今、病院で実習中の者です。いろいろ見学をしましたが、
CTとMRIの違いがわかりません。
両方レントゲンの種類ということははわかるのですが、
おもに、どこがちがうのでしょうか?
臓器のレントゲンと、骨のレントゲンのちがいですか??
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

えーと、少し誤解があるようなので・・・・・



CTよりもMRIのほうが美しく詳しい画像が得られるということはありませんよ。空間分解能はむしろCTのほうが良いとも言われています。腹部などは絶対CTのほうが綺麗です。
CTはX線の透過度の差によって、MRIは組織に含まれる水素原子の磁力に対する反応の差によって画像を得ているわけですが、どちらがより詳しい情報を得られるかは、みたい場所(例えば頭部であるのか、胸部であるのか)や病気によります。頭頚部・骨盤部でしたら、MRIです。胸腹部でしたら、CTでしょう。また、MRIでは結石や石灰化などの病変を検出することはできないので、この場合もCTでしょう。このようにCTとMRIでは、使う目的が違うので、一般的にどちらがより詳しいとか美しいとかと言うことはできません。
それに、どんな部位であっても、まずCTで「どこにどれくらいの大きさの病変があるのか」を確認してからMRIを撮るのが常識です(ただし頭部はこの限りではありません)、MRIは一度に撮像できる範囲が狭いので、腹部なら腹部全てではなく病変部だけを撮るのが一般的です(CTであれば腹部なら腹部全てを撮ります)。さきにCTを撮っていないと、どこに病変があるのかわからず、多くの時間を無駄に費やし、患者さんにも負担をかけます。ちなみに、MRIの検査時間というのはCTとは比べ物にならないくらい長いです。

そうそうそれから、kenntyaさんへ・・・CTでも軟骨は写ります。
    • good
    • 0

過去にも同様の質問がありましたので、そちらもご参照下さい。



余談ですが、
最近では、マルチスライスCTという装置が普及してきており、非常に短時間で、薄いスライス厚かつ広範囲の撮影が行えるようになってきたため、通常の水平断のみならず、画像を再構成して冠状断や矢状断の写真、三次元画像なども非常にきれいに作れるようになってきました。
また、MRIは撮影に時間がかかるという誤解がありますが、EPI(echo planer image)の出来る装置であれば、1秒間に脳全体の画像を撮影することも可能です(通常の診断用にはあまり使いませんが)。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=42768
    • good
    • 0

回答はでているようですが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「"CT"や"MRI"」

ご参考まで。

参考URL:http://www.kitaharahosp.com/ct_mri.htm
    • good
    • 0

 両方とも放射線科で検査しますが、基本的にはmashiro-Tcさんの言われるとおりです。

医学関係者(利用する立場としての)発想では決定的な違いはCTはいわゆる輪切りしか出来ないけど、MRIは縦切りや横切り(前額断や矢状断など)も可能です。そうした意味では非常に診断技術は向上しますが実際MRIが登場して、一般的に使用できるようになっても何かが変わった、というほどのこともありませんでした。いつも新薬と新しい検査法には期待するのですが、実際に出てきてみればやはり人間の考えたものかといった印象です。飛躍的って言葉は医学界にはないのかもしれません。
 あ、一つだけ追加しますがCTでも軟骨の撮影は可能です。kenntyaさん何か勘違いされてるかと..
 わたしの前にzerochanさんが回答されたようです。分違いだったようです。
    • good
    • 1

両方レントゲンではありませんよ!CTとMRIは全く別ものです。


CTは放射線を使います。だから被爆します。CTでは放射線を透しにくい骨などは白くうつります。しかし放射線を透しやすい空気は黒くうつります。その他の臓器も放射線の透り具合によって写り方が変わってきます。
MRIは放射線ではなく人体にある水の成分に磁場をかけその微妙な変化で,臓器の違いを描出していくのです。被爆しないので人体にはやさしいです。ですから水分の含有量によって臓器の写り方に差が出ますから,臓器を美しく描出することができるのです。その点MRIのほうが細かい部分が分かりやすいのですが,医療コストが高くつくのでいつもMRIを使うというわけにはいきません。
要するにCTとMRIは撮影のしかたが全く違うもので,CTよりMRIのほうがより詳しく人体の構造をみれると考えておいてもいいと思います。しかしCTでも多くのことが分かり,簡単に撮影でき安いので,十分利用価値があります。
    • good
    • 0

CTでは軟骨は写りませんがMRIは写ります

    • good
    • 0

両者の決定的な違いはひとことで済みます。


CTは放射線を使って画像を得ていますが、MRIは磁気を使って画像を得ています!

CTとMRIの臨床応用の違い(例えばどんな病気の診断に向いているとか)を説明しようとすると長くなるのでここでは省略します。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医療関係のイラストがあるサイト知りませんか?

はじめまして!私は医療関係の仕事をしているのですが、今度病院内で使用する文書などを作成することになったのですが、文書だけではなくその文書や表にイラストを挿入したいのですがそのような医療系などのイラストを無料で扱っているサイトなどありますか? ジャンルがかなり特殊なイラストなので難しいと思いますがよろしくお願いします。  

Aベストアンサー

素材集→カットの「職業・他」→医療関連

の順で進んで下さい。

参考URL http://www.ran.co.jp/

参考URL:http://www.ran.co.jp

QMRIとCTスキャンってどういうものですか。

MRIとCTスキャンについて、以下の項目について教えてください。
・どういう構造になっているのか。
・どういうときに用いられるのか。
他にも知っていることがあればそのことについても教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「MRI」
さらに
◎http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi-bin/view.cgi?10_37_0_0_0_0
(CTスキャン)
関連リンク先も参考にして下さい。

ご参考まで。

参考URL:http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi-bin/view.cgi?10_47_0_0_0_0

Q医療関係者の方、文書作成のソフトや絵は何を利用?

医学生、お医者様、看護師さんなど、医療関係者の方、保健の先生、またはそうじゃなくてもご存じの方がいらっしゃれば教えてください。

例えば医学論文や雑誌・会報誌などの記事、あるいは病院等で患者さん向けに配布する「健康だより」や学校の「保健だより」のようなチラシ等で、「医療系イラストを使った文書」を作成されるケースがあると思います。

内臓や骨格、人体器官など、専門的なイラストや図解を使うこともあるでしょうが、そのまま使える素材ばかりではなく、時には自分で絵を描いたり、注釈や説明を入れることもあるでしょう。
ワードやパワーポイントよりは、Adobe Illustratorのようなドロー系のソフトが適しているようにも思えますが、高価だしそういう専門的な医学系のイラストが多いとも思えません。

パソコンで作成する場合、どのようなソフトを使い、どこから絵を取得して作成しているのでしょうか?
ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私はLifeARTの画像(有料)を
http://www.fotosearch.jp/lifeart/
オープンオフィス(フリー)で加工して使っていますよ。
http://ja.openoffice.org/

QX線、CT、MRIの違い

タイトルどおりです。

すべて透視撮影できる機器を指しますが、それぞれどういう特徴があるのでしょうか?

またこれらを取り扱っているメーカーも教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは。切らずに体内を観察できるという意味で透視撮影をできると記載していただいているのでしょうか。
透視というと、X線を使って体内を透視するX線テレビ(胃のバリウムを飲む検査などで使用する装置)、CTで生検(針を刺して体内の組織を取り出す検査)を行う際に使用するCT透視撮影を示します。

X線写真は外部からX線を当てて(照射)、通り抜けた(透過)X線を画像化したものです。多くの場合は2次元(平面)の画像です。全体的な評価を簡便に行える検査として普及しています。精密検査というよりは、最初に状況を把握する、あるいは経過観察などを行う際に利用されます。例えば胸のX線写真、骨折などを見る単純X線写真など。

X線CT(CTはコンピューターを使用して断層像を得る検査の総称)は、断層像として、体内の様子を3次元的に観察することができます。薄いスライスの画像から3D画像を作成することもできます。特に、電子密度の違い(簡単に言うとX線の通りやすさ)を画像化する検査で、X線写真に比べて精密検査の意味合いが強いです。検査をするのに手間がかかり、被ばくも多いため、X線写真ほど頻繁には行われません。形態的な変化を観察することに利用されます。

MRIは磁場と電磁波を利用して、体内の水素原子の状態、つまり水なのか脂肪なのかなどを分離して観察することができる検査です。水素原子を含まない組織や動きのある臓器などの観察には向いていませんが、CTよりも組織分解能(例えば脳の白質と灰白質などの分離)に優れています。撮像方法の選択により3次元画像を作成することができます。

取り扱っているメーカは、国内では東芝、日立、島津など、海外のメーカーでは、GE、シーメンス、フィリップスなどがあります。

こんばんは。切らずに体内を観察できるという意味で透視撮影をできると記載していただいているのでしょうか。
透視というと、X線を使って体内を透視するX線テレビ(胃のバリウムを飲む検査などで使用する装置)、CTで生検(針を刺して体内の組織を取り出す検査)を行う際に使用するCT透視撮影を示します。

X線写真は外部からX線を当てて(照射)、通り抜けた(透過)X線を画像化したものです。多くの場合は2次元(平面)の画像です。全体的な評価を簡便に行える検査として普及しています。精密検査というより...続きを読む

Qワード、エクセルでEPSのイラストを使うには?

イラスト集のソフトを購入し、ワードかエクセルでカレンダーを作りたいと思っています。

色々と調べたのですが、イラスト集に入っているイラストのうち、背景が透過されているものは
EPSばかりで、JPEGやGIFは背景に白が残って重ねて使うことが出来ません。

ESPはイラストレーター、フォトショップでは開くのですが、ワードやエクセルしか入ってないPCでは
無理らしいです。

今回、会社の上司から会社のカレンダーを作るように頼まれて・・・私はデザイン関係は素人なのですが、これも仕事なので、それなりのものは作りたいと思っています。そこで、イラストを是非とも背景透過で使いたいのです。

(1)背景を透過させる方法があるか?
(2)EPSをイラストレーター、フォトショップ以外で使う方法は?
(3)福祉医療のイラスト集で背景透過のソフトがあるか?

をご存じの方は教えて下さい!! 
ちなみに「イラストキッド」というソフトを本当は購入したかったのですが、EPSしか背景透過されておらず泣く泣く購入保留となっています。

Aベストアンサー

バージョンがわかりませんが、WordなどでEPSを開くための追加インポートフィルタが付属していたはず。
OfficeのインストールCDなどを確認してください。フィルタを追加インストールすれば挿入できるようになる、と記憶しています。

Illustrator・Photoshopがそばにあるなら、PNG形式で透過色を指定してエクスポートする、あるいはWMFやEMF形式でエクスポートすると背景なしでWord側に挿入可能かと思います。

QMRI、レントゲンについて

来週、MRIをすることになりました。
その前に、先週、レントゲンを撮ったのですが、広い1つの部屋に
レントゲンと、その横に少し間を空けて、MRIが置いてありました。
その時、気になったのは、MRIを15分ぐらい、している間に、
横でどなたかが、レントゲンを撮られたら、自分も被爆することに
なるのであようか?
心配になったので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

MRIには磁気シールドが、
放射線機器には遮蔽が必要ですので、
MRIとレントゲン(一般撮影装置?)が、
「広い1つの部屋」に設置される事は、通常考えられません。
質問者の思い違いでしょう。

Q中材(医療器具)の名称が分かるガイドブック

看護助手の仕事につきました。

色々覚える事あって大変ですが中でも中材(医療器具)の名称が分かりません。

器具をしまう時に名称が分からなくて大変困っています。

写真やイラストで解説されているガイドブック等(もしくはホームページ)は

無いでしょうか?

Aベストアンサー

こういったのはいかがでしょうか


手術室の器械・器具 伝えたい!先輩ナースのチエとワザ
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1102533877

参考URL:http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1102533877

Qレントゲン、CT装置について

私の友人が某病院で働いているのですが、そこの放射線科の職員がレントゲンやCT装置をこまめに電源を切るそうです。そのため外来患者を待たすことがしばしばあるそうです。
(放射線科の職員に直接聞けばいいのですが、要領を得ない回答だったらしいのでここで質問させて下さ。)

そこで、質問なのですが、
1.レントゲンやCT装置はこまめに電源を落とす必要があるのか?
2.勤務時間中(8:30~17:00)電源を入れっぱなしではダメなのか?
以上についてお願い致します。

Aベストアンサー

医療関係ですが放射線技師ではありません。
私のところではCT2台、MRI一台が稼働していますが、メインテナンスの時以外に電源を落とすことはありません(夜間も急患の撮影があるため)。
したがって機械の問題(耐久性)とかの問題で電源を落とす必要はないということがわかります。むしろ何回も立ち上げた方が機械にとっては負荷がかかるのではとも思いますがこの点は確証はありません。
あとは誤照射を防ぐためですが、現在の機械はX線照射までに確認のステップがあり、間違ってX線のみが照射される可能性はほとんどありません。したがって私の個人的な意見では少なくとも日中電源を落とすことは不要(しかも患者さんを待たせるのであれば)と考えます。あとは節電かものすごく用心深い人で以上の点をもってしても御照射の可能性を考えているということでしょうか。
お役に立ちますか?

Q将来デザイン・イラスト関係の仕事をしたくて・・。

27歳の女です。昔から絵を描くのが好きで、趣味として独学でフォトショップや画材を使って絵を描き続けてきました。今まで医療の仕事をしてきたのですが、
趣味から脱したいと考えるようになりました。

将来イラストやデザインの仕事をしたいと思い、模索中です。
 通信の芸術大学のデザイン科に通うか、それともDTPをパソコンスクールで学び、そのまま企業を受けるか、迷っています。

私のイメージでは感性を養うなら美術系の学校。
スキルを重視するなら、パソコンスクールでDTPなど
グラフィック系のソフトをマスターする。
というイメージです。

クリエイティブな分野は厳しいことは覚悟しています。

どなたかアドバイスいただきたく思います。

Aベストアンサー

イラストレーターはクライアントからの意向にそって、意向に合う画風で依頼された絵を描くのが基本です。もし、自分の描きたい絵で勝負し職としてなりたたせたいならばイラスト作家か芸術家を目指すべきでしょう。後者は逆説的にいえばクライアントを得る機会があればいつでもプロ化できますし当然遅咲きの方もいます。

個人的に言語聴覚士ということもあり出直しの転職はもったいないかなぁと思います。医療分野はイラストが強い市場でもあり、特化した出版社も多い分野です。現場を知っていることは強みになりますので仕事を続けたまま副業のイラストレーターとして活躍する道を模索されてもよいかと思います。それでもイラストを描けるという人間は山ほどいるので仕事にありつくのはかなり難しいでしょう。(しかし行動する人間は少ないところがミソです)

で、パソコンスクールですが基本的にソフトの学習のため慣れるより習うことを選択するならばいいでしょうけども、絵の描き方を教えているところはないと思います。専門も美大の通信もやることは似ていたりするので通信でもよいと思いますが、先生が身近にいないのでニーズに応じて近所の絵画教室を探す必要はあるかもしれません。

イラストレーターはクライアントからの意向にそって、意向に合う画風で依頼された絵を描くのが基本です。もし、自分の描きたい絵で勝負し職としてなりたたせたいならばイラスト作家か芸術家を目指すべきでしょう。後者は逆説的にいえばクライアントを得る機会があればいつでもプロ化できますし当然遅咲きの方もいます。

個人的に言語聴覚士ということもあり出直しの転職はもったいないかなぁと思います。医療分野はイラストが強い市場でもあり、特化した出版社も多い分野です。現場を知っていることは強みにな...続きを読む

Qレントゲン CT 被爆について

過去の投稿も検索しまして読ませていただいたのですが
ケースにもよるようなので質問させてください。
38歳 男 です。

今年のレントゲンは
・4月の春に健診で移動式の組立のような簡易的なもので胸部レントゲン撮影
・8月に頭痛がひどく首まわりのレントゲンおよびMRI
・9月に内視鏡にともなう術前レントゲン(腹部と大腸の辺り)
・9月に腹部エコー検査

そして先生が「今まで健康診断を15年してこなかったのなら気が向いたら
腹部と胸部のCTをやっとけば完璧でしょう。お腹のほうはもう検査しなくていいよ」ということで
じゃぁ、すぐにでもと予約したのですが(いよいよ来週月曜です)、最近被爆のことを
よく目にするので不安になりました。

先生は私が不安になりやすいのを理解していて「CTってどういうものですか?」と
聞いたので、そのように言っていたようですが私の今年のレントゲンの経緯も知らないので
それを知っていたら年間での被曝量的にすすめなかったのかなぁ、などと不安になったりもしています。
ただこれぐらいの量ではそんなに多く被爆するわけではないようですが。。
腹部CDと胸部CTは10月3日と10月6日です。

タバコもすわないので胸部も必要ないといえばないと思うのですが
一度も検査したことがないので、また腹部もCTはしたことがないので、という理由で予約しています。
無駄な検査は極力やめるということであれば無駄なものに該当すると思っています。

これだけの情報では助言しようがないかもしれませんがよろしくお願いいたします。
CTを受けても被曝量としてまったく問題ないのかということと
この検査の必要性はどの程度なのかなどなんでも構いません。

過去の投稿も検索しまして読ませていただいたのですが
ケースにもよるようなので質問させてください。
38歳 男 です。

今年のレントゲンは
・4月の春に健診で移動式の組立のような簡易的なもので胸部レントゲン撮影
・8月に頭痛がひどく首まわりのレントゲンおよびMRI
・9月に内視鏡にともなう術前レントゲン(腹部と大腸の辺り)
・9月に腹部エコー検査

そして先生が「今まで健康診断を15年してこなかったのなら気が向いたら
腹部と胸部のCTをやっとけば完璧でしょう。お腹のほうはもう検査...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
放射線を扱う仕事をしています。

あなたの不安や疑問に答えていけたらと思います。
健康を損なうレベルが50mSvとありましたが、これは1回に放射線を浴びた量で、です。
しかもそれによってリンパ球の減少ですよね・・・1ヶ月も経てば自然に元に戻りますよ。
あとはレバーでも食べて・・・と。

お医者さんや放射線技師は毎日放射線を浴びています。
さまざまな検査をしています。
それも全て患者さんのため、です。
健康になってもらえるようにです。(それが仕事なのでえらそうに言うな、ですが)

50mSvって実はたいした量ではありません。
ちなみに放射線治療ではその、600倍くらいの量を患者さんは浴びます。
それでやっと、皮膚が赤くなったり、めまいがしたり、ですかね。

日本は撮影が多いのは事実です。
こんなこともあります。
亡くなった人の人のMRIをすることがあるようです。
なんで亡くなったのか知るためです。

腹部と胸部CTにつおいてですが、胸部を撮るときに、防護衣をのせてほしいと頼んでみてはどうでしょう?
若い子供などはするのですが、成人だとしないんですよね^^;
生殖器にのせるのです。
感受性が生殖器は高いですから。

何か疑問があったら補足してください。
答えられることであったら、力になりますから。

こんにちは。
放射線を扱う仕事をしています。

あなたの不安や疑問に答えていけたらと思います。
健康を損なうレベルが50mSvとありましたが、これは1回に放射線を浴びた量で、です。
しかもそれによってリンパ球の減少ですよね・・・1ヶ月も経てば自然に元に戻りますよ。
あとはレバーでも食べて・・・と。

お医者さんや放射線技師は毎日放射線を浴びています。
さまざまな検査をしています。
それも全て患者さんのため、です。
健康になってもらえるようにです。(それが仕事なのでえらそうに言...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報