現在大学院生の男です。
就職先として、航空自衛隊の一般幹部候補生(飛行要因も考えています)か、東京電力(技術系)のどちらを第一志望にするか迷っています。
給料や仕事内容などは自分で調べたため、ある程度は把握しているつもりです。
しかし、社会的な地位や、評価がこの二つでどう違うのかがいまいち分からないというのが現状です。
そこで質問なのですが、仮にこの二つから内定を頂いたとして、どちらにより入りたいと思いますか?
もちろん自衛隊と東京電力は仕事内容が大きく異なるため、人によって意見は様々でしょうが、できるだけ多くの人の意見を聞きたいと思い、質問しました。
どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 重要なのは社会的な地位や評価などではなく、質問者様が「何をしたいか」ではないでしょうか。

国防を一生の仕事としたければ、航空自衛隊でしょうし、電力の安定供給に携わりたいというのであれば、東京電力でしょう。 

自分であれば、当然、航空自衛隊です。

 国防は国家の最大の任務ですので、やりがいが非常に大きいです。

 また、幹部候補生での入隊であれば、うまくいけば、空将(空軍中将)まで行けます。実際に、一般大学卒業で過去に西武航空方面隊司令官まで昇進された人がいますし、現職にも一般大学出身の空将(空軍中将)がいます。
 勿論、並大抵のことではここまでは昇進できません。同期の中で、昇進が一~三選抜位までに入る必要があります。防衛大学校出身でも二等空佐(退職日に一等空佐に昇進)止りという人もたくさん存在します。

 ただ、一生をかけるにふさわしい仕事であるとは思います。

 ご検討ください。
    • good
    • 0

社会的な地位や評価を問うなら問答無用で東京電力ですよ。

迷う余地もありません。

まず、日本においては自衛隊は憲法違反だと主張する人達がまだまだいます。自衛隊の存在意義からして問われている訳です。そしてそんな主張をする人達の方が声が大きいです。更に厄介なのが一部マスコミや日教組など変なインテリ層の声が大きいですから、結果として肩身の狭い思いをします。自衛隊員というだけで白い目で見る人達がいます。
そんな職業の社会的地位や評価が高いと思いますか?
(私はこんな風潮がとても残念です。別に右翼ではありません。)

ただし、やりがいはあると思います。国防は大事な仕事ですし、誰かがやらねばなりません。海外に派遣されて、様々な制約の中で頑張っている隊員を見ると頭が下がります。
また、幹部候補生で入れば昇進が早いのも魅力ですよね。空を飛ぶのも憧れます。東京電力よりもやりがいあると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり東京電力の方が社会的評価は高いのですね。
確かに自衛隊の仕事内容は魅力的ですが、その存在意義すら疑問に思っている人も多いですからね。
大変参考になりました。
回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/22 14:30

一般的には 東京電力を選ぶ人のほうが多いでしょう


・給料が高い
・世間のイメージがいい

東京電力にも山奥の発電所ということもありえますが
自衛隊は 全国的転勤が多くて 家族がたいへんです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
なるほど、確かに自衛隊は3,4年ごとに転勤がありますね。
家族を持つと大変になるかもしれません。
しかし東京電力に入社すると、特に原子力発電所勤務になると、ものすごい田舎で働くことになります。その点についてはどうお考えでしょうか。

お礼日時:2009/05/18 18:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【北朝鮮が生物化学兵器を日本に投下する場合は自衛隊は九州側に戦力の主体を置くべきか北海道側に主戦力を

【北朝鮮が生物化学兵器を日本に投下する場合は自衛隊は九州側に戦力の主体を置くべきか北海道側に主戦力を配置すべきでしょうか?】

Aベストアンサー

九州に自衛隊の主力を展開できるだけの広さはありません。
海上自衛隊の主要任務はシーレーン防衛であって、守るべき海上交通路は太平洋側です。したがって海上自衛隊の主戦力は北朝鮮で何かあったとしても太平洋側に配置されるでしょう。
展開させるとしたら迎撃のための高射部隊で、他は災害対策と似たような対応になるでしょう。
生物化学兵器が使われた後、自衛隊は対応を支援するでしょうが、主体となるのは地元の一般の医療機関と保健機関になります。
あなたが想像するような対応はされません。

Q航空自衛隊一般幹部候補生について

私は今普通の大学4回生です。
この時期ですがまだ就職は決まっておらず、その事もあり前々から興味があった自衛隊でのパイロットを目指したく思うのですが、調べてみたところ私の年齢から自衛隊でパイロットを目指すとなれば春からの一般幹部候補生試験を受けてなるほか方法見つからなかったのでその事について幾つか質問をさせてもらいに来ました。

1.やはり一般大卒から自衛隊でパイロットになろうとすると陸海空自衛隊関係無く幹部候補生からなる他ないのでしょうか?他の曹候補生などからは無理なのでしょうか?

2.徹底的に調べたわけではありませんが、ある程度調べた程度では幹部候補生試験の倍率は分かりませんでした。相当狭き門なのでしょうか?

3.視力に関してなのですが、遠距離裸眼視力の検査というものを受けた記憶がないので、遠距離裸眼視力を計っておきたいのですが、普通の眼科等で行える検査なのでしょうか?

4.自衛隊のパイロットは毎年2回の試験をパスしなければ免許を剥奪されると聞いたのですが本当でしょうか?もし剥奪された場合は他の部署に転属ということになるのでしょうか?

よろしくお願いします。

私は今普通の大学4回生です。
この時期ですがまだ就職は決まっておらず、その事もあり前々から興味があった自衛隊でのパイロットを目指したく思うのですが、調べてみたところ私の年齢から自衛隊でパイロットを目指すとなれば春からの一般幹部候補生試験を受けてなるほか方法見つからなかったのでその事について幾つか質問をさせてもらいに来ました。

1.やはり一般大卒から自衛隊でパイロットになろうとすると陸海空自衛隊関係無く幹部候補生からなる他ないのでしょうか?他の曹候補生などからは無理なのでしょ...続きを読む

Aベストアンサー

余り大した知識ではありませんが・・・。
前提として「取りあえずパイロット」「機種不問」という考え方で話します。

1.海上、航空のパイロットは、航空学生又は幹部候補生からしかなれません。
  ただし、陸上は「陸曹航空操縦学生」というのがあり、曹候学生、補士、2士からでも(昇任すれば)可能性があります。
  「取りあえずパイロット」になれる可能性は陸上が一番高いでしょうね。

2.試験の倍率は不明です。
  受験時に「第二希望」などを記入したり、入隊直前で辞退する人も多くいます。
  ただ、「著しく狭き門」というイメージは受けたことはありません。

3.遠距離裸眼視力については、全く分かりません。
  暇を診て調べておきますね。

4.パイロットになった後も、定期的に身体検査や適性試験的なものはあります。
  当然、それをパスしなければ飛行機を降りなくてはいけません。
  そうなると、パイロット以外の職種に就きます。それは、飛行機に関係のあるものか全く関係ないものか・・・。
  個人の希望も聞きますが、原則的に組織の要求により半強制的に決められてしまいます。

しかし、今からだと時期的ほとんどの試験が終わっていますよね。
とりあえず「2士」で入隊しておく方が、今後にタメには良いかもしれませんね。

http://www.checking-six.com/index.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B8%E6%9B%B9%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%93%8D%E7%B8%A6%E5%AD%A6%E7%94%9F
  

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%AA%E7%A9%BA%E5%AD%A6%E7%94%9F

余り大した知識ではありませんが・・・。
前提として「取りあえずパイロット」「機種不問」という考え方で話します。

1.海上、航空のパイロットは、航空学生又は幹部候補生からしかなれません。
  ただし、陸上は「陸曹航空操縦学生」というのがあり、曹候学生、補士、2士からでも(昇任すれば)可能性があります。
  「取りあえずパイロット」になれる可能性は陸上が一番高いでしょうね。

2.試験の倍率は不明です。
  受験時に「第二希望」などを記入したり、入隊直前で辞退する人も多くいま...続きを読む

Q自衛隊の戦力

自衛隊の戦力って世界的に見てどこの国と同程度の強さなんでしょうか。
お願いします。

Aベストアンサー

○予算
日本は国防予算で世界第二位

○装備
兵器の質と量。
自衛隊の装備は、英軍よりも1.5倍くらいは大きな「軍隊」である。

○兵力(兵士の数)
日本の兵力は、アジアで、中国、インド、北朝鮮、韓国、パキスタン、ベトナム、インドネシア、台湾、タイ、ミャンマーに次いで第11位である。米国とロシアを加えたとしても第13位になり、アジア地域30カ国の中では、決して小さい規模ではない。

兵力はそれほど大きくないが、装備含めた軍隊としての規模は英軍よりも上であるようです。

但し、実践経験が全く無いことのネックはあるようです。例えば戦車は車両数は多いが、所有の70%は74式という旧式戦車。高機動多目的装輪車がFRP製で、戦闘時の防弾製が非常に劣っていて、戦闘時の運用に適さない等です。

Q今大学4年生の娘がいますが、自衛隊の試験を受けませんかと自衛隊からお誘

今大学4年生の娘がいますが、自衛隊の試験を受けませんかと自衛隊からお誘いがありました。

ほとんどよくわからないのですが、
わかることは試験に受かると幹部学校に行くとのことですが、
質問は試験はどのぐらい難しいのか、どんな内容なのか、

もし試験に受かったとして、女性は過酷な訓練が待ち受けているのでしょうか?

そのほかに、こんなこともあるよということがあれば教えてください。

Aベストアンサー

元自衛隊にいたものです。
私は自衛隊に入隊するのは止めたほうがいいかと・・。
はっきり言って自衛隊の幹部なんて3流大学以下の方が行く所だとおもいます、私も幹部の方と仕事をしましたがはっきり言ってひどかったですし、仕事もできない・非常識である・なにを考えているかわかないなどとても常識のある人間には思えませんでした。
幹部の方に聞いた所、まず最初にはいる幹部学校とゆう訓練施設では毎日のようにイジメがあるそうです・・一年生は先輩のゆうことに反対できないので、けっこう酷いそうですよ・・
卒業したとしても、部隊ではイジメが絶えず、毎年ニュースにはなっていませんが自殺者が続出しています、そてそれを隠そうとするのが自衛隊です。

同じ女同士娘さんにはあのような場所に言ってほしくはありません、押し付けがましいとは思いますが、なにとぞご検討のほどをおねがいします。

長文しつれいしました。

Q実戦経験なしの自衛隊の戦力

自衛隊は世界最高レベルの戦力を保有していますが、実戦経験がないという弱点があります。軍事組織にとって実戦経験とはどれぐらい重要な地位を占めているのでしょうか?

Aベストアンサー

日本の防衛は、まず海や空で行われます。
こうした作戦の場合、どの程度の国が実戦経験があるのでしょうか?むしろ、海軍や空軍にはろくな訓練を施していない国の方が多いと思います。
確かに陸上戦は貧弱なゲリラ戦を含めれば、あちこちでやっています。兵士を鍛えるだけなら、簡単でしょう。しかし、航空戦はアメリカ軍やロシア軍ぐらいしか、十分な経験がありません。海での戦いとなると、アメリカの独壇場でしょう。(イギリスとアルゼンチンも1980年代にドンパチやりましたが、両国がアメリカに勝るとは思えませんし、)
また、海や空の戦いは、科学技術力の要素が大きいですよね。レーダーやセンサーで索敵して、ミサイルを敵に命中させるのです。訓練による経験でも、相当役に立つはずです。

訓練の頻度やレベルでは、自衛隊は中国や北朝鮮よりも密度が濃いはずです。燃料代もかかるし、艦船や航空機はある程度稼働させると整備点検や補修が必要です。自動車の車検と違い、軍事装備の点検整備には時間がかかり、そうライフサイクルにおける稼働時間の比率は意外に低いんです。そうなうと、装備の信頼性や耐久性が、実動戦力に響きます。

それに、海上自衛隊は実は旧日本海軍の伝統を受け継いでいます。それは技術面においてもです。たとえば、掃海のノウハウ、艦船のダメージコントロール(敵の大砲を食らっても、被害を最小限にとどめて、戦闘を継続したり、帰港して修理を受ける技術)、またダメージコントロールを最大限に引き出せる艦船の設計思想などです。

航空自衛隊はF-X問題が長引いて心配ですが、しかしパイロットの訓練時間の長さは十分ですし、戦闘機の稼働率も世界トップクラスです。また、レーダーの性能やミサイルは、すでに述べたように勝敗を分ける重要な要素ですが、電子産業が得意な日本はこうしたアビオニクス(航空電子)でも高い技術を持ち、独自の装置やミサイルも開発しています。

さらに、自衛隊はリムパックやレッドフラッグなど米軍やその同盟国による共同訓練、在日米軍との連携も図っています。陸上自衛隊も、アメリカに行って火器の性能試験や訓練を行うことがあります。その中で、米軍から現代の戦闘におけるノウハウも吸収しているはずです。

油断は禁物ですが、そう心配することもないと思いますよ。
ただ、ゲリラ戦やテロは、自衛隊だけではなく、警察や地方行政、社会の対応能力も問われるので、こちらはやや不安ですね。東京は、石原都知事がその辺の心配をしていて、自衛隊を街中に出させて、訓練を実施しているみたいですが。。。。

日本の防衛は、まず海や空で行われます。
こうした作戦の場合、どの程度の国が実戦経験があるのでしょうか?むしろ、海軍や空軍にはろくな訓練を施していない国の方が多いと思います。
確かに陸上戦は貧弱なゲリラ戦を含めれば、あちこちでやっています。兵士を鍛えるだけなら、簡単でしょう。しかし、航空戦はアメリカ軍やロシア軍ぐらいしか、十分な経験がありません。海での戦いとなると、アメリカの独壇場でしょう。(イギリスとアルゼンチンも1980年代にドンパチやりましたが、両国がアメリカに勝るとは思...続きを読む

Q陸上自衛隊(幹部候補生)の二次試験について

陸上自衛隊(幹部候補生)の二次試験について、どんな対策をすれば良いかわかりません。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして。

 自衛隊の地方連絡事務所(地連)に連絡されましたか?

 全ての地連で行っているかどうかは不明なのですが、関東地方のある地連では、その地連を通して出願し、
一次試験に合格した受験生を駐屯地に集め、二次試験対策会をしてくれるそうです。マッチポンプですが、地連にもノルマがあり、応募者・合格者をある程度輩出しないといけないからだそうで…。

Q航空自衛隊の戦力について

現在の航空自衛隊の戦力は十分足りているのでしょうか?足りない装備とかありますか?あと人員も足りているのでしょうか?

Aベストアンサー

#2です。

物理的な存在(装備)ではないけど・・・

旧帝国軍以来の伝統芸で、国家レベルの「戦略」がありませんね。
あと、Rules of Engagement(ROE、交戦規定)の不存在も国家の軍事組織としては大問題。
ROE不在ということは、組織的な軍の体を為していない=ただ重武装の愚連隊と言っていいレベルなんですけどねぇ。

Q途中でやめる自衛隊員。公務員の得難い地位をなぜ捨てるのでしょうか

10代、20代の頃に陸上自衛隊に入隊して、20代で辞める人がいました。こういう人は、巷に少なくないようです。

公務員の得難い地位をなぜ捨てるのでしょうか?

幹部になれなくとも、定年まで勤めあげたら退職金/年金は、充分な額になるでしょうに・・・

Aベストアンサー

一般の方は自衛隊に入隊してしまえば定年まで居られると思っている方がほとんどかと思いますが、そんなに甘くありません。
入隊後3年位したら試験を受けて、その試験に受からないようだと肩叩きがあります。この試験、受からない方が多いです。
また、NO1さんの仰るとおり、レベルの低い方もいます。もちろん自由意志で退職する方も多いですが、試験に受からず退職という方も多いです。

Q日本は、戦争放棄をしましたが、自衛隊がいるので、戦力はすごいということを聞きました。 実際、今、戦争

日本は、戦争放棄をしましたが、自衛隊がいるので、戦力はすごいということを聞きました。
実際、今、戦争(?)をするかもしれない、北朝鮮や、いろんなことで関わってくる、中国と韓国。
領土のことで問題がある、ロシア。
無いとは思いますが、アメリカ。

整理すると、北朝鮮と、中国、韓国、ロシア、アメリカ。
上記の国と戦争する場合、勝てるのでしょうか?


また、今一番戦争が起こりそうな国を教えて下さい。


質問が多くてすいません。

Aベストアンサー

アメリカは武力の使用を躊躇しない国で、他の国よりも豊富な実戦経験やそれに基づいた武力の運用実績があります。
兵器の質に関しても全てにおいてトップクラス、本格的な空母機動部隊を世界でただ一つ運用している国です。
通常兵器で戦う場合、ある1国対アメリカなら、他の国は敵わないでしょう。

ロシアは兵器の質についてはまあまあです。ただ訓練その他で兵の質が劣るという噂がありますね。
ロシア極東軍では空自機1機に対してロシア側は3機で当たれといわれていることもあるようです。
ロシア海軍もその活動は往時に比べると活発とは言えず練度も不確かさがありますね。

中国はよく判りませんね、最新兵器らしきものがあるもののカタログスペックは良いけれど、本当の実力は故障が多いなど問題を抱えているようです。
日清戦争時と同様に今でも軍閥があると言われて中央政府の指示が徹底されるか、またそれがどの程度なのかわかりません。

韓国は、兵器の質は表面的には良い米国製を揃えてはいるものの、消耗部品の十分な補給が無く共食い整備が主流となっていると言われています。
また、少子化の為、部隊の指揮官は兵の親に気を使わなければならいという、武力の運用上、ヘンテコな負担を強いられているようですね。
一応、米日と同じイージス艦を保有していますが、積んでいるシステムが旧式で、弾道弾に対応していません。
また、国自体がかなり北に侵食されていて、情報が北にダダ漏れという話も聞きますね。

北は、通常装備その他はWW2時代の骨董品が多いですね。ただ、航空機やミサイルではある程度脅し用に効果があるものがあります。

他のどの国に対してもそうなのですが、日本は海上自衛隊と航空自衛隊とが対処して優位になければならず、
陸自が登場する本土決戦になると形勢は不利な状況となってしまうので避けないとならないです。

海自の潜水艦は通常動力としては世界最高性能なので、露中韓北レベルでは大きな戦力になると言われています。
海自の水上艦艇も他国との共同訓練などで高い評価を受けているので、私見ですが空母のない米と同等と見ていいと考えます。
また、30年程昔の空自は訓練時間が少なく米軍には敵わないと言われていましたが、今は米も手こずるパイロットが多いとされています。

日本の近海で戦う様に海自・空自とも想定しているので、相手の国で…という戦力の作り方にはなっていないですが、
今の想定の状況なら米以外とは優位に戦えると考えます。

アメリカは武力の使用を躊躇しない国で、他の国よりも豊富な実戦経験やそれに基づいた武力の運用実績があります。
兵器の質に関しても全てにおいてトップクラス、本格的な空母機動部隊を世界でただ一つ運用している国です。
通常兵器で戦う場合、ある1国対アメリカなら、他の国は敵わないでしょう。

ロシアは兵器の質についてはまあまあです。ただ訓練その他で兵の質が劣るという噂がありますね。
ロシア極東軍では空自機1機に対してロシア側は3機で当たれといわれていることもあるようです。
ロシア海軍もその活...続きを読む

Q海上自衛隊に入隊してしらせの乗り組みになる場合(仮にです)、特技は何が良いですか?

タイトルの通りです。できれば しらせ に乗ってみたいのです。


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

回答者の感覚では、着任したての二等海士が志願する事で「しらせ」に乗船が叶うのかどうかが先ず大きな疑問に感じますが、
まぁー、組織上必要な階級ではあるんですけどね、

全ての艦艇に言える事ですが、乗艦(或いは乗船)に際して持ってると良い資格なら調理師(誰でも取れます)や管理栄養士(相当な学力が必要)は大事な資格だと思います、
乗り組む女性海曹や海士には有資格者も多いですからライバルは多いと思いますが、
後は危険物取扱者(乙4くらいは最低でも)、ボイラー技師(取得にはハードルが高いですが)、
更に、電気工事士、分野が違うかもしれませんが男性で有っても看護師(正看なら尚よし)資格など、

有れば相当に有利に成るのでは?。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報