先日4/30に土地購入に当たり、不動産売買契約書と重要事項説明書にサインしました。
ところが昨日なって、宅建を持っている兄弟と電話で話していたら
その契約書と説明書はおかしいでと言われました。

具体的には、不動産売買契約書は1/8ページから7/8,8/8ページに飛んでいます。
所在、地番、地目、地積、土地代金、契約締結時支払い(5%払いました)のみ記入があり、
その他には記入がありません。
それが1/8ページです。
7/8ページには特約条項としてローン不成立の場合、契約は解除とする。
(受領済みの契約金は利息なしで返金します)の一行だけ。
8/8ページは売主、買主、媒介業者、取引主任者の欄で、
今回はすべて○○住建(株)です。(買主以外)

重要事項説明書も1/10,2/10,10/10とページが飛んでいます。
添付書類もなしです。
載っている内容は、宅地建物取引業者、地番と登記簿面積、
実測面積だけであとは何も記載がありません。
購入した土地とこの○○住建(実際には隠居後の家)はすぐ近所にあり、
信用できるとは思うのですが(いなかでもありますし)
こんなに不誠実なのでは、白紙撤回したくなりました。
兄弟は役場に相談に行けば、いろいろ分かると教えてくれました。
この契約書は契約書と言えるでしょうか。お詳しい方がおられましたらどうぞ、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

不動産業者です。

笑うような事案ですが・・・
その業者も全国宅地・・・か全日本・・・かの不動産協会に加盟
していると思います。
協会のセンターで無料で契約書や重要事項はダウンロード出来ますので
その様式でもう一度作り直してもらってはいかがですか?
それを拒否されるようなら、解約やその他の手段に出れば良いのでは?
ローン条項は付帯している事から、悪意がありそうしているという感じ
では無いと思います。瑕疵担保の記載も無ければ、業者はあなたに対し
て、半永久的に瑕疵担保を負担することになるという、非常に不利な
内容にもなっている訳です(業法では2年以上)
どうしても納得できないという事であれば、県の建築宅地課への苦情
となり、指導はされますが業法違反=契約書は無効という事にはなり
ませんので、先方が応じなければ裁判となるでしょう。
まずは売主の「姿勢」を良く確認してください。悪意があるのか?
無いのか?反省して多少の値引きでもしてくれたら、納得できませんか
ね?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさんご記入いただき、感謝しています。
協会のサイトで、重要事項説明書の様式を見て
本当にいろいろなことが分かるようになっているんだと
おもいました。
「瑕疵担保の記載も無ければ、業者はあなたに対し
て、半永久的に瑕疵担保を負担することになる」の一文
大変参考になりました。
ただ今回は非常に手抜きに感じます。
協会の無料相談所に電話で相談した結果
そもそも重要事項を説明していない上での
契約なので、白紙撤回出来るそうなので、そのように動きたいとおもいます。
アドバイスいただけてとってもうれしかったです。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/24 06:00

個人間売買ならいざしらず、宅建業者が作成して交付する書類(重要事項説明書・売買契約書)には記載されなければならない項目があります。


どうも、契約書には「契約条項」がないみたいですね?
重要事項に関しては、ご質問の内容からだけでは判断できないところがありますが、勝手に割愛している可能性大のように感じます。
もしそうであれば問題アリです、その業者のある都道府県庁に書類を持ち込んでチェックしてもらって下さい。ついでに業者の台帳が備え付けてありますから閲覧して、過去に問題を起こしていないかもご自身でチェックしてみてはいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
こちらの気持ちのありようを,想像していただいているのが
とてもうれしいです。
私の兄弟も(宅建所有)役場に行けば情報があるというので
さっそくに行ってみようと思っています。
県庁は遠いので、まずは近くの役場にします。

お礼日時:2009/05/23 19:20

ページが飛んでいるのは、その会社の標準契約から住宅部分の条項を


削ったからなのでしょうか?

質問内容だけだと、確かに決済期日だとか、租税公課の分担だとか
決済そのものの条文も不足しているような感じはしますが、契約と
してはあなたに都合がいいか悪いかは別として、有効でしょう。
記載されていないことは、当事者協議事項なのでしょうね。契約と
しては有効でしょう。


ただ、契約や重要事項の内容はそれまで確認した内容の最終確認文書
ともいえるわけですから、
 「内容が少ない」、とか「ページが飛んでる」 とか
質問者さんが当事者としてきちんと調査して判断したのか心配に
なりますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
質問者としては勉強不足を反省するばかりです。
ただ素人がちゃんと契約できるように、宅地建物取引主任者が
説明するために、重要事項説明書があると聞き
その内容が重要事項がまったく省かれた状態では
取引主任者が責任をはたしているとは思えないので、質問してみました。

お礼日時:2009/05/23 19:14

所定の書式・企画(法で定められたものではなく、あくまでその会社が使用しているものという意味です)でページが飛んでいるということのようですが、それが問題があることなのか必要がないから飛んでいるのかが書き込みだけでは判断できません。



不信感が先にたっているようですが、まずその業者に聞いてみたらいいのではありませんか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくにありがとうございます。
専門家の方の回答ありがたいです。
もう少し勉強してからその業者に聞いてみたいとおもいます。
そうでないと素人とおもいいいようにされそうです。
重要事項説明書には、不動産についてのすべてのことが明らかにされるような内容が、盛り込まれているものと聞き、それらがまったく書かれていないのにビックリしています。

お礼日時:2009/05/23 19:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q売買契約 収入印紙不要?

売買契約の場合は、契約書を作成しても収入印紙を貼らなくていいっていうのは、本当でしょうか?

今勤めている会社は契約書を作成しても売買契約の場合は、収入印紙は不要と言われたのですが
一般的に売買契約でも契約書を作成した場合は収入印紙は必要ですよね?
私の認識が間違ってますか?

Aベストアンサー

念のためだ。

>大量に契約書を取り交わさないといけない大企業の中には、収入印紙不要の売買契約書はあります。
>よく見ると、印紙が必要な事項は契約書内に記載されておらず、さらにその事項は別紙にて契約ではなく通知というスタイルになっています。

との回答があるが、当該通知が文書でおこなわれている場合には、その通知文書が課税文書となるため、通知文書に収入印紙を貼る必要がある。

印紙税の追徴を受けやすいケースのひとつだ。

Q一戸建て不動産 契約書/重要事項説明書に捺印した直後に

本日土地付き一戸建ての申し込みに不動産屋に行きました。重要事項説明を仲介業者の資格のある担当営業から受けて、”第一種中高層住宅地”であるという説明も受けました。その後売主と3者にて契約書の説明も受け、署名捺印し終わったところで、一旦仲介業者が席をはずしました。その時、売主が、この土地は元は、竹林で且つ大きな窪地の為、盛り土をしてそこに多大な柱状態改良をして造成したという説明を受けました。窪地に最高12Mの土を埋めて出来た土地で、区の許可と検査を受け、柱状態改良がなされたとのことでした。土地の安定性、将来の立替時の不安等を大きく覚え、このまま契約できないと、手付金(100万)は支払わず、何とか保留にして帰って来ました。事前に説明がないことを署名捺印の後で聞いたことも非常にショックで、土地そのものが信頼出来ない為、明日にでも契約そのものを破棄したいのですが、可能でしょうか?契約書には売主が契約履行の為の手続きを開始したら、ローン不成立以外は20%の違約金となっています。
。尚契約書作成に当たり1万5千円の印紙代を売主と私の折半で負担既に本日しています。
どなたか詳しい方/専門の方、教えて下さい。

本日土地付き一戸建ての申し込みに不動産屋に行きました。重要事項説明を仲介業者の資格のある担当営業から受けて、”第一種中高層住宅地”であるという説明も受けました。その後売主と3者にて契約書の説明も受け、署名捺印し終わったところで、一旦仲介業者が席をはずしました。その時、売主が、この土地は元は、竹林で且つ大きな窪地の為、盛り土をしてそこに多大な柱状態改良をして造成したという説明を受けました。窪地に最高12Mの土を埋めて出来た土地で、区の許可と検査を受け、柱状態改良がなされたとの...続きを読む

Aベストアンサー

法律的な告知義務範囲かどうか、調べてみないと解らないのですが、売買契約後、売主がぺらぺら話したとなると、仲介不動産屋にも、話した上、売買されていて、契約の印鑑を見て、ほっとして、話をしたとなると、あらかじめ知りえた重大な土地の情報について、故意に仲介者の段階で隠したと思われても仕方ないですね。宅建法では、不動産屋が調べて書かないといけない告知部分以外に、自然に知りえた、重大な土地の事情も伝達する義務がありますから、ある意味、売主が正直でよかったじゃないですか。個別に不動産屋として、調べないといけない項目、以外にその他、重要な説明すべき事項に当たるとおもいますので、宅建業法をまずお読みください。
具体的には、当方では、まだ調べてませんので。。。。

Q売買契約書の作成について

この度、親族間で土地と建物の売買契約を締結することとなりました。
代金は妥当な額で話し合いがまとまり、後は、契約書を作成するだけです。
ところで、この売買契約書ですが、いくつか分からない点があります。

1. 売主の買主双方保管用として2通作成の予定ですが、印紙はそれぞれに貼る必要があるのか。貼るとしたら、印紙代は誰が払うのか。
2. 実印を押印した場合、その印鑑証明書も相手に渡すべきか。あるいは、認め印でも構わないのか。
3. 捨て印を押すべきか、仮に押した場合、2通の契約書にはそれぞれにつき、誰の印鑑をいくつ押すべきなのか。

どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

業者してます。

>売主の買主双方保管用として2通作成の予定ですが、印紙はそれぞれに貼る必要があるのか。貼るとしたら、印紙代は誰が払うのか。

印紙は各自が自分の契約書に貼ることになります。他の回答にある通り1通にすることも可能です。ただし一般的には原本をそれぞれが持つことが望ましいと思います。

>実印を押印した場合、その印鑑証明書も相手に渡すべきか。あるいは、認め印でも構わないのか。

理屈としては認印でも構わないのですが、不動産売買は高額になる取引ですから、実務上は当事者の売買の意思を確認する意味でも実印を使うのが一般的です。ただしその印鑑証明を相手方に渡すことは普通しません。※登記手続きには印鑑証明が必要になります。

>捨印を押すべきか、仮に押した場合、2通の契約書にはそれぞれにつき、誰の印鑑をいくつ押すべきなのか。

契約書に捨て印は通常押しません。

Qマンション購入の「売買契約書」と「重要事項説明書」は素人でも理解できますか?

今度中古マンションを買う事になりましたが、上記2書類を契約当日に
読み合わせるとのことだったので心配なので際にもらう事にしました。
そうは言っても素人の私が理解する事にも限界があるような気がします。
どの点に留意して確認すればよいのか、あるいはどういったところに
相談すればよいのかアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

ここで説明するには余りにも複雑すぎます。

まず、事前に「売買契約書」と「重要事項説明書」のコピーを入手して下さい。 (少なくとも、契約日の2~3日前までに)

そして、どなたか「不動産」に詳しい方、(身近な人はいませんか?)に事前にチェックして貰いましょう。 そして、疑問点を事前に把握して置きます。  当日はこの疑問を納得行くまで「説明して」貰いましょう。

専門家でなくても建築関係の方とか、どうしても「いない」というなら
親戚、友人でも構いません。 「三人寄れば文殊の知恵」一人で理解するよりも色々な疑問が出てくるはずです。

あと、銀行関係の方も不動産の知識を持っている方は結構いるものです。

Q池田大作氏の「人間革命」や「新人間革命」はどんな内容ですか?

池田大作氏が書いた「人間革命」や「新人間革命」はどんな内容ですか?
途中から読んでも大丈夫ですか?

Aベストアンサー

創価学会 壮年部の者です。

『人間革命』は、昭和20年7月3日の戸田第二代会長の出獄から昭和35年5月3日の池田新会長の就任式までの創価学会の歴史を中心に、創価学会の宗教的中心である日蓮大聖人の歴史や仏法教義、創価学会会員の体験、その時々の政治や社会的世相などが書かれています。

『新人間革命』は、池田会長の会長就任以降の海外布教から始まり、昭和54年頃までの創価学会の歩みが書かれています。その間の、公明党設立や民音、創価高校・創価大学の開校、SGI(創価学会インターナショナル)の設立、海外要人との出会いやエピソードが綴られています。

池田会長は、『人間革命』・『新人間革命』通じて「山本伸一」として描かれています。また、当時の創価学会幹部も実在する人物が仮名で描かれています。
世相の変化に伴い、描写のズレがある部分も多少ありますが、書かれている内容は事実上の出来事です。

あくまでも、歴史的時間の経過が伴う内容ですので、初めから通して読まれた方が、分かりやすいかと思います。
また、『人間革命』はインターネットや動画が無い時代に書かれたものですから、非常に長いストーリーになっています。出来れば、『Sokanet』などで概略の経歴などを確認されたうえで読まれると理解しやすいのではないかと思います。

また、日蓮大聖人の仏法教義については、かなり深い内容があるため、人間革命を読んだだけでは、理解出来ない部分もあると思います。人間革命とは別に『日蓮大聖人』(全22巻)の歴史小説がありますので、時間的余裕があれば読んでみる事をお勧めいたします。

『人間革命』、『新人間革命』では池田会長の思いの描写や、書かれている事の背景や事情までは、細かく書かれておりません。『池田大作の軌跡』(全5巻)という書籍がありますが、こちらには人間革命では描かれていなかった細かい部分が書かれており、かなり参考になる部分が多いと思います。

創価学会 壮年部の者です。

『人間革命』は、昭和20年7月3日の戸田第二代会長の出獄から昭和35年5月3日の池田新会長の就任式までの創価学会の歴史を中心に、創価学会の宗教的中心である日蓮大聖人の歴史や仏法教義、創価学会会員の体験、その時々の政治や社会的世相などが書かれています。

『新人間革命』は、池田会長の会長就任以降の海外布教から始まり、昭和54年頃までの創価学会の歩みが書かれています。その間の、公明党設立や民音、創価高校・創価大学の開校、SGI(創価学会インターナショナル)の設立...続きを読む

Q店舗賃貸 重要事項説明にない項目は重要事項説明違反にならないのですか? 新築の店舗を借りて、契約も

店舗賃貸 重要事項説明にない項目は重要事項説明違反にならないのですか?

新築の店舗を借りて、契約も契約金の支払いも終わっています。工場として借りたのですが電気の動力電源(低圧)が近くに来ておらず、電力会社に聞いたら現地調査から申請して使えるようになるまで2〜3カ月かかると言われました。

いつからでも使えるよう電気線の配線工事も全て終わっていて、今月から家賃も発生するのに電気が来ていないので稼働できません。

重要事項説明書の電気の欄には100ボルト単層、200ボルト単層としか書かれていませんが、不動産屋も工場に使うと知っているのに動力が引けない場所、とは聞いていません。

電気の欄に動力という事が書いてなければ、書いていないことは責任はないという事なのでしょうか?

これは重要事項説明違反にはならないのですか?

詳しい方がいたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

>店舗賃貸 重要事項説明にない項目は重要事項説明違反にならないのですか?
なりません。

宅地建物取引業法
第35条  宅地建物取引業者は、宅地若しくは建物の売買、交換若しくは貸借の相手方若しくは代理を依頼した者又は宅地建物取引業者が行う媒介に係る売買、交換若しくは貸借の各当事者(以下「宅地建物取引業者の相手方等」という。)に対して、その者が取得し、又は借りようとしている宅地又は建物に関し、その売買、交換又は貸借の契約が成立するまでの間に、宅地建物取引士をして、少なくとも次に掲げる事項について、これらの事項を記載した書面(第五号において図面を必要とするときは、図面)を交付して説明をさせなければならない。

4  飲用水、電気及びガスの供給並びに排水のための施設の整備の状況(これらの施設が整備されていない場合においては、その整備の見通し及びその整備についての特別の負担に関する事項)

現況を書けば良いのでこの説明で十分です。
工場だから必ず動力線や高圧線の引き込みがいる物ではありません。
必要と思い記述がないのなら電力会社や不動産屋に確認するのが常識のある大人の行動でしょう。

>店舗賃貸 重要事項説明にない項目は重要事項説明違反にならないのですか?
なりません。

宅地建物取引業法
第35条  宅地建物取引業者は、宅地若しくは建物の売買、交換若しくは貸借の相手方若しくは代理を依頼した者又は宅地建物取引業者が行う媒介に係る売買、交換若しくは貸借の各当事者(以下「宅地建物取引業者の相手方等」という。)に対して、その者が取得し、又は借りようとしている宅地又は建物に関し、その売買、交換又は貸借の契約が成立するまでの間に、宅地建物取引士をして、少なくとも次に掲げる...続きを読む

Q受託販売をした際の領収書

受託販売をするさい、販売代金から手数料を差し引いて委託者へ送金しますよね。店頭で商品を販売したときに購入者から領収書を依頼された場合、販売代金は売上ではないのに販売代金で領収書をきってもいいのでしょうか。

Aベストアンサー

領収書は、場面によりその意味の異なるものの、一般には、売上代金を受領した証書に留まるものではありません。

すなわち、一般的な領収書の意味は、正常に取引が終了すれば返還する必要のない金銭を受領したときの証書、です。

そのため、お書きのケースであれば、販売代金で領収書を切るのがあるべき処理だといえます。

Q重要事項説明書がない土地売買契約

この度、将来田舎暮らしをしよう・・と某社から土地購入の契約をかわしました。手付け金は支払い済みですが、残額を支払っていないので名義変更は完了していない状態です。

自宅購入の経験があるにもかかわらずお恥ずかしい話なのですが、重要事項説明書の存在をすっかり忘れていまして、受け取っておらず当然説明も受けておりません。重要事項説明書に記載されるような内容は口頭で質問し回答を得ており、内容そのものに疑問点はないのですが、重要事項説明書がない土地売買契約があるのか、また、今からでも貰うことが出来るのか、ご存じの方がいらっしゃればご教授いただけますでしょうか。

ちなみに土地は山林を道路取り付け程度のミニ開発した分譲地で現状渡し、開発地内に業者が設置した道路(幅5m)に面しています。山林であるから、重要事項説明書は必要ないのかな・・・なんて簡単に考えていますが・・・。

売買契約書にある内容(抜粋)
 売り主:某社
 用途地域:無指定 
 地目:山林
 その他:売り主の引き渡し義務、登記費用負担、公租公課の負担、特約事項等

売買契約書にない内容
 上水道:近くに簡易水道が来ているが購入者が相談して引く必要がある(口頭説明)
 下水道:水利組合と水路利用の覚え書きを交わしている(業者と水利組合間の覚え書きのコピーはあり)
 建築可否:無指定且つ道路に面しているから建てられる(口頭説明)

別業社に聞いた、某社の評判
 小さい地元業者ではあるが、購入した近辺の田舎暮らし物件を多く扱っていて、某社が「建てられる」と言えば心配はないでしょう。

この度、将来田舎暮らしをしよう・・と某社から土地購入の契約をかわしました。手付け金は支払い済みですが、残額を支払っていないので名義変更は完了していない状態です。

自宅購入の経験があるにもかかわらずお恥ずかしい話なのですが、重要事項説明書の存在をすっかり忘れていまして、受け取っておらず当然説明も受けておりません。重要事項説明書に記載されるような内容は口頭で質問し回答を得ており、内容そのものに疑問点はないのですが、重要事項説明書がない土地売買契約があるのか、また、今からでも...続きを読む

Aベストアンサー

何度も失礼します。

ご質問内容を見直していたら、別の箇所が気になってしまったもので、再度回答させて頂きます。
ただ、質問者様は「内容そのものに疑問点はない」と仰っているので、大丈夫とは思いますが、念のため書かせて頂きます。

ご質問文中に、

>売買契約書にある内容(抜粋)
>その他:売り主の引き渡し義務、登記費用負担、公租公課の負担、特約事項等

と書いてありますが、反面、

>売買契約書にない内容
> 上水道:近くに簡易水道が来ているが購入者が相談して引く必要がある(口頭説明)
> 下水道:水利組合と水路利用の覚え書きを交わしている(業者と水利組合間の覚え書きのコピーはあり)
> 建築可否:無指定且つ道路に面しているから建てられる(口頭説明)

と書いてありますよね。これが少し気になります。

何故なら、ライフラインとなる上下水道の話は極めて重要な用件ですし、建築の可否などは、契約の大前提となるべき問題だと思います。

仮に需要事項説明書が必要であるとすれば、当然に明記する必要があるでしょうし、これらの内容は、契約書の「公租公課の負担」或いは「特約事項」などに明記すべきでしょう。
(少なくとも、私が現役の業者時代は(後々、不明瞭な箇所を、顧客から突っ込まれたくないので)可能な限り調査した結果を明記し、資料の全てを添付して、その上で、誰が調査しても分からない事は、調査した関係部署と担当者や日付などを明記して「不明」と書いていました)

勿論、前述の通り、ご質問者様が御納得されている内容であれば問題は無いと思いますが、それにしても、重要な要素について、口頭説明だけと言うのは、少し不安が残る感じがしますし、すぐに建物などの建築予定が無い場合、契約時の都市計画やその他の法令が変更になってしまって、希望通りの建物が建築できない可能性なども考えられますので、売買契約書に明記されていない重要な事項については、売り主(或いは仲介業者)に明記して貰ったほうが、後々安心出来ると思います。

何度も失礼します。

ご質問内容を見直していたら、別の箇所が気になってしまったもので、再度回答させて頂きます。
ただ、質問者様は「内容そのものに疑問点はない」と仰っているので、大丈夫とは思いますが、念のため書かせて頂きます。

ご質問文中に、

>売買契約書にある内容(抜粋)
>その他:売り主の引き渡し義務、登記費用負担、公租公課の負担、特約事項等

と書いてありますが、反面、

>売買契約書にない内容
> 上水道:近くに簡易水道が来ているが購入者が相談して引く必要がある...続きを読む

Q英語1の参考書・学習書 等はありますか?

専門学校の受験内容に、英語1。と記述があるのですが、学習書やら参考書を探しても英語1という表記がありません。
新課程になったため、英語1という言葉が作られたそうなのですが、英語1とはどのぐらいの範囲のことを示すのでしょうか?

何よりも、英語1の学習書やら参考書が、本屋であちこち見ても全く見つかりません。

英語1の学習書、参考書は実在していますか?
もしくは英語1にあたる部分の学習書、参考書はどのような物を購入すればよろしいのでしょうか?

一応私の通信制高校では英語1をやったのですが、高校で習う英語1の部分では補えない所が受験範囲にはあると思いますし。

どうかよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

英語1の参考書や問題集はもちろん存在していますし、それはNo.1の方が示されている通りですが、「英語1が試験の出題範囲です」、と言った場合は、英語1の参考書や問題集を使う必要性はほとんど感じられません。

というのは、英語1や英語2というのは便宜的に区分したもので、もちろん細かいことを言えば、どういった文法項目を扱うべきか、という規定はあるものの、英語2は英語1より発展的、というくらいの意味でしかないからです。

専門学校の受験であれば、過去の問題について問い合わせてみる方が先決だと思います。文法問題中心なのか、長文読解があるのか、英作文があるのか。英語1というのは総合科目なので、何が出題されるかは基本的には出題者の裁量に任されているのです。

したがって、どういう問題がでるのか、それを調べてから(受験する学校が教えてくれないならここで聞いてみてもいいでしょう)、その上で参考書や問題集を選ぶべきかと思います。

問題の程度は専門学校のレベルにもよります。簡単なところもあれば、医療系の専門学校などはとても難しい場合もあります。

英語1だけが出題範囲ということはそれほど難しい単語は出ないと思いますが、(英語1の単語数は1300程度とされています)それも出題者によっては大きく異なります。

もしまったく試験内容が分からないようであれば、基礎的な大学入試問題集を何冊かやればいいのではないかと思います。


参考URLは学習指導要領です。あんまし参考にはならないかもしれないですが、一応。

参考URL:http://www.mext.go.jp/b_menu/shuppan/sonota/990301/03122603/009.htm

英語1の参考書や問題集はもちろん存在していますし、それはNo.1の方が示されている通りですが、「英語1が試験の出題範囲です」、と言った場合は、英語1の参考書や問題集を使う必要性はほとんど感じられません。

というのは、英語1や英語2というのは便宜的に区分したもので、もちろん細かいことを言えば、どういった文法項目を扱うべきか、という規定はあるものの、英語2は英語1より発展的、というくらいの意味でしかないからです。

専門学校の受験であれば、過去の問題について問い合わせてみる方が...続きを読む

Q契約時に「重要事項説明書 契約書 登記簿等」で注意するべき点

中古マンションを購入しようと、近日中に契約をする段取りになっています。

で、不動産会社から事前に「重要事項説明書」のコピーを
受け取り読んでいたんですが、
特に注意する個所等ありますでしょうか?

自分で読んでよくわからないのは下記の2つです。

「登記簿に記載された事項」の中の
「建物・土地の所有権にかかる権利に関する事項」で
”土地の甲区 所有権敷地権”の項目だけ⇒「有り」
になっています(他はチェックなし)
これは問題ないのでしょうか?

「支払金又は預かり金の保全措置の概要」の
「保全措置」が「講じません」になっていますが
これは問題ないのでしょうか?

これから契約書や登記簿の写し等も見せて頂くよう
不動産会社に言おうと思いますが
そちらでも注意するべき個所等
(なんか抵当に入っていないかなど)
ありますでしょうか?

どなたかご存知の方、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ともかく疑問点は不動産屋にしっかりと説明を聞くことです。
重要事項説明は契約までに取引主任者が説明する必要があり、主任者証を提示しなければ罰金刑もあります。(宅建業法35条)
契約書も事前に確認されるのであれば、重説も事前に口頭で説明を受けてはいかがでしょうか。(契約より事前に説明が必要とされています)

ご質問の内容は、取引主任者が説明すべきことばかりですね。

甲区とは所有権に関する記述の欄のことで、そこに敷地権があるということですね。マンションは土地を住人で共有(共同所有)していますので、他人の土地(一部自分の土地)に建物の権利があるので敷地権(敷地を利用する権利)があるのは普通です。設定しない場合もあるようですが。

保全措置は手付金など契約完了までに支払うお金がある場合に行わなければなりません。
中古物件ですので、代金の10%超または1000万円を超える金額をあなたが支払う場合に、保全措置が必要です。そうでなければ、保全措置はしません。
宅建業信用協会が手付け等の補償をしますが、上記はそれとは別に保全する必要がある場合に行うということですので、まずはご安心を。

契約書は解約や違約金に関する取り決め、あとローンがある場合、ローン特約の期限などでしょうか。
ここらがトラブルになりやすいです。

登記簿の写しは、当社では重説に付けてますが、抵当が付いているのは普通です。
通常は購入代金を全額支払った段階(決済)で、そのお金を銀行(債権者)に渡し、抵当権の抹消と同時に新しい所有者の所有権を登記します。
この辺りは司法書士の仕事です。
抵当権の金額は借入当時の金額しか書かれていないので、売買代金より大きな額が書かれていることもありますので、状況説明を求めれば良いでしょう。

契約に関しても、口頭で説明をもらえると思いますので、しっかりと疑問点を署名捺印するまでに解決することに努めてください。

ともかく疑問点は不動産屋にしっかりと説明を聞くことです。
重要事項説明は契約までに取引主任者が説明する必要があり、主任者証を提示しなければ罰金刑もあります。(宅建業法35条)
契約書も事前に確認されるのであれば、重説も事前に口頭で説明を受けてはいかがでしょうか。(契約より事前に説明が必要とされています)

ご質問の内容は、取引主任者が説明すべきことばかりですね。

甲区とは所有権に関する記述の欄のことで、そこに敷地権があるということですね。マンションは土地を住人で共有(共...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報