ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

(戦前の石油) 輸入方法は?

戦前の日本は石油の8割をアメリカから輸入していたそうです。この「輸入」の意味について質問します。
アメリカ本土からタンカーで直接輸入していたという意味ですか。それともインドネシア辺りの油田をオランダやアメリカが支配していて、ここの石油をアメリカの企業から買い取って日本へ運んでいたという意味ですか。
薄々、後者であろうと見当はつくものの隔靴掻痒でいけません。識者の断が欲しいです。詳細はなくても信用できると認められる文章になっていれば結構です。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

陸軍燃料廠?太平洋戦争を支えた石油技術者たちの戦い (光人社NF文庫) [文庫]石井 正紀 (著)


によると、
ボイラー用燃料をアメリカ・カリフォルニア産の原油に依存しているという状況に対する危惧
についての記述があり実際に運んで来ていたようです。
日本だけが特別異常だったのではなく、昭和15年当時は世界の石油産出量の62.6%がアメリカ産
対してインドネシアはまだ3.2%に過ぎなかったようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

資料のご紹介があることでもありますし、これで十分という気分です。勝手な推測をしているより、確信のもてないことは訊くに限ると改めて思いました。
回答の準備をされている方があってはいけないので、明朝6時までは締め切らずにおきます。6時の時点で、これと大きく矛盾する回答が寄せられていない限り、締め切ろうと思います。
陸軍燃料廠、『太平洋戦争を支えた石油技術者たちの戦い』は身近な所で読めることが判りました(手にはしますが読むとまでは約束しません。ご勘弁を。)。
早々のご回答、有り難うございました。

お礼日時:2010/06/11 23:32

記憶モードで失礼します。


当時の産油量は6割がアメリカ、確か2割前後がソ連(バクー)です。
主な輸入先はカリフォルニア(テキサス産が主)で、ソ連産もありますがこれはソ連側の供給能力に限界があります。
(なにしろシベリア鉄道で何千キロも運ばないといけないので)
大慶油田は粘度が高く水石が多いと言う世界で最も性質の悪い油田で、おそらく当時の石油メジャーでも生産困難だったでしょう。

なお蘭印の油田は基本的にオランダ資本で、オランダからの石油輸入交渉は行っていたものの、ドイツとの同盟発表により相手から断られています。
あとサウジアラビアでの油田開発に参入しようともしましたが、これはアメリカ資本に競り負けています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうやらアメリカ本土から輸入していたとの知識は常識の部類のように思えてきました。
これもどうやらインドネシアはオランダ一国の縄張りだったらしいと思うことにします。
お蔭様で戦前の石油事情が益々正確になりました。
(教えてgooのトップページに飛んでしまって、お礼が書けないときがあります。お気づきがどうか。お礼が遅れて済みません。)
有り難うございました。正午前に覗いて、NO.5がなければ締め切る予定でいます。8:01記。

お礼日時:2010/06/13 08:03

http://www.geocities.co.jp/Technopolis/5215/oil. …
まとめている人がいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

基礎データのご紹介を有り難うございます。
今回の質問はNO.1~NO.3が一組になって回答が完成したものと考えます。

回答の準備をされている方があってはいけないので、早くても21時までは締め切らずにおきます。17:50 記。

お礼日時:2010/06/12 17:53

海軍には、給油艦という艦種がありました。

大砲つんだタンカーです。蘆溝橋事件以降、石油需要は増える一方だったので、民間のタンカーも海軍給油艦も、アメリカに通いました。
ただ、アメリカを刺激しないよう、給油艦は大砲おろして任務に当たっていました。
ちょっと脱線しますが、戦艦長門に乗せてもらって感動したお金持ちが、燃料を1年分寄付しましょうと言ったことがあります。が、10日分で家屋敷がなくなりますよ、と海軍から言われてしまっています。戦艦は動いていなくても、一日50トンの重油が必要なのです。

もどして。
一応軍艦でもある給油艦がアメリカに入港しても、特に抗議とかはなかったそうです。警備のお巡りさんがタラップ下に一人いるだけで、出入りも自由でした。アメリカではシンガーのミシンが内地より安く買えたので、みな買っていたそうです。船の使っていない場所に積みますが、黙認でした。この任務についた人の多くがハリウッド見学をしていますが、ターザン映画のワニをスタジオが一日百数十ドルで飼育しているときかされ、

アメリカのワニの方が金持ちだ(´・ω・`)

と思ったそうです。この給油艦任務は手当てがたくさんつき、ミシンなども買えるので、実態は下士官・兵の成績優秀者へのボーナスの意味もありました。

8割以外の供給源は、実はソ連です。ただ、これも昭和16年6月に独ソ戦がはじまると途絶えます。日本はこの間、満州国で油がでないかと満鉄が努力していましたが、今の中国東北部大慶油田のある場所の地質調査をミスしてしまい、地図に「微油地」と書いてしまいました。
戦争末期に、ソ連へ燃料使うので日本ではもはや戦力にならない大型艦を輸出し、ガソリンと航空機をバーターで輸入しようとしている部署が、海軍にはありました。

石油、ミシン、ワニまでこんな状態だったのに、アメリカに戦争しかけたわけです。日本が戦時中に使用した最良のガソリンは、シンガポールのタンクに英国が残していった物でした。重要任務につく航空機に使ったそうです。

有名な零戦の取扱説明書にはエンジンオイルに、テキサコ・エアプレーン、と銘柄指定してあります。しかも、夏、冬、酷寒に応じて、テキサコ・エアプレーンNo.120~80と細かく指定しています。同様に発電機潤滑油は夏はモービルB、冬はモービルBBと書いてあります。テキサコもモービルも、いうまでもなくアメリカの石油会社です。
これを読んだときは、なんか虚しくなりました。

参考程度に、ご笑納ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アメリカ本土から輸入していたのが分かりました。
石油がなければ戦争ができない。然らば戦争によって石油を獲よう。この理屈は分かったような分からないような、正論のような正論でないような、論理が破綻しているようなしていないような、愚者の手には負えません。

それにしても相手が何処の国であれ東南アジアから輸入していたならまだしも、アメリカ本土から輸入していて尚且つ戦争を始めてしまう心理は理解できません。勝敗を度外視して誰かが欧米に挑まない限りアジアの開放は有り得ない、こういう理屈の上での戦争だったとすると私には分かり易いのですが。

石油の輸入に纏わる零れ話を紹介いただき、ありがとうございました。

お礼日時:2010/06/12 17:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q第二次世界大戦時の石油について

日本は石油などの輸入を全面禁止され太平洋戦争に突入した、ということですが、当時ドイツやイタリアも輸入制限されていたのでしょうか?輸入できていたのなら、どこからのルートでしょうか?もしくは自国で産油できたのでしょうか?

Aベストアンサー

簡単に説明いたします。
【プロエシュティ油田】
第一次世界大戦後、ドイツの復興とヒットラーの新たなる戦争、ヨーロッパ征服に必要な石油は、
ルーマニアのプロエシュティ油田でした。
当時のドイツは国内の消費量の60%はソ連とルーマニアからの輸入でした。
石油確保の生命線のプロエシュティ油田をソ連側に失われることをおそれていたヒトラーは、
ルーマニアと経済協定をむすび、軍事使節団という名目でドイツ軍を派遣し、
ルーマニア領土の安全保障に責任を負うこと、
兵器、軍用プラントを提供することを決めました。
さらにソ連がルーマニアを攻撃しないようにと先にイギリスを叩き、
形勢を有利にした後、イギリスと講和を結び、その後、
ソ連を叩こうという戦略を練りました。
それほどこの油田はヒットラーにとっては、重要な油田でした。
【コーカサスの石油】
アジアとヨーロッパの境とされたカフカス山脈を中心とする地域、
コーカサスの油田地域もヒットラーの対ソ戦略の重要な油田でした。


詳しくは「ヒットラーの奇襲」
檜山良治 講談社をお読みください。

【イタリアと石油】
1926年、それまで国内での石油探鉱開発にあまり興味を示さなかったイタリアは、
必要に迫られ国営石油会社AGIPを設立しました。
ルーマニア、アルバニア、ソマリアで探鉱活動を続けながら僅かな石油を確保していました。
その後、経済危機から国民の目をそらせるために
ムッソリーニは1935年10月にはエチオピア侵入を開始した。
当時の国際連盟(国際連合の前身)は経済制裁を決議しましたが、
「禁輸は、イタリアに対する戦争を意味する」と戦争勃発を警告したため、
国際連盟(当時)は経済制裁を遂に発動できませんでした。
ただしエチオピアの侵入に対してソ連のみは石油を供給し続けました。
価格は2倍の相場のようでした。
しかし1940年になると石油が不足し、ドイツに援助を
申し入れることになりました。 

【米国と石油】
全く本題と関係がありませんが、
米国のイラク攻撃は、国際政治では石油を確保し、
中東の地域において、
確固たる地位を築くブッシュの戦略といわれていますね。
今も昔も、石油の確保が世界の制覇につながる戦略です。

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/masa/private/history/ww2/country/romania.html

簡単に説明いたします。
【プロエシュティ油田】
第一次世界大戦後、ドイツの復興とヒットラーの新たなる戦争、ヨーロッパ征服に必要な石油は、
ルーマニアのプロエシュティ油田でした。
当時のドイツは国内の消費量の60%はソ連とルーマニアからの輸入でした。
石油確保の生命線のプロエシュティ油田をソ連側に失われることをおそれていたヒトラーは、
ルーマニアと経済協定をむすび、軍事使節団という名目でドイツ軍を派遣し、
ルーマニア領土の安全保障に責任を負うこと、
兵器、軍用プラントを提供す...続きを読む

Q日本のミサイル防衛にTHAADが無いのは何故?

【ワシントン共同】米陸軍当局者は26日、米領グアムに配備した高性能の地上発射型迎撃システム「高高度防衛ミサイル」(THAAD)が完全な稼働状態に入ったことを明らかにした。との報道です。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130427/amr13042709290001-n1.htm
一方日本の場合イージス艦から発射するミサイルとPAC3でTHAADはありません。
日本の場合THAADは無くても良いのですか?


 

Aベストアンサー

>日本の場合THAADは無くても良いのですか?

はい、必要ありません。

THAAD (Terminal High Altitude Area Defense) Missile は射程 200km、射高 40km~150km の地上発射型迎撃 Missile で、High Altitude Area Defense (高高度域防御) の部分だけを見て ICBM (Inter-Continental Ballistic Missile:大陸間弾道弾) をその頂点付近の宇宙空間で迎撃するかのように誤解されがちですが、Terminal (末端の/終末の) のいう言葉が示すように、目標に向かって高度を下げて大気圏 (成層圏よりも上の 40km~150km にある化学圏) に突入してきた最終段階での弾道弾を撃墜する Missile です。

一方、日本が Aegis 艦に搭載している SM3 (Standard Missile 3) 161B Block IA は射程 400km、射高 250km で、先端部が Kinetic 弾頭と呼ばれる高機動弾頭になっているように、空気のない大気圏外での超高速運動能力を持たせたものとなっていて、THAAD よりも高性能な Missile になっています。

http://www.youtube.com/watch?v=Clny6teU5ik&feature=youtu.be

最初に海上自衛隊に配備された「こんごう」の SM3 161B Block IA は高度 160km を飛行する模擬弾道弾の直撃撃墜に成功していますし、現在は日米共同開発になる Block IIA の地上試験を終えて来年に飛行試験、2018 年には現在の Block IA を Block IIA に置き換える予定になっています。

http://www.youtube.com/watch?v=A6CIu9fRk3k

地上発射型で射程が 200km しかない THAAD では幅数百km 長さ 2000km 余りの日本列島に数十基の発射機を配置しなければならず、何時 Terrorism だの過激な反対運動の前に壊されるか判ったものではないのに比べ、SM3 は部外者など近付けない Aegis 艦の中にありますし、相手国の Missle 発射機から 400km 以内の海域に派遣すれば 1 隻で事足ります。

相手国が日本に向けて発射する Missile の Course は決まっていますので、日本列島近海に配置する Aegis 艦の数も数隻あればよく、既に海上自衛隊は上記「こんごう」型 Aegis DDG (Missile 護衛艦) を 4 隻、次級の「あたご」型 Aegis DDG を 3 隻運用していますので、2~3 隻が定期整備中であっても常時 4~5 隻は緊急配備に就くことができるようになっています。

>日本の場合THAADは無くても良いのですか?

はい、必要ありません。

THAAD (Terminal High Altitude Area Defense) Missile は射程 200km、射高 40km~150km の地上発射型迎撃 Missile で、High Altitude Area Defense (高高度域防御) の部分だけを見て ICBM (Inter-Continental Ballistic Missile:大陸間弾道弾) をその頂点付近の宇宙空間で迎撃するかのように誤解されがちですが、Terminal (末端の/終末の) のいう言葉が示すように、目標に向かって高度を下げて大気圏 (成層圏よりも上の 40km~150km ...続きを読む

Q太平洋戦争はロスチャイルドとロックフェラーの喧嘩だった?

ハルノートには条件を受け入れなければ日本に石油は売らないと書いてあったそうですが、石油会社(ロックフェラー)からすると大損失ではないでしょうか?
またロックフェラーは関東大震災の時に日本に巨額の融資をしていたそうですが、戦争でボコボコ叩いたら不良債権になってしまうのではないでしょうか?

そう考えると、あの戦争はロックフェラー叩きな一面が大きいように思えてきました。

一方、イギリスはアメリカ参戦で救われています。
良く言われるようにアメリカにはロスチャイルド勢力とロックフェラー勢力があるような気がします。

太平洋戦争は、日本がロックフェラー勢力と上手くタッグを組めばいくらでも回避できたのにトウジョウ氏が何も知らない上に情報に関心が低くて最悪の事態にまで至ってしまった・・・

こういう見方はありなんでしょうか?
詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

日本は負けるとわかっていながら、何故、米と戦ったのか?
その前提としてロスチャイルドは何を狙っていたのか? この頃には第一次大戦で大儲けしたロックフェラーが、ロスチャイルドを凌ぐほどの勢力にのし上がって来ていた。

太平洋戦争直前の勢力図は、ロスチャイルドが日本・中国を支配下に収め、ロシアもその勢力圏にあった。一方、ロックフェラー(米)は、アジアではフィリピンを拠点にしていたに止まる。こういう状況で、第二次世界大戦が始まる。

第二次大戦はどこが仕掛けたのか?
ロスチャイルドにとってのメリットはなく、欧州全域が戦場になることで失うものの方が大きい。∴ロックフェラーが仕掛けたと考えるべきであろう。実際、第一次大戦では欧州が戦場と化したことでロスチャイルドは疲弊し、戦場にならなかった米が一人勝ちして、ロックフェラーがのし上がっていった。第二次大戦はロックフェラーにとって「二匹目のドジョウ」である。実際、第二次大戦の引き金となったナチス独はロックフェラーが支援していた。

それに対して、ロスチャイルドは英仏で対抗しようとしたが、予想外にナチス独が強く、ロスチャイルドは苦境に陥った。そこでロスチャイルドが考えたのが、ロシア・中国の縄張りの防衛と、日米開戦によって米を戦争に引きずり込み、米(ロックフェラー)の力を削ぐことであった。

ロスチャイルドの指令によって、旧日本陸軍は北進論から南進論に転換。関東軍の過半が南方に移動した。ここでも、日露戦争の時と同様、ロスチャイルドは「資金援助する」とか何とか言って、日本をそそのかしたor「絶対勝てる」とお墨付きを与えたに違いない。太平洋戦争も日露戦争と同様、ロスチャイルドに乗せられたと考えるべきだろう。

一方、米(ロックフェラー)は第二次大戦当初は、参戦に消極的だった。この段階ではロスチャイルドの番頭格であったロックフェラーは、ロスチャイルドと全面的に事を構えるのは危険だと考え、あくまで第一次大戦の時と同様、欧州を戦場化して儲けるという目論見だったからである。ところが、開戦当初のナチス独の快進撃を見て判断を転じる。日本との関係でも、1939年以前は米(ロックフェラー)は日米開戦を避けようとしていた。そのために日本の海軍を通じて「米と戦えば必ず負ける」という情報をリークしていたのであるが、1940年前後から開戦へと判断を転じる。ナチス独の快進撃でロスチャイルドが身動きできなくなっているのを見て、日本と開戦することで、日本を支配下に組み込むと共にあわよくば中国にも一気に勢力を拡大するという方向に戦略転換したのである。

このように、日米開戦までの流れは、陸軍がロスチャイルドに乗せられていただけではなく、海軍の真珠湾攻撃も米ロックフェラーに乗せられたものと考えれば整合する。こう考えると、明治維新以降、日本の支配階級は、長州・陸軍はロスチャイルド、薩摩・海軍はロックフェラーに踊らされてきただけという姿が浮かんでくる。

とりわけヤバイのは、敵国である米の指令に基づいて戦争に踏み切った海軍である。真珠湾攻撃を指揮したのは米留学組の山本五十六だが、彼の戦術には信じられないほど稚拙なものが目立ち、負けるつもりでやっていたのではないかと見る識者も多い。

http://kabukachan.exblog.jp/22404117

日本は負けるとわかっていながら、何故、米と戦ったのか?
その前提としてロスチャイルドは何を狙っていたのか? この頃には第一次大戦で大儲けしたロックフェラーが、ロスチャイルドを凌ぐほどの勢力にのし上がって来ていた。

太平洋戦争直前の勢力図は、ロスチャイルドが日本・中国を支配下に収め、ロシアもその勢力圏にあった。一方、ロックフェラー(米)は、アジアではフィリピンを拠点にしていたに止まる。こういう状況で、第二次世界大戦が始まる。

第二次大戦はどこが仕掛けたのか?
ロスチャイルドにと...続きを読む

Q江戸幕府が財政難な理由

天下をとった徳川がいつも財政難なのは何故でしょう?
金や米が必要ならいくらでも税金をかけられるし通貨も発行できるのに災害や飢饉でもないのに財政難になる理由がわかりません。
単に乱費でしょうか?

天下を取り損なった信長や徳川家より所領が少ない秀吉はこの財政難の幕府よりもっと財政難だったのでしょうか?

Aベストアンサー

No.10です
わざわざお礼を記入して頂きありがとうございます。
お礼の中に二三ご質問と言いますが疑問点がおありのようでしたので追加の説明をさせて頂きます。

>幕府は何故米価格をコントロールしなかったのでしょうか?
正面から制度としてやったことはありませんが、現在の日銀の為替介入のような形で、市場からの買い上げを何度かやってはいました。
どの程度の規模買い上げたら効果があるのか、等と言う近代経済理論に基づいたものではなくエイヤッと見繕いでした。
結果として左程の効果はありませんでした。
幕閣のアリバイ工作にはなったでしょう。
一方江戸時代の中頃1730年前後から大阪で米の先物取引が始まっていました。
現在世界中で行われている商品先物取引は大阪が発祥の地です。
つまり現物取引と先物取引が現在と同様に混在して市中価格が決まっていました。
ただでさえ経済に疎い幕閣には到底理解ができなかったようです。
この程度の経済知識のレベルでの判断でやる市場介入ですから効果を期待する方が無茶でしょう。

ではなぜ制度的にやらなかったのか、という点については、いろいろ議論はあります。
幕府という組織はあくまでも軍事組織で、勘定方も戦費調達係のような位置づけではじまりました。
市場は全くの自由経済市場でした。
おそらく、室町時代からあった座という独占経済体制を織豊時代に破壊して楽市楽座という自由経済体制に移行させていた考え方がそのまま継承されて放置されてしまったためかと思います。
関ヶ原の戦も終わり100年程経ったころには、経済力は完全に町人の手に移ってしまっていました。
いわゆる元禄時代の到来です。
政治体制は戦国時代のままで、肝心の武家自身の日常生活は貨幣経済に飲み込まれていました。
この状態で、幕府による米の専売制度化は不可能に近い状態になっていました。
そもそも元禄時代直後の享保の改革などいう経済政策を行わなければならなくなったのは、家康時代にセッセと蓄えた資産を食いつぶしてしまった結果でした。
ロクに財源もないのに専売制は到底やれるものではありませんでした。

>インフレが起こっても米を売って現金に変える幕府には米価と他の商品との価格の比率が変わらなければ問題ないと思うのですが何か間違っていますでしょうか?
需要と供給の関係です。
一つは、大名連中は収入=米を増やすためにセッセと領内の新田開発を進めました。
年貢といいますのは、あくまでも村単位で課税されるもので現在の所得税にように個人単位のものではありませんでした。
村の中で誰が納めるのか、ということになり、当然大地主の裕福な農家が納めることになりました。
つまり一定規模以下の農家は無税でした。
この年貢を負担した農家を本百姓、無税の農家を水呑百姓と呼びました。水呑は正式な身分呼称として扱われた名称です。
大地主は租税負担を軽減するために実際に農作業に従事していた人達に田畑を小分けして割譲しました。
他人の田んぼと自分の田んぼでは労働意欲が違いますから自然に村全体の収穫量は増大していきました。
田畑の割譲は「たわけ!」と悪口に使われるほど武家は嫌って禁止もしましたが収まりませんでした。
禁止令がでていますが、それ以降の日付の割譲契約や売買契約の書状が沢山残っています
ということで米の供給量は年々増えていきました。
武家が米を現金に換えるのは大阪か江戸でした。
つまり、この二大都市では米は必然的に潤沢にありましたから米の相場価格は下がり続けました。
年ごとの作況による上下は当然ありました。
一方、衣住のほうは平和な時代ですからいくらでも需要がありました。
食も米以外の食材への需要もいくらでもありました。食材も贅沢になっていきました。
そもそも倹約令なるものが度々だされるのは、年々贅沢になっていき倹約令そのものに効果がなかった結果です。
インフレになれば即値上がりしました。
つまりインフレ効果は米価には影響が極めて少なかったとお考えください。
武家の収入は米だけですから、たちまち貧乏になってしまいます。

>何故大名は国元だとお金を使わないのでしょう?
まったく使わないのではなく江戸にいるよりも使わなくて済んだということです。
戦が無い時代の大名というのは、冠婚葬祭、節句行事などが最重要な仕事でした。
これに伴う贈答費用いわゆる慶弔費、交際費です。
年々派手になり半端な費用ではありませんでした。
しかも最も喜ばれるのが小判でした。
江戸時代の金貨である小判というのは、通貨であるとともに贈答用の景物という性格も持っていました。
大判は景物として最高のものでした。(むしろ通貨としては使われませんでした)
幕府もたびたび倹約しろ!といいますが幕閣自身が見栄の張り合いをやっていましたからどうにもなりません。
大名と呼ばれるお殿様は日常は一汁一采が普通でたまにつく魚も鰯か干物でした。
これが来客となるといわゆる大名料理がずらりと並びました。
形式第一主義社会を生きるのは大変です。
つまり国元に引っこんでいれば交際費はかかりません。
江戸城へ出かかるための行列をそろえる必要もありません。
形式見栄の時代ですから、喰うものを喰わなくても行列は飾りました。
食材も潤沢に現物が手に入ります。

蛇足
交易で得る金額などたかがしれていました。
木造帆船で運ぶ貨物量などたかが知れています。品物の価格もしれたものです。
100両のツボを1万個売ってもせいぜい100万両です。幕府や大名家の財政規模とは桁が違います。
秀吉の時代とは経済規模が違います。そもそも人口が違います。
交易で財政が潤うのであれば長崎での交易を独占していた幕府が財政難に陥る訳がありません。
薩摩島津家は500万両余の借金を抱えていました。
40年年賦払いなどとムチャクチャをやって明治時代も廃藩置県になるまで借金返済に走り回っていました。
金もろくに払わない薩摩の江戸藩邸に近寄る町人はいませんでした。

No.10です
わざわざお礼を記入して頂きありがとうございます。
お礼の中に二三ご質問と言いますが疑問点がおありのようでしたので追加の説明をさせて頂きます。

>幕府は何故米価格をコントロールしなかったのでしょうか?
正面から制度としてやったことはありませんが、現在の日銀の為替介入のような形で、市場からの買い上げを何度かやってはいました。
どの程度の規模買い上げたら効果があるのか、等と言う近代経済理論に基づいたものではなくエイヤッと見繕いでした。
結果として左程の効果はありませんで...続きを読む


人気Q&Aランキング