出産前後の痔にはご注意!

どこの職場でも必ず「自分が一番損をしている(事務量が多い、きつい担当ばかり等)」と思います。そして、「これは無理、自分にはできない早く異動させてもらおう」「担当を変えてもらおう」となります。この思考を止めてくれるような良い本があればお教え下さい。自分で選ぶ自己啓発系は出世するにはみたいなことばかりで返ってマイナス効果で落ち込むばかりです。お願いいたします。

A 回答 (5件)

アサーションという言葉をご存じでしょうか。


これ関連の本も多数あるのですが、おすすめです。
    • good
    • 2

私と似たようなケースですね。


下記の本はとても参考になりました。

余談ながら、無理な依頼であれば、お断りすることも重要な能力のひとつかと思います。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4791102 …
    • good
    • 0

2さんに同感です。

香山リカ氏はあまり役立たないと思いますよ。
テレビにコメンテーターとして頻繁に出ているあたりで、目的は所詮自己宣伝のケースなのだから、治療者としての真剣さが乏しいでしょうから、胡散臭い…。

個人的に今のいち押しは、ジョージ・ウェインバーグの「自己創造の原則」(加藤諦三訳)です。
後は、「うつと不安の認知療法練習帳」かな。

自分なりに自分の治療を試みるものですから、ご要望からは少しズレるかもしれませんが、評論家の言ったことを聞いて世の中をわかった気になるよりは、セルフケアのヒントになる本のほうがはるかに役立つと思います。

後は、結構、禅宗の方の著書は、いいと思います。
…、難しいけど。
    • good
    • 0

自己評価メソッド クリストフ・アンドレ



はいかがでしょう。

劣等感も、自己中(病的な意味での自己愛)も、自己評価、自己信頼が
脆い(低い、あるいは高くて脆い、この間を行き来する)状態からきます。
自分というものを、まずありのままうけいれて、しかる後にどうするか、
という、精神医学・心理学的な解説と、具体的な方法論が書かれています。

なお、香山リカについては、一部精神疾患患者に対する悪意ある論考から
信用するに値しないと考えます。もっとまともな精神的論考はたくさんあ
ります。
    • good
    • 0

こんにちは。


私が思うに貴方は自己中じゃないと思います。
お勧めの本は、精神科医の香山リカ氏の『本当にやりたいこと!を見つける33の方法』です。
色々と為になる一冊です。(自己啓発系ではありません。)
一見の価値アリです!
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自己中な性格を直すには(どんな本を読めばいいですか)

彼を傷つけてしまいました。
相手を大切にしたい気持ちはあるんですが、
いつの間にか自分中心に考えています。
自己嫌悪でいっぱいです。

どうすればこんな性格が直りますか?

Aベストアンサー

 40代男性です。
 それには、「人を操作しようとしない」ことです。感情は人を操作する手段として使われます。怒る、拗(す)ねる、僻(ひが)む、たとえば、怒りは相手への警告として作用します。「相手の方が変わるべきだ」と思っている人は、操作的になります。褒(ほ)めたり貶(けな)したりする方法、罪悪感を持たせる方法もそうです。
 人間関係は何歳になっても完璧にはできません。一生かかっても、やっぱり悩むと思います。そういうものです。世界観が変われば、自ずとふるまいも変わるように思います。自分の感情に責任が持てるようになって、人に振り回されなくなれば、人を感情で操作しようとはしないでしょう。自分が他者に振り回される人だから、他者も操作できると思ってしまうのです。
 「(相手)に○○してもらいた」と(わたし)が思っている、という“心”の状況は、よくあると思います。言葉にすると2つの側面に分かれていますが、もともとは表裏一体となった心理だと思いますが、(わたし)の部分を意識していれば、操作的にならなくて済むでしょう。また表現も『(あなたは)○○だ』でなく、『(わたしは)○○と思う』という、アイ・メッセージを使うといいでしょう。
 案外、実際にお会いすると『どこが自己中なの?』という人かも知れません。あなたがそう望むなら、いつかはなりたい自分になれると信じます。

 参考;
  http://yukiduke.jp/kyoizon2.html 感情幻想
  http://www.h5.dion.ne.jp/~takata/06/1.html 自分中心
  http://www.counselingservice.jp/lecture/lec167.html 自分の感情に責任を持つ
  http://www.daiwashuppan.com/book.php/isbn/9784804703824/
  http://www.excite.co.jp/book/product/ASIN_4884932757

 40代男性です。
 それには、「人を操作しようとしない」ことです。感情は人を操作する手段として使われます。怒る、拗(す)ねる、僻(ひが)む、たとえば、怒りは相手への警告として作用します。「相手の方が変わるべきだ」と思っている人は、操作的になります。褒(ほ)めたり貶(けな)したりする方法、罪悪感を持たせる方法もそうです。
 人間関係は何歳になっても完璧にはできません。一生かかっても、やっぱり悩むと思います。そういうものです。世界観が変われば、自ずとふるまいも変わるように思...続きを読む


人気Q&Aランキング