出産前後の痔にはご注意!

30代半ばの医学部受験について。


私は30代半ばの女性です。
幼い頃から医師という職業に憧れをもっていたのですが、いかんせん勉強が得意ではなかった為
世間一般では早いとされる22歳で結婚、翌年子供を授かりました。

その後仕事を持ちながら、妻として母として、ごく普通の生活を送ってまいりました。

昨年子供の中学受験が無事に終わり、改めて自分の人生について考えた時
医師になりたいという気持ちが抑えられなくなりました。

30代の医学部受験に関しては、私なりに調べた結果、かなり厳しいものになることは
重々承知しています。

ですが、諦めようとすればする程、医師に対する強い想いが溢れてきました。
私の残りの人生をかけて、病気で苦しむ方々の手助けをしたいと
来春、医学部受験を決意しました。

経済的な面から、国公立を受ける事になると思います。

そこで、30代の医学部再受験に対して前向きな首都圏の医学部をご存知でしたら
ご教授頂けないでしょうか。
これまでの主な情報収集源はネットなのですが、様々な情報が錯綜しており
何が正しいのかわからなくなってしまいました。


主人にはまだこのことを話していませんが、話したらきっと応援してくれると思います。

子供は中学生なので、時々保護者会等で学校に出向いたりお弁当作りがある以外は
殆ど手がかかりません。

また来月より両親との同居が始まるため、その点でも十分学校と家庭を両立していけると
考えています。


子供が生まれてから、少しでも長く子供一緒にいたいと
生活習慣には人一倍気を遣って過ごしてきたこともあり
健康面や体力的にも自信はあります。

若くして子供を授かり、それ故に苦労した事も少なくありませんでしたが
子供に、社会にここまで育てて貰いました。


これからは、その恩を医療というかたちで社会に還元していけたらと思っています。

厳しいご意見もあるかとは存じますが、そちらも含めて皆様のご意見を
お願い致します。


最後までお読み頂きありがとうございました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

医学部志望の息子がおります。

一浪していて現段階で防衛医大と自治医科の
一次試験に合格しています。二浪はできないので息子はこの一年必死に頑張ってきました。

衣食住を親が用意して息子はほぼ食べる、寝る、勉強するしかしていません。一般家庭の主婦がそんな風にできる環境なのでしょうか?お子さんはそんな母の姿を見てどう思うでしょうか?お子さんは母に医者になってもらいたいより、普通に家事、育児をしてもらいたい願望が強いのではないでしょか?質問者様の熱意は充分に伝わってきます。しかし同じ母として子供を生む=何かを犠牲にしなければならないのかな?と私は思います。学問だけではなく人それぞれだと思いますが、例えばスタイル抜群だった方は出産=多少の体型崩れ、お仕事を持っていらっしゃった方は保育者または助っ人等がいない場合、出産=退職や時間制限など…話はそれましたが…



とにかく医学部はどれも難関で現役生でもシビアな世界でした。学力も県トップ高校の上位者しか入れないと思って良いと思います。息子も何度も心が折れそうになり、はたから見ていても辛い時期がありました。

でもお子さんが成長して他に生きがいのような気持ちを高揚させてくれる何かが欲しくなる気持ちお察しします。私も出産が早くて20歳前で息子を産みました。昔描いた未来図は、今頃は悠々自適は暮らしをして若いときにできなかった友人とのランチやショッピングや旅行などしてるのかなと思っておりましたが、現実は仕事があり時間がない、医大に進む息子の学費確保で金銭的余裕もない生活です。なかなか思通りにいかないですね。質問者様は違う形で納得できる何かをお探しになられた方が賢明かと存じます。ご気分を害されたら申しわけございません。
    • good
    • 0

医者というより、看護師や介護福祉の分野への進学を考えたほうがいいのではないでしょうか?医者というのは過酷な仕事です。

看護や介護ができないとなると非常に難しい。同じ医療系で人助けがしたいのなら私は、絶対看護師を勧めます。その方が、時間や費用のロスが少ないから。
    • good
    • 0

質問者さんの質問は、30代の医学部再受験に対して前向きな首都圏の医学部 を探していらっしゃるのですよね。


私の知る限り 群馬大学は避けたほうがよろしいと思います。私の後輩のお爺様が、群馬大医の教授をされていたらしいのですが、高齢受験者は合格できないとはっきり言っていたらしいです。あくまでも伝聞ですが。 その何年か後、例の問題が起きて やっぱり本当だったんだ と思った記憶があります。

 それはさておき、質問の回答とは少々ずれますが、質問者さんの学問に対する姿勢はすばらしいものがありますね。
 日本は立憲民主主義国家です。憲法を頂点とした法体系で国が成り立っています。
その憲法は、国家権力を抑制し国民の権利自由を守るためのものであると定義する学説もあります。
そしてその自由権の中には、思想良心の自由、学問の自由と職業選択の自由が含まれています。
そこには年齢制限などありません。
 自分の人生に夢を持ち、学ぶ場所を求め、そして学んだ知識を社会に還元する。
これはとても崇高なことだと思います。
 本来国立大学の入試判定に年齢の要素が入っていたとすると憲法上問題があるように思われる重大なことだと思います。
 なぜなら、確かに年齢による合理的な区別は、公共の福祉(人権抑制の根拠)のために必要な事です。
しかし、年齢だけで学問の機会を奪うのは本当に合理的な区別でしょうか?違憲の要素を含む不合理な差別ではないでしょうか?区別を正当化する立場からは、一人前の医者になるのに時間がかかるから社会に出ても長くはない とか若い方が呑み込みが早く、新技術にも対応できる とか 体力的に若い方がいいなど言われますが、本当にそうでしょうか?
 例えば、26歳で医師国家試験に受かった人と42歳で受かった人とどうして若い方が医師として有望なんて判断できるのでしょう。もちろん若いことのメリットはありますが、年齢を重ねないと身につかないメリットもあるはずです。
 患者の話を聞く力があり、その話を実感できる力あり、その力によって安心する患者さんがいる。
こんな形はむしろ苦労を重ね年齢を重ねた人のほうが向いてるのではないでしょうか。
何も医療とは最新の技術だけを患者さんに提供するだけではないのですから。
 とすると、年齢を合否の判断に入れるのはやはり不合理な差別のように思われます。憲法の14条では年齢での差別を禁止していますから、違憲の要素が濃いと思います。

 とはいえ、まだまだ日本は立憲国家として諸外国と比べると人権に疎い場面に遭遇することが多いと思われます。これは仕方ないことです。
しかし、政権も交代しましたしいつチャンスが回ってくるかも知れません。周りになんと言われようが、努力だけは是非続けられる事を祈っています。質問者さんの代で万が一希望がかなわなくても、あなたのその背中をお子さんはしっかり見ているはずですよ。
 質問の趣旨とは遠く離れた回答になってしまって申し訳ありませんでした。 ただ質問者さんの姿勢と
多くの回答を読んでいて、どうしても応援してくなってしまったのです。
 道は長く険しいかもしれませんが、その道を通った者にしか出来ない事があるはずですから。
体を壊すということは、動物として一番弱い立場に立つ事だと思います。そんな弱い立場に立った人間という動物を救ってあげられるなんて やはり同じ動物として崇高なことだとおもいますよ。
 いつか一人の素晴らしい医師がこの国に生まれることを祈ってます。

負けるな!諦めるな!がんばれ!
    • good
    • 3

 そもそも首都圏の国公立医学部と言えば、東大、東京医科歯科大、千葉大、横浜市立大、筑波大、群馬大、防衛医科大、自治医科大しかないですよね。


 失礼ながら質問者さんの状況であれば東大、医科歯科大は学力的にしんどいでしょうから候補から消えます。防衛医大も年齢からだめではないですか?自治医大は各都道府県から2人くらいずつしか入学させませんから無理でしょう。
 すると残るのは千葉、横市、群馬、筑波となりますが、後2校は東京にお住まいだとすれば自宅からの通学は大変でないですか?それがクリアできるならば候補はこの4校です。
 ただし先の回答にもありますように、群馬大は数年前に高齢受験生ともめていますから避けた方が良いかも知れません?千葉は学力的に少しハードルが高いかな。
 したがって現在の状況での本命は横市か筑波といったところでしょうか。これらの2校が高齢受験生をどう扱うかについては残念ながら分かりません。

 質問の文章や他の回答者へのお礼の文章を読んで、質問者さんの熱意は良く分かりました。しかし医学部を受験してくる高校生達もまた、同じくらいの熱意を持って受験してくるわけですから、同じ学力であったならばより若い人を取りたいと思うのが大学側の心情です。

 質問者さんが医学部に入学できたとしても卒業は6年後。2年間の初期研修とその後の後期研修4年位を合わせると、一人前の医者の「入口」に到達できるのは12年後です。私は脳神経外科医として10年以上働いており執刀医となることも多いですが、自分の手術の腕はまだまだだと思っております。質問者さんが医者となって10年間働くと、きっと50歳を越えますよね。したがって現実的には選べる科に制限がかかるでしょうし、社会に貢献できる時間も短い筈です。厳しい言い方をすれば、質問者さんの熱意ほどには社会は質問者さんを必要としていない、という現実は冷静に受け止めておいた方が良いと私は思います。

 頑張ってください。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答頂きありがとうございます。

すべて仰るとおりだと思います。

「私の熱意ほど社会は私を必要としていない」という事は、自分自身が一番理解しているつもりです。
解っているだけに、そのお言葉は非常にこたえました・・・。

ですがそれを考えていたら受験などできません。

私がどんなに高い志をもとうとも、最終的に判断するのは大学側です。
この先何年受け続ける事になるかはわかりませんが、合格を頂ければ当然それに応えるべく更なる勉強をするつもりですし、何度も不合格になるような時は諦めるかもしれません。

どうしても医師になりたいというのはあくまで私の強い願望であり、それが叶うかどうかは私が決めるのではありません。社会に必要とされていないと大学側に判断されれば不合格になるでしょう。

ですから、その理由で受験を断念する事は考えていません。


厳しいと解っていても受験に臨む決意をしたのは、もしかするとこの挑戦が仮に報われなかったとしても、それまでの努力によって得られる、別の何かがあるように思えるからかも知れません。

勿論、それが医学部合格であるに越した事はありませんが。

まだまだ未熟な私が言うのも恐縮ですが、人間というものは目標を達成するとまた新たな目標が欲しくなります。

そしてそれを達成して得る物よりも、そこまでのプロセスで得られるものの方が、実は重要だったりするのではないでしょうか。

そうやって人は自分に足りないものを、少しずつ手に入れていくのだと思います。

私はそれが生きるということだと思っています。


現役の医師である方から頂いた言葉はとてもありがたく、参考になりました。
頂いた言葉を胸に刻み、自らが納得のいくまでチャレンジし続けたいと思います。

貴重なご意見、ありがとうございました。

お礼日時:2010/01/13 22:31

医学部は、実習などで遅くなることもあります。


ご両親との同居や、ご主人、お子さんがいらっしゃるのに、下宿できますか?
通学なさるとすれば、通える大学は、すごく限られて来るのでは?
東京在住だとすれば、東大、医科歯科大、千葉大、埼玉大、横浜市大だけになると思いますし、東京でなければ、数はずっと減るでしょう。
東大の医学部(理化3類)は、日本一難しいし、その他の大学医学部も、東大の医学部以外に入るのと同じくらいの難しさです。
あなたの高校時代の友人が、東大に何人入りましたか?
その人たちと比べて、あなたの学力がどうだったかを比べれば、判断ができるのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

実習や医師になった後の当直などのことも当然考えています。
帰れない日が続く事も覚悟しているつもりです。

高校時代の友人(学校全体ではなく)は数名東大に進学しました。
そのうち1名は卒後理?を再受験し、今は医師として勤務しています。

その他の友人にも医師が何名かいるのですが(私大)なかなか再受験の事を言い出せずにいます。
皆驚くでしょうから(笑)

当時の私の学力は、東大には到底及ばないものでした。

でもそれで諦めるつもりはありません。

これから勉強に全精力を注ぎます。

貴重なご意見、ありがとうございました。

お礼日時:2010/01/12 23:16

こと学力についてだけ言えば「センター9割」とれば何とかなる世界なので、


「地頭」とか「利発さ」を度外視し、それは努力で克服できると考えるのなら、
とにかく『時間』さえかければいつか届くでしょう。3年か5年か10年か
死ぬ間際までかかるかはわかりません。でもいつかは。

個人的には8割と9割の間には見えない壁があるように思います。
センターレベルなら9割以上の狙ったところにピタリとスコアを決めら
れるくらいでなければ、『受験というイベント』をコントロールできません。
「センター失敗」とはよく聞きますが、そんなの力不足、話になりません。

しかし勉強の量や質以上に、マシンではなく人間なのだから、その
『意志がいつまで続くのか』のほうが問題です。何度失敗しても、どこかに
合格するまで続ける鉄の意志。それが首都圏になければ家族とは最低
6年間離れ離れになることも覚悟しなければならない、という不退転の決意。
あるいは、例えば5年やってダメならあきらめる、という踏ん切り。自制。

あなたが今から合格しても医師として一人前になるころは50歳近いでしょう。
学校側としてはやはりそれは『若い医師の卵を歓迎』しますよ(金づるを求める
一部の私学は別かもしれませんが)。国公立なら少なくとも透明性優先で
『面接のない大学』、人物選考のないところを狙うべきでしょう。できれば
「小論文」も「調査書を考慮する」などもないところ。明快に学科のスコアのみで
判定してくれる大学。ちなみに「東京大学理科三類」はこれにあたります。

今年は大丈夫、と思ってもよくわからない理由で落とされ続けるのは
たまらないでしょうから。群馬大学は「前科」(高齢の受験生に
訴えられた)があるので避けたほうがいいように思います。

しかし大学の、特に医学部の募集要項はコロコロ変わるので、
今ここで聞いてもあなたが合格できるころには事情が違っているでしょう。
この二、三年でも後期募集がなくなったり理科二科目と三科目を
迷走するところがあったり。今私が考えるのは『二次もできるだけ
学科で勝負するほうがいいですよ』、ということです。

ただし純粋学力勝負の大学は難関大に多いため、センター9割が楽に取れる
ようになったあとにやらなければならない作業(二次対策)が、またそれ以上に
骨が折れることも覚悟してください。

定点観測として、予備校の模試を受け続けるといいでしょう。
医学部ならレベルにもよるけれど駿台と河合でしょうか。地方医なら
駿台の難しいほうはオーバースペックでしょうけど。なんにせよ模試は
家で過去問を静かに解いているのとは「臨場感」が違います。

今は東大京大並みと言われている地方の医学部も、定員は拡大の方向
なので、受けているうちに少しずつ難度も下がり距離は縮まっていくでしょう。

「お子さんと一緒に勉強する」のもいいかもしれません。
お子さんに大学入学で先を越される可能性も充分にあります。
それはそれでお子さんが充分な学力を持って大学から社会に旅立てば、
優秀な人材を送り込むという意味で社会に還元することになると思うの
ですが、それでは満足できないのですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答頂きありがとうございます。

やはり医学部で行われる面接は、高年齢受験者を篩いにかけるためのものなのでしょうか・・・。
試験が合格点に達したのに、人物選考で落とされるというのもまたショックでしょうね。

私のような企業人からすると、面接とは「限られた時間で、その人物が会社にとって有益な人間かどうか判断する」という概念なので、社会人としての経験をアピールできるチャンスのように捉えていたのですが
どうやら違うようですね。


センター9割を確実にとるにはまだ時間がかかりそうですが、今から『○年計画』などと言っていては
何年かかっても合格できないと思いますので、来春に必ず合格するつもりで駿台模試を受けながら
最善の努力をするつもりです。

どちらで調べても、再受験者に寛容な大学はかなり限られているようなので
想像以上に厳しいものになることは覚悟しています。

仰るように、我が子を立派に育て上げ、世に送り出すことで社会に還元するということもまた
私の望みの一つではあります。

このまま仕事を持ちながら定年まで勤め上げ、孫と戯れながらのんびり暮らすのも幸せかもしれません。

でも私が求めるものは、それではないのです。


叶うかどうかは別として、新たな夢の為に費やす時間がもてたことに
今、とても感謝しています。

一度きりの人生、全力で頑張ります!

二次試験や模試のアドバイスなど、細かくご教授頂きありがとうございました。

お礼日時:2010/01/12 22:41

風の便りでは、首都圏から外れるかも知れませんが、山梨大が高年齢者の医学部入学に寛容であると聞いています。



まずは、自分の学力を確かめ、努力し、その結果を確かめてからお決め下さい。

まずがんばれ!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答頂きありがとうございます。

山梨大学ですね。
現時点では首都圏の医学部しか考えていませんが、今後の参考にさせて頂きます。

私は今まで、やると決めた事はどんなに辛くても最後までやり遂げてきました。
ですので今回も目の前にあるものを一つずつ乗り越え、ゴールを目指したいと思います。

エールを頂きたくてこちらに書き込んだ訳ではないのですが
「がんばれ!」というお言葉 とても心に沁みました。

ありがとうございました!

お礼日時:2010/01/12 22:51

志が高いこと、決意がかたいことなど、文面からよくわかりますが、あなたの医学部受験にあたっての能力的なことは全くわかりません。

現時点で模擬試験は受けているのか、出身高校のレベルはどのくらいか、勉強嫌いが具体的にどのようなものであったのか、それらがわからなければ、残念ながら誰も医学部受験の是非を判断することはできません。親と同居するとか、子どもの手が離れたとかは大きな問題ではありません。問題は、現在どの程度の基礎学力があるのか、過去にどれだけの蓄積があるのか、さらにあなたがどれほど記憶力に優れているのかなどの「能力面」なのです。

仮にここで、「無理でしょう」という意見が大半だったら、「夢」をあきらめるのでしょうか。その程度のことなら、はじめから困難な道には進まないほうがいいと思います。高校生の質問ならほほえましいと思いますが、ご質問の内容から30代後半と思われる方が、具体的な内容もなく、ただ「意思がかたい」「あきらめきれない」「社会に還元したい」だけで、国立医学部受験に関し「どうでしょうか」と聞く時点で、ちょっと無理ではないかという印象を持ちます。

医療という形で、いままでの恩を社会に還元するなら、医師でなくても、さまざまな道があると思います。なぜ、医師でなければならないのか、ただ社会的地位の高さに憧れているだけなのか、もう一度、ご自身の気持ちを整理してみる必要があると思います。

その上で、やはりどうしても医師を目指すのであれば(しかも国公立で)、このようなところで意見募集などしている暇に、一歩でも先に進むことを考えてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

仰るように、社会への還元は医療でなくてもできます。
このスレッドをお読みになり、無謀だと思われる方も沢山いらっしゃると思います。

ただ、様々な壁を乗り越えてでも医師になりたいと思うだけの理由があるのです。
ですからこちらでどれだけ辛辣なご意見を頂いても、その強い意志に揺るぎはありません。

私の拙い文章からは、いわんとする事が伝わり辛かったのだと思いますが
今回投稿したのは、学生時代の成績や自分の能力を公表し、合格の確立を教えて頂きたかった訳ではなく
質問の文章にもあるように、再受験生に対して前向きな首都圏の医学部をご存知でしたら
教えて頂きたいと思い、こちらに書き込みました。

ですが貴方様のいうように、一歩でも先に進むことが先決ですね・・・。
貴重なご意見ありがとうございました。

お礼日時:2010/01/12 15:19

再受験の経験者ではないので具体的なアドバイスはできないかもしれませんが・・・



サラリーマンを経て28歳で医学部に合格した男性を知っています。31歳の女性も知っています(いずれも私立医大ですが…)。
医学部は最も再受験者の多い学部です。
質問者様と同じように、再受験で医学部を目指している方は大勢います。
ただ、大学側はまず学力ありきでふるいにかけます。
国公立大学なら尚更厳しい戦いになります。
首都圏の医学部なら、センター試験で最低9割は取れないと同じ土俵には立てません。

厳しい道のりとなることは否定しません。
ただ、患者さんを救いたいというその志は素晴らしいと思います。
その志を糧に、高得点を取れるようにがんばってください!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答頂きありがとうございます。
私は以前、都内の謀私大医学部で秘書をしていた事があり
医学部が、ましてや国公立がどれだけ狭き門であるかは十分承知しています。

一日の大半を勉強に費やしている若者と同じ土俵に立つことは、並大抵ではないと思いますが
先を信じて努力を続けていきます。

貴重なご意見、ありがとうございました。

お礼日時:2010/01/12 15:30

エデュでも質問され方ですよね。


「30代の医学部再受験に対して前向きな首都圏の医学部」はないと思いますよ。年齢のハンデに勝る試験結果を残すしかないでしょう。

30代で医学部再受験に成功される方は、ほとんどが東大・京大卒か旧帝理系の出身の方です。受験時にその学力があったのなら、合格の可能性はあると思いますが、そうでないなら無理でしょう。

勉強は頑張れば何とかなると考える人が多いですが、幻想です。勉強もスポーツと同様に才能が大きく関係します。勉強の才能をお持ちですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答頂きありがとうございます。

エデュでは質問をした事がありませんが・・・


勉強の才能があるかといわれたら、正直申しまして自信はありません。
ただ私は子供の受験や自らの社会経験を通し、地頭という意味そのものに
疑問をもっています。

確かに同じ勉強をしても、成果のあらわれ方には個人差があると思いますが
それは成果がでるまでのプロセスや時間による個人差であり
『無理』ということは絶対にないと考えています。

無理だと思った時点で可能性はゼロになってしまいますし・・・。
確かに年齢を重ねた分、脳の衰えを感じることはあります。
しかしながら、これはすべての科目に対して言える事ですが
学生時代より今の方が、目的意識を持っているせいか、より深く理解しながら勉強することができます。

まずは合格する事だけを考えて、日々勉強していきたいと思います。
貴重なご意見を頂きありがとうございました。

お礼日時:2010/01/12 12:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高学歴ではなく医学部再受験に成功された方、合格までの予備校選びや勉強法、大学選びを教えてください!!

難関高校・大学卒や医療系大学卒ではなく医学部再受験に成功された方、合格までの予備校選びや勉強法、大学選びを教えてください!!
私は都内在住の27歳で高校卒業後サラリーマンをしておりましたが、医学部受験をすることを決め先日会社を退職しました。
とはいえ、学生時代は「どうせ自分には無理だろう」と思い特に医学部を目指した勉強などの経験は全くありません。
それどころか大学受験の経験も無く、学校の成績が良かったわけでもありません。
一流の高校や大学に進学し基礎的な学力(地頭というのでしょうか?)がある方と違い、中学数学レベルからスタートしなくてはならない状態です。
そして特に親や親戚が医者であるとかコネがあるとかいう訳でもありません。
こんな現状で医学部受験などと言って無謀だとは思います。
医学部の方や医学部受験の勉強をしている方に笑われてしまうかもしれません。
でもそれもこれも承知の上で精一杯頑張りたいと思っています。
高校に行き直したつもりで、出来れば2~3年以内(30歳まで)に合格するつもりで勉強の予定を組みたいと考えています。
そこで私と同じ条件とまではいかなくても、社会人で高学歴では無く再受験成功を勝ち取った方、私の質問に是非アドバイスをお願いします!!
<質問>
・ 最終的には予備校に通うつもりですが、現段階では予備校の授業についていけるか不安です。すぐに予備校へ通った方が良いか、それとも何か別の方法で勉強した方が良いか教えて下さい。オススメの学校や教材があればそちらも教えて下さい。
・ 少しでも早く医師になることが最優先なので大学はどこでも良いと考えております。もちろん国立に行ければ一番良いのですが、現状を踏まえ私立でも大丈夫なよう当面の学費などは準備しました。主人の仕事の関係上、関東を離れずに済むのがベストですがそんなことも言ってられないので、今の私のような状況での大学選びのアドバイスをお願いします。受験科目が少ない、再受験者でもチャレンジし易い等オススメの大学があれば教えて下さい。

難関高校・大学卒や医療系大学卒ではなく医学部再受験に成功された方、合格までの予備校選びや勉強法、大学選びを教えてください!!
私は都内在住の27歳で高校卒業後サラリーマンをしておりましたが、医学部受験をすることを決め先日会社を退職しました。
とはいえ、学生時代は「どうせ自分には無理だろう」と思い特に医学部を目指した勉強などの経験は全くありません。
それどころか大学受験の経験も無く、学校の成績が良かったわけでもありません。
一流の高校や大学に進学し基礎的な学力(地頭というので...続きを読む

Aベストアンサー

 No.2です。再度、蛇足かもしれませんが受験校選び及び、気が早いですが少し卒後の事について参考意見を述べさせていただきたいと思います。
 
 質問者さんが都内で暮らしている方であればやはり都内の大学が良いと思います。それでできたら歴史のある大学の方が系列の病院などが多くて後々就職などで楽でしょう。地方の国立でも都内に結局戻って来る時、私立大学の医局に入る場合はやっぱりちょっと肩身が狭そうです。都立病院なんかに流れるケースが多いですが院はどうするんでしょう?

 注意すべきは順天・昭和は一年目に寮生活をさせられるので結婚されている方には障害になり得ます(多浪・再受に厳し目の採点かも)。東京医科はコネ度が高い大学だと言われてます。そうなると日医・慈恵とかをチャレンジ校にしてみたらいかがでしょうか?医学部受験は受験生が各大学を回遊しています。上・中・下というランクの中から日程と合格確率とを相談しながらチャレンジ・順当・滑り止めという感じで受験して回ります。できたら来年から場の空気を見る為に受験してみると良いと思います。

 私は苦手科目と得意科目の差が激しかったので、表示される偏差値より実質的に受かりにくかったように思います。得意科目は英語・生物で、これは旧帝系の実戦模試でもベスト10に入ったりしてました。数学がすごく苦手で、総合偏差値が河合でだいたい67,8といったところで運が良ければ国立に受かるかな?という感じでした。確かに数学は積み重ねが重要かもしれません。

 医学は正直、才能より努力な学問だと思います。私の親戚にも東京大(法と医それぞれ)、京都大、芸大の出身者がいますが、いかにも天才という感じはしないです。確かにgeneralに優秀です。中には白鳥のような経歴をもっている方もいますが、芸術やスポーツの世界と違って医者は毎年かなりの数が誕生します。学力で全国でtop100は超優秀ですが、スポーツの世界でtop100は意味がありません。私自身、中高通して年間40日は休んでいた“不登校児”でした。高校の進級すら危うかった事もあります。それで高二の秋くらいから勉強を始めて一年浪人しました。二~三年という数字を出したのは自身の経験からです。

 長々と失礼しました。いつか合格報告をお待ちしてます。質問じゃないと削除されるかもしれませんが(^^;

 No.2です。再度、蛇足かもしれませんが受験校選び及び、気が早いですが少し卒後の事について参考意見を述べさせていただきたいと思います。
 
 質問者さんが都内で暮らしている方であればやはり都内の大学が良いと思います。それでできたら歴史のある大学の方が系列の病院などが多くて後々就職などで楽でしょう。地方の国立でも都内に結局戻って来る時、私立大学の医局に入る場合はやっぱりちょっと肩身が狭そうです。都立病院なんかに流れるケースが多いですが院はどうするんでしょう?

 注意すべきは...続きを読む

Q今から医者を目指すのは遅いですか?

34歳(♀)です。
現在、結婚し子供の予定はありません。仕事は、自然科学系の研究・コンサルティングをしています。

小さい頃から「将来はお医者さんになりたい」と思っていました。
しかしながら、家庭の事情(下にも妹弟がいる)等から、医者を目指すのを諦めて、某国立大工学部を卒業しました。

最近、とあることがきっかけで、また医学部入学に向けて勉強したいと思うようになりました。
(夫は国公立大であれば学費を助けてくれると言っています。)
しかし、現在34歳(あと数か月で35歳)であること、仮に入学/卒業できてもその時は40歳を過ぎてしまっていること、等からもう遅いのではないかと悩んでいます。

現実として、今から医者を目指すことは諦めた方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

どこまで想定しているか、このご質問では見えてこない部分が多い印象を受けました。僕が見られないだけかもしれませんね。

近年、転職や独立で職業を変えてまで医師をやめる医師が多い中、素晴らしいお考えだと思いますよ。
僕の周囲でも、医師にはなったものの、投資家や弁護士になる人も多いですしね。
医師の志があっても、勤務の辛さや無駄なしがらみ、訴訟リスクが高すぎて、給料に見合わず転職を考えてしまうのです。
開業医だと、訴訟で負けると最悪その場は廃業状態ですからね…医院を変えてまた開業するのも大変ですので…

国立なら学費は安いですが、医学系の参考書はひとつ1万以上のものも多いです。
学費以上の出費がありますから、その辺りも考慮されてご主人が助けてくれるのであれば心強いと思います。

何を専攻するかによって、大きく違いもありますね。
内科は10年やっても学費のもともとれないと嘆くほどの給料ですし、外科は手技の維持の為には年間最低150でもまだまだついてゆけません。
専攻によって、リスクの考え方も変わりますし、将来的な勤務時間も大きく変わりますね。

当直以外にオンコールがある病院では、自宅にいても外出できないような不便もあります。
勤務先によって大きく違いはありますが、30代後半で研修医になれば、しがらみや差別のような扱いもある程度は覚悟しなければならないとも思います。
病院によっては常に和気あいあいというわけでもなく、経験がものを言うような難しい診断や判断が必要な時は教育医や上層部に経験不足を指摘されることもあるでしょう。
30代以降に医師になった人にはそれはつきものくらいに思っていないと、精神的にやられてしまいます。

まずは入学目指して受験勉強ですね。本当に気持ちがなくても医師にはなれますが、本当に気持ちが無ければ続かないのが医師という職業だとつくづく思います。頑張ってください!

どこまで想定しているか、このご質問では見えてこない部分が多い印象を受けました。僕が見られないだけかもしれませんね。

近年、転職や独立で職業を変えてまで医師をやめる医師が多い中、素晴らしいお考えだと思いますよ。
僕の周囲でも、医師にはなったものの、投資家や弁護士になる人も多いですしね。
医師の志があっても、勤務の辛さや無駄なしがらみ、訴訟リスクが高すぎて、給料に見合わず転職を考えてしまうのです。
開業医だと、訴訟で負けると最悪その場は廃業状態ですからね…医院を変えてまた開業する...続きを読む

Q30歳過ぎてから大学に行くってことは、人生捨てることになるのでしょうか?

社会人経験を経て、30歳を過ぎて、大学へ行くことって変なのでしょうか?確かに、おじさんおばさんになってから大学生をやっている人たいを見たことがありますが、ひょっとしたら人生を捨ててるのかもしれません。なぜならその後のことが大変だからです。卒業後、年齢的にどこも雇ってくれないからです。もしかしたら卒業後の人生はワーキングプワーを強いられる人生になるのかもしれないです。
僕自身は、大学を一度中退してしまってるためにそのときの無念さからもう一度学びなおしたいっておもってます。あのときは幼すぎてました。なので今は後悔から、むちゃくちゃ勉強してみたいって思ってます。卒業したら34,5でしょう。そのときに就職を考えます。でもその年齢では雇用先がありません。
医学・薬学系統ならばともかく、私は工学部に行きたいと思ってます。
人生捨てるか否やの選択となってきます。
もし30超えて大学生をやっている人を知ってたり、見たことある人いましたら、その後どうやって生きていくのかを教えて欲しいです。
僕自身はこのことを友人に相談したところ、「それは人生捨ててる。両親も嘆き悲しむことだろう」って言われました。現在30前後の年齢です。自分勝手なのはわかってますが、やはり勉強したかった、中退したっていう大後悔があります。その後悔ともけりをつけて今までの人生をやりなおしたいです。30過ぎて大学にもう一回いった人間の就職先、その後の人生はやはりワーキングプワーしか残ってないのでしょうか?本気でも勉強し直したいです。

社会人経験を経て、30歳を過ぎて、大学へ行くことって変なのでしょうか?確かに、おじさんおばさんになってから大学生をやっている人たいを見たことがありますが、ひょっとしたら人生を捨ててるのかもしれません。なぜならその後のことが大変だからです。卒業後、年齢的にどこも雇ってくれないからです。もしかしたら卒業後の人生はワーキングプワーを強いられる人生になるのかもしれないです。
僕自身は、大学を一度中退してしまってるためにそのときの無念さからもう一度学びなおしたいっておもってます。あの...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

これからの人生を充実させるが為の大学再入学なのでしょう?
30代程度で守りに入ってどうするのか?!と言いたいです。ちなみに私はご質問者様と同年代だと思います。

私の父は夜学に通いながら仕事をし、ずっと勤めてきた会社を40後半で辞め、それからは自分のスキルを必要とされる所を自分で選んで、ちょこちょこ仕事をしながら、かなり自分を大切に、わがままに?人生を生きてる人です。
現在は60代で年金ももらってるようですが、本当だったら55歳でもらえるはずだったのに・・・と政府に愚痴はこぼしたりしててますが、現在も必要とされるときに仕事をして、収入を得るというスタイルを崩さず、現役で楽しそうに頑張ってます。
そしてそれを見てる娘の私は、人としていい生き方だと思ってますし、自分自身もそうありたいと思い、ザクザク使えるような金はありませんが楽しく充実した生活をしています。

この世に絶対なんてものはありません。
特に保障なんてものはあってないようなもの。
このまま大学で勉強することを諦めて仕事を続けたとしても、会社が潰れて仕事がなくならないという保障はどこにもありません。

30代なんて、まだまだチャレンジしていい年代ではないでしょうか?
20代で社会に入門、30代でチャレンジ、40代~50代で社会を動かし、60代で監督、70代で隠居。

社会経験をした上で大学で勉強しなおすのは、目的が具体的で明確になってると思いますので、全くもって当時と集中力が違うと思います。

でも、再入学して卒業した後の就職が不安・・・だなんて、その程度のことで悩むくらいなら、大学も諦めた方がいいと思います。
仕事なんて、選り好みしなければいくらでもありましすし、例え小さな会社だったとしても、自分が入社することで会社を発展させてやろう!くらいの意気込みがないと、知識があろうがなかろうが同じです。

大学で学びたいと思ってる知識が、将来必ず自分にとって役立つであろうという自信もない状態なのであれば辞めておくべきです。

こんばんは。

これからの人生を充実させるが為の大学再入学なのでしょう?
30代程度で守りに入ってどうするのか?!と言いたいです。ちなみに私はご質問者様と同年代だと思います。

私の父は夜学に通いながら仕事をし、ずっと勤めてきた会社を40後半で辞め、それからは自分のスキルを必要とされる所を自分で選んで、ちょこちょこ仕事をしながら、かなり自分を大切に、わがままに?人生を生きてる人です。
現在は60代で年金ももらってるようですが、本当だったら55歳でもらえるはずだったのに・・・と政府...続きを読む

Q30代半ば~後半で大学に通う現実。

質問見て頂きありがとうございます。

男性です。

現在工場で仕事をしてますが、高校中退後に大検合格しただけなので、

実際は中卒に近い学歴となりコンプレックスを抱いてます。また教養も殆ど無く不安な毎日です。

今の日本の現状で30代後半で大学卒業後の就職 進路などを考えた場合、愚かで

非現実的ですか?

宜しくお願いします。


(1)独身 

(2)借金は無く、蓄えも4ケタ以上ある為国立なら学費や生活は十分やっていけると思ってます。

(3)この年から狙うなら勉強に時間をかけて、国立上位を目指したいと思ってます。

(4)大学卒業後は新たに仕事を探すと思います。

Aベストアンサー

参考までに

私の知り得る限り、学歴がモノを言うのは入社時です。
40前の人間が会社で学歴を評価されることはないでしょう。
つまり、貴方が大学にを卒業しても、就職すらできないし、40歳の大卒を社会は望んでいないと思います。

私は貴方のコンプレックスや向上心の向ける方向は難関資格だと思います。
夜間の専門学校でも行き、仕事に直結する業務独占資格を取得すべきとおもいます。
業務独占資格とは、その資格がないと仕事が出来ないと言うものです。
しかし、誰でも取得でき、かつ需要より供給が多い資格は、取得してもあまり意味がないでしょう。
そろばん3級とか、危険物とか、大型トラックとか、あまり意味はないでしょう。
たとえば、1級建築士も良い例です。現行では非常に難関資格ですが、バブル期に乱発したせいで、現在40才以上の取得者が多く、供給過剰です。
顕著な例としては、看護師などは完全に供給不足です。
看護師になれと言っているのではなく、白紙から目指される場合は、そのような視点で資格を見てください。
現在、供給不足な資格は、職安や転職サイトで多くの求人要件となっている資格が人気で、需要も高いです。

参考までに

私の知り得る限り、学歴がモノを言うのは入社時です。
40前の人間が会社で学歴を評価されることはないでしょう。
つまり、貴方が大学にを卒業しても、就職すらできないし、40歳の大卒を社会は望んでいないと思います。

私は貴方のコンプレックスや向上心の向ける方向は難関資格だと思います。
夜間の専門学校でも行き、仕事に直結する業務独占資格を取得すべきとおもいます。
業務独占資格とは、その資格がないと仕事が出来ないと言うものです。
しかし、誰でも取得でき、かつ需要より供給が多い資格...続きを読む

Q大学に30歳を超えて進学する人を見たことある人(なぜ進学してるのか?魔可不思議でたまりません!)

たまにですが、20歳前後の学生さんたちに混じって、30歳を越えたおじさん学生がいたりします。なんで未だ大学生をやっていられるのか不思議で不思議でたまらないので質問させてもらいました。
30歳超えたら就職って一般的に厳しいのに、それでもあえて大学生になろうとするのは卒業後は、ワーキングプアーとして生きていくことを決意して進学するのでしょうか?
しかし、先生になるべく教育学部へ、医者になるべく医学部へなどならわかるのですが、そういう系の学部以外でもたまに30超えていらっしゃるのがすごいと思います。30超えて進学したのはいいが、卒業後はバイトしかない、もはや正社員は無理・・・なんて事態になると思うのです。すさまじいのがずっと前に文学部で30超えたおじさんが在籍してらっしゃったのは不気味に思えました。今後どうするんだろう?人生放棄してるのだろうか?・・・って。

30超えても大学生している人はなんでまだ大学生してるのか?
卒業後はどうやって食っていくつもりなのか?とか知りたいです。
お願いします。

※上記はすべて夜学コースを除いたものと想定してください

たまにですが、20歳前後の学生さんたちに混じって、30歳を越えたおじさん学生がいたりします。なんで未だ大学生をやっていられるのか不思議で不思議でたまらないので質問させてもらいました。
30歳超えたら就職って一般的に厳しいのに、それでもあえて大学生になろうとするのは卒業後は、ワーキングプアーとして生きていくことを決意して進学するのでしょうか?
しかし、先生になるべく教育学部へ、医者になるべく医学部へなどならわかるのですが、そういう系の学部以外でもたまに30超えていらっしゃる...続きを読む

Aベストアンサー

私は大学を卒業していますが、社会人になってから、大学への再入学や大学院進学を考えたことがあります。

実際に進学はしていませんし、いわゆる会社員とは違う形態で働いていますので、ご参考になるかどうかわかりませんが、私が思ったところをお話ししてみますね。

私が大学にまた行こうか、大学院に入ろうかと考えたのは、大きく2回あります。

一度目は、仕事の実績ではなく、出身学校のネームバリューで仕事の評価をする人がいたので、もう少しネームバリューのある大学に入り直そうかと思ったのです。詳細は省きますが、わかりやすく言えば、実際に私と一緒に仕事をしたわけではない人が、「○○大学出身なら、だいたいどの程度かわかる」みたいなことを言ったと、人づてに聞き悔しかったのです。気にしなければいいとも思いましたが、そのことが私の仕事の幅を狭めているのであれば、変えていこうかなという一瞬の気の迷いがあったわけです。しかしこれは、考えているうちにそのようなくだらない評価をする人に合わせる必要はないし、そのためだけに大学へ行くのは、お金と時間の無駄だと気づき、やめました。

二度目は、大学の公開講座で自分の趣味で勉強をするのが楽しくなり、もっと極めたいと思ったのがきっかけでした。私は学生時代、親が学費を出してくれ、生活費も親が負担してくれ、自宅から通っていましたので、親に対して感謝の気持ちを持っているつもりではありましたが、やはりどこかで甘えており、学校の授業をサボったりすることもありました。でも社会人になってから自分のお金を払い、仕事の時間をやりくりしながら通って学ぶことは、親がかりだった学生時代とは比べものにならない充実感、満足感があり、勉強に対する熱意も圧倒的に高くなります。

こういう勉強は本当に楽しいです。あなたにとっては「卒業後はバイトしかない、もはや正社員は無理」の状況が、「人生放棄してる」ことになるのかもしれません。でもすべての人が同じように考えるわけでもありません。そもそも30歳になってからの再就職で、バイトしかないということは、ないと思いますし。正社員で安定収入を得ることよりも、他のことで幸せを感じる人もいます。あるいは、正社員で働く必要がない人もいます。(正社員以外の働き方もありますし、資産があって不動産収入や利子・配当だけで生きていける人もいます)

今度、そういう学生の方にお会いになったら、正直に「なぜ、学ぼうとなさっているのですか?」とお聞きになってみては、いかがでしょう? 「なんで人生放棄しちゃうんですか?」というスタンスでなければ、きっと喜んで自分の学習に対する熱意を話してくれると思います。

私は大学を卒業していますが、社会人になってから、大学への再入学や大学院進学を考えたことがあります。

実際に進学はしていませんし、いわゆる会社員とは違う形態で働いていますので、ご参考になるかどうかわかりませんが、私が思ったところをお話ししてみますね。

私が大学にまた行こうか、大学院に入ろうかと考えたのは、大きく2回あります。

一度目は、仕事の実績ではなく、出身学校のネームバリューで仕事の評価をする人がいたので、もう少しネームバリューのある大学に入り直そうかと思ったのです...続きを読む

Q47才の社会人なのですが、国公立大学医学部の受験を志しております。私学

47才の社会人なのですが、国公立大学医学部の受験を志しております。私学は学費的に不可能なのですが、万が一合格水準に達していたとしても年齢からして合格は頂けないのでしょうか?また私のような方はいらしゃるのでしょうか?何か情報をお知りの方がいらしたら宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

以前国立大学医学部で助手をしておりました。
その中で、会社を定年後入学された方がおられました。卒業時は65歳を超えておられましたが、医師になられました。こういう例はあります。
 しかしです。質問者も書かれておられますが、医師養成には多額の資金が必要です。国立大学の場合は国費、すなわち多額の税金が投入されます。47歳の方が入学され、55歳で卒後研修が終わったとして、後何年現役医師でいられるでしょうか。18歳の人なら26歳で卒後研修を終えられます。仮に65歳定年として10年、若い人なら約40年あるわけです。47歳の人が18歳の人の4倍の能力があるとは普通考えられませんので、同じ能力なら若い人を取るでしょうし、年齢で区別されても仕方ありません。だって、他の職業でも考えてみてください。55歳の新入社員を採用しますか?
47歳の社会人ならそのくらいの常識を持つべきだと私は思います。

Q35歳で今から大学に入り薬剤師の資格を取っても年齢的に求人はないでしょ

35歳で今から大学に入り薬剤師の資格を取っても年齢的に求人はないでしょうか?今の時代は資格があっても厳しいですが一般事務だと年齢制限があるので職に結びつきそうなものがあれば参考程度に教えて頂けるとありがたいです。

Aベストアンサー

薬科大学に入学し、在学中(4年終了時)に国家試験に合格すれば、
来年受験・合格したとして、40歳から就職可能です。
薬剤師は、全国的に不足しているので求人はあるはずです。
が、まず入試が競争率が高い、首尾よく合格したとして予習・復習
が必要で、アルバイト等はまず無理と考える必要があります。
それと、私立に入ると学費が高いので覚悟がいります。
親のスネかじりで入学した子で、入学して一安心してバイト等で遊
んでいる子は、まず間違いなく留年します。
以上の覚悟ができるなら、チャレンジしてみてください。
愚息の例からのアドバイスです。

Q30代社会人でセンター試験受けた方

30代以降の方で、センター試験を受けようと決心後、見事大学に合格された方、精一杯がんばったけど挫折された方の体験談をお聞きしたいです。そのときの勉強方法、独学、塾、予備校に通った、いくらくらいどれくらいの時間がかかったなども教えてください。
私も20年くらい前に受験しましたが、やっぱりまったく忘れてるものでしょうか?今からはじめるならオススメの選択教科なども教えていただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

30代ではないのですが・・参考まで。
25歳で受けました。24で仕事を辞め、自分の学力から考えて一年浪人某有名予備校に通いました。

●料金:年間授業料+春夏冬及び直前講習料=約100万
と交通費(学割が効きます)。もう少し安いところもあります。
●時間:9時ごろから15時ごろまで授業。その後自習室で夜までの丸1日(自習室は強制ではなく家だとやらないので・・)
●選択教科:大学によって決まってるので、自由が利くのは自分は社会だけでした。「現代社会」を選択しました。特に元社会人なら絶対これがおススメです。医系をねらってるなら理科3科目のところもあります。大体化学、物理と生物or地学でしょう。

一応第二希望ぐらいの国立大に受かりました。
自分は実家から通ったので完全に浪人生として勉強だけしてればよかったので助かりました。同年代で予備校の寮に入って通っている人もいました。試験のレベルは過去問を見てみるのがよいと思いますが、センターは受験生をふるいにかけるためカスタマイズされていてスピードも求められます。しかも絶対評価ではなく周りとの比較です。周りは対策を3年間続けて来ている人達です。仕事しながら少し独学してましたが予備校に入って甘かったことに気付きました。完全な独学はちょっときついと思います。

30代ではないのですが・・参考まで。
25歳で受けました。24で仕事を辞め、自分の学力から考えて一年浪人某有名予備校に通いました。

●料金:年間授業料+春夏冬及び直前講習料=約100万
と交通費(学割が効きます)。もう少し安いところもあります。
●時間:9時ごろから15時ごろまで授業。その後自習室で夜までの丸1日(自習室は強制ではなく家だとやらないので・・)
●選択教科:大学によって決まってるので、自由が利くのは自分は社会だけでした。「現代社会」を選択しました。特に元社会人...続きを読む

Q25歳以上で大学へ行ったひと

経験談を聞かせてください。




1、何の目標があって何学部にいったのか
また、その動機は ?
2、受験勉強の期間
3、就職はできましたか?

Aベストアンサー

経歴は自分のHNをクリックしていただけるとわかりますので、あとで読んでみてください。

私は24歳11ヶ月で明治大学法学部に社会人入学試験を受験して入学し、卒業しました。

1.本当は政治系学部に入学して、市議会議員or町議会議員になるためのステップにしようと思っていたのですが、明大だけは願書を取り寄せた時点で政経学部の願書提出〆切が終わっていたため、やむを得ず同じ社会科学系学部の法学部にしたというのが偽らざる理由です。しかし、他の大学も合格してみて、明治の学費の安さが際立っていたので(当時は新校舎が未建設だったのでかなり安かったが、新校舎建設を機に学費が上がったらしい)、それが決め手になりました。

2.受験期間は二年です。何気に浪人しました(笑)一年目は9月くらいから勉強を始め、2月に受験した為、ほとんど勉強らしい勉強をせず、受験に望んだ為、国士舘大学二部政経学部と早稲田大学政経学部を受験し、前者に何故か合格し、後者は当然落ちました(汗)ちなみにその当時の偏差値は20ちょいくらいでした(滝汗)。ゆえに「こんな状態で大学生になるのはおこがましい・・・」という思いがあったので、国士舘大学の入学は辞退して、浪人という道を選びました。そして、一年間の猛勉強の結果、翌年の春は十校くらい受けて、落ちたのが三校ぐらいでしたので、努力が実って晴れて大学生になることが出来ました。

3.就職は現在していますよ。ただ、普通の18~20歳くらいの年齢で入学した大学生のような就職活動は出来ませんよ(※年齢制限があるため、求人がないから)。ゆえに、とりあえず卒業後は法学部だったので、司法試験を受験すべく勉強しました。が、結婚適齢期になったため、今のかみさんに騒がれて断念し、足しげくハローワークに通って、現在の職場を見つけました。

個人的には「25歳以上で大学に入る」という行為はあなたが女性だったら勧めますが、あなたが男性なら絶対勧めません。理由はこんなことをいうと物議をかもし出すかもしれませんが、女性の場合は最悪結婚すれば、永久就職が出来ますが、男性の場合は日本ではまだまだ「専業主夫」は一般的ではないですからねぇ。

『学歴に劣等感がある』からという理由で男性が受験して、入学するには、ハイリスク・ハイリターンの素ですよ。私一個人としては、社会人入学試験は何も大学だけが行っているのではありません。専門学校でも看護学校でも行っています。今、私が25歳なら、間違いなく『医療系の学校』を受験して、手に職をつけるという狙いで受験しますね。医療系の以外の理系学部や文系学部では就職は困難だと思います。

もし受けるのなら、スキルアップして大学を卒業するというのが、もっとも理想的だと思いますので、帝京平成大学のヒューマンケア学部or健康メディカル学部を受験していると思います。医療系は一旦資格を取ってしまえば、その業界は就職が売り手市場なため、年齢制限に関係なく、就職が出来ますしね。

経歴は自分のHNをクリックしていただけるとわかりますので、あとで読んでみてください。

私は24歳11ヶ月で明治大学法学部に社会人入学試験を受験して入学し、卒業しました。

1.本当は政治系学部に入学して、市議会議員or町議会議員になるためのステップにしようと思っていたのですが、明大だけは願書を取り寄せた時点で政経学部の願書提出〆切が終わっていたため、やむを得ず同じ社会科学系学部の法学部にしたというのが偽らざる理由です。しかし、他の大学も合格してみて、明治の学費の安さが際立っていた...続きを読む

Q医学部再受験か学士編入か

はじめまして。現在私立獣医学科5年のものです。今年24です。
だいぶ自分の将来を悩んでいるので長文ですいません。良ければご返信をお願いいたします。

高校のときから医師になりたいと思い、国公立医学部をめざし浪人もしましたが成績が足りず結局受からず、今の学科で学んでいます。浪人時代は自分の能力と将来を毎日考えていたら偏頭痛を持ってしまうくらい将来をずっと考えていました。
入ってからは動物、飼い主にも申し訳のないように一生懸命勉強して、良い獣医になろうと思って勉強をしています。
今の計画としては来年から編入試験を受け、小動物の獣医師として働き始めて2年くらいまで挑戦して無理なら諦めようと思っています。経済的な理由から大学を卒業して働きながらの勉強になってしまうと思います。
高校~浪人時代は国立医学部を目指してましたので数学IIICまで学び、化学・物理はIIまで学んでいました。しかし生物はIすら履修せず今教科書や参考書を読んで勉強しています。
大学で生命科学や分子生物学、生化学、生理学などは履修したので生物をすっ飛ばして学んでしまい、そのため生物から勉強し直そうと思っています。
現役の時はセンター七科目で6割くらいしかとれず、自分のだめさに気づき浪人して8割をこえるほどまでいきました。しかし結局医学部は受からず、国立の別の学部の合格と、私立薬学部、今の大学の合格をいただきました。
医療に興味がある自分としては薬学部と相当迷いましたが、獣医学に進もうと思ったのは、実際に働いている医療系の方の話とかを聞くと、やはり医学部に行きたかった人がほかの医療系の仕事をしているとその分野しかできないのと、指示される悔しさがやはりでてくるみたいですね。
そんな葛藤を抱えるくらいならすべての治療をできる獣医師として指示できる方がいいかなと思いました。もちろん動物と人では診療対象が全く違いますが、動物は昔から大好きです。

しかし一年前くらいからずっと迷っていて、色々情報を探していると
いろんなところでいわれている、学士編入は本当に優秀な大学を卒業した優秀な方が考える方法であるというのにひっかかりました。自分は世間で言ったらそんなに優秀でもないと思いますし、大学の成績もそこまでいいとは思いません。医学部に入るのにその程度ではしょうがないと言われてしまえばそれでおしまいですが、この場合再受験をした方がいいのかなと思い始めました。

しかし今から再び7科目も勉強して、浪人時代にすらできなかった医学部突破という成績まで持っていけるのかという不安があります。しかも大分受験科目なんか忘れています。
しかし、浪人の時よりも危機感が強い分、もっとできる気もしています。
将来やりたいことはある程度決まっていますが、獣医大学に入ったときもそうでしたが大学に入って色々体験して変わることもあるので、入ってから再び色々考えればいいのかなとも思います。

ここまで読んでいただいてありがとうございます。
読んでいただいて、あなたは医学部に行くには再受験、編入試験どちらが良いと思われますか?アドバイスをお願いします。

はじめまして。現在私立獣医学科5年のものです。今年24です。
だいぶ自分の将来を悩んでいるので長文ですいません。良ければご返信をお願いいたします。

高校のときから医師になりたいと思い、国公立医学部をめざし浪人もしましたが成績が足りず結局受からず、今の学科で学んでいます。浪人時代は自分の能力と将来を毎日考えていたら偏頭痛を持ってしまうくらい将来をずっと考えていました。
入ってからは動物、飼い主にも申し訳のないように一生懸命勉強して、良い獣医になろうと思って勉強をしています。
今の...続きを読む

Aベストアンサー

医学部は、大変なところだとは、聞いています。工学部、理学部を卒業、中退して、医学部に進学して、医師になった人を

数名知っています。

再受験に挑戦してみてください。

畑正憲さんの、「ムツゴロウの青春記」のシリーズを読んでください。おとうさんが、医師国家試験に挑戦する、壮絶な姿が

わかります。最後は、「医師になりたい」という、気持ちが、道をひらくようです。

受験にはいったら、予備校にいってください。理科は、物理、化学で受験するでしょう。生物で受験しても、満点をめざしてくだ

さい。

NHK高校講座:http://www.nhk.or.jp/kokokoza/

2010年度放送分:http://www.nhk.or.jp/kokokoza/library/index_2010.html

30分×40回=20時間で、一年分の授業を視聴することができます。

教科書:http://www.nhk.or.jp/kokokoza/about.html

教科書、ガイド、図解、参考書、問題集、三省堂小事典(物理、化学、生物)、地学は、東日本大震災がありました。

理科教育のなかで、地学を軽視した、国の教育政策にも、問題があります。受験科目になくても、高校講座の地学を

視聴してみてください。社会科も、日本史、世界史、地理は、テレビ放送番組です。動画を再生して、視聴してください。

現代社会、倫理は、哲学、世界観、人生観を、鍛えてくれるでしょう。家庭総合も、人生設計を考えさせてくれます。

英検を受験する機会があれば、準一級くらい取得してください。英検一級を持っていると、大学の教養科目の英語8単位に

換算してくれる大学もあります。もちろん、センター試験の英語は、満点です。

精神的には、受験生、浪人生よりも、大人です。経験が豊かな利点を、勉強に生かしてください。

人生は、長いようで、大変短いです。「青春とは、浪費と動揺」と言った、哲学者を思い出します。また、「未来という、時間を

持っている」、「一番ぜいたくな人々」です。何にばけるか、わからない可能性ですね。30歳をすぎて、職業を変えられなくなる

と、もう、その場所で、頑張るしかありません。定年は、すぐですよ。あっという間です。

大いにお励みください。

医学部は、大変なところだとは、聞いています。工学部、理学部を卒業、中退して、医学部に進学して、医師になった人を

数名知っています。

再受験に挑戦してみてください。

畑正憲さんの、「ムツゴロウの青春記」のシリーズを読んでください。おとうさんが、医師国家試験に挑戦する、壮絶な姿が

わかります。最後は、「医師になりたい」という、気持ちが、道をひらくようです。

受験にはいったら、予備校にいってください。理科は、物理、化学で受験するでしょう。生物で受験しても、満点をめざしてくだ

さ...続きを読む


人気Q&Aランキング