人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

高圧トランスのレアショートについて教えてください。(モールドトランスで起こりました。)
 1、具体的には一次巻線の同相で短絡するのか、異相同士か、一次巻き線と二次巻き線間で短絡するのか
 2、レアショートを診断する方法
    高圧メガーで測定しても、出ないと聞きます。
   (1)低電圧励磁で変圧比の異常を確認できる。と聞きましたが例えば、一次側にAC100Vを掛け二次側にレ    シオに対応した電圧が出るかどうかで判断するのでしょうか
   (2)一次側コイルの抵抗を接地抵抗計を使って測定する。
    この場合、P,Cのリード線を短絡して、この短絡したリード線とEのリード線でコイルの抵抗を測定でき    ると聞きましたが、その測定原理について教えてください。

   

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

レアショートは、層間短絡のことなので表記は同層、異層でしょう。



層間短絡が同層であるのは、巻き線の電線の絶縁がエナメルかプラ系が多いので発熱によって絶縁破壊が起きて短絡してしまうのです。普通はモーターで多発します。
多層に重ねて巻く場合には層間に通常セパレーターがあり、発煙するほど加熱されなければ異層間で短絡しません。

概ねAN2のkoko1177さんのおっしゃるとおりですが、落とし穴があります。
それは、レアショートを起こしたと考えられるトランスやモーターを取り外して測定しても、何も問題が見つからない事が結構多いのです。理由はトランスのコアと、巻き線の銅の熱膨張率が異なるので高温にならないと再現しないためです。通常トランスは銅線を隙間無く巻きますが、通電して温度が上がると銅線が熱膨張して押しくらまんじゅうを始めます。絶縁破壊が起きている場合、その時に始めて短絡する場合が多いのです。その場合は常温でテスターで計っても判りません。

トランスでしたら電流を流した状態で温度を上げていくと、koko1177さんが説明されているように突然に大電流が流れます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

 回答有難う御座います。
レアショートは同相の中の層間短絡という意味でしたか、よく解りました。
 また、過熱状態で層間短絡しているので、常温でテスターで計っても
解らないとのこと。接地抵抗計でP端子とC端子を短絡し、E端子間でTrの各相を
測定(交流ブリッジによる測定方法になるとのこと)してもコイルの抵抗を比較する
ことはできないのでしょうか。

 

お礼日時:2010/06/30 10:01

#1です。


トランスはコアと呼ばれる鉄心に銅線をクルクル巻いてあります。
その巻き線の途中で絶縁破壊により1回隣の巻き線と接触することを
一般にレアショートと言ってます。
仮に6600Vのトランスの巻き線の巻き数が1000回だったとします。
するとコイル1巻きに6.6Vの電圧が発生していて、それが短絡すること
になり非常に大きな電流が流れます。
一つのコイルの中での話で、他の相のコイルとは離れており、
他の相間のレアショートはあり得ません。
電圧を少しかけてみると通常の励磁電流とは全然違う大きな電流が
流れますのですぐわかると思います。
説明が下手ですみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難う御座います。
レアショートの意味と同相間にしか起こらないということが
よく解りました。

お礼日時:2010/06/30 09:47

1、レアショートは同相の巻き線間短絡です。


2、メガーでは出ません。
 1次側に少しの電圧をかけて電流を見れば大きな
  電流が流れますので解ります。
  電圧をかけるときはスライダックで徐々に
  数ボルトかけてみてください。
  専門ではないので参考までに。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

 早速、回答頂き有難う御座います。非常に参考になりました。
もしお解かりでしたら、以下の質問にお答え願えませんでしょうか。
1、なぜ同相のみに短絡が起こり、異相間には起こらないのでしょうか。
2、一次側に徐々に数ボルト電圧をかける、とありますが各相に流れる電流が
  コイルのインピーダンスに応じて、大きく食い違うと考えればよいのでしょうか。

お礼日時:2010/06/29 18:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電源トランスの層間短絡(レアショート)について

うちの職場に小さな風力発電機がおかれてます。
その風力発電機が先日風の強い日に煙を揚げて壊れました。
業者に点検してもらうと、電源トランスの層間短絡が原因だとのことでしたが、具体的にはどういうことなのでしょうか?
電源トランスってなんでしょうか?
層間短絡ってなんでしょうか?
業者の説明がよくわからなかったので解りやすく解説してもらえると幸いです<(_ _)>

Aベストアンサー

風の強い日ということですので回転速度が上がり発電電圧が上がりすぎて
絶縁破壊したのかも知れません。
普通は速度が上がっても電圧が上がり過ぎないような回路が入っているはずですが。

電源トランスと言うのは交流の電圧を上げ下げするものですが。
この場合、発電機から出る電圧が低すぎるためか、それとも高すぎるためでしょう。
おそらく電圧を上げて細い線で電力輸送しているのでしょう。

例えば発電所では数万ボルトで発電してこれをトランスで数十万ボルトに上げて都会に送り
段階的に下げて家庭には100/200ボルトで供給しています。
電圧を上げる理由は電流を少なくし細い線でも電力ロスを少なくして送電できるからです。

Qトランスの二次側を開放すると焼ける理由

トランスの二次側を開放状態で電気を流すと焼けてしまうと
教わりました。が、なぜでしょうか?
高電圧がかかってアークが発生するのでしょうか?
ショートさせて試験しているのですが、
ショートさせると負荷がないので、余計に電気が流れるような気がするのですが。

以上です。ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

トランスとありますが一般のトランスではなくいわゆるCTと呼ばれるトランスのことです。

同じ質問をする方がたくさんいるような問題はググるとたくさん出てきます。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2865383.html

Qモータへ過電圧

モータに限らずですが、仕様電圧以上の過電圧を加えると故障すると言います。
では、過電圧が原因で、具体的にどの様な故障に至るのでしょうか?
また、例えば、定格100Vのモ-タに1000Vを加えて一気に壊した場合と、
120Vくらいの電圧でじわじわと壊した場合とで、故障の仕方に違いはあるでしょうか。

Aベストアンサー

100Vのモータは本格的に扱ったことはないですが小型からの推測なので割り引いて聞いてください。

最初の補足にレアショートという言葉が出ているので多少業界関連の方でしょうか?これはコイルの内部でコイルの絶縁皮膜が破れることで同じ相の中で又は異なる相間で電流が流れる事でよいでしょうか?見られる症状としてコイル抵抗が最初の状態より低くなっていると思います。

レアショートが起きる原因としては、熱によるコイルの絶縁皮膜が劣化する場合、製作時に機械的摩擦で皮膜が破れていることが考えられます。

コイルが過熱する原因は定格負荷以上掛かっているとか元のレアショート自体が発熱元になることまで色々考えられます。

1000Vはどうしたら良いか想定外(笑)ですが120Vの場合はとりあえず定格上限ギリギリでコイルの温度上昇を測定したら参考になるのではと思います。そこで様子で十分安全に注意して120Vにトライすればと思います。測定はあまり実務での経験がないので抵抗値の差でみる方法(JIS C**忘れました)と温度計のどちらが良いかわかりません。

普通モータの巻き線はマグネットワイヤーと呼ばれるのが多いと思います。使ったことがあるのは東京特殊電線ですが他にも沢山あります。そこの資料には温度による劣化曲線もあります。

http://www.rikensen.co.jp/Riken/wire/img/magnetwire.pdf

の資料では1000Vぐらいは単体でOKなので熱が上がらなくて機械的ストレスが出ない短い時間ならそれがレアショートの原因ではない可能性が高いと思います。

以上参考になれば

100Vのモータは本格的に扱ったことはないですが小型からの推測なので割り引いて聞いてください。

最初の補足にレアショートという言葉が出ているので多少業界関連の方でしょうか?これはコイルの内部でコイルの絶縁皮膜が破れることで同じ相の中で又は異なる相間で電流が流れる事でよいでしょうか?見られる症状としてコイル抵抗が最初の状態より低くなっていると思います。

レアショートが起きる原因としては、熱によるコイルの絶縁皮膜が劣化する場合、製作時に機械的摩擦で皮膜が破れていることが考...続きを読む

Qモータのレアショート

三相誘導モーターがよくレアショートします。(設備設置約15年くらい)年1回は絶縁測定、3年に1回はベアリングも交換していますが、レアショートが起きるとコイル巻き替えになり、設備が長時間の停止となってしまいます。防止対策、事前対策をお知りでしたら、教えていかだけませんか。

Aベストアンサー

・設置場所の環境はどうなってますか。
・コイルの巻き替えは町工場ですかそれともメーカに出してますか。
・巻き替えたときの絶縁処理はどのようにされてますか。
環境が悪くなければ、そうそうレヤーショートはしませんが。

Qモータコイルの焼損の原因は?

三相誘導電動機のコイルが焼損してしまいました。

原因を突き止めようとしているのですが、
考えられる原因をお教え下さい。

また、機械の運転の仕方で、1秒運転→89秒停止の繰り返しで1年半ほど動かしておりました。
この様な運転方法がコイル焼損と関係があるのでしょうか?(モータに過負荷を掛けてしまったとか?)

Aベストアンサー

定格以上の負荷運転による異常な温度上昇及び経年による絶縁劣化で巻線の短絡に至る現象です。

電動機の中の巻線は巻線間及び巻線-本体間でショートしないよう絶縁物質で包まれています。
この絶縁物質は熱や使用期間が長くなる事で絶縁する能力がだんだん落ちていきます。

電動機の起動時は電流が定格の7倍程度流れ、一気に熱が発生するので、電動機の寿命を短くする一番の要因です。
悪いことにこの起動電流の熱はコイルばかり温度が上がり、本体に伝わってくるころには、中はさらに熱くなっていて、電動機本体温度からは推測が困難です。
(起動停止の回数が少ないほど電動機にやさしい。)

容量にもよりますが、数10kW以上の電動機であれば、通常許容起動頻度が有り、一般的な電動機は連続運転状態から1回停止して起動すると次に停止して起動する際には1時間以上停止させる必要が有るというくらいの物です。
ほぼ1分間隔で寸動を繰り返しておられたようなので焼けて当然です。1年半もよく持ちこたえたと思います。

電動機を新品にしても、また同じ事になります。
電動機メーカに許容起動間隔を問い合わせその範囲内で使用するようシーケンス(運転停止間隔)を変更する必要が有ります。
これが許容できない場合は、電動機を熱容量の大きな物にする、台数を増やし1台の起動頻度を減らすなどの対策が必要です。

定格以上の負荷運転による異常な温度上昇及び経年による絶縁劣化で巻線の短絡に至る現象です。

電動機の中の巻線は巻線間及び巻線-本体間でショートしないよう絶縁物質で包まれています。
この絶縁物質は熱や使用期間が長くなる事で絶縁する能力がだんだん落ちていきます。

電動機の起動時は電流が定格の7倍程度流れ、一気に熱が発生するので、電動機の寿命を短くする一番の要因です。
悪いことにこの起動電流の熱はコイルばかり温度が上がり、本体に伝わってくるころには、中はさらに熱くなっていて、電...続きを読む

Q計器用変流器(CT)について

なぜ計器用変流器(CT)の二次側は開放してはならないのでしょうか?
もし電圧のある状態で開放した場合どうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

計器用変流器は回路的には定電流電源であると考えられます。
つまり負荷が変動しても一定の電流を流そうとします。
たとえば、計器用変流器が1Aを流そうとしていた場合、負荷が1オームなら発生電圧は1Vですが、負荷が10オームなら発生電圧は10Vとなります。

二次側を解放すると、負荷は∞オームとなるわけですから、そこに電流をながすためには、過大な電圧を発生します。この過電圧によって危険が発生するために二次側は解放してはいけません。
逆に短絡すると負荷は0オームにちかくなりますから発生電圧は、微少電圧になり安全です。

Q変圧器の二次側を接地するのはなぜ?

シロートの質問で申し訳ありません(ノ_・。)

変圧器(トランス)の出口側(二次側)はアースをしますよね?
B種接地というんでしょうか。

あれが、なんで必要なんだか良くわかりません。
素人的考え方だと、そんな電気が流れてる部分を地面につないじゃったら、
電気が地面にだだ漏れして危ないんじゃないか!?
とか思っちゃうのですが???

初心者向け電気のしくみ、的な本を読むと、
「接地側を対地電圧(0V)」にして、線間電圧を100Vまたは200Vにする、みたいな事が書いてあるのですが
じゃあ3線あるうちの1本は電圧ゼロだから触っても大丈夫なのか?
いやいや電線は普通交流なんだから、電圧は上がったり下がったりしているんだろう・・・
そしたら対地電圧0Vってなによ???

・・・みたいな感じで、すっかり沼にはまってしまっております。
詳しい方、どうか中学生に教えるような感じでわかりやすく解説してください(´・ω・`)

Aベストアンサー

#1お礼欄に関して、

通常の屋内配線では、
常時電線に対地100または200Vがかかっていることによる危険性
トラブルがおきたときに電線が対地6600Vになる危険性
どちらを避けますか?(どちらの方が対策が楽ですか?)という話になるかと思います。

一部特殊なところでは、一次二次の接触がおきないように十分な配慮をしたうえで、対地100Vによる感電(だけじゃなかったかも)を防止するために二次側を浮かしている、というところもあると聞いたことがあります。(医療関連だったかな。)

三相の電圧
Y接続についてみると、たとえば三相200Vだと、中性点に対して、
Vu=115sin(wt),Vv=115sin(wt-2π/3),Vw=115sin(wt-4π/3)の電圧になってます。
ここで、v相を接地すると、中性点の対地電位が-Vv=-115sin(wt-2π/3)になり、
u相はVu-Vv=200sin(wt+π/6),w相はVw-Vv=200sin(wt+π/2) と(位相と大きさは変わるけど)三相電圧(のうちの二つ)になります。

#1お礼欄に関して、

通常の屋内配線では、
常時電線に対地100または200Vがかかっていることによる危険性
トラブルがおきたときに電線が対地6600Vになる危険性
どちらを避けますか?(どちらの方が対策が楽ですか?)という話になるかと思います。

一部特殊なところでは、一次二次の接触がおきないように十分な配慮をしたうえで、対地100Vによる感電(だけじゃなかったかも)を防止するために二次側を浮かしている、というところもあると聞いたことがあります。(医療関連だったかな。)

三相の電...続きを読む

Qモーターが焼損しているかどうか調べる方法

三相200vのモーターが焼損しているかどうかを調べるにはどうすれば最も良いでしょうか??メガテスターをつかって調べると良いようなのですがよくわかりません。匂いである程度わかりますが、もっと確信が持てる方法を知りたいと思います。どなたか詳しい方がいらっしゃったら教えてください。

Aベストアンサー

モータの主な故障原因とその確認法について私見ですが書いて見ます。
(1)ベアリング故障:小型モータであれば、軸を手で回転させて、滑らかに回るかどうかを確かめる。
(2)断線:テスターの抵抗レンジで、巻線間の抵抗値を測定する。アンバランスがあると断線の可能性あり。
(3)絶縁破壊:メガー(500V)で巻線と外枠の間の絶縁抵抗を測定する。JISC4004の基準では0.2MΩ以下が不良とされるが、これは水中ポンプなど使用環境の良くない場合であり、通常の環境なら1MΩを下回るようであれば要注意。
(4)総合:通電して無負荷で運転中の電流、振動、騒音、臭気などの異変を確かめる。

Q三相200Vを単相200Vで使用したい

三相200V電源を単相200V電源として使用したいのですが。
三相200Vの場合,R(赤)S(白)T(黒)の3線が電源として配線されておりますが,単相200Vととして使用する場合,R-S,R-T,S-Tのいづれを取っても良いのでしょうか。

以前にいづれかがアースに落ちている場合があると聞いたことがあり,この辺が不明なのですが。

Aベストアンサー

いくつか逆質問になります。

【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。
(a) 電熱器・電気炉、溶接機など。
(b) 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。

(a) のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。
(b) のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。

【2】 前項の(a)であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。また、三つに分割できますか。

【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。
(a) 動力専用バンクの三角 (またはV) 結線で一線接地。たぶん S線が接地されている。
(b) 灯動兼用バンクの V結線で、中性点接地。たぶん S線とT銭の中間で接地されている。

(a) のケースで単相負荷を取り出すには、三つに分割できる場合は、各相に均等になるように。(b) のケースでは、電灯と共用されている変圧器の容量が大きいので、中性点が接地されている相につなぐ。

【4】 電力会社との契約種別。
(a) 低圧。
(b) 高圧または特別高圧。

(a) の場合は電力会社の、(b) の場合は主任技術者の指示を仰ぐことが必要です。

いくつか逆質問になります。

【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。
(a) 電熱器・電気炉、溶接機など。
(b) 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。

(a) のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。
(b) のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。

【2】 前項の(a)であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。また、三つに分割できますか。

【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。
(a) 動力専用バ...続きを読む

Q三相電力のUVWとRSTの違いについて

三相電力にはU相V相W相がありますよね?これはR相S相T相とどこが
違うのですか?
また、各相は発電したときから決まっているのですか?
素人の考えですが相というのは単に波形の順番に過ぎないと思いますのでどのケーブルが何相であってもかまわないような気がするのですが。
どなたか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もともとは、RST、UVWに意味は無かったはずです。

有効電力がPowerから、P となった後
単にアルファベット順から、Qが無効電力、 Rは抵抗なので飛ばして
Sが皮相電力を表すようになったと記憶してます。
・・・P、Q、(R)、S、T、U、V、W、X、Y、Z

相の呼称に関しても、アルファベットの終わりより3つ1組として
 XYZ、UVW、RST が利用されるようになったと記憶してます。
XYZは何かと登場するため、利用は避けられているようですが
既にご回答されているUVWやRSTに対する意味づけは、後付けルールみたいなものだと思います。
1次側は大文字、2次側は小文字と区別しているケースも見かけます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング