坪算定において
m2×0.3025もしくはm2÷3.3などの計算方法がありますが、
計算根拠とどの算定式が一番正確なのか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

ANo.5です。



計算間違えました。ANo5は忘れてください。

>1坪=6尺×6尺=(60/33)メートル×(60/33)メートル=3600/1098平方メートル≒3.27868852459016393442622950819672…平方メートル≒3.3平方メートル

ではなく

>1坪=6尺×6尺=(60/33)メートル×(60/33)メートル=3600/1089平方メートル≒3.3057851239669421487603305785124…平方メートル≒3.3平方メートル

です。

電卓を叩いた時に、8と9を逆に打ったようです。

で、結論から言うと「1089/3600」が誤差無しで割り切れるので「1089/3600=0.3025」だけ覚えれば良いです。

・坪数から平方メートルにする→0.3025で割る

・平方メートルから坪数にする→0.3025を掛ける

混乱させてしまい、申し訳ありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 自分で計算してみて気付いていたのですが、
わざわざの訂正有難うございます。
0.3025が、より正確な様ですから、これで覚えておきます。
重ね重ね有難うございます。

お礼日時:2009/06/18 14:33

#4です。

ついでに
土地の地積または建物の床面積の表示で坪を平方メートルに換算する場合、
1坪未満は1坪を3.3057平方メートル
1坪以上10坪未満は1坪を3.30578平方メートル
10坪以上100坪未満は1坪を3.305785平方メートル
100坪以上1,000坪未満は1坪を3.3057851平方メートル
1,000坪以上10,000坪未満は1坪を3.30578512平方メートル
10,000坪以上は1坪を400/121平方メートル
として計算し
小数点第3位以下を切り捨て
(ただし宅地及び鉱泉地以外で10平方メートルをこえるものについては小数点以下を切り捨て)
して表示します。
例えば登記簿で面積を表示するときに端数が延々と続くのはまずいのでこんな規定もありますということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 度々の回答、有難うございます。
参考にします。

お礼日時:2009/06/18 14:28

1坪とは、1辺が6尺(1間)の正方形の広さ。



尺貫法は、時代、用途により色々あるが、曲尺(明治度量衡法)では「1尺は10/33メートル(33分の10メートル)」と定められました。

曲尺を基にすると

6尺(1間)=10/33メートル×6=60/33メートル。

つまり

1坪=6尺×6尺=(60/33)メートル×(60/33)メートル=3600/1098平方メートル≒3.27868852459016393442622950819672…平方メートル≒3.3平方メートル

です。割り切れません。小数点第1位で四捨五入したのが「3.3」で、これが「m2÷3.3」の根拠です。

そして、坪数から平米を求めるには

・坪数に3.27868852459016393442622950819672…を掛けると平米になる

と言う事になります。

「3.27868852459016393442622950819672…を掛ける」は「3.27868852459016393442622950819672…の逆数で割る」のと同じですから「3600/1098(1098分の3600)を掛ける」の分数の分子分母を逆にして割って「1098/3600(3600分の1098)で割る」と言う事です。

1098/3600(3600分の1098)は割り切れて0.305になりますから、結局は

・坪数を0.305で割ると平米になる

ということです。

平米から坪数を求める場合は、0.305の逆数で割る事になります。

逆数で割るのは、単に掛けるのと同じですから、結局は

・平米に0.305を掛けると坪数になる

ということです。

上記をまとめると

・坪数から平方メートルにする→0.305で割る

・平方メートルから坪数にする→0.305を掛ける

>m2×0.3025もしくはm2÷3.3などの計算方法がありますが

0.3025は「誤差入り」です。これは「誤差入りの3.3」をもとに「3.3の逆数が0.3025」として求めたものなので、誤差を含んで0.3025になっています。

(明治の法律で定められた曲尺による)ぴったりかっきり正確な数字を求めるなら「0.305で割ったり掛けたり」と覚えておくと良いでしょう。

なので「3.3」とか「0.3025」とかの「誤差入りの数字」は忘れましょう。

覚えるのは「0.305」のみで良いです。この数字は誤差を含まず正確です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 とても参考になりました。
有難うございます。

お礼日時:2009/06/18 14:25

坪は、現在では取引や証明で使用することが禁じられていますから、使用されるのは非公式の場合に限られていると考えられます。

過去においては公式に換算係数が定められていたわけですが、信頼の置けそうな情報であって、ネット上ですぐ見られる状態にあるものを探したところ、以下が見つかりました。(事実だけなら個人ページ等にも多数ありますが、政府関係のところでは私の探し方が悪いせいかなかなか見つかりません。)
http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/01/01-shimon0 …
これの14ページに書いてある通りに
坪は平方メートルの121分の400
と定義されています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 わざわざホームページを探して頂いて有難うございます。
参考させて頂きます。
>坪は、現在では取引や証明で使用することが禁じられていますから、使用されるのは非公式の場合に限られていると考えられます。<
そうなんですか。初めて知りました。
重ねて有難うございます。

お礼日時:2009/06/18 14:23

法務省民事局長通達


(昭和41年3月1日付民事甲第279号)
で、1坪=3.30578512平方メート
ルという規定が採用されました。

なので、これに従えば、

平方メートルを 3.30578512 で割る
のが厳密と言えるでしょう。

あと、3.30578512 で割るのは、
0.302500000363 をかけるのと同じです。
(2で割るのと 0.5 をかけるのが同じで
あるのと考え方は一緒)

あとは、坪数への換算といっても、
0.01坪を問題にすることはないでしょう
から、どこまでわかりやすい数字を使う
かという問題でしかありません。

その意味では、3.3で割るとか、0.3025
をかけるのはわかりやすい数字と言える
でしょう。

この2つを比べると、(上記の定義に
従えば)0.3025 をかける法が誤差は少
ないとは言えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 なるほど0.3025をかけるのがとり正確なんですね。
有難うございました。

お礼日時:2009/06/18 14:18

m2×0.3025 < m2÷3.3



グーグルに「坪を平米で」入力すると、一行目に出てきます。

1坪 = 3.30578512 平米

1間 = 6尺 ≒1.818メートル

京間畳2枚分=2畳=1.818メートル × 1.818メートル = 3.305124 平米(誤差あり)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 有難うございます。
参考になりました。

お礼日時:2009/06/18 14:14

wikiの[尺貫法」↓ 一坪≒3.3058m^2


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%BA%E8%B2%AB% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 有難うございます。
最初からwikipediaで調べれば良かったです。

お礼日時:2009/06/18 14:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qm2と坪の換算係数の違い

不動産業界に勤務しています。

今までは
坪をm2に割り戻すとき、またはその逆の時は
(1)【1坪=3.025m2】の係数を使用していました。

今回、初めて契約書に
(2)【1坪=3.30578m2】
が出てきたのですが
算出基準は所有者によって異なるものなのでしょうか。

同僚は(1)以外間違っていると言って
所有者にクレームを出そうとしていますが
インターネット上で時々、(2)の係数を見かけます。

どちらが正しいという決まりはあるのでしょうか。

Aベストアンサー

>【1坪=3.025m2】の係数を使用していました

この認識に誤りがあります。

1坪は何m2か?と言うと、3.30578m2です。
不動産業界の常識は、1坪=3.025m2ではなく、m2×0.3025=坪数です。
1坪が3.025m2という解釈だと、m2から坪に直す場合は、m2÷3.025、ということになりますが、業界ではそういう計算はしません。
m2÷3.30578 と m2×0.3025はほぼ同じになります。
1坪=3.30578m2を元に坪数の計算をしやすいように、m2×0.3025=坪数、というのが出てきたんだと思います。

Q(-3)⒉×(-2⒊)÷6ってどう計算しますか?

(-3)⒉×(-2⒊)÷6ってどう計算しますか?

Aベストアンサー

-3 と 2 の積を (-3)2 と書くことに関しても, 強い違和感がある.

で, 累乗とは, 具体的にどういう意味でしょうか.

Qm2→坪に変換

敷地面積 60.07m2→18.17坪
建築面積 40.36m2→12.20坪
1F床面積 26.19m2→07.92坪
2F床面積 35.91m2→10.86坪
3F床面積 36.31m2→10.98坪
述床面積 98.41m2→29.76坪

ちなみに0.9mモジュールの建物です。
一般的にm2→坪に変換する際は3.3(3.3124)で割りますが、
上記の場合は3.24でもなさそうです。
計算が苦手でよくわかりません、何方か教えて下さい。

Aベストアンサー

参考 http://www.tokai.or.jp/tokai/fudosan/knowledg/tubo.htm

一間は1.81818・・・×1.81818・・=3.305785・・・
という事でm2÷3.30579で計算する人もいますが、業者が用いるのは専ら1の方の記載の通り、m2×0.3025で小数点第三位以下切捨てです。

Q至急!平米計算で教えて下さい。 縦16m920  横20m720の平米計算は電卓だと 16.92×

至急!平米計算で教えて下さい。

縦16m920 
横20m720の平米計算は電卓だと
16.92×20.72=350.5824と出ますが、
答えの読み方を教えて下さい。
35平米ですよね?小数点の位置から
350平米かなと迷ってしまいました。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

350平米でしょ。
縦約21mで、横約17mだったら100坪くらいじゃないですか。
35平米だったら10坪くらいですよ。

Q250m2の敷地を坪数に直すには??

現在250m2の敷地があるのですが、これが何坪になるのか良くわかりません。

これを簡単に坪数に直すような計算方法などありましたらお教え下さい
宜しくお願いします。 
 
○○m2→○○坪

Aベストアンサー

 「不動産の表示に関する公正競争規約(平成8年公正取引委員会告示第12号)」によりますと面積は平方メートルを単位として表示すること(1平方メートル未満は切り捨てることができる)になっています。
 ただし、不動産を考えるときは坪単位で考える方が分かり易いようです。そこで「0.3025」この数値で掛けたり、割ったりすることで平方メートルから坪へ、坪から平方メートルへ換算できます。例えば、

100平方メートルであれば100に0.3025を掛けて30.25。これで坪数。
100坪であれば0.3025で割って330.578・・・。これで平方メートル。
 普通、不動産の面積の表示は、小数点以下2桁まで表示しますが、数値は切り捨てです。したがって上記2.の場合は330.57平方メートルと表示されます。もっとも、現在は平方メートルが基準なので坪から平方メートルへ換算する形は少ないのですが。
 土地の謄本を見ると、たまに小数点以下の表示がない場合があります。これは土地が農地(田、畑)などの場合、謄本上の面積の表示は小数点以下を切り捨てて表示する決まりになっているからです。

0.3025の根拠
  明治のころ、度量衡を統一するとき、曲尺(かねじゃく)を基準にして尺の長さが決められたようです。それは「1メートルの33分の10を1尺とする」というもの。そこから計算をはじめると以下のようになります。1089を3600でわるとぴったり0.3025。したがってこの数値を使って普通は平方メートルと坪の換算をします。
したがって250*0.3025で75.625坪

 「不動産の表示に関する公正競争規約(平成8年公正取引委員会告示第12号)」によりますと面積は平方メートルを単位として表示すること(1平方メートル未満は切り捨てることができる)になっています。
 ただし、不動産を考えるときは坪単位で考える方が分かり易いようです。そこで「0.3025」この数値で掛けたり、割ったりすることで平方メートルから坪へ、坪から平方メートルへ換算できます。例えば、

100平方メートルであれば100に0.3025を掛けて30.25。これで坪数。
100坪で...続きを読む

Q答えと計算式教えて下さいm(。>__<。)m ⑴(2a+3b)+(-2a+b) ⑵2(x-y)+2x

答えと計算式教えて下さいm(。>__<。)m
⑴(2a+3b)+(-2a+b)
⑵2(x-y)+2x
⑶3x-(x-2y)
一つでもいいのでお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

(1) はまずカッコを外します。
 2a+3b-2a+b
これをaとbそれぞれで見やすくなるよう入れ替えると 2a-2a+3b+b となります。
こををaとbそれぞれでまとめると 4b となります。答え 4b

(2)も同様にカッコを外します。その際、2(x-y)+2x は2×(x-y)+2xという表記ですから 2x-2y+2x となります。
これをxとyそれぞれで見やすくなるよう入れ替えると 2x+2x-2y となります。
こををxとyそれぞれでまとめると 4x-2y となります。答え 4x-2y

(3)も同様にカッコを外します。カッコの直前は掛け算演算子、割り算演算子ではないので外し方は(1)と同じです。
 3x-x+2y
こををxとyそれぞれでまとめると 2x+2y となります。答え 2x+2y

Qm2と畳と坪の違いが・・・。

いい大人なのに分かりません。例えば僕の家の部屋は4.6畳ですがこれは何m2で何坪なんでしょうか?
62m2だと約何畳で何坪なんでしょう?
お願い致します。

Aベストアンサー

おはようございます。
1畳は1.6525m2で計算します。
4.6畳x1.6525で7.6m2です。
坪の場合3.305で割り算します。
62m2÷3.305で20.32坪と成ります。
坪を畳に換算する場合元の数値に2を掛けるだけです。
20.32X2で40.64畳となります。
1坪3.305m2が基準で、1坪が2畳の広さです。
説明が下手で申し訳ありません。

Q答えと計算式教えて下さいm(。>__<。)m ⑴(2a+3b)-(5a+4b) ⑵5(a+b)+2(

答えと計算式教えて下さいm(。>__<。)m
⑴(2a+3b)-(5a+4b)
⑵5(a+b)+2(a+2b)

Aベストアンサー

昨日の以下の質問の答えを参考に解けるはずですよ。
やってみましょう。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9522464.html

今回の(1)は昨日の(1)、(3)のカッコの外し方と同じです。+とーの組み合わせに注意して解きましょう。
今回の(2)は昨日の(2)のカッコの外し方と同じです。開きカッコの直前の数字との間には×があることを理解できていれば解けます。

(1) -3a-b
(2) 7a+9b

参考まで。

Q80 m2 = 24.2 坪 = 48.31 畳は

80 m2 = 24.2 坪 = 48.31 畳はだいたい正解ですか?

部屋の広さです。

また平米はm2ですか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

80 m2 = 24.2 坪 はそのとおりですが(算数の範囲)

24.2 坪 = 48.31 畳 とはいきません(算数では計算できない)

80 m2のうちには壁も含まれますから、室内空間が80 m2あるわけではありません

また 畳1畳は1.7*0.85m程度から1.6*0.8m以下のものまであります

ある家の六畳と他の家の四畳半の広さがほとんど同じ というような事例も珍しいことではありません

>また平米はm2ですか?

平方米(メートル)の略表現です・・・つまり m2

Q文章や計算が正確にできない…

タイトルにあるように文章や計算が困るほど正確にできません。
自分でなぜ間違えてしまうか考えてみたのですが、どうにも頭で考えたものを先走って書いてしまうようで、例えば1+2=3というのを1+3と書いてしまったり…。『かきくけこ』を連続して書いていたところ(なぜ書き始めたのかよく分からないんですが…笑)15回中5回も"け"を"こ"と書いてしまったりします。中学生の頃から計算ミスや文章のミスが多いのですが19歳の今でも直りません。小さなミスが大きなミスにつながることが多々ありとても困ってます。学習障害のチェックをしたら問題はないとのことだったのですが、筋道を立てて話すことができない点や早とちりが多い点など自分に当てはまることが多くてとても驚きました。正直この文章も正しい日本語で書けてるかどうかも不安です…。何か改善策や解決策はないでしょうか?

Aベストアンサー

きっと性格が「せっかち」なのでしょう。「分かった」と思ったら、すぐに動き出さないと気が済まない。待っていられない。

 ご自分で、それが失敗のもとだと認識できているなら、「一呼吸おいて、深呼吸してから始める」とか、「もう一度自分で『~が・・・だから、これをこうするんだな」と口に出して言ってから取りかかるとか、そういう「くせ」をつけてみてはどうでしょうか。
 一般社会でも、危険を伴う現場(建設現場、交通関係、工場の大型機械など)では、「安全確保」のため、「指差呼称」を義務付けているところが多いです。左を指さして『左よし!』、右を指さして『右よし!』、正面を指さして『正面よし!』と言ってから前に進む、と言ったことです。「ばかみたい」と思われるかもしれませんが、「ポカ」はそんなところから起こるということを、経験的に知っているからです。「知っていれば改善できる」ということです。(逆に、自分で認識できていなければ、いつまでたっても改善できないということです)
 他に、自分でこうしよう、というものがあれば、それでもよいと思います。「愚直に、習慣にする」というのが大切です。

きっと性格が「せっかち」なのでしょう。「分かった」と思ったら、すぐに動き出さないと気が済まない。待っていられない。

 ご自分で、それが失敗のもとだと認識できているなら、「一呼吸おいて、深呼吸してから始める」とか、「もう一度自分で『~が・・・だから、これをこうするんだな」と口に出して言ってから取りかかるとか、そういう「くせ」をつけてみてはどうでしょうか。
 一般社会でも、危険を伴う現場(建設現場、交通関係、工場の大型機械など)では、「安全確保」のため、「指差呼称」を義務付けて...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング