みなさんこんにちは宜しくお願いします。
祖母が田んぼを所有しております。祖父はすでに亡くなっております。祖母には5人の子供がいて私は長女の息子つまり孫にあたるものです。

祖母はかつては持ち家に暮らしておりましたが、子供たちが借金を重ねるたびに、家・土地・山?などを処分して今は団地暮らしです。
そのことからみなさんも多少、推測がつくかと思いますが一族はみんなバラバラです。

現在、祖母は私の妹と一緒の2人暮らしです。長年いっしょに暮らしてきた妹に土地を相続させるなり、売却したお金をあげたいそうなんですが、なかなか買い手がつかない状況です。ちなみに、私と妹の両親は病気ですでにいません。

この状況から、農業に従事していない妹に直接、土地を相続させたりまた名義変更などできるものでしょうか?

売却についても動いてはみたのですが、市の農地委員会に頼んでみても、近隣の方に声をかけてくれるとのことですが1年待ちましたが買い手はつかないとのことです。
土地は2反ほどで、市街化調整区域にかかっているから売却が難しいということを祖母はつねづね言っております

ご多忙とは思いますが、アドバイスの方、宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

こんにちはNo.6です。



以下No.7さんの引用です。
>田んぼをお婆ちゃんとお孫さんとの間にて売買契約をして(贈与だと登記が出来ません)所有権移転仮登記をなさったら如何でしょうか(売買金額は評価証明書の評価額を多少上回る程度です)これで相続の際の相続権発生は生じないと思います。(*売買契約はあくまでも書類上のみです)

・贈与では登記ができないようですね。
地域によってちがうと思いますが、取得後の農地面積が5000m2≒1500坪≒5反
ぐらい大規模に農業をやっていないと、農地を取得できないような縛りがあるそうです。
質問者さまの妹が、その条件を満たさないため、
役所の農業委員会より農地法3条の許可(農地のまま名義変更など)
が下りず贈与の登記ができないとNo.7さんがおっしゃったのだと思います。
相続だと、農地法の許可がいらないようですので、
妹さん名義にする遺言を残してもらうとよいのかなと考えたりします。
中途半端な知識で回答して申し訳ありません。

以前に、仕事のお付き合いで、
不動産を共有(自分と同居のおばあちゃん)している方にアドバイスして
うまくいき感謝されたので、今回もこれでいけるのでは?と回答しました。
そのときも、おばあちゃんが亡くなった場合に相続人が多数になり、
遺産分割協議書をつくるのが大変になるので、生きているうちに登記すると、手間も費用もかからないということでした。

・司法書士    ;名義変更、相続で同様の案件を扱っている。
・土地家屋調査士;土地の測量を行い、活用法を知っている。
・行政書士    ;農地法の許可の代理をしてくれる。
いろいろあるかと思いますが、農地を数多く扱ってきた専門家に
相談してみるとよいと思います。
上の人たちでも、詳しい人は詳しく、詳しくない人はホント詳しくありません。
経験上ですが、相談にいくと、そこで出来ないときには、
知っている別の専門家を紹介してくれたりします。

今回は、申し訳ありません。本当に失礼いたしました。
いい方向にいくことを願ってます♪

・質問者さまの板をお借りして申し訳ありません。
No.7さまが見ていたら後学のために教えていただけないでしょうか。
所有権移転仮登記について、
「農地法の許可がとれたら」「農地でなくなったら」などを条件にして
所有権移転の仮登記をすると思われますが、その条件・メリットなど
はどういうものがあるのでしょうか。
仮登記があっても、条件は達成していないし、契約書はあっても、お金のやりとりの形跡がない、、、。
おばあちゃんが亡くなったら普通に相続が始まりそうなきがするのですが。
    • good
    • 2

こんにちは


相続に拘らなければ、このような方法も選択肢の一つとしてありますが如何でしょうか。
田んぼをお婆ちゃんとお孫さんとの間にて売買契約をして(贈与だと登記が出来ません)所有権移転仮登記をなさったら如何でしょうか(売買金額は評価証明書の評価額を多少上回る程度です)これで相続の際の相続権発生は生じないと思います。(*売買契約はあくまでも書類上のみです)
詳しい事は司法書士にお聞きすると宜しいですが、ここで、ちょっとしたアドバイス。
一箇所で司法書士さんを選ぶよりも数箇所で登記手数料等を伺って、お望みのところでお決めになるのがよろしいかと存知ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

書類上のみで売買契約をし所有権移転仮登記という言葉、これも初めて聞く言葉です。先の方もおっしゃってる様に、司法書士の方に相談するのは必要なことと感じました。

それから、もう売却しか手がない場合、気長に待てばいいことですし、
なにかしないとなにもはじまらないですよね。

全力を尽くしてがんばってみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/24 04:37

こんにちは。


<相続分について>
祖母 →子1 1/5(亡母)→質問者さま1/10・妹1/10
   →子2 1/5
   →子3 1/5
   →子4 1/5
   →子5 1/5
祖母がなくなり相続が発生すると、上記のような相続分(価格×相続割合)
ご両親が亡くなっているとのことで、お母様の相続分は、子供の人数で等分になります。
(今回は2人なら、1/10ずつ相続できます。)代襲相続といいます。

※私なら、相続でなく、生前贈与を選択します。
・相続にすると、遺産分割協議というものが発生します。
他のおじさん、おばさん方は祖母より財産をもらっているそうなので、
誰がいくらもらっていたから、この人は相続分がないとか、
妹さんがめんどうを見ていたので、その分加算するとか、、、。
相続人全員からハンコをもらい遺産分割協議書をつくるとか、、。
・生前贈与なら、祖母におじさん、おばさん方にTELでもしてもらい、
この田圃は孫にあげるから、あんたたちにはあの時あげたでしょ。
で終わりです。(かなり端折ってますが)

たんぼ(農地)なので、いろいろな制約はあるかとおもいますが、
司法書士・土地家屋調査士に相談だけでもしてみたらいかがでしょうか。
なにかよい解決策がみつかるかもしれません。
いいほうにいくといいですね♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
はじめて聞く言葉です。生前贈与。それも断りの電話だけですむとは、選択肢に是非入れたいと思います。

ただ、農地委員会の人が言ってたんですが、農業に従事している者でなくては、田んぼ自体を扱うことができないという話を聞いていたので、
贈与自体ができるかどうか、また通常の土地と扱いが違うかもしれないので(田んぼの特殊性から)もう1度確認したみたいと思います。

司法書士・土地家屋調査士に相談確かにプロの手が必要な話である気もします。

解決したことを皆さんにご報告できる様、がんばります。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/24 04:29

 相続は4人の叔父叔母の協力があれば出来るでしょう。

ただ推測ですが先に返答されているようにまさにババ引きのババになる可能性があります。
 市街化調整区域の農地であればたとえ2反(600坪)あっても通常であれば坪5000円程度で売れれば御の字ですよ。でもまず買手は居ないでしょう。補助整備かは入っていれば農転はできないし、自ら耕作しても利益は出ない。ましては農協に任せればお金もかかる。
 田園地帯であればほっておいたほうが得策ですね。デベの宅地開発も今後は期待できないし、大型ショッピングセンターの進出でもない限り資産としてみるのは無理があるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

先の回答者様のご意見にもありましたが市街化調整区域とは単価が安いんですね。登記をみたところ、20年程前に1500万で祖母は購入していたのでそれなりの値段がつくので、田舎であれば祖母と妹が住めるマンションくらいにはなるかと思っておりました。

ですのでやはり、名義を変更して人に貸した後、気長に待つことにしようかとおもいます。例えわずかな金額でもいいと、祖母も言っておりましたので。特に資産と考えずに、そのうちなにか道が開ければという感じでいこうかと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/21 04:03

 推測が間違っていたらお許し下さい。



 質問者様は御祖母様に最後に残った資産である2反の農地をご祖母様と一緒に暮らして面倒を見ておられる妹様の所有としたいと言うことと推測いたします。

 とすると、相続の状態になれば当然他の相続人も権利を主張されると思いますので質問者様の思惑通りには行かなくなるでしょう。そこで、質問者様としては御祖母様ご存命のうちに処分し、そのお金を妹様に渡そうとしているのではないでしょうか。

 ただ、相続が荒れて裁判にでもなれば、当然その売却したお金の行き先についても問題になります。

 私でしたら、弁護士に相談しながら、相続人に話をして、御祖母様が所有する住居が無いということで、農地の一部を宅地化して妹様の資金で家を建て確保するように動くと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答の方ありがとうございます。

回答者様のご推測の通りです。私も遠く離れて住んでいるため、面倒を見てるとは言えない立場なのですが、現状祖母には4人の子供がいて孫である妹が金銭的にもまた介護も見るというのは申し訳ない気持ちでいっぱいです。

相続に関してですが、すでに家、土地、山を売って、祖母の4人の子供で分けています。わたしと妹は早くに親を亡くしまた孫ですので幼く、話もしらず金銭は受け取っていないので、もめた場合は多少有利かと思っておりました。

でも一族でもめても誰も得なんてしないということはいつも感じております。実際に家・土地・山、何もなくなったわけですから。

最後に農地の一部を宅地にする案ですが、田んぼは道路に面していない、いわゆる、あぜ道を通っていく奥まった場所なので、水道管をひいたり電気を通したりすれば金額は結構かかると見積もりの時点で言われており、すでに断念しております。

やはり名義を変更して気長に待つしかないですね。
親身なご意見、感謝いたします。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/21 03:51

相続順位について



おばあさんから孫へ
は無理じゃない?
親から子はできます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B8%E7%B6%9A# …

>市街化調整区域にかかっているから売却が難しいということを

単に単価の問題です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答の方ありがとうございます。

祖母には5人の子供がいて、そのうち1人が他界しており、それが私の母になるので、妹と私には相続の権利があるのかと勘違いしておりました。相続まで絡むとさらに難しい話ですね。

市街化調整区域は単価の問題ということで気にする必要はないということですね。勉強になります。

とすると、やはり人に貸して売れるのを気長に待つしかないですね。
その旨を祖母にも妹にも説明してみます。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/21 03:20

相続はできますが、田圃としてしか売れませんから、耕作しなければ


ババ抜きのババを持ち続けるようなものです。

取りあえず何か耕作してみたらどうですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくの回答ありがとうございます。

ババ抜きのババということは、所有していたほうが実は損だったりするんでしょうか?田んぼという特殊性からでしょうか?ネットで詳しく調べてみたいとおもいます。

さて、耕作はしたいのですが、私は東京に住んでおりまして、祖母と妹は九州におります。週末に雑草などを処理したこともありますが、耕作までとなると、できないのが現状です。

とすれば、人に無料で貸して耕作をしてもらうのもひとつのいい案かもしれません。そこから、また道は開けるかもしれませんし。

貴重なご意見ありがとうございました。がんばります。

お礼日時:2009/05/21 03:08

資格云々もありますが、田んぼは売れにくいですよね。


ところで、現在その田んぼはどうなっているのか心配です。
休耕田にしておくと、雑草も伸びますが対策はされているのでしょうか?
例えば、定期的に草刈してるとか、人に貸して作らせているとか・・
もし後者なら、その方に売却を持ちかけるとか、稲作を専業で法人化して行なっているところへ売却の話をもちかけるとか・・ただし二束三文でしょうが。

>農業に従事していない妹に直接、土地を相続させたりまた名義変更などできるものでしょうか?

そうですね、相続でなら名義を変えることは可能ですから、使用貸借(地代をとらない)で貸しておくのも一案だと思います。
借りる(作る)人なら紹介もあるのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。

田んぼや土地は確かに特殊で、すこし聞いてもわからないことが多いです。

回答者様のおっしゃる通り、現在は休耕田になっております。草は背丈ほど伸びており、その田んぼの価値もよくわかりません。

ただ相続で名義を変えられるのであれば妹名義にすることが今の最良の選択なのかと思います。その方向でも動きたいとおもいます。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/21 02:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本最古の田んぼは、どこにある何歳の田んぼでしょうか?

田んぼと言うのはなかなかのスグレノモです。
コメを毎年毎年(中には1年に複数回も)作り続けるのですから。ヨーロッパの三圃式農業なんかは3年のうち1年はお休みしているんですよね。

そこでふと疑問に思いました。
現在日本にある現役の田んぼのうち、最も古い田んぼはどこにあって、どのくらいの期間コメを作り続けているのでしょうか?

まさか縄文時代かずっと作り続けています、なんて田んぼはないでしょうけど、江戸時代からずっとというのはあるような気もするのですが・・・。

Aベストアンサー

日本で最古の水田であるかどうかの自信はありませんが、奈良盆地の条里制跡で今も営まれている水田はおそらく7世紀頃から水田として耕作が続いていると思います。

斑鳩周辺だともっと古いものもあるかもしれませんが・・

Q不動産屋に紹介された土地はすでに売却済みでした

現在、土地を探しています。
先週の土曜日に初めて不動産屋さんを訪ね、何件か紹介していただき、翌日早速土地を見に行きました。
とても気に入った物件があり、3日後にその不動産屋さんに電話してその旨を伝えたところ、「もう売れました」とのことでした。
主人が電話したのですが、その不動産屋さんの話から随分前にその区画すべて売れてしまっていたとのことでした。
そ、そんな・・・。

あの、不動産屋さんってそんなもんなんでしょうか。
ここ最近売れてしまったというなら、資料の差し替えが間に合わなかったのかなと納得もしますが、随分前に売れた物件を紹介するなんてアリなんですか?何のためにわざわざその土地を見に行ったのか(怒)

親身になって色々話を聞いてくださった不動産屋さんだったので、いい人に出会えて良かった!と思っていたのですがちょっとガッカリです。これにへこたれずにまた違う不動産屋さんも回ってみようと思いますが、今回のようにすでに売れた土地を紹介されることってよくあることなんでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

土地探し、ご苦労様です!
こればっかりは、一生住むであろうという場所選びだし、悩みますよね!しかも、いい所は早々に売れます。

私は2年前土地探しからはじめ、新築しました。

私の実家がある場所がA県、主人の実家がB県、私たちが住んでいた県がC県でした。

主人が長男なので、もしかしたらB県かな・・・と思いながら、家族で相談して、私の意見としては“できれば自分の実家があるA県で。それならば、主人の両親との2世帯も了承”でした。主人の仕事も転勤族だったので、実家のあるB県にはほとんどおらず、A県での生活が長かったので、あまり抵抗なく両親たちも了解してくれました。

ですから、土地探しはC県に住みながらも、A県でという困難でした。しいて言うならば、私の実家があったので行き来はしやすかったです。子供がまだ幼稚園へ入園する前だったので、1週間帰省、1週間自宅、そして1週間帰省の日々が本当にしばらく続きました。

不動産屋さんも、色々あたり、自社持ちもあれば、仲介もあり、見に行くのも、直接住みたい地域は決めていたので、あてもなく車で走り、“!?”と思った空き土地があれば、そこから不動産屋さんに連絡入れたり。徹底的に調べました。

最終的に1ヶ所どうしても気になるところがあったのですが、建築条件付だったので見送っていて、半ばあきらめていたのですが、もう1度お願いをしてみると、その区画は思ったより早く周りが売れたので、別に条件付でなくてもすぐに売れるだろうという話がその日会社であったようで、次の日に条件を外して売り出そうと決定したとの事でした。

ならばと思い、C県から明日手付けを払いに行くので、それまで待ってもらえないかと懇願して正午まで待ってもらえるようになり、慌てて夜中帰省の準備をし、次の日に間に合うように自宅を出ました。

当然ながら、ココまで来ると主人も動かないといけないので、会社は休みました(笑)

で、無事手付けを払い、今に至っているんですが・・・。

親身になってくれるところも、一応営業さんですから、いい所もまぜながら、でもこちらも(まだ売れていない物件)ありますよ~的なのも、あるかもしれませんね。でも、言われた土地はその日に見に行くのが鉄則です。

週末は、他の土地を探している方も、まぁ一般的にご主人様のお休みの日に一緒に見に行って・・・というパターンが多いですが、もし、奥様が動けるのであれば即実行です。写真を何枚も撮り、(これだけ撮ればご主人様もわかる!という位)平日の間に、こんなとこあったのよ~と。そして、不動産屋に休日前に連絡を必ず入れ、かなり気に入っているので、見に行くから同行をお願い、もしくはこの土地の話、他の人に進めないでくれとお願いをしておいてから、休日に見に行きます。平日の夜も昼も行きます。夜、近くに街灯があるのか?騒音は?昼間の日のあたり方は?もちろん、それまでに学校が近い・電車が近いなど希望されているところを選ばれていると思いますが。。。

これにあきらめずに、通ってくださいね!いい土地が見つかりますように(*^0^*)♪

土地探し、ご苦労様です!
こればっかりは、一生住むであろうという場所選びだし、悩みますよね!しかも、いい所は早々に売れます。

私は2年前土地探しからはじめ、新築しました。

私の実家がある場所がA県、主人の実家がB県、私たちが住んでいた県がC県でした。

主人が長男なので、もしかしたらB県かな・・・と思いながら、家族で相談して、私の意見としては“できれば自分の実家があるA県で。それならば、主人の両親との2世帯も了承”でした。主人の仕事も転勤族だったので、実家のあるB県にはほ...続きを読む

Q田んぼの隣の土地について

田んぼのすぐ横の土地の購入を検討しています。その土地自体も元々田んぼで、一部を宅地用に造成したものです。地盤調査では杭打ちなどの改良は必要ないとのことでした。
こういった土地は地盤が緩いというのをよく耳にしますが、地盤調査の結果が良好でもやはり危険なのでしょうか?
それから、すぐ横がまだ田んぼとして利用されているのも気になります。田んぼの水がこちらに浸入してきて地盤が弱くなるというようなことはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

田んぼだった土地は下に粘土層があるため液状化の心配のない地質で、隣の田んぼとの間にしっかりした土留めが設置されていれば問題ないでしょう。ただ、初夏には大量の青蛙の訪問がありますから、これが平気じゃないとやっていけませんよ(^_-)

Q茅ヶ崎の土地売却→土地購入→新築についてです。現在茅ヶ崎の一軒家に住ん

茅ヶ崎の土地売却→土地購入→新築についてです。現在茅ヶ崎の一軒家に住んでいます。家が古いのでリフォームか建て替えを考えていましたが、なかなか資金を作れなく困っていました。
そこで思いついたのですが、家族3人には必要以上に広い50坪の土地を売って
今より土地単価の安い30坪程度の土地を購入して、新築するのはどうでしょうか?
手続きや手数料などは大変ですか?
ちなみに現在、茅ヶ崎の東海岸北に住んでます。

Aベストアンサー

登記手続きは司法書士がやってくれるので手続きそのものは大変じゃありません。
仲介手数料は最大で取引価格の3%+6万円かかります(値切り交渉は可能)。

資金計画は大変に思えます。20坪分の差額で小さめ家を新築する作戦ですよね?
土地の坪単価が不明ですので、仮に50坪の場所も30坪の場所も50万円とすると、利益は1000万円。ここから仲介手数料(売る時81万円買う時51万円)や先ほどの登記手数料、税金、その他諸々を引いた残りのお金ではまず新築は無理でしょう。
単価70万円とすると利益1400万円。先ほどより可能性はあります。ただし延床面積25坪程度の家を坪単価40万円程度で建ててくれる工務店があれば、です。やはりあまり現実的とは言い難いと思います。
もちろんローンや貯蓄で上積みできれば可能性は広がります。

Q田んぼに居る虫?

今の時期(5月から6月の間)に田んぼに生息する虫?の事です。
カブトガニに似た形で尻尾の先が2本分かれています。大きさは2cmぐらいあります。それはなんという名前ですか?種類は?今はいっぱい居ますが、田んぼの水がなくなると見かけなくなります。もしかしてその期間しか生きられないのかしら?それとも成長して姿が変わるのかな?私は去年初めてみました。昨年までは関東地方に住んでいたがそのような生き物を見かけませんでした。関西のみしかないですか?どうか教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ズバリ「カブトエビ」です。
小さいときは、エビ見たいです。
甲らを持つと確かに「カブトガニ」みたいになります。
農薬がまかれると死滅します。

下のURL以外にも、カブトエビでかなりの数がHitします。

参考URL:http://www.kumagaya.or.jp/~sizensi/other/kabutoebi/k_tusin_index.html

Q土地の売却方法、売却先について

現在土地の売却を考えています。
坪数は480坪あります。
その内、150坪に家を新築し、残りを売却しようと思います。
また、新築する家はその土地を売却したお金を元に建てようと考えています。
この土地は駅(JR)から徒歩10分以内で周りは宅地ばかりですが現在貸し農園にしてあります。
家を新築する話が出る前にこの土地の一部、150坪を譲って欲しいという話がありましたが
こちらとしては残す土地以外はすべて売却したいと考えています。
家を新築するにあたりハウスメーカーに敷地調査を依頼しました。
その際、新築した残りの土地を買い取ってくれるか?という話をしています。
まだそのハウスメーカーに建築を依頼するとは決めていません。
家を建てるメーカー、工務店と土地を売却するところとは別にした方がいいのでしょうか?
今の状況だとハウスメーカーに足元を見られるようで不安です。
「かもねぎ」状態かもしれません。
土地の価値を知る為に他の不動産業者に購入の見積依頼はかけるつもりです。
逆に建築を依頼するところと土地を売却するところが一緒の場合、メリットはあるのでしょうか?
ご回答宜しくお願い致します。

現在土地の売却を考えています。
坪数は480坪あります。
その内、150坪に家を新築し、残りを売却しようと思います。
また、新築する家はその土地を売却したお金を元に建てようと考えています。
この土地は駅(JR)から徒歩10分以内で周りは宅地ばかりですが現在貸し農園にしてあります。
家を新築する話が出る前にこの土地の一部、150坪を譲って欲しいという話がありましたが
こちらとしては残す土地以外はすべて売却したいと考えています。
家を新築するにあたりハウスメーカーに敷地調査を...続きを読む

Aベストアンサー

■「土地の価値を知る為に他の不動産業者に購入の見積依頼はかけるつもりです。」
これは良いことだと思います。
一般の相場-(造成コスト+金利+販売経費+一般経費+想定利益)が、業者の買取価格になります。
住宅を手がける業者は建物で利益をとるので、土地分利益ゼロという所もあります。開発して更地のまま転売する業者だと、もっと安く仕入れないといけません。

■建築を依頼するところと土地を売却するところが一緒の場合のメリット
〇売却分の土地の価値が1000として、建物の請負価格が500とします。
 土地を売却すると譲渡所得が発生しますから税金がかかって手取りが減ります。
 土地を安くして900にして、請負価格を400にしてもらったら、
100には税金がかからないのと同じ効果になります。
それぞれが不相応に安くならなければ、合法的に成り立ちます。
〇請負業者に売る場合に仲介業者が介在しないなら、仲介手数料がかかりません。

Q田んぼが荒れ地になった土地の購入。

当方の所有する田んぼが、県道を通すため、一部を売却しました。かなり前の事です。田んぼを斜めに突っ切る為、県道の反対側にもほんの少しですが、土地が残っています。同じ事が、当方の所有する田んぼの一枚上の田んぼにも言え、そちらは当方の田んぼ側にほんの一部、大半の田んぼは向かい側に残っています。その田んぼを所有されている方は、年齢的には当方より5、6年程度上の方ですが(現在50歳程度)、身体を壊しておられまして、とても田んぼどころではないようです。どうもその田んぼすべてを県に購入して貰うつもりだったようですが、無理だったようです。今では、荒れ地になっていますが、おそらく200坪近くあると思いますが、元々は田んぼ、オマケにその土地の県道の反対側は、切り立った崖でして、その崖の途中から滝が流れています。おそらくその田んぼ(土地)の下は川が通っており、晴天続きなら水も無くなりますが、雨降りともなれば、かなりの水量の水が滝を形成します。こんな土地、買わないほうが良いですかね?現在は一部借りています。これ以上深入りしないほうが良い気もします。

Aベストアンサー

田んぼならそんなに高くないでしょう。そのあたりの土地の売買代金の、1/3とか1/4とかじゃないんですか?私なら買ってるかなあ?

Q土地売却にあたり土地家屋調査士の方の報酬は、

過去の質問にピッタりのが見つけられ無かったでよろしくお願いします。
駐車場だった土地を不動産屋に売却します。隣接する数件との境界線の確認
に土地家屋調査士さんに依頼すると担当の人から言われました。
土地家屋調査士の方に支払う報酬は売主になりますか?
この件に付いては始めに聞いていなかったとおもいますが、当然の事だから
不動産屋さんも言わなかったのかなと勝手に思ってました。

Aベストアンサー

売却するにあたり、都や県の指導のもとに作られた売買契約書には、土地の境界を売り主がその責任と費用負担で、明示するとありますので、それに伴う測量費用や杭入れ費用は、原則売り主負担となるのが通例でしょう。しかし、業者はなれていますし、土地所有者はそんなことは、わからないのが現状です。金額的にも土地代金と比べ、大きくなければ、買主負担でお願いしますと言ってみてもいいと思います。どちらが費用負担するかは、民法では書いてありませんし、折半でも問題はありません。相手が業者であれば、なおのことです。ただし、境界を明確にするために立ち会うことには協力してあげてください。

Q田んぼの相続

私の親が祖母から田んぼを相続したので
このままいくと私も田んぼを親から相続することになりそうです。

しかし私はまったく田んぼをやる意志はありません。
田んぼの相続だけを拒否することはできないのでしょうか?

また相続してしまったら
その後はどうしたらいいんでしょうか。

アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

#2、#4です。
あとお墓(墓地)や祭祀用遺産(仏壇、その他)の相続(お墓の継承相続、相続税の対象外)が誰か親の指定した方(姉妹の中の1人か、親の兄弟の親戚方)がする事になり、先祖の供養や法事など取り仕切る義務(先祖の供養とお墓の維持義務)が発生します。全員が放棄し市役所(墓地の管理者)に届ければ先祖の墓が無縁仏になってしまいます。親が直系なら、直系から分かれた兄弟(親の親戚)(いわゆる分家)が放棄を許してくれません。彼らの先祖がなくなることも意味するからです。親が継承者を指定しないで亡くなった場合は、その直系の相続人(あなた方姉妹)の一人が継承者として届けなければなりません。
一旦お墓の継承者に指定されると死ぬまで継承者を変更ができません。死ぬ時、継承者は次の継承者を指定します。両親がお墓の継承者を指定しないで亡くなった場合が、主要な親の遺産の継承者となる方を親族会議で決めて届け出ることになります。
皆、姉妹が結婚して他家に出ても、誰か1人がお墓の継承者になります。
勿論、結婚相手の男性も継承者である事もあります。

以上のお墓の継承者も、財産の相続以外に、(親が呆けたり、亡くなる前に)親や姉妹と話し合って決めておく必要がなります。

僕の場合は男1人(姉妹は結婚して結婚先の分家を作っています)で、親から両親の葬儀の喪主やお墓の継承を頼まれています。
姉妹の1人の家庭は娘二人で、共に結婚して他家に出他ばかりですが、長女お墓の継承者となると思います。(共に分家なので、自分たちが入る墓地だけ両親が購入済みです。)

#2、#4です。
あとお墓(墓地)や祭祀用遺産(仏壇、その他)の相続(お墓の継承相続、相続税の対象外)が誰か親の指定した方(姉妹の中の1人か、親の兄弟の親戚方)がする事になり、先祖の供養や法事など取り仕切る義務(先祖の供養とお墓の維持義務)が発生します。全員が放棄し市役所(墓地の管理者)に届ければ先祖の墓が無縁仏になってしまいます。親が直系なら、直系から分かれた兄弟(親の親戚)(いわゆる分家)が放棄を許してくれません。彼らの先祖がなくなることも意味するからです。親が継承者を指定...続きを読む

Q一部相続未了の土地(接道部分)がある場合の土地売却

土地(遊休地、約100坪)の売却を考えています。

いろいろ調べた結果、前面道路(市道)と接している部分に祖母(故人)名義の土地が見つかりました。
公図上では形状は細長く、面積は約9坪で、地目は公衆用道路です。
売却するにはまず名義変更(相続登記)が必要かと思いますが、相続人が多数いる上、二次相続となっており、なおかつ、昔から相続人同士が不仲で絶縁状態です。

上記の場合、接道部分の相続登記ができないと売却は不可能でしょうか。
相続登記もせずに済む、何かよい解決方法はないでしょうか。

Aベストアンサー

道路と接している部分に祖母名義の土地があり、その土地を除外すると道路に接道していない土地になるという前提でお話します。
土地は、売却できなくはないが、接道義務を果たしていないので、最建築不可の土地の扱いになります。その条件を了承して頂ける方であれば
売却も可能ですが、まずなかなか難しいでしょう。
仮に、市に寄付するにも相続登記が必要になると思います。
相続登記せずに済む方法は、抜け道があるかどうか司法書士の先生等に
確認したほうが一番早いと思います。


人気Q&Aランキング