「厚生労働省の「厚生」という言葉が、中国の古典『書経』にある「正徳利用厚生惟和」に由来していることは、よく知られている。昭和13(1938)年に旧内務省から独立した際、保健社会省として発足するはずが、漢籍にくわしい人の意見が通ったらしい。」
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090521/ …

という、本日のサンケイ新聞の「産経抄」で初めて「厚生」という言葉の由来を知ったのですが、ここで疑問がわきました。
昭和13年に、漢籍に詳しい人が「書経」から引っ張り出した言葉なら、それ以前には、日本語には「厚生」という言葉はなかったのでしょうか?
だったら当然「福利厚生」なんて言葉もなかったのですよね?
「economy」に中国の古典から「経世済民」を引っ張り出して「経済」という漢字を与えたのは福沢諭吉だそうですから同じような話なのですが、「厚生」は昭和13年と、現代に近いので、それまで「厚生」という言葉がないとはにわかには信じられないのです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>昭和13年に、漢籍に詳しい人が「書経」から引っ張り出した言葉なら、それ以前には、日本語には「厚生」という言葉はなかったのでしょうか?



ご推察の通り、それなりの「種本」はあったと思われます。
すでに120年余り経過していることと、命名の一年前に当る昭和12年に活字文庫として刊行されたという点であるいはと思えます。

「大槻玄沢は、文化8年(1811)に天文方の「蕃書和解御用掛」を命ぜられ、この翻訳事業に参加する、いわゆる『厚生新編』がこれであり、稿本のまま、後述の葵文庫に伝えられ、昭和12年に刊行された」(「英語事始」日本英学史学会編)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「厚生新編」ですか、初めて聴く言葉です。
検索してみましたら百科事典なんですね。
http://digital.tosyokan.pref.shizuoka.jp/aoi/3_g …
それがなんで「厚生」なの?って感じもしますが、少なくとも「厚生」が江戸時代から日本にある言葉であることはわかりました。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/21 23:59

2009年5月21日付けの「産経抄」にある「漢籍にくわしい人」とは、南弘(みなみ・ひろし)のことです。



この人は、東京帝大を卒業後、内閣書記官、内務省、内閣書記官長、貴族院勅撰議員、福岡県知事、文部省次官、台湾総督、逓信大臣、国語審議会会長を経て、1937年(昭和12年)に枢密顧問官になりました。

その年、内務省から保健・衛生部門等を独立させた新省を設立することになり、その省名を決めるに当たり、「産経抄」にあるような経過になりました。このため、南弘は「厚生省の名付け親」とも呼ばれています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E5%BC%98

大事なことは、漢籍から引用したことではなく、どうして「社会保健省」(産経抄では「保健社会省」とありますが、多分「社会保健省」の間違い?)という名前ではダメだったのか、ということです。それは、「昭和12年(1937年)」という当時の時代背景にあります。

簡単に言うと、1910年代にロシア革命があり、その後、ロシア(ソ連)から世界中に社会主義・共産主義革命の風が吹き荒れ、日本政府もその対処に頭を悩ませていました。要するに、「社会保健省」という名前では、当時脅威であった社会主義を想起させる、という反対論が出たわけです。たかが省名とはいえ、当時は切実な問題であり紛糾しました。このため、新省の発足が当初予定から3か月も遅れたそうです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9A%E7%94%9F% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

南弘という人ですか。
福沢にしても南にしても昔の方はえらかったですねえ。あたらしい概念にぴったりの漢語をあてはめるのですから。
それに引き換え、今の日本語はカタカナばかりで、コンピュータ用語はよほど中国語の方がわかりやすいです。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/21 18:04

「福利厚生」という考え方自体が、とても新しいものだと思います。


元は社会主義の影響から出てきた考え方であろうかと思います。
それが、既に日本で昭和13年という早い時期に定着した考えになっていたということの方が、私には驚きです。
イギリスは福祉国家の先駆けを作った国ですが、そのきっかけは1942年に、ベヴァリッジによって提出された「社会保険および関連サービスに関する報告」というものだそうです。
ずいぶんと新しい考え方だと思われませんか?
しかし、私は専門家ではないので、これ以上のことは知りません。
もし興味をお持ちでしたら、福祉の歴史などお調べになられてはどうかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
確かに戦前の貧しかったわが国では社会福祉について欧米諸国より遅れていたとは思いましたが、「厚生」という言葉自体がなかったことに驚きました。
調べてみたら「福祉」という言葉もGHQの指令にあるWelfareを翻訳するため戦後に作られているのですね。
当時の社会福祉的法制をみると1874(明治7)年に制定された「恤救規則」やら、それにかわる1929(昭和4)年の「救護法」等のいわゆる救貧制度で、厚生でも福祉でもないですね。
勉強になりました。

お礼日時:2009/05/21 17:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q前職場で厚生年金基金に加入してたそうです。

前職場で厚生年金基金に加入してたそうです。
現職場では厚生年金基金の制度はないのですが、前職場の厚生年金基金を引き継がなければならないのでしょうか?
厚生年金基金とはその職場独自のものではないのでしょうか?
厚生年金基金の制度がある会社では、強制加入でしょうか?
厚生年金基金の制度がある会社に勤めてた期間内に厚生年金の加入期間と厚生年金基金の加入期間が違う事はあり得るのでしょうか?

Aベストアンサー

厚生年金基金は健康保険のように任意継続のような退職後の継続するという制度はありません。
その職場独自のものと考えてください。
厚生年金基金の加入しなくなると、脱退の一時金を受け取るか、老後にうけとるか、選ばせる基金もあります。
http://tt110.net/10knenkin/I-kouseikikin-seturitu.htm
厚生年金の加入期間と厚生年金基金の加入期間が違う事はあり得るかということですが、
あります。
サイトをみられたらわかると思いますが厚生年金基金が解散した場合、会社が厚生年金基金を脱退した場合、違うことがあります。
私も会社が厚生年金基金を脱退したことがありました。
厚生年金の加入期間と厚生年金基金の加入が違いました。
ねんきん定期便で、確認できました。

参考URL:http://tt110.net/10knenkin/I-kouseikikin-seturitu.htm

Q古典分法の問題です。 「乗る」「包む」「漕ぐ」「思ふ」「往ぬ」「飽く」「居り」「勝つ」の活用の行と種

古典分法の問題です。
「乗る」「包む」「漕ぐ」「思ふ」「往ぬ」「飽く」「居り」「勝つ」の活用の行と種類を教えてください!

Aベストアンサー

みんなこういう質問には冷たいね。
辞書をひけば済むからね。


原則的には、現代語で五段活用なら古典文法で四段活用です。
「乗る」:乗らない、乗ります、乗る、乗れば(ラ行)
「包む」:包まない、包みます、包む、包めば(マ行)
「漕ぐ」:漕がない、漕ぎます、漕ぐ、漕げば(ガ行)
「勝つ」:勝たない、勝ちます、勝つ、勝てば(タ行)
行はそのままで、四段活用と答えればいい。

気をつけなければならないのは、「思ふ」と「飽く」
現代語は
「思う」:思わない、思います、思う、思えば(ワ行)
だが、古典は「ハ行四段」。
「(おも)う」じゃなくて「(おも)ふ」だからね。

「飽く」も現代語は
「飽きる」:飽きない、飽きます、飽きる、飽きれば
で上一段活用だが、古典文法では「カ行四段活用」


あとは「往ぬ」「居り」ね。
これは変格活用だから覚えるだけ。
「往ぬ」:ナ行変格
「居り」:ラ行変格

Q厚生年金保険?

こんばんは。
 早速ですが、先日、3年半ほど勤めた会社を退職しまして、
厚生年金から国民年金に変更しました。
その時、年金手帳をパラパラ見ていると、
”国民年金の記録”のページには変更日と役所の印がありましたが、
”厚生年金保険の記録”のページには何も書かれていませんでした。
 さて、厚生年金と厚生年金保険は同じものなのでしょうか?
また、厚生年金と厚生年金保険が同じである場合、私の年金手帳のように
”厚生年金保険の記録”のページに何も書かれてないのは大丈夫なのでしょうか?
 ご存知の方、教えてください。

 p,s. 下手な文章ですみません。これ以上、上手く書けませんでした。

Aベストアンサー

厚生年金と厚生年金保険は、同じです。国民年金も、確か正式名称は国民年金保険だったと思います。

 厚生年金保険の記録ですが、電算処理になっていて履歴が全部社会保険事務所で確認できますので、ご安心を。

Q「口語」、「文語」、「話し言葉」、「書き言葉」

 日本語を勉強中の中国人です。「口語」、「文語」、「話し言葉」、「書き言葉」とこの四つの言葉の関係について、次のように思いますが、皆様はどう思われますか。

口語=話し言葉
文語=書き言葉

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>口語=話し言葉
>文語=書き言葉
というのは言葉本来の意味からは正しいのですが、

日本語の歴史の特殊事情により、実際には違う意味で理解されています。

結論から言えば、
口語=現代語
文語=古語
というのが普通の理解です。

「口語」はいわゆる「共通語(明治以降の東京方言をもとにしています)」としての「書き言葉=話し言葉」を指し、
「文語」は書き言葉としての古典語を指す呼称です。

江戸時代(19世紀)までの日本では、共通語としての「話し言葉」は成立していませんでした。
江戸時代までの日本は、統一国家というよりも、各地域をそれぞれ「殿様」が治めるゆるやかな集合体であったため、それぞれの地域の「お国言葉」が話されていたのです。
そのかわり「共通語」の役割を果たしていたのは専ら「書き言葉」として用いられていた「古典語=文語」でした。
日本では「書き言葉」としては共通語としての「文語」を用い、
「話し言葉」としては地方によって異なる「お国言葉」を用いていたのです。

現在でも「お国言葉」は「方言」として残っていますが、明治時代以降「共通語=口語」が国策によって成立したので、公的な場面の話し言葉はほぼ全国で統一が取れています。
中国の事情はよくわかりませんが、「北京語」が「共通語」となって、「広東語」などは「方言」という扱いになっているとすれば、そのような関係が成立したのです。
そして、「書き言葉」としても新しく成立した「共通語=口語」を採用する方針が定められたので、「文語」は一部を除いて姿を消しました。

そういうわけで、
現在は、「口語」=「現代語(話し言葉=書き言葉)」
「文語」=「古典語」ということになりました。

ところで、現代の日本において「書き言葉/話し言葉」の区別は、
「常体/敬体」の区別と考えられることが多いようです。

すなわち、「書き言葉」は、「だ・である体」で、
「話し言葉」は、「です・ます体」を指すことが普通になっているようです。
もちろん、「だ・である体」の文章も「です・ます体」の文章も、両方が存在するので、外国人の方には非常にわかりにくいことと思います。
お気の毒です。

>口語=話し言葉
>文語=書き言葉
というのは言葉本来の意味からは正しいのですが、

日本語の歴史の特殊事情により、実際には違う意味で理解されています。

結論から言えば、
口語=現代語
文語=古語
というのが普通の理解です。

「口語」はいわゆる「共通語(明治以降の東京方言をもとにしています)」としての「書き言葉=話し言葉」を指し、
「文語」は書き言葉としての古典語を指す呼称です。

江戸時代(19世紀)までの日本では、共通語としての「話し言葉」は成立していませんでした。
...続きを読む

Q目黒・恵比寿近辺でいい婦人科は?厚生中央病院と杉山産婦人科の評判も

こんにちは。

現在26歳で、来年ぐらいから子作りを考えています。
ただ、昔から生理不順(周期もバラバラで量も少ない)できちんと妊娠が出来るか不安で、学生時代に婦人科に行った時は、基礎体温上は心配ないとの事で薬も出ませんでした。
その後、会社での定期健康診断は受けていますが、子宮がんかどうかを調べるだけで、これといって診察している感じではないものです。
そろそろ子供が欲しく、まずは子宮に大きな病気がないか見てもらいたく今年の3月に有明にある癌研究会の婦人科に受診に行き、大きな病気等問題ないとの結果で、生理不順に関しては癌研究会よりも普通の病院でみてもらった方がいいとの事で、家の近くでもあり、その先生の後輩がいらっしゃるとの事で恵比寿の厚生中央病院宛紹介状を書いてもらいました。

そして基礎体温をつけしばらくしたので受診しようと電話をしたらその先生は既に違う病院に移られたとの事。
ネットで調べてみたら、世田谷の杉山産婦人科に移られていました。

先月と今月、不正出血もしていて生理の様子がおかしいので
順調に妊娠できるように今から定期健診含めきちんと通おうと考えています。

家から近い厚生中央病院に行くか、杉山産婦人科に行くか、それとも恵比寿・目黒近辺でいい産婦人科があればそこも含め、通院先を決めたいと思っています。

厚生中央病院・杉山産婦人科の評判をご存知の方がいらっしゃいましたらお聞かせいただければと思いますし、恵比寿・目黒近辺でのいい婦人科をご存知の方がいらっしゃれば是非教えていただければ大変助かります。

どうぞ宜しくお願い致します。

こんにちは。

現在26歳で、来年ぐらいから子作りを考えています。
ただ、昔から生理不順(周期もバラバラで量も少ない)できちんと妊娠が出来るか不安で、学生時代に婦人科に行った時は、基礎体温上は心配ないとの事で薬も出ませんでした。
その後、会社での定期健康診断は受けていますが、子宮がんかどうかを調べるだけで、これといって診察している感じではないものです。
そろそろ子供が欲しく、まずは子宮に大きな病気がないか見てもらいたく今年の3月に有明にある癌研究会の婦人科に受診に行き、大きな...続きを読む

Aベストアンサー

子供がほしいのでしたら、不妊外来はいかがでしょうか?私はこのクリニックで妊娠できました。また不妊検査をする中に、子宮がんの検査も入ってきますよ。生理2日目くらいに予約を入れるといいと思います。全ての検査が終わるのが1ヵ月くらい。金額は2万円くらいかかりました。平日なら比較的入りやすいですが、土曜日は激混みです。

参考URL:http://fert-tokyo.jp/

Q古典の活用で、未然形には「〜ず」をつけますよね。 もし、「過ごす」なら、「過ごさず」「過ごせず」とい

古典の活用で、未然形には「〜ず」をつけますよね。
もし、「過ごす」なら、「過ごさず」「過ごせず」というふうに数個あります。このようなときってどうしたいいのでしょうか。

Aベストアンサー

考えの筋道が違います。
『未然形には「〜ず」をつけ』る のではありません。
例えば,「過ごす」の否定形を作るのに,「ず」を付けますが,終止形の「過ごす」に直接付けるのではなく,未然形の「過ごさ」に「ず」を付けるのです。
 
また,ほかの方もおっしゃるように,
「過ごす」の否定「過ごさない」の意味が「過ごさず」であり,別の意味の動詞「過ごせる」の否定が「過ごせず」です。 
 
さらにまた,「古典の活用で、」と言うのも用語が変です。

QIFRSの読み方について

IFRSの読み方について教えてください。

アイエフアールエス、アイファス、アイファース、イファースなど読み方があるようですが、日本では標準的な読み方はありますか?また、グローバルで共通した読み方はありますか?

全社で共通した読み方で統一したいと考えております。

Aベストアンサー

IFRSの読み方は、現時点の日本では様々です。
各種セミナーに行きましたが、講師をされる方によってまちまちです。

ひとりの講師の方の説明では、IFRSがすでに導入されているヨーロッパ(EU)では、主にアイエフアールエスと読んでいるようです。

http://ifrs-yomikata.cocolog-nifty.com/blog/

ご参考に。

参考URL:http://ifrs-yomikata.cocolog-nifty.com/blog/

Q「省」における「せい」と「しょう」の読みの違い

「省」の音読みは、
「せい」と「しょう」があります。

三省、自省、内省、反省、帰省など、
二字熟語の2文字目に「省」が来る場合は「せい」が多く、
省略、省力、省令など、
二字熟語の1文字目に「省」が来る場合は「しょう」が多いです。

もちろん「省文:せいぶん」など例外もあるのですが、
はたして、「せい」と「しょう」の読み方に
ルールというか法則性みたいなものはあるのでしょうか。

また、辞書を見ると、
[音]セイ(漢) ショウ
とあるのですが、
音読みにも種類があるのでしょうか。

Aベストアンサー

日本に入った漢字音は、言い出したら切りがないほどの知識、情報があります。その大部分は私などの与り知らない情報です。一般的な知識としては「漢和辞典」に「呉音」「漢音」「唐音」などの区別が書いてあるので確かめてください。「省」についていえば「ショウ」が「呉音」、「セイ」が「漢音」です。熟語による発音差は、その熟語が使われ始めた時代に左右されることも多いのですが、どちらかといえば、その熟語の使われる分野によることが多いようです。日常用語や、仏教用語には「呉音」が多く使われます。具体例をいえば、「日」(ニチ)「月」(ガツ)「日光菩薩」(ニッコウ菩薩)「月光菩薩」(ガッコウ菩薩)のような仏教語、1月(ガツ)1日(ニチ)一生(イッショウ)のような生活用語ですね。初期の日本に漢字が入って来たのは中国南方形の発音が仏教がらみで入った証拠です。時代的には上代です。それに対して上代後期から平安時代以降には、唐代の北方系の「漢音」に変わりました。「日」(ジツ)「月」(ゲツ)のような音です。これは、いわゆる「漢学」(儒教・道教などの教えや、文学)を中心とした「漢文」の用語になったのです。
 その違いがはっきりしたのは、次のようなことでした。「日本書記」は中国人にも読めるような(事実はどうか知りません)漢文体で書かれました。当時の人の心づもりは「ニッポン」と読んでくれるだろうということだったのです。しかし、実際にはどうやら「ジッポン」と「漢音」で読まれた可能性が強いのです。(このあたりは適当な想像に過ぎないのですが)「東方見聞録」という本で西洋に紹介された「日本」は(後にこの本が翻訳されて日本に帰ってきたときは)「ジパング」となっていました。また、この書物などから伝わった「ジャパン」「ジャポン」などはそれがもとになったと思われます。
 かなり余談になりましたが、「呉音」「漢音」に比べると少数派ですが、「唐音」があります。これは中世以後の中国との間の貿易や「禅僧」(禅宗を学んだ僧)によってもたらされた特殊なものの名として入った「蒲団」「行燈」「暖簾」「団扇」などです。
 また話が古い時代に戻りますが、馬(うま)、梅(うめ)、絵(え)、絹(きぬ)などの語が実は「中国音」だったことも有名な話です。
 たぶんほかの人からも、様々な情報が提供されるものと思います。

日本に入った漢字音は、言い出したら切りがないほどの知識、情報があります。その大部分は私などの与り知らない情報です。一般的な知識としては「漢和辞典」に「呉音」「漢音」「唐音」などの区別が書いてあるので確かめてください。「省」についていえば「ショウ」が「呉音」、「セイ」が「漢音」です。熟語による発音差は、その熟語が使われ始めた時代に左右されることも多いのですが、どちらかといえば、その熟語の使われる分野によることが多いようです。日常用語や、仏教用語には「呉音」が多く使われます。...続きを読む

QF1のQ3について

Q3は”決勝のスタートと同じ燃料搭載”とありますが
Q3のスタート時点の搭載量にもどしてから決勝スタートですか?
あるいはQ3開始したらそのまま元には戻さず決勝スタートですか?

Aベストアンサー

戻すのは今の前のレギュレーションです。
無意味だと言う事で変更され、Q3開始時に積んだ分から変更できるのはピットスタートか一回目のピット作業時となりました。
追加することも抜き取ることも出来ません。
唯一例外が、ダミーグリッドに付くまでにピットロードを使って何周かできるので、これで消費させて調整することはあります。
これも今年限りで終わりですが。

Q「六経」の「楽経」の読み方

すみませんが、どなたか「六経」の「楽経」の読み方を教えてください。

Aベストアンサー

六経「リッケイ」
楽経「ガッケイ」
です。音楽に関する経であって、楽しい経ではありませんから。

儒教関係は、多くが漢音です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報