ウォッチ漫画『酒男子』新連載開始!

確認申請で敷地を分ける場合、仮の隣地境界線を引くのですが、
その向こう側にある建物の外壁が防火構造でなく、延焼ラインにかかってしまう場合、その仮の隣地境界線は向こう側にある建物の
延焼ラインを交わすようにしないといけないのでしょうか?

検査機関に聞くと、あくまでも今回申請には関わらないので、
仮の隣地境界線を引いて、相手側の容積率、建蔽率がOKならば
外壁の構造については何も言わないと言われたのですが・・。
行政の検査だと言われますか?
すでに、確認は下りているのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

微妙な感じですよね。

心中を察します。
ただ、こうです!という回答はないでしょうね。
整理しながら考えれば、、、。
確認申請を交付するのは建築主事ですよね。
そして、その旨を伝えている。

向こう側にある建物は、既存不適格建築物になりますが、
既存不適格建築物は、多くの要因でなる可能性はありますよね。
法改正、道路設置とか、、。
そして、開放された下屋があるのでもともと既存不適格建築
であった。

確かに、新築申請なので、向こう側にある建物
の検査はないですね。なので、検査が通らない事はないでしょう。
申請した建築物の審査、検査なのですから。

計画建築物の板張りは、下地にダイライト等を使えば
防火構造が取れるという事もありますし、
ほんと一部だけなら、外壁の化粧として扱われる事もできます。

言えるのは、ここまでですね。

この回答への補足

下地にダイライトも考えたのですが、申請時には3m以上離れていたので、特にやりませんでした。

補足日時:2009/09/04 12:02
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

元々、確認申請時には主事からの隣地(敷地分割線の向こう側)の建物はあるのか?どうなってるのかの指摘は一切ありませんでした。
それで確認は下りました。
検査機関の人に実は・・って話で聞いてみたのですが、
土木事務所でも、申請に関係ない建物の指摘はしないだろうと言うことでした。ただの既存不適格になるだけだと言っておりました。
そうなってくれればいいのですが。

建物はもう完成してるので、後は祈るだけですね。
以前は土木でも何も言わなかったんですがね~。

お礼日時:2009/09/04 12:01

追記で少し、、。


「元々、確認申請時には主事からの隣地(敷地分割線の向こう側)の建物はあるのか?どうなってるのかの指摘は一切ありませんでした。」
ご存知と思いますが、確認申請の時点で、代理者が、分割して建物があると言わなければ、当然チェックはないですよね。
(言わないとわからない)
確認申請は、土地所有者等をチェックする事はないですから、この辺は設計者のモラルの範囲ですよね。確認申請の前提は、そういうモラルの範囲というのがありますよね。チェックできない範囲は、もろ設計者、管理者の責任とはいえる所はありますよね。特に木造4号特例等は。
(基準法以外では、民法もありますし、その辺は施主との協議でおさえておかなければなりませんよね。)

なので、確認申請を出す前に、そういう質疑をするのが正式な流れではありますね。そうすれば、審査側は、必ず、ケンペイや容積の事は言いますね。今回の外壁の既存不適格等は、私はいろいろな回答があるのでは?とは思っていますが。

周知の事かもしれませんが、一応、書かせてもらいました。

この回答への補足

隣地の建物は以前、敷地分割で3m以上離して敷地分割し
確認を取っており検査も通ってるとのことです。
しかし今新築中の同じところに木張りの建物が建っていました。
それならば、今回私がやっていることと同じなのに検査済証が下りているということもあり、隣地の防火構造については問われないのかと
思っておりました。
元々、違反だったのでは?と。
敷地分割は接道、建蔽率などクリアすればそのつどできるので、今度はこちらから3m取った次第です。
隣地は隣地、今回の申請地で審査してくれればいいのですが。
しかし是正は覚悟はしております。

補足日時:2009/09/05 20:32
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一応、案内図に周囲の利用関係を書かなければなりませんが、
書き忘れましたが特に何も言われませんでした。
案内図には他の建物の形が乗っております。
うーん、受けてみるしかないですね・・・。

お礼日時:2009/09/05 19:48

<確認申請で敷地を分ける場合、仮の隣地境界線を引くのですが>


仮の境界線では無いですよ。確認を取った以上そこが敷地境界線になります。

それは良いとして、行政の検査であろうと、民間の検査機関であろうと、今回検査するのは当該建物だけです。

相手側の建物が今回の敷地分割によって延焼線がかかってくるのなら、相手側の建物は既存不適格建築物になりますので注意が必要です。

この回答への補足

「この回答へのお礼」で誤記があったので訂正します。

誤記 相手側に敷地分割ため、境界線を3mまでずらしました。
正  相手側に敷地分割ため、境界線を3m以下までずらしました。

補足日時:2009/09/03 21:44
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。

相手側の建築物は、すでに開放された下屋を勝手に作っており
屋根はポリカの透明の波を張っております。
(その時点で違法だと思うのですが)

補足で、相手側の外壁は板張りです。10数年前にその時は
3m離して検査済みを貰ってるようです。

ただ、今回は自分が建てるほうに、一部外壁を板張りにしたかったので
相手側に敷地分割ため、境界線を3mまでずらしました。
これは違法行為なのでしょうか?容積率や接道などは問題ないのですが。

検査の時に、既存の外壁のことで検査官にダメと言われたら
inonさんが、おっしゃってくれたように、当該建物の審査だけでは?
と言って通りますでしょうか?
以前は行政も、「まーいいですよ」と言って通してくれましたが。
今はわかりません(涙
確認申請時には、敷地分割しましたが、回りのことは一切聞かれず
確認が降りました。これも、指摘された場合、交渉のカードになりますでしょうか?

お礼日時:2009/09/03 21:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q敷地内に既存建物がある場合の確認申請

敷地内に既存建物がある場合の確認申請する場合、既存建物の確認済証が
あれば出来るのでしょうか?

Aベストアンサー

既出の通り分筆登記不要の「机上の分割」でまず考えるのが多いでしょう。
敷地分割した場合、問題となりそうなのは任意の境界からあまり離れがとれず「延焼の恐れ」に掛かった場合ですね。(質問者さんはこの辺、分かっていますね?)

22条地域でも外壁に準防火性能要求されますし防火系地域であれば窓から軒裏から直さなければならなくなりますよね。
まず、ご質問から反れますので置いておきます。

確認済証がどの程度の効力を持つか、と言う事ですよね。?
あくまで乏しい経験上の話ですが済証があり、延焼ラインや容積、ケンペイに絡まない限り既存建物に対してとやかく言われた事はありません。
検査済証の方が確実でしょう。
繰り返しますがこれが延焼ラインにかかれば全く別ですが。

だからと言って実際の既存建物が増築などでおよそ形態の違うものになっていればまともな審査員であれば完了検査時に気付くでしょう、説明を求められ、果ては虚偽申請?などと言われ何らかの措置、処罰を受けるのでは?。

独断的結論;既存竣工当時の法規を満足している、且つ今敷地分割で規制を受けなければちょっと前までは難しい事は言われなかった、と言う事ですね。
良く言えば二世帯住宅への配慮、緩和、悪く言えばこの御時勢民間審査機関も家が建ってもらわなきゃやってられない?。

ただ大法改正後、私はこの手の申請経験がありません、厳しくなっているかな?。
また行政庁や確認機関により見解も違うでしょう。
所轄への確認は必要でしょうね。

都計法絡みの確認や、土地の所有権なんかもしっかり確認されるべき事ですね、お忘れなきよう。

既出の通り分筆登記不要の「机上の分割」でまず考えるのが多いでしょう。
敷地分割した場合、問題となりそうなのは任意の境界からあまり離れがとれず「延焼の恐れ」に掛かった場合ですね。(質問者さんはこの辺、分かっていますね?)

