勘定法と評価勘定法、両方の勘定を誤って使って仕訳しているのではない
でしょうか。(勝手な推測ですが)
   例 裏書義務見返 800万円/裏書手形 800万円
     なんて、仕訳でしょうか・・・・。

>まず、この考えが間違っていないか教えていただきたいです。

間違っていません。
一般的な考え方だと思われます。

>次に、受取手形の残高が2,000,000円しかありません。

これが7月末の受取手形の残高であるならば、何か間違って仕訳しているのでは
ないでしょうか。
評価勘定法では受取手形の残高より裏書手形の残高が多いことはありません。

<可能性の探究>
裏書譲渡の勘定を使用するのは、偶発債務(裏書手形が不渡りになる場合)が
発生する可能性が有ることを認識するためです。
偶発債...続きを読む

Q手形が不渡りになったときの仕訳は「不渡手形/受取手形」ではないのでしょうか?

京浜商店より売掛金の決済のために受け取り、
過日、港北銀行で割引に付していた、
同店振り出し、当店宛の約束手形\600.000が満期日に支払拒絶されたため、
同銀行より償還請求を受け、小切手を振り出して決済した。
また、期日後利息\2,000は現金で支払い、手形金額とともに京浜商店に対して請求した。

答え
(借)不渡手形 602,000(貸)当座預金 600,000
               現金  2,000

ですが
私は不渡手形が発生した場合は
「不渡手形/受取手形」と暗記していたため
(借)不渡手形 602,000(貸)受取手形 600,000
               現金  2,000
と回答してしまいました。

でもこの場合
「小切手を振り出して決済した。」はどうなるんだろう?とは思いましたが。

質問は
なぜ「受取手形」ではなく「当座預金」なのでしょうか?
問題文に「小切手を振り出して」と書いてあるからですか?

教えてください。

Aベストアンサー

下の方が書かれているように手形割引時に
(現預金)/(受取手形)
の仕訳がされていますので、不渡となったときに貸方に受取手形はきません。
手形割引は銀行に譲渡した手形が決済されることを前提として前受しているので、振出人が不渡を出した場合には受取人が代わりに一旦銀行に払います。
このとき、受取人から振出人への求償権が発生しますので
(不渡手形:振出人に対するもの)/(現預金:銀行への支払)
となります。

Q為替手形の印紙と領収書の印紙について

先日、為替手形を受け取りました。

引受人側にて発行された手形で、金額も引受人が記入しています。
しかし、手形に印紙が貼られていませんでした。

印紙税はどちらが負担する義務がありますか?

手形を受け取った側として、領収書を発行する際にも印紙を貼らないといけないと認識しています。
為替手形を受け取った場合、手形と領収書と両方負担しなくてはいけないのでしょうか・・・。

教えてください。

Aベストアンサー

為替手形だろ?振出人欄が白地だけっつーことなら、その手形を発行した者が納税義務者よ。引受人が発行したんなら、そいつが納税義務者っつーことよ。

つーか、みんなが迷いそうな事柄はこういうところに書いてあるものよ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/inshi/7103.htm


それとな、納税義務者と負担者とは似てるようで別物だから気をつけな。

分かりやすくいうと、納税義務者っつーのは滞納したときに税務署が向かっていける相手だ。負担者っつーのは当事者間の契約なり力関係なりで実質的に金を出すってことになった者だ。税務署は、誰が税額を負担するのかについては関知しねーっつーことよ。


もひとつ、「『最後に双方が署名捺印する事により完成し、課税文書となる物』の場合『最後に署名した者』が『完成者』となるので、最後に署名した者が印紙税を負担する事になる」っつーのは出鱈目か誤魔化しだからこれも気をつけな。

複数の当事者が署名ないし記名捺印する文書のうち、契約書みてーに当事者が共同で作成するものについては、印紙税法上それら当事者は連帯納税義務を負うのよ。この場合も誰が負担するのかは同じ話で、当事者間で決めることになる。税務署は関知しねー。貼ってなけりゃ、共同作成者の誰からでも税務署は印紙税も過怠金もぶん取れるのよ。


しかしよ、誰もきちんと答えてくれねーと参っちまうよな。すぱっと答えねぇ奴もいるしよ。真逆を答えちまう奴もいるしよ。どっちも分かってねーんだろうよ。

ANo.1やANo.5なんか税理士と名乗ってんだぜ?税理士がこの程度のことも分かんねーってんだからよ、嫌になっちまうよな。

為替手形だろ?振出人欄が白地だけっつーことなら、その手形を発行した者が納税義務者よ。引受人が発行したんなら、そいつが納税義務者っつーことよ。

つーか、みんなが迷いそうな事柄はこういうところに書いてあるものよ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/inshi/7103.htm


それとな、納税義務者と負担者とは似てるようで別物だから気をつけな。

分かりやすくいうと、納税義務者っつーのは滞納したときに税務署が向かっていける相手だ。負担者っつーのは当事者間の契約なり力関係なりで実質的に金を出すってこ...続きを読む

Q簿記2級 割引手形と当座預金出納帳

日商簿記2級商業簿記を勉強中です。帳簿組織の練習問題(例)で、
借方(当座預金)¥9500  貸方(割引手形)¥10000
  (手形売却損)¥500   とあったとします。
*特殊仕訳帳として「当座預金出納帳」「受取手形記入帳」他を使用。
この場合「当座預金出納帳」の記載はどうなるのでしょう。
普通仕訳帳にも記載して、二重転記回避も考慮することになりますか?
また、「現金出納帳」を「現出帳」と略しても大丈夫でしょうか?
以上、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 そのように取引を擬制して二重転記を回避する方法もありますね。これも正解になるでしょう。
 ただ,この方法は取引が忠実に表されていない(例えば現出帳や普通仕訳帳を見たとき,いくらの割引手形について売却損500円が生じたのかという事がわからない)ので,僕は
(当座預金)9,500  (割引手形)10,000
(手形売却損)500
この形を崩さないで記入することをおすすめしたいです。

 また
(当座預金)10,000  (割引手形)10,000
(手形売却損)500   (当座預金)500
と擬制し,当出帳だけで済ませる方法もあります。これでもOKです。

Q割引手形に対する貸倒引当金の設定

簿記の問題で分からないところがあり、質問に上がりました。
裏書手形・割引手形に対する貸倒引当金の設定の問題ですが、割引手形に関する流れがわからないのです。

「売上債権期末残高に対して1パーセントの貸倒引当金を設定する。
 なお、受取手形勘定残高は60,000円、手形裏書譲渡高20,000円、手形割引高10,000円である。」
という問題で、裏書手形・割引手形に対して貸倒引当金を設定する方法です。

私は(受取手形60,000+裏書手形20,000-割引手形10,000)×1%=700円だと思ったのですが、解答をみると
(受取手形60,000+裏書手形20,000+割引手形10,000)×1%=900円になっていました。

なぜこうなるのか? まだ、割引手形とはそもそもどういう物だったのか、どうか教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは、税理士をしています。

割引手形とは銀行などで現金化した手形で期限の未到来のものです。
期限が来てないので手形は現金化できませんが、
期限までの利息を支払ってでも現金に換えたものです。

例えば100円の受取手形があります。
期限までの利息分5円を払ってでも現金に換えたい場合銀行に
頼んで現金に換えます。
仕訳を見れば分かりますね。

ちなみに裏書手形は裏に自分の会社の名前を書いて現金と
同じように使用した手形で、期限が未到来のものです。

Q簿記 仕訳手形の割引高

手形の割引高(純額のみの記録)¥183,000
(額面¥200,000の手形を割り引いた手取額)
の仕訳は
<当座預金 183,000 受取手形 200,000
当座預金 17,000                 >
となっているのですが、
割引高の意味、仕訳の意味を教えてください。 

Aベストアンサー

<当座預金 183,000 受取手形 200,000 
 当座預金 17,000                 >

これは

<当座預金 183,000 受取手形 200,000
割引手数料 17,000                 
ではないでしょうか。

手形の割引は手形の期日前に銀行が買取をしてくれる仕組みです。
その代わりその日から手形の期日までの期間に相当する利息を取られます。これが割引手数料です。

上記の仕訳は、20万円の手形を割引したら利息に17000円取られて手取りは183000円だったと言うことです。

Q裏書手形の領収書の書き方

建設業経理事務初心者です。
工事代金の一部として裏書手形を受け取りました。
裏書手形の領収書の書き方を教えてください。

(1)領収書のあて先は、裏書人でよいのか?

(2)但し書きには、工事名を記入すればよいのか?

(3)その他、記入することは?

領収日は指定してあります。約束手形の領収書は、記入したことがありますが、経理初心者で、細かいこともわかりません。
宜しく御願いします。

Aベストアンサー

裏書手形の領収書は、支払先が直接発行した約束手
形を受け取る場合と同じです。
宛先は工事代金を支払うべき裏書人ですが、手形の
裏面にその署名捺印がされているか、しっかりと確
認して下さい。

Q特殊仕訳帳の「手形割引の手取額」とは?

商業簿記 2級の 116回目の問題がわかりません。

(A)1月中の取引を記入した各特殊仕訳帳
(1)当座預金出納帳
(借方) 売上欄合計   ¥70,000
     受取手形欄合計 ¥460,000
諸口欄 {内訳:手形割引の手取額  ¥98,800

これだけでどうして
当座 ¥98,800/受取手形 ¥98,800
になるのでしょう!??

あと、
当座 ¥98,800/受取手形 ¥98,800
の仕訳になるなら
諸口欄ではなく
受取手形欄合計 に含めないのはなぜですか?

問題の一部しか転記せず、わかり辛くてすいません。
ご教授よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

その取引は普通仕訳帳にもあります。
二重仕訳なので注意が必要です。

手形割引の仕訳
当座預金 98,800/受取手形 100,000
手形売却損 1,200/

どうしてと言われても、割引によって当座預金が98,800増えたからです。

受取手形欄は期日に決済されたものです。
期日前に割り引いたものは区別しています。

Q手形振出人が倒産→ただし、手形の裏書人が死亡している場合

手形振出人(法人)が実質倒産(手形の不渡り2回目)したのですが、その前に手形の裏書人(個人事業者)が死亡しています。死亡した手形の裏書人の相続人は相続放棄の手続きをしています。ただし死亡した人及びその相続人は、破産の手続きはしていません。

 この場合、手形代金の支払を死亡した裏書人にも請求できるのでしょうか?
 また、死亡した裏書人の相続放棄を担当している弁護士から「債権調査票」というのが来ましたが、この用紙に記入する債権の金額に、受け取った裏書手形分の金額を含めても良いのでしょうか?

Aベストアンサー

手形の裏書人(個人事業者)が死亡し、死亡した手形の裏書人の相続人が相続放棄の手続をしているのであれば、
被相続人(死亡)と相続人との間に債権・債務の承継が生じておらず、
相続人に支払義務はありません。

ただし、相続放棄において部分承認と言うものは認められていないことから
たとえば相続人が被相続人(たとえば死んだ親)の形見として
被相続人(たとえば死んだ親)の車を所有しているだけでも
相続を承認したこととなります。
(都合よく借金は相続しないが資産は相続する、
という訳にはいかずちょっとでも相続していれば借金も含め全て相続したこととなる)

したがって相続人が相続放棄をして、
実際に何も相続していないのであればその相続人に対しては何もできません。

>「債権調査票」というのが来ましたが、この用紙に記入する債権の金額に、受け取った裏書手形分の金額を含めても良いのでしょうか

その手形債権こそがあなたの(死亡した)被裏書人に対する債権です、
当然含めます。

Q割引手形の仕訳を教えて下さい!

(1)受取手形が割引手形になり、
(2)決済され、
(3)その決済の仕訳が未処理の場合の、決算時に必要な仕訳

の流れが、良くわかっていないので、
どなたか、教えて下さい!!
(もしくは、考え方から、間違ってますか??)

他の方の質問や回答を見ても、さっぱりで・・・・

Aベストアンサー

>(1)受取手形が割引手形になり・・・
 ▼
 既に、ご存知だと思いますが、
 『割引手形』という名称の手形が、存在するわけではありません。
 振り出された約束手形には、【支払期日】が記載されています。
 その支払期日を待って、銀行などの金融機関に、手形を呈示すれば、
 手形呈示先の金融機関は、
 手形振出人の金融機関から、自分名義の金融機関へと、
 約束手形の額面金額を、資金移動させる作業を行なってくれます。

 この約束手形を、いち早く現金化したい場合、
 金融機関を代理人とし、手形振出人に、交渉できます。
 手形振出人が、金額の支払いを承諾すれば、
 期日を待たずに、※手形を換金できます。(※‘手形の取立’)
 
 その場合、支払期日までの計上利息分は、
 金融機関に、支払わないといけません。
 (利息計算を行なうのは、金融機関です。
 支払う割引料の利率は、振出人の信用などにより異なります。)

 ・・・結果として、約束手形の金額から、利息分だけ割り引かれるため、
 この手形取立までの流れは、“手形の割引”と呼ばれるのです。

 (例)
割引手形 300,000 / 受取手形 300,000

**************************************************************

>(2)決済され・・・
 ▼
 額面金額300,000の手形を、利息20,000を金融機関に支払う形で現金化。
 (例)
 当座預金 280,000 / 割引手形 300,000
 手形割引料 20,000

**************************************************************


>(3)その決済の仕訳が未処理の場合の、決算時に必要な仕訳・・・

 (1)・(2)の仕訳処理が出来ていない場合の決算整理仕訳。
 ▼
(例)
 当座預金 280,000 / 受取手形 300,000
 手形売却損 20,000

 (2)のみ処理が出来ていない場合の決算整理仕訳は、(2)の仕訳。
 ▼
(例)
 当座預金 280,000 / 割引手形 300,000
 手形売却損 20,000

ご注意:「手形売却損」は「支払割引料」等、表記される場合もあります。

>(1)受取手形が割引手形になり・・・
 ▼
 既に、ご存知だと思いますが、
 『割引手形』という名称の手形が、存在するわけではありません。
 振り出された約束手形には、【支払期日】が記載されています。
 その支払期日を待って、銀行などの金融機関に、手形を呈示すれば、
 手形呈示先の金融機関は、
 手形振出人の金融機関から、自分名義の金融機関へと、
 約束手形の額面金額を、資金移動させる作業を行なってくれます。

 この約束手形を、いち早く現金化したい場合、
 金融機関を代理...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報