位置情報で子どもの居場所をお知らせ

沈殿の熟成ってどうやって起きるんですか?
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

熟成の機構は.エネルギー保存の法則(名称疑問)そのものです。


すべての化学反応はエネルギーが小さくなるようにおこります。表面積が大きいと.エネルギーは大きく.表面席が小さい胃ほどエネルギーが小さくなりますので(表面エネルギーを計算してみてください).結晶が大きいほど安定しますが.結晶が極端に大きいと.乱雑さが激しくなる方向へ化学反応が進みますので.結晶が小さくなります。
この両者が平衡した状態になることが.沈殿の塾生です。

沈殿表面の化学反応については.沈殿の種類で大きく変化しますので.省略します。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qキレート滴定について。

度々失礼します。

キレート滴定の実験で、溶液のpHを緩衝溶液で特定のpH範囲に調整しなければならないのはどうしてでしょうか?
どなたか解る方教えてください。

Aベストアンサー

理由1:金属イオンとキレートが結合する強さ(安定度定数)は、pHによって変化する。
 pHが低いほど結合は弱くなるので、できれば高pH域でやりたい。
理由2:しかし、金属イオンはpHが高くなると水酸化物の沈殿になり、キレート滴定できない。
 水酸化物が出来ないpH領域でなければならない。
理由3:キレート剤は酸であり、金属イオンと結合する際、水素イオンを放出すし、溶液のpHを変化させる可能性がある。
 このため、溶液にpH緩衝性を持たせている。

参考:少し前の質問
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=857044

Qジアンミン銀(I)イオンの反応

塩化銀にアンモニア水を加えるとジアンミン銀(I)イオンと塩化物イオンが生じます。その後に白色沈殿が出来るまで硝酸を加えます。
そのときの反応式はどういったものになるんですか?
詳しく教えてください。

Aベストアンサー

AgClは白色の沈殿で難溶塩の一つです。これに過剰のNH3を加えると、
AgCl + 2NH3 → [Ag(NH3)2]^+ + Cl^- の錯体生成反応が進んで
沈殿は溶解します。ここに強酸であるHNO3を加えていくと塩基である
NH3と中和が進むため、錯イオンが壊れてAg^+は再びCl^-と
結びついてAgClの白色沈殿を作ります。
[Ag(NH3)2]^+ + Cl^- + 2HNO3 → AgCl↓+ 2NH4^+ + 2NO3^-

Q分析化学、早めにおねがいします!!

分析化学の重量分析についての質問です。今重量分析の「セメント中無水硫酸の定量」という実験をしているのですがわからないところがあるので教えてください。まず、ポルトランドセメントと水、塩酸を混ぜます。よく混ぜたあと50mlになるように温水を加え、10分間加熱します。そのあと5種Bの、ろ紙でろ過して数回温水で洗浄する。そのあとろ液に水を加えて200mlとして加熱し、塩化バリウム溶液(10%)10mlを一滴ずつ加熱試料溶液中に混ぜる、という実験です。そこで質問です。
(1)なぜ温水で洗浄するのか。
(2)なぜ塩化バリウムのような酸を使うのか。
(3)5種Bの、ろ紙とはどんなものか。
(4)塩化バリウムを一滴ずつ加えていく理由は?
この四点です。本などで調べたのですがどうもうまい答えが見つかりませんでした。どれかひとつだけでもおわかりになるかたがいらっしゃったら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
1は、硫酸カルシウムは水に難溶性で有名ですが全く溶けないわけじゃないです。そして42度で最大の溶解度となり、水100gに0.21g溶けるそうです。
2.塩化バリウムを使う理由ですが、水溶性バリウム塩だからです。
硫酸バリウムは非常に水に溶けにくく、水100gに0.23mgしかとけないので、硫酸カルシウム水溶液中の硫酸イオンの検出にも使えます。

3.濾紙の5種Bは東洋濾紙の製品では一般定量用です。

4.この滴定法は、新しく白い沈殿が生じない点を終点とします。
終点の確認に指示薬を使わないで済む方法ですが、検出したい沈殿が沢山できるような場合は使えません。

以上、参考になりますでしょうか?

Q硬度測定

先日、大学実験で硬度測定をしました。実験をしていて疑問に思ったのですが、この硬度測定というのは、工業的にはどのような意味をもつのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

硬度の意味はご存じですか。言葉の由来は hard to wash water(洗濯しずらい水)がなまって硬水となったそうです。昔の石鹸は、水中のカルシュウムやマグネシュウムの含有量が多いと、石鹸の有効成分と塩を形成し泡立ちがしなくなります。今は洗剤のソフト化(硬水でも使用できる成分に変更)により影響は無いようです。
硬水の反対は軟水で、日本国内の河川水や地下水はほとんど軟水(温泉を除く)、ヨーロッパ(だけには限りませんが、外国ではあっちこっちで)では硬水が多いようです。
水を製造の過程で利用する企業にとって硬度は重要な要素であり、食品関係では味を左右しますし、ボイラーでは硬度が高い水は使えません。水道法の水質基準では300mg/lとなっています。硬度の高い水は下痢をしやすいようです。

Q第一次標準物質

過マンガン酸カリウム、チオ硫酸ナトリウムが第一次標準物質として使われない理由ってなんですか?

Aベストアンサー

一次標準物質として用いる試薬は乾燥した上で秤量がきちんと出来ることが一つの条件となります。
チオ硫酸ナトリウムは熱に不安定で乾燥することが難しく、標準物質としては使えません。標準物質として使う試薬は、無水××のような化合物が用いられ、酸化剤としてよく使う標準物質は沃素酸カリウム(無水)還元剤はシュウ酸ナトリウム(無水)です。チオ硫酸は通常2H2Oの結晶水を含んだ状態が安定で、無水塩は流通していません。
一方、過マンガン酸カリウムは結晶水は付いていませんが、水に溶けにくいのが欠点です。試薬の純度(?)の関係か、非常に小さい粒径の二酸化マンガン(私の想像ですが)が調整時にできるため、標準物質としてはあまり向いていません。
過マンガン酸カリウムは酸化還元滴定の標準液として使いますが、1-2時間加熱し溶解させた後、ガラス濾過器で濾過して使用します。

Q洗浄について

実験器具を洗浄するときに、大量の液で洗浄するよりも少量の液で洗浄したほうがいいと聞いたのですが、なぜなのでしょうか?教えてください!お願いします。

Aベストアンサー

>例えば、同じ洗剤の量で洗浄する場合、1度にたくさんの水(イオン交換水や蒸留水など)を使用するのと少量の水で何回も洗浄するのとどちらが効率がよいのでしょうか。

一般的に少量の水で何回も洗浄する方が効率は良いと思います。

10リットルの水で洗濯のすすぎをすることを考えたとき
(洗濯機の容量は10リットル以上あると仮定しています。)
1)5リットルの水ですすいでから、その水を捨てないで、きれいな水をさらに5リットル追加して、合計10リットルの水ですすいだ。
2)5リットルの水ですすいでから、一旦その水を捨てて、系外に1回目のすすぎで溶けだした洗剤を捨ててから、さらに5リットルの水を入れてすすいだ。

上記、1)と2)、どちらの効率がよいですか?
私は、2)の方がよいと思います。
1)では後から追加するきれいな水の中に1回目にすすいだ洗剤が溶け込んでしまいます。

おわかりだと思いますが、1)の方式は2回洗浄しているように記述していますが、実は、はじめに10リットルの水を1度に入れた例を表しています。

この考察から一般的に少量の水で何回も洗浄する方が効率は良いと私は思います。

>例えば、同じ洗剤の量で洗浄する場合、1度にたくさんの水(イオン交換水や蒸留水など)を使用するのと少量の水で何回も洗浄するのとどちらが効率がよいのでしょうか。

一般的に少量の水で何回も洗浄する方が効率は良いと思います。

10リットルの水で洗濯のすすぎをすることを考えたとき
(洗濯機の容量は10リットル以上あると仮定しています。)
1)5リットルの水ですすいでから、その水を捨てないで、きれいな水をさらに5リットル追加して、合計10リットルの水ですすいだ。
2)5リットルの水ですすいで...続きを読む

Q1滴は何mLですか?

常温常圧での水の1滴は何mLですか?教えてください。辞典などで調べても見つからなくて、困ってます。

Aベストアンサー

こんばんは
0.04ml位です。
滴定時にビューレットから落ちる一滴の容量です。

Qアゾ染料による染色で

毛と綿とナイロンを染めたら毛と綿は良く染まりましたがナイロンはほとんど染まりませんでした。
綿は文献によるとあまり染まらないと書いてありました。なぜ染まったのですか?わかる方いましたら教えてください(>_<)

Aベストアンサー

アゾ染料とは、化学構造にアゾ基(-N=N-)をもつものを言います。このアゾ基を持つ染料は部属で分類すると、【酸性染料】と【塩基性染料】があります。

・毛と綿が染色○
・ナイロン染色× とのことなので、

アゾ染料の中の【塩基性染料】で染色されたのではないでしょうか?

また、【塩基性染料】は、参考HPによると、「セルロース系繊維には直接染着力がなく,酸性物質で媒染してから染色する必要がある」とのことなので、繊維を精練せずに用いられたということはなかったでしょうか?

生地を染める場合、よりよい状態で染色できるようにするのが精練の工程。この工程を省くと思わぬ染色結果になることがありました。

参考URL:http://www2d.biglobe.ne.jp/~chem_env/color/dye.html

Q吸光度の単位

吸光度の単位は何でしょうか!?
一般的には単位はつけていないように思われるのですが。。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

物理的には、No.1さんも書かれているように吸光度も透過度も基本的に同じ単位系の物理量どうしの「比」なので「無単位」です。しかし、無名数では他の物理量、特に透過度と区別が付かないので、透過度は"透過率"として「%」を付けて表し、"吸光度"は「Abs(アブス)」を付けて呼ぶのが業界(分析機器工業会?)のならわしです。

Q波長と共役について

いろいろ調べていて、『一般に共役系が増えるほど吸収が長波長に・・・』と書いてあるのを良く見かけるのですが、それはなぜでしょうか。
またそれは蛍光でも同じことがいえますか。

Aベストアンサー

光の吸収は、分子軌道のうち、電子がつまったもの(被占軌道)から、電子の入っていないもの(非占軌道)へ、光を吸った電子がたたき上げられる過程で起こります。
軌道のエネルギー差が吸収される光のエネルギーに相当しますから(ほんとはイコールではないけど)、被占軌道と非占軌道のエネルギーが近いほど、吸収される光のエネルギーは小さくなり、波長は伸びます。

さて、一番重要な光の吸収過程は、分子の最も高い被占軌道HOMOから、最も低い非占軌道LUMOへの遷移、HOMO-LUMO遷移です。当然、これが最も長波長の光を吸収します。

さて、共役系分子では、HOMOもLUMOも、パイ軌道になっています。そして、共役系が広がるほど、HOMOは上昇し、LUMOは低下していきます。これがなぜなの?ということを疑問に思われているのかもしれませんが、初等的な量子化学(あるいは振動論でも良いが)を習っていないと、うまい説明がおもいつかないので・・・ご存じでしたら良いですが、まだ習っていないのなら、そういうものなんだ、とでも思ってください。とにかく、電子が自由に動ける空間が広がるほど、HOMOとLUMOは接近していきます。

この極限ともいえるのが、グラファイトです。共役系がほぼ無限となった結果、HOMOとLUMOのギャップは消失し、電子が自由に運動できるようになるため、結果としてグラファイトは電気を流す導体となります。閑話休題。

蛍光も、吸収波長の逆を見ていることになりますから(これもほんとは違うが、ここではおいておきましょう)、吸収と同様、共役が伸びるほど、蛍光波長は長波長となっていきます。

ただし、蛍光のおもしろいところは、吸収が長波長になくとも、長波長の蛍光を出す分子がいろいろあるところです。
なんで?と思われるでしょうが、これはちょっと高等な話になりますから、もう少し進んでから勉強されるとおもしろいかもしれません。

光の吸収は、分子軌道のうち、電子がつまったもの(被占軌道)から、電子の入っていないもの(非占軌道)へ、光を吸った電子がたたき上げられる過程で起こります。
軌道のエネルギー差が吸収される光のエネルギーに相当しますから(ほんとはイコールではないけど)、被占軌道と非占軌道のエネルギーが近いほど、吸収される光のエネルギーは小さくなり、波長は伸びます。

さて、一番重要な光の吸収過程は、分子の最も高い被占軌道HOMOから、最も低い非占軌道LUMOへの遷移、HOMO-LUMO遷移です。当然、これが最も...続きを読む


人気Q&Aランキング