22条地域でも外壁に準防火性能要求されますし防火系地域であれば窓から軒裏から直さなければならなくなりますよね。
まず、ご質問から反れますので置いておきます。

確認済証がどの程度の効力を持つか、と言う事ですよね。?
あくまで乏しい経験上の話ですが済証があ...続きを読む

Q敷地を分割する方法について

 親世帯の家がある敷地内に、子世帯の家の新築を計画中です。敷地を分割する予定で、それぞれの敷地は接道義務等の法規制を満たしておりますし、分割後、敷地内にある既存建物の、建ぺい率・容積率も大丈夫です。
 実際に、敷地を分割するにはどこでどういう手続きをすればよいのでしょうか? その場合、土地の名義は親のままでいいのでしょうか? おしえてください。

Aベストアンサー

>敷地の可分・不可分という原則があり、1つの敷地に2棟の住宅を建てる事は出来ないそうです

そんなのないです。
あるとすれば、建築確認の時に敷地面積との関係で大きさが確保できなくてはなりませんから、そのことでしよう。
又は、建物をローンで建てるならば、その敷地に抵当権も設定しなければならないので、その為に敷地の範囲を確定しなければならないので、そのことでしよう。

>分筆も仕切りもいらないということですが、どうすれば敷地を分けたことになるのでしょうか。

上記の前半の例でしたら、図面上で敷地を決め(必ずしも測量士の測量でなくてもかまいませんが、そうした方がいいですが)都道府県に建築確認申請すれば、それでいいです。
後半の例でしたら、その筆全部に抵当権設定するのでしたら(その場合、他の建物の敷地にも抵当権は及びますが、それでしたら分筆も測量も必要ありません。)その筆に抵当権設定すればよく、
その敷地だけに抵当権設定するならば分筆して新たな筆をつくり、その筆に抵当権設定します。
そのためには測量し分筆登記しなければなりません。

Q「延焼のおそれのある部分」にかかる部分の構造について

敷地面積が約750m2の土地に鉄骨造平家建の事務所を新築する予定です。この敷地は防火地域または準防火地域ではなく、法22条区域となっています。
が、敷地を有効に利用するため、建物が延焼のおそれのある部分にかかっています。

そこで、この延焼ラインにかかる部分の外壁もしくは開口部はどのような構造にしなければならないのでしょうか?
自分なりに調べたところ、
屋根…不燃材料
外壁…(延焼ライン内に限り)準防火性能を有する土塗壁等の構造
にしなければならないと解釈したのですが、これを材料にたとえるとどのような構造にすればよいのでしょうか?

現状は
屋根…折板(ガルバリウム鋼板)葺
外壁…防火サイディング
    内装…壁:PB12.5mm+クロス仕上
        天井:ジプトン9.5mm仕上
外壁の開口部…アルミサッシ+透明ガラス5.0mm
で考えていますが、このような構造でも大丈夫なのでしょうか?

ご教授よろしくお願いします。

Aベストアンサー

鉄骨造は、重量鉄骨ですか?軽量鉄骨ですか?
一般に、鉄骨というと、重量鉄骨を意味する場合が多いのですが、平屋の事務所だと、重量鉄骨にする意味が無いので、軽量かな?と考えました。

とりあえず、軽量鉄骨として、一般的な防火構造のことを回答します。
(重量鉄骨であれば、準耐火建築物になるので、少し視点が違います。大枠は同じですが‥‥)

>屋根…折板(ガルバリウム鋼板)葺
不燃材料の認定が必要!
屋根材として販売されていれば大丈夫だと思います。
ガルバリウムの折板なんてあるんですね。勉強不足でした。

>外壁…防火サイディング
    内装… 壁:PB12.5mm+クロス仕上
       天井:ジプトン9.5mm仕上
防火サイディングは、防火構造認定品だと思いますので、OK!一応確認しておいてください。
*確か断熱材の充填の要求があったと思います。

>外壁の開口部…アルミサッシ+透明ガラス5.0mm
これはNGです。
防火戸認定品のアルミサッシで、網入りガラスを使用しなければなりません。
(網無しでも認定品が出ていますが、かなり高価です。)

金属板の屋根は、断熱性能に不安があります。
快適な事務所にするのであれば、屋根面の断熱をかなり強化したほうが、光熱費の助けになり、快適な空間が得られると思います。

鉄骨造は、重量鉄骨ですか?軽量鉄骨ですか?
一般に、鉄骨というと、重量鉄骨を意味する場合が多いのですが、平屋の事務所だと、重量鉄骨にする意味が無いので、軽量かな?と考えました。

とりあえず、軽量鉄骨として、一般的な防火構造のことを回答します。
(重量鉄骨であれば、準耐火建築物になるので、少し視点が違います。大枠は同じですが‥‥)

>屋根…折板(ガルバリウム鋼板)葺
不燃材料の認定が必要!
屋根材として販売されていれば大丈夫だと思います。
ガルバリウムの折板なんてあるんです...続きを読む

Q確認申請  小数点 四捨五入?

