会員登録で5000円分が当たります

私は出っ歯と歯の色がずっとコンプレックスだったので、今回前歯4本をオールセラミックにしようと決断しました。
今日仮歯を入れたのですが、口閉がじにくい程仮歯が大きく、長さも下の歯が全部隠れてしまう程です。仮歯を入れた後に先生に長すぎると言ったのですが、時間が押しているのかばたばたしていて、「麻酔で痺れているのと慣れの問題です」だけ言われ帰されてしまいました。
麻酔が取れても歯の長すぎる不自然さは治りません。私は仮歯の半分は削りたいのですが、仮歯を入れてから削るのは出来るのでしょうか?
また、分厚い感じは仮歯じゃなくなると治りますか?
不安でいっぱいです。長くなりましたがご回答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

むしろ、今みたいに色々不都合があった方がいいと思います。



仮歯は、読んで字のごとく仮の歯です。

仮歯のうちに色々注文して本歯になったときに問題がないようにしましょう

逆に、一週間ぐらいあった方が色々と不具合も出てきやすいでしょうから、待った方がいいですよ

せっかくいい歯を入れるのですから、本歯で後悔しないように逆に仮歯でじっくり過ごした方がいいと思います

本歯にする際は、妥協せず希望通りになるように心配な事はどんどん聞いた方がいいです

歯とは一生関わっていきます。

しっかりとした歯を入れてもらいましょう
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
そうですね、まだ不満出て来そうなので待ってみます!
このままではマヌケで恥ずかしいですが(;_;)

1週間後また先生と話し合ってみたいと思います!

お礼日時:2011/01/22 01:21

仮歯は、材質の都合で厚めにしないと持ちません。


完成したセラミックはそれなりに薄く出来ると思いますが、型どりが悪ければ大きくなっているかも知れませんね。
完成してからでもある程度削ることも出来ますが、仕上がるまで何とも判断しかねます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!やはり出来るまでわからないですね。
予約を来週に取ってあるんですが、歯を削ってもらうためにだけに早めにしてもらうとかって歯医者さんからしたら迷惑なんですかね(;_;)来週まで待つか迷います(;_;)

お礼日時:2011/01/21 23:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q仮歯と最終的に入れる歯の差について。

前歯をオールセラミッククラウンで作ってもらっています。今は仮歯が付いているのですが、若干形が気に入らないのです。

仮歯だからなのでしょうか。最終的に入る歯というのがこの仮歯と全く同じになるとしたら、不満が残りそうです。

次回、最終的な歯をつけてもらう予定です。詳しい方、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
私もオールセラミッククラウン作成中で、現在仮歯中の身です。
基本的に仮歯と、セラミッククラウンは、型が同じなので同じ形です。
長さや形を整える程度です。(前後には動きません)
表面が仮歯は板っぽいのに対してセラミックの方が多少丸みを帯びていて、
色も本物の歯のように見えます。

高いお金を払っているので、仮歯が気に入らない場合、
気に入るまで何度も作り直してくれると思いますし、
私の場合、仮歯で納得いっていたものを、セラミッククラウンを
装着した際に短く削りすぎてもう一度作り直してもらっています。

病院に行ってからでは、言い出しづらいということもあるかと
思いますので、次回病院に行く前に是非仮歯が気に入っていない旨を
電話などで相談されてはいかがでしょうか。

せっかくのセラミックなので、後悔しないものになることを
お祈り申し上げます。

Q仮歯の厚み

今日差し歯を新しくするため今まで付けていた差し歯を外し、今仮歯の状態です。

仮歯の噛み合わせの調整もしてもらったのですが、厚みがあります。
口を閉じても仮歯の根元の厚みのせいで奥歯が噛み合わな感じです。
仮歯の強度を上げるために厚くなっているだけでしたらしばらくの間我慢できますが、この厚みは最終的に入れる差し歯の厚みと同じですか?

Aベストアンサー

違いますよ。仮歯はまあそんな正確に作ってるわけじゃないのでそういうことがたまにあります。
我慢しないで歯医者で調節してもらったらいいかと思いますけどね。

Q前歯4本を差し歯にしたら保険は使えますか?また値段はいくらぐらいですか?

今日、歯医者さんで差し歯の説明をうけてきました。
初診のときに保険適用内と書いたはずなのに、セラミックの差し歯の説明しかされなくて困惑してます;_;
1本5万と8万です。前歯4本を差し歯にしなければいけず、学生の私にはとても払えません。
同時に何人も治療している歯医者さんなので治療後、質問する時間がありませんでした。保険適用内ではできないのでしょうか?できたとしたら1本いくらくらいでしょうか?
教えてください>_<

Aベストアンサー

前歯の保険でのクラウンは硬質レンジ前装冠というものがあります。
確か前歯1~3(4かも)番まで対応可能だったと思います。
これは保険の銀歯の表面にレンジ(樹脂)をコーティングしたものです。
価格は5000~7000円ぐらいです。

ただし色調整が出来ない、数年で変色し始める、歯茎が金属イオンの
溶け出しによって着色するなどなど欠点も多いのが現状です。

Q差し歯のかかる期間

はじめまして。最近、前歯が虫歯になってしまい、歯医者に通い始めたのですが、目立つところだけにとても不安です。
詰めるだけでも大丈夫らしいんですが、折れてしまう可能性もあるために差し歯にしたほうがいいと言われました。
差し歯になるのに通常、どのくらいの期間がかかるんでしょうか・・。差し歯が入るまで仮歯が入るんだと思うんですが、それって目立つんでしょうか・・。
前歯の治療は痛いと聞きますし凄く怖いです。

Aベストアンサー

治療経験10年以上の歯科医師です。No.1の回答者の方と同様に歯の神経がすでに処置してあるとすれば差し歯完成までにあと2~4回程度の回数と2~4週間程度の期間を要するのが一般的でしょう。仮り歯が目立つかどうかは歯科医院の技術の問題もありますが、質問者の方の歯の色によります。仮り歯の色は通常1色しかありませんので、隣の歯が黄色いと仮り歯が白く目立ちます。歯の神経の処置がすんでいれば歯を削っても痛くありませんので麻酔は行わないのが普通です。
No.2の回答者の方のように歯の神経の処置が必要な場合は2~8回程度の回数と2~8週間程度の期間を要するでしょう。歯の神経が生きている場合は麻酔をして神経を取り除きます。No.2の回答者の方のいわれるように上の歯の麻酔は下の歯より利きやすいですし、上の前歯であればほとんど無痛で治療することも可能でしょう。痛みの感じ方には非常に個人差があります。先入観を持たずにリラックスして治療を受けてください。

Q前歯8連ブリッジの費用 (保険適用物)

前歯4本左右(2112番)を抜歯して左右(4334番)を削り保険適用の8連ブリッジを医師から進められていますが保険適用だと費用はどれくらいかかくのでしょうか? 左右3番の犬歯のみでブリッジを行うと強度的にもたないので3番4番を使うとの事です。 もちろんプラスチックレジンの物だと思いますがどうぞ詳しい方もしくは経験者の方教えて頂きたく思います。

Aベストアンサー

開業歯科医です。
非常におおざっぱに見えますが、経験上さほど外れない計算式です。

前歯の本数×5,000円+臼歯の本数×3,000円がセット時にかかる費用。この場合は5,000×6+3,000×2=36,000円
型取りの際には、およそその1/3~1/2がかかります。違いは主に削る歯の本数によるもので、この場合は1/3の12,000円程度となるでしょう。
前準備の費用(例えば、お口の掃除や根管治療等の歯の根の治療)は別ですが、これらの費用に比べれば、さほどの金額にはなりません。
以上は、No.1のpandaloveloveさんとほぼ同じ回答となります。

さらに追加の情報です。
保険診療でいう「前歯」とは1番の中切歯から3番の犬歯までをいい、これらは原則としてレジン(プラスチック)を表面に付けた外見上は白い歯になります。
「臼歯」とは、4番から後ろの歯をいい、これらは原則として銀色の被せものとなります。
4番ですと結構よく見えるので気になるからそこも白くしたい場合、原則として型取りの直前の診療から保険が効かなくなると思った方がよいです(4番の削り方によっては、保険が効く場合がある)。
さらに、保険のルールでは以下の条件もあります。
上顎の2112番が欠損の場合、左右どちらかの34番と反対側の3番とを連結した7本以上のブリッジである必要があります。
下顎の2112番が欠損の場合、左右の3番を連結した6本以上のブリッジである必要があります。
両方とも、土台となる歯を増やす分には、保険上の問題はありません。

なお、お口の中を拝見していないのですが、4~4の8本連結ブリッジは妥当と考えます。特に上顎の場合ならば上記のように7本ブリッジも保険で認められてはいますが、7本では心許ない印象はあります。

開業歯科医です。
非常におおざっぱに見えますが、経験上さほど外れない計算式です。

前歯の本数×5,000円+臼歯の本数×3,000円がセット時にかかる費用。この場合は5,000×6+3,000×2=36,000円
型取りの際には、およそその1/3~1/2がかかります。違いは主に削る歯の本数によるもので、この場合は1/3の12,000円程度となるでしょう。
前準備の費用(例えば、お口の掃除や根管治療等の歯の根の治療)は別ですが、これらの費用に比べれば、さほどの金額にはなりません。
以上は、No.1のpandaloveloveさんとほぼ同じ回答...続きを読む

Q銀歯のブリッジは嫌、でもお金が無い

私はとても歯が悪いです。
3本の歯の真ん中の歯を抜いてしまって無い箇所があります。
何箇所かブリッジを入れないといけませんが、
前歯の近くにはどうしても銀歯は嫌なんです。
しかし保険がつかえる歯でブリッジだと銀歯しか無いと言われて困っています。
奥歯なら銀でもいいのですが・・・
普通に笑って銀が見えてしまうのは、ちょっと・・・

でもセラミックを入れるとすると1本8万で私の場合1箇所治すのに24万かかります。
なんと2箇所もあるので48万!そんなお金は無いんです。
保険が利いて白い歯でブリッジって出来ないんですか?
差し歯は白い歯で保険が使える歯があるのに・・・
本当にブリッジで保険が使えて白い歯は無いのでしょうか?

またそのような治療を行なっている歯医者さんがあれば教えて欲しいです。
千葉市内や近辺なら通えますので是非教えてください。

本当によろしくお願いします。

Aベストアンサー

保険のルールで、ブリッジの支台となる歯は犬歯から犬歯まで(3番から3番まで)は白い歯、それより奥の歯(4番から8番まで)は銀歯と決められております。単独の歯なら犬歯のすぐ奥ともう一つ奥まで(4番と5番)は白い歯でできることになっています。

ですから、全部をかぶせる場合は全て銀歯になってしまいます。

ひとつだけ方法があるとしたら、ブリッジの支台となる歯の全てを削らずに、唇側(頬側)を残しておける場合があります。その支台の状態や噛み合わせの状態によって可能か不可能か、担当の先生にお聞きになってはいかがでしょうか? 「5分の4CKブリッジ」と一般的には呼んでいますが・・・。

■3本ブリッジで24万円というのは妥当な額だと思います・
■歯の数え方、、、3番とか5番とかはわかりますか?下のURLでいうと犬歯が3番、第一大臼歯が6番ということになります。

参考URL:http://www.dental-saga.or.jp/happy/okosama/hasiki-zu.html

Q仮歯の見た目

以前から前歯が2本出ているのが気になり審美治療を始めました。先日歯を削って仮歯を装着してもらいましたが、すごく目立っていてすぐに偽物と分かります。色も普通の歯より黄色く、以前の歯より大きく、より出っ歯に見える気がします。経験者の方か詳しい方がいればお聞きしたいのですが、仮歯というのはある程度目立ってしまうもので、その後のセラミックなどの歯はかなり本物と見分けがつかず、希望どうりになるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

仮歯には2つの目的(2種類)が有ります。

一つは削った歯を保護し、移動そのほかを防ぎ有る程度の見栄えを確保する物(テンポラリークラウン)。
もう一つは上記に加え実際に入れる歯の形や噛み合わせ等の機能を確認するため、その試行錯誤の目的に使うものです(プロヴィジョナルクラウン)。

通常その場で「とりあえず」入れるものは前者で、より厳密で丁寧な治療を行う場合は、その後に後者を入れて様々な検討をする場合が多いです。

どちらの場合も色は通常単色です。(色の濃淡は何種類か有ります)
前者の場合、形はそれなりの物が多いですが、後者の場合は完成品に形が反映されますので、不都合な点が有れば十分に改善してもらうことが必要です。

今回入れたものはおそらく「とりあえず」の物かと思いますが、それにしてもあまりに違和感の有るものでしたら、ひょっとして術者の技量に問題が有る場合もあります。(歯科の術者、歯科医師や歯科技工士の技量の差は驚くほど大きいです)
今のうちに色々と希望や問題点を申し出て、「しっかりと」とした治療が受けられるよう予防線を張っておいた方が良いと思います。
(本物にも仮着けの期間が有りますから、もちろんそのときにも改善は可能です)
患者さんの要求が高度であると分かると、それなりに力の入れ方が変わる事も有るかも知れません。

出来上がりの結果についてはNo.2のpuyo~先生の言われる通り、術者、特に歯科技工士の技量にかかっています。

仮歯には2つの目的(2種類)が有ります。

一つは削った歯を保護し、移動そのほかを防ぎ有る程度の見栄えを確保する物(テンポラリークラウン)。
もう一つは上記に加え実際に入れる歯の形や噛み合わせ等の機能を確認するため、その試行錯誤の目的に使うものです(プロヴィジョナルクラウン)。

通常その場で「とりあえず」入れるものは前者で、より厳密で丁寧な治療を行う場合は、その後に後者を入れて様々な検討をする場合が多いです。

どちらの場合も色は通常単色です。(色の濃淡は何種類か有ります)
...続きを読む

Q差し歯にしたのですが・・・

前歯の1本が虫歯で、その隣も軽い虫歯で出っ歯だったため、前歯2本を差し歯にしてしまいました。
綺麗になったのは良かったのですが、今は物凄く後悔しています。
神経を抜いているので異物が挟まっているような違和感がありますし、前歯で食べ物を噛もうとすると根の部分に圧力がかかって圧迫感を感じます。
それに、出っ歯を少し引っ込めたせいで下の歯が上の差し歯にカチカチ当たる時があります。そうすると震動が根のほうに伝わって少し痛みを感じます。
また、疲れるとやたらと違和感を感じます。朝はとても調子が良いのですが、夜になるにつれ、異物が挟まってるような感覚が増します。痛みはありません。
差し歯にされた方は皆このようにお感じなのでしょうか?
それとも私だけでしょうか?
3ヶ月前に治療したのですが、いまだに慣れることができません。
歯医者さんに相談してみたほうが良いのかどうか迷っています。

Aベストアンサー

10年ほど前に前歯4本を差し歯にしました。前歯2本を折ってしまい、両隣りの2本も軽い虫歯だったので一緒にしました。言われているような違和感はありませんよ。

異物が挟まっているような違和感があるとのことですが、歯と歯の間は糸ようじが入るぐらいのすき間がありますでしょうか?もしかしたら歯と歯の間がきついのでは?と感じます。

>出っ歯を少し引っ込めたせいで下の歯が上の差し歯にカチカチ当たる時があります。

私もそのようにして噛み合わせがよくなく後悔しています。しかし差し歯の厚み(?)を調整してもらったので振動が伝わるまではいきません。

質問文全体を通して、「歯と歯の間が狭い」というか「差し歯が大きい」のでは?という印象を受けました。もしかしたらちゃんと治療できてるのかなあ?と少し疑問も浮かびました(すみません…)後からどれだけ直せるかはわかりませんが、歯医者さんには相談したほうがよいと思います。

また歯ぐきもしっかりお手入れしたほうがいいそうなので、歯医者さんで糸ようじの使い方、はみがきの仕方を指導してもらうことをおすすめします。

10年ほど前に前歯4本を差し歯にしました。前歯2本を折ってしまい、両隣りの2本も軽い虫歯だったので一緒にしました。言われているような違和感はありませんよ。

異物が挟まっているような違和感があるとのことですが、歯と歯の間は糸ようじが入るぐらいのすき間がありますでしょうか?もしかしたら歯と歯の間がきついのでは?と感じます。

>出っ歯を少し引っ込めたせいで下の歯が上の差し歯にカチカチ当たる時があります。

私もそのようにして噛み合わせがよくなく後悔しています。しかし差し歯の...続きを読む

Q仮歯を入れたままの長期間の治療について

 現在歯医者に通い続けて8ケ月経ちます。
 通院当初から虫歯治療で前処理が終わって、仮歯を入れると次々と次の歯にとりかかられ、今では仮歯のままの歯が6本もある状態です。
一番最初の歯は仮歯のまま8ケ月もそのままで、ついに先日欠けて取れてしまい、また新しい仮歯を入れるのに5千円もかかってしまいました。
 そこで質問ですが、治療した虫歯は仮歯のままどんどん次の歯にとりかかって長期間(半年以上)仮歯だらけになるのは正当な治療なのでしょうか?1本づつちゃんと治療してから次の歯に取りかかるべきではないでしょうか?
 また、耐久性のない仮歯をそんなに長い間放っといて、取れてしまったり欠けてしまったらその責任は患者にあるのでしょうか?
再度仮歯を付け直すのも結構な負担になるので困っています。
どうかどなたか教えてください。

Aベストアンサー

 噛み合せの具合によっては全体的に見直して、より良い噛み合わせを作らなければならず、その場合には全体を仮の歯にしてから治療する方法もあります(既出の通り)。
 しかし、中には特に理由も無く次々と歯を治していって、かえって本来の噛み合わせが判らなくなってしまう場合もあります。
 前者であれば、他の歯の治療中でも、旧仮歯の調整が必要になるでしょうし、当然事前に治療計画と注意事項を患者に示して了解を得る義務があります。また、治療が長期に渡るのが事前に判っているはずですから、仮歯の補償についても説明と了解が必要で、どの程度が無償なのか、どの場合に有償なのかを決めなければなりません。
 質問の内容から推察すると、事前説明や患者さんの同意を得ぬまま治療が進められていると感じられますが、どうなんでしょう。

 仮に前者の理由であっても、食事制限などの説明がなければ(4月以降は文書が発行されるはずです。治療途中でも計画書などを発行して貰いましょう)日常生活で壊しても患者が負担する義務は無いと思われます。
 もし、何の説明もなく治療が行われているとすれば問題です。
 私は保険で実質経費が計上されていない仮歯の自費による処理は当然と考えていますが、自費であれば自費としてのしっかりした契約が必要です。
 自費契約がなく、更にもし最終的な冠等が保険のものであるとすると、混合診療(現在は違法)の可能性も高いと考えられます。

 噛みあわせ関係が特に問題にならない場合はブロック単位の治療が主となります。これは前歯(犬歯から犬歯)と左右の奥歯の3区分、上下で6ブロックに分けて集中的に治療する方法です。この方法だと従来の噛みあわせのズレも生じにくく、比較的短い期間で最終の修復物に置き換えますから、食事に気を使う事も軽減されます。
(ブロック治療は厳密なものではなく、噛み合わせ関係を崩さない事に重点を置き、治療する歯を組み合わせます)

 一本ずつの治療でも良いですが、場合によってはかえって噛み合わせ関係が崩れる事もあるので注意が必要です。
 今一度担当の歯医者と話し合って、対応する事をお勧めします。

 噛み合せの具合によっては全体的に見直して、より良い噛み合わせを作らなければならず、その場合には全体を仮の歯にしてから治療する方法もあります(既出の通り)。
 しかし、中には特に理由も無く次々と歯を治していって、かえって本来の噛み合わせが判らなくなってしまう場合もあります。
 前者であれば、他の歯の治療中でも、旧仮歯の調整が必要になるでしょうし、当然事前に治療計画と注意事項を患者に示して了解を得る義務があります。また、治療が長期に渡るのが事前に判っているはずですから、仮歯...続きを読む

Qセラミックの出来上がりに不満、やり直しはできる?

オールセラミッククラウンの治療をしたのですが、
自然歯と色味の違う出来上がりに悩んでいます。

施術に当たっては、技工士が来て歯の状態を見てくれました。
前歯2歯なので、ちょっと白め(明るめ)にとお願いして、
周りも明るい歯なのでそれに合わせて
一番明るいタイプの材質をベースに作りますよと言われました。
仮でできあがってきたものはやはり白く、
口の中で確認して隣の歯とも違う感じでしたが、
技工士もとても良いと言っていたのもあり、
そのときは違和感は感じませんでした。

その後本仕上げ→接着となったのですが、
家に帰ってきてよくみると、白いというよりグレーっぽい?
全体が黄色めな自分の歯の中で、逆に暗く感じるのです。

医院で見たときにはちょっと白い感じなので、
もしかしたら周りの歯をホワイトニングするのも考えようかな
などど、素人考えであさはかにも思っていましたが、
よく歯を見比べながら考えると、
自分の歯(黄)とセラミックの歯(グレーっぽい)とでは、
根本的にテイストが違うような気がします。

歯科で見せてもらったときに、判断できなかった自分が悔やまれます。
接着まで終了し、あとはメンテナンスのみという段階ですが、
この段階でやり直しということは果たしてありえるのでしょうか…。
また、仮にやり直しができたとして、白く(明るく)と頼んだわりに
今入っているものは全体的にくすんでみえる(グレーっぽい)のですが、
もっとパキーンと明るい歯が作れるものなのかどうか…。

気になって夜も眠れず、担当医師に掛け合おうと思いますが、
このようなケースで、今後どのような可能性がありうるか、
もしわかる方がいらっしゃったら教えていただければ幸いです。

オールセラミッククラウンの治療をしたのですが、
自然歯と色味の違う出来上がりに悩んでいます。

施術に当たっては、技工士が来て歯の状態を見てくれました。
前歯2歯なので、ちょっと白め(明るめ)にとお願いして、
周りも明るい歯なのでそれに合わせて
一番明るいタイプの材質をベースに作りますよと言われました。
仮でできあがってきたものはやはり白く、
口の中で確認して隣の歯とも違う感じでしたが、
技工士もとても良いと言っていたのもあり、
そのときは違和感は感じませんでした...続きを読む

Aベストアンサー

満足の行く結果を得ようとすれば、やはりやり直ししかないと思います。

仮着けの段階でしたら、有る程度の修正、特に白すぎるものにわずかな着色を加え調整することは可能ですが、最終的な接着まですんでしまったとなると、今入っている歯を完全に削り取ってしまい、型を採るところからのやり直しになります。

セラミックの歯を天然の歯と同じ用に仕上げるのは大変高度な技術です。
術者(歯科医師や歯科技工士)の技量矢センスの差は実に大きく様々です。
結果は技術如何、全く違ってきます。

質問者様は、微妙な色や質感を見極める力をお持ちのようですので、今度は仮着けの段階で十分に良否を検討して下さい。
なお、作った段階で寸分違わぬ状態でも、自分の歯の方は加齢変化でやや黄色みを帯びる傾向があります。白すぎる物を入れるとますます目立ってきます。

歯の色は素材の内部の構造、屈折率や拡散性、蛍光性など色々な因子に影響を受けます。
観察する時間、天気、光源の種類、入射する角度などによっても随分違ってきます。
色々な条件で見比べることが必要です。

やり直す場合の費用は歯医者さんによって様々な対応があります。
サービスの場合、部分負担の場合、全額負担の場合。
こればかりは全く分かりません。
事前に良く確認してからお話を進めてくださいね。

満足の行く結果を得ようとすれば、やはりやり直ししかないと思います。

仮着けの段階でしたら、有る程度の修正、特に白すぎるものにわずかな着色を加え調整することは可能ですが、最終的な接着まですんでしまったとなると、今入っている歯を完全に削り取ってしまい、型を採るところからのやり直しになります。

セラミックの歯を天然の歯と同じ用に仕上げるのは大変高度な技術です。
術者(歯科医師や歯科技工士)の技量矢センスの差は実に大きく様々です。
結果は技術如何、全く違ってきます。

質問者様...続きを読む


人気Q&Aランキング