歯ブラシ選びの大事なポイントとは?

3月から専門学校にて公認会計士受験のための勉強をするものです。
そのときに使用する電卓をどれのしようかと悩んでおります。

EL-G36というものが会計士受験生にメジャーなものなようですが、チェック&訂正機能がないのが気になるのと、普通に市販しているものでEL-S882は日数計算がないので迷っております。
会計士の試験、試験勉強においてより使える機能はチェック機能か日数計算かどちらでしょうか?
またEL-S882は数字キーの左側にC/CEキーがあるので使いやすいかなと思う反面、逆に間違えて消してしまいやすいのでは??というのも心配しております。

おすすめの電卓があれば教えていただければありがたいです。

開始はまだ少し先ですが、今のうちに購入してブラインドタッチなど新しい電卓に慣れておきたいため回答よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

受験中は両方ともついてるやつを使ってました。


合格後も使ってます。

シャープのcompetってやつです。今でも売ってるのかな?

ちなみに、チェック機能と日数計算どちらが必須かといえば日数計算です。
たまにしか使わないけど、ないと困る。
    • good
    • 0

どの機種であれ実際にご自分で触ってみて手に一番合うものがベストです。



特にゼロや+-のキーの位置などブラインドタッチの場合は重要ですから、良くテストして使いやすいものを選びましょう。


機種によってキーのタッチなど微妙に違います。特殊キーを気にするよりこの方が重要と思います。
これは自分で確かめるしかありません。

チェック機能や日数計算などは滅多に使いません。
それより足し算と引き算が早くできるほうが重要です。

試験は殆ど足し算です。掛け算や割り算はブラインドでなくても間に合います。

後はその電卓でできればブラインドができるまで練習することをお勧めします。


蛇足ですが私は試験には必ず電卓は2台持っていきました。
機械はいつかは壊れるもので、それが試験中に起こらない保証はありませんので。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q働きながら会計士取得は可能?行くならTAC?大原?

宜しくお願いします。
自分に何も仕事をする上での武器がないなあ、と思い資格を取ろうと思いました。
弁護士はロースクールに行かなければ行けず仕事をやめないといけないので不可。
ということで中小企業診断士か公認会計士を目指そうと思います。

今簿記の勉強をしていて結構楽しいので公認会計士を目指そうと思うのですが働きながらの取得は可能でしょうか?
毎日どれくらい勉強するのが普通でしょうか?

特に一発合格を目指しているわけではなく、時間も2年、3年位ならかけてもいいかなと思っています。

働きながら目指すならTACや大原、その他にいい学校はありますか?
また、仕事から帰ってきて何時間くらい毎日勉強すればいいのでしょうか?(人それぞれだと思いますが目安として教えてください)
もしも合格した場合、会計士補となると思うのですが、会計士になるためには会社を辞めて監査法人に勤めなければいけないのでしょうか?

まとまってなくてすいません。
専門分野をもつためのアドバイス
働きながら公認会計士は可能かどうか
取った後どのような進路があるのか
最適な学校はどこか

などなど教えていただければと思います。

宜しくお願いします。

宜しくお願いします。
自分に何も仕事をする上での武器がないなあ、と思い資格を取ろうと思いました。
弁護士はロースクールに行かなければ行けず仕事をやめないといけないので不可。
ということで中小企業診断士か公認会計士を目指そうと思います。

今簿記の勉強をしていて結構楽しいので公認会計士を目指そうと思うのですが働きながらの取得は可能でしょうか?
毎日どれくらい勉強するのが普通でしょうか?

特に一発合格を目指しているわけではなく、時間も2年、3年位ならかけてもいいかなと思ってい...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。
昨年の新試験制度で会計士合格した者です。
ちなみに、環境は仕事を辞め、勉強専念の2年コース受講です。
以下、あくまで私が受験した際、周囲の受験生の状況などをふまえ記載することなので、
私見であるということを前提にお読み下さい。

>働きながらの取得は可能でしょうか?
理論上は可能です。事実、試験制度も大きく変わり、
短答合格を翌年に持ち越せる、論文科目を少しずつ合格すればよい
など、働きながらの方も科目合格可能な仕組みとなりました。
また、将来的に会計士を増加させるという目的で制度改正が行われたので、
今後合格者は増加するだろうという読みも追い風となるかもしれません。

ただ、ここは正確に制度を理解して望むべきです。
まず、科目合格にはなりましたが、それには有効期限があります。
その有効期限が切れれば、短答合格や論文科目合格が消滅し、再度受験しなければならなくなります。
(つまり、合格消滅前に全科目合格が必要)
また、会計士を増加させる目的で制度改正が行われましたが、
実際、旧試験合格者(会計士補)を除く、短答式試験から受験した者の合格率は、8.7%とこれまでと変わらないものでした。
さらに、受験者層には相変わらず学生・無職者が大多数を占めます。これらの人と働きながら勝負するには、並大抵の勉強量では勝負できないと思います。

ということで、回答としては「不可能ではないが、相当の努力が必要」となります。

>毎日どれくらい勉強するのが普通でしょうか?
働きながら学習した訳ではないですが、私の場合は↓でした。
最初の1年は、
・土日はオフ
・平日は6~8時間学習
次の1年は、
・土日はオフ
・平日は10~12時間学習
ざっくりとですが、こんな感じです。あくまで私の場合ですが。

>会計士になるためには会社を辞めて監査法人に勤めなければいけないのでしょうか?
そういう訳ではありません。ただ、ほとんどの人は監査法人勤務ですが。
その理由は「実務経験」です。
会計士試験合格後、最終的には修了考査に合格して晴れて会計士となるわけですが、その要件に実務経験があります。
監査法人勤務なら、その要件がそのまま満たせるため、ほとんどの方は勤務することとなります。

と、会計士の試験資格には簿記1級などは不要です。

まだまだ質問全てに回答できていませんが、
長くなりすぎるのでこのあたりで。。。
制度改正があり、極めてわかりづらい仕組みとなっています。
よろしければ、一度、専門学校のパンフレットを見るのが良いかと思いますよ(^^)

※リンク先は受験時代の経過を記載したものです。参考程度にどうぞ。

参考URL:http://blog.livedoor.jp/arn1582/archives/cat_50091923.html?p=3

はじめまして。
昨年の新試験制度で会計士合格した者です。
ちなみに、環境は仕事を辞め、勉強専念の2年コース受講です。
以下、あくまで私が受験した際、周囲の受験生の状況などをふまえ記載することなので、
私見であるということを前提にお読み下さい。

>働きながらの取得は可能でしょうか?
理論上は可能です。事実、試験制度も大きく変わり、
短答合格を翌年に持ち越せる、論文科目を少しずつ合格すればよい
など、働きながらの方も科目合格可能な仕組みとなりました。
また、将来的に会計士を...続きを読む


人気Q&Aランキング