ちょっと、おしえてください。
今、申請書を書いています。
今時、考えられない急ぎの申請です。
まだ、余裕をもつという事を知らない人々がいるのです(笑)。

私は、ずっと、面積関係、ケンペイ率、容積率等の
小数点は切り捨てとしていました。

43.999ならば43.99と。

最近、申請もエクセルで打ち込むと数値が出るものが
あり、四捨五入しているのです。

今、もしかして、小数点第3位は、四捨五入?
ですか?

Aベストアンサー

そうですね、余裕をみて切り捨てたり、切り上げたりしても、申請は通りますから、
質問に対するダイレクトな答えとしては「四捨五入以外でもOKです」となるかと思います。

以下、余分な話をさせていただきますと↓

注意点は、切り捨て、切り上げ、四捨五入などの複数の「数値の丸め方」が、
一つの申請書類の中で混在しないことですね。これが一番だめなんです。

それと、建築って工学じゃないですか、その工学は四捨五入が原則なんですね。
だからその工学の分野の教育を受けた場合、それが理由(癖)で四捨五入する人は多いかもしれません。

お勧めは、四捨五入で統一です。申請以外でも問題が起こることはないと思います。
また、手法を統一することで、不本意なミスを避ける効果があるかもしれませんね。

Q建物の庇について

庇の建築面積算定はわかりますが、床面積には含まれるのでしょうか?(1階、2階どちらに算定でしょうか?)

Aベストアンサー

1階の庇の場合,#1さんの指摘の通り,通常は床面積に含まれませんが,自転車置き場などの室内的用途(生活上又は部品の格納の目的で雨露をしのぐ用途)のある場合は,建築面積と同じ計算方法で,庇の先端から1mを超える部分を1階の床面積に算入します。例えば,1本柱の傘のような建物の場合,周囲の先端から1mを差し引いて床面積とする,と言うことです。

2階以上の場合で,その階のテラスなどに突き出ている庇の場合は,用途に関係なく,先端から2mを超える部分をその階の床面積に算入します。2m以上の庇が有れば,十分に室内的用途に使えるという判断です。即ち,2m以上突き出ている場合で,両側に壁等がない場合は,(庇の出-2m)x(庇の幅-2mx両側2箇所)を床面積として算入します。片側に壁がある場合は,(庇の出-2m)x(庇の幅-片側2m)で,両側に壁等が有る場合は,(庇の出-2m)x(庇の幅)になります。

Q法22条区域の軒裏の構造は?

法22条区域の軒裏の構造は防火構造にしないとならないのでしょうか。
木材で仕上たいのですか、どうすればできるでしょうか?

Aベストアンサー

ANo.1です。
板張り・・・大丈夫でしょう。
私が過去に「板張り」と書いた事が無いので確証は御座いません。
(フレキシブル板とか既製品ばかり使ってましたので、ただそれでも○mmとか書くだけ、不燃番号も防火番号も22条地域では書かなかったです、必要ない訳ですから。)

万が一何か問題があっても今法改正(6/20)でもその程度の訂正は認められるでしょう(私の地域では何箇所も訂正しましたがOK)。

何か責任感じてきましたね・・・、間違ってたら誰か訂正して下さい。
法の解釈は間違ってないはずですけど・・・。

Q木造軸組工法の耐力壁について、いくつか教えて頂きたい事があります。

木造軸組工法の耐力壁について、いくつか教えて頂きたい事があります。

1、構造用合板を使った耐力壁は、幅が最低600mm必要だと質問の中で見つけましたが、
  これは何かにはっきりと記載されているものなのでしょうか?
  軸組工法だと最低900mm必要という文章もありました。

2、筋交いを使った耐力壁は、最低900mm必要ということですが、
  以前、柱の1/3の幅(例えば2500mmの柱であれば、833mmまでOK)
  まで耐力壁とみなす、というのを教えてもらったことがあるのですが、
  これは間違っているのでしょうか?
  同じく、この事も何かに記載されていますか?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

木造軸組工法の耐力壁については、「木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2008年版)」をご覧下さい。
http://www.howtec.or.jp/joho/syoroku/syoroku202.html


P60の解説欄には

1、構造用合板を使った耐力壁の前提条件は、L≧60センチ且つH/L≦5

2、筋交いを使った耐力壁の前提条件は、L≧90センチ且つH/L≦3.5

ですから、面材で、60センチ以下、筋交いで90センチ以下は、耐力壁として算定出来ません。

>以前、柱の1/3の幅(例えば2500mmの柱であれば、833mmまでOK)
2008年12月以降、90センチ以下の筋交いは、算定出来ません。

参考URL:http://www.howtec.or.jp/joho/syoroku/syoroku202.html

Q建築確認申請書の敷地面積は実測か?

建築確認申請書の敷地面積は実測か?

金融機関で不動産担保融資業務を行っています。
田舎などの土地には登記簿謄本の面積と実測が異なるケースがあります。
このような土地に新築する際、建築確認申請書の敷地面積は土地の登記簿謄本の面積ではなく、地積測量図などより実測面積に近い書類が根拠となっていると考えてよろしいのでしょうか?
以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

確認申請の時には、求積図を求められます。これは一般的に三斜をきったものが利用されます。
座標点で出した時、審査機関から三斜にしてと言われた事があります。

あくまで実測なのですが実測と測量図が近似していれば同じ数値で記入するのが普通だと思います。
建築士の利用する測量器具よりずっと測量屋さんのほうがいい機械ですからね。
建築士が行う一番簡単なテープ測量では気温によっても長さが変わるのは知られていますし、傾斜地では誤差も多いです。でも、実測なのでそれで申請できます。

地域によって公図を提出するということはありますがあくまで土地の状況の確認で面積確認のために測量図や公図、謄本を提出することはありません。
蛇足ですが)開発の場合はもちろんそちらの申請で測量図や公図、謄本を求められます。
その場合確認申請の建築敷地と面積が合わないと通りませんので、この場合は測量図と全く同じ求積図で提出させていただくことになります。

Qベランダは建築面積に入るの?

建物がコの字にあります。
このコの字の寸法が三辺とも1820なんですが、
そこにベランダをつけたいのです。1820x1820の正方形で
三辺が壁に取り付く形です。その場合、建築面積に入りますか?
はね出してる場合は出先から1m後退した距離で面積に参入されるそうですが、三方が壁の場合でも、1m後退して1820x820って事にしていいんですか?それとも三方だから全面積(1820x1820)が参入されるんでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは
建築面積は「建築物の外壁又はこれに代わる柱の中心線で囲まれた
部分の水平投影面積による。但し高い開放性を有する場合は
出先から1mの範囲は不算入とする」となっているので、
三方が壁に囲まれている場合は 全面積(1820×1820)が
建築面積に含まれると思います。

但し、上部に屋根や庇などを付けないのであれば
高い開放性を有する場合と考えられると思うので
一度建築指導課に相談に行かれた方が良いと思います。

Qガレージ・自動車車庫の内装制限

お願いします。
ガレージや自動車車庫は規模に関係なく内装制限を受けると思うのですが、よくガレージ用シャッターなどのカタログを見ると、木造で天井は梁や野地板が現しになっているのを見ます。

天井現しは可能なのでしょうか??
それともガレージは自動車車庫扱いされないような事ができるのでしょうか??

Aベストアンサー

No.3さんの回答が少し・・・と思うことがあったので書き込ませていただきます。

>内装の制限を受けないのは、無指定(市街化調整区域)ぐらいなので、注意です。

日本全国で内装の制限を受けます。

>車庫扱いされない車庫とは、
倉庫、物置をいつの間にか転用するとか。

それを行っている方が多いのは否定しませんが、違法です。
用途変更の申請を行い、当然、法適合状態とすることが求められます。

>イナバやヨドの車庫を作っちゃえば?内装制限なんて関係しなくなっちゃいますよ。

当然、建物ですので、確認申請や内装制限が求められます。

建築基準法はザル法と言われていますが、法施工以前の既存建築物の存在と罰則が甘いためだと思います。建築基準法は建物を建てる上で最低限の基準を定めたものですので、ザルとか言わずに法令順守しましょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング