この度、親呼び寄せの為中古マンションを姉妹の共同名義で購入することにしました。この際、ローン契約はそれぞれの持ち分比率に即して別々に契約することはできるのでしょうか。
当初はどちらか一方の契約にして実際の支払いを折半と考えていましたが贈与にあたったり、将来の財産分与がややこしくなったりといろいろなパターンが
考えられて決めきれません。
将来的に見て、いろいろなプラスマイナスあるなかでどうするパターンが一番リスクが少ないのでしょうか。アドバイスお願いします。

A 回答 (2件)

ローン契約は2本で別といっても、例えば違う金融機関でとか


そういうことはできません。それぞれが連帯保証関係とかになります。抵当権の問題もありますから。そのうえで2本行う場合は自己資金も含めて支払う金額により持分も同じ比率にします。負担金額と持ち分に差がある場合は贈与とされる可能性が高いです。

呼び寄せというのは同居するのでしょうか?
実際に居住しないのであれば住宅ローンは使えません。
自分たちはそれぞれ家庭があって、近所に住ませるとかだと
よほどの操作(ほぼ不正行為?)をしないと無理です。
もし主婦で無職ならローンなど組めませんし・・・
また独身だったとして、将来結婚して出て行く場合は本来は残額一括返済ということになります。
結婚して出ていっても銀行には氏名変更等を届けずローン返済の口座もそのままにして滞ることなく支払っていればバレないかもしれませんがうまくいくかはわかりません。

相続だの贈与だのややこしくしないのであれば、賃貸にしたほうが無難です。
それならば契約者はひとり(というか共同名義は通常してくれません)で、実際の支払いは折半とかでも大丈夫である可能性が高いです。

ようするに、現時点で姉妹二人とも定職についてローンを組める収入があり、結婚もしないでずっと一緒に住む・・・ならばリスクは特にありませんが、それ以外に上記のような何かがあればそれがリスクもしくはローン自体が無理ということになります。

正確な回答が得たければそのへんも書き込んだほうがいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々の回答をありがとうございます。
やはりローン契約はご指摘いただいた通りどちらかが組もうと思います。
賃貸ということで実際の支払いを折半等で最後検討したいと思います。

詳しいアドバイスありがとうございました。
中立の立場でご専門の方からの返信で非常に納得できました。
お手数をおかけいたしました。

お礼日時:2009/05/26 21:47

>別々に契約することはできるのでしょうか


 銀行がどう判断するかでしょうけど、まず無理でしょう。
 抵当権の設定順位がどうしてもずれますから。
 
 リスクという点は不明です。
 何をあなたがリスクと考えるかによるでしょう。

 連帯債務にしてそれぞれ持ち分に応じた費用を出せば良いと思います。
 専用の口座でローンを組み、その口座にそれぞれが毎月送金するようにすれば良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
そもそも別での契約はあり得ないのですね。
知識不足でお恥ずかしいです。

上記の回答者さまにも書かせていただきましたがどちらか一本で契約することになりそうです。
ある銀行だけは連帯債務を検討してくださるという答えをいただきましたが諸々検討しかえって煩雑になるかもということでどちらかが購入するということにしました。
お手数をおかけいたしました。
ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/26 21:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q兄弟での土地共同購入のメリットとデメリットとは?

兄弟での土地共同購入のメリットとデメリットとは?

どのようなものが考えられるでしょうか。
ルームシェアリングでは非常なメリットを感じている(費用的な面)のですが、
土地をもし共同で購入した場合、どんなメリットとデメリットが
あるでしょうか。特に経験談とか具体的にメリットとして得られるであろう
金額がわかれば参考になります。(前提条件によって違いがありすぎるとは思うの
ですが、一例としてでかまいません。)

一応の前提条件としては、
男兄弟2人で一筆の土地を買う。
場所は都市部。(例えば横浜とか)
(土地は分筆する?)
建物は、それぞれがそれぞれの設計で立てる。(2戸建設する)
それぞれが使える土地は出した金銭の割合による。
それぞれの土地は最低15坪以上。
共同(連帯)して長期に債務を負うことは避けたい。
年収は通常サラリーマン並みとする。
それぞれ住宅ローンは組まないと買えない。
将来の長期にわたる兄弟間の関係はどうなるかわからない。

前提条件をあげてみましたが、思いつくまま書いたので、
回答いただける時は、勝手に新たな条件付けをしていただいてもかまいません。

私が思いつくメリットとしては。

仲介手数料が二分の一
購入時の諸税(印紙等)が二分の一
お互いの家の設計を調整すれば、駐車場が2台→3台分作れる?

デメリットとしては

(一番は、お互い、その土地がいいと思う土地が見つけられるかですが…)
現金一括で買えないのに、どうやって共同購入して、その後の土地の
ローンはどうする?

考えてみると、すごいメリットもないような気もしてきましたが・・・

どうぞよろしくお願いします。

兄弟での土地共同購入のメリットとデメリットとは?

どのようなものが考えられるでしょうか。
ルームシェアリングでは非常なメリットを感じている(費用的な面)のですが、
土地をもし共同で購入した場合、どんなメリットとデメリットが
あるでしょうか。特に経験談とか具体的にメリットとして得られるであろう
金額がわかれば参考になります。(前提条件によって違いがありすぎるとは思うの
ですが、一例としてでかまいません。)

一応の前提条件としては、
男兄弟2人で一筆の土地を買う。
場所は都市部。(例...続きを読む

Aベストアンサー

メリットなど数少ないと思いますが…。

手数料が半分?2戸分の家を建てる土地なら2戸分の広さがいるので値段は2倍になって、手数料は2倍。印紙代など数万円ですし、土地の登記費用は安くなりますが所詮10万円ほど。固定資産税や不動産取得税も結局2倍ですね。
それに一土地一建物の原則で言えば2戸は建たない。なので結局分筆する必要がありますね。分筆すれば登記費用がかかります。

合えて言えば、共同購入でもよいと言う場合は、探す土地の範囲が広がりますね。個別で30坪を探すだけより、60坪の土地もターゲットになる。

しかし、兄弟での不動産所有は骨肉の争いになる事もあるので、お勧めしません。特に相続時にですね。

Q姉妹共有名義の土地の名義変更について

この度、引っ越しが決まったので今所有しているマンションについてご相談させて下さい。

元々母親が購入した分譲マンションですが、母が亡くなり姉と私が共有名義で相続しました。
姉も私も嫁ぎ、今住んでいるマンションを手放す事にし、知り合いの不動産屋さんにお願いした所、共有名義で売却するとそれぞれに税金がかかるので、現在住んでいる私に一旦名義変更して売却し、後でお姉さんに半額渡したら税金かかりませんよ、とアドバイスを受けました。
法務局に連絡した所、何故名義変更する必要があるんですか?と詰め寄られ、きちんと答える事が出来ませんでした。
この場合、節税の為ですと正直に答えてよかったのでしょうか?

あと、父親は存命ですが離婚しており、財産分与の必要はありませんよね?所有者は姉と私の共有名義に変更されてます。

Aベストアンサー

不動産屋の考え方は、現在のままで売却して売却益が出た場合に、質問者様は『自宅』を売却したのだから、居住用財産の3000万円控除が受けられるが、住んでいないお姉様の分は受けられないので所有権を居住者である質問者様にまとめてしまった方が良いですよ、という事でしょうね。

ただ、先の回答にあるように、お姉様の持分を質問者様に移す行為を「売買」とすると、その部分で譲渡益が発生する可能性はありますよね?
「贈与」とすると贈与税の問題、「錯誤」や「真正な登記名義人の回復」とすると、その後お姉様に渡す金員の説明が付かなくなります。

不動産屋も悪気があってアドバイスしたのではないと思いますが、税金の問題は中途半端に口出しするとヤケドしてしまいます。居住用財産の3000万円控除にしても、適用除外理由の1つとして「この特例を受けることだけを目的として入居したと認められる家屋」の売買の場合には認められませんが、同じように、この徳レを受ける事だけを目的として取得したと認められる家屋」の売買(今回のケース)も認めない、とした場合、だれが責任を取ってくれるのでしょうか?
不動産屋を責めるのは酷だと思いますが、登記を移す前にもう一度その不動産屋と相談された方が良いとは思いますよ。

不動産屋の考え方は、現在のままで売却して売却益が出た場合に、質問者様は『自宅』を売却したのだから、居住用財産の3000万円控除が受けられるが、住んでいないお姉様の分は受けられないので所有権を居住者である質問者様にまとめてしまった方が良いですよ、という事でしょうね。

ただ、先の回答にあるように、お姉様の持分を質問者様に移す行為を「売買」とすると、その部分で譲渡益が発生する可能性はありますよね?
「贈与」とすると贈与税の問題、「錯誤」や「真正な登記名義人の回復」とすると、その後お姉...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報