現代音楽史を、授業でやっています。 もうすぐ、期末が始まります。クラスは、どれも、浅く広くやっていて、テストでは、What you learn in the class? という 質問があるだけ。つまり、今までならった、1920から、本当に最近までを 3時間以内に 自分でまとめて書け!って、言うことなんですよね。本を読むと それだけで、150ページぐらいあるんですが。しかも、あまり、時代別には語りにくいですよね。国別に書こうとおもっているけど、いったい、どの人がもっと、重要でどの人が余り重要じゃなくってとかも、よく分からない。 クラスでは、先生がCDや、レコードをかけて、what you hear? の質問を ずっとしているだけなんですけど。 なにか、いいまとめ方法があれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

えっと...まずは...シェーンベルクの音楽があって...


シェーンベルクは、12音技法というユーメーな技法を編み出して、無調音楽の世界を切り開いたということで名高いわけですが、もうひとつ特徴的な技法として、シュプレッヒゲザングという技法を編み出していますね。たぶん、現代音楽らしい現代音楽がここから出できているって言えるでしょう。ユーメーな曲は「月に憑かれたピエロ」。
それから、1920年くらいというよりは、1910年くらいからあった流れなんですけれども、もうひとつ忘れてはいけない大きな流れがあって、それがストラビンスキーたちの音楽ですね。原始主義などと呼ばれた野性的なリズムなどが特徴的。ユーメーな曲は「春の祭典」。
さらにこのころには、バルトークという巨人もいました。この人はハンガリーの民族的な音楽を現代的な語法で描いてみせたりしたことでユーメーです。
やや時代が下って、登場するのがフランスの大作曲家メシアン。ミュジック・セリエルと呼ばれる技法を使って、無調・無拍子の(この意味でシェーンベルクの継承者であるわけです)音楽を作ります。代表作は「トゥーランガリラ交響曲」。
また、このミュジック・セリエルの流れから、「2001年宇宙の旅」でも使われたシュトックハウゼンの「ミュジック・コンクレート」という技法が出てきます。このころになると、すでに電子音楽になってくるし、楽譜も従来の楽譜ばかりじゃくなって、設計図みたいなものまで出てくるようになってきます。「ワケ分からん度」では、かなりの高度に達してきたのかな、という感じになってきますが、音楽(というか音)は聴いていると恍惚としてきます(特にメシアンの音楽なんてそうですね)。美しいと言えば、クセになるくらい美しい。ほとんど麻薬か? というような魅力をもちます。
...と、まあ、こんな感じが、比較的古典的な部分の大まかな流れでしょうか。
あとは、忘れちゃいけない人物として、キノコ研究家でもユーメーだったジョン・ケージ。「トーン・クラスタ」という技法で名高いペンデレツキ。確率音楽のクセナキスなどでしょう。
もっとも、あんまり最近の人は知りませんので、大変な人が漏れている可能性も高いですが...
というか、もともと詳しくもありません。
間違いがあったら、すみません。
ですが、とりあえずこんな感じだと思いますので、「シェーンベルクの流れが、現代音楽の中心的な流れとしてあった」というような捉え方をすると、その中心的な流れと、その周辺の巨人たち、みたいな構図で捉えやすくなるんじゃないかな、なんて思ったりもするんですが、どんなもんなんでしょう?(うーん、シェーンベルクの業績の意義は大きい...?) あんまり確信はないですが...
専門の方の補足が頂けたらいいですね...
(それか、いいテキストが見つかるといいですね...
とにかく頑張ってください。(なんか結局無責任でスミマセン (--;
    • good
    • 0

佐久間英夫著「テクノのススメ」はお勧めです。


テクノがテーマになってますがテクノって言葉自体が広い意味なので、まあ、60年代以降の電子音楽全般が対象です。ディスコ音楽やポップス、DJカルチャーまで幅広いです。またそれぞれの時代背景等にも詳しく言及しています。
一番いいところはその時代やシーンごとの膨大な代表的レコード、CDをジャケットに加え丁寧に解説しているところです。
あと、資料として音源を捜す際には「新宿TSUTAYA」っていうレンタルCD屋さんはトンデモナイ数のCDを在庫してます。ご参考までに。
    • good
    • 0

参考文献:「EXPERIMENTAL MUSIC:CAGE AND BEYOND」MICHAEL NYMAN 著


CAMBRIDGE出版。大体の現代音楽に関する部分が出ていますよ。アマゾンドットコムなどで購入してみては?テスト楽しそうですね。頑張って下さい。
    • good
    • 0

現代音楽史。

習ってみたいですね。学校で習った経験がありませんので、音楽好きの勝手な意見で申し訳ありませんが、現代音楽って言っても人それぞれの、またその時代時代の音楽に影響を受けているものだと思いますので、先ずは、あなたのお好きな音楽家や作品があると思いますので、それを中心にして、肉付してはいかがでしょうか。たとえば日本の作曲は、歴史が浅い分結構見晴らしがきくと思いますが、日本じゃだめですか。
    • good
    • 0

音楽を全然学んでいない素人が答えていいのか?とか


思って恐縮しつつ、楽しそうな授業があるもんだなぁ、と思いまして。

私は趣味として現代音楽を聴くのが好きです。
いまは丁度、ノーノのプロメテオを聴いていました。
何故、聴くようになったか?
これは、どちらかというとポップスの中でも
アバンギャルドに分類されるようなモノを聴きまくっているうちに
辿り着いてしまいました。
テクノを聴いている人がルーツを辿っていくと
ジャーマンに辿り着き、彼らはシュトクハウゼンの弟子だった、とか
音響系を遡るとイーノのオブスキュア・レーベルに辿り着き
グラスとの綿密な関わりが見えてくる、とか
サイケやプログレと、ライリーの関係とか
まあ、沢山あるわけで。
一方でセリー系は?というと
これは今日に繋がっていないように見える。
むしろライヒなんかは去年、DJ達によるリミックス・アルバムが出たくらいで。
な~んてんで、個人的には「現代音楽」をクローズドで語らず
現代のポップカルチャーとの関連とかいう視点で
3時間ぐらいあれば、とっても楽しく書いちゃいますけど。
    • good
    • 0

その先生の求めるものは感性なのでしょうね~、きっと。


現代音楽史の論文形式での解答で、感性中心の解答って辛そうですね(^^;
時代別、国別というのは前の方もおっしゃられるように、境界が引きづらくまとめにくいとは思います。
さらに技法でまとめると、ちょっとは見通しが立ちますよね?(^^)
師弟関係などから割り出していけますので、参考にしてみてください。
重要性に関しては意見の分かれるところだと思いますが、各作家が編曲した作品を比べることによって、案外生々しく見えてきますよ。
例えば、ビートルズに題材を絞って、ピアニストの高橋アキさんが、最近の現代音楽化達に依頼して編曲してもらった作品集などは、同じ土俵という意味でも注目に値します。
さすがに故クセナキスあたりの重鎮は参加してませんが、ジョン・ケージ、フレデリック・ジェフスキー、三宅榛名、故・武満徹などの作曲技法の違いなどが聞こえてくるので、きっと参考になると思います。
国で分けた場合、ロシアの作曲家の場合、非常に情報が収集しにくいので要注意です(^^;
ロシア陣営は重要な人多いんですが、なにせ旧ソビエトなんで(^^;
    • good
    • 0

うーん、いい授業かもしれない。


What you hear? というからには、どういうことをtomaさんが感じたかが問われている、ということですね。
だから、歴史を習ったということよりは、授業を取る前と後での、tomaさんの現代音楽に対する考え方の変化を示すというのも一つの方法かもしれませんね。
国別、というけれども、国境も次第になくなってきていますから、これも語りにくいかもしれませんよ。
どの人が重要か、っていうのは、CDショップに行ってみて、現代音楽のところに並んでいる人たちをちょっとチェックしてみるとか(ショスタコーヴィッチとかは現代に入ってないところもあるから難しいけど)。
今のところそうとだけしか言えませんが……
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q勉強がどうしてもしたくない時、やる気の出し方教えてください!

勉強がどうしてもしたくない時、やる気の出し方教えてください!

Aベストアンサー

そういうときは『寝る』
そして『遊ぶ』
に限ります。
そういうことは大切です。

Q現代に現代音楽やってるヤツの頭はあれ。

現代に現代音楽やってるヤツの頭はあれ。
大学で、実験音楽や電子音楽、ミュージック・コンクレートやってます。いや、正確には、やっていました。というのも、飽きましたし、あほらしいです。

確かに、現代音楽は存在するべき一つのジャンルでしょう。
ただ、それでも、シュトックハウゼン。ピエール・シェフェール、などの創始者だけが製作していれば良いし、それだけで事足ります。

というのも、学校で実験音楽コンサートをしたのですが、ま、大体適当に製作しようと、時間かけて製作しようと、それなりに現代音楽っぽくなるし、コンテストにも入賞してしまう。ほぼ努力なし。審査方法はセンスがあるかどうか?みたいな非常に抽象的な基準だし。
こんなんじゃ、コンテストに入賞しようが、誰かから褒められようが、全く嬉しくないです。

しかし、それにも関らず、現代音楽やってる人は変な優越感持ってますよね?進歩的だとか何とか言って。しかも曲を非難されれば、「なんだ、こんな進歩的な音楽が理解できないのか?センスのないやつ」と、ますます優越感に浸るし、それか、「己の感性に、自由に、個性的に、音を表現した」みたいな理論(?)を並べるばかり、

セコイです。非常にセコイ。

しかも、曲の感想を聞きたいと思いアンケートをとろうとすると、教授から「そんなことして、曲を非難された文章書かれたらどうする?すごくみんな傷つくと思うな」とかなんとか言われて却下されるし。俺達は芸術家だろ?傷ついたっていいじゃん?そんなに現代音楽は大勢の人々からクソにしか思われていないという現実を見るのが怖いのか~!!

蛇足になるが、現代音楽やってる他校もふくめた教授たちは、なんかどいつも胡散臭いです。芸術を愛していません。単に日本でやってるやつ少ないから教授の地位にもつけただけ。しかもその地位を捨てたくないから心の中で「つまんねぇ~」とおもいつつも、自分に嘘ついて現代音楽やってんじゃないのだろうか?どうも、そんな気がする。


みなさんは、どう思われるでしょうか?

現代に現代音楽やってるヤツの頭はあれ。
大学で、実験音楽や電子音楽、ミュージック・コンクレートやってます。いや、正確には、やっていました。というのも、飽きましたし、あほらしいです。

確かに、現代音楽は存在するべき一つのジャンルでしょう。
ただ、それでも、シュトックハウゼン。ピエール・シェフェール、などの創始者だけが製作していれば良いし、それだけで事足ります。

というのも、学校で実験音楽コンサートをしたのですが、ま、大体適当に製作しようと、時間かけて製作しようと、それな...続きを読む

Aベストアンサー

最初質問のタイトルからやけに攻撃的な人だな~
と思い質問文を読んでみてニヤニヤと笑ってしまいました。
nitoro2さん本当に音楽が好きなんですね。
なんだか安心しました。日本にもこんなに音楽というか芸術に
愛をもって接している人がいるんだなと。
芸術を学問のように扱うのは私は本当は苦手です。
私は畑違いというか美術特に絵画を長い間勉強してきました。
だからほかの音楽の知識をたくさん持っている回答者さん
と比べると何にも分かってない人間かもしれないですが同じ
ことが美術の世界でも起こっている気がします。
明らかに何でもありが進みすぎて収集がつかなくなってるのか
その道の人が引っ込みがつかなくなってるのか分かりませんが
現代美術の世界ははっきりいって絵を描いたり彫刻したり
することが特別な行為ではなくなっているような気がします。
気軽な雰囲気はいいのですが学問として教えるのなら
もっとクリアーな事物であればいいのになと思うことに
結構出会いますね。
現代美術なんかだと学問として接する人よりごく一般の人
がある日突然なにか絵を描きたくてと始めたりすることが
結構あって、なかなか面白い展示や綺麗なモノを作ったり
することがあるのですが、誰かに絶賛されたいとかそういう世界
ではないですね、逆に誰からも相手にされなくてもいいかな?
と思って展示してあるものもあってなかなか興味深いです。
nitoro2さんも音楽を愛しているのなら別に教授が面白くなくて
もいいじゃない。ほっときなさいよ。そんなことより
好きに演奏したり作曲したり楽しんで音楽を追求してみたら
いいんじゃないかな?自分がいいと思う世界に近づくように。
そのうち胡散臭いおじさんたちは死んでいなくなるから
と質問文を読んで思いました。門外漢より

最初質問のタイトルからやけに攻撃的な人だな~
と思い質問文を読んでみてニヤニヤと笑ってしまいました。
nitoro2さん本当に音楽が好きなんですね。
なんだか安心しました。日本にもこんなに音楽というか芸術に
愛をもって接している人がいるんだなと。
芸術を学問のように扱うのは私は本当は苦手です。
私は畑違いというか美術特に絵画を長い間勉強してきました。
だからほかの音楽の知識をたくさん持っている回答者さん
と比べると何にも分かってない人間かもしれないですが同じ
ことが美術の世界でも...続きを読む

Qテスト前の計画表を作る意味

こんにちは 
現在高校生の男子です。

テストまで残り二週間となりました。

なので計画表を作って計画を立ててみたのですが、これって意味あるのでしょうか?

普通「教科の勉強をしてそれが終わったら次の教科の勉強をする」というのでは駄目なのでしょうか?

実際意味があるから、勉強本などで「計画表を使って計画を立てよう!」などと書いてあるのでしょうが・・・

自分は考えすぎてしまう性格で納得できる答えが出るまでモヤモヤしてしまいます。

現在計画を立てて勉強しているのですが勉強しながら「これって意味あるのか?」と思いながら勉強しています。

Aベストアンサー

教育業界にいる者です。

これまで運よくそういうご経験がなかったのかな、と思いますが、
目につくものからやっていると
試験直前になって
あ、数学手がつかなかった!!
とか
英語、このプリントも範囲だったの忘れてた~
とか、そういうことがありがちなわけです。

そこで、あらかじめテストまでに何をすべきなのか書き出しておき、
どういう順番で、何をどれだけやるかという計画を練るのです。

自分では結構頑張ってるつもりだったけど、
紙に書き出してみると、
この時間で問題集これしか進まないのは遅くない?
とか、気づかなかった問題点が出てくることもありますね。

そうしておくと
試験勉強の抜け漏れをなくし、
試験前日の睡眠不足を減らしながら
成績を上げることができるんですよ。

Q「現代音楽」は音楽か?

最近思うのが、現代音楽は「音楽」として捉えてはいけないのではないだろうか?ということです。

例えば、18世紀の音楽家や詩人などは自然を作品に取り込んだのですが、21世紀の作曲家たちは、街中の雑踏や騒音、生活音さえ「音楽」として聞いているのではないかという疑念があります。なので、一般人にとっては理解しがたいような作品、例えばジョン・ケージのような一度聞いたら二度と聞きたくない作品というかコンセプトも「音楽」として聞けと言う風に強いられているのではないかと思います。

若い時に前衛だった現代作曲家も、アルヴォ・ペルトのように後年作風が非常に単純な三和音、一定のリズムに回帰しているような作曲家もいます。

最近FMで日本人作曲家の作品を耳にすることが多かったのですが、その楽器の特殊奏法を駆使していて、最早それなしでは現代音楽とは言えないような作品ばかりでした。

以上のことから、現代音楽は一般人にとって、「雑音」だと思いますか?それとも何かを教えてくれるものですか?

アルヴォ・ペルト 『鏡の中の鏡』(1978)
https://www.youtube.com/watch?v=S6HEEy4YaXQ

最近思うのが、現代音楽は「音楽」として捉えてはいけないのではないだろうか?ということです。

例えば、18世紀の音楽家や詩人などは自然を作品に取り込んだのですが、21世紀の作曲家たちは、街中の雑踏や騒音、生活音さえ「音楽」として聞いているのではないかという疑念があります。なので、一般人にとっては理解しがたいような作品、例えばジョン・ケージのような一度聞いたら二度と聞きたくない作品というかコンセプトも「音楽」として聞けと言う風に強いられているのではないかと思います。

若い時に...続きを読む

Aベストアンサー

質問者さんのおっしゃる「現代音楽」って、1960~1970年代の「クラシック音楽」(当時の「前衛音楽」)のことをおっしゃっていませんか?
ジョン・ケージなんて、1992年に亡くなっていますよ。
お示しのペルトの曲も、40年も前の音楽ですよね。

「現代音楽」が何を指すのか、その定義を明確にしないと、議論はできません。

QSDにがぞうをいれたんですがどうやってみるんですか?

SDにがぞうをいれたんですがどうやってみるんですか?

Aベストアンサー

そのままではダメで、auInOutフォルダに入れてから、画像ファイルを本体に変換しながら転送するかSDの中のユーザーフォルダなどに変換する必要があります。
ただ、どんな画像でも表示できる訳ではないので、表示できないファイルとして扱われる可能性が高いです。
表示できる画像の大きさ、ファイル形式、ファイル容量はマニュアルの後ろの方に書いてあると思います。

Q博物館学、近代美術史、現代美術論の試験

博物館学、近代美術史、現代美術論の試験を受けます。
内容が全く分からないのでご存知の方が居られたら教えて下さい。
ちなみに、今は、博物館学と美術史の本を読んで準備しています。

Aベストアンサー

質問が情報不足過ぎます。博物館学と美術史があるので「学芸員」資格試験ですか?ただ、美術史の本を読んでるとの事から、「大学教養課程で卒業単位取得科目としてのの試験」「大学専門課程で卒業単位科目としての試験で専門以外の科目試験」「大学専門課程で専門科目の試験&大学院過程の試験」などのケース想定可能も、最後の専門課程生なら、教授陣の傾向などをサーチしますから、恐らくあなたは、美術史・博物館学専攻の学生では無いでしょう。(もし、そうなら質問先は教授室などになるはずです)
で、博物館学・美術史専攻以外で試験を受けるのでしたら(読んでる本が試験出題者なら別も)漠然と本を読んでも全く無駄でしょう。(冷たいですが)
博物館学はともかく、美術史が近代・現代に限定されてるのも気になりますが、学科試験なら一般教養の美術の本など意味無しです。(冷たいですが、事実です)
美術史専攻で大学院卒で、美術館や博物館に就職口を求める人(学芸員資格取得者)もたくさんいますが、採用は非常に困難なのが実態ですから。(上が支えてる・年長職員に欠員が出来にくい状況なので)
質問をもっと、詳細にしなおして下されば回答可能かと思います。(美術史専攻院卒生より)

質問が情報不足過ぎます。博物館学と美術史があるので「学芸員」資格試験ですか?ただ、美術史の本を読んでるとの事から、「大学教養課程で卒業単位取得科目としてのの試験」「大学専門課程で卒業単位科目としての試験で専門以外の科目試験」「大学専門課程で専門科目の試験&大学院過程の試験」などのケース想定可能も、最後の専門課程生なら、教授陣の傾向などをサーチしますから、恐らくあなたは、美術史・博物館学専攻の学生では無いでしょう。(もし、そうなら質問先は教授室などになるはずです)
で、博物...続きを読む

Q夏の工作で、1日1枚イラスト描くんですが、水彩画の勉強もしようと思って水彩の物を検索してみて、水彩絵

夏の工作で、1日1枚イラスト描くんですが、水彩画の勉強もしようと思って水彩の物を検索してみて、水彩絵の具とか水彩色鉛筆とか水彩ペンとか色々あって、何がどう違うのか分かりません。どれを使えば良いでしょう?
(ちなみに風景画とかではなく、二次イラストです)

Aベストアンサー

>ちなみにこの中でオススメはなんですか?

水彩画をするんじゃないのですか?

Qおすすめの現代音楽

ペンデレツキの音楽にはまって以来、現代音楽が大好きになりました。ブーレーズ、リゲティ、ケージ、シュトックハウゼン、ノーノなど、どんな作曲家でも、どんなジャンルでも大丈夫なので、おすすめの曲を教えてください。これはぜひ聴いておくべき曲、とか何かないでしょうか?響きが楽しめる曲、価値がある曲、挑戦的な曲、など、何でも。

Aベストアンサー

質問の中の「作曲家名」をヒントに列挙

・アイヴズ:国内版入手可能&定番は「並の出来」。本当はもっと変人のようです。(A PORTRAIT OF CHARLES IVESなる輸入版で知った。)プロコフィエフとの四重奏曲カップリングCDか「小品」がお勧め。逆に「交響曲」は合わないかも…。

・ヴァーレーズ:「イオニザシオン」程度しか聴けなかったが「全集(1枚だが)」をブーレーズが録音。響きといえば「響き過ぎてる」かも…。

・シュニトケ:意味無く好き。ただ現代音楽かな?

現代音楽を21世紀の現時点で考えると(安易なハヤリの)癒し系タイプ「ミニマル」「第3国」と20世紀の「前衛路線」をひた走る「売れない」の2つに分ける(個人的に分けた)
「セリー主義」とかで分類すると「キリが無い」

前者からは;
・ペルト、グバイドゥリーナは外せないでしょう!
(ミニマルは省略)
あと「(趣味じゃないかもしれないが)吉松隆」は売れるだけある、「大変良い」。

・ブーレーズ:「レポン」「ピアノソナタ第二番」あたり。その後は、ノーコメント。ただ「現代音楽家」が、PC作曲や偶然性・蓋然性取入れ・スコア改革派(演奏者の指示や絵のタイプまで)等から、「まともな作曲出来ないのでは?」の反証として「ブーレーズ」は価値有り。(バレンボイムが、ブーレーズ程の「耳」は無いコメントしてる)
彼らも「キチンと音楽理論&音感等の作曲家の基本」は十分マスターしている(当然だが「詐欺師」的評価もまだあるので)

・リゲティ:「グラン・マカブル」がサロネン指揮共々代表作品。

・ケージ:「プリペァドピアノの為の…」『以外』。全貌把握出来ないし、日本では作品入手困難(輸入版は、多すぎてアタリハズレが大きい)「4手の鍵盤作品(タイトル不明)」が強烈も手元に無い。

・シュトックハウゼン:数学好きですか?専門HPを下記にhttp://member.nifty.ne.jp/stockhausen_info/

・ノーノ:質問文中挙げられた作曲家で「一番古手」だが、一番好き。(クレーメルはセンスある)

あとは「メシアン」(「トゥーランガリーラ交響曲」が結局代表作で、聴いてるでしょうが)とその門下生を辿るか「第二次大戦下の作曲家」のCD録音で、時代はずれるが「再発見・再評価」の方向も。
(ナチス政権下の「頽廃作品」をシリーズ化した企画等)

以上、余りにも無難で妥当な回答になってしまいました。

最後に
オーディオ評論家だった、「長岡鉄男氏」の著作の「試聴版が、挑戦的な曲等現代音楽の珍品の宝庫では?」
図書館か古本屋で見かけたら「立読み」を。

P.S.ネット上では確かに「情報」は少ないようですね!
今回初めて検索して「プレイヤー主体」のHPバカリとの印象を。(自分の演奏会日程入りHPも)

「現代音楽としてのHP」平凡な内容も1つだけ紹介(制作のかたがたゴメンナサイ)
http://member.nifty.ne.jp/tnishita/indexm.html

では~♪♪♪

質問の中の「作曲家名」をヒントに列挙

・アイヴズ:国内版入手可能&定番は「並の出来」。本当はもっと変人のようです。(A PORTRAIT OF CHARLES IVESなる輸入版で知った。)プロコフィエフとの四重奏曲カップリングCDか「小品」がお勧め。逆に「交響曲」は合わないかも…。

・ヴァーレーズ:「イオニザシオン」程度しか聴けなかったが「全集(1枚だが)」をブーレーズが録音。響きといえば「響き過ぎてる」かも…。

・シュニトケ:意味無く好き。ただ現代音楽かな?

現代音楽を21世紀の現時点で...続きを読む

Q韓国ロッテのマスコットの名前は?

千葉ロッテのマスコット・マーくん・リーンちゃん・ズーちゃんと、韓国ロッテジャイアンツのマスコットが似ていますが、
韓国ロッテのマスコットの名前はなんと言うのでしょう?

お願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

毎年3試合くらい韓国プロ野球観戦に行っている者です。
ロッテ戦は最近では昨年6月に釜山で観ているのですがマスコットの存在は初めて知りました。この機に調べてみましたら2004年にデビューしてもう2シーズン目なのですね。いやはや、勉強不足でした。

さてこのマスコット、調べてみますとどうも名前がないようなのです。名前やその由来くらい公式サイトで簡単に見付かるかと思ったのですが、予想に反し全く記述がありません[1]。チームの歴史の「マスコットの変遷」のページを見ても3体まとめて「かもめ(カルメギ)」としか書かれていないのです。

さらに調べてみますと、2004年春にマスコットの名前の公募が行われていたことが分かりました[2,3]。2004年3月15日から24日まで受け付けられていたそうです。ならばあとは簡単、その結果発表のニュースを読めば判明・・・と思いきや、なんと
「たくさんの応募を頂きましたが、公式に使用する名前を決めることができませんでした」
と書かれていました[4]。えっ、そんなのあり!?

当初は、最優秀作(1作品)と優秀作(3作品)を選んで最優秀作を採用する予定だったようですが結局、全部で183あった応募作から8つの入選作を選んだのみで、一つには絞らなかったようです。
というわけですっきりしない結論ですが、「名前なし」が真相のようです。

(韓国語の翻訳が必要でしたら[5]などを適宜活用下さい)

[1] http://www.lotte-giants.co.kr/home/giants/lotte_logo.asp#
[2] http://page.freett.com/makun1/korea-mar.htm
[3] マスコット名公募のおしらせ http://www.lotte-giants.co.kr/home/board/board_read.asp?table=board_giantsnews&m_code=&page=36&m_no=328&str1=&str2=&ad=
[4] マスコット名公募 結果発表 http://www.lotte-giants.co.kr/home/board/board_read.asp?table=board_event&m_code=&page=10&m_no=9&str1=4&str2=&ad=
[5] 翻訳サイトの一例 http://www.ocn.ne.jp/translation/?U

参考URL:http://www.lotte-giants.co.kr/home/giants/lotte_logo.asp#, http://www.ocn.ne.jp/translation/?U

毎年3試合くらい韓国プロ野球観戦に行っている者です。
ロッテ戦は最近では昨年6月に釜山で観ているのですがマスコットの存在は初めて知りました。この機に調べてみましたら2004年にデビューしてもう2シーズン目なのですね。いやはや、勉強不足でした。

さてこのマスコット、調べてみますとどうも名前がないようなのです。名前やその由来くらい公式サイトで簡単に見付かるかと思ったのですが、予想に反し全く記述がありません[1]。チームの歴史の「マスコットの変遷」のページを見ても3体まとめて「かもめ(カ...続きを読む

Q音楽の授業方法

音楽の授業方法

こんにちわ、私は今大学生で小学校教諭を目指しています。そして今週の金曜日に音楽の模擬授業をしなくてはならなくなったのですが、指導する歌というのが「でんでんむし」なのです。小学校1年生の教材ですが、1年生だからこそ難しくて…。

目標としては「大きな声で歌う」というのが一番です。なのでまずはリズムがとれるように、手拍子を添えながら歌っていきたいとは考えています。

ただ、その他に何をすればよいのかが…。

時間は30分です。

経験談等があるかた、教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

そういうことを勉強するために大学に通っているんじゃないの? 情けないなあ。
オレは音楽講師でピアノやソルフェージュを指導してるけど、あなたにはあえて何も教えません。
そんな不勉強な人に先生になんかなってほしくないから。
ま、あえてヒントを提供するとすれば、「音楽(歌)の要素は?」とでも言っておくか。
教師になりたいのならもっともっと勉強してください。


人気Q&Aランキング