前立腺がんの治療法の中に「ブラキセラピー」という体内に埋め込む治療法があります。その方法にした場合の他の方への影響について質問です。
線源から出る放射線は1年でほぼゼロになると聞きました。
しかし、体内に埋め込み後は
(1)子供や妊婦との長時間の接触はしばらく避けましょう。
(2)一般の方との長時間にわたる接触はしばらく避けましょう。
(電車の絵がでていました)
とネットに出ていましたが、しばらくとはどのくらいの期間なのでしょう。
お腹が目立たない妊婦さんも電車通勤すると思いますが、知らない間に1時間とか同じ車内で接しているかもしれませんよね。そのくらいは大丈夫なのでしょうか。
また、旦那さんがそういう方と接して帰ってきて、変な話ですが
その日に子供を作りできた場合は大丈夫なのでしょうか。
電車で接して帰宅後、家にいる子供たちや妊婦の人には影響ないのでしょうか。
旦那さんが、ブラキセラピーを受けた場合、一緒に生活している奥さんは長時間そばにいることになると思いますが平気なのでしょうか。
ご存じの方がいらしたら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

放射線技術者です。

できるだけ判りやすく説明しましょう。
使うのはヨウソ125と言う放射性物質で前立腺の周囲に100個くらい埋め込むようです。
ヨウソ125は60日で放射能が半分に減ります。
1年で1/32≒3%で仰るとおりほとんどゼロに近くなります。
患者はこれを永久に入れたままです。
患者の被曝は前立腺を集中的に攻撃し、他臓器には影響がない程度と言われています。
1年間で考えると24×365=8760時間です。
一番放射能の強いときに1時間濃厚な身体的接近があったとしても
厳密では有りませんが患者の1年分浴びる量の5000分の1程度と言うことになります。
ただ胎児や乳幼児は細胞分裂が活発ですので放射線被曝は少ないに越したことはありません。

もう一つ放射線源との距離の問題です。
患者は前立腺のごく周囲に埋め込みますが、体外での接近の場合放射線の強さはほぼ距離の2乗に反比例します。
例えば距離が10倍なら強さは100分の1、僅か1%になります。

結論はほとんどご心配には及びませんが、放射線の強い初期には出来るだけ長時間の身体的接近は避けたほうがいいと言うことです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 前立腺がん<男性生殖器の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    前立腺がんとはどんな病気か  前立腺がんは、欧米では男性がん死亡例の約20%(肺がんに次いで第2位)を占める頻度の高いがんですが、日本では約4・8%(2004年神奈川県)と比較的頻度の少ないがんです。  日本人男性が1年間に前立腺がんと診断される人数は、人口10万人あたり28・6人(年齢調整罹患率、2004年神奈川県)で、胃がん、肺がん、結腸がんに次いで4番目、男性がん全体の12%を占めています。  年齢...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q乳癌の放射線治療の副作用、後遺症について

半年前に乳癌の乳房温存手術を受けました。
その際にリンパ郭清(リンパ節一つ)もしました。
また、乳房再建手術も同時に受けました。
主治医からは放射線治療も勧められ、現在
照射治療中です。

そこで質問です。
1)再建している乳房に放射線治療を施して
何か副作用はないのでしょうか?
皮膚の日焼けや、ただれなどの一般的に言われている症状以外の
副作用があるようでしたら、どのような副作用があるのか
教えていただけますでしょうか。

2)放射線治療によって、リンパ郭清した側の腕が
大きくむくんで(浮腫)、一生治らない、と聞きましたが
本当でしょうか?

3)いったん始めた放射線治療を途中で辞めても大丈夫でしょうか?
もちろん辞めたら治療の効果はない、ということは理解していますが
途中で辞めることによって出てくる副作用みたいなものがあれば
教えていただけますでしょうか。

Aベストアンサー

1)変形したり、傷口の治りがいまいちだったりする可能性があると思います。
2)リンパ節廓清の副作用だと思います。放射線治療は関連性が薄いのでは?質問文のリンパ節1つ摘出がセンチネルリンパ節なのか、摘出したうちの1つに転移があったのかはわかりませんが、センチネルリンパ節ならば廓清とは言わないですよね。
3)辞めないほうがいいですね。実験データでは放射線治療により血管の細胞が傷つきます。血管の細胞(転移に対するバリア)の損傷と生き残ったがん細胞(強いがん細胞)がセットになりますから、中途半端な治療であれば転移を引き起こしうる可能性も示唆されています。副作用等で完遂できないのでなければ止めるべきでないです。

Q電磁波の体内影響

この度、社内で「携帯電話は首からぶら下げよ」との通達が来ました。

日常業務では大変煩わしく、胸ポケットへそのまま収納しているのですが以前、身体に近づけ過ぎると心肺機能に影響がでる!?と聞いた事があります。

真意はどうなんでしょう?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

まったく影響ありません。
携帯の電磁波でどうにかなる人なら太陽からの電磁波で死に絶えています

Qガンの放射線治療によって

こんにちは。 ガンの放射線治療を受けたら、その後遺症でほぼ無精子状態になると聞いたのですがそうなったら子供は絶望的なのでしょうか、もし、生れたとしても障害児の可能性が高いのでしょうか?

Aベストアンサー

被ばくすると生殖細胞の分裂や分化がとまり、生殖細胞の生産が中止するらしいです。つまりある程度の被爆を受けると一時的あるいは永久的に無精子状態になります。また、無事に精子が作れるようになったとしても、DNA(染色体)に傷がつく可能性があり、子供に染色体異常がおこり、発ガン、奇形などが起こる可能性があります。
 そのため、精子を凍結保存して、放射線治療前にとっておくこともあるみたいです。

参考URL:http://mext-atm.jst.go.jp/atomica/09020403_1.html

Q妊婦のおたふく風邪の胎児への影響についてご存知の方

妊娠初期で上の子のおたふく風邪に感染してしまいました。ウィルスの胎児への影響等、何か実証例のようなことをご存知の方、どうぞ教えて下さい。

Aベストアンサー

病院へは行かれましたか?
妊婦さんはしばしば感冒疾患に罹患しますが、ほとんどが表面感染であるため、ウイルス血症を起こす事は少なく、したがって胎児に対する影響は少ないです.しかし、インフルエンザのように高熱をきたす場合はそれにより流産をきたす事もありますので、十分ご注意下さい.
おたふくの原因となるムンプスウイルスの場合、未熟児、低体重児、発達奇形などの発生はあまり報告がないと思いますとので、あまり心配し過ぎないように.
ちなみにそれに対して、風疹、ヘルペスなど一部のウイルスは重篤な先天異常をきたします.
お大事に.

Q硬口蓋腫瘍、その放射線治療の術後について

父が硬口蓋腫瘍で手術をし、放射線治療も一ヶ月しました。現在は退院し、手術から4ヶ月がたちました。
左上あごの硬い部分(歯茎)を取り除いたため、大きな入れ歯のような、入れ顎をはめなくてはならないのですが、放射線治療の後遺症なのか痛みがあり、なかなか本人にやる気がでないようです。
口を開く訓練をしないといけないのに、余りしないので、だんだん口が開かなくなってきています。
今は何時間もかけてやっと入れ顎をはめて、それに疲れて、食事もなかなか進まず、今は10キロくらい痩せて、ガリガリです。
最近は外に行く元気もなくなってきて、通院もままならなくなってきました。何だかこのまま寝たきりになってしまいそうな勢いで心配です。
放射線治療の痛みがひけば、少しはマシかと思うのですが、硬口蓋腫瘍やその放射線治療についての術後の経過についてご存じの方はいらっしゃらないでしょうか?

Aベストアンサー

放射線科医は照射後から現在の診察で今の状態を診てなんと言われてるのでしょうか。主治医は手術をした医師になっているんでしょうか。やせてきている状態について医師はどういう診断をしているんでしょう。術後と照射後とはいえ10キロの体重減少は放置していていいわけがないと思いますが。

硬口蓋腫瘍について詳しくないのですが口腔の放射線照射では口内炎、味覚障害、咽頭痛(のどの痛み、皮膚炎)といった副作用が出ることがあります。

照射後の局部は腫れや痛みは出ますがこれは日焼けと同じものと考えて日が経つと消えるものです。

照射した線量は聞いてますか?かけた線量が多いと副作用や後遺症で苦しむことにもなります。

放射線科医に今の状態を診てもらい辛い症状を話して、痛い理由といつ症状が消えるのかきちんと説明を受けるのが1番ではないでしょうか。

Q妊娠17週1日 の妊婦です! とにかく最近になり眠気が、、、 やる気もなくて、同じ妊婦さんどうですか

妊娠17週1日


の妊婦です!

とにかく最近になり眠気が、、、
やる気もなくて、同じ妊婦さんどうですか?

あと、手のしびれてあります?突然の症状のあらわれで調べてマッサージしたりしてますが。。もし、参考にしたいので回答お願いします。

Aベストアンサー

妊娠してた時は凄く眠くて眠くて仕方ありませんでした。昼寝をしても眠いし。妊娠が進むと膀胱が圧迫されてあたしの場合は夜2,3時間おきに目が覚めてトイレに行ってましたよ〜
手の痺れはありませんでした。肩こりや、血流が悪かったり、首のヘルニアも考えられるので ひどくなる前に整形外科に行った方がいいかもしれませんね

Qグリオーマの放射線治療について

グリオーマの放射線治療について


先に私の病気の経過をざっくり書きます。私は20代後半で昨年正月に感覚異常を感じ受診。MRIにて右頭頂葉感覚野から運動野にかけて4センチ弱のグリオーマグレード2疑いで経過観察中に昨年10月より痙攣発作が多発するようになり、今年になり造影効果はないものの増大がMRIにてみとめられ先日病理の手術をしました。

結果はグレード3のまじった星細胞腫でオリゴは混ざっていないそうです。正直放射線治療もテモダールも全体にたいする効果としては私には淋しい感じがありますが個人差が大きそうなので私にはよく効くかもしれませんし主治医のすすめるように放射線治療とテモダールを選ぶかと思います。

ここからが本題なのですが(長くてすみません)以前こちらでIMRTというものを紹介してもらったのですが主治医にきいてもわからなくて私も今一サイバーナイフとかグリオーマに非適応のものとの違いがわかっておらず話ができませんでした。まあ放射線治療医と相談すべき内容であるのかもしれません。

今の病院は歩いていける距離です。一方IMRTがある病院は東大病院か千葉県ガンセンターだと思います。こちらはどちらも車で二時間です。今後のことを考えると二時間かけても通院するだけの価値がIMRTなるものにあるのか悩んでいます。治療にあたっては私は後遺症のなるべく少ないものを選びたいです。多少予後に不利であっても。とはいえこの状況でテモダールのみというのはあまり理性的な選択とはいえませんよね?また放射線治療についてセカンドオピニオンを聴きに行きたいのですがおすすめがあれば教えて下さい。当方は東京近くの千葉県在住です。よろしくお願いします。

グリオーマの放射線治療について


先に私の病気の経過をざっくり書きます。私は20代後半で昨年正月に感覚異常を感じ受診。MRIにて右頭頂葉感覚野から運動野にかけて4センチ弱のグリオーマグレード2疑いで経過観察中に昨年10月より痙攣発作が多発するようになり、今年になり造影効果はないものの増大がMRIにてみとめられ先日病理の手術をしました。

結果はグレード3のまじった星細胞腫でオリゴは混ざっていないそうです。正直放射線治療もテモダールも全体にたいする効果としては私には淋しい感じがあります...続きを読む

Aベストアンサー

いつもの如く、実際に質問者さんを診察させていただいたわけでもなく、MRI画像を拝見したわけでもないのであまり適当なことは書けませんが・・・。

●grade 3の成分があるのであれば,いかなる方法にせよ放射線治療は受けておいた方が良いような気がします。

●照射の種類
1.標準的な照射
 全脳に40Gy(グレイ)程度照射したのち腫瘍の存在する局所に10-20Gy程度追加照射するのが標準だと思います。脳の耐用線量は60Gyと考えられていますので、トータル線量が60Gyを越えないようにします。一日2Gyずつ週5日間(したがって最長6週間)治療を行います。

2.定位放射線照射
 放射線を機械的に腫瘍に集中させて照射する治療法で、ガンマナイフやサイバーナイフ(サイバーナイフの方が歴史は浅いです)があります。周囲の正常脳に対する影響が少なく治療が短期間(原則腫瘍が1か所であれば治療は1回)で済むことがメリットです。腫瘍が局所に限局していて直径3cm程度以下と比較的小さかった場合に有効です。
 ただ、グレード3以上のグリオーマは腫瘍細胞が周囲脳組織に広く浸潤している可能性が高いですから、あまり病変部位のみに限局して照射するのはお勧めでないかも知れません。グレード3以上グリオーマに対する定位放射線治療は、標準的な照射に追加として加えたり、再発したグリオーマに対して姑息的に行うといった方法が通常であり、グレード3以上に対して最初から定位放射線照射を行うといった方法はあまり良くないのかも知れません。

 3.IMRT(強度変調放射線治療;intensity-modulated radiation theraphy)
 日本では2000年以降に行われるようになった照射法です。治療装置に装備されている金属ブロック(コリメーター)を照射の際に動かすことによって、腫瘍の形状に合わせた照射ができます。この方法だと、例えば腫瘍の中心部は5Gy/日、周囲の浸潤部は3Gy、さらにその外側は1Gy/day、のような照射が可能で、1回線量が増やせますから治療期間も通常の照射期間の半分から2/3程度で済むようです。
 ただし現在のところ、グレード3以上のグリオーマに対して通常の照射と比較して有効性が高いという報告は無いと思います。

 以上より一般的なお話として、腫瘍にグレード3の成分が含まれるのであれば、1の標準的な照射法を選択するのがスタンダードな考え方だと私は思います(主治医の先生は何とおっしゃってますか?)。正常脳に放射線がかかることも差し当たってはそう大きな問題にならないと思いますし(治療効果との兼ね合いです)。ただしIMRTも受けられる環境にあるのであれば一度検討されても良いかと思います。ただ毎日2時間かけて通ってまで受けるほどの治療かどうか、やはり一度治療を行っている施設の放射線科の先生とお話ができると良いですね(早期に治療を開始するためになるべく早めが良いと思います)。

いずれにせよ、治療方針については主治医の先生とよく話し合って決められるのが良いと思います。

いつもの如く、実際に質問者さんを診察させていただいたわけでもなく、MRI画像を拝見したわけでもないのであまり適当なことは書けませんが・・・。

●grade 3の成分があるのであれば,いかなる方法にせよ放射線治療は受けておいた方が良いような気がします。

●照射の種類
1.標準的な照射
 全脳に40Gy(グレイ)程度照射したのち腫瘍の存在する局所に10-20Gy程度追加照射するのが標準だと思います。脳の耐用線量は60Gyと考えられていますので、トータル線量が60Gyを越えないようにします。一日2Gyずつ週5日間(...続きを読む

Q彼女の体内から・・・

昨日、性の悩みに投稿したものですがレスが無かったのでこちらのカテに質問させていただきます。
先日彼女とエッチした時のことです。
1回目が終わり2回目を始めようと彼女の中に指を挿入したところ何かコリコリするものがありました。
なんだろう?と思っていじっていたら3ミリくらいの直方体の軟骨のようなものが2個出てきました。
これは一体なんだったのでしょうか???
参考になるかどうかわかりませんがその2日後に生理になりました。
病気なのでしょうか?婦人科の診察を受けたほうがよいのでしょうか???
どなたかご教示ください。

Aベストアンサー

白くて軟骨っぽいんですか??
んー。。。
よく分かりませんが、異物でも入ってそれが分泌液でコーティングされて(?)
何となく軟骨っぽくなって出てきたって感じではないんですか?

実際良く見てみると、それが体内で作られたモノっぽいのかどうかは判断出来るんではないでしょうか??
それで、心配なら婦人科を受診する事をオススメします。

Q放射線治療について

医療保険のパンフレットをみていて放射線治療給付金とかいてありますが放射線治療のことがまったくわかりません。
先進医療じゃない放射線治療ってあるんですか?放射線治療って手術なんですか?
ちなみにパンフレットはアフラックの新エバーときらめき生命の新医療保険αをみています。

Aベストアンサー

生命保険専門のFPです。

(Q)先進医療じゃない放射線治療ってあるんですか?
(A)先進医療に指定されている放射線治療は、
陽子線、重粒子線など一部だけで、ほとんどは、
普通の健康保険の適用となります。

先進医療とは……
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/sensiniryo/

(Q)放射線治療って手術なんですか?
(A)医学的、健康保険的に言えば、放射線治療は手術ではありません。
しかし、民間の医療保険では、手術に含める場合が多いです。

例えば、EVERの場合……
旧EVERでは、放射線治療は手術給付金の中の一項目です。
新EVERでは、手術給付金の考え方を健康保険で言う
入院手術・外来手術という項目に変更したので、
放射線が給付金の対象から外れてしまいました。
そこで、わざわざ「放射線治療」という別の項目を加えたのです。

Q放射線治療【体外照射と体内照射】

こんにちは。
タイトルのような言い回しが適切ではないかもしれませんが、
私は現在放射線治療について勉強中です。

一般的な体外照射(ガンマナイフ等含む)のほか、
アイソトープやヨードなど、注射や経口投与によって
行われる放射線治療もありますが、放射線を体外から取り入れる
場合と、体内から取り入れる場合において
どのような違いがあるのでしょうか。
身体的なダメージなどにも差異はあるのでしょうか。

ご教授いただけましたら幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

放射線治療についての質問ですが、通常は体外照射として
差し支えないです。
γ線・電子線・重粒子線等(γナイフも)すべて、体外照射です。
体外照射は比較的コントロールがしやすい点で多く用いられています。
特殊な例は腔内治療というのがあります、子宮がんや食道がんとうに
用いられています。
線量的には多いですがシミュレーションの装置などで
しっかりコントロールしてあまりガン以外のところ
にはあたらないようにしていますが、嘔吐や白血球の減少が
みられたりします。
一方体内照射は注射や経口投与によるものでがん細胞および周囲に
取り込まれやすい物質にアイソトープをラベリングして投与しますので
すべての症例に使えるものではありません。
また外照射にくらべコントロールがしにくい欠点があります。
投与量のすべてがガンおよび周囲に取り込まれれば問題はない
のですが、なかなかうまく行かなかったり、多すぎて正常細胞が
照射されてしまってりするケースがあります。
以上ですが、まだまだ書ききれません何か追加質問でもあれば
どうぞ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報