以下の条件では、どれだけ世帯年収に差が出るのでしょうか?
私:年収550万

パターン1
妻:年収103万(税扶養範囲内)
パターン2
妻:年収130万(社会保険扶養範囲内)

パターン1であれば妻の年収分まるまるが世帯収入として加算されることは分かるのですが、パターン2であれば、妻の税額が発生することはもちろん、私の税額にも影響してくると思いますので、パターン1と2で年額にしてどれだけの世帯収入の差になるかお教え頂ければと思います。

宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>妻:年収103万(税扶養範囲内)…



税法上、夫婦間に「扶養」はありません。
税法上の「扶養控除」は、親子や祖父母、孫などに適用されるものです。
夫婦間は、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」です。
「配偶者控除」と「配偶者特別控除」とでは、税法上の取扱が異なりますから、十把一絡げに扶養と片付けてはいけないのです。

「配偶者控除」は、配偶者の「所得」が 38 (給与収入のみなら 103) 万円以下であることが条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
38万円を超え 76 (同 141) 万円以下なら「配偶者特別控除」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

>パターン2であれば、妻の税額が発生することはもちろん…

もちろんなんて言い切ることはできません。
妻に基礎控除以外の「所得控除」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm
や「税額控除」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1200.htm
に該当するものがあれば、給与で 103万を超えたからといって直ちに所得税が発生するわけではありません。

>私の税額にも影響してくると思いますので、パターン1と2で年額にしてどれだけの…

おかしなことを聞く人ですね。
そもそも税金は、特殊なケースを除いて、稼いだ額以上に取られることはありません。
少々の税金を払い惜しんで、収入をセーブしようと考える必要などないです。

>私:年収550万…

年収では税金の計算までできません。
課税所得はいくらほどですか。
課税所得とは源泉徴収票で、
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hot …
[給与所得控除後の金額] - [所得控除の額の合計額]
のことです。

まあ仮に 330万以下、妻の基礎控除以外の所得控除も税額控除もないとして、
【妻が 103 (所得 38) 万】
・夫の所得税・・・配偶者控除 38万× 10% = -38,000円 (減税)
・夫の住民税・・・配偶者控除 33万× 10% = -33,000円 (減税)
・妻の所得税・・・0
・妻の住民税・・・(103 - 98)× 10% = +5,000円
------------------------------------------------------------
・合計 -66.000円

【妻が 130 (所得 65) 万】
・夫の所得税・・・配偶者特別控除 11万× 10% = -11,000円 (減税)
・夫の住民税・・・配偶者特別控除 9万× 10% = -9,000円 (減税)
・妻の所得税・・・(130 - 103)× 5% = +13,500円
・妻の住民税・・・(130 - 98)× 10% = +32,000円
------------------------------------------------------------
・合計 +25,500円

その差は 91,500円。
さて、
(1300,000 - 1030,000) - 91,500・・・プラスかマイナスか?

なお、住民税は自治体により若干異なることがあります。
国税 (所得税) について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>少々の税金を払い惜しんで、収入をセーブしようと考える必要などないです。
おかしなことを言う人ですね。それはアナタの考えであって、万人がアナタと同様の考えを持っているとは限りませんよ。
それに、103万を超えた労働に対しては、税金徴収&減税分が減るだけ、時給換算した場合の労働対価が下がるのは間違いない事実です。
その対価になるのならば、無理に働かずに家事と体を休める時間に使ってもらった方が良いということもあり得る訳です。(元々、妻はそんなに丈夫な体じゃないですし)
ちなみに仮に計算して頂いた金額(1300,000-1030,000)-91,500=178,500円で計算してみると↓のような感じになりました。
※時給800円として計算します。
130万-103万=27万円を稼ぐのに必要な時間は337.5時間です。
ただ、実際手元に入ってくる金額は178,500円な訳ですから、時給換算すれば178,500÷337.5=529円ということですね。
この529円という金額を高いと捉えるか安いと捉えるかは、やはりそれぞれの家庭の考えかたでしょう。(まぁ、私であれば最低賃金を割るような労働対価になるくらいなら働かないという選択肢になると思いますが)

知識を持たない人間に対して、上から目線でコメント付けるのも結構ですが、人にはそれぞれ事情があることもアタマに入れて発言されたらどうでしょうか?

>(1300,000 - 1030,000) - 91,500・・・プラスかマイナスか?
状況にもよるのでしょうが、この部分はとても参考になりました。

お礼日時:2009/05/22 22:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q保険の比較サイトを教えてください

生命保険の見直しを考えています。
保険の比較サイトが数多くありますが、偏りを感じずにいられません。
まずは比較サイトを比較するところから始めたいと思うので、
皆さんがご存知の比較サイトを教えていただきたいです。
またこのようなサイトを使った場合のデメリットも教えてください。

Aベストアンサー

保険の資料を請求すると電話やDMがウザかったり(^^;
単なる資料請求サイトは避けたいですよね。

http://www.hoken-erabi.net/
http://www.bang.co.jp/
http://www.insweb.co.jp/
http://www.hokende.com/

Q年収550万円は世帯所得としては少ないですか?

先日あるサイトで、「年収500万円の低所得世帯では子供を作るのは無理」といった記事を見ました。
うちは子供もおらず今後も作ることは無いと思うので、子供云々の話は関係ないのですが、「500万円の低所得」という記述が気にかかりました。

私(45歳)は中小企業のサラリーマンで年収は税込で約470万円ほど、妻(44歳)はパートを2つやっており合わせて約80万円で、世帯年収としては約550万円です。
現状、それほど生活の上で困っているということはなく、けっして裕福とは言えませんがまあ平均的な収入の範疇だと思っていました。貯金は全ての口座を合わせて400万ほどで、これも十分な貯蓄とは言えませんが、少しずつでも増えていっているし、友人知人の中では“まだ潤ってるほう”だと思っています。

今までは現状の収入に疑問を持つことは無かった(不満が無かったわけではないですが、それなりに頑張ってやっと現在の収入になったので、少しでも増えていって嬉しく思っていた)のですが、将来のことを考えると、これぐらいの収入や貯蓄ではかなり厳しいでしょうか?

普段は外食や飲み歩くこともほとんどなく、車は地理的に無いと不便な土地ゆえいちおう持っていますが軽四です。その他もとくに贅沢もせず総じて地味な生活です。
しかし「それではこの先厳しい」ということなら、今のうちからもう少し生活や人生プランを考えないといけません。こんな時代ゆえ、そう簡単に収入を増やせるものでもありませんが、倹約できるところもあるかもしれませんし、できればアドバイスをお願いします。

先日あるサイトで、「年収500万円の低所得世帯では子供を作るのは無理」といった記事を見ました。
うちは子供もおらず今後も作ることは無いと思うので、子供云々の話は関係ないのですが、「500万円の低所得」という記述が気にかかりました。

私(45歳)は中小企業のサラリーマンで年収は税込で約470万円ほど、妻(44歳)はパートを2つやっており合わせて約80万円で、世帯年収としては約550万円です。
現状、それほど生活の上で困っているということはなく、けっして裕福とは言えませんがまあ平均的な収入の範疇だ...続きを読む

Aベストアンサー

感覚的な回答になりますが、ご容赦ください。

年収については平均よりやや少ないかなというぐらいです。

問題は貯金。

お子様がいない状態でこの貯金というのは
これまでよほど苦労されていたのか、贅沢しているのか
わかりませんがかなり低いです。(ご質問者様の年齢を考慮して)

持ち家でその貯金ですか?あるいは賃貸でその貯金ですか?

これによって結構今後の計画も変わってくるかと。


退職金、会社から出ますか?

定年を迎えて、年金をもらうまでの空白期間は貯金を切り崩す
生活になると思います。賃貸なら家賃がずっしり乗ってきます。
もちろん年金だけで生活できるかはこれまでの年金加入履歴によるでしょうけど
このご時勢、もらえるかすらわからないので安心できません。

お子様がいたら最悪の場合に援助してもらう選択もできるのでしょうが
それも頼れないとなると、自分でどうにかするしかありません。

今、借金やローンなどないのでしたら割と余裕がある生活かと思いますので
なるべく貯蓄にまわしていくべきかと思います。子供がいなければ年200万~ぐらいは
簡単に貯めていけるはずです。

感覚的な回答になりますが、ご容赦ください。

年収については平均よりやや少ないかなというぐらいです。

問題は貯金。

お子様がいない状態でこの貯金というのは
これまでよほど苦労されていたのか、贅沢しているのか
わかりませんがかなり低いです。(ご質問者様の年齢を考慮して)

持ち家でその貯金ですか?あるいは賃貸でその貯金ですか?

これによって結構今後の計画も変わってくるかと。


退職金、会社から出ますか?

定年を迎えて、年金をもらうまでの空白期間は貯金を切り崩す
生活になると思います。...続きを読む

Q住宅保険の比較できるサイト

現在火災保険しか入っていませんが、
自然災害もカバーできる保険に入ろうと思います。
各保険会社の保険の内容や掛け金を比較できるサイトはありますでしょうか。

Aベストアンサー

火災保険で補償されるのは火災だけではありませんよ。
住宅火災保険であれば、火災・落雷・破裂(爆発)の他、風・雪・ひょう災もセットされています。
住宅総合保険ではさらに、水災、外来物との衝突、盗難、水漏れ、騒じょうによる損害も補償されます。
住宅火災保険や住宅総合保険は昔からある火災保険で、今となっては少し時代遅れです。
新しいタイプの火災保険は補償を自由に設定できますので、おすすすめです。

火災保険は非常にややこしい保険ですので、一般の方がサイトで比較するのは無理があります。
損保数社に見積りを依頼したほうが確かです。

Q【世帯所得】世帯って独り身でも1世帯扱いですよね?

【世帯所得】世帯って独り身でも1世帯扱いですよね?

Aベストアンサー

ちゃんと、市民として登録してあるのであれば、そうです

Q積立貯金と比較したいので学資保険の金利を導き出したい

皆さん、宜しくお願いします。

現在、学資保険の見直しを考えており、乗り換えの対象に積立貯金を考えております。
ただ、学資保険の年金利が分からず比較ができません。

そこで学資保険の年金利の導き方を教えて頂ければと思います。
学資保険で分かっているのは「年払いの金額」「支払期間」「支払総額」「受取総額」です。
これらからの計算方法を教えてください。

また、年金利以外でも比較できる方法があればそちらも教えて頂けるとありがたいです。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「学資保険と積立貯金と比較したい」ならば、
「学資保険の金利」を計算するのではなく、
いくら払って、いくらもらえるかという
受け取りの率で比較されてはいかがですか?

金利は単純な加減乗除の計算では算出できません。
さらには、税金が異なるなど、金利が高ければ良いという
単純な問題ではありません。

さらには、学資保険の場合、中途解約の時期によって、戻り率が
ことなるという問題もあります。

税金
積立預金=利息に20%課税。
学資保険=一時所得として計算。
(受取金額)-(支払金額)-50万円がプラスならば、
その2分の1を他の所得と合算して課税。

ご参考になれば、幸いです。

Q年収550万で分不相応な生活を望む彼に現実認識させるには?

結婚を予定している彼がおり、私と彼の年収は合わせて1000万ちょっとです。
ただ、返還しなくてはいけない奨学金が残っていて、現在私の残額100万ちょい、彼の残額は200万くらいです。
お互い30代ですが、研究職なので最近定職についたばかりで、貯金は二人合わせてまだ100万程度しかありません。

式や披露宴などは考えておらず、賃貸住宅への入居を考えています。
また、彼は子どもをほしがっており、私ももし授かればほしいなくらいに思っています。
ここまでは二人とも同じ考えなのですが、彼の経済観念が現実離れしているように感じてなりません。

たとえば
・家賃は15万程度払ってもいいので都心の築浅マンションに住みたい
(ただ、彼が希望するような物件はそれでも足りないくらいです)
・食費はがまんしたくない(今の状態だと、月に外食4万、自炊6万、お酒2万くらいになってしまいます)
・前掲の年収のほかに彼には年間50万円程度の副収入が見込まれるのですが、それは自分用のこづかいとして全額使いたい

もしこのまま子どもも持たずずっと共働きならばこれでもいいのですが、
子どもを産むことや現在ほとんど貯金がないことを考えると、
彼の年収500万円(月手取り30万、ボーナス150万)のみで乳児がいて、
私が1年くらい(場合によってはもっとでしょうか)働けない状態では、
そんな優雅な生活ができるわけもなく、とても不安です。
彼は私にすべてやりくりは任せると言っていますが、やりくり以前の問題な気がします。
全国平均の家計のデータや、支出が多すぎることを実際の数値で示しても「何とかなる」「がんばって稼ぐ」などと話にならず困っています。
どうやったら彼の考えが現実離れしているとわからせることができるのでしょうか。

結婚を予定している彼がおり、私と彼の年収は合わせて1000万ちょっとです。
ただ、返還しなくてはいけない奨学金が残っていて、現在私の残額100万ちょい、彼の残額は200万くらいです。
お互い30代ですが、研究職なので最近定職についたばかりで、貯金は二人合わせてまだ100万程度しかありません。

式や披露宴などは考えておらず、賃貸住宅への入居を考えています。
また、彼は子どもをほしがっており、私ももし授かればほしいなくらいに思っています。
ここまでは二人とも同じ考えなのですが、彼の経済観念...続きを読む

Aベストアンサー

恐れ入ります。No.12で回答した者です。
彼氏さんの専門が経済とのことなので、説得は難しいかもしれませんね・・・

>・30代でやっと定職
>・貯金ほとんどなし、それどころか借金あり(無利子ですが)
>・5年ごとに転職したりが当たり前、ベースアップなし
>・副収入不安定だが結構あり
>・ボーナス、退職金なし
>・年収はそんなに悪くない
前提から察するに、たぶんお二人ともポスドクかと思うのですが、ケースバイケースの多い研究職なのでデータを集めるのが難しいと思います。
私の友人にもアカデミックな研究者がおりますが、研究と研究の繋ぎに失敗して無収入になったり、いきなり研究そのものが無くなったりとなかなか人生設計は立てづらい様です。
(やっかいなことに、収入があるときにはそれなりに貰っているので危機感が無い)

彼氏さんの専門と派閥が判らないので何とも言えませんが、
・インフレする社会では、貨幣価値は目減りしていく(借金は減り、貯金も減る)
・価値や利得を最大化することを目的にしてはならない
というのが、大体経済屋さんが肯いてくれる前提です。

要は、
・人生設計しづらく
・使用通貨が外乱に弱く
・お金を稼ぐことが目的では無い
という場合では、出たとこ勝負で今あるお金は今使うという戦略でも良かったりします。
# お二人のような技術者の場合、最も貴重な資産は「三十代」という年齢だったりしますし。(今のところ時間は不可逆なので)


ここは、間を取って「○○の為にいくら必要だから、そのお金を××までに用意する」という目標を立てるのが良いと思います。
(その目標を達成する月々の貯金額は出せると思うので、その貯金額以外はとやかく言わないことにする、など)

子供を育てるには、というのもざっくりとした試算ではなく、
「出産費用は近所の医院なら33万円。払い込み時期を考えると妊娠初期には用意しておく必要がある」
「紙おむつは1日10回交換して平均3歳まで使用するから、おおよそ1万1千枚。100枚2000円くらいなので、紙おむつ代は22万(±7万)必要」
など、家計簿レベルで未来の支出を出してみると良いと思います。

経済観念を変えるのは難しいと思います。しかし、目標値と期間を定めて貯金をするのは、良い大人でしたら誰にでも出来ると思います。
(難しいのは、目標値が無限大で期間を特に定めていない場合)

忙しい時ほどスケジュールが重要になりますが、忙しいときほどスケジュールを立てるのを後回しにしがちです。
「理想の年の取り方」を(それこそ1年刻みで)立ててみるのも楽しいと思いますよ。

***
人と違う人生を歩んでいるなら、人と違うお金の使い方でも良いと思います。
お二人の間で納得できるのが一番ですので、まずは将来について話し合う所からかと思います。
結婚前の楽しい時期にやっておくことを、強くお薦めします:-)

恐れ入ります。No.12で回答した者です。
彼氏さんの専門が経済とのことなので、説得は難しいかもしれませんね・・・

>・30代でやっと定職
>・貯金ほとんどなし、それどころか借金あり(無利子ですが)
>・5年ごとに転職したりが当たり前、ベースアップなし
>・副収入不安定だが結構あり
>・ボーナス、退職金なし
>・年収はそんなに悪くない
前提から察するに、たぶんお二人ともポスドクかと思うのですが、ケースバイケースの多い研究職なのでデータを集めるのが難しいと思います。
私の友人にもアカデミ...続きを読む

Q保険商品の比較検討ってどうやっていますか?

保険に入ろうと思っていますが、膨大な商品の中から比較検討する必要がありますよね。

複数保険会社と契約している代理店の営業マン等にプラン計画を練ってもらうのもありかと思いますが、個人的にはもっと保険商品についての知識を得た上でならその方法もありかと思うのです。

皆様はどのようにして保険商品を比較検討・決定されたのでしょう?

また、保険商品に関して詳しくなる方法はありますか?
書籍等オススメあれば教えてください。

Aベストアンサー

外資の保険会社で働いてるものです。うちに限らず、外資はオーダーメイドという所が多いと思いますが、
うちの場合はオーダーメイドで設計する前に、保険に詳しくなってもらいます。オーダーメイドでオーダーしてもらう為です。

その時話す話として・・・
生命保険はシンプルに考えてもらいます。

・定期保険(掛け捨て)・・・小さな負担で大きな保証 でも期限付き
・養老保険(貯蓄保険)・・・貯金機能付き定期保険 (老後を養う)
・終身保険(色々便利)・・・保証は一生涯 キャッシュバリュー(貯蓄機能あり)

ちょっと雑な言い方ですが、生命保険は上記3種類しかありません。
この3つを色々組み合わせて設計します。

文章にすると長くなるので割愛しますが、要するに上記3つをまず知るところから始めてみては如何でしょうか?

保険商品個別でみたら、会社毎に多少の違いはあれほとんど変わりません。
一番の違いはその保険のセールスマンです。

保険は基本的に一生の付き合いになるものですから、本当に信頼できると思える人から入るのが一番なのは間違いないです。もしその保険を使う時が来てしまった時を考えてください。本当に困った時に力になってくれる、と思う人から入るべきだと思います。

外資の保険会社で働いてるものです。うちに限らず、外資はオーダーメイドという所が多いと思いますが、
うちの場合はオーダーメイドで設計する前に、保険に詳しくなってもらいます。オーダーメイドでオーダーしてもらう為です。

その時話す話として・・・
生命保険はシンプルに考えてもらいます。

・定期保険(掛け捨て)・・・小さな負担で大きな保証 でも期限付き
・養老保険(貯蓄保険)・・・貯金機能付き定期保険 (老後を養う)
・終身保険(色々便利)・・・保証は一生涯 キャッシュバリュー(貯蓄機...続きを読む

Q世帯年収について

20歳学生で一人暮らししています
同居人は勿論無しで
親からの仕送り+アルバイト代で生活してます

クレジットカードを作ろうとしてるんですが
世帯年収の項目があるんですが
これはアルバイト代だけを入力すればいいんでしょうか?
それとも仕送り含めた金額を入れればいいんでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

カード関係者です。一般的な話ですが、「年収項目」はアルバイト代のみ書く(仕送り金額は含めちゃダメ) 年齢、職業から見て多すぎる(不自然な)年収記載は虚偽申告との判断がなされます。ゴールドカードとかでなければ、あなたでも発行される可能性は大だと思います。ただ、注意してほしいのは学生さんなので「親御さん」に確認の電話が入るはずです(その記載項目もある)。この時に親御さんがカード申し込みを「知らない」とか、電話確認が何回もつかなかったらカード発行は見送りとなります。学生さんなので、利用額は10万円程度、キャッシングはゼロになるはずですが、正直な申告をして健全な利用をしてください。

Q保険を比較したい

各社の保険を比較したいのですが、
全各社からパンフレットを請求したり、
全社の営業に設計書を作成してもらう以外に、
一目瞭然に比較検討できるものはないのでしょうか。

みなさんはどのように比較検討されているのでしょうか。

生命保険は住宅の次に大きな買い物といわれています。
そう簡単には決めたくはありませんが、
何ヶ月もかけて決めたくもありません。
生保の外交員の方でさえ自分の社の商品すら満足に理解していないという方もみえるとか…。

どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

前回の質問にお答えするのが遅くなり申し訳有りません 信頼できるライフプランナーの探し方ですがこればかりはアドバイスのしようが有りません 私自身が設計するもしくは私の知人の代理店の人間を紹介することなら出来ますがまったく面識の無い代理店をこの人は信頼できますよとお勧めする訳にもいきませんし前にも言いました通り会社に所属するライフプランナーは当たり前ですが自社商品を強く押してきます 単純に商品比較でしたら下に載せたサイトに現在販売されているほとんどのものが載っていますから参考にして下さい ただ一般の方の保険比較というとどうしても値段の比較になってしまいがちです 最近週刊誌に良く載っている保険診断や比較も明らかに素人が書いたと思われる極めてお粗末なものが多いです seihoさんがおっしゃられているように保険というのは大変大きな買い物です 保険料の安いものには安い理由が高いものには高い理由が必ず有りますのでそれも考慮した上でじっくりと比較検討なさって下さい

参考URL:http://www.hoken-de.com/products.htm

Q母子家庭 社会保険加入と非課税世帯年収について

昨年末母子家庭になり、1歳の子供が一人います。
今、下記の制度を受けさせてもらっています。
・ひとり親医療制度
・国民年金全額免除
・国民健康保険に加入(毎月支払いしてます)
・子供の保育園(無料)

来年看護学校を受験しようと思っているので、勉強する時間も確保しつつ働いて、また、学校へ入学したら無収入になるので、来年の生活負担も考えて、今年1年は非課税世帯に入る収入で働きたいと思っています。ちなみに、今は実家で生活しています。


(1)アルバイト(母子家庭の私の場合)の場合、社会保険加入の条件について教えてください。
ネットで調べると、正社員の1日の所定労働時間が8時間、完全週休2日制の会社の場合、その会社で働くパートタイマーが1日6時間、1ヵ月の所定労働日数が16日以上の場合、社会保険の被保険者となると書いてあったのですが、アルバイトだと適用にならないんでしょうか?
希望している会社の規定をみると、アルバイトは月100時間未満の労働で、社会保険は完備していません。社会保険加入条件に満たした場合、これは各個人で保険に加入するという意味なんでしょうか?
主婦ではないので、母子家庭の私のような場合の働き方だと、どうなるのか教えてください。
社会保険未加入で働けるギリギリの収入まで稼ぎたいです。
あと、国民年金免除制度を継続したいので、加入は避けたいと思っています。

(2)非課税世帯の年収はいくらまでですか?

(3)所得税がかかるのは月いくらの収入からかかりますか?

昨年末母子家庭になり、1歳の子供が一人います。
今、下記の制度を受けさせてもらっています。
・ひとり親医療制度
・国民年金全額免除
・国民健康保険に加入(毎月支払いしてます)
・子供の保育園(無料)

来年看護学校を受験しようと思っているので、勉強する時間も確保しつつ働いて、また、学校へ入学したら無収入になるので、来年の生活負担も考えて、今年1年は非課税世帯に入る収入で働きたいと思っています。ちなみに、今は実家で生活しています。


(1)アルバイト(母子家庭の私の場合)の場合、社会保険...続きを読む

Aベストアンサー

>(1)アルバイト(母子家庭の私の場合)の場合、社会保険加入の条件…

社保は税金と違って全国共通した基準があるわけではありません。
お書きのような細かい部分は、それぞれの会社、健保組合によって違います。
正確なことはバイト先にお問い合わせください

>(2)非課税世帯の年収はいくらまでですか…

保育園にしろ医療費にしろ、何の税金が非課税であることが条件なのかをお調べください。
一般には「市県民税」(俗に言う住民税) が多いですが、市県民税には「所得割」と「均等割」とがあります。
そこで所得割だけが非課税で良いのか、均等割まで非課税でないといけないのかも調べる必要が出てきます。

所得割だけが非課税で良いのなら、基礎控除以外の所得控除に該当するものが一つもなければ給与で 98万円まで、これは全国共通。

均等割まで非課税でないといけないのなら、均等割は自治体によって違いますので、地元の市役所におたずねください。

>(3)所得税がかかるのは月いくらの収入からかかりますか…

個人の税金は 1/1~12/31 の1年分を合計して判断するものであり、月にどれだけ稼ごうと関係ありません。
基礎控除以外の所得控除に該当するものが一つもなければ、給与で 103万円から所得税は発生します。
「所得控除」とは、
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>(1)アルバイト(母子家庭の私の場合)の場合、社会保険加入の条件…

社保は税金と違って全国共通した基準があるわけではありません。
お書きのような細かい部分は、それぞれの会社、健保組合によって違います。
正確なことはバイト先にお問い合わせください

>(2)非課税世帯の年収はいくらまでですか…

保育園にしろ医療費にしろ、何の税金が非課税であることが条件なのかをお調べください。
一般には「市県民税」(俗に言う住民税) が多いですが、市県民税には「所得割」と「均等割」とがあります。
そこで所得...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報